Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪5日目・1

◆以前はBSでマイナー競技の放映もあったんだけど(録画ではあっても)、インターネットでライブストリーミング中継されるようになった今は、TV中継は国内で注目度の高い種目に限られてしまいましたね。

ライブストリーミングでカヌースラロームを観たのですが、あの激流を漕いでいくのがものすごく大変そうで、一人分観るだけでハアハアゼイゼイしそうになる(笑)

◆同じくライブストリーミングで、女子シンクロ高飛び込み決勝を見ました。

金メダリストの演技は観損ねてしまったのですが、やっぱり上位選手の演技は素敵です~

綺麗なスプラッシュを観るのは好きですねぇ。

◆バドミントン男子では田児選手がすごい観たかったのに、彼が出場してるのかどうかも知らないでいる間に初戦で負けていたorz

◆柔道男子81kg級の準決勝、ドイツvsアメリカ選手の戦いは、どっちが負けても気の毒になるようないい試合でした。

延長戦いっぱい使っても双方1ポイントも入らず旗判定になったのですが、いずれの選手も最後まで指導無しという戦いぶりで攻め姿勢も十分、その意味では見応えのある試合だったんですよね。

実力が拮抗している選手同士や、完全に相手の技を封じ込めている試合では動きが少なくて素人目にはつまらなく映ることもあると聞きますが、ポイント無しでもこういういい試合はあるものですね~^^

勝ったのは準々決勝で中井選手を破ったドイツの選手。あの試合観て「この選手強そう。攻撃的でいいな~」と思ったので、決勝戦でも観れるのはちょっと嬉しい。

このくらいの階級になると、体格的にもかなりの迫力。重い階級になるにつれて素早い動きはなくなってくるので、あんな風に攻めの姿勢で魅せてくれる試合は大歓迎ですね。

五輪前の時点でランキング5位の中井選手は、今大会でランキング1位の選手を破ってますから健闘してると思います。


関連記事
スポンサーサイト

五輪4日目・2

◆男子体操団体、良かった…いったん4位にされたときは、マジでどうなることかと…もう、世界が真っ暗になったような気分でした。

抗議は認められると信じたかったけど、あまりに怖くて審議の結果見れなくてチャンネル変えてしまいましたよ^^;

選手自身にとっては柔道同様「金じゃない」という悔しさの方が勝るのでしょうが、団体金は最初から(よほど中国がやらかしてくれない限り)無理だと思ってたし、チーム全体でミスを極小に抑える完成度も足りなかったので、銀メダルは客観的にみた実力としては妥当&上等な結果じゃないかと思います。

むしろあの予選の結果や山室選手のケガといったアクシデント、変なタイミングでの大歓声で集中しづらかったといった難しい状況が続いたことを考えれば最後まで健闘したんじゃないかと。

結構ミスがあってこの順位ということは、日本の立ち位置って1位とも3位とも少し離れてるのかな。ノーミスならもっと中国の点数と拮抗できたのでしょうが、残念ながら大舞台でのミスの多寡も実力だろうと思います。アテネ五輪で金を獲ったメンバーほどの安定感は感じられなかったので、私の中の予想も「良くて銀」だったのですよね。

加藤選手の安定感は抜群でした。次の五輪ではエースになるのでしょうか。にしてもイケメンだなぁ(笑)

内村選手も最後すごくヒヤリとする演技になったようですが(彼の得意種目じゃないので、銀を確信しつつシャワー浴びに行ってた)、床と鉄棒などでらしい演技が観れて良かったです。「4位も2位も同じ」と沈んでましたが、個人総合と種目別には切り替えて挑んで欲しいです。

でも、演技中に自分の演技とは全くズレたタイミングであの大歓声が聞こえてくるってのは…体操ではかなりキツイですよねぇ;; イギリス以外の国の選手は気の毒でした。

◆競泳、寺川選手-入江選手-鈴木選手の3連続銅メダルおめでとうございます~!!!

鈴木選手は予選7位だったからメダルは厳しいかなと思ってたのですが、後半の追い上げお見事でした^。^

競泳陣はここまで銅メダルを揃えてくれましたが、明日決勝のバタフライの松田選手には、違う色のメダルを期待したいところ。


関連記事

五輪4日目

◆松本選手、金メダルおめでとうございますーーーーーーー!!!

これだよ…
こういう戦い方をする選手が、私は観たかったんだよ。。。

全試合、畳に上がる前から殺気オーラ全開で、試合中も猛獣が獲物に襲い掛かるような勢いが一瞬たりとも途切れない。スタミナもありまくりでバテ感が無く、ひたすら前に出まくり攻めまくり。

崩れ込んで体勢立て直そうとしてるときも間髪入れず背後から襲い掛かる姿勢を見て、思わず「素晴らしい…!」と声に出して呟いてしまいました(笑)

もうもう、超カッコ良かったです!!!

普段は天真爛漫キャラで、日本チームのムードメーカーだそうですね。それが戦闘モードになった途端、あの迫力。

松本選手の殺気を見てると、ついつい某ロミオステップを思い出してしまいます。

もしや私のアスリートの好みって、「普段天真爛漫&試合で殺気全開」タイプなのか?^^;

◆中矢選手の銀メダルも見事でした。

ずっと攻めの姿勢が見られて良かったので、準決勝を勝ってメダル確定したときは嬉しかったですね。決勝戦は相手の方がパワーで上回ってた感じだったので、銀メダルでも健闘だったと思います。

にしても。。。
私の持ってる五輪ガイドは有力選手一覧に勝敗予想がついてるんですが、この3日間の柔道に関しては、金メダルの最有力候補に挙げられてた選手が(松本選手以外ことごとく)金どころか銀も獲れてない^^;

男子66kg級なんて、金銀獲った選手2人共、有力選手一覧表に名前すら載ってません(苦笑) もともとジャイアントキリングが起こりやすい階級だそうですが、極端だなぁ。

◆愛ちゃん、3-1からよく巻き返したなぁ。すごい。初のベスト8おめでとうございます!

卓球とかテニスとか、観てるこっちの方が気力が続かないです。プレイしてる人たち凄すぎ;;

◆男子体操は、観るのが怖い… 何で内村くん、ロンドン行ってからあんなヤツレた感じになってるの…

それにしても、あんな凄まじい歓声が突如沸き起こるような中で、よくあれだけ集中力が必要な演技が出来るなぁ;;


関連記事

五輪3日目

◆男子サッカーやったぁぁぁぁぁ(>▽<) 決勝トーナメント進出、おめでとうございます!!!

出だし少し動きがよくないのが気になったけど、徐々に調子が出て来ましたね。前回同様シュートの精度が低かったから後半まで苦労してたけど、1点取れれば勝てると思ってたので良かったです。

にしても永井選手速い。。。まさか、あんな形でゴールが決まるとは思いませんでした(笑) モロッコのGKが前に出てきてくれたのが良かったですね。

スペイン戦に続き、足が速いってものすごく重要なことなんだなぁ~と痛感する1戦でした。

そして今回も吉田選手は頼もしかった。

しかし男女共に、フィジカル強い相手とやるときはヒヤヒヤします。今日も寄せられるとすぐボールとられちゃう印象だったので(後半はピアノの練習しながら流し見してたのであくまで前半の印象ですが)、ちょっとなでしこのスウェーデン戦を思い出してしまいました。

◆男子柔道66kg級、海老原選手銅メダルおめでとうございます&お疲れ様でした。

延長戦が2回続いて2回目は判定までもつれこんだのを見て、準決勝以降はかなり厳しいんじゃないかと思ってました。なので3位決定戦に回ったのは想定内だったのですが、一本で銅メダルを決めてくれてスカッとしました!

本人は金メダルを目指してたから銅でも喜べないでしょうが、それでも勝ってメダルを決めた柔道選手は海老原選手が最初なんですよね。。。日本男子柔道は金確実視が実質無理な状況であっても、「金以外×」という認識が選手本人にもあるから大変だなぁと思います。「目指すのは金のみ」という強い気持ちも、あるレベル以上の選手にとっては必要だということはわかるのですが。

しかし準々決勝の旗判定は酷かったなぁ。
試合内容的に海老原選手に旗3本もらえないのは仕方ないとしても、3本共相手の旗というのはさすがに無いだろうと思いました。会場内のブーイングも物凄くて、地鳴りのようだったし。

結局審判委員による審議で再判定が促された結果、従来はありえなかった旗3本の判定が覆るという異例の事態。これじゃ、何のために主審副審が3人もいるのか… 相手選手にも気の毒だと思いました(こちらの選手も最終的には銅メダル獲得出来ましたが)

◆女子52kg級の決勝は見応えがありました。グダグダ感のある試合を目にすることが多いだけに、両選手共指導が無かったところが良かったです。やっぱりチャンピオンはこうでなきゃ!という感じで。

いつもこういう試合が観たいんだけどなぁ(苦笑)

男子66kg級の若手vsベテランの決勝も勢いとスピードがあって面白かったのですが、終盤若い方のグルジア選手はすっかりバテちゃってましたね。前半に技ありとってたお陰で金メダルに輝きましたが、31歳のフランス選手の方は体力的には大分余裕があったので、ちょっと惜しかった感がありました。

仏選手、リードされてて時間無いにも関わらず、決めるのに時間のかかる寝技ばかりひたすら狙ってたのは何故だったんだろう?^^;

◆女子重量上げ53kg級の金メダリストはカザフスタンの19歳の女の子でしたが、金を決めた後にもクリーン&ジャークで世界新に挑戦して成功。余裕あったし、凄かった~

◆北島選手は予選も準決勝も調子良さそうではなかったので、ちょっと期待は出来なかったですね。でもここまで辿り着いたこと自体すごいことだと思ってます。

この後の種目では、もう少し調子が上がるといいなぁ。

◆女子アーチェリー団体、同種目初のメダル獲得おめでとうございます!

TV放映の無い競技にも日本がいい線行きそうと思われてる種目はあるんですが、アーチェリーはメダル厳しいという予想を見かけたので、快挙だったのではないでしょうか。

◆ちなみにTV放送の無い種目で観たいなぁと思うのは、飛び込み。

難易度および空中姿勢の美しさや着水の瞬間の美しさを競うという点で、体操の技やフィギュアスケートのエレメンツに通じる魅力があると思いますv

◆競泳は、入江選手・寺川選手・鈴木選手が順当に決勝進出を決めてくれて良かったです。決勝でも是非頑張って下さい!

女子平泳ぎ100mでは、並居る強者を抑えてノーマークのリトアニアの選手が立て続けにトップタイムを出してたのが興味深かったです。無名選手がトップ争いで存在感を示す展開って、面白くて好きなんですよね。かつて柔道男子の野村選手の3連覇もそこから始まったし、そういうのもまた五輪の醍醐味かなと。

ところで、男子の400m自由形リレーが迫力あってすごく面白かったです! 陸上でも水中でも、やっぱりリレーは好きですねぇ。

フェルプス選手とロクテ選手のいるアメリカが終始トップでそのまま勝つかなと思ってたら、フランスのアンカー・アニュエル選手がすごく速かった。「あ~これはアメリカ抜くな」とわかる追い上げっぷりでした。

アニュエル選手のスーパーアンカーぶりはメドレーリレーでも拝めるみたいなので、そっちも是非観てみたいです♪


関連記事

五輪2日目・2

◆昨日は、萩野選手と三宅選手のメダル決定シーンを観損ねて残念でした^^;

銀メダル、銅メダル、どちらもおめでとうございます~~!

萩野選手、「世界を驚かせた17歳」という、つい最近どこかで聞いたような響き(笑)が個人的にすごく耳障りがいいですv

17歳で五輪に参戦出来るって、すごくラッキーですよね。年齢だけみればあと2回は余裕で五輪出場の可能性があるワケですから、十代で五輪を体験出来るってすごく大きいと思います。

400mの方が得意とのことですが、200mも頑張って下さい!

◆十代といえば、16歳で五輪初参加だった柔ちゃんの凄さをつくづく思い知る昨日今日の柔道女子の結果でした。5回五輪に出て5回ともメダル獲るって、やっぱり不世出の化け物だったんだなぁと。

そういえば女子の解説やってる谷本さん、一本勝ちにこだわりまくっての五輪金メダルは本当にカッコ良かったです。あんなスカッとする金メダルをまた観たいなぁ。

◆今回の五輪で個人的に一番金メダル獲って欲しい!と思ってるのが、体操の内村選手。

なので昨日の体操予選は(ライブで観てはいなかったんですけど)、少なからずショックでした…種目別の鉄棒に出られないのも残念ですが、何より彼の表情とヤツレ感が心配です。

もともと団体金は相当厳しいと思ってるので点数持越しの無い決勝進出にはとりあえずほっとしましたが、相次いだミスがすごく気になります。器具に関する問題が取り沙汰されてるようですが、その辺りはどうなんだろう…

日本選手の皆さんには、予選の出来を引き摺らないでこの後の種目頑張って欲しいと思います。


関連記事

五輪2日目

◆なでしこ、いい感じで崩したシーンも多かったので、無得点に終わったのは残念でした。ゴール近くまで持っていくとガッチリ囲まれちゃうので、もうちょっと思い切ったシュートがあっても良かったかなーとも思いましたが…

枠内には行ってたのでシュートの精度が悪いとは思わなかったけど、威力が足りなかったですね。

お互い最終ラインはよく守ってて、チャンスシーンがシーソーのように移るので観てて消耗しました^^;

直近の試合を全部観てるワケじゃないのであくまで自分の知る限りの印象ですが、パスカットや足元で奪われる頻度がいつもより高かったような。

岩清水選手は大活躍でしたね。

にしても、今回の主審はほとんどファウルとらない人だったなー 笛吹きまくる主審よりはずっといいけど。

◆福見選手は、残念でした。

準決勝も、3位決定戦も、どっちも観ていて「う~~ん厳しいかな…」という感じでした。3位決定戦は明らかに相手の方が勢いありましたし、メダル獲りに対する気迫も勝ってるように感じました。その勢いのスキにつけこめそうな印象も無かったのが残念です。

準決勝では、五輪初参加の福見さんに対して相手は前回北京の覇者というのもちょっと気になったし、開始早々に指導とられた時点でヤな感じがしました。終始攻め手を欠く印象だったので、技ありとられた後はかなり厳しいんじゃないかなーと思って観てたのですが、結局そのまま終わってしまいましたね。

でもメダルなしかぁ。。。う~~ん、五輪はやっぱり怖いですね。

◆男子60キロ級の敗者復活戦、後半バテバテでしょっちゅう仰向けになってすぐ立ち上がらず、帯もわざと緩く結んで頻繁に解けるようにしてたアルメニアの選手がいました。

相手の仏選手は終始しゃんとしてて構えに戻るのも早いし、帯も一度も解けてないから、すごく対照的^^; 延長戦までそーいう状態が続いてたから、さすがに仏選手の方を応援してしまった(苦笑)

結局アルメニアの選手は、延長戦中に2回指導を受けて敗北。仏選手も攻め手を欠いてたんだけど、相手があまりにロコツに休憩しようとしてたから、この結果は妥当でしたね。

◆平岡選手、銀メダルおめでとうございます&お疲れ様でした。

準決勝の一本勝ちが鮮やかだったのでイケるかなーと思ったのですが、最初の「技あり」判定、素人の自分にも「一本」でいいんじゃないかって感じに見えたので…しょうがないですね。

あっという間に終わってしまったのは残念です~


関連記事

『Cutting Edge 2012 +Plus』

◆ネットで表紙写真見たときから、発売を楽しみにしてました~♪

ドヤ顔の羽生くんがすごくイイ(笑) 前髪の感じがいつもと違うところも気に入ってます。このファッションと表情に合ってる。

◆目次ページは笑わずには見られないvvv

◆DK3の座談会、是非見てみたかった企画なので嬉しいです。そして、羽生くんが圧倒的にはしゃいでるのがわかりすぎる。

個人的イメージですが、何となく「遊んで遊んで!」とハイテンションになってる子犬を思い出してしまいました(笑)

あの淡々とした演技をする龍樹くんが、羽生くんにつられて暴走するキャラだったというのは興味深かったです。この中では、刑事くんが一番落ち着いてる男の子みたいですね。

◆まだ全部読んでませんが、高橋くんの記事も羽生くんの記事も面白かったです。2人共に、「今季はこうかな」「こうあって欲しいな」と想像する通りの方向を示唆していて安心感がありました。

オーサーコーチからのメッセージも、新天地に移った羽生くんにこちらが期待してることを一通りみんな言ってくれた、という感じ。

羽生くんに関して何より良かったと思うのは、身体のケアを厳しく指導してくれる人に巡り合えたこと。そこら辺の管理が甘そう~というのが彼に関しては一番の心配事項だったので、これでかなり安心出来る状況になったんじゃないですかね。

というか、是非ともそうあって欲しい。わかってても暴走する性格みたいだから、尚更に。

◆実は「今季キスクラにプーさんはいるのか?」というのは、『PIW』のふれあいで聞いてみようかと考えたくらい気になってました。(誰か聞いた人もいたんじゃないですかね)

なので、「ぜったい持たせますよ!」の一言には笑ったv

◆小塚くんの記事は…やっぱりワールド表彰台の2人と比べたときの、昨季の危機感の無さがすごく気になりました。

今は考えを切り替えたようですが、あと1年半勉強頑張って残りの半年で五輪に専念するつもりだったとか、今の男子シングルの戦況を考えたら、ちょっと目を疑うような言葉でした;;

ただ逆に言えば、ほんの一時合う靴に巡り合えたという全日本ではあれだけ堅実に2位をとってるワケですから、今季靴のトラブルもなくスケートに専念してきたらやっぱりとても強いんだろうなと思います。

先日『The Ice』で観て「やっぱりスケーティング素敵だなぁ」と思いましたし、プロも彼に似合っていて良かったので、今季は実力を発揮してくれるんじゃないかと期待しています。

◆自分的にかなり興味深かったのは、町田くんの記事。

何度も書いてきたように自分はジャンプ至上主義では全くないので、彼の4回転に対する意見には大いに支持したい部分が多々ありました。

採点ルール上何をすれば点がとれるかという意味ではクワドは必須の選択だと思ってますが、4回転を跳ばずにトップクラスの点数を出す選手というのは、多分私が最も観たいタイプのスケーターなんですよね。四大陸SPの町田くんとか、世界ジュニアのジェイソンくんとか。

でもだからこそ逆に、彼には出来れば4回転を決めて表彰台に上って欲しいとも思います。アーティストとしてこの先長く滑り続けて欲しいスケーターだからこそ、現役のうちに少しでもいい成績を挙げて肩書きもってプロになってくれたらいいなぁ、と思ってしまうのですよね。

『DOI』の、あのものすごく素敵な演技を観た今だから尚更に。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今季は五輪シーズンじゃないけど、4強やそれを追う選手たちが自分の持ち味を出し切って凄絶な戦いを繰り広げてくれることを(そうなったらさぞかし胃が痛くなるだろうとは思うものの^^;)願ってます。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


実は個人的に一番ヒットだったのは、友加里姐さんの渇コメント(笑)

「男の子の方がよく泣きません?」って、確かに。「(日本は)女子の方がまだまだ強い(成績のことではなくメンタルの話)から、男子も負けずに強くなって欲しい」とか、すごい説得力を感じてしまった(苦笑)

しばらく前に過去の全日本フリーの一挙放送を観ましたが、女子の最終滑走Gの6分間練習前の迫力、ものすごかったもんなぁ^^;

羽生くんのメンタルは強いと思ってますが、中野さんの言ってる強さとはまた種類が違う気がするし。

フィギュアスケートに限った話ではありませんが、今の日本の女子アスリートって、やっぱすげぇや…(この辺りの話は、また別の機会にもうちょっと語れたらなと思ってます)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


『The Ice』感想途中だけど、本が面白かったから先にこっちの感想書いちゃおう!…と思ったおかげで、寝そびれたまま五輪開会式を迎える羽目になりそうです^^;


関連記事

五輪サッカー男子~日本vsスペイン

勝った、勝ち切れて良かった…

スペイン相手に勝ち点3、超おめでとうございます!

…でも。

あんなに決定機を片っ端から外す試合を観たのは、すごい久しぶりでした… しばらく前のA代表の悪夢を思い出してしまったorz

それでも1点でも入ったのは良かったです。よく守れてたと思うし、後方の守備に安心感がありました。

国際試合で日本がスペインに勝つのは初?とかいう話ですし、勝ち点3という結果は重要。ケガ人が出たのはすごく心配ですが、さすがにチーム全体としてアトランタ五輪のブラジル戦後並みの消耗はしてないだろうと思うので(日本はあの初戦で精根使い果たした、とも言われてた(苦笑))、この後も頑張って欲しいです! 

でもやっぱり、次にあれだけの決定機があったら、今度こそ決めて欲しい~~^^;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

余談。

ジェフのトークイベントに先立ちカナダ大使館の方(女性)が挨拶をされていたのですが、「実は今日私はあまり元気じゃありません。というのも、昨夜遅くまで起きいてて、なでしことカナダの試合を観ていたからです…(苦笑)」と語って、会場の笑いを誘っていました。

夜更かしして応援して負けてしまったら、確かにしんどい^^;


関連記事

バトルさんのトークイベント

ジェフのファン感謝トークイベント行って来ました(・▽・) 「え~もう終わり?」と思うくらいあっという間でした。

大使館の正面玄関入るとき、入り口外のすぐそばでスーツ姿の人たちと別の方向向いて喋ってる彼の横を通りました。映像の足長イメージからは意外なくらい小柄に思えたんですけど、可愛らしくてとても鼻の高い横顔は間違えようもなく、ほんとに手が届く距離だったので黙って通り過ぎるのが勿体無いくらいでした(笑)

開始前、ステージのスクリーンに延々過去のJO映像(ジェフのみ)が流れてて楽しかったです。

『MWO』『JO』『COI』にフル参加する彼は、「僕のためにあるようなイベント^^」と言って会場の笑いを誘ってました。

今年新設された大会『MWO』については、憧れのスケーターたちと共演(競技形式のショーってことだからこういう言い方でいいのかしら)するのがとても楽しみらしい。

会場からの質問は、ファンならではの聞き甲斐のある答えが引き出せるものばかりだったので回答も興味深かったです。

プロ転向を決めたときは、演技は続けたいけど試合の緊張はもう味わいたくなかったということで、迷いは無かったようですね。でも結局、今でも試合は楽しいみたい(笑)

カナダ大使館による「おいでませカナダへ」アピールも兼ねたイベントだったため、カナダのPR映像のほか、ジェフのカナダ話も披露されました。自分的にすごく印象に残った話をひとつ。

世界一長い天然のリンクとしてギネスにも認定されたリドー運河というところがあって、そこの近くで試合があったとき、スケーターたちはみんな試合会場を出てからスケート靴でリドー運河を滑ってホテルまで戻っていったそうです。そんな楽しそうな光景、すごく観てみたかったなぁ。

ありえないけど、ワールドや五輪の出場選手たちが揃って天然のリンク通ってホテルに帰って行くところとか想像してしまいました。楽しすぎるvvv(スキーだとロッジやヒュッテの前までスキー滑ったまま帰る、みたいなことも結構普通に出来るんですけどね)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

多分ついったで詳細レポが流れてると思うので自分の不鮮明な記憶で語るのはほどほどにしときますが、羽生くんのSP振付に至る経緯やジェフの選曲コンセプトまですごく詳しく聞けたのはとても嬉しかったです!(^。^) 

羽生くんの引き出しを増やすために、色々な要素を盛り込んでくれたんだな~と。最初に決めた曲だけだと弱かったので、もう1曲くっつけたとの事。そちらは後半のステップシークエンス(だっけ?)にピッタリだ!と思ったんだそうです。

私は残念ながら新SPは未見なので、早く観てみたいですね~;;

全体的にとにかく羽生くんをベタ褒めで、かなり積極的に振付に参加してくれることを指して「他の選手もみんな彼みたいだったらいいのに(笑)」というコメントもありました。「(羽生くんの)カリスマ性を活かす」ことを意識してくれたみたいですし、是非ヨイものに仕上がって欲しいですね。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

イベント終了後、ジェフからサプライズな申し出がありました。何と、参加者全員と記念撮影したいのだとか。勿論、会場からは一斉に歓喜の拍手。

10人ずつくらいで撮影が進み、後ろの方の席に座っていた私は最後のグループ。後列に並んだのですが、写真ではジェフのすぐ隣に自分の顔が映る配置となってしまい、写真が超苦手な自分としては「あちゃー(><;)」という感じでしたorz ジェフ、隣がこんなんで超ごめん;;

撮影が終わると、一人一人と握手してお別れの挨拶をしてくれました。皆さん握手して微笑み交わす程度で帰っていかれたのですが、折角昨日『The Ice』で素敵な演技を見たばかりだったので

「Yesterday I saw you in Nikko. Thank you for your all great performances!」

と伝えたところ、ジェフリーは

「It's my pleasure!^^」(多分)

と嬉しそうに応えてくれました。

間近で見るとますます、ほんとに顔小さくて可愛い笑顔。トリノのキュートな王子様の面影は健在でした。

ジェフリー、スタッフの皆様、楽しい夜をありがとうございましたm(_ _)m


関連記事

『The Ice』日光公演 7/25~その2

◆お目当ての男子群舞は、途中まで一番近くにチャーリーと羽生くんが並んでたから、端っこ席の自分としてはこの2人を追うだけで精一杯でした。

アレックスがイイって聞いてたから見たかったんだけど、みんなでくるくる移動してるときにどうにか全員を見渡せた程度で残念です。

今回の席は羽生くんのクワドとお立ち台を観るには最高だったけど、演技全体を観るにはほんと向いてないんですよねぇ(苦笑) 座席位置に関しては「何かを優先したら何かを捨てなければならない」というのが私の場合顕著なので、そこら辺がネックです^^;

群舞で羽生くんにロックオンしてしまうのはもうしょーがないとして、チャーリーもすごく見たかったので、2人が並んでてくれたのは有難かったです。楽しそうに溌剌と動き回るチャーリーを見るのは、ほんと大好き♪

終盤、羽生くんは2人がかりでお姫様抱っこならぬ棒さん抱っこされて、羽生くんバーの下をアボットがしゃがんで潜り抜けてました。このときの羽生くんを見て、以前どこかで似た何かを見たような気がしてならなかったのですが、今日「ぺシャラさんがFSで演じたミイラだ」と思い出しました(笑)

◆メリチャリとアボットは、国別で観たときの迫力が凄かったせいか今回はそのときよりおとなしく感じたのですが。

リンクが狭すぎてスピードが出せないからだ!とすぐに気づきました。

国別のときは今回の日光より少し離れた席で観たにも関わらず、ずっと大きく見えたんですよね。スピード感が醸し出す迫力ってすごくあると思います。

メリル様、チャーリー、アボット、やっぱりあなた方は試合で観たい! スケートアメリカ楽しみにしてるよ!

あ~でも、アボットのアピールを目の前で観れた南席真ん中前列の人たち、すごく羨ましい。。。私もアボットの「こっち見てる!」(by羽生くん)感を満喫してみたかった(笑)

◆ダンスバトル、25日はチャリティー公演ということで地元スケーターとのグループナンバーが替わりに入るのでお休みの筈だったのですが。

急遽「敗者復活戦」が行われることになり、普段見られない4人同時の乱戦を拝めることになりました。

今回諸事情により1公演しか行けない身としては、「折角『The Ice』に行くのに、ダンスバトルが観れないなんてあんまりだ~!(TT)」と号泣気分だったので、すごく有難かったです。そもそもダンスバトルがどんな風に行われてるのか全く知らなかったので、それがわかっただけでも嬉しかったですね。

レオノワ、未来ちゃん、成美ちゃん、佳菜子ちゃんの激しいバトルは実に楽しかったです。特に成ちゃんと佳菜子ちゃんは「踊り狂ってる」という表現がピッタリでしたね。特に成ちゃんは何かもう「踊りなのかソレ」と訳わかんなくなってくるような(苦笑)

レオノワも激しくて、正直誰に軍配を上げたらいいか迷いました。最後、頭に派手な羽飾りまでつけてなりふり構わず状態だった佳菜子ちゃんも面白かったしな~(笑)

勝ったのはディフェンディング・チャンピオンの成美ちゃんでしたが、これで大阪はさぞ盛り上がるでしょうね。

羽生くんは初戦は絶対勝つだろうと思ってましたが、次の相手はメリル様とアレックスだそうで。。。本職メダリスト2人って、あまりにも強敵すぎるだろ(笑)

ダンスバトルの感じがよくわかったので、あの状況で狂ったように踊りまくってたであろう羽生くんも是非観たかったです…残念。ほんと、ダンスバトルはどれだけ後になってもいいから、動画でUPして下さいよ~~~(TT)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

『The Ice』レポ、つづく。

考えたら、7/16の『PIW』レポ、ふれあい除いて全然やってなかったんですよね…機会があれば、少しくらいは書き残したいです;;


関連記事

『The Ice』日光公演 7/25~その1

目の前ほぼ真正面、至近距離の死角ナシで、

羽生くんの4回転観ましたあぁあ!

その後に3Aがくっついたときは、悲鳴上げてしまった(笑)(着氷はバランス崩してSO?したようですが)


オープニングでは、

全身真っ黒のラテン衣装(立て襟に胸元の開き深め)着た羽生くんが、目の前のお立ち台でこちら側向いて色目遣いながらエロい腰振りするところも、じっくり!観れました。

…鼻血噴くかと思いました(笑)


チケットぴあ、ありがとう。


先行でこの席くれて、ほんとにありがとう(ii)


ここは間違いなく、今日私が一番座りたかった席 です(T▽T)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


語りたいことは色々ありますが今日中に書き終わりそうにないので、とりあえず叫ばずにいられなかったことだけ(笑)

今夜は興奮しすぎてどうせ寝られない(苦笑)ので、なでしこの試合観ながらまったりレポの続き書こうかなと思います。


関連記事

もうすぐ『The Ice』日光公演

◆ダンスバトルの部分だけ、全試合動画でUPしてもらえないものだろうか…

成ちゃんvsレオノワ対決にアデリナ乱入(そして勝利(笑))とか、メリチャリ対決とか(対決前から結果は決まってる(苦笑))、気合入ってるアレックスとか、もうもう楽しすぎるんですけど…! アボットは参加しないみたいで、残念(いや、参加してくれたところで観れるワケじゃないんだけどね…)

やっぱり『The Ice』面白そうだなぁ…
今年の日光公演は昨年の八戸同様イレギュラーだろうから、来年は覚悟決めて関西遠征するしかないかなと思ってます。そのときは、是非大阪の楽に行きたい。

◆羽生くんのスーパーシークエンスが、また進化したようですねv

4S-3Aなんて凄い。。。もし跳ぶ気があるなら、日光でも是非キメて欲しいです。個人的には、3A-3Aもすごく好きなんですけどね(クワドとの組み合わせとは別の凄さを感じる)

そういえば、去年も4回転は夏(多分『The Ice』の頃?)が絶好調だったって言ってましたね。『PIW』ではクワド成功率はまだ高くなかったのに、1週間で4S-3Aまで決めちゃってる化けっぷりは羽生くんらしいと言うべきか。

『PIW』楽でふれあい後に4T-3A決めたというし、ふれあいタイムでファンからたっぷりエネルギーもらったのが効いたのか、或いはバリバリのクワドジャンパーなリンクメイトと合流して、完全にスイッチ入ったのか(笑)

スケアメでも決めて欲しいな…>4S

にしても彼は、『DOI』『PIW』『The Ice』と、土下座がクセになってきてる気がする(笑)(『PIW』では楽のフィナーレで4Sコケて目の前の観客席に向かって土下座してました)

◆先行で当たったチケ、東(演技正面ロングサイド)の端で当初ちょっと残念に思ってたのですが、その後いくつもアイスショーに行った結果、自分的には割と良席らしいとわかりました。

まだこの位置に座ったことはないのですが、ジャンプ席だというのは非常にポイント高いです。色々な方のプロを見てると、この向きへの煽りも結構あるようですし。(首の向き的にはショートサイド側の端の方が疲れなさそうですが)

『The Ice』で、座席位置とのカンケイが何より気になるのはとにかく群舞です。スケーターさんたちのソロプロは今季この先何度も(たとえ生じゃなくても)観る機会はありますが、このショーならではのバトルさん振付の群舞はそうはいかない!^^;

あくまで私個人の感想ですが、ロングサイドの氷上席は群舞を観るのにはあまり向いてないように思います。特にその場に留まって踊ってるときは、比較的近くにいるスケーターさんしかよく見えませんし。

で、どうせ全員を見渡せないなら、やっぱり羽生くんを近くで観たい(笑) 彼の動きは独特だから(もし顔が見えない距離から見て全員が同じ体型・服装・髪型だったとしても、どれが羽生くんかは絶対わかる)いつも観てて面白いし、『DOI』でも『PIW』でも群舞の羽生くんは近くで観られなかったし。

勿論1人1人じっくり観れるものなら、アボットやアイスダンサーさんたちだっているんだし、みんなじっくり観たいです!(><) 自分、ただでさえ複数方向や違う距離から観るのが好きな人間ですから。

何度か行ってよくわかったのですが、アイスショーってかなりシビアに格付反映させますよね。なので今回の群舞では羽生くんは南に来るんじゃないかなーと期待してたところ、モリコロ公演では南でピンだったらしく。

日光もそのポジションでお願いします…!


関連記事

夏カラーのオリジナル封筒

先日、以前から欲しかったJenni Bowlinのダイインク「Soap Powder」をゲットしました。昨年の『スタンプワンダーランド』のミニ講習で使わせていただいた淡ーい青で、ずっと気になっていた色です。

同じシリーズの濃い紺「Spice Tin」は手持ちのインクやそのシリーズ中に類似色が無かったため、講習の後すぐに入手しました。こちらもお気に入りの色で、「Soap Powder」とはコンビ使いの相性抜群。

両者が揃ったので、早速作品作ってみました。今回は、オリジナルの封筒。

envelopes.jpg

この写真だとよくわからないかもしれませんが、上の封筒に捺したスタンプには「Soap Powder」と「Spice Tin」をタイダイ(むら染め)状に塗布しました。一部ティッシュで拭き取ったりもしたので、ぼやけた感じになった部分もあり、私好みのなかなか華やかな濃淡カラーの繊細柄になってくれました^^

宛名を書く部分は、スクラップブッキングのパターンペーパーから切り取ったタグ。その下には、ミストとテンプレートマスクで着色したペーパーを雪の結晶柄にダイカットしたものをアクセントに貼ってあります。スタンプの貝殻絵とは季節が合わないけど、青色同士だから別に違和感ないかなと。

下の封筒のト音記号は黒インクにも見えますが、濃くて綺麗な紺なんですよ~ 背景柄を「Soap Powder」で捺してメインの柄を「Spice Tin」で捺す組み合わせは、かなりお気に入りです♪

Stamp:Impression Obsession(貝殻コラージュ), Hero Arts(ト音記号), Tim Holtz(サークル柄)
Paper:Bo-Bunny
Die:Tim Holtz


関連記事

バトルさんの話

◆「ファンイベントだから競争率高いだろうし、外れるだろーなぁ」と思いつつ、ダメもとで一口だけテレ東抽選に申し込んだバトルさんのファン感謝イベント、当選。

実は…

自分の中のバトルさんのイメージは、トリノ五輪の「若々しく清冽でジャンプを元気に決めていく可愛い王子様BOY」でほぼ止まってます(汗)

なのでしばらく前に海外のアイスショー番組で拝見したとき、「これは誰???」状態でした^^; いや、何より髪型に驚きまして…(笑)

スケート番組に関してはせいぜいゴールデンタイムの地上波くらいしか知らなかったライトファンの自分には、バンクーバー五輪前に引退したバトルさんのその後を目にする機会は無かったのです。。。(今年の猛勉強中も現役選手の試合中心に観てましたので)

ということで、まずはトリノのバトルさんの記憶を辿りに出かけました。


うわぁあぁあぁあぁ!!!

何このキュートさ!!!

何この足の長さ!!!

何このしなるようなイーグルの傾き!!!

何このイナバウアーのボディラインの美しさ!!!


トリノ五輪のSPで初めて彼を観たとき自分が思いっきりチェック入れた理由の数々が、まざまざと甦りました(笑)

トリノのとき、SPを観た段階で「この2人ににメダル獲って欲しいな」と思ったのが、ランビとバトルでした。金メダルはもう最初から決まってましたから(笑)、銀をランビ、胴をバトルに獲って欲しいなーと。

自分の願望通りになったので、あのときはすごく嬉しかったですね。

五輪では若さとテクニックの印象が強かったので、その後振付師になったと知ったときは「そういう方面にいったってことは、曲想表現も素敵なスケーターだったんだな~ 世界王者にもなってるし、トリノ後の演技も観ておきたかった;;」と非常に残念に思ったものでした。

トリノ五輪のフィギュアスケートのDVDは販売されてるようなので(収録はメダリストと北米選手メイン)、せめてそれくらいはゲットして往時を偲びたいと思ってます。

◆で、バトルさんについて色々チェックしているとき

「羽生くんの試合プロの振付はウィルソンって予想が多かったけど、カナダだからバトルもアリなんだよね。プロの1つはバトルだといいな~」

と思ったんですよね。

丁度バトルファンの方がそういう話題をしてらしたのを偶然見かけて、私も「思う思う思うそう思う!!!」みたいな感じで。

バトルさんは選手に合わせた振付をする方だと聞いてはいたのですが、ご本人の演技を観てしまうと、足の長い人にはさぞかしそれが映えるような振付をしてくれるんじゃないかと、つい勝手なイメージ&期待を抱いてしまいまして(笑)

そうしたら、モリコロで披露された新SPはバトル振付だったとの事!

いや~~エキシの客煽り振付といい、SPのバトル振付といい、観たいなぁと思うものが次々叶って嬉しいです^^

『The Ice』には絶対新プロ持ってくると信じてたけど、日光公演でも新SPが観れますように(-人-)


関連記事

いろいろ

◆『FaOI』、ロロ様、ジュベール、織田くん正式IN♪♪♪(>▽<)

良かった…福井行くと決めて、ほんとに良かった… 海外男子のラインナップ素晴らしすぎ(笑)

『FaOI』と『MWO』とスケアメ行くと、私のご贔屓海外男子スケーターさんは殆ど網羅出来ちゃう感じですよ♪♪♪ 9月と10月は、マジ美味しすぎ。

それに生で織田くん観るのは初めてなので、そちらも楽しみです(ショーなら、跳びすぎの心配しなくて済むし(笑)) 既に決まってるというSPかFS滑ってくれないかな…ワクワク

8月は、『FOI』1回だけでむしろ助かりました。。。この時期に英気を養わなくては。(はっ、でも五輪があるんだった)

羽生くんは1回観るだけで激しく消耗するため(多分緊張のしすぎ^^;)、2日間で4回も観た挙句2回もふれあいに参加した後はもうボロッボロ。来週の『The Ice』までに回復出来るのかと、今週は本気で危ぶみました。

ショーでこんなだったら、スケアメ(試合)なんて観たら生きて帰ってこれないかもしれない(笑)

でもいっそ死んでオバケになれたら、全てのショーと試合をチケット無しで観れ(以下略) …ダメだ、疲労でアタマおかしい(苦笑)

◆『The Ice』に持っていくアメリカ国旗が届きました。先日作ったバナーよりでかいです。

でもロングサイドの氷上席2列目だから、多分後ろは高低差も距離もあるスタンド席だと思うのですよね。後ろに気兼ねせず振れる状況だといいなぁ。海外ゲストさんのための国旗は、「熱烈歓迎」の意味で大きく振りたい(PIWのプルさんのときは凄かった!)

新調バナーの方は、今度は何とかイメージに近いものが出来たのでとりあえずデータ入稿したけど、間に合うかなー

『The Ice』では多くのスケーターさんが2プロ滑りそうだと聞いてるし、群舞は多方向から観てみたいので、せめて日光だけでも2回行きたかったのですが…親が病気療養中のため、日帰り1回が限度。残念↓

あ~~大阪楽行きたいよ~~~

◆2〜3月にジャンプの見分け方特訓しといて、ほんとに良かったです▽ 誰が何跳んでるのかわかると、感想レポも書きやすいし。

『PIW』では、『DOI』のときよりもジャンプを見分けられた気がします。現役スケーターのソロは『DOI』よりずっと少ないので、集中しやすかったというのもあるかもしれませんが。

今回3−3跳んでたのって、理紗ちゃんと佳菜子ちゃんでいいのかな? 理紗ちゃんの方は3S-3Tだったから、「すごーい!」と大きな拍手しましたよv

女子が3Aに挑戦して下さるのもよいのですが、それよりどなたか幻の3Lzー3Loを披露してくれませんかねぇ。五輪に向けて、誰か習得してくれたら超嬉しい。


関連記事

PIWオマケ話

PIW東京公演で耳にした、シュールな会話。


◆フィギュアスケートにさほど詳しくなさそうな年配の女性が、公演後東伏見駅で連れの人に

「あの『ゆづる』って子は、羽生くんじゃないんでしょ?」


じゃあ「羽生くん」はいつ出てきたんだ^^;


◆スケート観戦は初めてか少なくとも慣れてないっぽい親子?連れの若い女の子たちが、フィオナさん&ドミトリーさんの演技を観た後で

「あれがデススパイラルって言うんだよ!」

デススパイラルはやってないので、もしかしてあの恐怖のぶん回しリフトのことか?


関連記事

夏~秋の話いろいろ

PIW東京公演のレポはひとまずおいといて、今後の話。

◆アメリカ国旗、ネットで注文しました! 『The Ice』で、大好きなアメリカ選手たちに振るんだ!(・∀・)

羽生くんのバナーは前回の反省も踏まえて新調したいんだけど、もう間に合わないかなぁ。。。 今のバナーは全然自信作じゃないし、PIW公演で4回振って、うち1回は演技終了後の挨拶のとき羽生くんの真正面で振れたからもう気が済んだ(笑)

◆『FaOI』、ジュベールも出演するんですね♪

羽生くんにランビにジョニーにジュベール。。。何この私的超イケメンパラダイスvvv 素敵すぎて眩暈が(笑)

この頃には羽生くんのSPかFSが観れるかなぁ。ランビの病気が治って無事に来日出来るようになってるといいなぁ。そして、町田くんがランビ振付のSP滑ってくれたらいいなぁ。美姫ちゃんも、ランビ振付のSP滑ってくれていいのよv

今回観たかったのは土曜夜公演なのですが、とりあえず楽公演に行くことになりました。

とっくに諦めていた正面SS席が運良くゲット出来たので、選ばないワケにはいかず… 勿論チャンスがあるなら楽も観たかったので、すご~~~く嬉しいです! でもやっぱり土曜夜も観たい(笑)

となると、想定していた福井観光スケジュールも色々考え直す必要が^^; 嬉しい誤算ですけども。

私は「複数回観るなら、絶対違う方向がいい!」と思ってる人なので、土曜夜は出来ればショートサイドの良席で観たいですv 出遅れまくったせいで、ゲット出来るかどうか全くわかりませんが(苦笑)

◆『FOI』、出演者が追加発表されましたね。ウィーバー&ポジェ組が今年も来てくれるようで嬉しいです! あの華やかなケイトリンが間近で観れる♪

絶対出ると信じてましたけど、高橋くんのINも発表されて嬉しい^^ 面白コラボが楽しみでなりません(笑)

◆スケアメのための航空券とホテルの手配は、しばらく前に終わりました。後は期限の切れてしまったパスポートの再申請とESTA申請です。

にしても、海外旅行ってしばらく行かないでいると、その間に色々(飛行機に乗る前に知っておくべきことの)ルールが変わってますよね。海外旅行の準備って、たまにしか行かない人間にとってはかなりの頭脳労働だわ^^;

今回はツアーのお一人様料金がどーしても納得いかなかったので個人手配してみたのですが、スケアメだけが目的ならツアーより融通が利く上に、はるかに安くてビックリ。別のところで個人手配の旅行プランの無料見積も作ってもらいましたが、そちらと比べても条件が良い上にやはりずっと安かったです。

飛行機は往復共に全日空の直行便が使えるし、私が手配したホテルでは、空港・スケアメ会場共に送迎サービスに対応してることもメールで確認出来ました。夜の試合の後も時間ギリギリながら迎えに来てもらえるようで、すごく助かるv

旅行社を通すとはるかに高いのにホテルのグレードも低いし、価格差に相当するメリットというか魅力が感じられなかったのが残念です。一応、「安心を買う」くらいの意識はあったので。

これまで国内外問わず個人手配の1人旅行は一度も経験したことが無いのですが、特別悪い条件を選んでるワケでもないのにここまで安く済むとは…ツアー使わず1人で遠征する人の気持ちが、よ~~~くわかりましたね(苦笑)


関連記事

PIW東京公演7/16~ふれあいタイム

16日の午前公演はロングサイドのEXシートだったので、落ち着いてふれあいが出来ました。もう何人のスケーターさんにお声をかけて握手したのか正確に思い出せない^^;

素敵な方々が次から次へと自分の前にやっていらして、どうしたらいいんだよコレ!!!という状態;; こんなに1人1人とゆっくりふれあえるなら、バルーンフラワーとか買いまくっておけばよかった;;とひたすら後悔しました。

女子スケーターさんたちみんな綺麗! 美人さんたちは、近くで見ても美人さんだと思いました。荒川さんに「フレンズ初めて行くので楽しみにしてます」と言えればよかったと、後になって気づいた… かける言葉って事前に考えておかないと、いざ目の前にスケーターさんが来てくれても頭真っ白になっちゃってダメですね;;

小林くん、私のカメラに向かってポーズとってくれてありがとうございました。群舞のとき彼を観るのが毎回楽しみでした。「とっても素敵でした!」と伝えられて良かった。

ドミトリーさんやフィオナさんとも握手出来て嬉しい^^ ドミトリーさんにも何か言葉をおかけしたかったのですが、出て来ないまま終わってしまい、後から回っていらしたフィオナさんに何とか「Thank you for your great performance!」とお伝えすることが出来ました。(「Thank you」と返していただきましたよv)

次にこんな機会があったら、ドミトリーさんにどれだけ彼の腰の強靭さに驚愕しているかを上手い言葉で伝えたいです。。。実際凄まじいリフト技の連続を観る度に、「ドミトリーさんの腰は一体何で出来ているんだろう???」と思わずにはいられない^^;

高橋くんは本当にカッコよかった。TVで観るより生で観る方が何倍もカッコいいと個人的には思ってます。今回西南ブロック前にステップ前アピールに来たときは、DOIのときより離れたところから拝見したお陰で冷静に観察できたのですが、スマートな鋭さがあって、ものすごく絵になってました。眼福。

なので目の前に来てくれたときは「いつもすごくカッコいいです!」とかそんなことを言った気がする…(もうテンパっててロクに憶えていないorz)

プルさんとも握手しました。たまたまだったのか何なのか、不思議そうな顔をされた気が…自分の言ったロシア語が何か間違っていたのか、今もものすっっっごく気になっているのですが、おそろしくて調べる気になれないでいます;;

ただプレゼント渡さずに話しかけたり握手求めるのって、自分としてはどうにも気が引けてしまいましたね。。。「頑張って下さい」と言葉をかけたい方々ばかりだから、余計に。

最後に回って来たのは、勿論羽生くん。この日も沢山のファン1人1人に、満面の笑顔で丁寧に丁寧に応えていました。

絶対に伝えたかった言葉があったので言い出すタイミングをどうしようと考えていたところ、プレゼントを渡して握手していただいたときに彼の方から「ありがとうございます!^^」と声をかけてくれたんですよね。お陰で、そのタイミングでやっと言えました。

「スケートアメリカ、応援に行きます! エキシビション、最後に滑って下さい!」

そう伝えたら、

「頑張ります!^^」

と応えてくれました。
「最後に」は「男子のトリ」っていう意味だって、ちゃんと伝わってるよね?(笑)

私はどのスケーターさんに対しても自分のカメラに向かってポーズをとってもらうようなお願いはしなかったので(小林くんは私がカメラを向けてるのに気づいて自発的にポーズをとってくれたのです)、どの方の写真も斜めや横を向いてるのですが。

羽生くんと高橋くんについては、それだけでなく微妙にピントがズレてるものばかりになってました…

ピント合わないくらい緊張して手が震えたということか。この2人に限ってそうなるって、あまりにもわかりやすすぎだろ自分(笑)

結局、写真に関しては経験値不足の呪いは解けませんでした。
自分のカメラを向いてくれるようお願いできなかったのも敗因でしょうが、今回の羽生くんみたくお願いすれば何でもやってくれそうだとわかってると、かえって遠慮してしまって何もお願いできないんですよね(苦笑)

それにプレゼント渡してお話して握手してもらえただけでも、もうすごい満足、というのもありましたし。個人的には、握手がすごく嬉しかった! これから世界の頂点目指す人と握手なんて、それだけで感激してしまいます。何かご利益もありそう~♪

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

そんなこんなで美味しすぎるふれあいタイムを堪能した夜は、連日の暑さと興奮&緊張故の疲労困憊で体調ボロボロだったこともあってか、ベッドの上で

何かもう、今(あの世から)お迎えが来ても文句ないや(笑)

的な燃え尽き感を味わいつつ、眠りに就いたのでした…マル。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

16日の演技レポも書きたいんですけど、やることが色々たまっている上、疲労ほか来週の『The Ice』の準備もあるので(こちらはプレゼント受付無いからまだラクなんですけど)、書けたら書こうと思います。

とりあえず、初めて近くで羽生くんの綺麗な4回転が観れて嬉しかった!とだけ。


関連記事

PIW東京公演7/15 (7/16朝ちょっと加筆修正)

今日の西南ブロックの美味しさは何事(笑)

高橋くんのピアソラタンゴのアピールはいつも通りだけど、羽生くんの演技(カート振付のエキシナンバー)が!

『DOI』のときと180度位置が変わってて、え、どっちがショー正面???みたいな。新横の南正面でやってたことを東伏見では西(新横でいう北)でやってくれたので、3Aもドヤ顔の客煽りも投げキッスも近くで観れてラッキーでした♪

投げキッスはTV放映された回にはコケまくったせいで入れられなかったもので、背後からだとやってることすらわからない振付のため、近くで観れるとすごく嬉しいです♪

エキシプロより新SPやFSが観たいと昨日書きましたけど、前言撤回。

今日EXシートで観たカートエキシ、すごくカッコ良かった! 1ヶ月経ってるだけあって『DOI』のときより「自分のもの」になってる、表情もより自信たっぷりになってる。。。ように感じられました。『DOI』のときよりいい位置で観れたというのもあるかもしれませんが、ジャンプも安定してましたね。

そう言えば、サルコウを跳ぶ位置が『DOI』のときとは変わってました。演技開始位置からみた最初の3つのジャンプは前と同じような位置だったと思うのですが、最後のサルコウだけ違ってましたね。

フィナーレの4回転は、残念ながら午前・午後公演共失敗。最初の回は抜けて2回転になった後、すぐ3回転跳んで喝采受けてました。トウだったかアクセルだったかは、跳ぶと思ってなかったタイミングで跳ばれたし反対側だったので不明。でもシークエンスで3Aつけちゃう人だからなー(笑)

ふれあいはもう最高に堪能させていただきましたが(現在ケータイの待受はこのとき撮った全身写真)、やはり自分の経験値の低さを呪う羽目にもなりました。

私、西南ブロックはスケーターさんが最初に回り始めるところだから、絶対プルさんと羽生くんのツーショットが撮れると思ってたんですよ! プルさんファンサービス精神旺盛な人だから、ちゃんとわかった上でやってくれるんじゃないかと思ってたんですよ!

その通り、やって下さいました。(ほんとにありがとう、プルさん)

目の前で羽生くんと笑顔で肩組んで下さいました。

でも最初のポジション取りで出遅れたせいで、まともに撮影出来る位置取りが出来ず、しかも有名人が目の前にいるときの写真撮影も全く経験が無かったので、シャッターチャンスは全てものの見事に外してしまいましたorz

隣席にいた人がおそろしく見事なツーショットのアップ撮影に成功されていて、iPad画面に拡大されたそれを横から指くわえながら覗かせていただいた次第です。いいなぁあぁぁ~~~予期していながら撮りそびれるって、どんだけ経験値低いの自分orz

でもこの目では確かに観たので、せめて記憶の中に焼き付けておこうと思います。

ちなみに午後公演は北スタンド席で観たのですが、この回の西南ブロックのふれあいでは、位置とタイミングが合った人なら高橋くんと羽生くんのツーショットが撮れてたんじゃないかと思います。選手が2人同時に同じエリアにいるのって、ほんのいっときなので。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

今回の東京公演は出演者告知のタイミングがアレだったせいで、EXシートのファン比率が通常とは明らかに違っていたと思います(笑)

私はサッカーの試合を生観戦したことはないんですが、

ホームで応援するって、こんな感じ?(・∀・)

と思いましたね。

羽生くんファンが沢山いて、すごく楽し嬉しかった!

ふれあいタイムは羽生くんの独壇場に近い状態でした。少し位置をズラすごとにドッサリとプレゼントをもらい、撮影ポーズ&握手。またちょっとズレるだけでドッサリとプレゼント&撮影ポーズ&握手。

この牛歩のような進みを、彼はずーーーっとニコニコニコニコしながらリンク1周分やり続けてました。リンクの外周全てのエリアで抱えきれないほどのプレゼントもらってましたね。

ちなみに私が「ほんとにファンは報われ度が高いなぁ」と改めて思ったのが、客席外の回廊部分に飾ってある選手に寄贈されたお花を見たとき。

「○○より」「ファン一同」と書かれたプレートに、羽生くんだけが全て直筆でお礼メッセージとサインを書き添えていました。贈り主の名前が多すぎて(笑)メッセージを書くスペースが無いプレートにも、端っこにサインだけはしっかり入れてあるんですよね。しかも、メッセージも短い一言じゃなくて少し長めな上に、内容も1つ1つ全部変えてある!

自分が贈ったワケでもないのに、何かすごい「報われ感」を感じてしまいました(笑)

ファンレターのお返事の件もそうなんですが、これだけの人気者になってもこのリターン。。。すごいなぁ。

ファンの熱気に、羽生くんの「もっと応援して下さい!燃料下さい!(^^)」アピールが全く負けてないとしか思えません。本当にファンの熱狂がそのまま羽生くんにとってのご馳走で、「もっと食べたい!」とでも言われてるかのように思えてしまう(笑)

まぁ『PIW』でのふれあいの捌き方は年を経ればもっと要領よくなるんじゃないかなと思いますが、人気が純粋に栄養になる限りはうんと沢山吸収してくれたらいいと思います。いつかチャンピオンになるために(笑)

昔、或るアスリートの姿を見ていて、「どれだけ沢山の人々の巨大な期待を背負っても、本人の勝ちたいという気持ちの方がそれに勝ってるみたいだな」と感じたことがありました。そのアスリートは、後に五輪を二連覇しました。

人気に比例して強くなってもらえたら、ファン冥利に尽きますよね^^

他にも『PIW東京公演』の話題は色々ありますが、今夜はこの辺で。


関連記事

明日からPIW東京公演

東京公演自体は昨日から始まってますが、自分が行くのは15,16日なので。。。>記事タイトル

実はGWのときとうってかわって、明日は不安だらけです;;

EXシートは座ったことあるんですけど、ふれあいに参加するのは初めて。特に明日のメンツを考えると、手渡し以前に、応援メッセージの声かけすら果たして出来るのか?と^^;

あと先日『DOI』観てたらTVに映ってたバナーがみんな小さめで、「えええええ、もっと大きいのあったよねあったよね? どどどーしよう、私の作ったサイズだと大きすぎる??? スタンド席でなんか振ったらダメな部類???」と大焦り。

初日しょっぱなのEX、小市民の自分は、ひたすら様子見と観察に徹する羽目になるかもしれません。。。一番高い席買って、何でこんなに萎縮してるんだ自分(苦笑)

午後公演はスタンド席ですが、1回は座りたかったロングサイド演技正面真ん中辺なので嬉しいです~^。^ リンクと距離があると心穏やかに観れるので(笑)、それはそれで良かったり。

あとはショー正面のショートサイドのスタンド席に座ってみたかったのですが、今回は縁が無くて残念。一番いい席を持ってる回に限って、座ってみたい席の放出が続いたのですよねぇ↓

にしても、夏にアイスショー行くのは初めてなので、防寒対策に悩みます。『DOI』のときはまだ涼しかったから、組み合わせも考えやすかったのですが。

EX1列目に座る羽生くんファンは、Tシャツプレゼントに虎視眈々なのでしょうか。でも自分としては、今回は新SPかFSが観た~~いv


関連記事

久々に日々の出来事

◆雑記ブログなのに、完全にスケートオタ日記と化している上、スケート絡みの話題すら書くのが追いついていません。ハマってしまうと、シーズンオフにも話題が尽きないものなのですね^^;

特に今週は自分的夏イベントが準備含めて色々あったため、たまったスケートネタも書くヒマが…

他ジャンルの話題は、言うに及ばず。
「ポーセリンの金彩の仕上げが派手派手になったよ!」とか「バッハのインベンションで今練習中の曲が、目を閉じたまま弾けるようになったよ!」(演奏は棒読み段階だけど)とか、「四代目猿之助の襲名公演『ヤマトタケル』観てきたよ!」とか趣味ネタは色々あるのに~~

あと毎年楽しみにしていたスタンプの年1イベントが今年はPIW東京公演と重なっちゃって、行けなくて悲しいよ!とか(苦笑)

◆湿気がすごいですねぇ… 朝起きると体が重いです。普通は起き抜けに顔洗う前は皮膚が突っ張ってるのに、何か潤ってる感じがしました)^^;(

ピアノ、特に16分音符が弾きづらいの何の…!!!

ただでさえ腕が洗ってまだ絞ってない洗濯物よろしくたぷんたぷんしてるような重さなのに、湿気で指も鍵盤にへばりつくので、黒鍵と白鍵入り乱れた(調号なしのイ短調なのに、臨時記号だらけなんだ!)16分音符だらけの曲などはけもの道を行くがごとく引っかかりまくります。

先生「こういう(インベンションみたいな)曲は、1年で一番、夏よりも弾きづらい季節かもしれませんねぇ」

私「練習してるのに、前より上手く弾けなくなっていくみたいな感じです。練習時間少なくて劣化したのかなと(;;)」

先生「そんなことないですよー!(苦笑) …でも、練習の成果が実感出来にくい時期ではありますね」(先生、慰めてくれる)

余談ですが、テニスをやっている知人に聞いた話では、夏は身体は重いけどテニスボールは軽いんだそうです。逆に冬のボールは重いそうで、暖かい空気は軽く、冷たい空気は重い、という原理らしい。重い身体で軽いボールを打つのと、軽い身体で重いボールを打つのは、どっちが大変なんだろう。

◆サーティワンが世界的イベントに合わせて出すシーズンフレーバー、2年前の南アW杯の『オーレ&オーレ』に続いて、今回のロンドン五輪では『サーティワンワールドレコード』が出ました。
http://www.31ice.co.jp/contents/product/flavor/fl117.html

『オーレ&オーレ』はメロン&ソーダソルベ+ポップロックキャンディで大好物だったのですが、W杯のときだけのフレーバーだったようで、去年は食べられず非常に残念に思っていたのですよね。

今度の『サーティワンワールドレコード』は『オーレ&オーレ』のメロンがキウイフルーツに変わったもので、構成は同じ。やっぱり美味しかったー!

南アW杯は『オーレ&オーレ』を食べながら鑑賞したので、ロンドン五輪はこの『ワールドレコード』を食べながら鑑賞しようと思います^。^


関連記事

Dreams on Ice 全般・CS&BS放映感想

やっと全員の演技が再確認出来たので、改めて感想。

2日目昼公演オープニングの羽生くんのジャンプは、やっぱり4Tで良かったんですね♪ 4回まわってたように見えたんだよ、うん、間違ってなかったよ。

着氷でバランス崩してたのはわかってましたが、上から見下ろす位置だったから、映像であのウィンドミルみたいな危うい傾きが観れて嬉しい(笑)

オープニングで4回転、フィナーレで3Aが南席の前で観れたので、とりあえずは先行で当たった南席ど真ん中に感謝したいと思います。

さて町田くんの『ロシュフォールの恋人たち』は、早速分割して取り出しておかなければv

う~~何度観ても惚れ惚れする… 身体がよく動いていて四肢もよく伸びてて、とにかく姿勢が綺麗! 3つのジャンプも着氷流れててGOEがつくような美しさだったし(特に3A! 『DOI』で観た中で一番素敵だった)、そしてやっぱりキャメルスピンが好きすぎる! どれも、映像で観て改めて感動しました(>_<)

 『FaOI』も楽しみだけど、それ以上にスケアメ頑張って欲しい。ランビ振付のSPも期待してるよ! 日本は4強どころじゃない、という贅沢を味わいたいですv

龍樹くんは、ブルース・リーやら裕次郎やらアクの強いキャラを淡々とした表情でやるところが独特ですよね。今回のブルース・リープロは、本人比では結構表情豊か?な方なんだと後から気づきました(笑)

刑事くんの北西ブロック前での客煽りもハタから見てると短い時間でしたが、どうも自分は目の前でアピールされると、時間の流れが遅く感じられるらしい(笑)

知子ちゃんは技術より何より、滑ってるときに笑顔を見せて欲しいといつも思います^^; 軽やかにコンボジャンプとか決めてるのに、衣装も可愛いのに、ずっと無表情だと余裕なさげに見えるので勿体無い。

無良くんイケメンv 楽しみにしていた4回転が抜けてしまって残念。試合では抜けないよう頑張って、また四大陸みたいなSPが観たいです。

個人的に、若い男の子の衣装はフィギュアやるときでも白T&ジーンズが一番似合っててカッコよく思えます。こういう衣装の方が色気感じるんですよね(笑) ちなみに羽生くんが白T&ジーンズで演じたロミオステップの映像は、宝物v

なるちゃん&トランくんの新SPは曲がすごくムーディなので、ショーの暗い照明がとても合ってました。試合の明るさだとそこら辺がちょっと勿体無いかも。

今回の振付で一番好きなのは、少し持ち上げられた成美ちゃんが回転しながらゆったりと足でこぐような動作をするところ。曲の気だるげな感じとものすごくマッチしていて、印象に残りました。ここはやっぱり、こういう暗い照明で見たいなぁ。

最後の高橋くんのタンゴ、TVのアップで観るとまた美味しいですねー 滑り込んだプロだけあって、表情も仕草もカッコ良すぎでした。明るい表情で踊る昨季のブルースも大好きですが、タンゴはほんとハマりすぎだと思います♪

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

書き忘れてましたが、ラストをアップライトの高速スピンで〆る選手が多かったですね。技術的難易度は最も低いそうですが、自分は最後にアレやって終わるというのが好きなので嬉しかったです^.^


関連記事

夏のスケート話

今月末からロンドン五輪なのに、まだ心の準備が出来てません。その前にある夏のショーの心の準備や、五輪の後にあるショー&試合の現実的な準備で五輪まで意識が回らない(苦笑)

少し前まで「五輪はこの世で一番好きなイベント」と明言してたんですけど、最近ちょっと自信が無くなってきました(笑)

五輪期間に観に行くショーは無いので、今回もガイドブック買って来てまったり楽しみたいです。でも同時に放映される種目は多いので、どのチャンネル観るかすごい悩みそう;;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

『The Ice』複数回行ける人いいなぁ。メリチャリとかアボットとか群舞とか(あともしあるなら勿論真央ちゃんとバトルのペアプロも)、複数回観たいよ~~ 9公演もあるから、複数プロ滑る予定のスケーターさんもいるみたいだし。

あと私の行く公演はダンスバトルが無い回なので、ダンスバトルのある公演も観たかった。。。

愛知も大阪も「この席なら買うよ!」と思うチケがいっぱい放出されてて、行けるもんなら行きたいんだぜ。くそう。

日光公演は行き帰りがすごくラクなので、日頃フィギュアスケート話に付き合って下さってる方々(ご家族の都合があるため普段は残念ながらショーへはご一緒出来ない)にお土産を買って行く予定。明治の館のチーズケーキとかいいかな(・∀・)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

『FOI』、公式にはアナウンスされてないけど来るらしいスケーターさんの名前、ちょっとずつ聞こえてきてます。

次々発表されていくのが楽しみですね~ ライサも来ないかな来ないかな…(ずっと言ってる)

うちは『日テレ+』が視聴出来ないので、『FOI』の情報は雑誌記事くらいでしか知ることが出来ません。今夏も『日テレ+』で美味しい番組をやりまくるらしいのですが、全く観れないのが悲しくてなりません… 何故うちのCATV局は『日テレG+』の方なんだよ~(号泣)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

9月もまだ夏ってことで、『FaOI』の話も。

福井、実はまだチケット確保してません^^;

行かないつもりで出遅れたため、そのまま機会を逸したままになっています。パッケージ(航空券+宿)の支払期限までには入手せねばと思っているのですが;;

ちなみに今回行きたいと思ってるのは、土曜夜。
昼公演にすれば日帰りも余裕(多分)なのですが、先日DOIに昼2回夜1回行ってみて、夜公演の方が(自分の中に適度な緊張感があって)気分が盛り上がったから、夜がいいかなと。あともう1つ、もっと切実な理由で。

福井って東京から飛行機で行く場合、1泊した方がはるかに安上がりなんですよね^^; 特に安いパッケージを選んだ場合の「往復の運賃&1泊の料金」は、「日帰りする場合の片道の運賃」と殆ど変わらない(苦笑)

夜公演で1泊だと、あちこち出歩く時間がとれてヨイです。おろしそば食べたいv

福井公演で唯一心配なのは、台風です。モロにシーズンですよね。。。駅-会場間は徒歩20分もの距離があるので、台風とか考えたくありません;; 無事会場に辿り着いたとしても、びしょ濡れで風邪ひきそう。

今からてるてる坊主でも作っておこうかな^^;(その心配する前にチケット取れ)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

最後はちょっと夏話から逸れますが。

超スロースターターの私は、夏になると「そろそろ来年の年賀状イラストの構想を考えておかなきゃ」と思い始めます。折角こんなにハマってるので、来年はフィギュアスケートのイラストにしたいなと。

私の年賀状は毎年必ず干支にちなんだ動物(実在・架空問わず)を入れることにしているので、来年は蛇になりますね。

それで大蛇を身体に巻いたセクシーな美女スケーターとかどうだろうと思い、現役のスケーターでイメージモデルを考えたところ、真っ先に浮かんだのはケイトリンでした(笑) 彼女は猛獣が似合いますよね。

ウィバポジェも好きですよ~~ 国別では観れなかった彼らもショーとスケアメで観れそうで、すごく嬉しい♪

ワールドのペシャブルの演技後、ナタリーに満面の笑顔で飛びついてくケイトリンがすごく可愛くて印象に残ってます。


関連記事

初バナー

今日届きました。

時間の都合で生地見本も印刷見本も一切無いまま注文したため、案の定改善の余地は多々あったものの、文字は遠目にも問題なく視認出来るので、今回はこれ振ってくることにします~

一応デザイン確認画像は送られてくるんですけど、モニタ上の画像データとして見たところで仕上がりの色合いは全くわからないですからねぇ;; 紙印刷画像のときも印刷結果見て何度も手直しするタチなので、イメージ通りの色にするって難しそうです。何枚も作るなら実物見本くらい作ってもらってもいいかもしれないけど、1枚じゃ無理だし…

次作るときは、まず何より生地をもっと厚手にしたいです^^;(薄いのから2番目くらいの生地にしたつもりだったのに、確認したら一番薄いので頼んでたorz)

PIW行ったら、周囲の人が持ってるバナーを今度はもっとよく観察しようっと。特にサイズと生地。

※個人的にはエルメスのスカーフみたいな生地のバナーを振ってみたいんですけど、それって作れてもいくらかかるんだか(笑)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

↓知り合いのフィギュアスケートファンの方との会話

(しばらく前に、私が生観戦デビューしたことを知って)
知人「バナーとか振っちゃうの?(・∀・)」

私「いやいやいや! (そんな、以前から観に来てる熱心なファンがやるようなことは)まだ初級者の自分にはとても…」

あの頃は本気で自分がバナー作るなんて思ってなくて完全に否定したんだけど、どうしてこうなった^^;


関連記事

福井とランビ

おろしそば 羽二重餅 鯖寿司 福井カレー …

図書館で借りてきた『るるぶ福井』を見ていて、涎が出そうになりました。おろしそば食べたい。。。

そして「もちもちくにょ~~~~~ん」が大好きな私にとって、羽二重餅は最も好きな和菓子であります( ̄q ̄)

何でこんな話になったかというと、『MWO』にはランビが来なさそう&彼以外の観たい選手もINしそう、ということで、やっぱり福井行こう!と思い立ったから(爆)

同じくランビ出演予定の『アオーレ長岡』の方は、「観やすい席が少なそう」「会場小さそう」「公演数少ない」「新幹線の駅からすぐでアクセス超便利~東京方面から余裕で日帰り」ということでチケ取りがかなーり厳しそうに思えたので、とりあえず以前から絶対観たかった『FaOI』に行こうかなと…

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

時折、検索ワード「ランビ」でこのブログに来訪される方々がいらっしゃるみたいなのですが、記事の中では殆ど名前しか出してないに等しいので、毎度申し訳なく思っております^^; まぁブログのキーワード検索なんてハズレも多いから諦めてね、としか言えませんが(苦笑)

私がランビ観て萌え語りしてたのは主に別のブログ(現在は更新停止)の方で、こちらでフィギュア記事を書き始める前だったんですよね;;

今はどうしても試合&生で観たイベントといった旬の話題メインになってしまってるので、3月の美姫ちゃんのショーの落選&病気でDOIアウトの結果、ランビ語りをする機会が無いままになってます。

でもランビを知らなかったら、今これほど男子オタになってなかったと思うくらい好きなんですよ~ ランビファンになって初めて、フィギュアスケートに対する興味が男子>女子になりましたから。

私は基本的にジャンプ以外の要素で選手のファンになるので、ルックス良くて表彰台に乗れるレベルのジャンプが跳べて、でも見せ場は表現力やスピン、というランビは本当~~に理想でした。

もともとオリジナリティのあるスピンは大好きでしたし、それは私が惚れた男子選手の系譜「キャンデロロ→ランビエル→羽生くん」を見ても明らかだと思われます(でも羽生くんの場合はTES対象以外の部分見て惚れたので、スピンに注目するようになったのはファンになった後ですね。最初はむしろ、スピンよりシットツィズルに目を奪われてました(笑))

TVで観るだけで満足してたためランビの影響で生観戦に至ることはありませんでしたが、今現在も世界で一番素敵だと思うスケーターです^.^

自分が行くか否かに関わらず、『FaOI』の頃には元気なお姿が拝見出来るよう願ってます(-人-)


関連記事

もうすぐPIW東京公演

『PIW』に高橋くんがIN▽

実のところ、直前の高橋くんINは十二分に可能性があると思ってました。でも実際に決まると、やっぱり嬉しい~~^^

今の日本の主なアイスショーって、大体どこに行っても高橋くんか羽生くんのどちらか1人は必ずいるので、自分のようなファンには嬉しい悲鳴です。だってこの2人がいなくても行きたいと思うショーはあるのですから(特に海外ゲストが多いショー)、にも関わらず彼らもちゃんといてくれるというのは、もうほんと有難い(笑)

反面、諦めのつくショーが殆どなくて大変なワケですが(@@)

しかし15,16日のチケットがほぼ完売した直後に高橋くんINが発表されるなんて、あの状況はファンなら泣きますよね。。。

羽生くんのIN情報は早いことが多いようですが、それってとても有難いことなんだな~と思い知りました;;(でも1月の『SOI』東京公演はかなり直前だったみたいで、自分は楽日前日の夕方まで知らずにいましたけども(苦笑))

ちなみに出演予定スケーターの方が怪我や病気で直前OUTすることも考えると、誰が欠けても行こうと思えるほど沢山のスケーターさんを好きな方が、なまじチケットが高いだけに精神衛生上いいですよねぇ。

高橋くんは、今回は何やるのかな~ 彼のプロでは、ロクサーヌやピアソラのタンゴが大好きです♪(生で観てもTVで観てもウットリするv)、そういえばロクサーヌはプルさんもやってましたよね。2人の見比べてみたい。

そう言えばプルさんて、今季はロミオやるんですよね。羽生くんとの年の差ロミオ比べも観てみたいぞ(笑)

羽生くんは、SPの振付くらいは終わってるでしょうか。『PIW』から『The Ice』終了まで日本で一気に13公演やるワケだから、試合プロ持って来れなかったら勿体無いですよね。

高橋くんと佳菜子ちゃんは直前の『臨スポ愛チャリティーフェスティバル』から連チャンでご苦労様です。

佳菜子ちゃんに至っては同フェスの翌日から即『PIW』で、『The Ice』にも出演するから、2週間で13公演の羽生くんよりギッシリ詰まってるんですよね。元気だなぁ。(『The Ice』は3箇所の移動もあるから、このショーの出演者全員大変そう)

皆さん、体調管理には気をつけて怪我なく楽しく演技なさって下さいませませ(-人-)


関連記事

Dreams on Ice 全般・4

フジテレビで放映されたので、そちらの感想も併せて、記事つづき。

羽生くんネタの記事は終わらせたつもりだったのに、結局今回も羽生くんの話題が多い^^;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

◆TV観て、「羽生くんのプロって、昌磨くんのプロの数年後というか、ちょっとお兄ちゃんヴァージョンみたい」と感じてたことを思い出しました。

衣装とか振りとか、雰囲気や方向性が似てる感じ。「イキの良い男のコたちが背伸びしながらやってる」感も含めて(笑)

そうそう、あの昌磨くんの面白いポジションのイーグルは良かったv あんな感じのイーグル、昨季ユーロの下位の方で観たような。

◆佳菜子ちゃんも2プロやってくれたんですよね~ 新プロは彼女らしかった(私の中の「彼女らしい」は『ジャンピン・ジャック』だと思われる)

もう1つのアデルの方はGWの『PIW』でも観たのですが、今回は白いコスチュームの腰にまとった青いヒラヒラがすごく綺麗で、途中でひっぺがすところも含めて印象的でした。

来季のフリーでは、ノーミスの演技が出来るといいですね(ついでに昨季SPのノーミスっぷりを羽生くんに分け(以下略))

◆村上(大介)くんは、初日に見たフィナーレの白と水色のシマシマ衣装のインパクトが強すぎて忘れられません。

群舞の中でやたら目立つシマシマのモジモジくんみたいな姿を発見したとき、「アレって…村上くんだよね…?」とちょっと呆然としつつ見つめてしまった(笑)

村上くんといえば、楽の後ついったに男子の集合写真を上げてくれてたのがGJでした♪ あの写真みんなイケメンに映ってたけど、特に無良くんと町田くんがカッコよく見えたぞ。あと高校生に囲まれるPちゃんが新鮮でした。

◆最近白が多いから見慣れてきたけど、自分は白美姫ちゃんより黒美姫ちゃんとか赤美姫ちゃんが好きなんだと改めて痛感した^^;

彼女の練習衣装(黒)なんて、センス良くてカッコ良くて最高(笑)

貫禄はさすがだと思いましたが、試合に臨む上でどのくらい調子が戻ってきてるのか気になりました。

◆明子ちゃんは目の前に来たとき、すごく感情のこもった表情をしているのがわかりました。そうした表情を見るのは初めてだったので、「ををっ」と惹き付けられましたね。

やっぱり動き柔らかくて綺麗~ ステップ前のアピールが北だったので、すぐ横で観れて良かったです^^

◆初日の最前列、羽生くんのジャンプの中ですぐ近くで観れたのはループとサルコウでした。でも目の前で観た羽生くんのループの記憶には、音だけがあって彼の姿が全くないんですよね。

観た直後に「あの動きはループ?」と思ったから姿もちゃんと観てた筈なんですけど、私の大好きなあの「エッジジャンプ特有の氷を削る音」と暗い氷の表面のヴィジュアルだけが自分の中に残ってます。

こういう体験は生で観ないと出来ないから、やっぱり生は面白いですねー 記憶を辿るには映像も必要ですが。

ちなみにEXのジャンプって3回が普通だと思ってたので、羽生くんの4回(トウ、3A、ループ、サルコウ)ってのは良かったです。ところでどこかで1回くらいはクワド回ってたような気もするんだけど、願望のせいでそういう気がしただけなのか。全公演オープニングフィナーレ含めて、映像で確認したい(苦笑)

◆フィナーレの見所の1つは、高橋くん&小塚くん&羽生くんが3人で1つのサークルを描きながら同時に跳ぶ3A。楽日はちゃんと「3人同時に見るんだ!」(前の2公演は羽生くんしか観てなかった^^;)という決意のもと、きっちり拝ませていただきました。

タイミングもよく合ってて見応えありました~

その後羽生くんだけがもう1周してクワドに挑んだんですけど、やっぱり失敗。「わ~ん失敗しちゃったよ~」って感じで、高橋くんの隣に気恥ずかしそうにタタタタっと小走りしていきました。

3人同時3Aって、その気になれば無良くん&町田くん&村上くんも出来そうですよね。リンクの広さ的に6人サークルは無理としても、2つサークルで6人同時3Aも技術的には可能かなと思うんですが…

試合はともかくショーで3Aポンポン跳ぶ選手がこんなに揃ってるのって、日本男子くらいでは。その贅沢を少しでも長く堪能したいものです。

◆楽日サービスのアンコールは、男子のクワド大会。挑戦したのは高橋くんと小塚くん以外のシニア選手でした。町田くん、回り切って降りて持ちこたえてお見事でした▽ 試合もこういう調子で頑張って欲しい。

羽生くんはまた失敗(うろ覚えなんですが、抜けちゃったのかな?) 諦めきれず再びクワドサルコウに挑戦するものの、やっぱり転倒。

跪いた姿勢で右手で氷叩いて悔しがる羽生くんに、村上くんが手を差し伸べてました。

個人的には、2種クワドの成功率よりクワド2回入れるための体力の方がはるかに心配なんですが、でもサルコウきちんと跳べるように願ってますよ~

◆今回3公演観て思ったのは、あくまで私個人の価値観ではありますが、「初日>楽日」でした。

アンコールのクワド大会等は楽日だけの魅力ですが、初日に色々なプロを初めて観る緊張感はちょっと代え難いものがあると思いました。

来年も初日は最前列で観たいですねぇ。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

以下はTV番組の感想。

◆番組冒頭に出てきた立て襟ジャケ?姿の羽生くんの映像が、やたら綺麗カッコ良いヴィジュアルでビックリ。気になったところは巻き戻せるようにと1~2分遅れの録画で観てたから、思わず3回くらい巻き戻して観てしまいました(笑)

EXプロのジャケットの襟を立ててるところなのか、全然違う衣装なのかはわからなかったけど、立て襟すごい似合ってる♪(オープニングとフィナーレのシャツは黒かったから、これじゃないと思うんですよね…多分)

上から撮ってるせいか半眼ぽい表情になってるところが、氷上の演技開始直前みたいで素敵でした。ジャージ姿でニコニコ受け答えしてる映像と別人のようで、相変わらずですねー彼は(笑)

◆TVだと全くわからないけど、羽生くんが転ぶ度にものすごい音がしてたんですよー あの音が入ってないというだけで、印象って全然変わるんですね^^;

あのときの会場の空気とか、何より羽生くん自身から漂ってくる雰囲気(演技の勢いがしぼんじゃったような)とか、わかりやすく言うとあの「一瞬色んなものがフリーズした感じ」って、TV映像では伝わらないよなぁと。前日(初日)の演技を観た人なら、「色々出来なかった」というのもわかるだけに尚更。

にしても、羽生くんの3Aの軸があれほど傾いてるとこ見たのって初めてです。TVで観て改めて思ったけど、すごい曲がり方。初日は綺麗に決めてたのに…4公演通じて、夜は調子良くて昼はイマイチだったみたい。

そういえば、通常北西角で跳んでたサルコウをこの回は南西角で跳んでたんですね。3A失敗したせいでタイミングとか跳ぶ位置が変わっちゃったんだろうなぁ。(ワールドでもコケたせいで違う位置で3Aコンボ跳んだって言ってたし)

◆しかしフジのこの番組、選手の登場順は一体どういう基準で決めたんだろう。

何故大トリの高橋くんが最初の方で、最後から2番目が昌磨くんなのだ^^;(ちなみに番組のトリはコストナー)

生で観た人間からすると、ここまで意味不明な順番で編集されると違和感あります(苦笑)

ワールド代表選手以外で放映されたのがジュニアの理沙ちゃんと昌磨くんのみだったというのも、基準がわからないなぁ(ジュニアで一番上位だったのは刑事くんと知子ちゃんだし)

『DOI』の滑走順はゲストを除いてワールド順位やランキングに準じてるので(上位の人ほど後)、その通りでよさそうなものなのに。。。ついでに深夜放送だから、一般お茶の間向けな作りにする必然も皆無だと思うんですが、かなりメチャクチャでしたね。

◆羽生くんと佳菜子ちゃんのセットインタビューって、いつも佳菜子ちゃんが天然で羽生くんが優等生(きちんと考えて用意しておきました的な)回答してるところが、噛み合ってなくて可笑しいです(笑)

個人的に佳菜子ちゃんのコメントって、いかにも女子が羽生くん見てツッコミたくなるようなネタばかり(つまり「よく言ってくれました」的な)だと思ってます。第一印象が「髪の毛ボワっ」って(大笑)

ちなみにこの手の番組で定番化してる彼らのセット扱いは、メディア的に括りやすい組み合わせだろうし面白いネタも出てくるから楽しくて全然オッケーなんですけど、それとは別にちゃんとピンでも扱って欲しい~とつい思ってしまいます。

セットも良いんだけど、2人ともそれなりの成績も上げてるシングル選手なので、セット扱い「だけ」だとちょっとさみしい^^;

◆最後の「好きな夏の虫は?」って質問は、唐突すぎて脈絡無さ過ぎて謎でした。

でも羽生くんのムシキングネタが聞けたので良しとします。ああいう男子的こだわりネタ(どちらかというと下らないたぐいの)って、昔から好きなんですよ私(笑)

◆TV映像はスケーターがどこを滑ってても一定以上の大きさで顔や全身が見れる良さがありますが、会場で味わう空気感と迫力はまた格別です。TVだと聞こえない音も沢山あるしね。

特に今回は映像の方があまりにも省かれまくってる上に順番がメチャクチャだったせいもあって、「あ~生で観て良かった」とすごく思ってしまいました(苦笑)

あと複数回観れる場合は、確かにちょっとした違いや変化も見所だったりしますね。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

半月かけてダラダラ書いてきた『Dreams on Ice』の感想記事は、これで終了(のつもり)

地上波で観られなかった選手たちの演技は、CSオリジナル版に期待したいと思います。余計な編集も実況解説も加えず全体を進行通りに放映してくれる海外のショー番組が、改めてすごく羨ましく思えましたね。


この記事書き終わってふとTV画面を見たら、羽生くんの土下座シーンでずーーーーーっと一時停止したままでした。たまたまそこで止めただけで決してじっくり見たかったワケではないんですが(会場でじっくり見たし!(苦笑))、何やってたんだ自分^^;


関連記事

今日もいろいろ

◆昨日『GAORA』で生中継予定だった野球の試合が中止になったらしく、突如アメリカのアイスショーを放映してました。

途中から偶然観れたんですが、何コレ一度も観たことないよ! いつのどのアイスショーだよ、こういうの予告無しでイキナリやらないでよ~~~;;

次はいつ放映するんだろうアレ…orz 7月の番組ガイドチェックしたけど、見当たらない…

でも久々にアボットと未来ちゃんとジョニーが観れて(* ̄▽ ̄*)でした。もうアボットとジョニーには、スタイルだけでGOEあげたいよ(笑) 未来ちゃんの滑り、ジャンプやスピンと共に綺麗でした。来季はGPS1枠しかないし、アシュリーのブレイクとGGのシニア参戦で国内の競争も激化してるから大変だろうけど、巻き返して欲しいなぁ。

そしてケリガン、逞しくなったな(笑)

フィナーレの男子の衣装が素敵でした。黒ジャケ+白T+黒パンツって、スタイルの良さがとても映える格好だと思う。関係ないけど、羽生くんの衣装で一番好きなのも白T+黒パン(ジャスティンEXか、今季のEXのジャケ脱いだとこ)なのですよね。

アメリカは、他ジャンルコラボのアイスショーがいっぱいあって楽しそう。

◆テレ東の先行で当選した『MWO』チケは、200レベルの数字列でSS席としては後ろの方でした。位置はアリーナエリアに対しては端寄りのロングサイドで、ちょっとびみょん。だってアリーナエリア全体に対してリンクサイズがどのくらいなのか知らないので、この位置だと席の真正面にリンクがあるのかどうかすらよくわからない^^;

数字列なら、出来ればもうちょっと前が良かったな~
多分最前列からは10列以上離れてるし、『SOI』以外は近い席でばかり観てるから、遠く感じると思います。折角滅多に観れない顔ぶれなのに、お顔がよく見えなかったら悲しい。

アルファベット席は死角が多いそうですが、国別2日目の氷上席4列目のときは、たとえ死角が多くても(真正面は前の席の座高の高い男性の頭でリンクも選手も全く見えなかった^^;)リンク上の迫力は伝わってきたし、アボットの「こっち見てる!」感も堪能させていただきましたからねぇ。

ちなみに国別3日目はショートサイド最後列の12列目でしたが、選手の表情は少なくともこちら側に来たときにはハッキリ見えました。なので表情が見えるか否かは、その辺りを基準に考えることにしてます。ただ氷上席雛壇とスタンド席の段差は違うだろうし、たまアリのアルファベット席は段差が少ないみたいだから、実際の距離感は行ってみないとわからないですね。

良席が放出される頃になったら、今後の参考に(2014年ワールドがたまアリかも?)そっちもチェックだけしてみようと思います。(後の方だとどの辺りの席が出るのか、という意味で。PIW東京公演なんか、6月になってから見事に真ん中ばっかり出てきたからなぁ↓)

◆『アオーレ長岡』の先行抽選は外れました。まぁ1階S席だったから、どっちでもよかったんですが…

それより『FaOI』の方、昨日アイスショーでジョニーを見てしまったせいでまた未練がぁあ^^; ランビが『MWO』や『COI』に来なかったら今年見るチャンスなくなるし、あと日光からスケアメまでの3ヶ月間、羽生くんの新プロが観れないことに耐えられるのか自分(苦笑)

◆そう言えば、『JO』や『COI』は日程的に羽生くんが来るワケないと初めから勝手に思ってたんですが、考えたらアシュリーもレオノワもスケアメ出るのにわざわざこの時期に日本に来るんですね。調整も兼ねてるのかなぁ。

欧州男子にも、スケアメに出る選手が来たりして…(ミハルとかミハルとかミハルとか)

◆PIW東京公演に、直前になって特別席という謎席が現れました。

演技正面ロングサイドのほんとに中央なんですけど、あくまでスタンド席なんですよね。それがプログラム付きでEXシートと同じ金額という…いくらプログラムがついてても、通路挟んだすぐ隣のブロック(そっちだって十分中央といえる)が8000円なのにありえない^^;

とあるイベント日帰りツアー専門サイトなんか、同公演のプログラム付きのEXシートとSS席をどちらも定価で販売してましたよ?(まぁ席位置はどこかわかりませんけど)

そこで、どういう意味で「特別」だったらスタンド席でその料金でもある程度納得出来るのか、試しに考えてみました。

1)歌舞伎なんかの桟敷席みたいなボックス型の造りにしてみる(あの桟敷席も決して観やすい位置ではありませんからね)

2)スタンド席+プログラム分の料金との差額は大震災関連の寄付とかチャリティー扱いで、その代わりにプログラムにゲストスケーター(とりあえず誰か1人でも)の直筆サインがついている

3)特別席ブロックにはサプライズゲストが座る

他にもあれこれ考えましたが、個人的には2)みたいなのがヨイな(笑)


関連記事

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。