Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

名古屋グルメ

20160806193732b71.jpeg

「備長(びんちょう)」の、ミニひつまぶし▽

名古屋に来たらとにかく食べたい!ひつまぶしですが、お一人様だし備長みたいな行列必至の人気店では並ぶのも面倒。

ということで、夕食に合わせた19時引き取りでテイクアウトをオーダーしました。

あらかじめ買っておいたごぼうサラダと一緒に、ホテルでまったり開会式の録画を観ながら食べるひつまぶし、美味しいぃぃ〜(^q^)

ちなみに備長のひつまぶしは、


1)そのまま

2)さらしネギとわさびを加えて

3)薬味と刻み海苔をのせておだしをかけ、うな茶漬けに


の、↓3段階の食べ方が出来るようなセットになってます。

20160806193730c70.jpeg


しかぁし。

さらしネギを入れた状態が美味しすぎてついネギを食べまくってしまい、茶漬けにするときには殆ど残ってなかったという……ついでにたまたま視界に入らないところにあったんで、食べ終わるまで薬味の袋があるのに気づかなかったよ!(薬味=ネギとか勝手に思ってた)。。。マイガッ‼︎

自分はうなぎは一度に沢山食べられる方じゃないのでこのミニサイズが丁度良く、普通の一人前だと多分お腹が減っててもたいらげるのはキツイと思います。

ミニサイズなら、ごぼうサラダと併せて食べてデザート食べる余力が残るくらいかな?

ただ今日はお腹が減るのが早かったので、ひつまぶし取りに行く2時間半前にホットドッグとパウンドケーキ(一切れサイズ)食べてますが(笑)

3年前に来たときは他にきしめんと天むすとぴよりんを食べて、今日の昼食は味噌煮込みうどんを食べたので、明日は味噌カツとか食べられたらいいなぁ。小倉トーストは、まだキャラメルのその味のしか食べたことがない。ボリューム的に食べ切れなさそうなので手を出してないのですが、いつか食す機会はあるかしら^^;


もうすぐ名古屋遠征~

◆目下、名古屋に行ってからいつどこで何を食べるかで頭がいっぱいです^^;

とりあえず、ひつまぶしは絶対食べたい!

でも初日は開演早いから、ホテル近くの開店時間の遅いひつまぶしはランチでは食べられない!

となると、若干開店時間の早い店できしめんか味噌カツ定食か。

じゃあひつまぶしはいつ食べよう? 土日だからランチタイム以降は混みそうだよ! それに初日はソッコーホテルに戻ってリオ五輪の開会式(録画)観たいんだよ! ほんとはリアルタイムで開会式観たかったんだけど、その時間は新幹線の車中なんだよ!^^;

色々悩ましいので、新幹線の中で考えようと思います…(苦笑)

前回食べてすごく気に入ったのは、名古屋駅すぐのエスカにある蒲生の一口ひつまぶし(・∀・) 細長い箱に一口サイズのご飯が横に5個くらい並んでて、その上にご飯と同じサイズのひつまぶしが載っかってる持ち帰り向きサイズ。開店直後に、帰りの新幹線の時間に合わせてオーダーしておきました。

自分はうなぎはあまり沢山食べる方じゃないので、この女性向けのお弁当箱みたいなサイズはボリューム的に丁度良かったです。楽しいショーの思い出と共に帰京する車内でまったり食べるひつまぶしは、とても美味しかった(´∀`)


◆日曜日は開演時間が14時なことに感謝。昼前後に競泳特に男子個人メドレーの決勝があるから、多分ギリギリまでホテルで観戦すると思うんだ。柔道の準決勝・決勝は夜明けだから観るのはキツそうだなぁ…

行き帰りの新幹線で熟読する用に、リオ五輪の観戦ガイドは持って行くつもり。

今回はそこそこ時間に余裕があるから観光もしようと思えば出来そうだったんですけど、五輪があるから無理でした^^; 隣駅にノリタケミュージアムがあるから行ってみたかったけど、丁度ショップもカフェも改装で休業中らしいし、名古屋ならまた来る機会があるだろうと期待して今回は見送り。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


でもでも、やっぱり一番楽しみなのは昌磨くんだーーーーー!

【FaOI】の札幌公演からかなりブラッシュアップされたと思うタンゴ、録画でリピってます。やっぱネット動画よりTV画面で観る方が断然いいわ~~~(´∀`)

早く生で観たいです… ちなみに土日2公演観たら、1回くらいは成功4F観れるかしら? まだ1度もクリーンに決まる4Fを生で観たことがナイ…


ボストン美術館の

吹き抜けのカフェで遅めのランチ(左奥に見えるのは自転車を組み立てたオブジェ)

20160330033759734.jpg

お天気が良かったので、明るくていい感じでしたv

201603300350148af.jpg

やっと、やっと、スケートメインの遠征で初めて観光らしいことが!( ;∀;)

平日昼のボストン美術館はガラガラに空いていて、素晴らしい収蔵品の数々がノーストレス見放題で写真も撮り放題。

モネの「睡蓮」やピカソの前に全然客いないよ! いつでも近づいてゆったり見れるよ! 誰もいない部屋もいくつもあったよ! 日本の美術館事情に慣れてると思わず戸惑うよ! プラド美術館はもっと混んでたよ! いいのかこれでと、何かほんと申し訳なくなるほどだったよ!

アメリカの人って、美術館行かないの???

ワールド会場は手荷物検査厳しいけど、同じアメリカ大都市の施設で色んな国から観光客が来るという点は同じなのに、美術館はあまりにフリーダム過ぎてこれも戸惑いました。基本的に、普段からテロの標的になるほど人いないのか。

全部見て回る時間はなかったけど、とても良かったです〜〜(* ̄▽ ̄*)

自分が写真に撮る作品って、どうしても獣・幻獣系が多いなぁと昔ながらの嗜好を久々に改めて実感。(ファンタジー物を色々と描きたかったのでね)

個人的には、アメリカ人の印象派画家が描いたアメリカ?の風景画が(珍しかったので)印象に残りました。

アメリカ美術のコーナーでナイアガラの油絵があったのですが、あの滝は「絵で見る」というイメージがなかったので何かすごく新鮮でした!(・∀・)

ふと、ターナー(印象派という名称の由来になった絵を描いた同派の先駆者)がナイアガラを描いたとしたら、ナイアガラであってナイアガラでないものになりそ〜だと思ったり(笑)


久々に雑記

◆全然使えないまま、今月いっぱいで貯めたマイルの約3分の1が失効。といっても提携会社で稼いだマイルばかりで大した数ではなく。

国内の往復くらいなら出来るんだけど、6月までだと行きたい場所が無い(´・ω・`) 8月が取れるなら、まだ九州に上陸したことがないので【THE ICE】の北九州公演でも行こうかと思えたんだけどなあぁ…

【FaOI】は幕張に行くし、楽の長野も【DOI】の長岡も飛行機で行くようなところじゃないし…

普通に観光に行けばいいんだろうけど、タダになるのは航空券だけで宿泊費は別にかかるし、行きたい場所が空港から近くないor飛行機で行くのに全く向いてないケース(京都大阪とか熊野温泉とか)も多々あるし、だったらその分はアイスショー(の良席)に回したいと思ってしまう^^;

結局、ポイント交換アイテムのグッズになりそうなヨカン。今ちょっと欲しいと思ってるハンディクリーナーとか、枕とか(苦笑)

中国杯や年末の全日本で使えてたらベストだったんですけども…(後者はそもそも日程的にマイレージ航空券は無理だった)


◆飛行機といえば、ボストン行く前にESTAを申請しなければならないワケですが。

カナダもeTAという電子渡航認証を導入したとかで、カナダ経由で渡航する私はESTAとeTAの2つの申請が必要となりました^^;

2012年にスケアメ行ったときに1度取ってるんですけど、もうとっくに有効期限切れてるので… 来季以降のことを考えると、出来るだけギリギリに取りたい(笑)

以前も書いたかもしれませんが、ESTA取得に関しては最初にGoogleで検索したとき、まるで公式の申請サイトみたいな顔してぼったくり手数料取ってるサイトがいくつも上位にリストアップされてたことに驚きました(・・;) 本当~~の公式サイトで取れば1500円もしないのに、「ESTAはこちらから取れますよ~」って感じで料金が5000円くらいとか。あくどいなぁ、と思いました…

ESTAに限った話ではありませんが、検索の上位に来るサイトは信頼出来るサイトだから上位に来るワケではなく、検索システムに対してより上位で引っかかりやすいような細工を施してるから上位に来る、というケースが大半です。つまり、サイト制作スタッフのテクニック次第。なので、公式が一番上に来ないことも多いワケです。

支払いが発生する用件で何かのサイトを検索するときは、そうした点にもよくよくご注意下さいね^^;


◆『相棒』『ヒガンバナ』『スペシャリスト』『スミカスミレ』『山猫』『火村英生の推理』と、かつてないほどミステリと色モノのドラマ三昧出来たクールも終わりを迎えようとしています……名残惜しい。

しかし、成宮くんはまたしてもあんな役なのかああああああああ 折角『相棒』のトラウマを忘れようとしたのに、何で今回もあんな役に。

しかも『相棒』のアレより、キャラキモいよ…(つД`)

亀梨くんは今まで名前しか知らない感じだったんだけど(アイドル系に超疎いんで…)、ルックス(特にあの髪型込みの)はかなり好みだと知った。『山猫』は、亀梨くんのヴィジュアルとあのクセのある喋り方をかなり楽しませてもらってます。キツめ美少女のすずちゃんのヴィジュアルも好きだ。

『火村英生の推理』は原作とは色々キャライメージ違ってるけど、東野圭吾さんの『ガリレオ』同様、ドラマはドラマで気に入りました。何より主役コンビがヴィジュアル的にかなりいい感じで、観ていて楽しい。公式サイトのお遊び動画も個人的には楽しめました♪

でも折角あんなにヴィジュアル面で美味しいキャスティングにしたなら、是非ともアルマーニ着た森下刑事も観てみたかったです…刑事陣は全部オリキャラにされてて、森下ポジションぽい坂下刑事はおよそ森下くんのイメージじゃなかったし(´・ω・`)

火村先生に関しては、原作では滅多に出て来ない闇テイストを毎回ヴィジュアル的に強調演出してるのが馴染めなかった以外は悪くなかったです。まぁカッコ良すぎるとは思うけど、探偵キャラをドラマ化するときってそういうもんだろうし。

でもやっぱりこのシリーズは、私にとっては「作家アリス」なんだよなぁ~~♪ 原作と同じ関西弁でも、ああいう感じの喋り方だと大分印象違う。ドラマはドラマでかなり好きです。シーズン2期待してしまう。

『スミカスミレ』は、桐谷美玲ちゃんの松坂さんの喋り方を真似た演技もすごく可愛いんだけど、真白くんとのレトロ感のあるピュアラブもいいんだけど、何といっても黒い化け猫役の及川さんが好きすぎて観てしまう…(笑) 大分お年を召したけど、やっぱりカッコいい。特にああいう、一種の様式美が必要な漫画キャラ系の色モノ役はすごくハマる。(その意味では、個人的に相棒の神戸くんは物足りなすぎた^^;)

原作の漫画家さんが及川さんのイラスト描いてたんだけど、なかなか麗しくてしっかり保存してしまいましたv

『ヒガンバナ』は、DAIGOのやってるキャラが一見ヘラヘラしてるけど結構しっかりしてるのがわかったので当初からお気に入り。こっち観てたせいで、『フラジャイル』観れませんでした。まぁ番宣兼ねたダイジェスト放送の方でちょこちょこ観ましたが。

『スペシャリスト』はフツーに話が面白い。スペシャルドラマのときからいいなと思ってたけど、草なぎくんはこの役合ってるなぁ。上川さんがサイコパスキャラなのも個人的には面白い。

『相棒』の反町さんは、歴代相棒の中では一番杉下さんと一定の距離とってて振り回されてない印象。別の言い方するとかなり対等感があるというか。前シーズンの最後があんなだったから、今回はもうあのくらい距離感ある方がアッサリしてていいと思ってしまいました(--;)


四大陸台北ツアー

諸事情あって、四大陸は急遽予定を変更し、身内と一緒の観光半分観戦半分のツアーとなりました。

同行者は毎回国別対抗戦を現地観戦してる伯母で、スケート観戦に付き合ってもらえることが決定打でした。

もともと予定外の遠征だったこともあり、今回は男子とEX以外は断念して身内サービスに努める予定。しかし伯母も私も台湾は初めてで且つ私が全て仕切らなきゃならないので(高齢の伯母はネットは一切出来ず)、急ぎ観光やグルメ情報を集めなくてはならなくなりちょっとあたふたしています^^;

出来れば女子FSも最後の方くらいは観れたら観たいとか欲張りなこと考えてるので、スケジュール立てるのも難しいなぁ… 夕方から遅い時間まで試合観ると夜市目当てに遠出とか出来ないし。

とりあえず1日費やして故宮にさえ行けば観光はそれでいっか、と思ってます(´・ω・`)

初日にFRANZ(台湾の超素敵な陶器ブランド)目当てで台北101に行こうと思ってるんですけども、観光する前からお土産ショッピングになりそ~なのも、ちょっとためらいがあったり(苦笑)

FRANZは繊細な動植物デザインのティーカップやソーサーのセットがものすごく好きで、中国杯や上海ワールドのときにも時間があるならお店チェックしたかったんですよね。帰国時は梱包にものすごく気を遣うから沢山買えるワケではないのですが、ハワイで一目惚れして買った極楽鳥花の1セットしか持ってないので、今回も何か買って帰れたらいいなぁ(*^^*) お花以外では、蝶やイルカのデザインが好きでした♪

鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包は是非食べたいのですが、本店まで行って並んでる時間が惜しい^^; 台北101内とか、目的地に近い支店でもいいかなーと思ったり。台北駅の胡椒餅も食べたいv

あとスイーツグルメもしたいのですが(熱帯フルーツやココナツ系は基本苦手なので、豆花とか)、タイミングが難しいんですよね。空腹時は食事したいし、かといってお腹いっぱいでもないタイミングとなると、あらかじめ予定が立てづらい。。。台湾茶でイングリッシュアフタヌーンティーとかそそられるものの、ああいうセットだと結構お腹たまるしなー

結局食べたいタイミングで食べられるように、回りたい場所が決まったらその周辺でめぼしいお店をあらかじめチェックしておく必要がありそうです。時間がたっぷりあったり1人だったら行き当たりばったりでB級グルメしてもいいんだけど、一度母と地方に出かけたときにそれやって大失敗したことがあるので、私の責任で同行者を連れ歩くときには出来ればやりたくない…orz

お土産のお菓子として個人的に気になってるのはヌガー。しかしスイーツ関連でチェックしたお店は、パイナップルケーキのオススメ店もカフェ関係も最寄り駅があちこちにバラけているため、どこか1箇所ですら行けるかどうか不明です。甘い物ばっかり続けて食べられるワケじゃないしね~(^^;)

ともあれ、最低1回ずつは台湾料理と台湾スイーツをどこかで食べられたらいいなぁと思ってます。


いろいろ ~雑記編

続けて更新する予定だったのに、昨日何にも投稿出来なかったー(汗)

今回は「趣味/雑記」カテゴリのいろいろ。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆昨年の初め、かつてないほどスケールの小さな抱負を掲げました。

が、結局そのスケール最小の抱負は実現することはありませんでした。

その抱負とは「年賀状を年内に出す」というもの。

右肩故障で長期安静を余儀なくされた上、昌磨くんの大躍進→12月に2回も遠征する羽目に…といった当初全く想定してなかった事態が重なり、年内に自分用の年賀状を仕上げるのは無理でしたorz

あまりに恥ずかしかったので、むしろスケールの小さな抱負こそやめておくべきだと悟りました↓

ここ最近抱負を掲げても実行出来ないことが増えてるので、もう抱負を決めること自体やめようかなぁとも思ったものの、何ひとつ目標を立てないと怠け癖がどんどん助長されるような気もして(いや目標を立てても怠け癖が改善されるワケではないのですが;;)、やはり一応は何か考えてみようと思います。

あ~~昌磨くんみたいにカッコいい目標を掲げて実現出来る人になってみたい…生まれ変わったら(←志低すぎ)


◆『スターウォーズ』と『パディントン』観に行きたい…

出来ればハシゴしたかったんだけど、調べてみたら一番近いシネコンは何故か『パディントン』の上映がない!!! 何で~~~

仕方なく少し遠いけど以前よく行ってたシネコンを調べたら、字幕版『パディントン』の上映時間は21時からの1回のみ。これ、完全に勤め帰りの人のみがターゲットだよね?(;・∀・)

まさか『パディントン』を観るのにこんなに色々とハードルがあるとは思わなかったわ^^;

あとシネコンは便利ですが、ハシゴしようと思うと意外と時間の無駄が出来やすいんですよね。友人と一緒にハシゴする場合は2時間くらい空いても食事しながらお喋り…でつぶせるからいいんだけど、1人だと飲食で2時間ももたせられない。続けて観るならギリギリの組み合わせもあるんだけどそうするとお腹空きそうだし、かといってギリギリ食事出来るか?って感じの時間だと2本目観てる間にトイレ行きたくなりそうだし(苦笑)で、意外と迷う。


◆私の大好きな和製本格ミステリシリーズが遂にドラマ化。

やっと、というより、何でこれまで人気の割に全くドラマ化されてなかった作品がここ1~2年で次々ドラマ化されたんだろう?という疑問の方が大きいかなぁ。

具体的に言うと、島田荘司さんの御手洗潔シリーズに、森博嗣さんの犀川&西之園シリーズ、そして今回の有栖川有栖さんの火村英生シリーズ。

特に御手洗潔と火村英生は探偵キャラとしてカッコいいから、ドラマ化されるならとっくにされてそうに思えたんですけども。

でも番宣観る限り、火村先生も作家アリス(原作者と同姓同名の狂言回し役キャラ)も原作とは違うイメージにされてる気が…原作の火村先生は犯罪を「美しいか美しくないか」なんかで語る人じゃないよね(´・ω・`) もっとミもフタもない切り捨て方すると思う。

有栖川さんの火村シリーズ(別名:作家アリスシリーズ)は、硬派とまではいかなくても決して軟派ではない正統派本格物なので(何度もいうようにミステリにおける「本格」という用語はジャンルの名称であって、「本格的に」とか言うときの「本格」とは意味が違います)、本格大好きで且つ日常的に気軽にミステリを読みたい私には今最もお気に入りのシリーズです。

探偵役の火村准教授の友人である作家アリスの一人称形式で語られるストーリーは、ウェットすぎずドライすぎず、重すぎず軽すぎず、短編も多くて長すぎないところが、楽しみとして読むのに最適でとても好き。文章もくどすぎずあっさりすぎもしないので、今の私のアタマで読むには丁度いい感じなんですよね。

でも最もお気に入りである理由としては、「一人称で語られる作家アリスの感覚・価値観が、私の感覚とものすごく相性がいい」というのが一番大きいかも。特に作家としての矜持みたいなことや、自分の信条みたいなことを語る場面でとても共感してしまう。同じ原作者による学生アリスシリーズの一人称は感傷的すぎて苦手なので(それだけキャラの若さをちゃんと表現出来てるということなのでしょうが)、この著者のこのシリーズが好き、ということになるんだろうなと思いますが。

ともあれ、この作品はキャラがウェットにもドライにもそして奇矯方向にも偏ってない常識人系であるところも個人的にお気に入りポイントなので、変な個性を添加されたのだとしたらものすごくガッカリしてしまう。録画観るのはこれからだけど、果たしてどのくらいの別モノ感なのかドキドキ。

ちなみに昨年ドラマ化されたS(犀川)&M(萌絵)シリーズの犀川先生も別モノにしか思えませんでした。(萌絵の方はイメージに合ってた)

まぁそれ言ったら、原作者自らが佐野史郎さんをイメージしたという湯川教授を福山雅治さんが演じた探偵ガリレオシリーズもキャラの方向性完全無視ってことになるんですけどね^^;

綾辻行人さんの館シリーズもそのうちドラマ化されるのかなぁ。探偵役のキャラは御手洗潔や火村英生よりは個性の面では劣るでしょうが、このシリーズは館トリックそのものが主役だから映像化には向いてそうに思うんだけど。


◆あれこれ言ってても結局ミステリ物は好きなので、たとえ『火村英生の推理』のキャライメージが違ってても結局は続けて観ると思います。

今季のミステリ物は、これと『相棒』の他にちょっと色モノ入った『ヒガンバナ』と『山猫』もありますね。ちなみに『火村英生の推理』『ヒガンバナ』『山猫』が全部日テレなのはちょっと意外。同じ局でミステリ系3本って珍しい気がしたんですが、どうなんだろう。

私が観るドラマの条件は基本ミステリ系か色モノ系と決まってるので、今季はちょっと嬉しいかも(・∀・)

『山猫』は主役がなかなか面白くて気に入ったのですが、それ以外にも『相棒』で酷い目に遭った成宮くんが出てるので応援したい気持ちもあり。

昨季(ドラマの区切りね)は『下町ロケット』も好きだったけど、GPSやGPFと重なって何度も観損ねたんですよねぇ。『相棒』ですら毎週予約しないと観損ねるものの、今のHDD状況だと毎週予約は自殺行為なので見逃さないようにするのはなかなかキツイ(´・ω・`)


◆ペプシのMOMOTAROのCM、折角サル年なのにサル編はいつやるんだろう。


◆SMAPが生放送でファンに向けてのメッセージ…と言っても、場をお膳立てしたのが事務所サイドである以上、本心からの言葉が聞ける場になるワケがないですよね。

木村くんが事務所に残留してる以上「解散しない=4人が謝罪して事務所に戻る」ってことにしかならないから、言いたいことみんな押し殺して「お騒がせしてすみませんでした」としか言いようがない。

少なくとも、前を向いてる人たちの表情にはとても見えませんでした。ネットで「ISの捕虜動画」「逃亡して捕まった奴隷」「足抜きして吊された女郎」みたいとか言われてるの見かけたけど、実際そんな印象。

私は経緯は殆ど知らないけど、SMAPがもう相当以前から事務所では放置状態で自力で営業してるという話は聞いたことがあります(だからいい仕事してるのかとその話を聞いた当時は思いました)

独立して芸能界での仕事を続けたいというのが本当のところでしょうが、それはどうしても叶わない状況ということなんですよね。

4人は「どっちの不幸がマシか」という選択をしたということでしょうか。少なくとも、単純に「とりあえず解散しないみたいで良かった!」みたいには自分には思えなかったです。

むしろ誰1人「解散しません」という一言を言わなかったことに、納得出来てないならそれでいいよねと、ちょっと安心してしまったくらい。

4人の表情がある程度想定通りだっただけに、私がもやっとしたのは、「解散して欲しくなかったけど、生放送コメントでの彼らの表情を見たら解散した方が良かったのかもと思うようになった」と言ってる人が結構いたこと。

解散して欲しくないと思う程度に彼らのことを好きなら、独立の意思表示をした4人がどれだけ納得してないか、どれだけ歯軋りする思いで残留を決めたか、彼らの顔を見るまでわからなかったのかなぁ?と。そんな簡単に元の鞘におさまるような事態に思えたんだろうか、と。

解散さえ回避してもらえれば、彼らの笑顔が見れると思ってたんだろうか?と。

あくまで私見だけど、草彅くんの言葉はせめてもの抵抗として自分たちが受けた屈辱はこうだったと表明してるようにも聞こえました。

フジは当然ながら、一般人の声としては「存続してくれて良かった」という意見ばかり流してるけど。。。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード