Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

いろいろ

◆昌磨くんの練習写真来たーvvv

あーもう、どこでもドア欲しいいいいいいい 台北アリーナ行きたいいいいいい

頬のラインが丸くなったな。。。一時期かなり頬コケしてたから(そして体力も落ちてたっぽいから)、ちょっと嬉しい。


◆先日五輪用に購入した防水スノーブーツを試し履きしたくて午後まで待機してたんだけど、申し分無い状況になってきた^^;

うちは2階で屋根無し外階段なので、下に降りるだけでもスノーブーツ必須。スケート観戦の必然から購入する以前は、毎度雪の日には履く靴が無くて苦労したものでした。東京は1年に1回しか降らないせいで、降った時には手遅れだから買う機会もない、ということがずっと続いてたんですよね^^;

でもベランダの雪かきはしない。ソチ五輪に行く前日に慣れない雪かきして手首を痛めて、ソチのホテルに到着した途端炎症で痛み出したというトラウマがあるから(--;)

あの時は湿布も何もなく、洗濯前提で下着も少なめにして行ったからさんざんな思いをしました。かなりの痛みがあったのに一切何のケアも出来ないまま、泣く泣く洗濯物絞ってたんですよねぇ。。。(つД`)

あれ以来、スーツケースは一番大きいのを持参、衣類は少し多めに入れて行くようになった次第です。まぁソチの時は寒い方に照準を合わせて徹底的に荷物を減らしたのですが、そーいう時に限って寒暖両方向への対応を怠ったことを後悔するような現地の気温だったり、洗濯に支障が出るほどのケガをした、というのが運が悪すぎだったんですがorz


◆ユーロ私的見どころ振り返り

男子:ランビ、ラトデニ、モントーヤくん/マッテオくんはSP良かった。FSは第2・第3Gがちらほら楽しい

女子:SP:最終G/FS:妹ヘン、ザギメド

ペア:SP最終G/FS第2G(衣装もプロも良かった)

アイスダンス:ウルハリ、ギニャファブ、ボブソロ

ペアは五輪前の厄落としみたいな感じだったなー マルホタはちょっと不調だったのが今回は揃えられて何より。まぁイタリア2枠だからデラモニカさんとことの代表争いはないんだけども。

女子SP最終G、ペアSP最終GとFS第2G、アイスダンスのFD第3G最終Gは再放送で捕獲したい。。。特にウルハリは、SDもFDも録画し損ねて血の涙(´;ω;`) HDD整理サボってたから、残量余裕なくて丸ごと予約出来なかったのよね…


◆ロシア女子の頂上決戦は見応えがありましたね。メドベがケガ明け本調子が無かったというのはあるけど、それだけの隙も許さないライバルが登場したことはやはり凄い。

ジャンプは質も含めてザギトワ圧勝、足元はメドベ圧勝。これで所作がコストナー系なら完璧なんだけど(2人とも上手いんだけど、やっぱりちょっと動作が忙しない)、まぁそうそう何もかもは揃わないし、あれだけの難度のものをノーミスorほぼノーミス出来る能力は文句のつけようがない。

五輪金争いもミスした方が負け、の勝負だと思いますが、ジャンプ構成が圧倒的に上なのと、蓄積疲労(体重管理による体への負荷も含む)の多寡を踏まえると、勢いのあるザギトワの方に若干分があるかなという気はします。

ただ露女子のそれって、寿命の短そうな強さに見えるんですよねぇ。メドベのジャンプはどんどんよっこらしょ感が増してるし、ザギトワも1シーズンで大分体型が変わったように見えるので、来季以降どうなるんだろうという感じ。


◆あああああ残念!!!

やっとJスポの四大陸解説に岡崎さんが参戦してくれたのに、女子だけかあ… 男子で聞きたかった~~~

いや単に昌磨くんのクラスタ解説が聞きたかっただけです、ハイ… そういうの、岡崎さんしかやってくれないから。ジャンプの入り部分だけなら、織田くんがよくやってくれるけど。

でもJスポに岡崎さん解説をもっと聞きたいとリクエストした甲斐はあったかな。


◆四大陸男子のラインナップ、美味しいなあああああ

お金と時間と体力があったら飛んで行きたい。

ギリギリまで代表レースでリードしながら最後逆転されてしまったジュンヒョンを、ここで観るのは切ないけど…ネーベルホルンの演技が良くて印象に残ってただけに。ジンソも引退しちゃったそうだし、サミシイ。

クワドレスでも好きな演技なんだよージュンヒョンもジンソも… ジンソみたいな素晴らしい猫足着氷、今の現役には他にいないし、クリーンに決まった時の3Aとか素晴らしかった。ジュンヒョンは表現が好きなので、もっと上手くなったところも観たい。

あと今回マルティネスくんがいないのが残念。ネーベルホルン杯の演技はもうほんとジャンプ以外何もやってないってくらい不調に見えたけど、その後どうしてるんだろう。

昌磨くんについては、この四大陸で存在感取り戻せるかどうかに注目してます。具体的には4Tとコンボまとめられるか、なんだけど。

4Fは顔がふっくらして元気そうだから、戻って来てくれてることを期待する。

ユーロが終了した時点で今季300点超えのシーズンスコアを持って五輪に臨めるのは、昌磨くんとそして四大陸で出せればボーヤンのみ、というのが決定。でも昌磨くんの300点台も序盤で出しただけで、その後体調不良もあってどんどん下降してしまってるから、ここで戻せなかったら現状は他選手と五十歩百歩になるかなと。

今季はほんと、昨季からのマルチクワドシニア組みんな疲れてるよねぇ… ヘルシンキのトップ6でケガも病気もしてない人が1人もいない。若手メダル候補組のポイントは、技術以上にケガしないこと!って思ってたんだけどなぁ(>_<)

ちなみに、総合力やポテンシャルではネイサン>ボーヤンだけど、ピーキング力だけはボーヤン>ネイサンだと思うんですよね。今回はボーヤンもシビアなケガしてたから、そこら辺読めなくなってしまったけど…

いずれにせよスケジュールがタイトな中で四大陸に出る代表組は、是非とも「五輪に向けて良い準備が出来た」と言える大会にして欲しいと思います。

勿論、四大陸が今季最後の試合になる選手たちも頑張れー!(舞依ちゃんは五輪後にも花織ちゃんと一緒の派遣がありますね)


◆絶対体の状態は風邪ひく前と特に変わってないと思うんだけど、回復して以降は危機意識からか、以前より疲労感が気になるようになってしまった。

あとまだ1ヶ月先の五輪の緊張感が、既に体に来てるんだと思います;; 不案内でハードル高めの場所に出向く緊張感みたいなものよりも、おそらくは、応援してる選手のコンディションに関する心配から来るストレスだろうなーと。

応援してる選手がメダル候補じゃなかったら、絶対ここまでは緊張しなかった!…とは思うのだけど、ケヴィンの時ハケヴィンの時で、靴トラブルから来るコンディション不良が心配で心配でしょうがなかったのでした。

やっぱり好きな選手がいると、その立ち位置に関わらずいい演技が出来るかどうか、気になって気になってしょうがないのは同じなんだなーと思い直す(´・ω・`)

これまで昌磨くんの演技を試合前も演技中も「絶対大丈夫だ」と確信して観れたのは、ヘルシンキだけでした。インフルエンザ明けで体力ごっそり削がれてた仏杯FSなんて、心配のあまり昌磨くん以外の選手の演技を観ながら待機する気力が全く無く、ライストは昌磨くんしか観れなかったという…

五輪のSPなんて、恐怖でライフ削られまくるだろうなーと今から怖いです((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル 五輪ではとにかくSPの重要度がハンパないので。


◆録画準備の気が重い…

ソチ五輪の時は海外選手を応援してたから、録画のストレスって殆どなかったのですよね。日本のニュースで取り上げられる可能性はまずないから、試合以外の番組に気を配る必要も無かった。せいぜい直前に決まったペアの放送やメダルセレモニーが予約出来なかったくらいで、どっちも生では観れたし。

今回お茶の間アリーナの方が良かったかなと思うのは、まさにこの録画の問題です。報道のメインは羽生くんになるだろうけど、それでも昌磨くんも日本人でメダル候補だからね。前回のケヴィンのようなワケにはいかない( ;∀;)

試合以外の映像も欲しい! 特に公式練習映像は、めっちゃ欲しい! けど、いつやるかわからないから予約録画も追いつかなさそうで悲しい。

とりあえず、レコーダーのHDDに残ってる番組はもう殆ど消すしかない… 絶対に残したいものは既にディスクに焼いてる筈だから(´・ω・`)

あと、BD-REディスクは100GBを用意することにしました。地上波番組を直接録画する際に、少しは健闘してくれるでしょう。。。

でもスケート番組を録画するには100GBっていいですねー。ユーロと四大陸セレクションは100GBに。来季からGPSセレクションも100GBにしよう。

とはいえ、CSの全日本放送は100GBでも全部入り切りませんでしたが…スケート番組の録画ってほんとハードだわ( ;∀;)

スケオタ歴が長くなると段々録画しなくなってくる、という人の気持ちがよくわかる。私も途中からは、割高でも上書き可能なBD-REでしか録画しなくなったし。

以前、色々録画はするものの、最後は厳選して1シーズン分を1枚のディスクに収める、という人がいて、非常に憧れています。私もその境地を目指したい…


終わったああああああああ

やっとやっと、平昌五輪の宿・チケット・交通の手配が全て完了した!( ;∀;)

試合や選手たちの状況を追ったり、国内観戦の準備したりで慌ただしいのと平行して神経すり減らさなきゃならなかった毎日から、これでやっと開放されるうううううう(涙)

年賀絵も仕上がってあとは印刷するだけだし、まだ風邪で体調は悪いものの、今夜は安らかに眠れそうです(T▽T)

しかし韓国って、交通費安いなー 高速鉄道も高速バスも安全運転されますように(-人-)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


年内は全日本終了までが忙しすぎて五輪の現地アクセスや現地情報に関して殆ど手をつける余裕がなかったので、年末から猛スピードで情報収集してました。全日本前にようやく導入したスマホも大活躍。

大晦日から勉強を始めたハングル文字も無事(表音文字としては)読めるようになったので、地名や固有名詞、英語由来の単語(「オリンピック」とか「カフェ」とか)等に関してはバッチリですY(^o^)Y

ちなみに韓国語の単語って結構、同じ意味の日本語と発音が近いものも多かったりするんですね。親がよく韓流ドラマを観てるので韓国語は頻繁に聞いてるのですが、全然気づきませんでした。

予約関連が一段落したので、あとはガイドブック買って来て細かい準備を進めたいと思います。お金と体力があり余っていたら台湾四大陸も行きたかったけど、さすがに厳しい^^;

今月中に初詣に行って、良演技祈願もしてきたいです!(・∀・)


謹賀新年

遅ればせながら、新年おめでとうございます。

年内は(自分の頭の中が)忙しすぎて余裕がなくて、全く更新出来ないまま年を越してしまいました。今更ですが、改めてご挨拶。

昨年当ブログにご訪問下さった皆様、本当にありがとうございました。数ヶ月放置していた上に特に他所様とも付き合いはないのに、更新再開したら覗きに来られる方が戻ってらした?のが有難かったです。

現地観戦の前後はどうしても更新する余裕がなくなりがちですが、これからもポツポツ更新は続けるつもりです。気が向かれた時にまた遊びにいらしていただけたらと思います。

それでは、本年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

年賀状を作ろうとしたら風邪で発熱してしまい、断念。

次いつ更新出来るかわからないので、新年最初の記事はおえかき&フィギュアMixネタということで、初描き練習絵置いときます▽(ここはもともと雑記ブログであるということを、たまには思い出してやって下さい(苦笑))

o0640048014106749555.jpg

o0640048014106749577.jpg

o0640048014106749570.jpg

「冬」はやっぱり、こっちの衣装の方がいい~~~~~


全日本終了ー

昨日は疲れすぎてて帰宅後録画の予約チェックも出来ずに寝てしまったら、とんでもないミスをしてたのに起きてから気づく。

疲れに加えて色々とテンション下がってたところに追い打ちくらった感じで、かなーり凹みました。。。

目下、お祝い気分より心配事や凹み気分の方が上回ってます(T_T)

4年前もそうだったけど、代表発表ってなかなか自分にとって楽しい気持ちを伴うものになってくれないのが残念。一番応援してる選手は対抗馬不在で無難に代表決めるも、不調(4年前はケヴィンね)。他のイチ押しの人たちは落選で。

たとえ五輪に行って欲しかった人が代表選出されても、それと同時に同じく五輪に行って欲しかった人が落選すると、どうしてもお祝い気分よりも後者に関する落胆の方が上回ってしまうものだなーと、今回改めて痛感しました(´・ω・`)

今回の選考結果は妥当だと思ってますが、大一番でミスをする勝負弱さが悲しいってことで。(勝負弱さに関しては昌磨くんに関しても心配してることではあるのですが…うーむ)

友野くんが四大陸に行けないのも地味にショックでした。無良くんは五輪の補欠だから、勝負勘キープしなきゃならないことを考えても妥当だと思うし、代表が2人も行くとなると難しかったね;; 昌磨くんも前半戦があの出来だと、四大陸出ないハズないだろうなというのはよくわかるし。。。

昌磨くんは4Fが決まらなくなったことからしても、とにかく疲れてるんだろうなという印象。その分気迫を感じられたのは良かったけど、MOI終わったらしっかり休んで欲しいなと思いました。内容が伴わないことでメンタル的に迷走してる感もあるので、小塚くんの「体と気持ちをリセットして欲しい」に同意。

もともとGPFに出た日本男子が全日本でお疲れなのは通常運転なので、そこら辺は想定内なんですけどね。

昨季もその前も全日本の頃はこんな感じだったし、この後のシカゴ合宿でリフレッシュ出来るよう願ってます。昨季はそこから良い流れになったし。

個人的に5クワドは間に合わない、キャパオーバーという見解は変わってないので(間に合わないからやるな、という意味ではないけどね)、今後見切りをつけるにしても時期としてはギリギリかなぁ。もう調整出来るのは四大陸しか無いし。

とりあえず私の望みは、結果出すことより何より、まず「心と体の両方を元気にして欲しい」です。

シーズン前半終わって、見てるだけの側も色々気持ちをリセットしたくなる今日この頃なのでした。


全日本女子終了

私の全日本の緊張Maxの瞬間は、新葉ちゃんのFS演技が終わった時点で終了。

2枠目にどちらが選ばれても「世界で戦えるか」という意味においては”私は”納得出来るので、もう私の関心は昌磨くんの調整に完全シフトしました^_^; 男子3枠目は、過去のPBなどではなく現時点での地力(と考えられるもの)を鑑みるなら、予定調和になりそうですし。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今大会の女子で意外だったのは、SPでは新葉ちゃんと舞依ちゃんの2Aのミスくらいですね。それ以外は想定内でした。

順位予想がピタリだったとかいう意味ではなく、それぞれの選手の結果に関して意外とは思わなかった、という意味です。

理華ちゃんの「カルミナ」も花織ちゃんの「月光」もノーミスならこのくらいのポテンシャルはあると思ってたし、その一方で理華ちゃんはFSで台乗り出来る点出すのは厳しいだろうなというのと(多分ノーミス出来ないだろうから)、花織ちゃんはFSノーミスでもスケアメの点を大きく上回るのは難しいだろうし、この点差では知子ちゃんがまとめたら勝てないだろうというのも。

さっとんのFS見た目ノーミス(URあり)は完全に想定内。勿論、そう言えること自体がとてもすごいことなのですが。

確かにジャンプは世界どころか日本女子の中でも見劣りしますが、代わりに他が別格。スピン、ステップの加点もそうだけど、一番肝心なのは常に演技をまとめる力と、何よりもメンタル。

メンタルの強さはもう、SSSクラスだろと^^;

彼女は「優勝を狙う明確で強い意志をもって試合に臨めること、その上できっちり演技をまとめられるところ」が本当に素晴らしいと思います。演技を観ていて、「私は勝つ!」というのが伝わって来たよ。

ただ新葉ちゃんがSPでもFSでも抜けるとは思わなかった…後から練習中のケガで痛み止めを飲みながらの演技だったと聞いたので、その影響もあったのかなと思います。

でもやっぱり痛恨はSPのアクセル抜けノーカンですね。もうそれに尽きる。FSのサルコウはGPSとGPFで抜けてるから鬼門だと思ってたし、目立つミスがそれくらいなら台乗り出来てただろうと思います。

しかしSPでもFSでも抜けて200点超え出来る地力自体は間違いなく日本女子2番手だと思うだけに、大一番で必ず抜けちゃうのが本当ーーーに勿体無い… ケガの影響だったとしても、一番大事な試合でケガするのも運が無い厳しい(´;ω;`)

舞依ちゃんも、わかりやすいケガとかじゃないから表立った話題として出て来ないけど、病気の症状と戦い続けてるんだよなぁ… 理華ちゃんも長久保コーチとの辛いお別れがあったし、全日本に賭ける思いは強かったでしょう。

みんな、色々切ない(つД`)

今回は五輪代表=ワールド代表かな? バンクーバーの時みたいに3枠あるなら、全日本で勝った明子ちゃんが五輪で中野さんがワールドという割り振りも出来ただろうけど、2枠ですからね。

世界で戦って3枠もぎ取って来る という使命を背負う2人に求められるのは、結局2枠しかない五輪代表に求められることと条件的には同じように思います。(五輪代表をノーミスした時のポテンシャル最優先で選び、ワールドを確実性で選ぶ、というのでない限り)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ちなみに女子FSの個人的な一等賞は、実は優奈ちゃんだったりする(笑)

スピードがあって、動きもジャンプも大きくて勢いがあって観ててすごく楽しかった^^(その後に滑った選手たちの動きが、相対的にちょっとおとなしく見えてしまって困ったくらい(苦笑))

まぁ私好みってことなんだろうなぁ♪ 彼女の『展覧会の絵』、仏杯の演技が好きだったから、今回生で観れて嬉しかったです(´∀`) 彼女の未来に期待~♪


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ともあれ出場した女子選手の皆さん、五輪代表選考会の特別な全日本、本当にお疲れ様でした!

スケート人生の中でも、大きなターニングポイントになったことと思います。この貴重な体験が、それぞれの未来で実を結びますように。


GPF男子終了で少し

何というか、もう

どれが敗因かわからないくらい

ミスのデパート状態


まるで、まとめて一気に洗い出したかのよう( ;・∀・)

ここまでヴァリエーション豊かにミスが重なると、もう「あれさえ無ければ…」という気にすらならない(苦笑)

でもさ、1つだけものすごく不思議なんだけどさ。

コンボでセカンド3Tつける際にザヤが心配なら、

何故2Tにしとこうと思わない?

いや2Tどころか、1Tだってつければ勝ってたよ?^^;


…もう根本的に、演技中に計算し直してリカバリするのが苦手なんだろうなぁ…

そこら辺が、詰めが甘いというか、勝ちにこだわってリカバリにも執念を燃やす羽生くんやネイサンとの差かなぁと思います。

あと、私は五輪シーズンのGPFの優勝と五輪結果の連動性を知ってるので、今回の結果はかなり重視してたのですが。

昌磨くんにとっては、GPFまで含めて調整試合だったのかもしれない。実際、インフルエンザからの仏杯で調整スケジュールは狂っただろうし。あと自覚できてないだけで地元開催で羽生くんもいないGPF、というプレッシャーもあったのかもしれない。

昌磨くんの照準がチャンピオンシップや五輪、或いはどちらでもなくその先とかであれば、(神演技券の使いどころという観点から言っても)どうこうは言ってもしょうがないかなーと。いや、勝手な憶測ですけども。


まぁ結局のところ、「5クワド構成でミスなく滑るのは、あらゆる意味でとても難しい」ってことに帰結するのかなーと思ってます…


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


改めて思ったこと。

1スケオタとしては、4回転が何本決まるかが焦点になる演技よりも、4Tしかなくても魂の咆哮を見るかのように心揺さぶられた今回のヴォロのような演技が観たいです。心の底から。


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード