Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

カルトナージュ初体験▽

しばらく前からメモリープレイスさんで、スクラップブッキングのパターンペーパーを使ったカルトナージュの講座が開催されています。

カルトナージュには以前から興味があったし、パターンペーパーを使うと魅力も倍増するため、ずっと心惹かれていました。しかし開講日がピアノのレッスンと同日のため、これまでは諦めていたんですよね~

がっ、今回↓このハートデザインを見て、とうとう我慢できず^^;

HeartBox_1.jpg

見た目も形もどストライクに好み(笑)な上、すごーく習いたかった「曲線の覆い方」を学べる講座だったので、ギリギリになってから「1時間早く終了しても何とかカタチになりますか?」と問い合わせました。大丈夫だとおっしゃっていただいたので、駆け込み参加!

カルトナージュ初体験でしたが、もう大満足です♪ 細部は色々不慣れな点がありますが、初めてでこういうものが作れるというのは嬉しいですね~

時間内には終わりませんでしたが、最低限必要なことは教わったので、残りは家で仕上げました^^

HeartBox2.jpg

箱にピッタリ入るサイズのミニアルバムの方には着手出来なかったので、後日改めて作り方を確認させていただこうと思ってます。(先生の作品の写真を撮ってきたので、大体はわかると思うのですが)
関連記事

これからフィギュア三昧(予定)

ニースで行われるフィギュアの世界選手権、まだツアーチケットが残ってたから勢いで一瞬行こうかと思ったんですけど(笑)、諸事情あって断念。

「どうせならソチ五輪の方に行きなさいよ」と母が言うので、「羽生くんが行くなら行ってもいいな」とちょっと真剣に考えてみようと思いました。

今頃になって世界選手権に行きたいなぁと思ったのは、生ロミオを観てみたかったから。羽生くんはこの先も観れるけど、「試合」という場であのロミオが観れるのは今季限りで、もう二度と観れませんからね。

とりあえず今回はTV観戦しか出来ないので、リアルタイムで世界選手権を観るためにスポーツの専門チャンネル「J SPORTS 4 HD」に加入。

このチャンネル、イイ…!
世界選手権は3月末開幕だけど、2月には欧州選手権・全米選手権・四大陸選手権の全種目を連日放映してくれます。さすがに毎日何時間もやってる放送を全て網羅するのは無理だと思いますが、ペアとアイスダンスが観れるのは嬉しいなぁ。

四大陸の日本選手の演技も観たいです。
何せ、羽生くん不在のときは心穏やかに落ち着いて応援出来ますから(苦笑)

今季日本は、全日本チャンピオン以外は、ワールドに出ない選手が出場(去年はワールド代表のうち2人が出場)。「日本の4位は他国なら代表レベル」ですから、頑張って欲しいと思います。町田選手はランビくん振り付けの『ドン・キホーテ』が全日本で振るわなかったので、尚更に。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

ピアノの先生以外にも、身近の意外なところにフィギュアスケートの話が出来る方がいました。

地元の商店街にある馴染みのインポートブティックの店員さんで、何と伊藤みどりさんが現役の頃から会場でスケート観戦をしているという大先輩!

東京開催のときは全日本にも行かれてるようで、「毎年観ていると、選手がどんどん上手くなっていくのがわかって楽しい」とおっしゃってました。うんうん、そういう楽しみってありますよね♪

ちなみにその方もピアノの先生も私も共通して思ってるのは、「今季は男子の方が絶対面白い!」でした。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

そんなワケで、世界選手権を断念した私は、4月開催の国別対抗戦の男子フリーのチケットをとりました。(同日にアイスダンスのフリーもあるので、自分的には一番観たい組み合わせです♪)

これ、ワールドの後で試合としては緊張感に欠け、和気藹々だけどショーほどのエンタメ性もなく「中途半端」なんだそうです。

ついでに言うと参加選手はワールドの後に決まるので、羽生くんが出場するのかどうかすらわかりません(爆)

でも全日本には行かず世界選手権にも行けない私には、可能性がゼロじゃないならこれが試合プログラムを観る最後のチャンスなので、腹を括りました。

もし羽生くんが出なくても各国トップ選手が集まるのは確かだし、試合プログラムが観れるし(緊張感がなかったとしてもね(苦笑))、今年はスケートの勉強をしたいのでアリだ!…ということで。

会場は「スターズオンアイス」のときと同じ代々木第一体育館で、前回は2Fだったけど今回は1Fがとれました。その分列は下がったけど、ほんの少しくらいは選手が近くに見えるのかなぁ? いつか、選手の表情がちゃんと見える席をとりたい(><)

ちなみに目下、GWのアイスショーのプレオーダー(抽選)にも申し込み中。先日は、ランビくんが出演するアイスショーの抽選に外れちゃったので、一般販売が開始されたらまた挑戦する予定です~
関連記事

ポーセリンのケーキ皿

porcean_dish.jpg

ポーセリン(陶器の絵付け)のレッスンで、ケーキ皿を作りました。

1度塗った後に1回焼成して絵の具を定着させ、もう1度色を入れて深みを出し、2回目の焼成をして完成です。フチのピンクも絵の具で塗ったもの。

2回とも時間切れで先生に仕上げを任せた部分があるので、タッチが綺麗なところは先生の作業だろうと思います^^;

焼成するまで定着しない、濃くするときは力を抜いて塗らねばならない、など、紙で使う絵の具とは勝手が違うため、いつも四苦八苦しながら塗っているのが実情です;;

焼成用絵の具で陶器を塗るときは油性のメディウムを使いますが、スタンプの柄を捺したいときには、水溶性のメディウムで絵の具を溶きます。水溶性メディウムを使うと、丁度ダイインクを使ったとき同様、水洗いだけで絵の具が簡単に落ちるので、スタンプのお手入れには便利です^^

スタンプ柄で作った作品も、いずれUP出来たらなと思ってます。
関連記事

今年の抱負・その2と3

【抱負その2】考え込むより先に、まず実践

「こうしようかなーこうしたいなー」「これをやるには、まず何から始めればいいのかな~」と考えてばっかりで実際に着手しないことだらけなので、そこをすごく改めたいです。

必ずしも続けられなくてもいいから、とにかくまず手を出そう!と。

ただでさえ、ATCやカードを作るときのように「やりながら延々考え込むせいで、作業が遅々として進まない」なんてことも多いので、やっぱり「考え込む時間」は出来るだけ減らしたいです~~

思い立って即実行した、アイスショー鑑賞のように!(笑)


【抱負その3】絵と音楽を精進する

近年まともに絵を描かなくなって久しいのですが、それだと結局自分の拠って立つ地面も無いんだな~…と最近改めて思い知りました。

もともと大して上手くなかったのが描いてないから更にヘタになってる、という状態なんですけど、喩えるなら「ボロくても我が家」といった感じでしょうか(笑)

今、ブログでの感想書き・ピアノや音源作り・スタンプアート(やペーパークラフト)・羊毛フェルトetc…といった複数の趣味をやっていて思うのが、「自分で絵を描けば全部繋げられるのに」ということです。

自作音源と自作絵で動画を作るのは楽しかったし、自分好みのデザインにした羊毛フェルトのドラゴンとキャライラストを合成するのも楽しかった。

実際に他にどんなことが出来るのか、今年1年でそのスタイルが確立することは多分無いと思うのですが、「抱負2」で語ったように、とりあえず色々試せたらいいなぁ、と思ってます。

スクラップブッキングと自作絵は既にコラボさせてるので、これからはスタンプアートとも組み合わせてみたいですね。

どの趣味でも「これが好き」という気持ちは表現出来るけど、自分には手が出せない分野を好きになったときでも一番直接的にその気持ちを表現出来るのは、私の場合はやっぱり絵と音楽なのかなぁと。

私が音楽の勉強をする目的はものすごくハッキリしていて、「動画のための自作音源が作れるようになること」「気に入った曲の楽譜が無くても(或いはメロディ譜だけでも)、簡単なピアノソロアレンジができるようになること」の2つです。

音楽は手を出してまだ2年半なので出来ることは僅かしかありませんが、楽譜さえあればボーカロイドによる歌つきの音源を何とか作れるようになりました。今後は、メロディ譜やバイエルレベルの簡易楽譜やコードから簡単なアレンジパートが作れるようになったらいいなぁ、と思ってます。

あと簡単な曲でいいから、メロディ譜からピアノソロの左手パートが作れるようになりたいです~~(一番の理想は耳コピからのピアノソロアレンジですが、何からやればいいのかわからないくらいハードルが高い(苦笑))

いずれも今年中に出来るようなことではありませんが、とりあえず「精進」ってことで^^;
関連記事

スターズオンアイス

観て来ました~vvv

少し前にチェックしたときは羽生くんは大阪公演の方にしかエントリーしてなかったのに、一昨日の夜たまたまコミュをチェックしたら「その日(東京公演)SOIで観た羽生くん」の感想コメントがUPされておりまして。

「羽生くん来てるの!???」と、ソッコーで翌日のチケット探し。

後から知ったことですが、私がチケットをゲットしたのは販売受付終了間際だったらしい^^; そして羽生くんの写真は大阪公演の方のポスターにしか載っていないので、多分出演が決まったのは後からなのでしょう。

これも運だよなぁ、と天に感謝しつつ、大急ぎでスケート観戦&鑑賞に必要な防寒対策やマナーをネットで調べまくり、夜更けまでかかって万全の準備をした次第です。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

オープニングの後、荒川静香さんが『メダリストオンアイス』のときと同じプログラムを滑り、2番目。

真っ暗な中リンクの中央に選手が出てきたときは私の席からは誰だかわからなかったのですが、名前を呼ばれてライトの中に現れたのはSP(スクリャービンの『悲愴』)の衣装を着た羽生くんでしたvvv

前日滑ったという今季エキシビナンバーのジャスティン・ビーバーを今日も滑ると思っていたから嬉しい驚きです。

しかも、試合ではまだ観たことがない4回転-3回転のコンビネーションを決めるパーフェクトな演技!

以前から「ノーミスの『悲愴』が観たい観たい観たい…(エンドレス)(><)」と思っていたので、「え、え、いきなり観れちゃった???」みたいな(笑)

生で観る羽生くん初体験で、こんなに冷やりと美しくてパーフェクトなものが観れるなんて… 4-3ジャンプが観れるなんて…

ショーが始まってまだ2人目なのに、↓こんななっちゃって困りました。

soi_watch.png


ものすっごく満腹になってしまったときって、目の前にどんなご馳走が出されても食べられなくなりますよね。悦びの許容量がMAXになってしまったので、他のものが一時的に吸収出来なくなっちゃった、という感じです(苦笑)

(ちなみにこの絵を描いてるとき、横で見ていた上京中の伯母に「それあんたでしょ? そっくりね」と言われた)

ノーミスの演技で4-3決めたのが嬉しかったのでしょうね、演技終了後小さくガッツポーズしていた羽生くんが微笑ましかったです♪

後半の圧巻は、高橋選手でした。

その後の真央ちゃん観ても思ったんですが、やはり現役世界トップレベルの選手はスピードとキレ味が違う~!

高橋選手のプログラムはタンゴで、終始全体を見渡せる場にいて音楽も大きく聴こえる状態だと、選手の表情が見えない2階席からでさえTVで観るよりも迫力がありました。本っっっ当に!素晴らしかったです。

周りに立ってる人が殆どいなかったので後ろの人の視界を遮らないように座ってましたが、周りの人が立ってたら私も絶対にスタオベしてたと思います。(羽生くんのときもね。というか羽生くんの場合、出てきた瞬間にまずスタオベしたくなるんですけど自分的には(笑))

真央ちゃんの『ジュピター』も、優雅で貫禄があって綺麗だったなぁ。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

昨日の記事で書いた「今年の抱負」の1番目「フィギュアスケートを会場で観る」は、記事をUPする前に実現してしまったワケですが。

今回初めてショーを観て、強く強く思ったことが1つ。

やっぱりランビくんは、生で観なければ ダ メ だ !!!

出演スケーターたちの演技を観ていて、目の前で同じようにランビくんが滑っているところを想像してみました。考えただけでクラクラ。。。

ということで、次なる抱負は「ランビくんを生で観る」になりました(笑)

幸い母も「ランビエールさんなら観たい」と言っているし、伯母もアイスショー鑑賞に乗り気なので、もし来日公演があったら是非行きたいですね~~♪

今年は全日本選手権にも行く予定です!
関連記事

今年の抱負・その1

スプスプさんのブログで「今年の抱負」について語られているのを見て、自分も考えてみようと思いました。

怠慢な私ではありますが、ちょっと欲張って3つくらい。まずは、ハードルとしては思いっきり低めな(笑)「その1」から。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

【抱負その1】フィギュアスケートを会場で観る

昔から好きなんですが、会場で観たことはありません。縁が無かったというのもありますが、TVで観られれば十分かな程度のファンでした。

でも昨年末のGPファイナルを観て羽生選手の大ファンになってしまい(笑)、もっとスケートのことが知りたくなったので今年は是非ナマで観てみたいなと。

アイスショーも観たいのですが、今年一番観たいのはやっぱり年末の全日本選手権の男子フリーとエキシビションですね(^^)

これまで私がファンになったスケート選手は、長野五輪胴メダルのフィリップ・キャンデロロ選手とトリノ五輪銀メダルのステファン・ランビエール選手。(お二方とも現在はプロスケーター)

私の好みは、顔とスタイルが良くて(身長比で足が長いことが絶対条件)演技や踊りなどの表現面が突出して上手い選手(女子ならカタリーナ・ビット選手)なので、先年ランビエール選手が引退したときは、「もうこんなに私好みの選手には当分巡り合えないだろう」と諦めていました。

でも今季のGPファイナルの羽生くんのフリーを観て、「日本にいたぁあぁぁあぁあ!!!」と(笑)

昨季とは見違えるくらい動きに迫力があってカッコよくなってて、すごくビックリしました;;

女子と違って男子は高校生くらいの年齢で頂点に上るのは殆ど不可能だと思うので、17歳で「技術点だけならGPファイナル2位」「全日本のフリーでは1位(技術点も1位)」となると、一体あと何年楽しませてくれてどこまで上り詰めるんだろう?というところも物凄い魅力です♪

しかしこうして振り返ってみると、私の心を揺さぶるスケーターというのは、大体10年に1人くらいの割合で現れるみたいですね(笑)

ちなみに現役女子シングル選手でお気に入りなのは、安藤美姫ちゃん。曲想表現で並ぶ者無しな鈴木明子選手の演技も大好きですが。

基本的に「これをやらせたら、この人はピカ一」と言えるほどの--その人の持ち味・魅力を120%くらい引き出せるような--ハマリ演目・ジャンルを確立している選手がとても好きです。

最近はピアノの先生とフィギュアトークをするのも楽しみになりました。音楽を専門にやってらっしゃる方は、選曲について選手との相性や曲想表現についてとてもシビアにご覧になるので、フィギュアスケートの感想を聞くのはとても面白いです。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

…と、上の文章を書いたのが1/14の夕方。

実はこのすぐ後、ひょんな偶然から羽生くんが出演する『スターズオンアイス』のチケットを、販売受付終了数分前にゲットすることが出来ました。

そんなワケで今日の午後、早くもこの1番目の抱負は実現で~~す^^
関連記事

2012年賀イラスト

寒中見舞いも届いた頃なので、年賀絵UP。

2012NY.jpg


前の記事の年賀状裏話で書きました通り、羊毛フェルトで作ったドラゴンの写真と手描きの人物イラストを合成したものです。

どこからどー見ても『ドラゴンvs金髪兄ちゃん』のバトル図ですが、実は全然違くて。

金髪キャラはドラゴンがヒト型になったときの姿なので、ドラゴンも人物も同一キャラです。

じゃあ、バトルじゃないなら何やってるところかというと、雷呼んで元の姿に変身しようとでもしてるんじゃないでしょうか(適当^^;)

人物の外見は、金髪で長身のケルトや北方ゲルマンのイメージです。管理人のオリジナルキャラの中では、ほとんど唯一といっていい「王子様」(ドラゴンだけど(笑))

人物キャラのポーズは、私の大好きなフィギュアスケート選手の今季フリープログラムの中のポーズを、ファンタジーアクションっぽく(でもかなり適当に)アレンジしたもの。

勿論、モデルにした元ポーズの方が「完成度」という意味では全然カッコいいですけどね♪

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

普通、写真と漫画絵を合成するときって--絵柄にもよるのですが私なんかの場合は--写真をあれこれ加工する必要があります。あと漫画絵に馴染ませようと思ったら、Web用の低画質くらいが丁度良かったりするんですよね。

でもこの羊毛フェルトのドラゴンはハイライトをバシバシかぶせた程度で、ほぼ加工ナシでいけました。ぬいぐるみというほどではないにしろ、リアル風フィギュアには遠く及ばない素材感と写実性は、低画質写真の粗さに通じるものがあったのかもしれません。
関連記事

久々にピアノの話

◆今、ピアノの練習が結構ハードです。

練習しまくりということではなく、楽譜の難易度が私のレベルからすると背伸び気味の曲ばかり、って意味で(苦笑)

バッハの全15曲ある『インベンション』、最初にやった10番も次にやった4番も最後まで弾けるようになってレッスンがスタートするまで2週間程度だったのですが、今やってる5番は1週間に2~3小節しか進みません。。。

既に練習開始から12週も経っているのですが、暮れに3週ほど足踏みしたため(練習はしてたけど、先に進めなかった)まだあと4段分も残っています;;

練習始めてすぐの頃に、「先生、次やるといった5番は年明けになります」と宣言しといたからまだよかったものの、これじゃレッスンに入れるのは2月になってしまいそうです^^;

最初は何とか頑張って年内にと思ってたのですが、やっぱり3小節程度でも1週間くらい弾きこまないと無理なんだ~

先生曰く「インベンションは時間をかけていい曲なので、ゆっくりやって下さい」とのことなので、焦らないようにはしていますが。

ちなみに「同じテーマがひたすら繰り返されるインベンション」(坂本龍一さんは「金太郎飴」と言ってた(笑))は、集中して弾いてると催眠術にかかりそうな気分になります。バッハの音楽って「神に捧げる音楽」というイメージなので、確かにこういう曲って宗教的な洗脳にはすごい効果を発揮しそうだな~と。

上手い喩えがわからないんですが、ひたすら弾いてると、段々ランナーズハイみたいな感覚になってる気がするんです。それと、自転車やバイクを「どこまでコントロールを保ったまま速く走れるか」ギリギリまでトライ、してるみたいな感じ。

そういうのって、宗教的な麻薬感とも通じる気がします。

管理人の場合、「トリップするのにクスリは要らぬ、インベンションさえあればいい」という(苦笑)

特に今やってる5番は、仕上がりスピードで最後まで弾けるようになったら、かなりのトリップ度だと(個人的には)思ってるんですよね。最初にやった2曲よりスゴイ。

早く5番を最後まで弾けるようになって、思いっきりトリップ気分に浸ってみたいです(笑)

◆12月の時点で他に練習していた曲は、『もろびとこぞりて』と『おしえて』(ハイジの主題歌)。

どちらも「伴奏つきで歌ってるようなイメージ」で弾ける、和音が沢山!なアレンジを選んだのですが、その分やっぱり難しいです(私にとっては、ですけどね)

『もろびとこぞりて』なんて、2P分も無いのに3ヶ月は格闘してました^^; まぁ途中から指導してもらったことで課題が増えた、というのもあるんですが。

とりあえずクリスマスに向けて練習していたので、「今回はここまで」ってラインを決めていただいて、そこまではまぁそこそこ到達しました、ってことで。。。指遣いが難しい前奏とか、まだ全然ダメダメなんですけどorz

今年のクリスマスにはまたブラッシュアップ出来たらいいんですけどね~  この話題については後日談もあるので、また改めて書こうと思います。

『おしえて』の方は上級アレンジということもあって(中級がよかったんだけど、初級か上級の楽譜しか手に入らなかったの)音の移動距離が大きめ。視覚に頼ることが多い自分には、ついていくこと自体が大変です。

両手のパートが2オクターブ離れてる上に、左右それぞれが1オクターブの距離を3ステップで行ったり来たりするような箇所では、カメレオンみたいな両目が欲しいと思わずにいられませんでした(苦笑)

ピアノ上手な人たちって、この音はどの辺にある、っていうのを、もう「空間感覚的に」わかってるんだろうなー

近くにある音同士を多少ややこしい指使いで速く弾くような練習曲タイプのフレーズだと、目をつぶったりよそ見しながらでも弾けることはありますが、移動距離が長い(&身体からも遠くなる)場合は一瞬でも視線を向けないと難しいです。

でも左右同時には見れませんから、両方の音が身体から離れているとき視覚のみに依存していたら絶対に弾けません。

そうしてピアノ弾きの皆さんは、空間的な定位感覚を身に着けていかれるんだな~(と、まだ他人事(笑))

ちなみに今は、「ものすごく指を開きまくりながら音が1オクターブ以上も移動する箇所」に苦戦中です^^;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

坂本龍一さんの『スコラ 音楽の学校』(Eテレ土曜23:00)が毎週面白くてお気に入りなんですけど、音楽教養番組の面白さを自分の意図した通りに語る・表現する自信がありません^^; 音楽というジャンルに関しては、まだ自分のものになってない用語や言葉が多い気がするので。

今日の記事のように身体感覚や五感にまつわることなら、身についている言葉だけでも表現出来るんですけどね。
関連記事

2012年賀状裏話

今年は、ど~~しても年賀状に使いたかったスタンプがありました。

しかも、今年使わなかったら意味が無い!というスタンプです。

12年後じゃ、ダメなんです。

でも私の年賀状の裏面は、常に全面インクジェットでプリントアウトする1枚絵。その絵と関連の無いスタンプを捺す余地は、全くありません。

考えた末、↓こうしました

2012nenga_stamp.jpg

スカイツリー元年の辰年にふさわしいこのデザイン、今回私が見た全ての辰年年賀スタンプの中でベストワンです(^.^)

あまりにこのスタンプが好きすぎて、結局全ての年賀状の宛名面に捺してしまいました^^;(年内ギリギリだったのに何やってんだー)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

お次は、年賀状に使った羊毛フェルトのドラゴンです▽

2012dragon_long.jpg

頭部から尻尾の先まで針金が通ってて、長さは直線で50cm。これを写真のようにうねうね曲げることで、体幹部を作ってます。

もうあと10cn↑くらい長ければ、より龍らしい首や尻尾に出来たと思うのが、惜しいところ。

体色は、4~6色くらい混ぜて作ってます。ベースにしたのは、先生がわざわざこの作品のために青緑風味のグレーに染めてくれた羊毛で、微妙な色合いを出す上でものすごく重宝させていただきました。

白い部分は、ツヤのあるシルク混の羊毛を、絡ませやすい白の羊毛と混ぜ合わせたものを使っています。

口の中の赤い部分はコピック、歯は樹脂粘土を1つ1つこねて作りました。


▼このアングルが一番お気に入り

2012dragon_up.jpg

当初、年賀絵にはこのアングルを使う予定だったのですが。

人物絵と絡ませる場合、ヒトよりはるかに巨大であるハズのドラゴンが上目遣いに睨みつけてるのって、普通に考えてオカシイじゃないですか^^;

まず、構図が作れません。
人物が空飛んでたりすればアリかもしれないけど、そんな躍動感溢れる絵にするには、ドラゴンの全身ポーズがおとなしすぎてムリでした。

そうなるとやはりアオリのアングルしかないか… ということで、写真撮影からやり直し、それなりの構図になった次第です。

でもそのせいで、レトロな怪獣映画のポスターか食玩のパッケージみたいな絵に~~~;; 久しぶりに、漫画繋がり以外の人に送るのが恥ずかしかった1枚です。

羊毛フェルトの先生から「写真撮って年賀状にするんですよね? 是非見せて下さいね!^^」と言われてるのに、どーしよう。

ドラゴンの写真だけでカッコよいデザインの作品を作り直した方がいいだろうか、と目下マジメに考え中(苦笑)

尚、喪中の方宛の寒中見舞いでも同じ絵を送るため、こちらに年賀絵を貼るのはそちらを送った後にする予定です。
関連記事

Xmas Card・2(2011年版)

昨年UPしそびれたクリスマスカードです。

今回はいつも以上にライティングが上手くいかず、写真の出来が悪くて残念;;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

▼まずは、友人宛

11ul_xmas2.jpg

右頁の真ん中は、ATCで作った背景に自分で描いたイラストを合成したカード。


▼表面と裏面はこんな感じ

11ul_xmas1.jpg

スノードームの部分は、昨秋作ったオズのスノードームカードのデザインをアレンジしたもので、5種類のスタンプを使っています。色づけは、グラデーションインクやコピックで。

このスノードームのデザインが気に入っていたので、微妙なヴァージョン違いを5枚ほど作りました。


▼スノードームデザインの盛り盛りヴァージョン

cleaning1.jpg

近所のクリーニング屋の店員さんが趣味でトールペイントをやってらして、店内にその方が作った作品が色々飾られてるのですが、私のスタンプ作品やスクラップブッキング作品もすごく気に入ってくれて、一緒に飾って下さっています。

このカードはそちら宛で、店内に飾っていただくことがわかっていたのでちょっと盛りました(笑) 写真では光っててわからないのですが、人物絵の周りにはDistress SticklesのPicket Fenceを塗ってあります。

ダイカットは、Big Shotで抜いたお気に入りのデザイン。スワールはLifestyle Craft、大きい方の雪の結晶はTim Holtz。結晶は、柄がしっかり出るサイズなのでとても重宝してますv


▼更にリボンもつけて出来上がり

cleaning2.jpg

店頭に飾っていただく際は上からピンチで吊る形になるとわかってたので、クリアケースに入れてリボンも添えました。


▼中はこんな感じ

cleaning3.jpg

下地にしたパターンペーパーは、一昨年のBo-Bunnyのコレクション「Snowy Serenade」の中の1枚。

綺麗なブルーグレーの地に赤紫のダマスク柄がグリッター入りでプリントされたとても美しいペーパーで、お気に入りのあまり、何枚かまとめて購入しておいたものです^^


▼青ヴァージョン

11blue_xmas1.jpg

ヒイラギのマスキングテープ、大活躍。今回作った殆どのカードで使ってます。


▼中身

11blue_xmas2.jpg

メッセージを書いた雪の結晶型ペーパーには、スプレーインクで色をつけました。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

2011年のクリスマスカードは、全体的に切り貼りメインでした。スタンプアートならではのテクニックを使う余裕が殆どなかったのが心残りですが、カラフルに出来たところは気に入っています。
関連記事

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

本年も、どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

皆様は何して年を越されましたか? 私はお風呂の中で新年を迎えました。

ほんとは湯船に浸かりながら年越ししたかったんですが、年賀状を投函し終えたのが23時40分過ぎでそれからバタバタしてたもので、洗髪中に新年になったと思われます(笑)

一度、どっかの温泉にでも浸かりながら新年迎えてみたいなぁ~

ちなみに年明けと共にいい気分で湯から出てきた私を最初に待っていたのは、暮れに体調を崩して薬漬けになっていたワンコの●吐物でしたorz

既に他の家人は就寝済みなので、私が始末するしかありません。このブログ書いてる最中にも兆しがあったので、慌ててキッチンペーパーを抱えて追いかけ、絨毯直撃を回避。

2012年最初の作業がコレ。。。大丈夫だろうか私。いや、「家族の絆」的なものだとでも思えばアリ!(笑)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

昨年は大変な年でしたが、日本中の人が色々なことを考え直す上で貴重な機会だったと思います。特に「絆」に目を向けたことと、「安全については自分自身で真剣に考えなければいけない」ということを思い知った意義は大きかったのではないかな、と個人的には思っています。

今年は五輪。
「なでしこジャパン世界一」のような感動はそう味わえるものではないかもしれませんが、世の中にも皆様のもとにも、明るいニュースが沢山あるといいですね!

震災関連では、赤十字からの義捐金がなかなか被災者の手元に届かないということを知って、私の周囲でも不満の声を聞きます。自分が支援したいと思う施設や団体等に絞って直接寄付する、というやり方もいいかもしれませんね。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

今年はものすごく珍しいことに、年賀状をもらう前に年賀状を出すことが出来ました。

この私が年内に年賀状を投函し終えたなんて(実際は紅白終わる頃に投函したので集配されたのは1/1なんですが、手元を離れたのはギリギリ年内)、もう記憶にないくらい昔のことだった気がします(汗)

このブログでも話題にしていた羊毛フェルトの龍は無事に完成して、予定通り写真を年賀状に使いました。今年は羊毛フェルト作品の写真と手描きキャラ絵との合成なので、いつもとノリが違ってます。

人物絵を龍(というかドラゴン)に絡めて背景ストーリーがあるっぽく仕上げようとしたら、何というか。。。レトロな怪獣映画のポスターか食玩のパッケージみたくなってしまい。。。私にしては珍しく、「コレ、漫画繋がり以外の(特に目上の)人に出すのはどうだろう;;」と思ってしまいました^^;

しかも中途半端だとむしろより恥ずかしかったので、開き直ったといえるレベルまで派手に仕立てたという(苦笑)

でも毎年1月上旬は年賀状が終わってないプレッシャーで落ち着かずに過ごしてたため、今年はそれが無くてラクです~(T▽T) 年賀絵画像は、送り先に行き渡った頃にUP予定。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

とりたててウリもない地味な雑記ブログではありますが、今年も気が向いたときに遊びにいらしていただけると嬉しいです^^
関連記事

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード