Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Halloween

◆先日、近所のクリーニング店にお勤めのトールペインター・Iさんにハロウィンタグ制作のミニ講習をさせていただきました。

講習といっても馴染みのご近所さんだし、いつも私の作品を店頭に飾っていただいてるので有料ではなかったのですが、麦茶のペットボトルやシナモンパウダーを頂いちゃいました。(今、そのシナモンを入れた紅茶でお茶しながらこの記事書いてますv)


▽記念すべき(笑)私の生徒さん・第1号の作品

I_halloweentags.jpg

まず、こちらで選んでおいたディストレスインク5色を使って無地のタグを塗りつぶし、背景制作。その後用意したハロウィンスタンプの中から、お好きなデザインを選んでもらいました。

柄のレイアウトとインクの色選択については、簡単にアドバイスさせていただきました。

私も写真左と同じスタンプを使って同様のタグを作ったのですが、Iさんの方が文字も黒猫も綺麗に捺せてるし、バックのゴーストのぼやけ具合も配置も全然いい感じに出来てます(教える側なのにナサケナイ^^;)

作り方は至って簡単なものですが、Iさんは初めて作ったこのスタンプのタグをとても気に入って下さったようで何よりでした。

使用したスタンプは、右のタグの一番下のカボチャライン以外全てINKADINKADO。このメーカーのハロウィン物は、センスの良いデザインでとてもお気に入りです。特にベタ絵のものは1つだけでもサマになるので、使いやすいですね。

背景色に使ったディストレスインクのうち、3色は昨年発売された秋限定カラーセット。秋モノ用に特化して作られた色だけあって、特にオレンジと紫はいい感じに“熟れてる”感が出ているな~~と思いました^.^


◆色々な柄のスタンプを見ていると、たまに絵心がそそられて模倣&アレンジしたくなることがあります。

先日 Ciao*Carina さんで、お気に入りのスタンプメーカー Stampotique Originals のクリスマス新作を購入。

ブキミ可愛いエンジェルくんで、一目惚れでした。大小の選択に悩んで、結局両方ゲットv

XmasAnggel.jpg

で、このエンジェルくんにすごく絵心をそそられてしまい、同メーカーの他のハロウィンスタンプの絵(カボチャとコウモリの羽)を組み合わせて、ハロウィンヴァージョンのイラストにしてみました。

SOangel_arrange2.jpg

昨年もハロウィンATCで使いましたが、このカボチャ可愛いよ可愛いよvvv

独特の絵柄だから似た雰囲気で描くのは難しいのですが、同じデザイナーさんの絵同士はやはり組み合わせてもハマりますねv スタンプの切り貼りでもこれと同じものは作れると思うので、色々試してみると面白いかもしれません♪


関連記事
スポンサーサイト

GPS2戦目に向けて

まだ1戦目を迎えていない選手も多いですが、とりあえず現時点で1戦目を終えた選手について。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スケカナのフェルナンデスくんを見て改めて思いましたが、NHK杯の強敵って高橋くんだけじゃないですよね。

羽生くんはあの自爆上等構成の上に仕上がってないフリーの戦略、どうするんだろう。フェルナンデスやドーンブッシュがスケカナやフィンランディアみたくフリーまとめてきたら、遭難は論外としても自爆はそれなりにヤバイ気がしなくもない(さすがに4位以下は考えづらいけど)

高橋くんやフェルナンデスがノーミスかミス最小限という前提で考えた場合、“自力で”彼らに勝つにはやっぱりクワド2本は必要なのでしょうが、優先順位は絶対「ソチファイナル>GPS優勝」だと思うので1本ダメでも持ち直せるようであって欲しい。

彼は(少なくとも今現在は)内容より結果にこだわる人だと思ってるので、その意味でも次のNHK杯は興味深いのですよね。まぁフツーに今の構成のまま、「これで文句ないだろ!」と言わんばかりの演技でストレートにぶつかってくる可能性も大なのでしょうが(笑)

オーサーコーチがインタビューで、(羽生くんに関しては)急いで結果を求めないで長い目で見守って欲しいということを語ってましたが、一番性急に結果を求めてるのはファンじゃなくて本人だと思う^^;

そもそもスケオタから見てもライトファンから見ても、急いで結果を求めたくなるような年齢じゃ全くないですからね…(ネットでスケートファンの方が「1回や2回のシーズン沈んだところで問題ないくらいの若さがある。彼に関しては楽しみしかない」と言ってるのを見かけたことがありますが、全く同感)

でも五輪の金メダルを目指すような選手というのは、きっとそういうものなんだろうなと思います。

周りの期待よりも、勝ちたいと思う自身の気持ちの方が強い。

以前も語ったことがありますが、かつて別の競技のある有力選手の姿を見た時、すごくそう感じたことがあります。その選手は後に五輪を連覇しました。

中野友加里さんも試合に勝つために必要な要素と言ってましたが、そういう気持ちの強さこそが、努力や才能が報われるための最後の武器なのでしょうね。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

コーチと振付師変えて悪戦苦闘中のPちゃんと羽生くんが、何となくかぶって見えます。スケアメの羽生くんのFSの遭難っぷりを目の当たりにしたときは、JOのPちゃん思い出しましたし^^;

全く本領発揮出来なくてもきっちり2位取ってたり、総合得点まで似通ってる(苦笑)

つか、羽生くんあれだけ遭難してもスケカナですら2位取れる点数なのか…正直、遭難したことなんかよりそっちの方がよっぽど自分には驚きでした。

だって、あれでこの点なら、調子良かったらどれだけ点取るの?って、FS観終わった後にすごいゾクゾクしましたもん(笑)

個人的には(どの選手に対しても)点取りプロより確立された表現の方が観たい派ですが、それも結局は点数や順位とは別の範疇の「結果」を求めてることになると思うので、やはり競技のときは選手自身が目標としてる結果を応援したいと思ってます。

宝石(byカート)の研磨を任されたオーサーコーチの腕にも期待してますよ~

Pちゃんの「ラ・ボエーム」は絶対昨季よりずっと彼のスケーティングの魅力が堪能できる素敵プロだと思ってるので、ジャンプ戻ってくるように願ってます。

ステップ以前に、もうただ滑ってる足元を見るだけでこれだけ魅了されるスケーターって(現役では)他にいないですよ~~ほんとに、エッジワークに目が吸い付いてしまう。

今季も是非、男子戦場を面白くして欲しいです。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

織田くんのジャンプも演技もプロも大好きなのですが、240点後半は出さないとファイナルの切符は厳しそうですね。

小塚くんはミスが重なってもさらっと250点超えるところが、やっぱり強いなぁと思いました。今季は昨季の悔しさを大いに晴らして欲しいです。

町田くんはクワドがないから(FSに入れてるけど決まってないし、SPに入ってないのは厳しい)最小限のミスでも点が伸びませんが、PCSが80点台に乗ったのは嬉しかったです。

スケオタでバレエオタの知人が町田くんの「火の鳥」を観て、彼はバレエの動きがものすごく上手いとベタ褒めしてました。彼の演技・表現を、もっともっと世界の人たちに観て欲しいと強く思います。

あああああ、GPFはともかく、代表枠はほんと5~6枠欲しいよ! この素晴らしい選手たちを全員ワールドに送り出したいよ!!!(泣)

無良くんのFS「SHOGUN」は、カッコいいプロだと思いました。冒頭のクワドが綺麗に決まったから、ジャンプ何とかまとめて欲しかった…

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スケアメで本当に心配だったのは、アボットとミハルです…(トマシュも悲しいけど通常運転ということで)

あの大遭難の羽生くんがそれでもフリー3位だったと知って……何とも複雑な気持ちに…

アボットはジャンプミスだらけでも素敵プロは素敵プロだとわからせてくれる能力の持ち主だから、今回も「完成したらすごく良さそう」と思った人は多いはず。SPの「SPY」なんか衣装も振付もとてもカッコよくて、ジャンプ考えなければ本当にうっとりプロです(;_;)

アボが一番大事なのは全米でしょうから、それまでには調子整えて欲しいです。ミハルの素敵クワドも、ユーロまでに戻ってこ~い。

そしてガチくん。。。ロシア男子はソチファイナルに行けないのか…(せめてリプとアデリナは頑張れ) ワールドも1枠だしなぁ…


関連記事

スケカナ感想

織田くんの足は、一体何の素材で出来ているんだろう… 特に膝から下は、他のスケーターとは違う生き物のパーツにすら思える(笑)

SPの4-3も素晴らしかったですが、FSの圧巻は何といっても3Lz-3Tでした。

あんな美しい3-3観たことない…!

高さも滑らかさもすごいし、あの着氷時のフワッと音がしない感じは一体なんなんだろう。

観た瞬間、声に出して溜息ついちゃいました。田村さんも「世界中探してもこれだけのコンビネーションを跳ぶ選手はいない」とおっしゃってましたが、本当にそう思います。

ともあれ、表彰台おめでとうございます! 「魔法使いの弟子」素敵でした。この後の試合で両手タノループが見られるよう願ってます(>▽<)

Pちゃんはクワドが戻って来て何より。ジャンプはまだ安定してないみたいだけど、相変わらずあのスケーティングにはうっとりしてしまう…

彼のエッジワーク見てると、何と言うか、猫にマタタビみたいな(* ̄▽ ̄*)ゴロゴロ気分になってしまいます♪

フェルナンデスおめでとー! 今回は後半のトリプル頑張った、ダブル祭りにならなかった。

クワド2回決められるから、ジャンプ一通りまとめるとやっぱり強いですよねぇ。

テンくんはジャンプがいまひとつ安定してなくて残念(><) 

テンくんに関しては、スケアメで知り合ったスケオタさんが「彼は(日頃から)もっと点が出てもいいと思う、評価が低い」とぼやいてました。ジャンプ揃えてTES出せば全体の評価も上がると思うので、調子上げてきてくれるよう願ってます。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

明子ちゃん、佳菜子ちゃん、揃っての表彰台おめでとうございます! フリー良かったよ~~序盤戦としては随分安定してたと思うし。
 
ミスが少ないときの明子ちゃんの点数はさすが。貫禄のフリー1位でした。

佳菜子ちゃんはショーで何度も生で観て思ったけど、女らしい華やかな演技が似合うようになってきたと思います。タンゴプロ、しばらく前にニュースでチラ見したとき早くフルが観たいと思ってたのですが、なかなかカッコイイですねv トリプル安定してたから、もっと点を伸ばせるよう頑張って欲しいです。

エレーネはフリーでジャンプが揃わないのが残念ですね。SPで3Lz-3Tを跳んでくれる貴重な人材だと思うのになぁ。自分の中では、明子ちゃんと似たタイプの魅力を持ったスケーターという認識になってます。

オズモンドすごいな~カナダにこんな新星がいたとは。初参戦初優勝は昨季のリーザを思い出させます。枠取りに大いに貢献しそうで楽しみな人材ですね。

コストナーや美姫ちゃんといったベテラン陣の欠場が重なったから、強い若手が出てきて活気づけてくれるのは大歓迎です。

女子のファイナルのメンツが昨季と大分入れ替わりそうなので、面白楽しみv 北米勢の巻き返しなるか?

リーザは怪我の影響どうなのかな? とても好みの演技をしてくれるスケーターなので、ジャンプ安定するよう願ってます。

でもマカロワとシェレペンが沈んでしまったので、ロシアはやっぱりシニア新人組が頑張ってる印象。

GGは3Lz-3Tが決まったのに、後の3回転が殆どダブル祭りになってしまったようで残念。シニアの試合は大変なのでしょうが、こちらも頑張って欲しいです。


関連記事

N杯&全日本カオスな日

今日は、次々と先行に外れた全日本選手権チケットの一般発売日でした。

予感はしてたけど、やっぱり自分のチケ運は、NHK杯に持ってかれちゃったのかもしれない…orz

今日NHK杯の2次販売で、唯一揃ってなかった金曜チケが無事取れました。超激戦の土曜日は入手済みだったものの、ノーミス良演技発生率の高いSPを見逃すのはやはり心残りでならなかったので、ゲット出来て何よりでした。

しかーーーし!

NHK杯は3日ともSSとアリーナSSを揃えられたのに、大本命の全日本は全く思うように行かず、先行販売には完全に乗り遅れ、結局男子の運命が決する土曜日はチケすら取れませんでした(泣)

ついでにこれまた次々と先行に外れた【MOI】のチケ取りも、何気に目が回ったし↓

本命に挑む前の訓練も兼ねて、とNHK杯に手を出した結果、予想以上にいい席をゲットしてしまったのがいけなかったのでしょうか(;_;)

先行先着販売を逃したのは痛かったなぁ… スケアメから戻ってまだアタマぼーっとしてて、全日本に向けての戦闘態勢を整えるのが遅れたことも敗因かなと思います。大本命なのに明らかに油断がありました↓

これまではショーにしろNHK杯にしろ一般販売分完売後もギリギリまで粘る気満々だったんですけど、先だってのスケアメが実は風邪で体調最悪→肉体的には死ぬ思いで行ってきたため(行きの飛行機では咽頭痛の酷さから呼吸困難に陥り、現地に着いたら寝込んで動けなくなるんじゃないかと危ぶんだほど;;)かなり消耗したことや、シーズン始まって精神的多忙さがハンパないこともありまして、もうチケ取りのエネルギーが切れかかってます…_o/|_

NHK杯の準備が完了しただけでもよしとして、いったん休養&リフレッシュして出直すしかないかー

でも人生にはチケ取り以外にもやることが一杯あるんだよ、四六時中ネットに貼り付いてチェックしてなんかいらんないんだよぅヽ(`Д´)ノウワァァァン

もぉ疲れたよパトラッシュ…(苦笑)

日本の試合行くのはやめて、GPFやワールドだけ狙えたらいいのに(でも来年のGPFと再来年のワールドは日本なんですよね^^;)


関連記事

スケアメ生観戦記~インターバル

前回の記事を読み直したら、TV観戦でも書ける内容で全然「生観戦記」になってないことに気付きました^^;

なので次回は、TV映像になってない、あるいはTV映像からはわからない(わかりづらい)事柄について語れたらと思ってます。

取り敢えず今日からスケカナとチケ取りで忙しいので、その合間に書けたら…ということになりますが;;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

渡米前、男子の試合のニュース映像が欲しくて適当に報道番組にアタリをつけて予約しまくっておいたのですが、その中に、個人的にかなり嬉しい映像が混ざってました。

何かもう、一生の記念▽的な(笑)


関連記事

スケアメ生観戦記・1

行って良かった行って良かった行って良かった(エンドレス)……もうそれしか言いようが無い。

もうほんと、すごく色んな意味で 今年2度目のパラダイス でした。

まさかたった3日間で

神演技(SP)→ 大遭難(FS)→ 神演技(EX)

のジェットコースターコンボを見せられるとは思わなかったです^^;

面白すぎだよ羽生くん(笑) 改めて、がっつりハート掴まれまくりました▽

そして日本男子の表彰台独占、町田くん納得の演技でGPS初メダル!

表彰式後のウィニングランでのハイタッチ、エキシ後の出演スケーターさんとのハイタッチ(羽生くんの布手袋(FS衣装)と革手袋(エキシ衣装)とのハイタッチでもありました(笑))

見やすくてリンクがとても近い会場、何人ものスケオタさんたちとのスケオタトーク。

あ~~楽しかった…(* ̄▽ ̄*)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


羽生くんの試合を生で観るのは今回が初めてだったのですが、いきなりパーフェクト&歴代最高得点。忘れられない初体験となりました^.^

ショーではことごとく「パリの散歩道」を観る機会を逸してきた分、余計嬉しかった~~(>_<)

実は私、羽生くんのSPプロを生で観たのは「SOIの『悲愴』」と「スケアメの『パリの散歩道』」の2回だけなんですけど、2回ともパーフェクトだったんですよね。特に「悲愴」は4-3成功ヴァージョンだったし。

なので今のところ、生で観たSPはパーフェクト率100%です(笑) 頼む、ジンクスとして定着してくれ…!

FSに関しては、正直言うとあまり驚いたワケではなかったです。SP完璧で点数もやたら高かったので、何となくこういうこともあるんじゃないかなー…という予想も出来なくはなかったですからね。まぁさすがにあそこまで見事に崩れるとは思いませんでしたが、序盤にミスが続くと立て直せる感じしないし^^;

手に届くところにあった筈の優勝を逃して相~~~当に悔しいだろうと思いますが、あれほど徹底的に失敗したら、むしろ厄落としになるんじゃないかなって思いました。つまりこの先の分のミスも初戦で引き受けたんだ!みたいな。

羽生くんは全力で修正に取り組むだろうし、そうしたら結果的にはそういうことになってもいいんじゃないかなーと…そう思いたい(笑)

でもSP観た晩、「もうこれでたとえFS遭難してもあのSPが見れただけで満足」と思ったのも事実でした。現地で米在住の日本人のスケオタさんと親しくなったのですが、その方も「あのSP見れただけでお釣りが来る」と言ってました。

現地で何人ものスケオタさんと話しましたが、FSでのジャンプミス連発を心配してる人は誰もいなかったです。次に引き摺るとは誰も思ってないんですよね、彼の場合(笑)

私がFS遭難にさほどガッカリしなかったのは、今のところFSの完成イメージが全然わからないから、というのもあるかもしれません。

個人的には最終日に観たEXが最高だったのですが、今日はここまで。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


帰国したそばからスケオタな用事が山のようにあって、しかも週末はもうスケカナだしで、どこまで生観戦話書けるかわからないのですが、語れることは語れたらいいな、と思ってます。

あとアメリカで書き込んだ英文記事は、折を見て訳を追記する予定です。


関連記事

Japanese men made a sweep of all the podiums

None of three Japanese men skated perfectly, but they showed sharp differences.

Perhaps Yuzuru never imagine such a bad performance.

He seemed to be close to tears at the Kiss & Cry. I never saw such a sad look he showed.

I saw his 2 falls and mistake of 3Lz in front of my eyes. It was quite bitter for me to see his disappointed looks from a short distance. At last I shouted "Don't give up!" unconsciously...

But I don't mind that failware so much in the same as Patrick Chan's case at the last Japan Open. From the score, I'm rather confident that he raised his abilities steadily.



As I wathched Tatsuki's performance with prayer in my heart, I'm very glad that he performed very well in his "Firebird" program and he commented "due to the spectators’ help".

His expressions of Firebird were attractive. One judge gave him 9.00 for his Interpretation!

I hoped Tatsuki became the performer of the Skating Spectacular by getting his first Grand Prix medal, cuz I love his exhibition program so much.

He achived the spectators’ help for himself by his effort and ability. I want him to be proud of it.



The young Japanese lady who sat my next seat was the fan of Takahiko. She had the large banner with the garland. She and I holded it up high for Takahiko.

Then she helped me to raise my banner.^o^

After the competition, I offered her my congratulations about Takahiko's victory.


関連記事

new highest Short Program score

By brousing ISU homepage, I've just known Yuzuru's score on yesterday was the world new record!

I'm very happy that I watched that moment at live!

I coludn't sleep last night, cuz I was so excited.(laugh)


関連記事

Yuzuru got the amazing score!

I was surprised when I saw the number of the tens digit of his score, 9. Cuz I had thought the score had been the higher end of the 80 points.

After he jumped 3Lz-3T -the last jumps for getting the top score- perfectly, he smiled with plenty of confidence before my eyes. That was very cool!^o^

My seat was one of the best position to watch the jumps. I could see 3A of Takahiko, 4T and 3Lz-3T of Yuzuru in front of my eyes.

And I could see a smile of satisfaction lit up Tatsuiki's face when he started the last step after all his successful jumps.

That was the first time I saw actual competitions of figure skating except WTT.

Thank you very very much for your good performances, Tatsuki, Takahiko and Yuzuru!

I'm looking forward to Men's Free Skating today! (Kent is the midnight now)


関連記事

I,ve arrived at the hotel

Because of the follow wind, I arrived at Seatle earlier than the first flight plan.

In the plane and at the Sea-Tac airport, I already met some Japanese women who came to Seatle for wacthing the Skate America.(laugh)


【10/24追記:以下、上の英文の日本語ヴァージョンです】

追い風のおかげで当初の予定より早く現地に着きました。

飛行機に乗ったら、隣の席がスケアメに行くスケオタさんでした。シアトル-タコマ空港でホテルの送迎車待ちしてるときも、別のスケオタさんに会いました(笑)



関連記事

スケアメ観戦準備中

カテゴリは「フィギュアスケート」ですが、スケートそのものの話題は全然無くて、観戦準備の一こま。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

◆いよいよ明後日は渡米です。

私はスマートフォンなる文明の利器を持っておらず、ノートPCも持ち運びを想定してない重さなので(苦笑)、帰国までネットはお預け。

でも福井のときのように運良くホテルのPCが使えたら、このブログに何か書き込むかもしれません。

その場合日本語では書き込めない可能性が高いので、もし今週末当ブログで最新記事がUPされて本文にアルファベットが並んでいたら、ここの管理人がアメリカから書き込んでいるのだと思って下さい^^;

◆個人手配旅行は初めてなのと、チケットが現地引取りだったりe-チケットだったりする関係で、ホテル側とのメールのやり取りの控え等も含めて、持って行く書類がとにかく多い。

旅行中はネットが使えないため、現地の地図や会場見取り図、試合のスケジュールなど、調べたことは一通りプリントアウトしていかねばなりません。当初はバインダーに全部突っ込んでいこうと思っていたのですが、あまりに多かったので20ポケットのクリアファイルに入れることにしました。

冊子のようにめくれるので、沢山の情報をチェックするのもかなりラク。「じゃあついでにあれもこれも…」となって、結局20ポケット(両面合わせて40P分)のほとんどが埋まってしまった(苦笑)

◆シアトルの天気予報、週末はずっと雨だ…orz

軽くて便利なアウターにしようと思ってたのに、雨に弱い素材だからダメになってしまいました。履いていこうと思っていた靴も予定変更です(泣)

雨降りは11月頃からだと思ったんだけどなぁ。

そして去年のスケアメはカリフォルニアだから、緯度的にはほとんどカナダなシアトルの服装の参考にならないと気付いた今日。

映像チェックしたら、ノースリーブで観戦してる女性がいましたよ(苦笑)

◆バナー届きました。

とりあえず、振るのをためらうような出来ではなかったので、ほっとしました^^;

ビットマップ画像のため元データは原寸大にはせず(Illustratorで作成するようなベクターデータと違い、とても重い)印刷時に拡大してもらう形にしたので、近くで見ると色々粗いです。

複雑な色柄のビットマップ画像の場合、拡大したときの状態(見え方)をイメージするのは難しく、相応の慣れが必要だと思われます。モニターの色味が再現しづらい生地+印刷方法のときは、特に;;

またバナーは遠くからもよく見える色や形状を意識して作るようにしてますが、座席位置によっては至近距離から見られることも普通にあるので、粗いとやっぱり気になってしまう(苦笑)

今回は黒を濃く出せなかったのが残念でした↓ 色が複雑に混ざったビットマップイメージは、よほど最後の校正の段階で気を遣わないと無彩色系の色が綺麗に出ないんですよねぇ(全体が、一番目立ってる色の色味を帯びてしまう) 特に、漆黒は難しいです;;

今度の生地は前2作とは違う種類にトライしてみたのですが、厚さやハリ感と柔らかさのバランスが自分的には丁度良く、今までで一番いい感じでした。イメージ通りの色さえ出せれば、生地はここれでいいかなぁ。

◆機内に預けた荷物が空港到着時に戻って来なかった、という経験はありますでしょうか?

よく聞く話だし、私も経験があります。かなり前のことですが、グァテマラ旅行からの帰国時、経由地のロスで一泊することになってまして、そのとき荷物が別の飛行機で運ばれて行ってしまったのです;;

結局翌日の帰国時には間に合わず、薄着で過ごせたグァテマラ・ロスから、帰国準備が一切出来ないまま私たちツアー客は12月の日本に戻ったのでした…

以来、空港到着後に手元に戻らないとどーーしても困るものは、極力機内持ち込み手荷物の中に入れるようになった次第です。

というワケで、バナーは機内持ち込み手荷物なのでした(笑)(まぁスケアメで振れなくても、NHK杯で振れるからいいんですけどね(苦笑))

◆日本とカナダの国旗の他に、NHK杯に備えてロシア(イリニフ&カツァラポフ組)の国旗も買いました。スケアメにもヴォロトラが出場するので、ロシアの国旗を持って行こうと思います。

ウィバポジェも出るから、カナダ国旗があってもいいんですが……自分、振りすぎだろうか^^; でもみんな好きなんだよ!


関連記事

いろいろ(16:00頃一部加筆修正)

◆今年のNHK杯、男女のフリーが同日のせいで大激戦になってしまいましたね。

何で同日にするんだよ分散させろよ~と思ったのですが、調べてみたら、ロステレコム杯は4種目全てのフリーが同日!という鬼っぷりでした(笑)

もうそこまでやられるといっそすがすがしいとすら思えるのですが(苦笑)、これ、チケットの売れ行きにものすごい差が出たりしないのかな…

◆スケアメで不在の間、録画したい番組が大量に放映されるので漏れがないよう連日チェックしています。

そしてスケアメから戻った後の今月下旬は、把握し切れないくらいフィギュアスケート絡みの用事が重なりまくっています。

絶対忘れるに違いないので、普段使っているノートPCのモニタの端に付箋紙やメモを書き込んだ紙テープを貼りまくり。しかしこれでも忘れそうでコワイ。

オフのシーズンですら何気に色々せわしなかったことを思うと、シーズン始まったらキャパオーバーでアタマがついていかなくなりそうで、そちらもコワイです…

◆アメリカのスケート連盟から、VIP席購入者への案内メールが届きました。

受付の場所や必要なものについて丁寧に説明されていて、有難かったです。VIP席購入者は、正面入り口専用の入り口から入るのだそうです。

この席のチケットにはプログラムがついてくるほか、ラジオ放送が聴けたり、各セッションの90分前から専用ラウンジが使えて、ワイン、ビール、ソーダ、ミネラルウォーターのドリンクチケットもついてくる等のサービスがあります。

日本は一番高い席買っても、上のどのサービスもないですよねぇ^^; 試合チケ買って、スケ連から直々に案内メールが来るなんてことも。

色々興味深かった…というか、スケオタにもってこい過ぎるこの環境が羨ましかったよぉ!(><)

◆渡米のための準備、買い物に関してはほぼ終わった…と思うので、この後は服装選び。

シアトル付近は東京より平均気温が低いらしいので一応冬装束を考えていますが、会場の寒さはどうなんだろう。常設リンクじゃないので、やたら寒いということはないと思いますが…

ある程度選択の幅をもたせるようにしたいとは思ってますけど、一番上のアウターは何を持っていこうか悩み中です。

去年のスケートアメリカの観客席映像、もう一度チェックしてみよう。

でもダウン着てる観客がいた日本の会場で自分はそれよりずっと薄着で平気だったこともあるので、他人様の服装がどれだけ参考になるかは不明ですが↓

◆最近海外の試合を観ていると、以前よりずっと観客席の様子が気になります。特にスタンドの構造。

会場によって色々違うので、なかなか興味深いです。スタンド最前列がそのままリンクとの間を隔てるフェンス際、という会場もあれば、スタンド最前列の前にリンクを一周する通路が設けられている会場もありました。

観やすいコーナー席があるのは、アイスホッケーにも使われる会場だからなのでしょうね。日本でもホッケー会場として使われる東伏見は、同じような構造です。

それから画面に映るとついチェックしてしまうのが、横断幕。「あ、ちょっと今の横断幕、もう一度よく見せてー!」なんて思ったら、選手の演技に集中出来なくなって困りました(苦笑)


関連記事

Halloween Mini Book

スタンプカーニバルのショップブース内ミニ講習で作った、ハロウィンのランタンミニブックです。

講習時間が足りなくてパーツと土台を作っただけで終わってしまったため、残りの仕上げは家でやりました。スプスプさんが作った見本の写真を参考にしつつ、いただいたキットの他に手持ちのパーツも足しながら色々アレンジ。

もともと土台作りの段階で色々間違えてしまったので、アレンジせざるを得なかったというのもありますが↓


▽表紙

Halloween_minibook.jpg



▽開くと…

Halloween_minibook2.jpg

中央2面の向こう側にも同じように家の形をした2面があり、上から見たとき大体正方形状の形になるように開いた状態で立ててあります。

4面に囲まれた内側のスペースには、LEDライトのような灯りを入れる、とのことでした。でもミニブックの中身全体が濃い&暗い色の面ばかりなので、部屋の電気がついていない状態ではこのミニブックの形すらよくわからなくなるようです。窓部分には透明なマイカ(雲母)が貼ってありますが、周囲が暗いときでも強めの灯りじゃないと光が漏れてこない感じですね。

大きなキャンドルライトを入れたいところですが、周りが紙だから無理だしなぁ^^;


▽裏表紙

Halloween_minibook3.jpg

土台作りでミスしたせいで、見本とは大幅に違うものになりました。見本はシンプルでセンスもよかったのに、こんな風にゴテゴテしてしまったのが悔やまれます。


▽中の左面

Halloween_minibook4.jpg

昨年撮影したうちのワンコのハロウィンコス写真を貼ってみました。


▽中の右面

Halloween_minibook5.jpg

右の赤いハーレクイン模様(ダイヤ柄)の部分は表紙・裏表紙と同じペーパーを使ってますが、そのままだと余白部分が目立つせいで構図の印象が散漫になりそうだったので、黒でスワール模様を書き込んでみました。

書き込む前より、少しは「TRICK OR TREAT」の文字が視覚的なポイントになったと思います。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

このミニブックは、ワンコの写真があるので親へのお披露目として2日ほどリビングに飾ってから、いつものごとく近所のクリーニング店に持っていく予定です。(お店にはクラフト好きの店員さんがいて、ご自身で作ったトールペイントの飾りを店内に沢山飾っていらっしゃるのですが、昨年から私のカード作品やイラストなども飾って下さるようになりました)


関連記事

久々にピアノの話

◆やっと。。。ピアノがとても弾きやすい季節になりました。

ピアノに限った話ではありませんが、夏も、冬も、別の苦労があります。湿度は、ありすぎてもなさすぎても弾きづらい。

調号の多い曲で16分音符を弾く(つまり白鍵と黒鍵を忙しなく行き来する)とき、湿度が高いと指が白鍵の上面や黒鍵の側面にへばりつくため移動が一瞬遅れます。

逆に寒くてとても乾燥していると、もう 「 超 伝 導 か ? 」 と思うくらいの勢いで、指が黒鍵から滑り落っこちる^^;

秋は、いいです…(しみじみ)


◆まだ6曲しか手をつけていませんが、インベンションを弾いていて気付いたこと。

薬指の動きが悪いときは、8番が弾きづらい。

小指の動きが悪いときは、13番が弾きづらい。8番はそうでもない。

腕の動きが悪いときも、13番が弾きづらい(離れた音に跳ぶときにすぐ弾き損じるので、いつもより腕の動きが鈍いと気付く)

中指と薬指、薬指と小指、それぞれの連携が悪いときは、5番が弾きづらい。

同時に色んな曲を弾いていると、1曲だけ弾いてるときにはわからないことに色々気付けるのが面白いですね。


◆インベンションを始めてから3曲目に、5番を選びました。

5番は私の希望だったのですが、後から聞いた先生の話では(自分が勧めるとしたら、この段階で)5番はやらない、とのことでした。

先生の指示に従った最初の2曲は、10番と4番。
10番は2週間ほどで最後まで通せるようになりました(その後修了しきらず一時預かりになったけど(苦笑)) 4番は、早々に修了しました。

ところが自ら選んだ5番は、1週間に1段しか進まなかった…!^^;

「もしかして難易度が段違い???」と焦っても後の祭り。

もともとインベンション以外にも2曲ほど並行して練習していたので、やむなくこの時期のレッスンは主にそちらを見ていただくことにして、5番は譜読みが最後に辿り着くまでずっと自習にしてました。

最後まで通して弾けるようになるまでにどのくらいかかったか、もう記憶にありません;; 単純計算でも3ヶ月は超えていたように思います。たった2Pの曲なのに。

レッスンに入ってからも、仕上げて修了するまでがまた長かったです…(苦笑)

何でそんな曲を自ら希望したかと言われたら、ただ単に「変ホ長調」だったから^^;

11/06/05付の記事「変ホ長調」で書いた通り、私は変ホ長調が好きなのです。なのでモチベーションが上がるようにと、好きな調から先に手を着けようとしただけで。

ただ早い段階でいきなりハードル上げたおかげで、いいこともありました。技術が上がったかどうかは別として、他の曲に臨むとき気持ちの上でラクになったのですよね。1段弾いてみて1週間かからないことがわかると、「うん大丈夫、5番よりはずっと早く最後まで行ける、頑張る!」みたいな感じで。

ギリギリの構成で試合に挑むスケーターさんたちの状況が、ほんのほんの少しだけ、イメージ出来たかもしれない(笑)

とはいえ、5番より早く弾けるようになっても、その分早く修了するとは限らなかったりします。

5番の次に先生に選んでいただいた13番は、譜読み~暗譜こそ早く終わったものの、強弱のつけ方が5番よりはるかに難しかった。何事においてもメリハリをつけるのが苦手な私は、この13番を仕上げるのに、精神的には5番以上に苦労した気が、すごくします(苦笑)


◆か~~~なり迷った末に、ハンドロールピアノを購入することにしました。

スケアメ観戦は3泊5日。
ピアノを習い始めてから3日以上練習をしなかったことって今まで一度も無かったので(2年前に怪我で左肩をかなりひどく痛めた後も、3日目には我慢出来ずに練習再開したし^^;)、4日間は確実にピアノが弾けないという状況がど~~~しても気になってしまいまして。

昔、戦争中か何かで長いこと牢獄?暮らしだったあるピアニストが、紙に描いた鍵盤の上でずっと演奏の練習をして指の感覚が鈍らないように努めた…という話を聞いたことがあります。でも私の場合、完全に暗譜している筈の曲でも音が出ないと指が動かせないので、この方法は無理(-。-;)

ハンドロールピアノは本物のピアノと比べてずっと反応が鈍く、音を出すには人差し指1本で1音1音弾くのが一番確実、とすら言われているシロモノです。このため、(ピアノ初心者は別としても)演奏の練習には全く向きません。

ただ譜読み段階ならスピードはあまり必要無いので、メロディを覚えることくらいには使えるんじゃないかな~と…とりあえずしばらく前に山野楽器店頭で実物をいじったことがあるので、そう考えました。また、ハンドロールピアノ使用経験のあるピアノの先生にも相談した上で「あれば何かしらのことは出来るから、全く何も無いよりはいいだろう」という結論になった次第です。

購入したら、3泊する予定の全日本にも持って行きたいと思ってます(苦笑)


関連記事

植物のATC・3




スタンプ仲間に差し上げる約束で、今年6/8付記事「植物のATC」の1枚目の写真と同じものを作る予定だったのですが、色々と失敗↓

一番下に赤で捺したスタンプのインクを乾かす時間が短すぎたらしく、エンボスパウダーにことごとく反応してしまいましたorz

以前やったときは、赤のスタンプ捺してから1晩くらおいたんだっけ? オボエテイナイ…

どのスタンプをどのインクや順序で捺すのかということだけ覚えていれば大丈夫だろうと思ってたのに、他に盲点があったとわ;;

パウダーがつきすぎて柄が重なっている部分は形状がわからなくなってしまったので、ブラシで叩いて部分的に落とすようにしました。当然の結果として粉がカード全体に飛び散り、背景として使う分にはまぁいいかと思える程度にはゴージャス感が出たので、そのままATCを制作しました。

上から貼ったアクセントがメインになるように、明るい暖色系で描かれた蝶を使ってます。

plants_atc2.jpg

plants_atc3.jpg


上3枚共、スタンプカーニバルにて無事スタンプ仲間ほかの方々ににもらわれてゆきました。

今回のスタンプカーニバルではATC交換が大々的に呼びかけられていて、交換希望者は受付から目印のシールをもらい服に貼ってうろつく、ということになっていたようです。

もともとATCを作る方々は、お仲間との交換用にこうしたイベントでは何枚ものATCを持参されています。今回は知らない人との交換も出来る(目印のシールを貼っている人に交換を呼びかけることが出来る)ということで、ある人は「今回は100枚作ってきた」と言ってました。スゴイ^^;

私もATCは大好きなのですが、最近ずっとスケートにうつつを抜かしていたせいで交換会に参加出来るほどの数を準備することが出来ませんでした;;

ハロウィンのスタンプ沢山持ってるのに!!! 大量に使うまたとないチャンスだったのに!!!(^^;)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スタカニのブース内ミニ講習で作りかけのままになってたハロウィンのミニブック(式ランタンカバー?)が、無事完成しました。写真のUPは、また後ほど…


関連記事

ある楽しい秋の1日

今日は、盛り沢山な1日でした。

午後までスタンプカーニバル、その後は、ご縁があって今回NHK杯でご一緒することになった方とティータイム。

スタカニでは美味しい戦利品をゲットしまくり、スケートファンの方とは生観戦者ならではの話題で色々盛り上がり。

帰路にクラフト趣味で話が合う知人のところに立ち寄ってスタカニ戦利品の話で盛り上がり、帰宅後は朝日ニュースターで再放映中の2011ロシア杯をのんびり鑑賞。

あーもう楽しすぎる(* ̄▽ ̄*)

今夜はこの後、スタカニのミニ講習で仕上げられなかった(元々時間が足りなかった^^;)ハロウィン作品をまったり作る予定です。

ということで、それらの詳細は時間があれば後ほど~

来週は渡航準備のため、更新はあまり無いかもです。


関連記事

2011スケートアメリカ~男子シングル

目下、毎晩昨季GPSの再放送が観れて幸せ(* ̄▽ ̄*)

昨季のGPSはNHK杯女子とファイナルくらいしかまともに観た記憶が無いので、ものすごく面白いです。

ファイナルやワールドを観ているので、初戦とその後でプロや衣装を変えた人が既にこんなにいるのか。

スケートアメリカの男子、デニス・テンくんが素敵すぎる… 演技(というか身体の動かし方)が、もう無茶苦茶私好みです(@@)

SPの衣装と振付が、何か羽生くんを思わせました。自分が知ってる中では、一番羽生くんと動き方が似て見える。

FSの衣装は、ワールドのイエローよりこっちの方が良かったなぁ。でもSPもFSも良かった。特にSPは衣装共々好み。

今季の貴公子プロ、大画面のスケートカナダで拝むのが楽しみです♪ そしてまたいつかキスクラランビが観れたら、尚ヨシ(笑)

ドーンブッシュのプロも、わーどーしよう!ってくらい好みでした。SPのベートーベンもFSの西部劇も、表現がすごく良かったです。

スピンも高速で綺麗で好み。彼は先日のフィンランディア杯でクワドコンボ決めて2位でしたよね。TESは1位だったし、是非是非この後のGPSも頑張って欲しい。NHK杯生観戦の楽しみが増えて、とても嬉しいです^。^

アモディオはFSの曲も衣装も変えたんですね。

ヴァンデルペレンも素敵だった… パワフルだけどスマートなジャンプ、クワドも3-3-3も素晴らしかったです。このシーズン最後のワールドでPB更新して引退、という幕引きもカッコよすぎでした。

ペア転向という話だけど、どうなるんでしょうか。ペアのサイドバイサイドで3-3とか観れませんか(笑)

コンテスティの演技力もたまりません。これが幻の指揮者プロかぁあぁ!!!…とすごくテンション上がってしまいました。とても観たかったプロなので、超嬉しいです。

私はまさにこういうプロ、演技を、沢山!!!観たいんですけど、シングルは「とにかくジャンプ跳びやがれ」な世界だからなぁ… ジャンプが決まらなすぎたからか、指揮者プロはシーズン途中で別のに変えられちゃって…コンテさんをエキシとかショーで観たい…

村上くんの『グラディエーター』、音楽によく動きが合ってて魅力的でした。全日本で観たときもイイと思ったんですよねーそういえば。このスケアメ、サルコウ成功してればなぁ。

小塚くんも、一部のジャンプ以外は悪くなかったんですよね。動きもいいし、足捌きいいし…SPの動きもキレがあったし。

ミハルの鼓童はやはりイイ。『CaOI』に行けなくて最も残念だったことの1つが、生鼓童が観れなかったことです… 今季の痩せたミハルがドラキュラっぽく見えるのは、このやたら目立つ犬歯のせいもあるだろうか。

しかしこのスケアメ男子、あれやこれやと美味しいところが盛り沢山で、自分的には超お宝映像でした…(嬉) 録画しといて良かった…

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

最近立て続けにフィギュア映像を観たお陰で、大変私好みな、キレのあるアラビアン→バタフライ→キャメルの流れが沢山観れました。キャーvvv

そしてあまりにあちこちで観たので、誰と誰がやってくれたのか記憶し切れなくなってしまったという^^;


関連記事

バナーの話

新調バナーのデザイン、何とか仕上がって発注も無事終わりました。今回は試合会場仕様ということで、サイズは少し大きめ、文字も大きめになっています。

時間たっぷりあると思ってたのに、いざ作り始めたときはもう納期ギリギリでヤバかった^^; NHK杯チケ発売の頃から色々忙しなかったからなぁ;;

しかも今度のものは諸条件あってイメージ通りの仕上がりにするのがなかなか厳しそうなので、出来上がりを見るのがちょっと怖かったりします。四辺を縫製することを考慮すると、かなり余裕の無い、いっぱいいっぱいのデザインにしてしまった気がするし…(断ち切りと余白を意識し損ねる悪いクセが、久々に出てしまったorz)

バナー生地って選択肢が結構あるんですけど、生地の種類によっては折り畳んで持ち歩くことが出来ません(出来ないというよりは、生地の性質上折るのが望ましくない) その場合筒に巻いて保管するのですが、私が作りたいバナーサイズの場合、筒が大抵のバッグに入りきらない長さになるのですよね。

ただ、PCで作成したデータの色の再現率はかなり高い。2回目をこちらのタイプの生地で作ったのですが、色がほぼモニタで見た通りに再現されていたことに感激しました。

一方で折り畳める化繊の生地は、昇華印刷・昇華染めでの製作となります。こちらは元データ通りの色の再現が難しく色校正も出来ないため、イメージに近い色に仕上げるのはかなり慣れとノウハウが要るんじゃないかと思われます。生地にもよりますが、特に濃い目のシアン(ブルー)がかなり暗く出力される印象。

更に今回は、バナーの背景を前2回のような「単色の地にロゴマークのようなカッチリしたデザイン」ではなく、写真のようにかなり複雑な色合いの画像にしてしまったので、尚のこと再現は難しいと思われます^^;

「前2作はIllustratorの軽いベクターデータだったのが、今回は重たーいPhotoshop画像になってる」と言えば、わかる人にはわかると思いますが。。。

というワケで、もうほとんど賭けです(苦笑)

失敗したらどーしよう。。。でも1回作ってみないことには、傾向と対策がわからないからなぁ。。。

ノーベル賞を受賞された山中教授も「1回の成功のために、9回失敗する。ずっとストレスが続く」みたいなことをおっしゃっていたし、失敗なくしては成功もナイんだ!と己に言い聞かせることにします^^;

せめて振るのをためらうレベルの色合いにならないように祈る(苦笑)

でも文字のみが主役のグラフィックデザインって今までやったことが無かったので、バナー作りもなかなか面白いと思いました。実際製作するかどうかはともかく、色々なデザインを考えてみたくなりますねv(ボツになったデザインも既にいくつかある)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

このネタって「フィギュアスケート」カテゴリと「おえかき・デザイン」カテゴリのどっちにすべきなのか、何気にいつも悩みます(苦笑)


関連記事

いろいろ

◇録画しておいた『フィギュアスケートde秋祭り』を観て、戦友にして大ベテラン同士・高橋くんと明子ちゃんの、励まし合いエピソードにじんと来ました。

本田さんも言ってましたが、いつまで続けるかという岐路に立ったとき似た立場で相談出来る仲間がいるって素敵なことだなと思います。

改まった表情で語る高橋くんの顔つきを観ていて、つい最近どこかでこれとよく似たものを見た気がする、誰だっただろう…とずっと考えていて、体操の内村くんだと思い出しました。

顔立ちは似てませんけど、顔つきから滲み出る雰囲気が似ているなぁと。

以前、卓球の全日本で5連覇中の王者・水谷選手を決勝で破った高校生・吉村選手の顔つきを見て、羽生くんを思い出したことがありました。「現王者に牙を剥いて襲い掛かる若手が放つオーラ」って、やっぱりどこか似てる気がしたのでしょうね。

高橋くんと内村くんの場合は、「『ワールドチャンピオン経験者で、日本のトップとして日本男子を牽引する立場であり、個人でも五輪のメダル・頂点を目指す選手』であることの貫禄や覚悟」みたいなものが、表情に似た印象を持たせたのかなと思ってます。

◇美姫ちゃんは試合復帰、ほんとに大丈夫なのかな~?と気になってはいたのですが。

やっぱりGPS欠場かぁ… 全日本も欠場みたいですね。

モチべが上がらないのに試合に出ることはないと思うけど、今の年齢で2シーズン休むとこの先どうなるんだろう。

個人的にはもうプロ転向してもいいんじゃないかと思ってるんですが、選択の余地は残しておきたいってことなのでしょうね。

◇目下、朝日ニュースターで昨季GPSの再放送中。

あああ、スケートアメリカの女子FS、最後の2人だけでも録画すれば良かったぁぁぁ…

スレンダー美女スケーター大好きな自分にとって、コストナーとシズニーが続くなんて眼福過ぎる(コストナーとコルピの昨季ユーロTOP2の組み合わせも同様)

特にコストナーの青の衣装が素敵で、シズニーのスピンも美しすぎて、マジ保存すべきだったと後悔orz

コストナーの衣装、ファイナルはこれじゃないんですよね~ あのシルバーのツナギも素敵だけど、この青衣装の方が自分は好み。

幸い来週再放送予定のエリポン杯もこの衣装なので、今度こそ録画しなければ^^;

◇海外の試合会場を観ていて「いいな~」と思うのは、日本の試合会場で見る「アリーナSS席」や「アリーナS席」のような可動の増設席が無いこと。

リンクを1周する形でショートサイドにもコーナー部分にもスタンド席があり、スタンド席最前列=リンクサイド最前列という会場って、すごくいいなーと思うのですよね。

きちんとリンクを向いているコーナー席はかなり見やすいですし、スタンド席がそういう構造になっていれば、チケット購入者が「目の前にリンクが無いロングサイド端席」なんて憂き目を見なくても済みます。

でも日本の試合会場でそういう構造のところって、まず無いですよね…

可動式のアリーナ席って、スタンド席みたいな段差が無いから高額にも関わらず見づらいし、無いなら無い方が有難いんだけどなぁ。どの会場もアリーナ席作らないとスペース余るのか。

そういう意味でも、増設のアリーナ席なんぞ無いスケアメ会場での観戦がすごく楽しみです。

もうほんとどこにでも遠征出来るものなら、試合はチケが取りやすくてスタンド席のみの海外会場で観たいよ…(苦笑)

◇『フィギペディア』で、2008年東京GPF優勝時の真央ちゃんのフリー演技を観ました。

何かもう、全身からスケートをする喜びみたいなものが溢れてる感じが良かった^。^ 『くるみ割り人形』プロも可愛くてよく似合ってたし、ジャンプもすごかったな~~

まだほとんど観れてませんが、トータルで8時間近くあるので、じっくり観るのが楽しみです♪

◇通販で、カナダ国旗と日本国旗を注文しました。

カナダ国旗はスケアメには持っていかないけど、ケヴィンくんの出るNHK杯には持って行くぜ!…とそこまで考えて、はっと気付きました。

NHK杯にはイリニフ&カツァラポフ組がいるじゃん! ロシア国旗も要るじゃん!!!

慌てて追加発注希望のメールを送りました^^;

国旗がどんどん増えていくよ…

ロシア国旗買ったらスケアメに持っていって、ヴォロソジャル&トランコフ組の演技の後に振れたらいいなと思ってますv(関係ないけど、今季のトランコフの髪型にはちょっとビックリしたわ…(笑))


関連記事

巳年年賀状とスタンプの話

※「巳年年賀状」関連のキーワードでこの記事にアクセスする方が多いのですが、そういった情報をお探しの方は、この記事ではなく 2012/11/16付の記事 「巳年年賀状のためのスタンプと素材集」 をご参照下さい。※


ものすごく久々に、フィギュアスケート以外の話。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

巷では9月のうちから、来年のカレンダーやスケジュール帳や年賀スタンプが発売されています。

なので、私もそろそろ自分の年賀状イラストのアイディアを考える時期だなぁ、と。

ちなみに、以前このブログでも書いたと思う「ニシキヘビ肩に巻いた金髪美女アイスダンサー」というイメージが頭から離れません(苦笑)(アイスダンサーとわかってもらうためには男性も描かなければならないのかと一瞬思ったのですが、明らかにジャンプが無理そうな衣装にすればいいんですかね? あ、でもシングル選手もEXならそういうの着れちゃうか)

サイトの方にUPしている通り、私は毎年必ずオリジナルのイラストに干支の動物を色々な形で組み込むようにしているのですが(今年の年賀状では初めて干支部分がイラストではなく自作ドラゴンの写真になりましたけけど)、上記イメージに従った場合ヘビがそこそこリアルになりそ~なので、どうしたものかと思案中^^;

いや他の干支のときはいいんですけど、巳年だけはリアル度合いに気を遣うんですよね… 私は日頃写真素材集を愛用していて干支の動物の写真もよく集めるのですが(架空の龍の場合は装飾や置物とか)、ヘビの写真だけは使うのをためらわざるを得ません。

一度個人サイトTOPの年賀イラストに写真素材のヘビを使ったことがあるんですけど、最も爬虫類っぽい色柄がなさげな白ヘビ(多分アルビノのアオダイショウ)であってすら、、画像修正で微妙な色合いとか凹凸感などの生々しさを極力なくさねばなりませんでした(苦笑)

話変わって、年賀スタンプ。

毎年「こどものかお」さんの干支の年賀スタンプを、色々購入させていただいてます。

来年の場合、干支が干支なので(苦笑)リアル風味ではなく可愛らしいイラストになっているものが多いですね。毎年買ってた可愛い絵柄のデュエットスタンプ(2~3個入りセット)シリーズは、今回あまりにも絵が簡単すぎて、さすがに絵描きの端くれとして「これ買うのか?」的な気持ちになったため、購入は見送るかも(苦笑)

和風柄スタンプの方には結構好みのものがありましたが、気に入ったんだけどまず確実に年賀状以外には使えなさそうな柄ばかりなので、悩ましいです。ヘビやウシやイノシシ以外なら、普段使いもしやすいのにな~

個人的にはヘビ好きなもので、自分がもらう分には「素敵ヘビの年賀状、いっぱいカモ~ン♪」「巳年以外にも常時、素敵ヘビカード熱烈歓迎▽」状態なんですけどねぇ(笑)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

ハロウィンの話題よりクリスマスの話題より先に、年賀状の話題をしてしまった(苦笑)

でもちゃんとハロウィン絡みの予定もあるので、今週末辺りUP出来るんじゃないかと思います~


関連記事

フィンランディア杯女子+雑談

リプニツカヤ、シニアデビュー戦のフィンランディア杯優勝、おめでとう~~~!

相変わらずすっごいI字スピン&I字ビールマンでした。そして2Aからの3連続も良かった。冒頭の3Lz-3Tは、TVの方操作してて観損ねてしまったorz

私が観に行くGPSではお目にかかれなくて、ほんと残念です。。。四大陸は関係ないし、ソチ五輪の前に生で一度観たいなぁ。来年国別来てくれないかなぁ。

フィン杯女子は、リプ、コルピ、未来ちゃんが手堅く表彰台で何より。

放送観始めたの途中からなんですけど、B級大会にしてはやたらジャンプに安定感あって上手だなーと思ったら未来ちゃんだった。

今季のGPSは1戦しか出られないけど、全米までに調子上げて欲しい。バンクーバー五輪で観たときから、気にしてるんですよ~


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


フィン杯は、男女共に私のイチオシ選手の優勝で嬉しかったですv しかしB級大会だというのに、GPS並みのメンツ揃ってますよね~特に男子(苦笑)

表彰台の3人、男子は全員NHK杯に、女子は全員中国杯に出るんですよね。偶然だけど面白い。中国杯は他に真央ちゃんと美姫ちゃんも出るから、私的にはやはりここがGPS女子では一番美味しいラインナップだなv

改めてGPSのエントリー表見ましたが、男子ロステレコムも気になる選手率が高いな… Pさんのジャンプ安定した『ラ・ボエーム』がとても観たいし、テンくんの貴公子プロも、日本男子勢も米男子勢も楽しみですv


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


以下、ほんとにどうでもいい話なのですが、継続的に当ブログを覗いて下さってる方もいらっしゃるようなので、ついでに。

ユリア・リプニツカヤ選手の呼び方、実は自分の中では「リプニツカヤたん」が一番しっくり来てるのですが、何か違う空気を呼び込みそうなのでこのブログでは使う勇気がありません^^;

悩んだ末「リプ」と書きましたが、これも「リプたん」にしたくてもどかしいです(苦笑)

選手の名前をどう書くかは、実はよく悩みます。コラムのようなカッチリした文章を書いてるワケではないので、それが人名であっても、自分の日常感覚にない単語を使うことにものすごく抵抗があるんですよね。

実のところ、私はこういう場で人の名前を呼び捨てにするのが嫌い…というか感覚的にとても苦手なので、以前は有名人・芸能人・プロ選手といった人たちには常に「さん」や「選手」など敬称や肩書きをつけて名前を表記するようにしてました。

でもフィギュアの記事を書くようになって選手の名前を沢山出すようになると、その全てに「選手」をつけてたらウザい文章になるのは目に見えていたので…(苦笑) 諦めて海外選手は呼び捨て(海外の名前の場合はそれほど失礼じゃないと思うので)、日本選手は「くん」「ちゃん」づけで妥協しました。

呼び捨てより違和感あるという方もいらっしゃるかもしれませんが、どうしても呼び捨てが苦手なもので、ご容赦いただければと思います。

リプ以外で一番悩んだのは、パトリック・チャン選手。姓だけでも名前だけでもどうしてもリズム的に呼びづらかったのと、何故なのかどうしても呼び捨てがしっくり来なかったので、結局これも何故か自分のイメージにしっくりくる「Pちゃん」「Pさん」に。

何だか「名前を言えないあの人」みたいな感じで恐縮なのですが、そんなつもりは勿論全然なくって、自分の中ではそれなりにリスペクトこもった呼び方だったりするのでした。

あとペアとアイスダンスは、2人分ダイジェストな呼び方になることが多いです。日本でも「オグシオ」「フジカキ」といった呼称はあるので、こちらはまぁいいかなと。

このブログはフィギュアの話題専用ブログではないので、ほんとはちゃんとした名前で書いた方がいいんだろうなーというのは思ってます。でも自分の中で文章のノリとそぐわないと感じると語れなくなってしまうので…ハイ^^;


関連記事

フィンランディア杯とネペラ杯~祝・日本男子優勝

◇うわぁぁぁぁぁぁすごいすごいすごい!!!

羽生くんフィンランディア杯優勝おめでとう!!!

コンボがいくつか抜けたみたいだけど、2クワド決めて、単独&コンボ1発目の3回転も全て決めて、初戦からいきなり170点越えだよー!!!

怪我明けだってのにあの鬼プロをここまで仕上げてくるなんて…点数見ただけで涙出そうになりました。

TES90点、PCSも8点台がズラリ。昨季最後の最後に命削る限界突破で辿り着いた点数を、今年は初戦から出しやがりますかそうですか。

化け物だって知ってたけど、こうしょっちゅう化け物でなくたっていいのに(苦笑)

「進化速すぎてファンですらついていくのが大変」状態は、今季も続くのか。


↑ここまで、点数だけ見たときの感想。
↓ここから、動画観た後の感想。


こんなに元気なさげなのに、露骨なミスもなくまとめてあの点数とったのですか…マジですごいな…

終わった後前のめりに倒れ込んじゃって、相当しんどそうでしたね。まさか20114CCの「おすわり」よりすごい状態を見せられるとは。

立ち上がった後も足がちゃんと動いてなくて、「だ、大丈夫???」と心配になりました↓

それでも最後のフリップちゃんと跳べてたのは、昨季のサルコウと違ってステップの前に持ってきたからだろうなー

スタミナ温存対策なのか、イナバウアーが抜かれてましたね。ショーで観たときはタイミング的にもとても素敵で映えたので、最終的には入るといいなぁと思います。

4Sは、降り方が【FaOI】の楽日に観たフルヴァージョンのときと似てましたね。膝目いっぱい曲げて「こらえた!」って感じ。でも綺麗に回りきってるから、しっかり加点はつくのですね。

3Loの着氷後のポーズ、【FaOI】でもいいと思ったけどやっぱり好きだな~ 織田くんのFSの3Aの着氷後みたいに、もうちょっと同じポジションで流して欲しいと思ってしまうv

最初のフライングシットスピンは、回転速くて綺麗でした♪

とにかくお疲れ様でした、ほんとにゆっくりじっくり休んで足を大事にして下さい…怪我以外ほんとに全く何の心配もないほど別格の実力(同世代比)なんだから、大事にして~~;;

でもFSでこれだけ点取れるのに、SPが80点(せめて78~79点)いかないのはほんと勿体無いなぁ、といつも思ってしまう。GPSや全日本で頂点を争うとき、SPを同レベルで揃えられたらどれだけラクかと思うと…^^;

FSのコンボが予定構成通り全部入ったらTESもっと上がるでしょうが、スタミナ的に厳しそうだし、その分別エレメンツの取りこぼし出そうだし。。。

◇技術的なこととはまた別の話なんですが、FSの『ノートルダム』は、今のところ「羽生結弦というスケーターを使って何を表現したいプロなのか」、よくわからないです。。。

インタビューで羽生くんが少し(「こういうのを表現してる」的なことは)語っているんだけど、実際の演技を見てもちょっとわかりづらい。ノートルダムのストーリー自体はあまり反映されてないみたいだし、それぞれの曲調に合わせた振付はあるものの、全体を繋げたときこれは何かと言われたら、何だろう?…みたいな。

繋げている4曲は内容バラバラだからドラマ表現には直結しない気がするし、まだ「個々の曲の雰囲気の表現」に留まってる印象。

エレメンツこなすだけでいっぱいだからなのか、プロ自体がそんな感じなのか、まだ初戦なので結論は保留します。

ロミオが明快すぎた、というのもあるでしょうが。。。『ノートルダム』でも、いずれ(エレメンツのすごさ以外の部分で)強烈に伝わってくる何かが見られたらいいな~と思います。

フィニッシュポーズはドラマティックでとてもかっこいいと思うのですが、直前までの流れにそれなりの勢いや盛り上がりが無いとちょっと唐突な感じもしました。例えば、昨季GPFの(サルコウ跳ぶ力まで使い切ってしまった)ステップくらいの迫力(あくまで「迫力」ね。表現すべきものは全然違うと思うので)があったら、すごく決まると思うなー スタミナ的に大変なのでしょうが…

SPに関しては「バトルその他のような大人の男がやったらさぞ素敵だろう」という意見にも全く異論はありませんが(笑)、こちらは現時点でもうそれなりに羽生カラーに染まってきてると思うからあまり気にならない。

◇ドーンブッシュの演技、良かった!(・∀・)

クワド1本転倒以外、ジャンプことごとく決まってTESは羽生くんより上の92。昨季ワールドTOPのTESが91だから、こちらも初戦でいきなりすごいです。

NHK杯でも、こんな演技を見せて盛り上げて欲しいです♪

◇フェルナンデスくんは、綺麗なクワド持ってて成功率高いのに、後半ジャンプがなかなか揃えられないのが勿体無い。

クワド2本目がダブルになっちゃったのが痛かったですね。点数見た瞬間、「あ~ジャンプ2本以上失敗したな」と思いました…

フリーを最後までまとめる力は羽生くんの方が上だと思うけど、PCSは互角だし、クワドが2本以上きっちり入ったら(予定では3本?)やっぱり強いでしょうね~ NHK杯が見ものです。

◇ジョニー、クワドは回転不足だったけど、SPFS共しっかり入れてましたね。本気度が伝わって来る構成に感動。

コンボの3Aは、迫力あって素敵でした♪ あののけぞりポジションも好き^^ GPSも頑張って下さい。

◇町田くん、ネペラ杯優勝おめでとう! 転倒2回でも圧勝でしたね。クワド降りたし、転んだ以外のジャンプは安定してました。

手の動きがほんとに鳥の羽っぽくて、羽ばたきの音が聞こえてきそうで良かったです。スケアメもガンバレ!

村上くんは折角荘厳な曲なんだから、もっと素敵衣装にしてもいい気がします。でも2位おめでとう!

ケヴィンくん、フリー2位だったからSPであんなに失敗してなければ表彰台だっただろうなぁ。

でもフリーのプロ素敵でした。身体の動きもいいけど、ジャンプも何か綺麗になってる気がする。SPもとても好きなプロなので、GPS頑張って下さい。NHK杯で会えるのを楽しみにしてますv

にしても、みんなさらっと跳んでくれちゃうので、ストリーミング映像だとクワドってわからなかったよ>ネペラ杯

シニアの国際大会が始まった途端、ネーベルホルン杯、フィンランディア杯、オンドレイ・ネペラ杯、と日本男子が片っ端から制覇。ついでにジャパンオープンも(出場者少ない代わりにワールド&五輪メダリスト揃い(笑))

そして10/6から7にかけては、日本男子のクワド祭りでしたね。2010年の全日本では誰もクワドを成功させてなかったのに、そのときの上位メンバーが今は皆さん立派に…

しかし層が厚すぎて、選手にとってはほんと大変ですよね。全日本が楽しみで、でも気の毒です。枠、ほんと足りない。


関連記事

2012ジャパンオープン

本日4度目の更新(苦笑)

でも今夜はネペラ杯とフィンランディア杯あるし、7日夕方には【CaOI】もあるからのんびり出来ません^^;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

◇あ~~やっぱり試合プロはいい!!!

とりわけPさんの演技を観ると、心からそう思う。

これだよ、私が観たかったスケーティングは!!!…的な。

ジャンプボロボロで点数悲惨だったけど、久々に堪能した競技リンクでのスケーティングは鳥肌モノ。もうエッジに目が釘付けで、あまりのスピード感と滑らかな伸びに涙出そうになりました。本当にこれは圧倒的だと思います。

ジャンプ心配ですが、素敵プロだと思うので是非完成版が観たいです。スケカナまでにしっかり調整して欲しい。

そしてアシュリー、パワフルすぎる(笑)

体もよく動いてたけど、とにかく表情の作り方がすごくて迫力ありました。黄色かわいい衣装であの表情されると、ちょっとコワイ^^;

ジャンプは抜けもないし、女子で転倒無かったのは彼女だけかな? スケアメに向けて準備は整ってる感じで安心です♪ 2週間後本拠地で拝見するのが楽しみ^^

【MWO】から連戦のバトルもすごすぎました… 30歳、クワドなしのアマ競技ルールで160点超えとかvvv どこまで頑張り屋なのでしょう。

プロも良かったです。PCSはさすが。もうワールドの3枠目出たらどう?(笑)

個人的に、北米勢に心奪われた【JO】でしたv

◇プルさん、クワドちゃんと降りててさすがでした。3Aも高ーい!

今回宮本さんに『ロミジュリ』を振付けてもらってたと聞いてましたが、SPの方なのかな?

欧州選手権までにどこまで仕上げてくるか、見ものです。若手・中堅勢が、どれだけプルさんやジュベールのようなメダリストのベテランと渡り合えるのかも。

◇日本勢、この大会では抜群の安定感でしたね。

真央ちゃん身体の動きが柔らかくて綺麗だなぁ。ムダがなくて余計な力が入ってない感じが独特。白鳥は持ち味がとても活きるプロだと思うので、シーズン後半に向けて更に磨きがかかっていくことを期待してます。

3-3は無いけど、構成には5種トリプルが入ってるんですね。3番目に跳ぶダブルのタノループが好きですv

明子ちゃんは、やっぱり衣装がすごく素敵です… 青い衣装ってフィギュア女子では多いけど、私好みのものはあまり無いんですよね。でもこの孔雀ブルー衣装は素晴らしいと思いますvvv

曲はあの清涼感が好き。特に終盤がドラマチックなので、曲想表現を楽しみにしています。

小塚くんは、やはり匠系の美を追求した方がヨイと(個人的には)思います。ステップとか、調子の良かった2シーズン前の印象に近いように見えました。クワドも1本きちんと入って何より。2週間後も頑張って下さい。

高橋くん、この時期にこれだけ仕上がってるというのはさすがでした。これからより自分のものにしていくだろうと思うので、到達点を観るのが楽しみです。


関連記事

あれこれ

◇昨夜帰宅してブラウザ起ち上げた後は、真っ先にフィンランディア杯の結果を覗きに行きました。

とりあえず、点数見ただけで何をやったか(しでかしたか)わかるようになったよ(笑)

昨季の全日本と似たような点数で減点1だったので、クワド失敗して転んだのね、と思いました。その通りでした。

コンボのセカンドトリプルもダブルになってしまって、惜しい。

動画も観ました。衣装変わってる~~~! 【THE ICE】のときと全然違う~~キラキラ(笑)

終わった後さすがに悔しそうでしたね。

◇今夜はネペラ杯の男子FSとフィンランディア杯の男子FSの時間が重なってます(><;)

フィンランディアはストリーミング放送ないけど動画すぐに上がるし、どっちも追うのが大変そう;;

町田くんもケヴィンくんも羽生くんも頑張れ!

◇【JO】、アシュリーが女子のTOPなんですね~~~!!! 嬉しい、今夜観るのが楽しみですvvv

う~~生アシュリーのフリー観たかった! でもスケアメまで我慢だ…スケアメでも頑張ってアシュリー!


関連記事

雑誌最新号

【MWO】の会場で先行販売の『フィギュアスケートDays vol.15』と『2012-2013シーズンガイド』買って来ました。

【FaOI】の写真が『ノートルダム』『花になれ』共に複数載ってます。しかもどちらの本でも、FSの全身写真がすごくカッコイイ▽

『シーズンガイド』には、本人のインタビュー記事の他にオーサーコーチとウィルソンコーチのインタビューも載っていて、それぞれが羽生くんについて語ってる部分がありました。

以下、短い感想。

オーサーは、羽生くんは「ノー」と言えない性格に見えるから、スケジュール管理のためには誰かが悪役になる必要がある、と語ってました。

本当ににその通りだと思います。これからやるべきことを考えても、年齢を考えても、競技以外のことで煩わされる時間は出来るだけ少なくして欲しいです。その辺りは、スタッフにしっかり管理してもらえたら嬉しいです。

ウィルソンの話で面白かったのは、羽生くんが『オペラ座の怪人』をやりたがっていたこと。

羽生くんタイプの演技者であればファンも「いずれはやって欲しい」と考えるプログラムですが、もうやりたかったのかv(本人のインタビューでも、「ロミオは若い」から次はもっと大人なものを、みたいに張り切ってましたね)

さすがにウィルソンは「やめたほうがいい」と別のプロを選んだそうですが(苦笑)

以前別の記事で「ドラマチックなものがやりたい」とリクエストしたという話を聞いて、「『ロミオ』で手応え掴んだからソチに向けてその路線でいきたいんだな、だから準備期間の今季もそれで勝負したいんだな」と思いました。自分は「今季は情感たっぷり或いは物語性のあるクラシックで来るかな?」みたいに考えてたので、「あ、もう完全にそっち系でいいんだv」という感じでした。

『オペラ座』はさすがにまだ早いし勿体ないと思うけど、やっぱりいつかはやってみて欲しいですねv


関連記事

2012メダルウィナーズオープン

行って来ました。

カートがチャーミング過ぎて、どうしようかと思いました。

そして、バトルもチャーミングだった。

カナダの2人、チャーミング過ぎです。しかも金銀だし、強いし!!!(笑)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◇バトル、圧勝でしたね。

この大会用に新しく作ったプログラムとのことですが、ジャンプもノーミスだったしよく作り込まれてる感じで見応えがありました。

そして第一滑走でいきなりあんな高い点数が出て、ビックリ^^;

翌日も試合プロ滑るんですよね? 振付の仕事もしてるし、ほんとに、何て働き者なんだろう。

でも改めて、素敵バトルさんの素敵プロをまた観たい!と思いました。【JO】のバトルさんも生で観たかったなぁ…

膝の使い方を観ていて、羽生くんのSPを思い出しました。反映されてるなと(笑)

◇本田さん、3A降りたぁぁ~!

バランス崩してしまいましたが、【PIW】で跳んだの観たときから、この日に向けて頑張ってきたんだなぁ…と感無量でした。

シンプル衣装だらけの男子選手の中で、1人だけ気合入りまくりの衣装だったのが、個人的にはポイント高かったですv

◇ヤグディンへの歓声と拍手の大きさは、さすが(笑)

「お芝居」を意識したとのことで、照明を上手く使った演出とか、ストーリーを感じさせる演技でした。演劇的な表現、やっぱり好きだなぁv

身体の調子はどうなのかなと気になってましたが、ジャンプもしっかり決めてくれました~パチパチ

今回初めて生で彼を観て、面白いことに今年【PIW】で観たプルさんを思い出しました。

勿論ヤグディンならではの表現も楽しませていただいた上でのことですが、あの「全力で全方向サービス!」って印象を受ける動きは、私個人の経験と記憶の中から他に似たものを探すとすれば、プルさんになっちゃうのです。

一部ロシアンの傾向なのでしょうか。
(ちなみにロシア男子って、『白鳥の湖』みたいなのより闘牛士とか戦士みたいな方が得意or似合いそうな人が多そう、という印象があるのも面白いなと思ってます)

◇ロロ様、6分間練習のときに3ルッツ決めてて「ををををを!!!」って思いました。

ぶっちゃけ、【FaOI】で既に観ていた『三銃士』より衝撃あった(笑)>ルッツ

肝心のプロではジャンプ全部ミスってしまいましたが、やはり会場の盛り上がりはすごかったです。

バックフリップは減点対象なんですけど、健在。ステップ前の雄叫びには、燃えましたよ~~♪

◇クーリックは3ルッツを2本も入れてました。しかも1つはコンボだし、スゴイ。

バタフライは【FOI】のときほどダイナミックじゃなかったけど、全体的に身体が大きく動いていて勢いを感じました。スピード感もあってよく流れてたし、表彰台は納得。

ちなみに、ヤグディンが滑ってる間フェンスの無いコーナー部分でずっと身体軽く捻って準備運動してた姿がやたらと目立ち(特に、暗い中であの白シャツ&白ズボンと赤い腹巻のコントラストが(笑))、ついそちらに視線が行ってしまって困りました^^;

◇滑走順、カートがトリで嬉しかったです! 『雨に唄えば』、何となく最後のお楽しみとしてとっておきたかったので(笑)

今年1月の【SOI】のソロも良かったけど、今回も良かったです~~~

プロトコル、PCSの項目に10点をつけてるジャッジが沢山いて、こちらももうほんと、さすがとしかいいようがないv

こういう、原曲の世界をかなりきっちり再現&構築するような演技を(競技の中で)もっと観たいなぁ、旧採点の頃なら観れたのかな。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


他の方たちも取り沙汰してますが、採点方法、結局のところ思ったよりジャンプの比重がありましたよね。

アマ競技ではまずお目にかかれないような数字(9とか10とか(笑))が並んだPCS項目はとても楽しかったけど、TESをアマ競技に近いルールで採点したのでは、この大会の醍醐味が損なわれるのでは…とちょっと気になりました。

試合である以上どうしたって「高得点の条件」というのはあるでしょうが、現役退いた方々の多くが敬遠せざるを得ないようなルールにはならないで欲しいですね。

まぁ実際のところ観客の盛り上がりは点数とは全く無関係だったし(笑)、46歳で2位の選手もいれば、ロロ様みたく「採点基準なんて知ーらないっとv」な選手もいるので、一概には言えませんけども^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


現役ではケヴィンくんが好きだし、バトルのプロこれからも観たいし、カートの魅力は言わずもがな。

もうカナダ国旗も買うしかない


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


すみません、またしても男子のみで力尽きましたorz

静香姐さんのサイバースワン素敵だったし、ロシェット姐さんもバッチリ決めてましたが、自分はスルツカヤさんの演技に感激。

コンボは抜けちゃったけど、3回転ジャンプに安定感がありましたし。(いやジャンプだけ観て良かったと思ってるワケじゃないんですが、演技の細かい部分までは記憶出来ず「良かった」という印象だけ残ってるのです;;)


関連記事

シニアとプロの試合の話

◇町田くん、ノーミスSP1位おめでとう~~~! 今日【MWO】なのに、気になってしっかりライヴストリーミング観戦してしまいました。

もう意識の奥で「ノーミスノーミスノーミス…!!!」と念じながら観てたような気がする^^;

ジャンプは回転速いし、着氷も余裕で素晴らしかったです。ジャンプノーミスだと、その他の部分も見応えがあるだけに、この大会の中ではやはり別格な印象でしたね。

このままフリーも頑張って、そしてスケアメでも同じようにノーミスで滑って欲しいです。織田くんに続いて、この大会の男子も日本人優勝でいきましょう~

ただノーミスでも、ジャンプ1個分がほぼなくなったに等しかったときの羽生くんの点数と変わらないんですよね… やっぱりクワドのあるなしって大きいのか(勿論他の要素もあるでしょうけど、一番大きいのはそこかなと)

にしても、今季は町田くんの演技もドキドキドキドキしながら観ちゃいそうで困ります。

昨季は羽生くんの演技に緊張するだけでいっぱいいっぱいだったのに、今季は拳握り締めながら観ちゃいそうな選手が他にも複数いそうで、悩ましい。

応援したい選手が沢山いるのは幸せなことですが、身がもちません(苦笑) みんな一緒に勝つことは出来ないしね。

ケヴィンくんがジャンプ全ミスしたのが悲しかったです… 持ち越しのSPプロ好きだし、ジャンプ以外の部分は悪くなかっただけに(泣)

ドラキュラプロのベルネルさんは、ジャンプの構成が…いやノーミスなんですけど、構成がちょっとサミシイです。。。とりあえずは2位ですが。

久しぶりに拝見したイグナテンコさんは、髪切ってハウルとは大分雰囲気が変わってました。ジャンプも2つミスありましたが、それよりスピン中にコケちゃったのが悲しい。。。点数もトップの半分以下だったorz

そう言えば、ホームズ映画の曲もスケートのプロで使われてるんですね。ミステリ好きの自分としては、誰か素敵にホームズを演じてくれるスケーターはいないものかしらと、ちょろっと思ってしまいました(苦笑)

◇フィンランディア杯男子SP、羽生くんの滑走順は2番。

【MWO】からの帰宅、間に合うかなぁ… 【MWO】は12人が1回ずつ滑るだけだから、普通のショーかそれより短いくらいですよね、多分。

行きは1時間で行ける距離なんだけどな~

◇夜中の『ネオスポーツ』で【MWO】【JO】【CaOI】の特集やってました。

【MWO】の男子の公開練習の映像に悶えました(笑)

往年の名選手たちがショーなどで共演することはよくあるでしょうが、真剣な顔した6分間練習という形で拝む機会はフツーは無いハズ。

今夜は贅沢なものが観れるのだと、改めて滾らせていただきました(笑)


関連記事

いろいろ

◇フィギュアスケート名演技集『フィギペディア』の再放送が始まりました。

ずっとライトファンだったため、これまで観て来た映像も残していない自分には、こういう番組の再放送はとても有難いです。色々と参考&勉強になります^^

しかも名演技集だから美味しい映像だらけ。ケヴィンくんの2クワドSPとか、ジュベールの3クワドFSとか、織田くんの4-3決まったSP『Storm』とか、観れて&録れて嬉しい♪

コストナーさんのフラメンコもすごく嬉しかったです! フィニッシュは手足の長さがすっごく映える美麗ポーズで、とても素敵でした(* ̄▽ ̄*)

◇いよいよ明日は【MWO】! ワクワクです(^^)

荒川さんは白鳥を滑るそうですね。【FOI】の白鳥コラボだけじゃなくて、ちゃんと競技プロで観れるなんて、すごい楽しみです~~~♪

そして【MWO】の興奮を抱えて帰宅する頃には、フィンランディア杯の男子SPが始まっている…疲れていても眠れそうにない週末です^^;

◇白鳥といえば、真央ちゃんの今季フリーは白鳥だそうですね。日本で最も「白くてヒトでないもの」を演じるのにふさわしい選手だと個人的に思ってるので、これも楽しみ!

【JO】も生で観たかったなぁ…アシュリーやミハルが観たかったけど、彼らはスケアメで観れるから我慢だ。日本選手のフリーも、NHK杯(と小塚くんはスケアメ)で観れるから我慢だ!(><)

BSジャパンでのノーカット放送を期待(-人-)

【CaOI】も会場に行けばTVで放映されない諸々の楽しいシーンが観られると、すごくすごくわかってはいるのですが、今回は節約と体力温存を兼ねて結局諦めました(TT) 欲しい席ゲットのチャンスは何度もあっただけに、色々無念です…

◇スケートアメリカ開催に伴い、興味深い企画がありました。

会場近くのお菓子屋さんに男女のシングルとペアの3パターンの線画イラストが置いてあり、それに色を塗って提出する塗り絵コンペです。対象は子供で、6~10歳と5歳以下の2部門。

塗り絵はそのお菓子屋さんのショーウィンドウに貼り出され、コンペの勝者にはスケートアメリカのエキシビションのペアチケットが贈られるそうです。

今のところ、日本のNHK杯みたいな試合では考えられない企画ですよね^^; 塗り絵してGPSエキシのチケットが手に入るって、面白いなぁ。

そもそもスケートアメリカって、子供料金があるんですよね。チケットプレゼント企画が子供を対象にしてるところなんかも含めて、文化というか、裾野の違い、というべきか。

日本も、試合は無理でも、子供料金が設定されてる【PIW】辺りなら出来そうに思えますが…東伏見の会場とか、どう?(笑)


関連記事

NHK杯展望

◇NHK杯チケット、入手出来ました。

先行に全て落っこちた後、絶っっっ対に無理だ!と思っていたまさかの一般販売で、2日分。

全日本の前哨戦&予行練習も兼ねて激戦必至のNHK杯チケ取りに参戦してみたのですが、これで少し自信がつきました(T~T) 全日本も頑張るよ!

最後の1日分は、ギリギリまで粘ってみようと思います。多分勝負はもっと先になるだろうから、スケートアメリカには心置きなく行ってこれる(苦笑)

あ、でもNHK杯の放出と全日本の争奪戦て、おそらく時期的にかぶりますよね…すごいカオスになりそうだ^^;

◇殆どの観戦希望者にとっての大本命であろう24(土)(男女フリーの日)が取れなかった場合、行くのをためらう人も中にはいるみたいですが、私だったら23(金)と25(日)の2日取れたら迷わないな~(実際、この2日だけ取れたという人も多そう)

ぶっちゃけ、今SPとFSとどっちが観たいかって言われたら迷うくらいですもん(笑)

国別やワールド観てて思ったんですけど、SPって何気に良演技・神演技率高いんじゃないでしょうか。一方で、フリーはグダグダ率が上がる気が…特にこの時期だと、まだ仕上がってない選手も多そうだし。

今季の羽生くんのSPがすごい好みそうだ、ってのも勿論ありますけども^。^

あと今回は「NHK杯のチケットを取る」こと自体が目的な部分もあったので、シングル競技の無い25日のみでも、取れたら行くつもりでいました。

現時点ではあくまで1つの可能性としてしか語れませんが、NHK杯のエキシで羽生くんが『花になれ』を滑るかもしれないと、ちょっとだけ(いや実はかなり)期待しているもので…(※NHK杯のエキシには、日本選手は順位に関わらず全員出演)

NHK杯の試合はTVでちゃんと生放送してもらえるから、極端な話、もし『花になれ』が観れるなら25日だけでもいい!と思ったくらいです。勿論今のところはただの願望です。でも個人的には、是非「仙台で」あのプロを滑って欲しいなぁと思ってます。

◇とはいえ、フリーの日にはアイスダンスのFDがあるんですよねぇ…アイスダンスは、やっぱりフリーが観たい!!! (SDだって観たいけど!!!)

NHK杯のアイスダンスは、デービス&ホワイト、イリニフ&カツァラポフ、シブタニ兄妹…と私にとっては大変美味しいラインナップなので、彼らを拝むのが楽しみでなりません^.^

シングルでも、ケヴィンくんのプロに関しては、その異次元ぶりを堪能するためにやはりフリーが観たいですねぇ♪


関連記事

ウキウキそわそわドキドキ

◇あちこちかまけているうちに、今週末はもう【MWO】です! まだ交通アクセスも確認してなかったな~そう言えば^^;

遠征が続いたせいで、会場が近郊のときは「準備する」という意識がすっかり希薄になってしまってます。気持ち的には、既に渡航準備に入っているし(苦笑)

【CaOI】は、結局チケ取りそびれたままになってしまいました…もうちょっと(色んな意味で)ゆとりがあれば、こっちにも行きたかったよ~~勿論【JO】にも(つД`)

◇カート・ブラウニングが今回滑るという『Singing in the Rain』。伝説の名プロとのことで、動画を観てみました。

…素敵過ぎて、涙出そうになりました。

【MWO】の方で滑ってくれるんですよね? 楽しみです~~

◇ロロ様が日本語ブログでファンの方を対象に、たまアリでやって欲しい演技のアンケートを行っていました。

。。。

自分としては、『ジャングルジョージ』といふものを観てみたい(笑)

ちなみに私が生観戦することになってる【MWO】では、やはりダルタニアンなんですね。

◇シアトルは今の日本より大分涼しいらしいので、服装の感覚がよくわからない;;

氷上席でも常設リンクでもないから真冬並みの防寒は不要だと思うんだけど…GWや6月の新横くらいのつもりでいいかなぁ(既にその辺りの感覚も忘れてるんですが^^;) とりあえず近くにショッピングセンターがあるので、いざとなったら現地調達。

円高だから買い物したいけど、シアトルのような大都市に寄る時間が無いのは残念です。空港の免税店を覗くくらいしか出来そうにない。

ところで、試合会場で物販ってあるんでしょうか。『International Figure Skating』が売ってると嬉しいのですが。。。 日本で買うと1400円くらい?だけど、現地なら多分400円くらいなんですよね。羽生くん表紙の最新号だけでなく、トランコフが表紙の号も欲しいv

とりあえず近場にある書店の場所も調べたので、物販がなければそちらに覗きに行ってみようと思ってます。

◇羽生くんのカレンダーが届きました。

よっぽど使える写真が限られてたんだろうなぁ

…というのが正直な感想です^^;

だって昨季大活躍した旬の若手選手のしかも来年のカレンダーなのに、何で表紙が2シーズン前の写真なのよ~~

先日【アオーレ長岡】に行った際、物販エリアで羽生くんのこのカレンダーが先行販売されていたんですが、そのすぐ隣に、『蒼い炎』に収録されてる素敵写真の数々がずらーーーっと並べてプリントされた紙が掲げられてたんですよね。

これやそれやあれがカレンダーだったら、さぞ素敵だろうなー…と思うような写真ばかりで。

その後でカレンダー見本を見ると、ちょっとセレクションセンスの差を感じざるを得ず…既にネットで発注していたこともあって、そのときは買わずじまいになってしまった次第です。

個人的には、『蒼い炎』125Pの写真がカレンダーの1枚だったらすごい嬉しかったんだけどなー

ただ表紙のツィゴイネルワイゼンのアポロ衣装自体は、変衣装と言われてはいるものの私は好きです(笑)

◇さて、日本の国旗を買わなくちゃー

ところで、スケアメ合わせで新調しようと思っている試合用のバナー。デザインのイメージがまだ全然固まってないんですけど、間に合うんだろうか…ドキドキ^^;

2番目に作ったものがほんとにイメージ通りに出来て周囲の人にも好評だったので、あれよりピンと来るものが浮かばないんですよねぇ;;

◇【MWO】観た晩には、フィンランディア杯。

羽生くんのエントリーが直前に消えたりしないとよいな;;と、日々ちょっとドキドキしながら過ごしてます…


関連記事

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。