Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

2つの12月決戦

申込金だけで押さえておいた札幌4泊パックツアーの料金、全額振込完了しました。

さ~これで

世界最強のナショナル、全日本男子

を観戦する最低限の準備は整いました♪

現役選手の上位6人が全てGPS優勝経験者、うちワールドメダリスト3人(含五輪メダリスト)って、もうあり得なさすぎて笑っちゃうレベルじゃないんでしょうか… 次週のGPFが、全日本の調整試合に思えてしまう^^;

もし自分が海外のスケオタでも、「全日本観てぇぇぇぇ!」って思いそう。

実際、女子・ペア・ダンスのロシアナショナル観たい!って思うもんね(・∀・) ナショナルはジュニアも入り乱れるところがいいよね!

ちなみに、GPFを前に願うことはただ1つ。

日本男子、ほんとにほんとにどなたでも構わないので、2位以上を獲って下さい…!(><)

最低1人が表彰台なのは戦う前から確定してますが、それだけじゃなく、是非とも2位以上を…!

4人がかりで3~6位というのだけは、願わくば全力で回避して欲しいです^^; ほんと、日本男子にとってGPFって鬼門なんだよなぁ…

ここでちょろっと表彰台予想。単純に、GPSで獲得した点数が高い選手挙げてるだけですが(苦笑)

男子:1.Pちゃん 2~3位は、羽生くん、NHK杯より調子上げた場合の高橋くん、ミス最小限のフェルナンデスくんのうち誰か。

Pちゃんに自力のみで勝てる選手は、現時点ではいないと思います。彼の自爆の程度によっては1位が変わる可能性も十分あるでしょうが、2~3のミスなら不動ではないかな。

女子:1.ワグナー 2.SPで出遅れなければ明子ちゃん、明子ちゃんが出遅れたら真央ちゃん

ワグナーの安定感はダントツ。GPSで唯一の190点台をアウェーで出してるし、普通に優勝候補筆頭でしょう。但し、彼女が3-3に挑戦して自爆したらちょっとわからないかも(それでも、ミスがそこだけならやっぱり強いと思いますが)

個人的には、女子フリーでワグナーと明子ちゃんのどちらが高い点出すかに注目しています♪ あとトゥクタミシェワの表彰台もコッソリ期待…

リプニツカヤOUTはとても残念ですが、怪我しっかり治してナショナルに備えて下さいね~


関連記事

NHK杯の思ひ出・1

◇ヴォロノフさんにお花を投げました

実は私、今回の遠征の際にお財布を忘れまして…;;orz

仙台駅でチケット取引の約束があり、そこで現金が入ることになってたので何とか3日間しのぎましたが… クレカは持ってたもののキャッシングは出来ない状況だったため、初日に臨時バスで移動しなければならなかった自分にはその取引が命綱でした(苦笑)

そんなワケで色々節約しなければならなかった都合上、男子フリーの日に買った投げ込み用のお花は1本のみ。ケヴィンくんとリッキーとヴォロノフさんの誰に投げるのか、しばらくの間決めかねて迷いました。

最後に出した納得の結論は、「ケヴィンとリッキーは若いからこの先も会う機会はある(少なくともケヴィンは怪我とかさえなければ国別で絶対会える)だろう。でもヴォロノフさんは、次にもう一度日本の試合で拝見する機会が訪れるかどうかわからない」…でした。

ジャンプミスはあったものの全体的にヴォロノフさんの演技は良かったので、お花を投げることが出来て良かったです~♪

リッキーくん、次に会えたときは今度こそお花投げるからね! クワド安定させて全米頑張ってね!

ケヴィンくんは国別に来ると確信してるので、そのときお花を投げたいと思います。


◇どーもくん

メチャクチャ可愛かったです~~vvv

インターミッションの間、うさじいと私の知らないキャラ(周りの人も知らなかった)と一緒に何度も出てきては華麗なスケーティングを披露。荒ぶるスピンまでやってくれました♪ あの形状であのスピードは。。。単純にスゴイです^^;

一度サンタ帽をかぶって出てきたときがあって(超可愛かった)、アリーナSS席のフェンスにへばりついていたときは観客の方々に触られてました(笑) 私もすぐ近くにいたので是非とも触りたかったのですが、気付くのが遅れてタイミングを逸してしまい、非常に悔しかったですorz

最終日のエキシ終了後、羽生くんだけがリンクに戻って来てどーもくんたちとじゃれあうひとときがありました。その際、おもむろにどーもくんとうさじい(だったかもう一体の方だったか記憶不鮮明)がへの字ランジをやってくれまして、会場から喝采を浴びておりました^.^ 楽しかった~~♪


◇可愛いといえば子君

会場アナウンスの発音は「ズゥイジュン」でしたが、何が正確かわからなくて面倒なので、漢字表記にしました。

演技も素晴らしかったけど、それより『豊の部屋』! あのコーナーに出て来たときのおさげ髪子君の可愛さは、最早反則レベルでした(笑) エキシの衣装と帽子もすごく可愛い…

彼女は遠からず表彰台に上がるでしょうねぇ。ロシアっ娘やGG、オズモンドらと共に、とても楽しみな若手選手です^▽^


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

つづく。


関連記事

NHK杯感想・2

???

何か色々勘違いしてました。

BS録画全滅なんてしてませんでした。録れてなかったのは、女子&ペアのフリーと、エキシだけでした。

男子シングルとアイスダンスは、ショート・フリー共にしっかり録れていました。どうやら録画機器の接続不具合が発生したのは、アイスダンスと男子シングルが終わった後らしい。

あまりにも空気読みすぎだろ(笑)>不具合

女子フリーのBS版が録れなくてとにかく残念だったのは、会場音声のみヴァージョンの明子ちゃんのFS映像がゲット出来なかったことです(泣)

最近すっかり生で観ることや実況解説ナシのストリーミング映像に慣れてしまったので、お気に入りの演技は会場音声のみの映像で欲しいと思ってしまう。

こーなったら、明子ちゃんにはこの後の試合でも神演技していただくしかない(笑)

しかしそうなると、「今回は溜めた運を使ったのか、今後の何らかの不運と引換えなのか」という振り出しのギモンに戻ってしまいましたね^^;

ということで、表題を少し変えて

【「BS録画一部取りこぼし」といういけにえを捧げて?手に入れた幸せの数々・その2】(笑)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


5.リンクサイドで観た「O(オー)」の迫力は映像とは段違い

クライマックスのステップシークエンス、明子ちゃんの表情含め、もう空気感と迫力が全然違うんです!!! エキシのアンコール部分だけでも、本当に涙が出てきました。

「O(オー)」は【FOI】でも生で観ましたが、もう完全に別次元だと思います。

私は24日はアリーナSSに座ってたんですけど、もう最後のスピン回ってるうちから「早く早くスタオベしたい! スピンが終わるまで待ち切れない!」といわんばかりの空気が、周り中からビンビンに伝わって来ました。勿論私自身もそうでしたけど(笑)

だからみんな、スピンがまだ全然終わらないうちからフライング大拍手してましたよv もう本当に素晴らしかったです(T▽T)


6.同じくリンクサイドで観たメリチャリのFSは凄すぎだった

明子ちゃんのFSのとき同様、会場の空気の中で間近に観た演技は、スピード感も迫力も漲るオーラも、後から観たTV映像とは比べものにならなかったです(断言)

そしてカジモドには見えないカッコよいチャーリーに、私は今回もまた目も心も奪われてしまったのでした(勿論メリル様も見てたよ!でも自分チャーリーが好きすぎるんだよ!(笑))

スケアメより更に凄くなってて、最早何がなんだかわからない^^;

何と言うか、一瞬たりともおろそかにせず動作を入れまくってるという感じ…

最初から最後まであのスピードで、無茶苦茶すぎるほど沢山の動きを、少しも流れを途切れさせることなく、終始美しいポジションと情感たっぷりの表情で滑り切るって…

一体どんな身体能力を持ってたら出来るんですか???

しかもチャーリーのコメントは「今回は感情表現がメインだったので、テクニック部分はもっと上げたい」(※正確な再現ではありません)

あれでテクニックより感情表現重視だったんですか。

これ以上どこのテクニックを上げてくるんですか。

やっぱりもう、何がなんだかわからないレベルです…

これ間違いなく、「私が観たいフィギュアスケート演技表現」の極致の1つだと思います。スポーツらしいスピード感溢れるアスレチック的な魅力と、アーティスティックな表現の魅力、その2つをここまで高い次元で融合させてる演技が存在するということに感動。更にそれを生で観ることが出来るなんて、本当に本当に感激しました(>_<。)

TV映像では音を絞っていることも一因でしょうが、その場の空気を震わせていた沢山の要素が映像からは伝わってこないのですよね。彼らのアイスダンス(試合プロ)は、やはり生で観るのが最高です。来年の国別も是非行きたい…!(握り拳)


7.ハイタッチ

今回ショートサイドはフェンスと客席の間にちょっとした仕切りがあって少しリンクと離れていたのですが、ロングサイドはフェンスのみのため選手が観客とハイタッチしやすい距離になってます。

エキシのフィナーレで選手たちが会場を周回する際フェンス際に観客のいないカメラ席ショートサイド→ジャッジ側ロングサイド→ショートサイド正面→アリーナ席側ロングサイド…という風に反時計回りに滑っていくのですが、カーブした勢いで通過していくショートサイドでは、前の方の選手たちはあまりフェンスに近づきすぎない位置を保って滑っていました。スケアメでもそうだったんですけど、ハイタッチが始まるのって周回を始めてから少し後の方になるんですよね。

ところが途中で、ペアの男子選手だったかな?(名前出てこなくてごめんなさい~フィナーレの周回の映像ナイから確認出来ない(TT))ハイタッチ出来る距離になるように、コーナーに入ってきたとき一気に軌道修正してくれたんですよね。そうしたら、彼の後ろを滑っていた選手たちもみんな彼の軌道に合わせて近寄ってきてくれて、そのお陰で今回も選手たちとハイタッチすることが出来たのでした。

ショートサイドでハイタッチの恩恵を蒙った人たちは、彼に全力で感謝すべき(笑)

手袋無しの羽生くんとハイタッチしたのは初めてだったのでちょっとビックリしたり、可愛い女子選手たちとハイタッチ出来て嬉しかったり、そして最後はフェルナンデスくんとハイタッチ!…で楽しかったです^o^

ちなみに、メリチャリとハイタッチするのはとても難易度高い気が。彼らはスケアメですらハイタッチには参加してくれなかったので…(苦笑) 今回ロングサイドの方は見てなかったのですが、ロングサイドの方ではメリチャリもタッチしてくれてたのでしょうか?


8.ボーナススマイル

私は出待ちや入り待ちってしないんですけど、最終日の帰りにシャトルバスの駐車場に向かって歩いていたとき、丁度関係者バスが道路に出て来るところに行き合わせました。出待ちで固まってる人たちもいることはいましたが歩道に人が詰め掛けてるような状況では全くなく、歩道はスカスカ、スケアメのときのフェンス際(笑)のようにかなりまったりした感じになってました。

お陰で、窓から身を乗り出しながら歩道の人たちに向かって笑顔全開で手を振っていた羽生くんに、こちらもまったりと(笑)手を振り返すことが出来ました▽

私はファンに向かって満面の笑みで手を振ってるときの羽生くんの表情が大好きなので、オフアイスの場&近くで拝見することが出来たのはとても嬉しかったです^.^

有名人ってファンサービスをしてくれるものだけど、それでも話しかけられたくないタイミングというのは絶対にあるじゃないですか。なので自分としては、そういう人たちが完全に「今はお客さんに笑顔でアピール&ご挨拶!モード」になってるときその場に居合わせることが出来たら、ラッキーだな~と思うのでした。

今回のNHK杯遠征が、思いがけないボーナスつきでフィニッシュしたことに大感謝!です(^▽^) (そしてここでもまた、運を使ってしまった気がすごくする(苦笑))


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

次は、NHK杯の思ひ出いろいろ。。。の予定。


関連記事

NHK杯感想・1

今回のNHK杯の至福ベスト3(順位つけられないので、披露された順)

◆羽生くんのSP

◆メリチャリのFS

◆明子ちゃんのFS


どれも、別次元のオーラでした。。。生で観ることが出来て、本当に感動です(T▽T)

以下、【「BS録画全滅」といういけにえを捧げて(笑)手に入れた幸せの数々・その1】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


1.エキシで「花になれ」が観れた

前にも書きましたけど、もともと私は「『花になれ』が観られるなら25日だけの日帰りでも行く」というスタンスだったので、エキシOPで衣装を見た瞬間の喜びといったらなかったです(笑)

福井の【FaOI】で観て以来もう一度生で見たいと思ったし、何より特定のシチュエーションでしか見れなさそうなレアプロなので。


2.ショートサイドで「花になれ」が観れた

【FaOI】では正面ロングサイドの見晴らしの良いスタンド席から観たのですが、そのとき(演技正面から向かって右の)ショートサイド中央席のすぐ前でアピールしてるのを見て、「あの位置であのアピール観たいなぁ」と猛烈に(笑)思ったのですよね。

そしたら今回、思いがけずショートサイドの最前列がとれたのです▽ ど真ん中ではないけど(そもそもど真ん中は製氷車の通り道なのでシートは無い)比較的中央に近く、しかも客席アピールの後フェンス際に沿って滑っていく方向の席だったので、すごく感情のこもった表情を至近距離で観ることが出来ました。良かった~~♪♪

「花になれ」はもしかしたらこの先もショーなどで滑ることもあるかもしれませんが、プログラムの特性上少なくとも確実に見るチャンスは復興支援を兼ねたこの宮城NHK杯が最後じゃないかと思ってたので、本当に有難かったです。

高橋くんの「ヴエノスアイレス…」でもそうなのですが、ショートサイドアピールのところって客席サイドからの映像はないので、前面から堪能しようと思ったらショートサイドに座るしかないんですよね。(お陰で高橋くんのアピールもまた堪能させていただきました(* ̄▽ ̄*))

お気に入りの片手上げイナバウアーが綺麗に見える位置だったのも嬉しい♪ イナバウアーってダイアゴナル(対角線)に滑るから、テレビカメラだとなかなか見栄えのするシルエットで映されないんですよね(スロー再生のときは綺麗に見える位置からの映像使うこともあるようだけど)

余談ですが、エキシナンバーが「Hello, I Love You」だったとしても私が一番座りたいのはショートサイド(正面側)でした。(但しこちらの場合は、今回のエキシで座ったのとは中央挟んで反対側(座る側から見て右側)の方)

これは国内で8回観た経験から導かれた結論(笑)で、理由はイントロのドヤ顔ポーズがよく見えるのと、投げキッスを斜め前辺りのアングルから見るのが好きだから。スケアメがその通りの席だったので、すごく楽しかったです^.^

でもFSプロは今のところ「この席で観たい」というのが無いんですよね…見るたびに変わってるし、未だに全体の印象がよくわからないせいかも。完成させるのは至難の技でしょうが、あともうちょっと形が整ったところを見たいです~


3.大好きなSPがジャッジサイドの見晴らしのいいスタンド席から観れた

(当ブログでは、誰の話題か明記がないときは100%羽生くんの話です(笑))

試合プロをジャッジサイドのスタンド席から観たのは初めてなのですが、全体が観やすいし演技正面だし本当にイイですね~~♪

後からTVの映像を見て、自分が観たアングルの方が絶対いい!と思う部分が沢山ありました。

特にそう思ったのは、ルッツコンボ直前のつなぎ。ダイアゴナルに滑っていき、途中でしゃがんで立て膝状態になるのですが、スケアメのときはショートサイドから観てたせいで気付かなかったんですよね。スタンド席から観たらカッコよくて気に入ってたので、TV映像で真後ろからの映像になってるのを見たときはとても残念でした。だって全然違うものに見えちゃうんだもん^^;

これも余談ですが、FSのイナバウアーもTV映像より自分が観たアングルの方がずっと好みでした。こういうことがあるから、生観戦はやめられない♪

23日(SPの日)の私の席は中央寄りの関係者エリアだったらしく、すぐ前の列の端に松岡修造さんが座ってました。寡黙な修造さんを見たのは初めてだったので、新鮮でした(笑)


4.への字ランジが至近距離で観れた

スケアメではショートサイドのジャンプ席、NHK杯はジャッジサイドスタンド席でSPを観たので、あとは「への字ランジ」を近くで観れたら嬉しいなぁ…と思っていたのですが。

エキシのアンコールが、への字ランジの少し前から始まるSPプロでした。「え、え、もしかして『花になれ』だけじゃなく、への字ランジもこの席で見れちゃう???」と心の準備をしてなかった自分はちょっとエキサイト(笑)

残念ながら「へ」に見える角度ではなかったのですが、近い距離から観れたのでちょっとしたボーナス気分になれました♪


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

多分上の2~4で、BS録画が犠牲になるレベルの運を使い込んじゃったんだろうなーと思います(苦笑)

【その2】に続くv


関連記事

仙台から帰還

今回のNHK杯。

自分どんだけ運使ったんだ

というくらい、個人的に嬉しいことが沢山ありました。

この運は、これまで貯めてきた分を使ったのか、それともこの後しわ寄せがあるのか、どっちだろう……とマジでちょっと怖くなるほどに。

そんなことを考えながら帰宅したところ…

NHK杯番組のBSの方の録画予約が、たまに起こる録画機器の原因不明の接続不具合により

全 滅

してました。



そうか、そうなのか、この不運と引換えだったのか!!!

いいよ納得する、「代償」を払ったと思えば諦めがつくくらいにいい想いが出来たから、地上波は全部録れてたし、生放送を観る必要は無かったんだし、ここはキッパリ諦めるよ!(わぁぁん)

でもでも、本っっっ当~~~に!幸せな3日間でした。

GPFまでは2週間空くので、スケアメの二の舞にならないように色々語りたいです(苦笑)


関連記事

出発前のつぶやき

スケアメでは国旗3枚を入れ替わり立ち替わり振りまくって大変忙しかったので(バカだけど、みんな応援してるから仕方ないんだよ、むしろ国旗の種類が足りないくらいだったんだよ!^o^;)、NHK杯では数を絞ろう!と思いました。

まず日本選手は、ホームだから今回はいいやと。メリチャリも、準ホームみたいに人気あるからいいかなと。

で、それ以外にど~~~しても振りたい海外選手は誰かと考えて、ぎゅっと絞ると。

ケヴィンくん

ドーンブッシュ

ヴォロノフさん



やっぱり3枚じゃんorz

多分国旗は、全く振らないか或いは何枚も振りまくるか、いずれかになると思います…


関連記事

いろいろ

仙台行きの準備が色々あるので、今週はこれでブログお休みします~(また仙台のホテルから書き込みするかもしれませんが(笑))

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

やっと。

やっと、

チケ取りの労苦から解放されました…!



スケート関連のチケットはこの後も次々発売されますが、スーパーチャレンジと四大陸はパス予定だし(どっちもTV放映あるし、さすがに遠征は全日本で一段落にしたい^^;)、次回も是非行きたい国別対抗戦の一般発売は年が明けてからだろうし、【SOI】は特に競争も無く千秋楽チケットGet済み、ということで。

年内はもう、チケ取りに煩わされることがないです。。。う、嬉しい(泣)

長かった、長かったよう(つД`)……これでやっと一息つけると思うと、ものすごい解放感(笑)

全日本12/22(土)のチケット、2次販売にて無事取ることが出来ました。私自身は見事にどこもかしこも全滅だったのですが、ダメもとで協力をお願いしていた方が見事ゲットして下さいまして(T▽T)

(お話を聞く限り)多分私の100倍(笑)はチケ運のある人です。当初パスするつもりだったNHK杯のチケ取りに参戦したことがキッカケで知り合った方なので、つまり

NHK杯に行こうと思わなかったら、
12/22のチケはゲット出来ていなかった

ということになります。フシギな巡り合わせに感謝~~v

巡り合わせといえば、もう1つ。

未知の世界である真冬の札幌に赴くに当たり、どなたか北海道在住の人に気候・防寒対策について伺いたいと思っていたのですが、残念ながら北海道の知人は皆無。もどかしく思っていたところ、先日ショーのチケットを譲っていただくことになった相手の方が偶然北海道在住でした。

早速アドバイスを乞うたところ、すぐに

「防寒対策はやりすぎるくらいやって下さい」

というお返事をいただきました。(他にも細かく色々)

おおう。。。やはりハードルは高そうです。が、頑張る^^;

その前に、とりあえずは仙台の防寒準備です。シャトルバスを確保しなかった初日だけが雨予報で、ガッカリorz

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

ゲットした全日本チケの席番号見てものすごく有難かったのが、偶然にも通路席だらけだったことv

スケアメのとき通路席の通し券を選んだのですが、予想した通りとってもラクでした。全日本は長丁場だし、万が一のとき他人の迷惑にならずにトイレに行けるというのは、冷え症人間としては非常に助かります(^。^;)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

『アスリートの魂』の羽生くんの回を観ました。

オーサーコーチは、ファンとして羽生くんに今一番やって欲しいと思う通りのことを指導してくれているようでとても有難いです。

今はどの選手もノーミスが難しいハイリスクハイリターンの構成ばかりなので、リカバリー能力もものすごくモノを言いますよね。クワドミスがあっても必ずしも勝てないワケじゃない。クワドを入れるからこそ、クワドミスがあっても勝ち抜くスタイルを貪欲に追及して欲しいなぁと、私なんかは思ってしまいます。(クワドレスでも勝てる、という意味では無く、誰でもクワドをミスする可能性があるのだから、ミスしても踏み止まって這い上がれ!という意味で言ってます)

ジャンプをクリーンに成功させる努力と同時に、失敗したときの支えとなる「土台」の重要性をスケアメのFSで認識出来たのなら、オーサーコーチとの意思疎通的な意味でも非常に価値のある経験でしたね。

あそこまで極端な失敗だとかえってものすごい肥やしになるんじゃないか、彼はまた進化スピードを速めちゃったんじゃないか…とFSを観た後ホテルにかえってゾクゾクしていたことを思い出しました(笑)

さて、羽生くんは故郷の凱旋試合を優勝で飾れるか? フェルナンデスや高橋くんが壁となるか? 本当にドキドキワクワクのNHK杯です~

選手の皆さんが怪我や体調不良もなく試合に臨めますように。そして一番素晴らしい演技をした選手に栄冠を!(^▽^)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

ソチファイナル女子が、私的にほぼベストメンバーになりそうな予感。

NHK杯、どうなるかなー リーザもまだ望みはあるみたいだけど、どうだろう。

ソチファイナルは、観客の立場としても「五輪の下見」を兼ねて行ってみたかったです。今年他のショーや試合に一切行かなければ、多分行けたんじゃないかと思いますが(苦笑)


関連記事

エリボン杯女子終了

リーザ、ブラボォォォォォーーーーーー♪♪♪

FS良かったよ良かったよ!!! 120点越えスバラシイ。昨季GPSのリーザ復活ですね。

彼女の身体表現は動きが滑らかで官能的で現ロシア女子の中では一番好きなので、調子がヨイととても嬉しいです(T▽T) 2位おめでとう!

アシュリーは、もう文句ナシに素晴らしかった…! リプを残しての演技だったけど、127点台を叩き出した時点で優勝は確定でしたね。

相変わらず、ジャンプの安定感が圧倒的です(@@) 軸見てても失敗する気がしない。スケアメの点(トータルの方)も十分高いと思ったけど、エリボン杯で更新してくるとは。。。今季の強さは本物ですね。

この調子で、ワールドまでぶっちぎってくれちゃってOKよ!(* ̄▽ ̄*)

ただスケアメで生で観たときも思ったのですが、も~ちょっとステップにスピード感が欲しいです。何と言うか、垂直方向の重量感はすごく感じるのだけども(それ故に安定感)^^;

でも表情も決まってて、曲想表現もすごくイイ。迫力美女は大好きです。

「もうちょっとの女の子」が当たりプロで全米女王になり、四大陸女王になり、それらがもたらした自信が彼女の強さを確立していったように思います。

同じ振付師の手で当たりプロを作ってもらえた町田くんも、3位&優勝→ファイナル進出という展開でいい感じに自信がついて来ていると思うので、是非同じような道を進んで欲しいですね。

ノーミス対決でもリプはFSではアシュリーに勝てないだろうなぁと思ってましたが、中国杯以上にミスが出てしまいましたね。怪我の影響もあったのでしょうが…

SPからの流れを見ていて、ちょっと2010年全日本の羽生くんを思い出してしまいました。シニアの洗礼は天才少女にも容赦なく降りかかったようですが、まだこれからの選手なので是非こうした経験を糧にしていって欲しいと思います。

ガオ、FSはスケアメに続き綺麗で安定感があって、良かったですね~ SPが惜しかった!


関連記事

エリボン杯男子終了

日 本 男 子 強 す ぎ

GPSあと1戦を残して、エントリーした7選手のうち既に出場済みの6選手全員台乗り、うち優勝者3人。

日本男子が台乗りしてない試合が1つも無い。NHK杯でも台乗りは濃厚でしょう。

しかも優勝したうちの2人は、国内で5~6番手とされていた選手。

本当に、(日本男子的には)序盤から何という凄まじいシーズンなんでしょうか… スケオタ歴1年未満の私ですが、リアルタイムでこの時代に間に合ったことに今猛烈に感動しています。。。神様ありがとうありがとう~~~!(泣)

そして、全日本12/22(土)男子フリーの日のチケットが無事取れたことを、暮れにこの猛者たちの死闘を生で拝める幸福を、心から感謝したいと思います(T人T)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

無良くん、1つ抜けちゃったけどそれでもジャンプよく頑張ってくれました、素晴らしかった。・゚・(ノД`)・゚・。

やっとSP・FS併せてポテンシャル通りの結果が出せましたね。エリボン杯は点数の出方が全体的に辛めだったような気がするので、今回の演技の出来なら中国杯とロステレコム杯でも台乗り出来るレベルだったのでは…?と思いました。

文句なしの優勝だと思います。初優勝そしてPB大幅更新、本当に本当におめでとうーーー!!!

新聞記事やニュース見るのが楽しみです(^▽^)


関連記事

エリボン杯男子SP

男子FS始まっちゃったけど、大急ぎで。

◆無良くん、SP2位おめでとう~!

TEB杯が普通のニュースも扱われてて無良くんの映像紹介されてたし、新聞の夕刊にも写真つきで記事が載ってたし、今の(メディア的な意味での)日本男子快進撃の流れに乗れて本当に良かった!

もう始まってすぐリキ入れて

クワド決めろぉぉぉおおお!!!

と念じてました。クワドお手つきだったけど、よく3Tつけた!

その後はすぐ

今日は抜けるなぁぁあぁあぁ!!!


と念じてました。

良かった、全部のジャンプ抜けなくて、本当に良かった…(つД`)

FSも頑張れ、ミスしても最小限に止めて、ジャンプ抜けないで、日本男子連続表彰台の流れに続けー!

◆アボット、クワド回避してくれて良かったー!

ジャンプノーミスで素敵SPYが観れて嬉しい(;~;) キャメルスピンで回してる足が長すぎてすごかった(笑)

フリーも…フリーも是非この調子で、且つ、全米選手権での神演技運を損なわない程度に(笑)頑張って欲しい。

◆ジュベール、豪快なクワドを有難う有難う~~ なんか色々と救われた感じです。

3A着氷ミスったけど、演技後に笑顔が見れて嬉しかったです! 中国杯のSP後が悲しかっただけに… FS楽しみ!

◆トマシュ、アモディオ。。。。・゚・(ノД`)・゚・。

モロ組の呪われっぷりに、ちょろっと昨季ワールドの佐藤一族の悲劇を思い出してしまいました…
関連記事

巳年年賀状のためのスタンプと素材集

ここのところ連日、「年賀状」「蛇」「巳年」「スタンプ」「イラスト」といった単語を組み合わせたキーワード検索でこちらを訪れる方々がいらっしゃるようです。

特別な情報は何も無くて申し訳ナイ^^;…と謝るだけじゃなんなので、今回は情報も載せておこうと思います。

※当ブログで話題にする「スタンプ」はアナログのスタンプのことであり、LINEなどで使用されるデジタル素材としてのスタンプの情報は一切ありません。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

●【スタンプ】

年賀スタンプ定番メーカーの巳年新商品はこちらで一通り図柄が確認出来ますので、ご興味のある方はどうぞ(巳年専用商品以外の年賀用スタンプもあります)
http://www.stamp-en.com/stamp/ny13/s_13ny1.htm
http://www.stamp-en.com/stamp/ny13/s_13ny2.htm
http://www.stamp-en.com/stamp/ny13/s_13ny3.htm
http://www.stamp-en.com/stamp/ny13/s_13ny4.htm

上記商品を使用して作った年賀状のサンプルはこちら
http://www.stamp-en.com/sample/sam_new.htm
各サンプルの画像をクリックすると、使用したスタンプ・インク・材料などが紹介されているページにアクセス出来ます。

以上全て、日頃買い物やワークショップでお世話になっている【すたんぷえん】さんのサイトでしたm(_ _)m


●【イラスト】

ご自身で描くのでなければ、素材集利用ということになりますね。イラストを描くための参考資料だけでよいのでしたら、年賀状印刷案内のリーフレットをあちこちでかき集めるのがお手頃です。

以下は、今の時期に書店に並んでいるカタログ書籍&DVD(少し前まではCD-ROM)セットの市販素材集を利用した感想。

オススメはやっぱりインプレスの『年賀状DVD-ROM』。これが一番、一般向け且つ数もヴァリエーションもクオリティも揃っていて使い勝手が良いと思います。

干支関連もそれ以外のデザインも豊富で、素材の数が少ない廉価版と完全版?の2種類が出ています(表紙の「イラスト○○○○」(○○の部分は素材の数)のタイトルで区別)

もっと干支の素材・デザインを色々贅沢に吟味したい場合、次に私が手を伸ばすのはSEの『年賀状イラスト素材集』。数ではインプレスのものに劣りますが、こちらも良いクオリティの素材が揃っています。

昔話・伝説をイメージした干支イラストのヴァリエーションではこの素材集が一番だったように思うのですが、最近はどうかな? 写真素材もインプレスの素材集よりツボなものが見つかることが多かったですね。今回は干支がヘビのせいか写真素材はないようですが(苦笑)

質・量共に上記2種より劣りますが、ASCIIの素材集も何度か買ってます。個人的なお気に入りポイントは、何と言っても筆文字と篆刻文字の素材♪ 個性的なものが揃っていて、ツボったものがあるとそれだけのために買ってしまうこともありました(笑)

他に『おしゃれ年賀状』系もよく買いますが、こちらは完成されてるデザインを殆どそのまま使う形になるので、私の場合実際に使用することは殆どなく、「デザインの参考資料」という位置付けになっちゃってますね^^;


関連記事

いろいろ

◆スケカナのアイスダンスとペア、一部だけ観ました。

※私のフィギュアスケート鑑賞経験は、ここ1年弱の間に専門チャンネル含むTV放映で観た演技がメインなので、感想もそれに基づいてるケースが多いです。特にペアとアイスダンスに関してはその影響が顕著で、過去の演技に対する知識が殆ど無い状態での印象および感想ですので、その点何卒ご了承下さい^^;

テサモエのカルメンは、相変わらず上手いけど好みがかなり分かれそう。ISU的にどう評価するんだろ…というのもちょっと気になりました(いや点数は普通に高いですけど)

ちょっとモダン系のどギツさ・エグさ漂う演技で、決めポーズなんかも独特というかユニークというか… オーソドックスな意味での美しさ・優雅さを追求したものとは明らかに違いますよね。

個性的でインパクトがあることに加えて迫力美女が好きな自分はつい惹かれてしまった派ですが、見終わった後に「あ~美しいものを観たー(* ̄▽ ̄*)」的な清涼感はおよそ無く、何かズシリとくるものが残ったような(テッサの重量感の話などしてませんので、誤解のないように(笑))…レディー・ガガのプロモ観た後の感覚に似てるかな。

最近のアイスダンスは健全系だらけという話も聞くので、その中だと際立つだけなのかもしれませんが。

直前の組はカペラノで、これまたカルメン。カッペリーニはカルメンには可愛すぎるという印象はあるものの、大分オーソドックスというか一般向けカルメン歌劇風、と言える振付で、見ていて楽しかったです♪

テサモエのカルメンは最後ホセの方が死んだように見えるけど(笑)、カペラノはちゃんとカルメンの方が死んでますね。

リャザトカの「ゴッドファーザー」とハベドナの演技も良かったので、スケカナのFDは個人的に楽しかったです^.^

ペアで印象的だったのは、サフゾルのFS・フラメンコ調ボレロの前衛的な衣装。ピカソとかレジェとかカンディンスキーを思わせる原色ちりばめ系。何故フラメンコでボレロであの配色?^^; つい衣装(の色)にばかり目がいってしまいました(笑)

あの衣装って、サフチェンコさんのデザインなんですよね? 昨季のFSも、すごくシンプルではあったけど何となく不思議衣装だったなぁ。

◆昨季から今季にかけてのGPSエントリーレベルの選手たちの演技を片っ端から見ていて、個人的に沢山聴いたな~~と思ったのは「アディオス・ノニーノ」。

よほどフリーの後半で使いやすいメロディなんでしょうね^^;

◆中国杯のエキシ、全部観てないのですが見所いっぱい♪

高橋くんよりケヴィンくんの演技が後?なのは、謎な構成だった。

ケヴィンくんの風エキシ、衣装も演技も好き^^ ああいう衣装着てると、ほんとに日本のゲームのキャラみたいで可愛い(笑) NHK杯エキシで見られたら嬉しいんだけど、あのメンツで5位以内は…可能性自体はあるかな。

彼の、細長ーい手足や上体を活き活きと綺麗に動かす演技、とても好みなんですよねぇ。

ヴォロノフさんのイケメンっぷりは、今回も堪能させていただきました。

が。

曲がロクサーヌのタンゴだったせいで、高橋くんとプルさんのイメージしか無かったせいで、とってもとぉぉっても薄味、に思えてなりませんでしたorz 何というか、その曲を滑ってるように見えなかったというかorz

髪をかき上げるラテンセクシ~な仕草は、とってもとぉぉっても!似合っててヨカッタんですけども(笑)

高橋くんの「ヴエノスアイレスの冬」?(「四季」とか「春」とか紹介されるときもあって統一感がない^^;)は、何度観ても見飽きません…これほんと大好き♪

町田くん、【DOI】で「ロシュフォール」観たときからずっと「これ是非GPSで海外で披露してくれ!」と思ってたので、2戦とも堂々の台乗りで披露してくれて嬉しいです(>▽<) 表彰台選手にふさわしい、盛り上がり系素敵エキシだよ!

そしてペシャブル。ペシャラさん、ミイラの次はゾンビですか…色々斬新です(笑)

◆2011ロステレコムのエキシもとい、アメリカンイーグルロミオ無事Get♪

これ、スロー再生部分も他に無いアングルで、しかも捉えてる表情もポーズもカッコ良くて、大変好みです。ジャスティンの冒頭の「俺カッコいいでしょ?」と言ってるみたいなスカシ系ドヤ顔も額を出してる髪形もお気に入りだったので、37インチ画面で観られることがかなり嬉しいv

◆私の大好物演技の極致はランビのバンクーバーの「ウィリアム・テル」なんですけど、旧アナログレコーダーで録ってあったにも関わらず、編集のとき残す部分と消す部分を間違えて消してしまったのですよね↓↓ もう一度37インチ画面で観たいです~~(号泣)

「ポエタ」も「ロミジュリ」も自分では録画してないし、ロロ様みたいにランビもDVD出して下さい…万単位でも買うから、お願いぃぃぃorz

◆NHK杯女子、シェレペンがOUTと聞いていたのでひそかに「未来ちゃん来い、未来ちゃん来い!」と思ってたのだけど、その通りになったー!

順位的に可能性高かったので、人員補充可能期間で良かったです。欠場の選手は気の毒でしたが、未来ちゃんの2戦目が観れるのは素直に嬉しいし、ちゃんと10人で滑ってもらえた方が観戦側としては有難いのですよね。

一方の男子は、ケヴィンくんにドーンブッシュにヴォロノフさんという、私的に美味しすぎるラインナップ…ふるふる( ;∀;) 彼らは日本のショーではまず拝めないので、試合で生で観られるのはほんとに嬉しいですv(ぶっちゃけ、四大陸や国別はケヴィンくんを観るためだけに行ってもいいくらい)

日本男子的には修羅場なNHK杯だけど、メンツ的にはパラダイスですね♪

◆NHKの『ファミリーヒストリー』、今回は小塚くんのお祖父さん・光彦さんの回でした。

小塚くんの本を読んだことがあるので彼視点のご家族の様子はいくらかイメージはあったものの、光彦氏の功績については不案内だったので面白かったです。

色々な意味で今日の名古屋フィギュア及び日本フィギュアの恩人は、光彦さんが満州で心を奪われたスケート少女だったということとか(笑)

光彦さんの友人のスケーターが子孫に五輪の夢を託そうとしていた、という下りはどの程度脚色されてるのかわかりませんが、1人のフィギュアスケーターが戦地に散ったのは事実なので、やはりやるせなかったですね。

スケート振興に尽力し、今日のフィギュア強国日本の礎を築いて下さった光彦氏には、スケオタとして感謝するばかりです(-人-) お孫さんの五輪での晴れ姿を見ることが出来て、本当に嬉しかっただろうなーとしみじみ…


関連記事

ロステレコム杯終了

◆Pさん、小塚くん、ファイナル進出おめでとうございますー!

ジャンプ前にやたら画面が静止するのでライブでは殆どジャンプ観れなかったのですが、自爆大会の流れをそこそこ押し止めて下さってありがとう>2人、という感じでした。

Pさんとメンショフさんの素敵クワドは全く拝めなかったので、全体の演技は地上波でじっくり拝ませていただきました。

Pさんのスケーティング素晴らしすぎ…これにはどんだけ点上げてもいいでしょ、って思ってしまう♪ オール9点台のPCSはちょっと凄まじすぎでしたが^^;

このスケーティングでクワド2本決められると、他の選手が勝つのはやっぱり厳しいでしょうね… Pさんが自爆したときノーミスかミス最小限で揃えた選手が勝つ可能性は十分あると思いますが、彼がノーミスなら他選手が表彰台の一番上に乗るチャンスはなさげ。

ただPさんもノーミスってことはまず無いので、構成で劣らない選手たちには是非頑張って欲しいところです。

にしても、メンショフさんとガチくんの高飛びかと思うような3Aの高さは何事かと思う…滞空時間的には4Aが出来ちゃいそう。

織田くん、FS2位じゃん!!! SP70点取れば台乗りだったよ、SPが(点数は大会ごとに出方が違うからわからないにしても)カナダと同じ出来なら2位もいけたよ、勿体無い、勿体無さ過ぎる(泣)

猫足ジャンプいっぱい見れて嬉しいです。両手タノループは今回も見れなかったけど、シーズン中に試合で拝めるといいなぁ。

ミハルは全体的にジャンプまとめたので、無事台乗り。スケアメよりずっと良くなっててホッとしたので、SPもノーミスにして欲しいデス。

ミハルが失敗したジャンプはクワド2本だけだったのを見て、改めて、羽生くんのスケアメFS、冒頭クワド2本の転倒だけで止められてたら優勝の可能性も十分あったのになぁ…と思わずにいられませんでした。

とはいえ、冒頭の失敗を引き摺るか否かって、試合開始前の精神状態で決まっちゃってる部分もあるのかもしれませんが。。。

ドーンブッシュ、後半セクスィ~パートの演技は良かったので前半の特にアクセル抜けが残念。両手タノの3Lz-3Tと見応えありました^.^

昨季のプロの方が好みではありますが、彼の活きが良くてわかりやすい見せ場の表現はやはり好きですね~♪ 米在住のスケオタさんの話によると、彼は明るいカリフォルニアボーイだそうです。

ロシアのブッシュくん、SPはいい感じでしたね。FSは色々取りこぼしたようですが、昨季の何かに追い立てられまくっているようにしか見えなかった(^^;)プロよりは、今季の方が好き。国別よりはいい演技だったし。

彼のあの髪型は、プルさんリスペクトなんだろうか…

テンくん、ガチくん、・゚・(つД`)・゚・

ガチくん、サラサラストレートヘアも衣装も、たっかい3Aも、すごく素敵だよ。憂い顔のイケメン度もとてもアップしてるけど、他のジャンプが… テンくんに至っては…わぁあぁあんorz


◆ライブ映像が固まりまくりだったので、アイスダンスも殆どわからなかった…

一部で超注目されてる(あまりいい意味では無いらしい)イリカツのFDも、謎衣装は拝めましたが、演技の方は何だか全然わからないまま終わりましたorz 

テサモエのカルメンも、止まりまくりでもどかしかったです。カルメンの世界を忠実に表現してるとは(衣装からして)思えませんが、テッサの迫力姐さんぶりが好きなのでヨイかなと(チャーリーがカッコいいのでカジモドに見えなくてもとりあえずイイ、というのと同じ(笑))

でもこのプロ確かに、最後はホセ?(モエくん)の方が死んでるようにしか見えません^^;

ちなみにネットでアイスダンス観戦中にTVの地上波で男女フリーの放映が始まり、キョロキョロしながら両方観てたので余計ワケわからなくなってた、というのもあります(苦笑)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ファイナルに日本男子が4人行く可能性は十分あると思いますが、それと同時に4人いても優勝するのが日本選手じゃない可能性も高いところがもどかしい~~~

こんなに強い選手が何人も同時期に揃うなんて、そう簡単に起こることじゃないのに! 今のメンツで日本男子のGPF初制覇見たいよ!

今夏、強豪揃いでありながら五輪の金メダルは獲れなかった男女マラソンのケニア勢を見ていて、日本のフィギュアスケートシングル選手の置かれた状況を思い起こさずにいられなかった管理人でした。


関連記事

ロステレコム杯途中感想

◆男子FS観戦真っ最中だけど、全部観る前に投稿しときます。

織田くん、冒頭のクワド転倒以外、全体的にジャンプ素敵だったよー!(バシバシ画面止まりまくりだったから、いくつか観れてないけど!)

3Aがすっごい高くて素敵でした。3Loもすごく高いところから落っこちてきて猫足着氷…という感じ。TVで観るのが楽しみ~


◆女子表彰台が金髪綺麗どころ特集。麗しくて素敵(* ̄▽ ̄*)

レベル4の美女が、ファイナルに戻って来て下さった♪

ノーミスには遠いものの、コルピさん比ではまとめた方ではないかと思いました。一番乗りおめでとうございます~v

GGは、己の可愛さを実に正しく活用していると思いました。笑顔可愛いよ可愛いよvvv スケカナの成績が惜しまれますね。でも挽回出来て良かったよ嬉しいよ!

ザワツキーは、JOのときと比べるとずっと溌剌としていたような(画面止まりまくりで全体の流れがハッキリわかったワケでは全然無いのですが) SPがいい出来だったからFSも頑張れ!と思ってたので、そこそこまとめられて良かったです。

佳菜子ちゃん、台落ちで2季続けてファイナル行けず…残念。


◆Pさんの別次元の足元にメロメロでした… FS素敵だけど、「エレジー」も良い~~ 

つくづく、冒頭のクワドに1Tつけちゃったのが勿体無かったですね。3Aも3Lzもとっても綺麗だっただけに…

今季のプロは表現面もすごくいい感じなので、これでジャンプ全部完璧に入ったら誰も勝てなさそう。

メンショフさん、スケアメに続いてクワド好調。

ちょっと今個人的に、「メンショフさんとヴォロノフさんをとっても応援したいモード」になってます。台乗り狙っちゃえ、狙っちゃえー!

ミハル、SPの曲もプロも衣装も素敵でかなり好きなんだけど、見るたびに「『禿げ山の魔王の一夜』だっけ?」と思ってしまう^^;(正しくは『山の魔王の宮殿にて』)

でもとにかく非常に好みなプロなので、是非是非昨季ワールドの「鼓童」のような完成度で滑っていただきたい(-人-;)

ガチくんの3Aの高さにビックリ。SPのクワドの転倒も、「転ぶ」というより「落っこちてくる」とい印象でした… あの転び方コワいよ、気をつけて~~;;

ちなみにガチくんは、髪をストレートにしてくれてるときが思いっきり好みです。


◆テサモエ、昨季よりプロが好みです。テッサの玄人熟女的な貫禄がイイ。このカップルの技術でこういう演技されると、迫力があって良いなぁ。

FSのカルメンが楽しみでなりません♪

他に好きなのはジガカジ。SPもFSも、スケアメで観ててすっごく楽しかったので♪ 点数伸びないんですけどね…今季からシニア参戦の弟くん組(ネリさんの弟)にも差をつけられちゃったしorz


◆ヴォロトラ、FSどうしたのぉぉぉぉぉ FSジャンプミスしまくりで焦った。

バザラリは曲が最後までやかましいけど嫌いじゃないデス。昨季のユーロの演技見てペアもいいなぁとしみじみ思わせてくれた組だったし。

私がヴォロトラとバザラリが好きなのは、ペアの演技と「私個人のイメージするロシアン的なゴージャスさ」の組み合わせが好きだからかなと思いました。

ヴォロトラって昨季のスコア見てもサフゾルと大して差をつけられてる感じがなかったので、いつ直接対決で勝ってもおかしくないと思うのに、サフゾルがミスしたときに自分たちはもっとミスしちゃったりしてるのですよね…勿体無い。


関連記事

週末のひとこま

◆私のチケ運は、やはり全日本以外に向けられているのでしょうか。


節約のため年明けの【SOI】は控えようと思ってたのに、東京公演にヤグディンINと知り、

どどどーしようカートにバトルにクーリックにヤグディンなんて、【MWO】男子のメンツが半分以上揃うよやだやだ観たいーー!!! でも節約しないとな…そうだ、じゃあ最上位席が取れたら行こう! うん、スケーターが間近で観られるなら行く!

…と決意。

一般販売直前にゲリラ的に先着先行販売があったのでトライしてみたところ、無事ゲット出来ました。しかも楽日!

試合よりはるかに競争率の低い(そいでもってまた格別に高額の)ショーとはいえ、楽公演のリンクサイド席なんて自力で取ったの初めてです。申込み直後にリロったら、もう全日最上位席だけ無くなってたし。


…やはり私の全日本のチケ運は他所に回され(略)


とはいえ、年明け早々から素敵なスケーター様方を間近で拝めるのはやはり嬉しいです♪ 年初めの楽しみが出来て何より~^o^(一般向けの先行だから、位置は期待出来ないんですけどね↓)

節約はどこ行った…って感じですが、もう「ダイエットは明日から本気出す」的なものだと諦める…


◆ヴォロノフさんの株は、他所でも上がっておりました。

スクリャービン好きなピアノの先生と、ヴォロノフさんの「悲愴」の話題で盛り上がりました。

やはりロシアのイケメンにロシアの美味しい曲を滑っていただくのはよいものだ…ということで意気投合です(笑)

町田くんの「火の鳥」も高評価でした。バレエをご覧になる方々からは、とにかく彼の姿勢は好評ですね。

アシュリーの「ブラック・スワン」に感銘を受けてミルズに「火の鳥」の振付を依頼した…というエピソードがお気に入りなので、宣伝中♪


◆ロステレコム杯、ネットでライブ放送してるところを見つけたので、寝れませぬ~~~

ヴォロトラ、さくっと2勝でファイナルですね。もう点数が違いすぎる、そしてエロくて胡散臭くて少し前のアイスダンスのようvvv(褒め言葉)

女子SPは無料のライブ放送見つかると思わなかったので、観損ねてしまった… 折角GGが首位になったのに~~~!

佳菜子ちゃん6位か…FSで神演技でもしないと、ファイナルは厳しいかも…


◆極寒期(苦笑)の観戦&鑑賞に備えて、冷え症に効くというお灸を始めました。

効果のほどはいうと、お灸を始めてからあまり寒くない日が続いてるのでまだよくわかりません^^; でも少しでも良くなってくれたら、マジ助かる…


関連記事

過去のお宝

スケアメとNHK杯のチケ取りに苦労がなかったせいで全日本土曜日のチケ取りがものすごく億劫になり、チケ取りの心配無用なGPFツアーと世界選手権ツアーに行きたくなってきた今日この頃(無理だけど(笑))、皆様いかがお過ごしでしょうか。

週末のGPS放映が待ち切れず、録画したまま未見だったフィギュア番組をいくつか観ました。

お宝の山に、もう眩暈が…(@@)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆特に嬉しかったのが、『フィギペディア2010』の「4回転ジャンプを巡る攻防戦」。

ヴォロノフさんが、ヴォロノフさんが、『悲愴』を滑ってるーーーーーーーーvvv

何を勘違いしたのかTV画面では「革命のエチュード」と表記されてましたが、曲は間違いなくスクリャービンの『悲愴』(「Etude in D# minor」だから混同したのかもしれないけど、「革命のエチュード」はハ短調だしそもそも作曲者からして違う^^;)

昨季羽生くんのSPとして初めてこの曲を知ったのですが、とにかく曲そのものにベタ惚れしてしまったので(CDを試聴しまくりこれぞ!と思ったソフトニツキー演奏のCDを買いました。羽生くんのSPに使われたのはオーケストラアレンジのマキシムだけど)、他のスケーターさんも滑っているなら是非是非是非是非!観てみたかったのですよね。

それが先日の中国杯での良演技以来、我が家で人気上昇中(母もノーミスの演技だし見た目も素敵だと言っていた)のヴォロノフさんが滑っていてくれたとは!

私は「もし『悲愴』という曲が男だったら、絶対一目惚れしてます」とピアノの先生に断言するほどこの曲にメロメロなので、本場ロシアンイケメンが滑る『悲愴』なんて、自分的には嬉しすぎるのです…(* ̄▽ ̄*)

これでまた私の中でヴォロノフさんの株が上がりました♪(今更すぎるスケオタで申し訳ナイ)

他の映像も、2006年ロステレコムでクワド3本決めたジュベール、2007年GPFの白シャツ『トスカ』のライサ、2005年GPFの縞馬ランビ、2009年エリボン杯で4-3決めた『ゴッドファーザー』のトマシュ、2009年スケカナの社交パーティ風素敵黒上下のアボと、海外男子オタとしては「ごめん、ちょっとヨダレ拭いていい?」なラインナップ。

殆ど観てなかった割には、やっぱりこの世代好きだな~~と思ってしまう。でもランビの演技は、五輪メダル獲ってから後の方が好きかな。

ライサの演技観たのは超久しぶりですが、あの長い手足をスピーディに動かしまくるところがすごく好き。ラストのステップがパワフルなところも良いです。

演技を評価するスタンスに「高難度ジャンプ至上主義」というものがあるとしたら、私の場合は「アーティスティックな表現&渾身の(最後までスピードのある)ステップ・スピンでの〆至上主義」と言っていいかもしれない。

この番組、2回録画出来てほんとに良かった…(はぁと)

ところで個人的にバトルの映像がめっちゃ欲しいんですけど、無いんでしょうか… フィギはまだ半分以上未見だけどクワド特集じゃ登場のしようがないし、音楽特集でも振付師特集でも出てなかったみたいだし。。。

バトルのネット動画は豊富にあるだろうけど、自分は好きな選手の演技はTV映像で観たい派なもので(TT) GPSは2007年まで出てたんだから(『フィギペディア』の映像は全てGPS&GPF)、映像あるハズなのに~

うーんバトルが登場出来そうな特集って何だろう、「氷上の王子様とか貴公子」或いはもう単純に「氷上のイケメン」(個人の主観によってラインナップ変わりそー(笑)) ルックスは採点に影響を与える要素じゃない(一応)からそんな特集は無理か^^;

真っ当な発想に戻って、私はバトルのイナバウアーが大好きなので「麗しのつなぎ」特集とかどうですかね…


◆「4回転ジャンプを巡る攻防戦」には男子シングル以外にも見所があって、史上初めてスロークワドサルコウを決めたアメリカのペアも紹介されてました。彼らは互いにジャンプやスピンの回転の向きが違うので、そちらも珍しくて面白かったです。

あと2009年エリボン杯(トマシュの演技のとき)の会場の映像が興味深かったです。今って海外の会場でも日本選手の横断幕だらけなイメージがあるので、日本選手の横断幕が全く幅をきかせてない会場風景というのは自分にはものすごく新鮮でした(笑)

このときは日本男子は織田くん1人だったし、ジュベの地元だからそうなっててもおかしくはなかったのでしょうが、海外選手の横文字の横断幕もっと見たいなぁ(日本語じゃないってだけで日本人が作った横断幕も少なくなかったのかもしれませんが)

スケアメでもアボやアシュリーの横断幕を見てみたかったのですが、アメリカ人は横断幕作らないみたいね^^;

今年のエリボン杯は無良くんのみのエントリーだから、またジュベの横断幕が一番目立ってるのかな?


◆生で観たきりずっとTV映像の方は観そびれていた地上波の【MWO】も観ました。

私の席は全体は観やすかったもののリンクからは遠かったので、細かい動作表現や表情などはわからなかったんですよね(遠くても伝わってくるものはありますが) なので、TVでそれらをじっくり確認出来てすごく嬉しかったです▽

遠い席から見ると全体のスピード感に目がいってしまいがちなので(私の場合は)、今回のヤグディンに関しては、TVの方がより彼の演技表現の魅力が伝わって来ました。ソルトレーク五輪で男子を完全に観そびれた私には(その前は男子も観てたのに、この五輪に限っては全く記憶に無いので本当に観損ねたんだと思う(;;))、彼の演技とそのTV映像は、本当に貴重。

やっぱりレジェンドの方々は男女共表現がすごいなぁと、TV映像を観て実感。

クーリックはスピード感があって点も稼げるプロだったのもすごいと思いましたが、表情や動作も素晴らしいですね▽

女子の〆はスルツカヤ、男子の〆がカートで、どちらもラストを飾るに相応しい演技だったなーと思います。女子最年長にも関わらずスルツカヤはジャンプも演技も迫力があって、生で観てもすごいなと思ったけど、TVで観て改めて感動。貫禄がありました。

にしてもこの試合、衣装に対する気合が日本の2選手だけ圧倒的に違うという印象が否めない(笑) いやお二方とも素敵衣装で大歓迎でしたけど♪


◆地上波【CaOI】も途中までしか観ていなかったので、ちょこっと先を観ました。

クーリックの、超豪快な側転バタフライ?に感動。これ、最高のカメラアングルじゃないですか♪

スルツカヤ、こっちでも迫力十分。カートのナイヤかっこいい~~~

ギタコンはやっぱり素敵な曲だな~大好き♪ カートやジェフリーが単独でこの曲滑るところも観てみたかった。

残念だったのは、会場音への切り替えが出来なかったこと。素敵スケーターの演技中にスケートのことよく知らないタレントのコメントとか、本気で要りません;; 有香さんのコメントは聞きたいけど。


関連記事

エキシいろいろ他

◆新聞で、中国杯のエキシの記事を見ました。

町田くんの写真&記事の扱いが、真央ちゃんより大きくてビックリ&感無量! ほんとにおめでとう~~

中国杯エキシって何気に美味しいんですよね。町田くんのロシュフォールに、高橋くんのピアソラ♪

高橋くん、ショーで観たときよりキラキラした素敵衣装になってて、ちょっと鼻血出そうでした(いや、ショーで観た胸開きの真っ黒衣装も別の意味で鼻血だったんだけど)

そしてそして何より、ケヴィンくんが出演してるのだ!!!

わ~いわ~い、彼のエキシ観るの初めて(今年の初め頃放映されてたカナダナショナルは見逃したので…)だよ~~嬉しい♪

和風プロだそうで、もう今から朝日ニュースターの中国杯エキシ放映が楽しみでなりません…

◆エキシ放映でもう1つすごく嬉しかったのが、2011ロスレテレコム杯の再放送。

ロステレコムだけ今回複数回再放送していて、特に男子は何回やるんだ、その分2011スケアメの再放送をやってくれよ~~…と思っていたのですが、ロステレのエキシ放映を知って大歓喜。

これでやっと、TVサイズ画面のアメリカンイーグルロミオステップ(長いよ(笑))が手に入る~~^o^

あのTシャツであのステップやられると、もう個人的にツボすぎてたまらないですv 超レアなので、2回くらい放送して欲しい(ディスクとHDD双方に残したいので)

◆今週末はスケカナのエキシ放映。

織田くんの「ニューヨーク・ニューヨーク」、生で何度か観てたのでうっかりしてたけど、よく考えたらTV映像で観るのは初めてなんですよね。両手タノループ決めてたというし、こちらも楽しみです。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

今週末のロステレコム、順当に行けばファイナル残り5枠のうち2枠は決まりそうですよね。

もし決まらなかったらまた大変なことになりそうだけど^^;、小塚くんやPちゃんの台落ちはちょっと考えづらいのでまぁ余程のことがなければ…(でもスケアメの羽生くんも中国杯の高橋くんも、FSはモロに「余程のこと」だったんですよね(苦笑))

織田くんはまず何より、PBを250点前後…せめて240点台後半に更新して欲しいなぁと思ってます。スケカナの点数、中国杯なら1位だったのに、そこら辺も運なんでしょうねぇ…

個人的には、ドーンブッシュがどれだけ頑張るかがかなり気になってます。

応援している選手はいても、基本的にスケオタなので、強い選手たちの激突にはやっぱりドキドキワクワクしてしまうなぁ。

でも自爆大会はイヤだ。

スケアメ、スケカナ、中国杯いずれも、ある程度以上の構成でミスを少なく抑えた選手が優勝してますよね(当たり前だけど)

高難度構成にトライして玉砕…という光景が増えるのも仕方ない流れなのでしょうが、やっぱり折角のトップスケーターさんたちなのですから、ミスの少ない、「競技」と「表現」を綺麗に融合させた演技が観たいです…


関連記事

中国杯感想補足

大事なことを書き忘れていたので、補足。

中国杯の男子FSでは、ヴォロノフさんの演技が良かったです。やっぱり転倒とかで途切れない演技が好きだよー

「ロミオじゃなくてマキューシオ」とか言われてるし確かにそんな感じでしたけど(笑)、見た目も素敵でした♪

スケアメのメンショフさんといい、ロシアのベテラン陣頑張っててヨイです。お二方ともクワドきっちり決めてて、すごいなぁ。。。ヴォロさんには、NHK杯でも良演技していただきたいと思います。

ケヴィンくんの衣装素敵! 曲も振付もとても素敵なので、どうかクワド戻って来て下さい…(><)

町田くん、4Tは回り切っての転倒だったんですね。回転不足もエラーも無い綺麗なプロトコルだったなー

高橋くんは2本入れてるクワドがダウングレード&回転不足なので、NHK杯までにどれだけ調整出来るかちょっと心配です。

点数的には「回り切っての転倒>回転不足>ダウングレード」で、迎え撃つライバルたちは回転不足のないクワドジャンパーだし(1人は先日1本目が抜けてはいたけど)

高橋くんと羽生くんは、ただでさえ(ファイナル行けるとしたら)NHK杯→ファイナル→全日本とハードスケジュールで全日本が心配なのに(特に羽生くんは、NHK杯で色々と使い果たさないでくれ!と思ってしまう^^;)

ところで、中国杯は男女揃って鳥さんプロが勝ったのですね。エキシで白鳥と火の鳥共演して欲しいくらいだわ(笑)


関連記事

中国杯終了

うわああああああああ

町田くん初優勝&GPF一番乗り&

目標の230点越え、おめでとうーーーーー!!!!!


そして

NHK杯は死闘確定(TT)

羽生くんに続いて、高橋くんまでこんなことになるとは。

2人共SPはしっかり1位だったのに、揃ってFSで150点も取れないなんて想像もしなかったよ!!!

でも昨季ワールド表彰台3人の中では、今のところ羽生くんの点が一番高いんですよね… あの点だと、今回の中国杯なら文句無しの1位だし(汗) コンボが1つしか入らずコレオシークエンスがノーカンでも、クワド回り切って転んだのと3A確実に決めたのはとても大きかったんだなぁ。

高橋くんが元気なさすぎだったのは、直前のリッポンとナンソンの衝突事故も何かしら精神的に影響してるのでしょうか;;(練習中に全員いったん退場とかあったみたいだから、集中力乱された的な意味で)

しかしワールド上位陣に色々悲惨な光景が散見されたGPS前半だった…

さくっとまとめた小塚くんは立派だったけど、2種クワド決めてFS最後まで揃えて文句無し優勝だったフェルナンデスくんが一際輝いて見えるわ^^;

次のロステレコムでドーンブッシュがフィンランディア杯みたいな点出したら、NHK杯の地獄度が更に上がるかもしれないんですよね…

色々と心臓に悪すぎる;;orz

でも町田くんの優勝って、Pちゃんとは違う意味で「クワド狙ってもそれだけじゃ勝てないよ」ということを改めて示した印象でした。まぁ優勝者が230点台という穴場大会だったのも事実なんだけど(中国杯の優勝得点ではスケカナだと台乗りすら出来ない)、それでも勝ちは勝ちだしファイナル一番乗りも事実。

でも難易度インフレ時代になった結果上位選手たちのガタガタ度も上がった気がして、もともとプライオリティが

完成度&表現力>(壁)>高難度ジャンプ

の自分としては、ものすごい複雑な気分です…

そしてジュベ、ナンソンくん、お大事にお大事に…(昨夜、昨季GPS中国杯の再放送観てて、ナンソンくんの素敵プロにウットリしてたばかりだったのに…(TT))


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


女子、リプはジャンプが全部決まらないとさすがにステップやPCSでは真央ちゃんに太刀打ち出来ないから、2位妥当ですね。

真央ちゃん、納得の演技じゃなかったと思うけどコレオ楽しませてもらいました。とりあえず男子の波乱(とNHK杯展望)に眩暈がしたので、安心の1勝をありがとうございました(-人-)

女子もまた3人でファイナル行けたらいいですね。NHK杯では明子ちゃんと潰し合いになっちゃうのが勿体無いけど…

未来ちゃんの演技、やっぱり好みです。台乗り逃したのも、GPSはこの1試合しか見れないのもすごく残念(>_<)


関連記事

スケアメ生観戦記・2

スケアメネタこのまま書けずじまいなんじゃないかと危ぶんでましたが、今日の朝日ニュースターの放送観たお陰で合間に何とか書き込めました(苦笑)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


朝日ニュースター、ペアもアイスダンスもEXもやってくれるので嬉しいです♪ 初試合観戦&初遠征の記念として全部録画とっておきたかったので。

メリチャリの今季FSは、『ノートルダム・ド・パリ』

真っ黒チャーリーがカッコよすぎて

およそカジモドには見えませんが、

チャーリーがカッコよいので構わない

(大事なことなので2回言いました)

SD・FD共に最後に登場したメリチャリは、もう完全に動きのレベルが違ってました。「神演技」というより、もう「神が滑ってる」と言った方が適切かと(笑)

まぁチャーリーがFSでツィズルミスってましたから神演技じゃなかったけれども、でもほんとに次元が違うなぁ、と思いましたね。

EXのとき、スタンドのあちこちに優勝者が立ってスポットを浴びてたのですが、アシュリーの紹介が終わったとき、私はかなり期待してたんですよ。他の優勝者の立ってる位置からいって、次にコールされるメリチャリは、私が座ってるエリアにいる可能性が高かったからです。

すると案の定。私の席は通路際だったのですが、その通路のすぐ上方、階段の前に立ってるメリチャリがコールされました♪

…うっかりカメラしまってたので、撮影は間に合いませんでしたけどorz


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


TV放映のEX、会場音が絞られてるせいか、生で観たときほど羽生くんのドヤ感と会場の盛り上がりが感じられなくてちょっと残念。

でもスロー再生のところで俺様っぽさがよく伝わってきたので、とりあえずヨシ。

ほんとに空気変わってたし、場内はもっと賑やかだったんですよ~~あのときはv

「これでもか!」ってくらい自信漲る演技で、前日遭難してた人はどこ行ったの?と(笑) 俺様オーラビンビンで、これまで観た中で一番痺れました♪

生で観るのはこれが9回目(どんだけ観たんだよ(笑))だったのですが、このEXは完成したんだな~と感無量。

投げ込まれたプレゼントをスィーーっと滑りながらサッと拾い上げて去っていく仕草がカッコよくてとても気に入っていたので、あれも映像に入ってて良かったです^.^

ジャケット忘れて引っ込んで取りに戻る…という演出部分がスロー再生とかぶって全然映らなかったのと、最後跪いてのけぞりながらズサーと出入り口に向かって滑っていくところがカメラ遠すぎてちゃんと映ってなかったのは残念でしたが。

お客さんたちは可笑しそうに笑ってたけど、みんなマジメにジャケット忘れてったと思ったのかな?(笑)

会場の反応は、アシュリーやメリチャリのような自国のチャンピオンを誇る歓声とはまた違って

「何こいつスゲー!」

的な、驚かされて喜んでる!って感じの盛り上がりでした。

上着を脱ぐところでも歓声が一際大きくなってて、【DOI】での初披露からずっと観てきた自分としては、この背伸びプロ(笑)のああいうパフォが海外でもウケて盛り上がってたことがとても嬉しかったです。

アメリカ人のスケオタさんに聞いた話では、向こうでは日本人の演技って放送されないそうなので、今大会を観に来たお客さんの中には日本男子は小塚くんくらいしか知らない人も少なくなかったらしいです。

で、この日もエキシだけ観に来たお客さんたちもいたようで、離れた席に座ってたスケオタさんに聞いた話では、当初「タカ、タカ」くらいしか言ってなかった女性客が、羽生くんのエキシを観て「Who is that guy!?」と色めきたってたのだとか。

私の隣に座っていた女性も「He,s cute!(・∀・)」と好意的なトーンで連れの女性に色々コメントしてました。

帰国時ご一緒させていただいたスケオタさんが

「今年は仙台だから仕方ないけど、羽生くんをNHK杯に連れてくることにはあまりこだわり過ぎないで、GPSは2戦とも海外に出して色々な国でアピールさせた方がいいんじゃないかと思う」

という主旨の話をされてましたが、実際に外国のお客さんを盛り上げてるところを目の当たりにすると大いに同意したくなります。

ところで、帰国してEXの照明が暗すぎるとネットで言われてるのを知りました。会場で観てるときはあまり気にならなかったけど、そう言えば確かに黒い世界だったような…

でも羽生くんのテラテラ銀ジャケは暗い中でもよく映えてたし(笑)、ショーの照明はもともと暗いんだし、動画やTVで観た人たちが言ってるほど真っ暗な印象はなかったなぁ。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


余談、スケアメ帰りにスケオタさんとの会話(青文字が私)

「羽生くん、カナダ拠点のうちはスケアメに出てくれるといいなぁ」

「スケカナでもいいんじゃない」

「ダメですよ! スケカナにはパトリック・チャンが出るんだから、羽生くんがスケカナに出るためには台落ちしなくちゃならない(笑)」

「あ~それはダメね」


さて、今季は彼らにとってどんなシーズンになるのでしょうね。


関連記事

中国杯SP感想

町田くんPB更新&SP2位、ほんとにほんとにおめでとう~~~!!!

クワド無しで83点はすごいよ!!! 同じノーミスなのに、スケアメより更に点が上がったよ! TESだけなら1位だよ!

ずっとソファに座って観てたのですが、町田くんの演技始まったときは思わずソファ降りて(TVににじり寄るかのように)前に座り込んで観ちゃいました。嬉しい嬉しい♪

完成度ハンパ無いし、ジャンプのクリーン度も素晴らしかったです。クワド抜きでこのくらいの点が出せる選手の演技って、やっぱりすごい好みだなぁ…

スケアメの表彰台もすごく自信になったのでしょうね。プログラムと自分の力を信じ切ってることが伝わってくるような、気迫漲るヨイ演技でした^^

「火の鳥」もとても自信のあるプログラムだというし、クワド以外は仕上がってると思うので、きっと今回も町田くんを羽ばたかせてくれると信じてます。是非是非フリーも頑張って、また表彰台に乗って下さい!

高橋くんの衣装、「FOI」で観たのとは全然変わってましたが、絶対こっちのがイイです♪

「FOI」のときよりずっと面白カッコよくなってたと思うしアーティスティックな表現も別格でしたが、完成するのはこれからですよね? 楽しみです。

まずはさくっと優勝決めて下さいませ。

しかし相変わらず日本男子の3Aは、素晴らしい成功率ですよね~~(* ̄▽ ̄*) 日本だけ見てると完全に感覚がマヒしちゃいますが、世界的に見れば何でみんなこんなに3A得意なの??ってくらい。みどりさんを生んだ国だから?(笑)

ケヴィンくん… クワドが決まらないと痛いよぅ(;つД`) 彼の場合、クワド決まらないと3Aも決まる気がしない(;;)

フリーの素敵プロでは、クワド戻ってきますように…

ジュベ…そんな、ジャンプがぁあぁあ…(TT) アボットといい、ジュベといい、演技後のあんな悲しげな顔は観たくないよぉ…

リッポン、髪切ったのは知ってましたが見たのは初めてだったので、最初 「 誰 ? 」 と思ってしまった。中国の選手とかがいきなり出てきたのかと^^;

リッポンルッツ、何であんなカメラアングルなの… 他の演技でも微妙なカメラアングル色々あったけど…

あと余計な煽りや女子のリピート入れるより、ナンソンくんとヴォロノフさんの演技を見せて欲しかった… 何で3位の人の演技が観れないのよ…

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

女子は、演技観た印象と実際の点数&順位がほぼ同じでした。

TES荒稼ぎのリプと3A抜きで高値安定な真央ちゃんの僅差のワンツーは、一番オーソドックスな予想通り。

男子と比べて目立ったミスの無い演技が多かったのは、嬉しかったですね。やっぱり3つのジャンプにミスが無いと、その選手の持ち味もよく出ると思うので。

リプニツカヤは期待通りの演技でした▽ 高難度コンボにジャンプをミスらないアイアンガールっぷり、そして軟体スピンを堪能させていただきました^.^

「剣の舞」も、すごく彼女のキャラや持ち味が活きる曲&振付で良かったです♪

まだジュニアっぽさの残るスケーティングがこなれてくれば、一段と見栄えがするでしょうね。

私が勝手に背面I字スピンと呼んでた技は、本人命名でキャンドルスピンというのか。技に自分の名前がついたり、自分が名前つけたりするのって楽しそう~

ジジュンも、全体的にクリーンで華やかさを感じる演技で良かったです。全てのジャンプにエッジエラーも回転不足もつかなかったのは、彼女だけでしたね。

中華系の華やかさ、ということで、ちょっとスケアメのガオを思い出しました。美少女だし、中国にはしばらく女子シングルの有力選手がいなかったから、成長が楽しみですね~

ロシアっ娘たちといい、オズモンドといい、若手の有力選手が次々頭角を現してくれるのは嬉しい^^

ヨシちゃんのSPの衣装、賑やかで綺麗で面白くてよいな~~ 昨季のSPの衣装も好きだったんですよねぇ(フリーの方は、ショッキングピンクのジュリエットで「ナイわ…」と思ってしまったけど^^;)

ラコステの衣装と演技も良かったです。今年は四大陸から国別まで思うようにいかない演技ばかり観ていた印象だったので、やっと彼女の表現が見れたという感じ。

未来ちゃんは最初の3-3が回転不足だったようですが、目立つミスもなく明るく華やかな演技でまとめていて嬉しかったです。フリーもこの調子で!

真央ちゃんは、ものすごく軽やかに跳ぶ2Aとステップが個人的に気に入ってます。スピン・ステップ全てレベル4はさすが。

オレンジの衣装可愛いけど、背中がすごく開いててちょっとビックリ。でも背中も綺麗でしたね~

コルピは相変わらず美麗だ… グリーンの衣装もとても素敵です。「亜麻色の髪の乙女」は今ピアノで練習中の曲なので、とても馴染みが(笑)

冒頭のジャンプが崩れたのが残念。また表彰台乗れるように、フリーでは頑張って下さい~


関連記事

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード