Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

苺と白玉あずきのワッフル

shiratama_sweet.jpg

羊毛フェルト講座が終わった後、よく同じフロアにあるカフェに寄ります。お目当ては季節限定ワッフル。(このカテゴリの記事ではお馴染みのネタです)

今は苺&白玉ですが、ピンクが春を感じさせてくれますね~^o^

もう少ししたら、桜アイスとの組み合わせになるんじゃないかと思います。


関連記事

羊毛フェルト近況

個人的都合により、2コマとってた羊毛フェルト講座を1つに減らすことになりました。

最近中山先生が続けざまにTV出演した影響で、門下の講師さんが担当する講座はどこも満員。キャンセル待ちの人数もとても多いらしく、事務側に1コマ減らすと伝えたらすっごく喜ばれてちょっと複雑でした~(苦笑)

とはいえ、これまでも一向に上手くならないからやめようかな~と迷うことは何度もあったのですよね^^;(まぁ家では講座の補完作業をやる程度なので、ハンドメイド初級者の私が上手くならないのは当たり前)

でも新規枠がとても狭き門で、一度抜けたら「もう一度習いたいと思っても受講出来ない」→「羊毛フェルト自体やらなくなる」コースまっしぐらだと思われたため、何とか続けてこられた…という感じです。

2コマとったのは、回数多くした方が作業時間も増えて少しは上手くなるかな~と思ったからなのですが、今回事情があって1コマ諦めざるを得ませんでした。

でもこうなると残る1コマは、もう絶対やめられないな~~^^;

今は受講人数が多すぎて、私のような経験者は至れり尽くせりには面倒みてもらえないため(まぁその人の積極性にもよりますが)、ある程度自己流で取り組むしかなくなってきています。以前はそれで途方に暮れることも多かったのですが、昨年ドラゴンを作ったとき初めて「お手本がないものを自分で考えて工夫するのは面白い」と思うことが出来たんですよね。

全員が同じものを作るワケではないので、手作りが苦手な私にはただでさえハードルが高い。なので、そういう風にモチベーションをもって自主的に頑張らないと作りたいものはいつまで経っても作れないんだろうなぁと、身に沁みて感じているところです。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

現在作っているのは、シェパードと灰色狼。

どちらも難しいのですが、出来れば丁寧に作りたいので、3回で終わらせるのは半ば諦めました^^;(この講座は、月1回の全3回で基本サイズ1体完成というペース)


関連記事

猫グッズ

先日有楽町の三省堂書店で、すごく可愛い猫グッズを見かけました。

『marie maison de mieux (マリーメゾンドミュー)』(※公式サイトへのリンク)のネコ雑貨、「CAT,CAT,CAT!」(※日本の販売サイトへのリンク)と「Ron Ron」(※同)シリーズだそうです。

3/15までの期間限定コーナーのようで、もう1回来る機会は無さげだったため、特に気になった3種類をそれぞれ1デザインずつ購入してしまいました。

で、どこに飾ったらより癒されるかなぁと考えた結果。

kuro_ronron.jpg

▲「ムノット」(「小さな手」という意味)シリーズの「クロッツ」

後に載せてる画像のように本来はお座りポーズのコですが、その姿勢のお陰でこんな形でも安定してくれます。


arpege_ronron.jpg

▲「シャトン」シリーズの「アルページュ」

動物のぬいぐるみではあまり見ない紫カラーなのと、音楽用語みたいな名前が気に入ってゲット。

この形は羊毛フェルトでも作れそうなので、今度やってみようかな~

首の上に載せてる時計は、もとはト音記号型の木製時計オブジェについていたもの。昨年の震災で落下して以来2度3度とオブジェが壊れまくったため、最近は時計部分だけを楽譜立てに立てていたのですが、可愛いスタンドが見つかりました♪

でもこの時計ちょっと重いので、負荷がかかり過ぎないうちに外す予定(苦笑)


klotz_arpege.jpg

▲全体のカタチ


creaner_PU.jpg

▲タグには「ファンファンキャット」の「ウィッチPU」と書かれていました。クリーナーだと思って買ったのですが、紐の形状からするとただのストラップマスコットかも。

表情とポーズが面白キュ~トだったので、買わずにいられませんでしたv

背中にコウモリのマークがついてることや、青白い顔や紫の服や囚人柄の尻尾などからして、多分ハロウィン系のイメージではないかと。。。

ちなみに右上は別メーカーの猫グッズで、ピアノ黒猫ストラップ。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

この日は個人的に猫グッズな日でして、三省堂に行く前に『わちふぃーるど』のお店でも買い物してました。

毎年リビングに飾っているダヤンカレンダーを今年は未購入だったのですが、やはり無いと物足りないし不便。幸いまだ残ってた上に50%OFFになってたので(そりゃそうだよねぇ^^;)、つい普段は買わない卓上カレンダーも買ってしまいました♪

卓上カレンダーはPCサイドに置くにはちょっと大きすぎるため、「よし、この空間で癒されようv」とトイレに(笑)

昔住んでた家ではトイレの壁にいつもカレンダーがかかってたんですけど、アレって結構まじまじと見ちゃったりするんですよね。なので、カワイイもの飾るのもたまにはいいかな~~ということで。


関連記事

便利ツール・Scor-Pal

Scor_Pal.jpg

昨秋買ったクラフトツールの「Scor-Pal(スコーパル)」です。手前は別売の専用カッターマットで、こちらは当時私の知る限り日本未入荷だったため、海外サイトで購入しました。

「Scor-Pal」は紙に折り目をつけるためのツールで、ミニブックやカードを作るときに重宝しそうだったので不器用な私はすぐに飛びつきました(笑) サイズは6インチと12インチ対応の2種類で、これは12インチサイズ。

上部はマグネットになっていて、メタル製のブラッズなどを留めておけます。右上にセッティングされているボーンフォルダーもどきはボーンフォルダーより薄いので、溝に沿った折り目をつけやすいです。

これ使うと、簡易ロゼッタなんかもすぐ作れますね。(ダイカットと違って先端を花びらっぽくすることは出来ないけど)

それぞれの使用法や使い勝手に関しては、下記の動画がわかりやすいと思います。(最初はずっと口頭説明が続きますが、5分後くらいからカードメイキングが始まります)



私はまだ宝の持ち腐れ状態で、昨年のクリスマスにカードを2つ折りにするのに使った程度です^^;


関連記事

四大陸選手権・超ダイジェスト感想

やっぱり「J SPORTS 4HD」はすごくイイ…

選手の扱いが平等なので、純粋にその競技自体が好きで観ている人間には心地良いです。変な煽りも無いし、チャンピオンのコメントという当たり前のものも観れるし。

女子シングルは、アシュリー・ワグナー選手の『ブラックスワン』がすごい良かった~~♪

今季の女子シングルで一番好きなプログラムなので、パーフェクトな演技が観れて&録画出来て嬉しかったです(^▽^) 全米選手権のときも良かったけど、今回の四大陸はノーミスで更に良かった!

ワグナー選手もシズニー選手も私好みの選手ですが、今季はワグナー選手推しだなぁ。

第3グループ辺りで滑っていた中国の選手のレイバックスピンが、すごく綺麗で独特なポジションだったのでとても印象に残っています。

男子シングルは、世界トップ2の2人が出場したことを別とすれば、全体的には(24人分ってことね)四大陸より全米選手権の方が色々と面白かった気が…

下位にいたフィリピンの選手が年齢と滑走順を考えるとかなりキレのあるいい動きをしていたので、今後頑張って上の方に来れるといいなぁと思いました。

今月このチャンネルでは毎日フィギュアスケートの選手権を放映してるんですけど、ジャンプの見分け方を練習するために出来る限り観るようにしています。この四大陸選手権も、男女とも24選手の殆どの演技を観戦。

以前よりは大分見分けられるようになりましたけど、まだまだ怪しいです。4月に行われる国別対抗戦はアリーナ席をゲット出来たので、そのときまでにはもっと見分けられるようになっていたいですね~

ちなみに佳菜子ちゃんの今季のFSは動きが速過ぎる上、跳ぶ直前にもクルクル向きが変わったりするので、解説で聞いたジャンプだと確認するために直前から何度もリピート再生する羽目になりました^^;

今大会を観ていて改めて感じたのは、日本のシングルの4強とその他の選手とでは、どうしてもFSで差がついちゃうんだなぁ。。。ということでした。もっとも、男女揃って国際大会で表彰台を狙えるレベルの選手が4人もいること自体が驚異的なんですけどね。(日本の4位5位は他国では代表レベルなのですから、選手は大変ですよね~)


関連記事

お知らせ

最近コメントをいただくようになったので、右側メニューに「最新コメント」一覧を追加しました。

コメント下さった方は、そちらでレスをご確認下さいませm(_ _)m

コメント一覧、開設当初は設置してたんですが、全然人を呼ばなかったもので不要になり削除しちゃったのですよね^^;

あとこのブログから管理人の個人サイトの方にもリンクを張っていたのですが、諸事情あってこちらも大分前に外しました。でも遠からずサイトの構成をいじる予定なので、リニューアル後はこのブログからもリンクを張ろうと思っています。

リニューアルも結構手間かかるので、いつになるかは未定ですが^^;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

「今年の抱負」で語りました通り、目下趣味の時間は絵とピアノが中心のため、クラフト系の記事の更新が滞りがちになってます。

私が写真をブログにアップする場合、

デジカメ撮影→PC取り込み→グラフィックソフトでサイズや明度その他の画像処理→JPEG保存→ブログ投稿

…という手間がいちいちかかるので、写真メインの記事はなかなか更新出来ない、というのもあります;;

もともと私のブログ活動のメインは感想・考察系の別ブログで(検索避けしてるから気楽に好き放題書ける)、趣味の作品制作の方もかなりゆったりペースなもので、こちらの更新ペースは遅めです。最近はこちらも文章記事の比率を増やしたので、更新が多めになってますが。

そんなワケで、もしお付き合いいただける方は、気長にまったりお願いできますと幸いですm(_ _)m

今年は、スケートや五輪の話題の比率が高くなるんじゃないかと思います。五輪は、管理人がこの世で一番好きなイベントなので(笑)


関連記事

ピアノ曲の話

ピアノを習って良かったと思うことはすごく沢山ありますが、先日フィギュアスケートの今季プログラム曲を集めた楽譜を探しててコレを見つけたときは

melodyonice.jpg

心の底から ピアノ始めて良かった と思いました。

ピアノやってなかったら、探さなかったでしょうからね(笑)

初めてですよ~~羽生くんがピンで表紙になってるのを見たのも(あと何年待てば単体本が出てくれるのだろう…)、フィギュア曲集めた楽譜で選手の写真が表紙になってるのを見たのも!

載ってる曲はSPの『悲愴』(スクリャービン)なのに、表紙は何故か『白鳥の湖』。いや、とってもピアノスコアに相応しいと思うけど♪♪♪

中を開くと、見開きで日本の現シニアのトップスケーター8人の写真が並んでました。羽生くんだけがいなかったので、「彼は表紙だからこの中には無いのかな」と思いながらページをめくったところ、1P丸ごとピンで羽生くんの『悲愴』の写真が(笑)

編集さん、あまりにもあまりにもグッジョブ過ぎですvvv

一瞬、私のために作られた商品かと思ってしまった。。。今も楽譜売り場で見かける度に買いたくなってしまうので、困ってます(苦笑)

ただ残念なことに、『悲愴』は難易度の高い原曲ではなく、アレンジされた簡易版でした。自分の技術で弾けるかどうかに関係なく、好きな曲は原曲スコアが見たい!ので、その後原曲(エチュード Op.8-12)を含むエチュード集のスコアをゲット。

ピアノの先生にその話をしたところ、その中の曲をレッスンでやってもよさげな反応をいただいたので、次期レッスン曲候補にしてみることにしました。

現在レッスン中の曲は、バッハの『インベンション』とハチャトゥリアンの『少年時代の画集』。

『インベンション』は当分ひたすらに続けなければならない(全部で15曲ある上に、その先にはやはり15曲の『シンフォニア』。1つの区切りとなる『平均律クラヴィーア』に辿り着くのは、そのまた先;;)のですが、後者の方は一段落したため、次のレッスン曲を先生と相談して決めることにしました。

この場合、私が提示した候補のうち、先生が「やってもいいですよ」とおっしゃって下さった中からセレクトします。先生が割と難易度高めの曲でも奨めてくれるので(私のレベルはツェルニー30番台だと思うのですが、40番台↑クラスの曲でもOK出してくれる)、背伸び気味の曲を選んでみることに。

自分はタイプの違う曲を3曲ほど同時進行したいヤツなので、『インベンション』以外ではエチュード系と叙情系を1曲ずつやりたいのですよね。先生にその旨を伝えた結果、今回はこんなラインナップになりました。

next_text.jpg

先生が見繕って下さったスクリャービンの『エチュード Op.2-1』(『悲愴』は難しすぎて無理なので別の曲)と、シベリウスのピアノアルバムから『樅の木』です。

『エチュード Op.2-1』の方は和音が難しそうなので、ちょっとビビリ中(苦笑) でも折角スクリャービンを弾けるのだから(『悲愴』という曲が男性だったら、絶対に一目で心を奪われると思った!)、頑張りたいと思います。

ちなみに他の候補は、シューマンとドビュッシーでした。北方組が勝利したのは今が冬だからなのか、氷の王子様にハマっているせいなのか(笑)

手前の『パッヘルベルのカノン』は、レッスン曲ではなく気分転換用(笑) これはピアノ曲ではないため(バスとヴァイオリンの曲)ピアノソロアレンジにも色々なレベルのものがあるのですが、書店で偶然ツェルニー30番台後半~40番台前半レベルのスコアを見つけたので即ゲットしました。

1回の練習で1段くらいしか進まないものの、このレベルのアレンジだと充分聞き映えするところが嬉しいです。とにかく旋律が綺麗なので、弾いてるときの気分は最高♪ クラビノーバに搭載されている音色の中では、「ピアノ&クワイア」で弾くのがお気に入りです。弦楽器の代わりに人の声、という感じで。


関連記事

アイスショーチケットGet

GWのアイスショーのチケット、プレオーダー(抽選)に申し込んだ分が1つだけ当たりましたv

現役トップスケーターは誰が出るのか未定みたいですが、そんなこと気にしてたらいい席はナクナル。もう「出る」と仮定して申し込まねばなりません(苦笑)

にしても、この私が抽選に当たるとは珍しい… 何せ、周り中の知り合いが当たるほど当選確率高いときでも外れてるヤツなんでσ^^;

まぁ第一希望の一番いい席(「エキサイティングシート」なんて名前がついてるくらいだから、よほど近くで選手が観れるんだろうか)は外れて、第二希望のSS席でしたが。

多少離れてても、選手の顔が判別出来る距離だといいなぁ。先日の『スターズオンアイス』は2F席で、選手の顔など全く見えず、同じ衣装だったり似たような髪形だったりすると選手の識別すら出来ない距離でしたから^_^;

でもアリーナの端っこで観てた人が、反対側の端で跳んでた羽生くんの4T-3Tジャンプが何回転だったかわからなかったらしく、帰宅後ネットで調べたと語ってるのを見かけました。アリーナだから何でもよく見える、ってワケでもないんですね。

いつかは、選手の表情がハッキリわかる距離で観たいです~


関連記事

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード