Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATCの裏書

交換目的のATCには、制作者・制作日(交換日?)などの情報も入れるのが普通です。表にそのスペースは無いので裏面に記載するのですが、その際「裏書用のスタンプ」を使用します。

▽こんな感じ



同じスタンプを何度も使うことになるので、右のように他のスタンプで地模様をつけたりもしてみました。

色々な裏書スタンプがあるようですが、沢山置いてあるショップって殆どありません。他の方の裏書スタンプがいいなーと思っても、同じものを入手するのまず無理そう;;

表のデザインと雰囲気を合わせるには、最低でもシンプル&エレガント系とPOP系の2パターンは必要ですね。

困るのは、横型が殆ど無いこと。仕方ないので、上の写真右のスタンプを捺した紙を下左のように切り貼りしてアレンジしてみたり。(「Title」と「Contact」は記入するつもりが無いので、単なる装飾として貼ってます)

atc_ura2.jpg

「Artist Trading Card」という文字だけのスタンプもあるので、飾り柄と併用すればオリジナルの裏書デザインも作れるんですけど……主役はあくまで表面だし、やっぱり項目名も一緒に入ってる専用スタンプの方がラク(苦笑) 
関連記事
スポンサーサイト

ハロウィンATC・2



スタンプカーニバルの戦利品で作るATC、ノルマの5枚分達成~

交換分以外にもう1~2枚(個人的事情により)作っておきたいのでまだ終わりではありませんが、交換予定日は来月だし、ひとまず安心。

戦利品スタンプのコウモリの中では一番のお気に入りですv よく見ると、ハートマークも紛れてたりスル(笑)

背景の紫部分は、全てスタンプインクで着色しました。ぼやっとしてわからなくなってしまってますけど、紫の下にはコウモリの群れのスタンプがグレーで捺してあります。

背景部分に斜めに入っているキラキララインは、エンボスパウダーの「プリズム」を使用。今回初めて使ったのですが、思った以上にカラフルでした。

しかしいい加減、フラッシュたかないやり方で撮影するようにしないとな~;;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

ATCを作り始める時点である程度の完成イメージは持ってるんですが、色々と不慣れなもので行き当たりばったりになる部分も多いです。次の作業に移る前に「出来るだけ取り返しがつかない状態にならないよーに」とあれこれ迷うものですから、進まない進まない^^;

あと「どこら辺まで作り込むか」という基準がまだ自分の中で曖昧なので、「これ以上何かするとバランス的に問題が」とゆーところまでいじってやっと終わる……という感じ。「シンプルだけどクールorキレイ」というのも作れたらヨイんですが。

悶々としてる時間がとにかく長いのが悩みです。
それでも何とか5枚作れたのは、「ミステリドラマを観ながらダラダラ作る」というスタイルにしたからですかね~ 「ドラマ鑑賞」という別目的を果たしているので、作業がてんで進まなくても時間浪費感&徒労感が極めて希薄で済むという(苦笑)
関連記事

リハビリの友でした

「最初はずっとフラレ続けてもうどーんと落ち込んでて… それがここに来てちょっとだけ局面が変わるようなことがあって」

「あ、それってずっと『彼女からメールの返事が来ない来ない来ない…』とどよ~~んとしてたのが、いきなり今日になって『あ、彼女からメール来た!』みたいな?」

「そう、陰から陽へ、Emor(イ短調)からCdur(ハ長調)への変化を、音量ではなく音色で表現して」

「(切り替えるなり)お花畑でスキップしてるみたいな感じですかねー じゃあ、こっちの(45小節目から始まる)猛スピードの展開は…?」

「そこら辺はもう、妄想が全開 というか」

「あ~~何かわかるーーー(爆笑)
 …で、最後はまた現実に戻ってしゅ~ん…となって終わる、と」

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

先日、『エリーゼのために』のレッスンが終わりました。
上記は、(正確な再現ではありませんが)曲想表現のアドバイスを受けたときの会話(笑)

「自分の中で(落ち込む→ルンルン気分になるような)物語を作りながら弾く」ように指導されたのですが、「物語までイメージして弾く」のは無理でした。

だって切り替えられないんだもん!

ヘタに物語なんかイメージしたら、あのテンポで繰り返されるEmor(イ短調)→Cdur(ハ長調)→またEmor(イ短調)…の変化についてけないんだもん!^^;

「物語をイメージする」って、自分的にはお芝居の演技(漫画描くときの演技でもイイ)みたいな感じです。なのであのスピードで陰陽を切り替えるというのは、躁鬱の演技をめまぐるしく切り替えるようなもので……とても無理でした(苦笑)

ということで、最終的には

「あああああ悲しいよぉ~~~(TT)」
  ↓
「お花畑お花畑♪」

…程度の簡潔&短めの切り替えイメージで対応した次第です(笑)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

『エリーゼのために』はケガをする2ヶ月ほど前から始めた曲で、ケガで練習時間が激減&出来ない動きもあったりする中、半年ほどかけてようやく修了しました。

レッスンとしては初めての4P曲で、肩と腕が一番ツライときに仕上げていったということもあり、それなりに思い入れのある1曲になったんじゃないですかねー

正直、ケガする前に弾いていたのがこの曲で本当に良かった~~…と思ってます。というのも、並行してやっていた短めのもう1曲は左手への負担が大きく、ケガ直前の演奏レベルに戻せなかったため、やむなく中断する羽目になったのですよね;;

『エリーゼ』の方は、暗譜が終わっていて(痛む腕で譜読みしながらのろのろと音を辿るのはなかなかキツイです)且つ内容的にも左手への負担が少なめだったし、それまでの1P曲より長めで好きなメロディだから初級者的にとても弾き甲斐があった…ということで、痛みがあってもそれなりに頑張ることが出来たのでした。

いずれにせよ肩も腕も痛くても普通に動かし続けていないと回復しないので、ピアノを弾き続けていたのは良かったんじゃないかな~と。

痛いからと休んでいたら指の動きがもっと悪くなっただろうし、何よりピアノを弾いてると腕の調子の変化がすごく良くわかるんですよね。出来ることと出来ないこと、昨日出来たのに今日は出来なかったこととか、確実に回復したところとか。

絵を描いていてわかる(体調とか外部環境の)変化とピアノを弾いていてわかる変化って(少なくとも私の場合は)違うので、その意味では今のところピアノとの付き合いは日々新鮮ですね~v
関連記事

リンク新設

これまでプラグインとして設定してなかったんですが、当ブログで話題にすることが多い趣味関連のリンクを新設しました。

以下、簡単にご紹介。(実際のリンクは右メニューから)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆Tokyo Stamper's Club
◆springspoon


共に、スタンプアートでお世話になっているスプスプさん(springspoon:大杉芙未先生の活動名)のブログです。活動のお知らせがメインで、素敵作品画像の宝庫!

前者が「東京スタンパーズクラブ」活動専用ブログ、後者は活動全般となっています。


◆MakInk Studio

アメリカのスタンプカード名人・MAKIKO JONESさんの作品展示ブログ。ひたすら通ってます(笑) 作り方の説明や、充実のリンクもあり。


◆A's sweets!

羊毛フェルトのスイーツやアップリケの講師・福田りお先生のブログ。
(公式サイトにギャラリーもあったようなのですが、しばらく更新されてないらしく該当ページへのリンクも切れていたため、ブログの方にリンクさせていただきました)


◆中山みどり felt art

羊毛フェルトの愛犬づくりでお世話になってる中山先生のサイト。ギャラリーにはリアルで可愛い犬猫たちがたくさん。等身大のコもいますよ~


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

一番時間を費やしてる趣味はピアノなんですけど、ピアノでお世話になっている先々はいずれもオフライン活動のため、リンク等は出来ないのが残念です~

以下は、管理人個人のデータサイト。


◆Tulip Hour ~Coffee Break~

管理人のブクログ(本棚サイト)です。お気に入りの既読本や読んでみたい本をリストアップしてます。
関連記事

ピンクのヴィンテージ風ATC



前回と同じ女の子スタンプを使って、違う雰囲気にしてみました。

手前のスワール(巻き)模様のアップリケは、麻布にスタンプした上にピンクのトゥインクルカラーの羊毛フェルトを刺したもの。

左端のレースペーパーっぽい部分は、薄和紙シールをボーダーパンチで抜いてピンク系インク2色で薄く色づけしました。

今回は女の子とスワール、クリーム色ペーパー部分にベージュで捺した楽譜の、3種類のスタンプを使ってます。全てスタンプカーニバルの戦利品▽


関連記事

ハロウィンATC

2010Halloween2.jpg

『HALLOWEEN WISHES』

死んだあの娘に会えますように

それが彼らのハロウィンの願い

だけど猫たち気づいていない

荒れた館に綺麗な毛並み

自分たちももう

この世のものではないことに

その夜あの娘と会えたなら

今度は一緒に行けるでしょう


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


スタンプカーニバルの戦利品を使いまくったATCです。

戦利品だけ見ると、スタンプ5種、インク・ツール類も1つずつ数えるなら全部で11種かな?

猫と女の子は別々に使うつもりだったのですが、猫が思ったより小さかったので女の子と組み合わせることに。

黒くない猫と女の子それ自体は定番ハロウィンキャラじゃないので、言い訳代わりに(苦笑)何となくストーリーをイメージしてみた次第です。

まぁ、見ただけでわかってもらえるようには作れてませんけども^_^;


関連記事

スタンプカーニバルと初オリジナルATC

10/9,10のスタンプカーニバル、両日とも堪能してきましたーーー!

色々考えた末、買い物&ブースを一通り見て回ることに専念したかったので、ワークショップの受講は諦めました。

でも当日受付の体験教室は1つだけやりましたよ♪(その話はまた後日)

2日目じゃないと出て来ない商品もありましたが、それでも買い物目当てなら、やはり「1日目の最初から!」で正解でした。

めぼしいもの(私から見て)の多くが1点しかなくて、何より、自分みたいな人間がいることを考えるとね~(苦笑)

スタンプカーニバルのレポも書きたいけど、今ちょっと時間が無いので別ネタを。

戦利品にほくほくしながら帰宅した1日目。
無性にATCが作りたくなり、翌日も開場時間に合わせて出かけるというのに、夜更かしして作っちゃいました。

▼オリジナルATC初作品

Royce_xmas_atc.jpg

ちょっと早いけど、クリスマスATCです。

大急ぎで作ったので色々とお粗末なんですけど、メインの鉛筆画部分は完全オリジナル(既製品を使ってない、という意味)だから、まぁ作品としてのアピールにはなるかなと…(実は大杉先生に受け取っていただこうと思って作ったので、どーしても何かしらのオリジナリティが出せるようにしたかったのです^^;)

正面からのスキャンor写真画像だとクリアエンボス加工とか全然わからなくなっちゃってますが、そういう処理も施してます。

2日目、買い物も見物も一通り済んだ後。
会場で会った『東京スタンパーズクラブ』(大杉先生が発足したスタンプ愛好家の集いの場)のATC講座のお仲間と、カフェエリアで休憩しました。

その際、私の「今回のスタンプカーニバルの戦利品、特にお気に入りを使ってATCを作り、次回のATC講座で交換する」という提案に他の方が賛同して下さり、最終的に1人5枚分を作ることになったのですよね。

※ATCの交換会では1人が複数枚作るのが普通で、自分が作った枚数分だけ他の人のATCがもらえます。参加人数が多いときで、5~6枚とかそんな感じでしょうか。5人参加の場合は4枚作れば、他の参加者全てのATCを1枚ずつもらえることになります。

早速作ってみました。
今度は〆切まで余裕があるので、もたもた考えながら足かけ3日くらいかけて(苦笑)

2010Halloween1.jpg

▲オリジナルATC2&3作目

戦利品の中でも特にお気に入りの、ハロウィンのオバケスタンプとセンティメント(言葉)スタンプを使って作りました。背景で色がついている部分は、全てスタンプインクで着色しています。

右のカードのオバケの帽子がテカってるのがわかるでしょうか。あそこらへんがクリアエンボスで、色のついた部分がツヤツヤして濃く鮮明になります。現在、最もお気に入りの技法♪
関連記事

不思議の国のアリスATC

先日、素敵な買い物をしました▽

スクラップブッキングやスタンプアートの作品は(細かい説明は割愛しますが)その性質上「商品」にはなりにくいため、プロの方の「作品」(1点物)を「購入」する機会はなかなかありません。

それが先月、私も受講したことがある大杉芙未先生(スタンプアートやSBの講師をされています)他、ハンドメイド作家さんたちの作品を集めて販売するサイトが開設されたのですよね。

私はかねてより大杉先生・作の『不思議の国のアリス』のスタンプを使ったATC(アーティスト・トレーディング・カード。愛好家同士の交換が目的の手作りカードで、サイズは3.5インチ×2.5インチ。スタンプアートの手法もよく使われる)が大好きだったのですが、出品商品の中に、そのATCで埋め尽くされた作品がありまして…

ネットショップオープン直前からしっかり待機していたお陰で、発売開始後すぐにゲットすることが出来ました~~♪

alice_atctray.jpg

1枚1枚は小さく写っているのでわかりにくいかもしれませんが、さほど大きくないスペースの中でほんとに色々な工夫が凝らされています。1枚でいいから欲しいな~と思っていたところ、一度にこんなに沢山…! もう感無量でしたvvv

ちなみに、色塗りにはコピックが使われているそうですよ~(コピックは、スタンプアートの世界では定番ツール。SB系ホビーの本家・米国でも愛用されてるようです)
関連記事

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。