Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊毛animals

お盆からしばらく滞在していた避暑先で、ひたすら羊毛フェルトのワンコ制作をやってました。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

chibi_Royce1.jpg

▲今のワンコの子犬時代
右は、写真を元に描いた鉛筆画(をCG加工でブルーグレーにしたもの)

着手したのはかなり前なんですが、未完成のまま放置してたので、今回ようやく仕上げ。完成後は、乞われて避暑先(身内宅)のコになりました。


dog_front_back.jpg

▲右は、上のチビの後ろ姿。左は、まだ未完成(植毛途中)の先代ワンコ。

子犬も成犬も骨組みに同じサイズの針金を使っているため、子犬の四肢の短さを表現しようとすると、成犬よりモコモコぽってりと大きくなっちゃいます^^;


dog_dolls.jpg

▲完成品1体と、色々な段階の作りかけ4体

一番左は、柴犬になる予定。
右奥は、ジャーマン・シェパード(出来ればREX~!)になる予定。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

帰京後、上の写真左端の柴犬ベース

shiba_modeling.jpg

に、顔をつけました。

▼左半分はまだ作りかけ。口のラインは、先生が作ってくれたお手本

shiba_up.jpg

左右とも、全く同じアイパーツ(目玉)をつけています。

向かって左はアイパーツを挿し込んだだけ、右が「上下のまぶた」と「アイライン」を加えた状態です。試しに、左右それぞれを手などで隠して見比べてみて下さい。

先生曰く、このまぶたのような細工は縫いぐるみだと出来ない(困難?)ので、そこら辺も羊毛フェルトの醍醐味なのだそう。

羊毛フェルトは造形の仕方が粘土細工などと似ているためデザインの自由度が高いのですが、細かな顔の造作の威力はほんとに凄いなーと思います。動物種ごとの違いがあまり感じられない「マスコット顔」から、一気にリアルになっちゃうんですから。

ちなみに、同じ先生について習ってきましたが、先生もどんどんスキルアップしてるので、同じパーツ製作の説明でも講座ごとに言ってることが変わったりするんですよね。

聞いてると、毎回のように内容がグレードアップしています^^;

なので「○○の作り方ならもう習ったから」なんて聞き逃したり出来ず、気が抜けないのでありました(こーいうとき、自分には向上心と探求心が足りないんだなぁとつくづく痛感してしまう(苦笑))
関連記事
スポンサーサイト

Birthday Card

11_07auntBirthday1.jpg

伯母宛の誕生日カードです。

彼女の誕生日は、実は先月。
直前に上京していた伯母は誕生日の前日に帰っていったのですが、その日までに用意することが出来ず;; 来週また会うので、それに間に合わせるべく今度は余裕を持って作りました。

伯母はオレンジとグリーンが大好きな人なので、バースデーカードはその配色にする!と決めてました。いつもの如く頭の中であれこれ試行錯誤しまくったため、実際に手をつけるまでにかなーりの時間を要しましたが、表面は大体イメージに近いものが出来たと思います。

紙ベース部分の着色は、2010/12/25付記事「2010Xmas Card・3」の一番上の画像のカードと同じテクニックを使用。スタンプインクや花びらに載せた透明糊に光り物(笑)を使ったので、実物はかなり煌めいてます。

ひとつながりのスワール模様だった小さな薔薇付きのラインストーンは、3つに分割してレイアウトしました。大きなお花2つは葉っぱ以外白だったので、グリマーミストで着色。

オレンジの方は、ぴったりオレンジのミストが無かったので、イエローのミストと朱色気味の赤のミストを重ねづけしています。緑の方は黄緑寄りのグリーンと、モスグリーン系のミストを重ねづけ。ミストがうまくかからなかった部分は、コピックで塗り足しました。

赤い文字の「find joy」を入れたのは、キラキラ華やかにした割には、同系色でまとめたせいでフォーカルポイント(視界の中心、視線を集める見せ場)が無かったため。


▽中身

11_07auntBirthday2.jpg


抹茶色のパターンペーパーに、文字・スワール模様・プレゼントボックスのスタンプを捺しています。

「Happy Birthday」の文字は目立たせようと思ってラメ入りゴールドのエンボスにしたんですけど、下のグリーンインクの文字の方が目立ってしまいました。濃すぎもせず薄過ぎもしない色のペーパーは、インクの色がどのくらいの濃さで載るか非常に見当をつけづらいためこーした失敗が起こるのですが、好きなんですよね~こういう下地色^^;

「Happy Birthday」を赤のラメ入りエンボスにして、下の文字をもっと薄いグリーンにしたかったな~

プレゼントボックスのスタンプは「箱の蓋を開けたら、箱そのものがクラッカー!」みたいな感じになっていて、とても楽しく賑やかなデザイン。メーカーはINKADINKADOで、ここは私好みの華やかさをお得意としているので、すっごくお気に入りです♪


▽カードの表面と裏面

11_07auntBirthday3.jpg

裏面の薔薇柄だけでも、充分表面の主役張れますよね。綺麗な文字のスタンプ1つ捺せばもうそれで完成、って感じ。

スクラップブッキング用のパターンペーパーは、本当にお手軽に華やかさを演出出来ていいです。もっとも、だからこそ逆にスタンプアーティストさんたちは、パターンペーパーには頼らない下地作りをしたりするのですが…


【Materials】
◆stamp:Hero Arts,INKADINKADO,Impression Obsession,こどものかお
◆for coloring:Distress Ink(Ranger),MEMENTO(ツキネコ),BRILLIANCE(ツキネコ),Grimmer Mist(Tattered Angels),Perfect Pearl(Ranger),Ice Stickles(Ranger),embossing powder(こどものかお,ツキネコ)
◆embellishment:Prima,GCD Studios,クレタケ
◆paper:Glitz,Basic Grey,etc
◆tool:glossy accent(Ranger),DOTLINER(KOKUYO)
関連記事

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。