Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日までハロウィン

しつこくハロウィンネタです(笑) 今日は時間があったので、Winノートの方でちょろっと画像処理が出来ました。


▼ハロウィンタグ

Halloween_tag2011.jpg

スタカニで購入したオバケちゃんスタンプを使ってます。お世話になってる消しゴムハンコ作家・ももっとさんの作。

彼女のデザインはとてもキュ~トで、個人的にツボですv

背景には、ディストレスインクの2011秋限定色(3色セット)を使いました。紫もオレンジも彩度が高くて、ある程度色がついてる上から塗っても結構ハッキリ色が出てくれるところがイイです♪

紫(Seedless Preserves)はメメントのスウィートプラムと色が近いですが、そちらよりは少し彩度が高めな感じ。オレンジ(Ripe Persimmon)は、Spiced Marmaladeがイエロー系オレンジだとすれば、朱色に近いオレンジってことになりますね。メメントには近い色は無いです。

最近、自分がハロウィンのオバケを異様に好きなことに気づきました。自分用のお菓子を買う場合、オバケ絵が付随するものに惹かれます。

▼とにかく器が欲しくて買ってしまった、かぼちゃプリン

ghost_sweet.jpg


▼ハロウィンコス再び

Royce_halloween2011.jpg

蜘蛛の巣柄のマントは、透けてるのと透けてないのを重ねてます。

どちらもDAISOで素材はチープなんだけど、2枚重ねにしたら少しいい感じになりました。セットでは無いのですが、丁度同系色のものがあったので。

毛が黒いから、どうしてもオレンジにしたかったんですよね。赤マントなら西武ロフトにもあったのですが、オレンジにこだわった結果、全てDAISOでの調達となりました。

ちなみにおとなしくポーズをとって撮影に付き合ってくれたので(実際は何枚も撮っている)、ちゃんとモデル代(おやつ)を払いましたよ(笑)
関連記事
スポンサーサイト

画像記事休止?のお知らせ

ネットの接続環境に問題が発生し、普段画像の加工&UPに使用していたマシンからネットに接続することが出来なくなったため、しばらく画像記事の投稿が滞ると思われます。

投稿自体は別マシンから出来るのですが、画像処理環境が整っていないため、記事の投稿頻度が減るかな…と;;

こちらのブログは画像記事メインでやってきていた都合上、とりあえずお知らせしておきますm(_ _)m
関連記事

OZのスノードームカード

10/22(土)、神保町にある画材店・文房堂さん主催の「コピックで楽しむカード作り」ワークショップ(講師:大杉先生)で、オズのスノードームカードを作りました。

OZ_snowdome.jpg

全体をグロッシーアクセントで塗った後、ガラスの粉入りのラメをまぶしています。

レースのリボンは、大杉先生がコーヒー染めしておいて下さったもの。

私は先生の見本や他の方々と比べるとあまり上手くレイアウト出来なかったのですが、それでもスノードームの中に入ったオズキャラたちがカワイくてお気に入りです。

ガラスの感じが出るように、オズキャラたちを貼り込む前にスノードーム内を薄いブルーでざっと着色。そこにカラフルなキャラを詰め込んでラメでキラキラさせると、ほんとにオブジェっぽさが出てヨイのですよね♪

スノードームのクリングスタンプは、B-Lineの商品。

教室内にはワークショップで使ったツールの販売コーナー(提供はInkyPinkyさん)があったので、即ゲットしましたv

ちなみに私の愛を一身に受けているのは、可愛いカカシくん。真ん中に配置されてるのは先生のデザイン通りなのですが、更にドロシーよりも手前に持ってきてしまいました。

すごーく目立たないけど、ちゃんとブリキの樵も(後ろに)、わんこのトトも(手前に)いるんですよ~(苦笑)
関連記事

ハロウィンATC交換会・2

Ciao*Carinaさん主催のATC交換会ネタ、今回は自分の作品。

ciaocarina_hw2.jpg

この女のコスタンプ、1年前に買ってずっと死蔵してたので、ようやく日の目が見れて良かったです~

このコはStampotique Originals の人物スタンプの中でも私の一番のお気に入りなんですが、同店のサイトやブログで紹介されているサンプル作品の中では一度も見かけたことが無くて(同じデザイナーによる他のコの絵はある)、ちょっと残念に思ってたんですよね。

今回の交換会では1枚がサンプルとしてショップさんに召し上げられることになっているので、これで彼女も無事使用見本に並ぶことになるのでしょう(多分(笑)) めでたし。

女のコが抱えているカボチャのスタンプは、印字面が4つあるキューブタイプ。思わず「かぼちゃん」と呼びたくなるようなキュ~トさが気に入って、ゲットしたものです。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

この作品で使ったスタンプ(とインクの一部)の来歴は、以下の3種類。

1)Ciao*Carina さんで購入した商品

CC_2011atcswap_item1.jpg


2)2010年スタカニの戦利品

CC_2011atcswap_item2.jpg


3)2011年スタカニの戦利品

CC_2011atcswap_item3.jpg

こどものかおのグラデーションスタンプは、新発売の「あすか」。年賀スタンプ向けのカラーリングらしいですが、ハロウィンにも合ってます♪


ちなみに今回の交換会用作品のベースには、Bo-Bunnyの今夏のコレクション『Zoology』の中から「ELEPHANT」を使いました。

graypaper.jpg

露骨なアニマル柄や絵のある部分は避けて切り抜いてますが、それでも場所によって濃淡や柄は違うので、作品の下地は1枚1枚微妙に違うものになってます。

グランジーなパターンペーパーは結構あるんだけど、色がグレーのものってなかなか見かけないので、こういう雰囲気の作品を作りたいときには重宝しますね^^
関連記事

ハロウィンATC交換会・1

Ciao*Carinaさん主催のハロウィンATC交換会に参加しました。

条件は、同ショップさんで現在或いは過去に取扱いがあったスタンプをメインに使うこと。

私の作品は後日に回すとして、まずはいただいたATCをご紹介しま~す^▽^

ciao-carina2011hal1.jpg

「いかにも Ciao*Carinaさん色全開♪」って感じのATCが欲しくて参加した交換会なので、特にお気に入りのStampotique使いの作品がゲット出来たことが嬉しいですv

rubitaさん、Ritukoさん、タママさん、素敵な作品をどうもありがとうございました▽

ちなみにタママさんの作品は、スクリーントーンを使ってるんでしょうか。私の家にもアナログ漫画を描いてた時代の遺物として大量のトーンがあるので、使ってみようかな~~と思ってたのですが、既にやってる方がいらしたのですねー

ATCで漫画みたいなモノクロ線画って、新鮮ですよね(笑)

提出したATC4枚のうち1枚はCiao*Carinaさんに提供することになっていたので、交換してもらえるのは3枚……ということだったのですが、実際はCiao*CarinaさんからもATCをいただいたので、作ったのと同じ4枚分ゲットです♪

ciao-carina2011hal2.jpg

羽は、Stampotique Originals の新作ですね。光ってない写真を選びましたが、実物では羽の部分は輝いてるんですよ~

rinaさん(Ciao*Carinaの店長さん)、交換会とATCをありがとうございました^o^

※こどものかおさんのATC交換会の記事と「様」「さん」の使い分けが逆になってることに気づいたのですが、単に記憶違いしてただけで他意は全くありません~;;
関連記事

OZ’s Magic Minibok

スタカニ関連ネタが続きましたが、今日はスクラップブッキングの話題。

メモリープレイスさんで、七井先生の「オズのマジックミニブック」講習を受けてきました。


oz_minibook_withcat.jpg

▲羊毛フェルトの黒にゃんこ&DAISOのカボチャと一緒に、ハロウィンぽく(笑)

写真は、ミニブック(ミニアルバム)を入れるスタンド型のケース。お洒落な紙芝居のフレームみたいで、とっても素敵です♪


oz_minibook3.jpg

▲2冊のミニブック。下のブックの表紙はドロシーです。


oz_minibook4.jpg

▲ケースの構造はこんな感じ。すごくしっかりしてて、安定感がありますv

ちなみにケース右下の豆ブックの下には、講習の際に余ったペーパーの中から例の魔女の足を切り出して敷いてみました(笑)


oz_minibook6.jpg


七井先生のデザイン(特にGraphic45のペーパーを使った作品!)には以前から大変魅了されていたのですが、これまでは色々とタイミングが悪くて、受講したのは今回が初めてでした。

…思った通り、すごく良かったです~~♪♪♪

私は12インチLOよりミニブックが作りたい人なので(LOだと飾るような写真が無い^^;)、も~こういうのはたまりませんっvvv

これまで受講しそびれた作品たちに改めて未練タラタラになったので(><)、機会があれば先生がご自宅で開講されているホームクラスにも伺ってみたいですね~
関連記事

スタカニ戦利品ATC・1

ゲットしてから時間が経ってしまいましたが、やっとスタカニ戦利品を使いました。

今年2枚目のハロウィンATCです。(スタカニ前に作った1枚目は、人手に渡る前に写真を撮っておくのを忘れた)


11cat_hw1.jpg

この猫のスタンプを見つけた時点で、カボチャ男(OZスタンプ)のナマ首使いが決定してました(笑)

使ったスタカニ戦利品は、↓以下の通り。

11cat_hw1_items.jpg

猫のスタンプは Phantom Shipさん、カボチャボーダーはこどものかおさん、ステッチスタンプはアンジュさんで購入。

「happy halloween」の文字はこれもクラフトロボで抜いたのですが、難易度が高くて失敗の山を築きました;; 何とかカタチに出来たのは、今のところ2枚(これと、先のハロウィンATCに使った1枚)だけです~^^;
関連記事

絆メッセージカード

Kizuna_messageCard_dc.jpg

スタンプカーニバル主催のカード作品コンテストの応募作品です(テーマは『絆メッセージカード』。被災地の方に元気を出していただくメッセージを、という主旨でした) 記事がATCの後になりましたが、作成したのはこちらが先。

ちまちまと時間かかった割には、地味な仕上がりになってしまいました。あと、〆切直前に慌てふためきながら、あれもこれも…とメッセージを詰め込みすぎてしまったことを反省してマス^_^;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

日本地図部分は、クラフトロボで型抜きした残りをマスクとして使いました。このサイズで日本地図の細かい凹凸を出すためはクラフトロボ以外無理だったので、(昨日の記事で語った通り)去年の1月に購入したきり未開封だった同品を解禁した次第です。

他にこれといったデザインが浮かばなかったので、上手く出来なかったら応募自体を諦めるつもりでした(苦笑)

日本地図の着色には、カレイダカラーの「フランネル」を使用。

バックに散らした暦クラフトスタンプの柄も殆どがグラデーションインク(こちらはピグメントインクのニューウォーターカラー)で、前の記事の「秋」ATCといい、自分はつくづくグラデーションカラーが好きみたいです(笑)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

「盛り好き」の私としては珍しく、エンベリやコラージュといった「切り貼り要素」や「キラキラ要素」のことは殆ど考えずに作りました。

「とりあえず【スタンプカーニバル】のコンテスト応募作品なんだから、たまには極力スタンプとスタンプインクだけで作ってみよう!」と考えて。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

このカードの一番の裏話は、

応募〆切日当日(消印有効)の昼前にクロネコメール便で届いたスタンプを真ん中メインに使った

ということですね(笑)

しかも届いた商品を見て気に入ったから急遽使った、というんじゃないんですよ。

最初からメインで使う予定だったスタンプを、直前の通販でいつ届くかもハッキリしないメール便で注文し、何とか〆切当日ギリギリにゲットしたのです。

何だこの綱渡り^^;

まぁ最後まで「このデザインとメッセージでいいのか」と悶々としてたせいで、うっかり発注が遅れたというのもあるんですけどね~ 計算したら〆切当日まで入手出来ない可能性大(ついでに〆切当日にも入手出来ない可能性もちょびっと)だと、発注した後に気づいて唖然としたのでした。。。

仕方なく、そのスタンプ無しでも出来る作業(カード以外にも封筒の準備とか)を全て終わらせた状態で配達を待った次第です。間に合ってくれて、ほんとに良かった(苦笑)
関連記事

スタカニATC交換会 by こどものかお

スタカニ初体験の去年はただの買い物客として赴きましたが、今年は馴染みのショップ『タイニィ・ドッツ』さんのお手伝いをすることになった他、イベント主催の作品コンテストと協賛メーカー・こどものかお主催のATC交換会にも参加しました。

2011SC_atc.jpg

上の画像は、ATC交換会用に作成した5枚のうちの1枚。指定されたテーマは「秋」でした。

着色した部分は全て、大好きなカレイダカラー♪(グラデーションインクとしては珍しい染料インクです) 各部分は「クレオールスパイス」と「オータムリーブス」から2~3色ずつとっていますが、バックのクルクルしてる木だけクレオールスパイス全体を使ってます。

耐水性じゃないのがネックで、5枚の中には、(接着・コーティング兼用の)メディウムを塗る際に滲んでしまった箇所もありました(色々誤魔化しましたけど(苦笑))

フクロウを塗らなかったのは、それが一番メリハリがつくと思ったから。お陰で、これを見た友人に「ヘドウィグ…」と言われました(笑)

ちなみに、何人かの方が「これはどうやったの」的チェックを入れて下さった黒の「Autumn」&ラインは、クラフトロボ(ホームユース用のデジタルカッティングマシン)を使ってます。

購入したのは去年の1月なのに、開封したのはスタカニの作品コンテスト(「絆メッセージカード」の方)の〆切直前という(苦笑) クラフトロボについては、いずれ改めて語ろうと思います。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

今回は1枚が来場者投票によるコンテスト展示用になるため、私がもらえるのは、他の方の作品4枚と主催者メーカー「こどものかお」さん作成の1枚。

参加人数は80人(それ以上かも)で、小さい作品とはいえ、手作りモノの交換会としてはかなりの人数だと思います。でもそんな中、スタカニ直前にお近づきになったスタンパー・mico さんのカードが私の元へ! これって結構な確率ですよね~(笑)

以下、私がいただいた5枚▽

trading1.jpg

この画像ではよくわかりませんが、mico さんのATCには左サイドに被るように透明の波模様が施されています。秋の小川を鯉が遡ってるようなイメージ。綺麗ですね~昔見た津和野の光景を思い出しました。

micoさんのATCは、いつも色々なテクニックを使っていて勉強になります^o^

AyaAyaさんのカードでは、上に乗ってるメイプルリーフの左側だけに3Dポップアップシールがついていました。全体につけるよりもオシャレで、参考になりますv この葉っぱのパンチ、欲しいのですよねぇ~~

まるおさんのカードには、使用したアイテムのメモが添えられていました。マメな方だなぁ~と感心です。


trading2.jpg

これも画像ではわかりませんが、chiyoさんのカードは全面キラキラしています。これはどうやってるんだろう…すごい気になる!

こどものかおさんからは、新発売のマーガレットスタンプのセットを使ったカード。「貴婦人」がテーマのセットだそうです。タッセルがゴージャス~

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

しかし初めて参加する交換会は、5枚作るのにエラく時間かかって大変でした;; 「5枚作らなきゃならないから、凝ったデザインにするのは止めてササッと作ろう!」と、アッサリしたデザインにしたハズなのに、何で~~~?……的な。

「交換会に参加する」って、のろまな自分にはハードル高いんだなぁ。。。と、しみじみ痛感した次第です。

でも、5枚作るのは大変だけど、5枚もらえるのは嬉しいのですよね▽ なので、また頑張って交換会に参加したいと思います~
関連記事

スタンプカーニバルの戦利品・ツールの巻

スタカニ終わって一息ついて、戦利品を眺めてみました。

……あれ、今年は随分……

今回は「これがあると何かと便利なんだよなぁ」といった類の、脇役として使い勝手が良さそうな図柄中心に買っていたせいか、購入スタンプのラインナップはかなりおとなしめでした。

実を言えば、今年はスタカニまでの間に既に相当数の「華やか系」図柄を買い漁っておりまして…… このため、かなり抑え気味に選択してたという自覚はあったのですが、実際見返してみると本当に華やか&インパクト系が殆ど無いな~~と。

やっぱり、ハロウィン柄を徹底的に抑えたのが大きかったかも^_^;

何せ去年沢山買い揃えた分をまだほとんど活用してないもので、そっちをちゃんと使ってから!と自戒してたのですよね(苦笑)

あとATCに使えるものが欲しかったので、大物は殆ど選ばなかった、というのもあるかなぁ。チェックしてみたところ、小振りな動植物モノが多かったです(笑)

この次は繊細系とか華やか系を買いたいな~

他には道具類、特にタグとか紙みたいなものをちょこちょこと買ってました。その割にはエンベリを全然買えなかったので、かなり後悔;;

折角大量に仕入れる機会だったのに、今年は買い物に使える時間を大幅に減らしたせいで(散財防止のために意図的にそうしたんですけどね)、残念ながらチェックする時間が無かったのでした。

そんなワケで、今回はまず地味~にツール系の戦利品の一部をご紹介しようと思います(笑)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

以下全て、こちょう先生のブース『Zu's Studio』さんでゲットしたアイテムです。


items1.jpg

△コンパクトな手のひらサイズのスクラバー。

かねてよりもう1個欲しいと思ってたものの、価格的に二の足を踏んでいたのですよね。これは半分サイズながら「ダブルスタンプスクラバー」の半額以下なところと、携帯に便利そうなところに惹かれて購入しましたv


items2.jpg

△こちらは店頭で見かけたとき何なのかわからなかったので、こちょうさんに使い方をお聞きしました。

まずどんなブツかといいますと、メッシュタイプの布(コットン100%)で、見た目と質感的には体を洗うときのボディタオルみたいな感じ。

これが全体的にねっとりと湿っておりまして、パウダー類を使った後の机上をこのクロスでさっと一拭きすると、何とパウダーが全てくっついちゃうのです!

細かすぎて撒き散らされてしまう粉モノを、実に綺麗に拭い取ってくれるクロスなんですね~

粘着力があるうちは使えるので、保管時はジップロック系の袋などに入れて乾燥しないようにする、とのことでした。大体1年くらいは使えるそうで、一袋3枚入り。

エンボスパウダーやラメって、拭こうとしても微粒子が飛び散ってしまうので、これは便利そうです♪


items3.jpg

△今年の初め、荻野先生の講習で使用したのと同じタグ。

キラキラインク(インクブレンダーでメメントインカーとオールパーパスインクのメタリックカラーを混ぜたもの)のスプレーで着色する際に使ったもので、紙が厚めです。

発色もいいし、グリマーミスト(インクブレンダーで作るオリジナルのスプレーインクよりも水気が多い)を使った場合でも反り返りは少なめ。乾けばほぼ平らに戻ってくれます。

ところが、講習後あちこちでタグを自己調達してみたものの、同じ感触のものが無かったんですよね。丁度スタカニ1日目の夜はこちょう先生と荻野先生が主催のスタンプパーティに参加することになっていたため、そこでタグのことをお尋ねしてみました。

お話によると、荻野先生からいただいたタグは元はこちょう先生が調達されたもので、どこにでも売ってるものではないそうです。幸い「売るほどあるから、明日『Zu's Studio』のブースで買える」とのこと。

というワケで、スプレー好きの私は無事懐かしのタグ(笑)と再会、買いだめしてしまった次第ですv

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

他のアイテムも紹介するつもりだったのですが、長くなってしまったので今回はこの辺で~
関連記事

スタンプカーニバルの戦利品・制作物の巻

2日間のスタンプカーニバル、堪能してきました~♪

去年は初めての上に手持ちのスタンプも少なかったため、かなりエキサイトしながら買い物しまくってしまい、戦利品を獲た充足感はあったものの、喪失感・脱力感(特にサイフ的な意味での)もそれなりにあったのですよね(苦笑)

今年は複数のミニ講習を受ける時間を作ったので、クリエイティブな充足感も得ることが出来ました▽

以下、講習で作った作品。
(クラフト・ホビー系とは全く別ジャンルのブログ用に書いた文章を8割方転載したので、全体的に初心者向けの説明になっています。スタンプに詳しい方はご容赦下さいね^^;)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

●その1【時計&ギアのスライドカード】

▽これ、どういうものかわかるでしょうか~

metalgear1.jpg


▽パーツがスライドするようになっていて、広げるとこんな感じになります^.^

metalgear2.jpg

一番上の時計のチャームは金属ですが、それ以外の目立つパーツは紙とチップボード(薄板並みの厚みがある紙)。専用の型抜きマシンでこういうカッコいい形にカットするため、形を作るのは作業的には簡単です(講習では既にカット済みのものを使いました)。

メタリックに光っている部分は、ホームセンターなどで売っているアルミテープというもの(水道修理用とかに使うらしい)が貼ってあるそうです。これらメタリックなパーツには、このブログでも何度か紹介したドライエンボスが施されています。

着色には(一般的にはとても馴染みの薄い)専用のインクとそれに応じた塗り道具※を使うため、「中上級向きの講習」という案内になってましたが、塗る作業そのものはとっても簡単なんですよ~

※使用インクは、クラシック、ステイズオンオペーク(インカー)、オールパーパスインク。塗りのアイテムは、パフスポンジ(オペーク用)、インクスイーパー(オールパーパスインク用)でした。※

スライドの仕組みは、各パーツの然るべき位置に専用のパンチで小さな穴を開け、ブラッズで2つのパーツを留め合わせる、というもの。ブラッズというのは、こういうアイテムです(上の押しピンは穴を開けるためのもので、下段がブラッズ)

でも穴開けはこちらが作業してる間に全て講師さんがやってくれたので、結局受講者がやったのは、既に形が出来上がってるパーツにスタンプしたり、ひたすら塗り塗りして、最後に貼り合わせる程度でした。

それでこんなカッコいいモノが出来ちゃうのですから、お得感と満足度は大きかったですvvv 直径も12cm近くあるので、存在感も申し分なく(笑)

講習の際、隣席が偶然にも最近お近づきになった先輩スタンパー・nao♪さんだったので、2人で「これは素敵だよねぇ、いいよねぇ」とワキワキ感を語り合いながら作っておりました^.^

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

●その2【ワイルドライフ】

国産スタンプメーカー「こどものかお」さんによる販促を兼ねた講習会(のうちの1つ)で、講習で使用した新発売スタンプ1個が付いてきます。

safaricard.jpg

左がポップアップカード、右が同じスタンプを捺した封筒。

象さんのスタンプ(お持ち帰り出来る分)がとっても素敵だったのと、一般に「スタンプ」と聞いてイメージするようなデザインじゃないところが面白&興味深かったので、受講を決めた次第です。

見本通りに作りたかったのに、あちこち失敗しちゃって残念無念;; 象さんは同メーカーのマーカーで塗ったのですが、コピックの要領で塗ったところ大分性質が違ったらしく、意図せぬムラになってしまってショックでした~(TT)(←本っっ当に塗り絵ヘタ)

写真から起こした図柄だそうで、他にもシマウマ&キリンの首から上のアップがあり、そちらもとっても素敵でしたv いずれも「ワイルドライフ」というシリーズの商品で、もう1点、いかにもサファリ!という感じの木のスタンプがあります。(上の画像の作品でもさんざん使ってます(笑))

この木を添えるだけでかなりしっかりとした世界観が演出できるので、気の利いたコレクションだなぁと思いました。

当初はこの木のスタンプは買わない予定だったのですが、講師の方が「今回の講習で使ったスタンプでよければ、半額にします」とおっしゃって下さったので、迷わずゲットしましたよ♪

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スタンプカーニバルの話題はまだ他に沢山あるものの、今月はこの後もクラフト関連の講習ほかイベントが続くので、スタカニのレポ記事がどれだけ書けるかはちょっとわからない状態です;;(一方で、他の方々のスタカニレポはちゃっかり読みまくっていたりする^^;)

楽しいこと・面白いことがた~くさん!あったので、ほんとは事細かに語りたいのですけどね~Y(><)Y
関連記事

お蔵出し?アリスのATC

先日、10月の「エンジョイ*スタンプ」定期クラスに行ってきました。今回のテーマは「塗り絵」。

いつものごとく、ノロマな私は完成させることが出来ませんでした↓
折角スプスプさんのブログのクラスレポに作品写真を載せていただいてるのに、私のだけが作りかけの上、カードの端が手に付着した白いアクリル絵の具で汚れちゃってて、もうヒッジョ~~に情けなかったですorz

しかも未だに仕上がっていないので、自分のブログでは報告UP出来ないという^^;

代わりに、昨年11月の「エンジョイ*スタンプ」クラスで途中まで作成、その後かな~り経ってから仕上げたアリスのATCをUPします。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

rabit_atc_th.jpg

△講師のスプスプさんが作られた見本に、ほぼ忠実に仕上げました。

これはデザインの完成度が高くて、そのまんま真似する以外考えられなかったです(笑) スプスプさんのアリスウサギ絵デザインって、いつもほんとツボ♪

異素材ミックス盛り感も、とても私好みです~

ウサギのツヤツヤは、紙にグロッシーアクセントを塗って出しています。


alice_servant_atc.jpg

△アリス絵部分を塗ったときは最終的にどの背景と組み合わせるか考えていなかったため、結果、同系色が重なって紛らわしくなってしまいました↓

このとき作ったアリスのATCは3枚。こちらの1枚は、イラストと背景の組み合わせをスプスプさんの見本とは変えてあります。あとキットとしてもらったエンベリの1つは勿体なくて使えなかったので(笑)、それが入るべき位置にはスーパーゴールドでエンボスした自前のフラワーを使いました。

「ISN'T IT TIME WE GOT TOGETHER?」はすごくお気に入りのセンティメントで、今年の年賀状イラストにも添えた言葉です。でも、自分ではこのスタンプ持ってないんですよね~ アリスのクリングスタンプセットはいくつかは持ってますが、ちょっとお値段高めなのでなかなか買い揃える機会が無くて(苦笑)

残る1枚は、一応パーツは揃っている…ハズなのですが、まだ全然仕上げてません^^; 1年経っても仕上がってないんですから、先述の塗り絵カードもいつ完成するかアヤシイですね。。。
関連記事

ATC作品展の賞品▽

sw_prize.jpg


7月のスタンプワンダーランドATC作品展で、出店ショップの Inky Pinkyさんからいただいた「Inky Pinky賞」の賞品です~

いやぁ…「賞品」なんて名のつくものをもらったのはいつ以来だろう。もしかしたら「賞金」や「景品」はあっても、「賞品」は無かったかも、などと感無量^^;

ビックリしたのは、ATC展に参加した人全員が開催側の制作したATCをもらえる、ということでした。

私の場合は、同作品展PR用に Inky Pinkyさんがご用意されたATCをいただきました。この作品、スタンプワンダーランド専用ブログでイベント前に各ショップさんがUPされていた中の1枚で、かなり印象に残っていたものだったんですよね。

開封して実物が入っているのを見たときは、驚き且つ喜びました♪ ATCがもらえることはアナウンスされていなかったため、全く予想外でしたからねvvv

Inky Pinkyさんが作られた作品(全部で3枚)を見ると、いずれもシュールで自分の中には無いセンス。「こういうのも面白いんだな~」と。

ちなみに、タイトルは「朝陽のあたる鳥かご男」だそうです(笑)
関連記事

福島の家畜のための基金

震災以来ずっと、一般的な義援金や被災動物(実質的には主に犬猫)救援の援助とは別に、福島の家畜の保護に特化した寄付をしたいと思っていました。

ネットで探したことはあるものの、家畜に特化した基金を見つけることが出来ずもどかしく感じていたところ、昨日やっと発見!

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

9/30(金) NHK『ニュースウォッチ9』で、福島県警戒区域内に残された家畜に関する特集が放映されました。

番組では、殺処分に同意出来ない人たちが、警戒区域内に残された牛たちを餓死も安楽死もさせずに牧場内で今も飼育し続けようとする姿を紹介。

また現在様々な理由で「放れ牛」となっている牛たちを特定の場所に囲い込もうとする試みもあり、近々調査が始まるとのことでした。

牛の飼育を続けている牧場の名前は番組内では紹介されなかったので(有限会社だったせい?)、内容を頼りにネットで調べたところ、「希望の牧場~ふくしま」というプロジェクトのモデル牧場であることがわかりました。

「希望の牧場~ふくしま~」では、被災した家畜たちを被爆や除染の研究に役立たせることで生かし続けようとする「ファーム・サンクチュアリ」構想が提唱されています。

研究目的ーーーそうか、その手があったのか!
(ちなみに、苦痛を伴う実験のたぐいは行わないということになっているようです)

ネットで見かけた新聞記事(の引用)によると、警戒区域の畜産農家の人が、梱包された干し草だけを食べさせるためにわざわざ屋内に留めて置いた家畜を、それと知らず勝手に屋外に逃がしてしまう人がいて、そのせいで外で汚染された草を食べてしまった牛たちもいるのだとか。

そんな話もあるだけに、汚染されても生かす道があるなら……と思わずにいられません。

宮崎の口蹄疫のときも殺処分される牛たちの映像を泣きそうな想いで観ていた自分としては、殺さずに済むものならそうして欲しいと、つい願ってしまうのですよね。

食肉になる元々の運命の方が牛にとって幸せに違いない、などとは言いません。ですが、本来の目的にすら供されずにただ殺されるのは(人間のご都合的な心理かもしれませんが)もっと酷く感じます。

それでも勿論、軽々しく人に要求出来るようなことではないのもわかっています。だからこそ、牛を育ててきた人たち自身が「殺処分には同意できない、生かしてやりたい」と行動を起こされるのであれば、支援したいと思ってしまうのです。

同プロジェクトでは、現在牛さんの餌代の寄付を募っています。

●『希望の牧場~ふくしま~』(ブログ)
(記事には動物の可哀想な写真なども掲載されることがありますので、苦手な方はご注意下さい)

●サポーター基金について詳しくはこちら

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

警戒区域内では、飼育施設から逃げたダチョウたちも徘徊しているそうです。

その施設では、かつて東京電力(福島原発)が「低燃費の象徴」の原発PRキャラとして飼育していたダチョウたちを、同社が手放した後も引き取って育てていたのだとか。(施設自体はその前から運営されてました)

同じ低燃費でも、ダチョウはこれほどの環境破壊はしないんだけどね…

生き残って施設内にいる(戻ってきた?)ダチョウたちは、施設の人が許可を得て区域内に戻ってきたときに餌をもらえてるみたい。この先、どうなるんだろうなぁ。。。
関連記事

イヌネコハロウィン

cat_with_11halloween.jpg

△羊毛フェルトの黒にゃんこ&ハロウィンアイテム

左のカボチャは、DAISOで買ってきた置物。右は、一昨年羊毛フェルトのスイーツ講座で作ったカボチャのタルト。

猫のヒゲが長すぎるのは、まだ切り揃えていないから。ハロウィンだから、化け猫でもよかろう、ということで(笑)


royce_hal_hat1.jpg

△黒にゃんこの次は、黒わんこ

DAISOで買ってきたハロウィンカチューシャが、見事にジャストサイズでした。

彼はカチューシャをつけられた直後は外そうと試みるのですが、一瞬の後には気にしなくなります。なので撮影もしやすいです。


royce_hal_hat2.jpg

△あまりにも気にしなさすぎで、装着したまま眠りに就こうとしてました(気の毒なので外してあげましたが(苦笑))
関連記事

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。