Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のはなし

今回は、なんちゃってサイエンス的な話。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆年を経るにつれ、夢の中で身体感覚が変化しているのを感じます。

小さい頃は、夢の中で用を足す感覚があったらそれはすなわちおねしょでした(記憶がある範囲では1回だけですが)

でも大人になってからは、夢の中でしっかり用を足す感覚があっても絶対おねしょはしないんですよね…単にいつまで経ってもトイレに行きたい感が減らないってだけで(実際行きたいのにしてないんだから当たり前ですが)

あと「夢じゃないか」と疑って、頬をつねったりみたいな古典的なことを試したりもするのですが。

年をとるにつれ、夢の中で「これは夢じゃない!」と確認するための方法が実にヴァリエーション豊かになってきて(ものによっては進化系になったりして)、しかも毎回それらをクリアするにも関わらず結局夢だった、という展開が増えてきたんですよね。

主に、とても嬉しい夢のときに(涙)

夢の中でどこかつねったら、ちゃんと「痛みを感じる」レベルには既に到達しています。。。

つかむしろ目覚める寸前まで身体の一部にものすごく痛みを感じていたのに、目覚めたらどこも何ともないっていうのもありました(苦笑)


◆すごく疲れる状態で寝たときや、2度寝したようなときにものすごく変な夢を見ることが多いです。どちらかというと悪夢系。

単純に変としかいいようのないこともありますが、決して明るい系ではないですね。これをベースに不条理系小説でも書けるんじゃないかと思うような(苦笑)

身体が気持ちよくない状態での睡眠だと、夢が身体的な不快感を反映するってことなんでしょうかね。でも肉体的に苦しめられる系ならまだわかるけど、何で抽象的な意味での「変」度がアップするんだろう。身体的不快感→不条理ストーリーという変換システムでもあるんだろうか。


◆夢の中で何かから逃げようとするとき、どんなに早く走ろうとしても足が動きません。

科学的に説明するなら、運動機能が完全に休止中だから動かせないのだとか。もし寝てる間に走る動きなんか出来てしまったら疲れてしょうがないやん、みたいな話らしい。

でも何かそのうち、足を動かさないまま夢の中ではちゃんと走ってる感覚も会得しそうな気がしないでもない… 夢の中における身体感覚の変化(進化?)のことを考えると。


◆近年はかなり減ってきたのですが、私は夢の中でトイレに行きたいとき、汚いトイレしか見つからないという悪夢?を見ることが過去頻繁にありました。

こんなの経験した覚えはないぞというくらい、色々なヴァリエーションの汚さでorz

昔いた会社の博学だった上司の説によると、汚いトイレの夢は「起きてトイレに行かないように、睡眠を続行するように」と身体がセーブをかけてるのが原因なのだそうです。

汚いトイレだから、トイレ自体を諦めろっていうこと? 説得力があるような無いような…

興味深かったのは、友人に聞いた話。

彼女は汚いトイレの夢というのは見ないそうですが、代わりにトイレに行きたいのにどのトイレもドアが閉まっていて入れない、という夢を見るのだそうです。

これも先の上司説なら説明がつくのかな~?

にしても、これを聞いたときはものすごく羨ましかったですね。汚いトイレの夢って、起きてからも結構ヴィジュアル的な記憶として残るんですよ(TT) ドアが閉まってるだけの方がどれほどマシか!!!

グァテマラ観光のときのジャングル遺跡や山中の国境検問所そばのトイレは若干トラウマになるレベルに強烈でしたが、その手の夢をよく見てたのはもっと以前からなので、ほんとに一体どこからそんなイメージを作り出すのか。

冷え性でトイレが近くて年中色々な場面で悩まされてきた(行きたくないような場所でも行かなくてはならないという)負の記憶が影響してるんだろうなぁ、きっと(TT)


スポンサーサイト

野菜の食べ方

羽生くん出演中のラジオ番組が終了した後もTOKYO FMをつけっ放しにしていたら、「スマートライフ」という番組で高橋くんの食生活をサポートしている栄養アドバイザー・石川三知さんが食事のアドバイスをされていました。

とても興味深くて役に立つお話だったので、内容をご紹介しようと思います。

『スマートライフ』
第12回 「アスリートも実践している野菜の食べ方」



エネルギーが欲しいのはやっぱり朝ですよね。朝に葉物というとやはりサラダでしょうが、夜の残り物でもない限りなかなかサラダまで食べることはないですねぇ。

疲れを癒そうと思ったら、ポトフとかきんぴらごぼうが良いんですね。大根のお味噌汁とかも。

そしてストレスがあるときは茄子やトマトか… ストレスたまってるときは、麻婆茄子とかにしてみようかな。

基本的に野菜大好きなので(しゃぶしゃぶ以外の鍋の肉成分はダシ以外イラネ派&天ぷらは野菜だけでいい派)葉・実・根もの全てに好物がありますが、全部揃うのは夕食くらいかなぁ…


部分月食

今日6/4は部分月食ですよ~

今年見られる月食は今日の1回だけで、次回の月食は来年4月26日まで見られないそうです。

参考:http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/eyenews/2012/06/64.html


もうすぐ金環日食

近くに江戸川の土手があるので、21日朝は観に行く予定です。

もともと犬の朝の散歩コースだったのですが、当日は人が沢山集まるかもしれないので、散歩の時間はずらした方がいいのでは?と母と検討中^^;

先日丁度コンビニに『Newton』の観測用グラス付き小冊子があったので、購入しました。

今年は6/6にも金星が太陽面を通過する天体ショーがあるので、そのときも同じメガネが使えます。何かで代用するより、専用に作られたものを買った方がやはり無難かなと。

直接見るのとは別に、小さい穴が空いてるもの(プリペイドカードとか)で影を作ると、ちゃんと食の部分が欠けた状態で小さな丸が映るらしい。木漏れ日とかでも欠けた円が反映されるそうで、壁に木の影が映るようなところでは、欠けた太陽の光が模様のように沢山見られるようです。

2009年の皆既日食のときは天候に恵まれない観測可能地域も多かったようですが、5/21は晴れるといいですねぇ。


1日の長さが変化?

興味深い記事があったので、ご紹介~

【チリ大地震で地軸にズレ】

専門病

今回の記事も、過去日記からのリサイクル。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

先日語った「ロールシャッハテスト」ネタの続きみたいな話なのですが。

過去の日記でロールシャッハテストネタを書いた当時、ご自身の専門病についてメールで詳しく書いてきてくれた方がいらっしゃいました。その方は「他にもあるかも」とおっしゃってました。

「言われないと気づかない専門病や職業病」というのは、確かにあるだろうと思います。だって、周りの仲間がみんな同じことをしてたら、それが外から見たら違和感を覚えることだって気づきませんもんね。

ちなみに、私の生物学科時代の「自分たちでは気づかなかった専門病」の1つに、「瓶の振り方」というのがありました。

あるとき私と同じ細胞生物学研究室(略して細生研)の仲間と、それから英文科の友達と一緒に食堂かどこかで食事をしたことがありました。その際、細生研の友達の1人がフツーにドレッシングの瓶を振って中身を撹拌してたんですが、英文科の子がいきなり

「何でそういう振り方するの?(・・;)」

と青ざめたような顔をして言うんですよ。

私ら細生研の人間には見慣れた振り方だったので誰も気づかなかったのですが、その子のドレッシングの振り方は、実は「試験管の振り方」だったんですね~(笑)

更にオソロシイことにその場にいた細生研の仲間は揃って、

「? 本来のドレッシングの振り方ってどうだっけ?」

と思ってしまったワケです。

で、別の子が「こうだっけ?」と別の振り方をしてみたところ、英文科の子は怯えたように「それも違う!!」と(苦笑)

ドレッシングの場合、フタがしっかりしまっているから、上下にタテに振るんですよね。密閉容器で上澄み液と中身を混ぜるのが目的なら、それが自然な振り方です。

しかし細生研の我々が日頃使っているのは試験管。
試験管にはフタがありません。

ラップをしたり詮をしたりということはあってもフタという概念はなく、上澄みと中身を混ぜ合わせる際には液がこぼれないよう、口の近くを持って小刻みに素早く横に振るんですね~

ラップをしてある場合も、激しく上下に振るなんてもってのほか。液体の勢いでラップからこぼれてしまう可能性が大だからです。

せいぜい素早く上下反転を繰り返す程度。これは口と底を抑えてゆっくりやるため、上下に激しく振るほどには加速がかからないので、たまにやります。(←これが、英文科の子に「それも違う」と言われた2回目のときの振り方)

液の中には貴重な試料が入っています。その試料を作るには複数の日数がかかるため、1度できた液をムダにするのは御法度です。何故なら1週間単位で行われる実験がおじゃんになってしまうからです。次の結果は、また1週間経たないと得られないのです。

そういったリスクを避けるために私ら細生研の人間には、そういう振り方が無意識のうちに体に染みついてたワケですね~ 私ら自身、フツーのドレッシングの振り方がすぐに思い出せなかったことに、このときは驚きを覚えました……ハイ(苦笑)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。