Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイテム近況

◆iPadをAirに新調しました。

実は第四世代iPadを買う前、一応ビッ●カメラの担当に聞いたんですよね。次のヴァージョンの発売予定はどうなってますか、と。

回答は、第四世代自体が久しぶりのヴァージョンアップだったので、当分次は出ないですよ、というものでした。

9月の話でした。

11月に大幅に軽量化されたiPadが発売されると知ったのは、それから少し経ってからでした…

自分のリサーチ不足なのはわかってますが、もうこの手のことは店員には聞くまい、と思いましたね^^;(まぁApple専門コーナーじゃなかったので、ほんとに知らなかった可能性はありますが)

まぁ中国に行ったときiPadが無かったら間違いなく困ったであろう場面はあったし、Airは11/1発売で中国杯前に入手することは不可能だったので、これはこれで仕方なかったのかなとは思いますが…使い勝手は覚えられたし。

でも第四世代iPadは(私が重量を考えずに選んだカバーも加わったせいで)ムチャクチャ重かったので、遅くてもソチ五輪までにはAirかminiのどちらかは購入するつもりでいたんですよね。

幸い、目下Airや最新のminiの購入者には少し高値で以前のiPadを下取りするというサービスがあったので、それを利用することに。結果、Airの価格の半分弱は第四世代iPadの下取り価格で賄うことが出来てすっごく助かりました(^。^;)

下取りなんて初めてだったので、うっかりちゃんと保管してあったパッケージ(マニュアル付き)を持参するのを忘れてしまい、欠品分として500円差し引かれてしまったのは迂闊でしたが(--;) ←付属品の電源アダプタやケーブルを持って行くということには頭が回ったくせに、無傷な状態でとってあったパッケージのことには思い至らなかったマヌケ

今回は折角のAirの軽さを損なわないようにと、カバー選びにはすごく慎重になりました(前回iPadユーザーの店員さんオススメの背面カバーを見栄え優先で買ってしまい、ものすごく重くて後悔したので;; いや見栄えは良かったので、その意味では気に入ってましたが)

とりあえず背面カバーが必要だったので、Amazonでまだレビューもない商品を、軽さとクリア素材であることと純正の表面カバー対応であることを重視して購入。ポリカーボネイト製のものを選んだのですが、ジャストフィットで軽くて良かったです。

ただAir本体含め、軽さを追求した結果前のiPadと比べると全体的に素材的なチープ感はありますね。タッチするときの感触とか全然違うし、背面カバーも傷が目立ちそう。軽さ優先なので、そこら辺は割り切ってますが。

Airよりずっと軽いminiなんて、もっとそういう感じなんだろうか^^;


◆中国杯からの帰国後まもなく行方不明になっていた眼鏡が、約3週間ぶりに無事見つかりました。

新調したばかりでとてもいい感じに馴染んでいたので、万が一外でなくしたとしたらもうかなりのダメージだと気落ちしていたのですが。。。良かった、良かったよぅヽ(T▽T)ノ

ワードローブを兼ねた納戸に落ちてたんですけど、iMacが入ってたでかい段ボール箱の陰になってて長いこと気づきませんでした。最初に目に入ったときも別の全然違うものに見えて、もう少しで放置するところだった。。。危なかった;;

遠視と乱視なので、近視の人と違って常時眼鏡をつけてないと最近は特に疲れてしまうんですよね。以前の眼鏡もあるのですが、弦の部分が完全にイカレて歪んでしまってるため、普通に使うことは出来るもののボロ感は否めず。家にいるときはともかく「お出かけ」のときには新しい眼鏡を使いたかったので、戻ってくれてほっとしました。

家の中でなくなったものって結構あって、眼鏡はしょっちゅうプチ行方不明になります。ピアスや指輪に至っては何度&何個が長期にわたる行方不明になったかわかりません(汗)

間違いなく家の中でなくしてるのに、とうとう出てこなかった超お気に入り1点物の指輪もありましたorz(引っ越し前の家でなくして、引っ越しの際に家財道具一切片付けても見つからずそれっきり…何かのハズミにゴミ箱に落ちてしまい、そのままゴミに出してしまった可能性が一番高そう↓)

ピアスや指輪は、大体忘れた頃にバッグや衣類のポケットから出て来ることが多いです。そういう場所なら探せばすぐ見つかりそうなものですが、何故見つからずじまいになってしまうのか。

きっと「いつなくしたか」を思い出せないせいで、「適切な捜査対象」に全く辿り着けてないケースなんでしょうね;;

皆さんがよくなくすものって何かありますでしょうか。そしてどんな顛末になることが多いでしょうか^^;


関連記事
スポンサーサイト

GET!

五輪チケットが3枚当たったあぁぁぁぁぁぁーーー!!!

フィギュアスケート男子SP カテA

スピードスケート男子1000m カテA

カーリング女子予選 カテA


やった…やったよ、これで観戦者パスが滞りなくゲット出来るよ…。・゚・(ノД`)・゚・。

しかも男子フィギュアも入ってるよ!!!

ずっと様子見してて未購入だった男子SPだよ!!!

秋以降カテAエリアは2階席まで広がったそうだから当初カテBだったエリアの可能性もあるけど、もうこの際そんなことどうでもいい。

公式リセラーチケットの安心感 は、何物にも代え難いんだ!!!

これで心置きなくソチに旅立てる、カナダナショナルにも安心して行って来れる!(T▽T)

重くてどーーーーーーしようもなかった荷物が、一気に軽くなりました(喜)

チケット付きのツアー(特に、オリンピックパークそばの港に停泊してる豪華客船に宿泊するやつ(笑))に申し込めた人たちがものすごく羨ましかったけど、今はとりあえず気が済んだよ! 個人手配にしたから通常の男子観戦ツアーより前後に1日ずつ多く滞在する日程組めたし、オリンピックパーク内には間違いなく入れるしで、とにかくめでたしです♪


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ぴあの五輪チケット2次販売では6種目申し込んでいたのですが(他にはペアフリーのカテBとか申し込んでました)、当選した3種目はお値段的にも種目的にもなかなか美味しい組み合わせとなりました。

神 様 あ り が と う 

ケヴィンも普通に練習してるという話だし、これからケヴィンにもケヴィンファンの人たちにも運が巡ってくると信じるよ!!!


関連記事

DO YOUR BEST

◆高橋くん、このタイミングでケガですか…

多分全日本だったら何とか出ちゃうのでしょうが、さすがに全日本直前のGPFで無理するワケにはいきませんよね。こういう時期に調整の予定が根底から狂ってしまうのは本当に大変だと思いますが。。。お大事に。

織田くんも補欠だから最低限の準備はしてたでしょうが、調整という意味ではやっぱり気になってしまいます。彼の出場機会が増えたこと自体は嬉しいのですが。

どの選手も、試合の予定は狂わないのが一番ですよね(T_T)

でも置かれた状況下で精一杯戦わなければならないのはみんな同じだと思うので、どの立場にいる人もそれぞれの目標に向けて極力身体大事に頑張って欲しいです。

そういえばGPS中に、ファリスやマイナーやベゼキエやオズモンドもケガでOUTしてましたね(一番泣いたのはコルピのケガのタイミングだけど)…皆さんお大事に。


◆五輪シーズンでなければ、すぐ後に五輪代表選考会の全日本が控えてさえいなければ、GPFで羽生くん織田くん町田くんの直接対決なんて、もう私得すぎて最高に心躍る楽しみなのですが。

いい演技いい勝負が観たい!と思うと同時に、ここで消耗しないで全日本にとっといて~~!…という気持ちもものすごくあり。。。複雑すぎますorz


◆町田くんのインタビューが面白くて毎回楽しみです。

彼のような思考回路の人は普通にいると思うけど、トップアスリートでしかもここまで語る人となると正直フィクション以外ではお目にかかったことがなかったので、とても興味深いな〜と。

以前から思ってましたが、町田くんの言ってることは私の感覚にはすごく馴染みやすいんですよね(単語に馴染みがあるかどうかは別として(笑))。学生時代は記号論や抽象概念的な話も好きだったので抵抗が無いというのもありますが、何より彼の「作品」というものに対する定義とこだわり方にすごく共感を覚えます。

もし私に何かの才能があって世界中の人に披露出来るような「作品」を作るとしたら、多分同じようなことにこだわるんじゃないかと、しばらく前(昨季が始まる前かな?)のフィギュア誌のインタビュー記事を読んだときに思いました。

まだ安定した4回転が跳べなかった頃、「とにかく4回転」という風潮に抵抗を感じつつも「『フィギュアは4回転だけじゃない』ってことをアピールしたければ、まず4回転が跳べなければならない」ともどかしい思いを抱えていたところなんか、特に。

口に出すかどうかはともかく、「もとになった作品の原作者の国でこのプロを披露出来て嬉しい」とかもすごくわかる(笑)

自分がものすごくこだわったことについては、アピールしたいんだな~と。

来季以降は表現することに専念したいと言ってるみたいですが、町田くんがこだわりまくったものは実を結んでいると思うので、是非信念の赴くままに進んで追究の成果をこれからも見せていただきたいですね。

難しい単語が飛び出す会話とは別に、不調を克服するためにあれこれもがいた様子を語る言葉も人間味があって好きです。

普通の人間でも自分に置き換えて考えられるようなイメージで語られていたので、彼が自分の弱さを克服していく過程に励まされた人もいるんじゃないかなと。私なんかはモロにそうでした^^;

今年は結構しんどい選択の連続で気持ち的に追い詰められることが多いので(勿論選手たちのプレッシャーなんかと比べたらレベルが違いますが…)、逃げられないし自分の力だけではどうにもならないものと向き合うとき他の人がどうしたのか、みたいなことを具体的に教えてもらうのって、すごく有り難かったのですよね。

自分は誰かから勇気をもらったり誰かに勇気を与えたりといったこととは無縁の人生を送ってきたのですが、それは自分の能力で手に負えるかどうかわからない難しいものに挑戦するってことが殆ど無かったからなんだな~と改めて思いました。

4分~4分半という短くてそしてとてつもなく長い時間を、たった1人氷の上で戦う選手たちの勇気に幸いあれ(-人-)


関連記事

夢のはなし

今回は、なんちゃってサイエンス的な話。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆年を経るにつれ、夢の中で身体感覚が変化しているのを感じます。

小さい頃は、夢の中で用を足す感覚があったらそれはすなわちおねしょでした(記憶がある範囲では1回だけですが)

でも大人になってからは、夢の中でしっかり用を足す感覚があっても絶対おねしょはしないんですよね…単にいつまで経ってもトイレに行きたい感が減らないってだけで(実際行きたいのにしてないんだから当たり前ですが)

あと「夢じゃないか」と疑って、頬をつねったりみたいな古典的なことを試したりもするのですが。

年をとるにつれ、夢の中で「これは夢じゃない!」と確認するための方法が実にヴァリエーション豊かになってきて(ものによっては進化系になったりして)、しかも毎回それらをクリアするにも関わらず結局夢だった、という展開が増えてきたんですよね。

主に、とても嬉しい夢のときに(涙)

夢の中でどこかつねったら、ちゃんと「痛みを感じる」レベルには既に到達しています。。。

つかむしろ目覚める寸前まで身体の一部にものすごく痛みを感じていたのに、目覚めたらどこも何ともないっていうのもありました(苦笑)


◆すごく疲れる状態で寝たときや、2度寝したようなときにものすごく変な夢を見ることが多いです。どちらかというと悪夢系。

単純に変としかいいようのないこともありますが、決して明るい系ではないですね。これをベースに不条理系小説でも書けるんじゃないかと思うような(苦笑)

身体が気持ちよくない状態での睡眠だと、夢が身体的な不快感を反映するってことなんでしょうかね。でも肉体的に苦しめられる系ならまだわかるけど、何で抽象的な意味での「変」度がアップするんだろう。身体的不快感→不条理ストーリーという変換システムでもあるんだろうか。


◆夢の中で何かから逃げようとするとき、どんなに早く走ろうとしても足が動きません。

科学的に説明するなら、運動機能が完全に休止中だから動かせないのだとか。もし寝てる間に走る動きなんか出来てしまったら疲れてしょうがないやん、みたいな話らしい。

でも何かそのうち、足を動かさないまま夢の中ではちゃんと走ってる感覚も会得しそうな気がしないでもない… 夢の中における身体感覚の変化(進化?)のことを考えると。


◆近年はかなり減ってきたのですが、私は夢の中でトイレに行きたいとき、汚いトイレしか見つからないという悪夢?を見ることが過去頻繁にありました。

こんなの経験した覚えはないぞというくらい、色々なヴァリエーションの汚さでorz

昔いた会社の博学だった上司の説によると、汚いトイレの夢は「起きてトイレに行かないように、睡眠を続行するように」と身体がセーブをかけてるのが原因なのだそうです。

汚いトイレだから、トイレ自体を諦めろっていうこと? 説得力があるような無いような…

興味深かったのは、友人に聞いた話。

彼女は汚いトイレの夢というのは見ないそうですが、代わりにトイレに行きたいのにどのトイレもドアが閉まっていて入れない、という夢を見るのだそうです。

これも先の上司説なら説明がつくのかな~?

にしても、これを聞いたときはものすごく羨ましかったですね。汚いトイレの夢って、起きてからも結構ヴィジュアル的な記憶として残るんですよ(TT) ドアが閉まってるだけの方がどれほどマシか!!!

グァテマラ観光のときのジャングル遺跡や山中の国境検問所そばのトイレは若干トラウマになるレベルに強烈でしたが、その手の夢をよく見てたのはもっと以前からなので、ほんとに一体どこからそんなイメージを作り出すのか。

冷え性でトイレが近くて年中色々な場面で悩まされてきた(行きたくないような場所でも行かなくてはならないという)負の記憶が影響してるんだろうなぁ、きっと(TT)


関連記事

Envelope Punch Board

ここ一応雑記ブログなので(そうだっけ?^^;)、GPFまで試合が小休止期間の今、色々たまっている他カテゴリの話題も少し続けようと思います。

久々に、「スタンプ/クラフト」カテゴリの話。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

▼最近購入したお気に入りツール:Envelope Punch Board

envelope_punch_board1.jpg

66種類のサイズの封筒が作れる便利アイテムです。

好きな柄のペーパーで欲しいサイズの封筒を作りたいと以前から思っていたので、馴染みのショップで在庫があったときに即購入。

○×△インチ(orセンチ)の封筒が作りたい場合、何インチ(orセンチ)角のペーパーを用意すればいいか、一覧表がついているので一目でわかります。

封筒を作るテンプレートというものはありますが、引いた線に沿ってカットしたり切り込みや折り目を入れたりと結構手間がかかるのですよね。折り目を正しい位置に入れるにはコツが要りますし。

このボードには折り目を入れるための溝がついてる他、切り込みを入れるパンチもついているので、作業がかなりお手軽になります。

ちなみに封筒の表面部分は元のペーパーの向きに対して45°になるため、表面とペーパーの柄の縦横を一致させたいときは(そのペーパーに水平・垂直の区別のある柄がある場合)ペーパーを菱形状に切り出さねばなりません。そうなると結局テンプレート作って線引き→カットという作業が入るので、最初からその角度ピッタリに柄を入れた○インチ四方のデザインをPCで作った方がいいのかなと思います。

でもそれだと、私が欲しい最大サイズ:4.5インチ×6.5インチ以上の封筒は作れないんですよね〜(必要なペーパーのサイズが、プリンタで出力出来る最大サイズA4を上回るので)


▼パンチ部分は上半分と下半分で異なっています。下半分が折り目の両サイドに切り込みを入れるためのパンチで、上半分(下の写真で封筒に接している側)が封筒の直角の四隅を角丸にするパンチです。

envelope_punch_board2.jpg

正直、この2種類のパンチだけでも代金の元は取れそう。単品で売ってる角丸パンチって、もっと使いづらいですからね(苦笑)

左はスコアフォルダー(溝に沿って折り目を入れたり、紙を折る際に綺麗な折り目にするためのヘラ)。本体横に収納できます。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

封筒を作るときは、紙選びも大事ですね。今回試作でスクラップブッキング用の厚めのペーパーを使ったら、手紙を入れる封筒としてはちょっと厚すぎてしまいました。

どちらかというと、「ケース」とか「パッケージ」といった認識で使った方がいいような感じ。YouTubeでは、厚めのペーパーで作った封筒をタグ入れケースにアレンジし、リングで束ねてミニブック状にしている作品を見かけましたが、なかなか素敵でした。

パンチを上手く使って封筒のフタ部分をしゃれたラインにアレンジしている例もあり、そんな風に色々応用出来たら楽しそうです。不器用な私では、なかなか考えつきそうにありませんが…


関連記事

GINZA LUNCH

先日、銀座でスケオタ仲間とランチをしてきました。

場所は私のオススメ『GINTO』
とても食べやすいイタリアンフレンチの創作料理レストランで、自社農園の無農薬・減農薬のこだわり野菜を使用しています。

銀座で知り合いとランチをする際、相手のオススメが無いときには大体ここに誘うのですが、いつも好評でその後ご家族や友人を誘ってまた行った、という話も聞きます。

今回は、GINTOレディースコースから。下記写真の他にも、美味しい焼きたてパンや季節野菜のスープがありました。

▼美しい前菜6種盛合せ

ginto201311_1.jpg


▼自家製ローストビーフ 4種類の中から選ぶメインディッシュ
 ソースがすごく美味しい

ginto201311_2.jpg


▼本日のパスタ&リゾット パスタはしらす入り

ginto201311_3.jpg


▼パテシエ特製 手作りデザート
 左:タイムとオレンジのハーブジュレ
 中央右:ごぼうのガトーショコラ
 右:バニラのジェラート?

ginto201311_4.jpg


ここは会員登録しておくと、限定メニューや特別割引料金の案内メールが届きます。特別な素材を使った期間限定メニューには、いつもとてもそそられます(特に割引のときはv)

これまで期間限定&1日限定○食のメニューの案内が来たときに2回ほど利用したのですが、明らかに普段のメニューとは一線を画す素晴らしいクオリティでした。もうほんとに、無茶苦茶美味しかった…!(T▽T)

今は1日限定20食の牛ヒレステーキランチセットを提供しているようなので、何とか期間中に行けたらいいなぁ(苦笑)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


夏に新調したカメラのおかげで、やっとこのお店の料理が綺麗に撮影出来ました!

店内が暗いため以前の古いカメラやケータイではなかなかうまく撮れず、いつももどかしい思いをしていたので嬉しいです〜(^。^)


関連記事

大事なピースが欠けている

◆チャイコフスキーのピアコンいいよなぁ。。。コフトゥンのプロや衣装観てると、イヤでもケヴィンを思い出します…

今のケヴィンにこそ、盛り上がる王道クラシックをやって欲しい!(昨季やったけど)

今夏「ハンガリアンラプソディー」の初披露を生&最前列で観たときは、

何 こ の 素 敵 プ ロ

と、その後2~3日ほわわわわ~~んと夢見心地にさせられました。

私がケヴィンで観たいと思うタイプの振付が随所に。。。素晴らしかった(T▽T)

ケヴィンの綺麗な姿勢と全身を大きく使える今の身体表現なら、クラシックすごく似合うと思います。

今夏の【THE ICE】のグループナンバーのとき、アラベスクポジションのフリーレッグの足先がダントツで高い位置にあったのはケヴィンでした。上半身から爪先までのしなるようなカーブラインもムチャクチャ綺麗で、もう目が釘付けだったなぁ(トオイメ)

あのスタイルに美麗ポジションに面白いプロ&ステップ等々、私が氷上で観たいものをてんこもりに装備してる選手を現役リアルタイムで拝ませてもらえることを、スケートの神様に全力で感謝します。

感謝しますから。

早くまた拝ませて下さいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ(TT)

スケオタになって初めての五輪シーズン前半は、自分にとって一番大事なものが欠けたまま進むという、まったくもって想定外のものになってしまいました。

既に沢山の試合が行われ沢山の選手が戦いのステージに入れ替わり立ち替わり登場する一方で、世界一観たい選手とプログラムは観ることが出来ない、という。

関心の中核であるべき場所が空っぽのままだと、本当の意味で五輪レースに向けて気持ちを盛り上げるのは難しいです(つД`)

大好きな選手を生で観られるのはとてもとても幸せなことだといつも思ってはいましたが、観れなくなった今は本っっっ当に!!!死ぬほど幸せなことだったんだと、心底痛感させられましたorz


◆もしかして、1年間に生で拝めるケヴィンの絶対量って、決まってたりするのかなー

私は今年7月までの間にその制限を大幅に超えてしまったせいで(単純に日数で数えるなら今年だけで16回)、今こんなに観れなくなってしまったのか(--;)

…なんてことを考えてしまう今日この頃。

ロステレ終了後の町田くんの記事に、こんな話がありました。

スケアメの後に靴を変えたら、4回転が全く跳べなくなったそうです。迷った末に、ロステレ4日前に以前の靴に戻したのだとか。

やっぱり、靴のせいでそこまで露骨に違いが出てしまうことってあるんだなぁ…と改めて思いました。

ケヴィンの場合、以前の靴はもうボロボロで戻したくても戻せない状況だったと聞いています。彼の靴は半年スパンで壊れるそうで、昨季後半の活躍を支えた靴は、【DOI】の後にダメになったらしいです。(【THE ICE】は新旧どっちの靴で出ていたんでしょうね? 【DOI】のときと違って、より得意な方の4Sを(私が見た限りでは)1回も跳ばなかったことと関係あったりするのかな?)

当初ケヴィンは何とか新しい靴で対応しようと辛抱強く試みたものの、結局無理がありすぎると断念したようです。ジョアンコーチ曰く、この五輪イヤーに「シーズン通して悩まされるくらいなら、靴を変えるべきだった」という後悔だけはしたくなかった、と。

2シーズン前、合わない靴に悩まされ続けた小塚くんがどれだけ苦しい演技をする羽目になったかまだ記憶に新しいので、彼らの判断もやむを得ないと思わざるを得ませんでした。

また、靴が合わない状態で滑っていたときの高橋くんや小塚くんのジャンプボロボロっぷりを思い出すにつけ、昨季後半一気に評価を上げたばかりのケヴィンが、五輪イヤーの今このタイミングでそんな演技をして評価を下げてしまうのもかなりキツイんじゃないかと思います。

むしろ五輪イヤーだからこそ2戦とも欠場するといった大きな決断が出来た、と考えるなら、ケヴィンはそれだけ今季のプロ(というか今の自分)に自信があったんじゃないかなとも思いました。

彼らの決断の全てがソチに繋がると信じて、ケヴィンが戦いの舞台に戻ってくる日を待ちたいと思います。


関連記事

ロステレアイスダンスFD感想

◆パパシゼ、やっぱり好き~~ 選曲もプロもすごい好み。いつかファイナルに行けますように。

ワールド2枠でペシャブル来ないみたいだから、来てくれないかな~ リプと並んで、まだ生で観たことのない選手の中で観たい選手筆頭です♪


◆パイポー、ポワリエさんのツィズルが…(泣)

でもこのプロ、表情がすごくサスペンスを表現してて良いんですよね。あとスピンやリフトのポジションもとても面白くて好き。


◆チョクベイのレミゼ、今回も良かったー!

台乗りオメだけど、ファイナル行けなくて残念… ワールドには是非おいで下さいませ。


◆ウィバポジェ、カッコいいプロだなぁ。

ポジェのフィニッシュ顔&ポーズが素敵すぎる。TES1位&FD1位&ファイナルオメ!

今季未見だから(EXだけはショーで観たけど)、ワールド是非来て来て~


◆ボブソロ、中国杯より動き良かったんじゃないかなーと思いながら観てたんですが、途中で画面が黒くなり中盤が観れませんでしたorz

でも曲の勢いにムーブメントが追いついてた印象。

ボブソロが衣装を変えたのは、イリカツとかぶりまくりのブラックスワン状態だったからだろうか…

でも今度は今度で、サフゾルのSPみたいなんですが。ロックニーさんのFS衣装も思い出しました。

「四季(冬)」は五輪プロとしては申し分ないので、Pさんといい、衣装をもちょっとどうにかしてくれると嬉しいんだけどな~^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


やっと4カテゴリ感想書けた…(女子はリプのみだけど)

ところでよく考えたら、カナダ選手はみんなカナダナショナルで生で観れるのでした… ペアとダンス楽しみ!


関連記事

ロステレFS感想

◆町田くん、よくまとめてくれたー! ミスありなのに点数も高い! GPS2勝オメオメ、すごい嬉しいですーーー!ヽ( ´∀`)ノ

絶不調だったのに立派ですよ。。。この安定感は貴重。

あああ、町田くんの「火の鳥」も織田くんの猫足着氷ブラボーコンボも五輪で観たい…(;;)


◆コフトゥン、やっぱり3クワドは厳しい道のりみたいですね。(そりゃまぁ、現役では今ピーク年齢の2人しか出来る選手いないんだし^_^;)

可能性は感じるからこのまま挑戦は続けてよいと思うけど、ロシアナショナルはこの構成でいいんだろうか…やっぱりまだFSのスタミナが不安なのが気になります。まぁだからこそ3クワドに賭けてるってのもあるのでしょうが。

とりあえずファイナルにユーロ勢が1人生き残りましたね。男子のファイナリストに10代3人ってのもなかなか感慨深いです。


◆ハビどうしたの… いやユーロから先に調子上げてくれればそれでいいんだけどね…


◆男子、始まってるの気づかなくてリッキー観損ねましたorz

FSはあの恐ろしい構成を現実的なものに変えてくれたようで何より。点数は高くないけど、FS2位オメ。

しかし2位が151点か。。。ここもやっぱり自爆大会だったんだなぁorz


◆女子FSの時間が家族と夕食の鍋とモロかぶりで、終わってからPCのところに飛んで帰ったものの、結局コスの途中からしか観れませんでした。。。

リプ、優勝おめ! すごい不満そうだけど(あの内容じゃ無理もないでしょうが…)、良演技はGPSやGPFよりも大事なシーズン後半にとっておけばいいよ!

でもこのプロほんとに好き…曲もリプの表情もたまりません…衣装もイイ。GPF行けないから、是非是非ワールドで観たいです(>_<)


◆演技観れてないけど、未来ちゃん台乗りオメ!


◆成龍の最初のSBSのコンボ成功に、PCの前で思わず拍手してしまいました☆

スロージャンプも1つ綺麗に入ったし、まとめられたなと思います。SB更新オメ!

ちなみに成龍FSの編曲は、レミゼプロの中はで一番好き。プロの間中、曲を聴いてるだけでも高揚感があって楽しいです。

エストニアのペアの五輪出場が危ぶまれているようですが、どうなるんだろう。。。団体戦のみ出場かペア種目出場かで調整が雲泥の差になるから、どう転ぶにしても早く決まるといいなと思うんですが。

でもこのペアは観てると癒やされます…今のとこ代表枠争いみたいな明確な競争とは無縁なせいかなと思いますが。


◆ストクリのスロー3Loが素晴らしすぎる。あの飛距離と流れる着氷最高!

ペンジャンのところも、決まればこんな感じになりそうなんだけどなーと、ちょっと思ってしまいました。

台乗り逃したけど、今日の演技の中では一番勢いを感じたかも。


◆アンマイ、クワドツイストたけぇぇぇぇぇぇぇーーーーーー!!! 男子と女子の間にすっごい空間があったよ!

ここもペンジャンとこみたいに年の差ペアなのか。


◆モーモー、他のことに気を取られてて気づいたら始まってました(汗) スケアメ見逃したからちゃんと観たかったのにorz

でも流れと勢いがある演技という印象でした。音楽が強烈というか賑やかすぎ(苦笑)

しかし、リフト降ろした後にコケるって観たの初めてだ…


◆バザラリ、「韃靼人の踊り」大好きなので嬉しい。

バザロワ美しすぎるし、鎧男なラリオノフも好みです♪♪♪

あの腰にバザロワを担いでくリフトがすっごいツボったんですけど…何かもうラリオノフに似合いすぎでv

しかし昨年NHK杯で初めて生で観たときビックリしたんですけど、相変わらずすさまじいユニゾンの無さ>SBSジャンプ ペア競技やってるのにあそこまでズラせるのは、むしろすごいと思ってしまう^^;


◆サフゾルは貫禄の演技でした。この衣装とプロ好き。

SBSのスピンが難ポジ入ってたりシット高速だったりでヨイですね。イーグルリフトも中国杯で観たとき、「おおっ」と思いました。

あとやっぱり、SPFSともラストにスロー3A持って来てるってのがすごい。このレベルのペアがここまで冒険しなきゃならないほど、ヴォロトラが圧倒的ってことなのでしょうが…


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ロステレのペアFSは全体的に見応えがありました。シングルでもこういうのが観たかった。。。GPS通して一部の台乗り以外は自爆大会だった印象が強いからなぁ;;

そしてペンジャン、ファイナル進出おめー!ヽ( ´∀`)ノ

ペアはユーロ2、アジア2、北米2で理想的なバランスだなぁ(シングルもこんな風になればいいのにと、ちょろっと思う。2シーズン前の男子はバランス良かった)

しかしロステレはロステレで地元選手たち(全員ではないけど)のPCSがすごいことに… 日本もよそのことは言えないけど、五輪でオールスター揃ってもこんな大盤振る舞い出来るもなのんでしょうか^_^;

五輪シーズンで点数インフレ気味に感じることもあって、何か最近、代表選考絡みのことも含めて数字のことを意識するのがイヤになってきました… 陰謀論とかではなしに、もらえる選手はもらえる(タイミングやシーズンにもよるけど)と思うし。

今は、好きな選手が好きなプロで素敵演技してくれるところが、純粋に観たいです…


関連記事

ロステレ男子SP感想

◆ミーシャの髪型すごいな…^^; 3A残念!

彼のプロ観て改めて思いましたが、私は泣きのエレキって何か好きらしい。


◆リバースのフィニッシュポーズって羽生くんのとそっくりだなと、そういえば中国杯のとき思ったのですよね。


◆コフトゥンすげーーーーーーー!!!!!

ジャンプ全部降りた! SP2クワドで3Aの加点もついて、他が取りこぼしだらけの割にはTES51点はすごい。

中国杯から1試合で、ここまでまとめてくるとは思いませんでした…脱帽です;;

このSPプロ、手足長くてスレンダーなコフトゥンがやると超カッコいい。ロシアは幼少時からラテンしっかり教えるからサマになってるし、2クワドだし、クリーンに決めるとインパクトあるなぁ(溜息)

私は足長スタイル厨なので、こういうプロをこういうスタイルの選手にやってもらえるのは嬉しいです。衣装も無難に黒にしてるせいか、変衣装のイメージがないところもイイ(私はどちらかというと変衣装には興味が無い派。ちなみにランビのシマウマは変衣装だと思ってない(笑))

FSも選曲・衣装とも申し分ないし、今季のコフトゥンのプロは両方とも当たりだなーv

SPFSとも選曲も衣装もプロもツボっていう選手はなかなかいないので、来シーズン以降もこうしたセンスを維持してもらえることをこっそり期待。


◆私の大好物のストレートヘアガチくんではないか!

でも2回もコケるなんて…(つД`)


◆メンショフさん、4-3入らなくて残念…と思ったら、ルッツも抜けた…orz


◆FSの3クワドも謎だけど、何でリッキーはSPを4Sにしたんデスカ;; 跳んでるの観たことないよ…

そしてあああ、3Aもコンボも…orz

ねぇ構成どうにかなんないの、どうにかしようよマジで(泣) 折角GPS2戦も出てるのに、何かすごく勿体ないよ… 全米でさえいい演技出来ればとりあえずOKってのは、わかってるんだけどさ…


◆町田くんのプロ、やっぱりいいなぁ… つなぎの部分観てると、うっとりします(´∀`)

軸足が左のときのキャメルは、綺麗な直角のポジションが大好き~

クワド跳べなくなってたと聞きましたが、試合ではちゃんと跳べて良かった(両足だったけど認定ですよね) セカンド残念でしたが、試合ではちゃんとクワドが入るっていう安定感はすごく大事。

絶不調だったという中、あれだけまとめたのは自信になったのではないかと思います。このまま崩れず「火の鳥」も頑張って欲しいです!


◆あああ、ハビ4S転倒… コンボもセカンドが抜けた…

まぁ彼は、ユーロと五輪に合わせられればいいんですが。。。FSで巻き返し来るかなー


◆ハンヤン、コフトゥンと、GPSデビュー組のクワド持ちが立て続けにSP90点台出してるのは、今季で最後の方々が沢山いることを思うと有り難い状況ですね。課題はFSのスタミナでしょうか。でも加点のつくジャンプが跳べるのは強みだなーと思います。

ロステレは、SPから男女ともロシアの若手が超良演技で盛り上がりまくりですね。ついでに今季はGPSから(男子SPに)90点台がいくつも飛び出して、五輪シーズンとしても盛り上がってるように思います。


…それでもやっぱり、どこら辺のポジションであろうとケヴィンのGPSが観たかったよ…orz


関連記事

ロステレ女子SP感想(2人分)

◆リプ70点超えSPトップ、オメーーーーーvvv

演技観ながら思わず、「あたしのリプーーー!!!」と握り拳作ってました(笑)

地元ロシアで今回もノーミス、素晴らしいです♪ 2シーズン前のアイアンガールっぷりが戻ってきた感じで嬉しい^^

この調子でFSも頑張って、是非2勝してファイナル行って欲しいなぁ(すみません、今季女子の中では私的イチオシなもので…他にゴールドも推してますが)

リプ、この安定感が維持出来たら&地元五輪のプレッシャーに勝てたら、五輪メダルもいけるんじゃないかなぁ。個人的には、若さの勢いでジャンプ跳びまくってる少女のメダルが久々に観たいんですよね~~

旧採点時代は15歳や16歳が五輪の金メダル獲ってたし、自分的にはむしろ馴染みがあります。何より新陳代謝支持派だから、とびっきりのニューフェイスが見たいんだ(笑)

にしても、今季既に2回生で観るチャンスがあったのにその2回ともがダメになるなんて…今のところライブのご縁がなくてちょっと悲しい。

地元上げに関しては、既に日本の大会で何度もそういうの見てるからあんまり…ですね。


◆コストナーさんも素敵でした…ウットリ。あのフリーレッグを伸ばしてポーズとるときの動きが、美しいのなんの(はぁと)

でもファイナル微妙? 女子はロシアっ娘4人になるのかな(自分的にはアリ。五輪後に向けて若いコに活気づけて欲しいので)


◆実は時差があまり無いってことをあまり考えてなくて、全然時間チェックしてなかったんですよね。

で、たまたま21時前にiPadで時間チェックしたら真っ最中だったので、「もう始まってるのか!」と慌ててPC起ち上げました。なので実はリプとコストナーさんしか観れてません;;

…日本女子orz まぁ今季の日本女子は、真央ちゃん以外はGPF行くより全日本合わせで調整した方がいいんじゃないかとは思いますが…


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


女子の話じゃありませんが、ペアを観てるとジャンプが跳べる人はほんとにシングルに行くんだろうなーとつくづく思います。トウループが安定して跳べない人もたくさん。

木原くんの有り難いところは、トウループやサルコウレベルならまず失敗はしないだろうということですね。成美ちゃんもガンバレー

ところで、ラリオノフさんがふとましくなっているように見えるのは気のせいでしょうか?


関連記事

カナダ絡みの話

◆ナショナルキャンプの頃のケヴィンのインタビュー動画がUPされてました。

くるんくるんの前髪とふっくらした頬が可愛すぎる(笑) たまにはこういう髪型で競技プロ滑ってもいいんじゃないかと思ったのですが、地毛スタイルのままだと滑るとき邪魔だったりするのかな。でもこれも似合ってると思うんだけどなぁ。

動画はシーズンイン前のもので、新プロについて明るく語っているところでした… GPSで世界にお披露目するのを本人もきっとすごくすごく楽しみにしてたんだろうなと思うと、色々悔しくて悔しくて∞たまりません(/_;)

動画はPJさんの記事の中で紹介されてたものですが、記事そのものには新しい情報は全く無かったですね;;


◆しかしどうしてCBCは、いつもこんなにアップで撮るのか。

特に今回のアングルって、距離感といい角度といい、完全に私のパーソナルスペースのラインを大幅に超えてます;;

おかげで刺激が強すぎて(苦笑)、動画だというのにものすごく落ち着かない気分になってしまいました(苦笑)

そもそも自分、【THE ICE】で最前列に座ったとき、あのグループナンバーの露出度の高い衣装姿のケヴィンが丁度正面を奥に手前にと動いてたのを観て、かなり距離があったにも関わらず「ひぃぃぃぃ(//)」って感じで正視するのをビビってしまったくらいなので。。。

パーソナルスペース超えのケヴィンのアップなんてもう、破壊力パネェですorz

昔からそうなんですが、ヴィジュアル的なお宝度が己のキャパを超えるものに関しては、瞬時に(まるで「見たら減る」とでもいわんばかりの)ガン見抑制システムが体内でONになるらしい>私

CBCさん、もっと落ち着いてケヴィンを眺めたいので、も~~少しカメラ引いて撮ってもらえませんかね…^^; いやアップなのは、それはそれで嬉しいんですけど(笑)

カナダの人って、国があんなに広くて人口密度少なそうなのに、パーソナルスペース狭かったりするんだろうか。

パーソナルスペースって国とか民族?によっても違うそうで、有名な「国連ダンス」の話があります。パーソナルスペースの狭い国の人が広い国の人と話すときに接近していくと、後者が自分のスペースを確保しようと後ずさりする→前者が更に接近する…ということが繰り返され、さながらダンスでもしてるかのように見えるのだとか。

ちなみに私がカナダという国に対して抱いてる空間的なイメージは、「グリズリー1頭辺りのテリトリーが600平方km」とか、そんな感じ^^;


◆フィギュアから離れそうになりつつも一応関係ある(と信じる)カナダ話をもう少し。

今年ロンドンワールドに行った際、私にとって衝撃の出会いだったのが、エアカナダ。

エコノミークラスなのに、座席が広ーーい!!!

機内食のときも、普段は身動きも取りづらいキツキツの中カトラリーやお手ふきを置く場所にも難儀するようなフォアグラ状態で食べなければならないのに、エアカナダのトレーはとてもコンパクトでテーブルスペースにも充分すぎるほど余裕があり、すごくゆったりと食事が出来るんです。

そしていつ着陸したのかわからないくらい、往路も復路も着陸時に振動が無かった。

…もう、一発でファンになってしまいました! エアカナダに乗る為にカナダに行きたい、と思ってしまったくらい(笑)

勿論、カナダナショナルに行く際の楽しみの1つです~♪

余談ですが、カナダのホテルも、部屋のスペースやベッドがとても大きかったです。

これでもちょっといい席のチケットが取りやすくて、何より交通の便が良かったらなぁ…>カナダ

車移動じゃないとアクセス出来ない会場が多いので、お1人様だと遠征しづらいのが難点です。


◆うわ~~~全然調べてなかったんだけど、全加と全米のシニアって、完っっっ全に日程かぶってるんですね。

全米は日本ならライヴで観れるだけに、ちょっと残念。現地で情報収集に励もうと思います;;


◆ケヴィンの写真が選手名鑑のページにさほど大きくもなく1つだけ載っている、シーズンガイド。

でもその表情が結構レアで気に入ってしまったので、その写真のために買うかどうか迷い中です^^;

日本選手に関しては何冊も同じような内容で出ているので、片っ端から買う必要はないなーと思ってるのですが。海外選手のトピックが面白そうだったら欲しいかな。

GPSにケヴィンが出なかったから(TT)、WFSも今買う必要なくてお財布的には助かってるんですけどね。。。それはそれで、やっぱサミシイorz

ちなみに先日美容院で見た「家庭画報」のフィギュアスケート記事にも、小さいながらケヴィンの紹介記事がありました。

こんなところでも紹介されるようになったんだねケヴィン~~……と感慨深く思うにつけ、冒頭で書いたことの繰り返しになりますが、本当にこの不運が悔しくてなりません。。。


関連記事

ロステレからその先の話

◆男子の感想しか書いてないけど、他のカテゴリも観てますよ~ 夜中のライストはキツイので、全カテ追えないことも多いですが;;

ロステレのアイスダンスでは、ウィバポジェとボブソロとチョクベイが残り2枠を争うんですね…この中の1組落ちるのは惜しいなぁ。

中国杯で観たボブソロFDは、あとも~~一息オーラというか勢いが曲の力に追いついてない印象でした。ボブソロの力がどうこうより(むしろものすごく頑張って動いてたと思う)、曲のパワーが強すぎてこれに負けないようにすること自体がとても大変に見えたんですよね。プロや衣装は素敵だと思います。

個人的にこの2人は、昨季の心病んじゃったプロがお気に入りです。2人の雰囲気にすごく合っててストーリーもよく表現出来てて良かったなぁ。

同じく中国杯で観たチョクベイのレミゼ、良かった! あくまで私個人の感覚ですが、曲の盛り上がりと2人の勢いがフィットしていた印象です。

ボブソロと衣装の雰囲気が似てるイリカツの黒鳥プロ、特にカツァラポフのロットバルトがムチャクチャ好きです。NHK杯の、あのキレのあるスピード感たっぷりの動きは素晴らしかった~~♪♪

昨季のプロはあまり印象に残ってないんですが(ごめん、でも変な意味でスケオタには評判だったんですよね)、今回のFDでは、何か「いつの間に!」とすごく見違えた気がv

アイスダンスって、最終滑走G辺りになるともう滑るスピードが全然違うんですよね。6分間練習が始まるとハッとする感じ。

カペラノが「セビリアの理髪師」って、いいなぁ♪ ベルホタのEX「ネッスンドルマ」を観たときも思いましたが、イタリアの選手がオペラ物をやるとやはりハマりまくりでイイヨイイヨー!という感じになります^^

あと評判の良かったパイポーの「ヒッチコック」、本当に独創的な振付で観ていて面白いプロでした!(・∀・)

ジガガジが昨季のゾンビをEXにしてくれたのはすごくすごく嬉しいのですが、生で観られる機会が無いのが悲しい(つД`)。。。いやもともとは、昨年のスケアメ初披露時に生で観て一目惚れしたプロなんですけどね。


◆ロステレは他に、まだ未見のモーモーのプロが観たい~(今季のGPSはペアとアイスダンスが追い切れてないのです;;)


◆大小たくさんの理由が重なり、福岡のGPF行きは断念することになりました(TT)

わぁあぁあん、勿体ないオバケが出ちゃうよぉぉ~~(泣)

いやもういっそ出てくれ、そして私を取り殺してラクにしてくれorz

今は、GPFで私が観たい選手は、今季既に生で観たかこの後生で観る予定があるか(少なくともシニア男子は全員これに当てはまる)、またはソチ後も観れる選手だから(特にシニア女子)…と自分を慰めています↓

まぁ日本選手は、全日本よりGPFの方が元気なんですけどね…(ファイナル組はやっぱり全日本の頃は疲れてる^_^;)

ちなみにGPFを断念した代償に、ワールドの通し券をゲットすることが出来ました。

五輪後でスカスカと予想されてるけど、逆に言えばチャンスの選手たちだっているワケで。枠取りもあるんだし、引退組を除けばスケオタ的に楽しめるメンツは揃うと思ってます。

とりあえず。

ワールドでは、今季まだ生で観てないご贔屓選手とご贔屓プロが観たいです。

なので

どうかどうかどうか、ケヴィンとリプニツカヤとイリカツは来てーーーーーー!!!(懇願)


◆GPFのキャンセルで、ジュニアファイナルが観れなくなったのも残念です;;

今季の日本男子プロの中でもお気に入り度の高い刑事くんの「ジバゴ」は、全日本までお預けだなぁ。。。でも刑事くんは全日本に強いから、期待してるよ!


関連記事

エリボン杯男子FS感想

ライスト視聴に手間取ってたら、ナンソンが終わってましたorz まともに観れたのはアモから。


◆ミハルの感想

あああ、またコケた…


◆アモの感想

いやあああ、また!また抜けたあああ!(TT)

曲は綺麗。

FS110点台、一体どうしたの… またユーロの時期に本気出すと思っててよいのデスカ?


◆ハンヤンの感想

やっぱり体調悪いんですね… 後半はもう辛そうで気の毒でした;; でも4位&ファイナルおめ!


◆ブラウンの感想

いい演技だったー!

3Aが1つシングルになっちゃったけど、全体的にはジャンプ大分安定してきましたね。後半ジャンプは見事でした。

何より、リバダンに相応しいステップ堪能させていただきました。面白いし楽しかった^▽^

彼のキャメルは、何かに足先を引っ張られてグイングイン振り回されているようだ。


◆羽生くんの感想

クワド以外はみんな良かった。

大技決めて最後バテる演技と大技入らなくても最後まで勢いの衰えない演技なら、後者の方が(観る分には)はるかに好き。(競技である以上、選手は点を取らなければならないこともわかってる)

でも今回スタミナ持ちましたね。クワド2本とも失敗したのに(といっても1つはちゃんと回ってたけど)、その後を最後までしっかりGOE取れる内容で滑りきったところは気迫を感じたし、感動しました。昨季は冒頭のクワドでミスると、気持ちが切れちゃってるような印象を受けたので。

後半3Aコンボが2本とも加点2って、超すごい。

今回も結局Pさんと30点差がついちゃったけど、彼の成長が感じられる演技だったので個人的にはかなり嬉しいです。こんな風に後半カバー出来ることも、結局は評価にも今後の結果にも繋がっていくと思うので。


◆Pさんの感想

すげええええええええええええええーーーーーーー

もう非の打ち所がない。。。1人神状態。途中でTES100超え確信したよ…

何というものを見せていただいたのか。ライブで観れて眼福でした(-人-)

四季いいよ~Pさんにふさわしいよ、絶対王者のプロ&演技だったよ、すごい興奮したよ…

でも神演技券を早速使っちゃってちょっと心配。こんなとこでピーク持ってきて大丈夫なんですか^^;

アピールという意味ではやっぱりGPFでの良演技も必要なんでしょうが、個人的にはGPFの出来はPさんに関してはとりあえずどうでもよいので(失礼)、次の神演技券は五輪まで取っておいて欲しいです。

私は王者にふさわしいプロと王者にふさわしい演技による五輪金メダルが観たい! 今回の演技観て、ソチではPさんにノーミスして欲しいと心から思ったよ…

しかし、スケカナと比べてジャンプ一気に安定しましたね。特に後半。今回クワドと3Aが揃ってるのもすごい。Pさんは3A苦手なくせに、決まると美麗だからなぁ。

この安定がGPF以降もずっと続いたら安心なんでしょうが、それはそれで恐ろしすぎるv


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


全体的には悲しいほどの自爆大会だったようですが、台乗り3人の演技はそれぞれ違う意味で楽しめました。バッチリ浄化されました(´∀`)

お疲れ様&ありがとうございました!


関連記事

エリボン杯男子SP感想ほか

◆Pさん、羽生くん、2人とも素晴らしいSPでしたーーー!^▽^

夜中にいいもん、見させてもらいました。後で地上波放送を大画面で観るのが楽しみ♪

PCSのことは私にはわからないからどうこう言わないけど、TESに限っていうならやっぱりこういう点はこういう演技に対して出るのがまともじゃないかと思うんだ。先週が違和感ありすぎだったと思うんだ。

羽生くん、4TのGOEが2.00で、3Aは2.71とか、鬼加点過ぎでしょうvvv 今回もまた、エレメンツ全体の加点だけで4T1本分に近い。ジャンプだけ見ても、トリプルジャンプもう1本余分に跳んでるか、4Tと4A構成みたいな点になってますよね。

彼のSP後半カウンター3A加点爆盛りは、フィギュア史に残してもいいんじゃないかと個人的には思ってます(笑) ハンヤンの超幅跳び3Aも同じく加点2.71の素晴らしさでしたが♪

とりあえず、思いっきり口直し出来ました。ありがとうエリボン、ありがとう上位2名様♪


◆ミハルーーー! 何で4S入ったのに3Aで盛大にコケるのぉぉぉぉぉY(T△T)Y

アモも取りこぼしが… この2人が不調なせいで、ユーロ勢で目立つ活躍してるのがハビーだけになっちゃってるんですよねぇ。2シーズン前は2人ともそれなりに良かったのに、昨季からどうしてしまったのか。(それ言ったらロシア男子はもっとか…) いやまぁアモは昨季ユーロ良かったですけども。

4-3絶好調らしいベルネルさんは、ご本人の責任とはいえ今季のGPSにはおいでになれなかったしなぁorz

ナンソン、TESはアモやミハルより高いのにPCSが低すぎ。TRの評価が極端に低いから、プロ手直しした方がよいんでは。

マヨさんは今回もクワド入らず…昨季後半のように決めて欲しい…

ハンヤンとブラウンの頃はやたら動画が止まってたので、ジャンプはちゃんと見れてません… でもハンヤンは熱出たとか言ってたそうなので、体調悪い中お疲れ様でした。イマイチでも84点取れるのはすごいと思うな。

ブラウンはこういう演技続けてればPCSも上がっていくと思うけど、クワド入らないうちはどうなのかなぁ。クワド持ちになったらどこまで行くのか、見てみたい選手です。FSでもジャンプまとめられるといいですね。


◆色んな選手のプロトコルを見ると、なかなかオールレベル4ってないですよね。Pさんと羽生くんの今回の演技でも取りこぼしはありました。ブラウンはオールレベル4ですが、彼は構成自体が落ちるし。

今回はミハルがオールレベル4ですね。彼のステップは大好物です♪

プロトコル表見るたびに、高難度ジャンプ構成でスピンステップオールレベル4が出せるケヴィンの演技が観たくて観たくてたまらなくなります…(;_;)(ケヴィンのマテューの最後のスピンはたまにレベル1になってましたが、あれって疲れてキャメルスピンが3回転分回りきれなくなって必要条件のコンビネーションが満たされないからですよね?)

ケヴィンのステップはディープエッジでも氷に吸い付くような感じでもないけど、くるくると素早くてメリハリがあって(←個人的にここら辺すごく重要)見た目に面白くて本当に好き。


関連記事

いろいろ

◆中国杯で、すっかりハオジャンファンになってしまいました(^o^) NHK杯でも続けて観れて嬉しい。2位オメ。

ペンちゃんのソロジャンプが決まるようになるといいですね。あとスロージャンプがすごい飛距離だから、決まったら爽快だろうなぁ♪と思います。

ファイナル来れるといいなぁ。


◆スケカナペアの放送、タイミング逸して観損ねた…orz 時間的に観れそうだからと録画予約しなかった自分のバカバカー(泣)


◆ファイナルのメンツにアーロンがいたら良かったのに。。。と自分が思ってることに最近気づきました。

自覚してなかったけど、私ってば思った以上にアーロンお気に入りらしい(笑)

豪快でスピード違反な4Sはお気に入りだし、なんか自爆しても観てて楽しいんですよね、彼。フィニッシュの表情なんかも好き。

何というか、彼の出番は自分的に癒やしタイムみたいなところがあって。。。貴重な人材ですv


◆女子のファイナルは、アシュリーとポゴリラヤが大崩れしない限りは、ソトニコワとコストナーさんと明子ちゃんとラジオノワが2枠を争う感じでしょうか。(リプはほぼ確定だと思ってる)

ラジオノワに来て欲しいな~ ゾンビっ娘がまた観たい♪

GGが今季もファイナル逃したのは悲しい。ジジュンも今季は台乗り出来そうと思ってたのに、中国杯ではもう見るからに体の調子が最悪っぽくて気の毒でした&悲しかった(熱があるか食あたりでもしてるかのような動きに見えました)


◆個人的に、今最も生で観る価値ありまくりだと思ってるのは何と言ってもハンヤン(のスケーティング)。

国別でも惚れ惚れしましたが、中国杯で改めて惚れ直しました!

EXは彼のスケーティングの魅力を堪能出来る良いプロだったと思います。も~~~う、ジャンプ跳ばなくてもいいからずっと滑ってて!と言いたくなるくらい垂涎ものでした(>▽<)

彼のSPノーミス90点の華々しいGPSデビューを生で観れて嬉しかったです▽

選手のタイプは違うけど、このときのハンヤンの演技には昨年のスケアメで観た羽生くんのSPの演技と同じようなものを感じました。才能ありまくりの若手がハマりプロをあてがわれてそのポテンシャルを鮮烈に見せつけた瞬間…みたいな。

コフトゥンの史上2人目SP2クワド成功もあったし、中国杯は新しい力の台頭が拝めてその点ではとても楽しめました。

まぁ全体的にはここも自爆大会で、特にあまりにもハンヤンと明暗が分かれたナンソンは辛かったですけども…orz


◆中国杯観戦中は、ホテルがすぐ近くだったので休憩の度にトイレのために戻っていました(中国の普通の場所のトイレはワイルドだと聞いていたので、最後まで首都体育館のトイレは使いませんでした;;)

女子FSの前にも戻ったのですが、その際歩道橋でロシアのジャージを着た金髪少女とすれ違いました。

ポゴリラヤだとは思ったものの、当時まだゴスビアニがどんな容姿だったかハッキリ覚えてなかったもので、万が一間違えたら失礼だと思い心の中だけで「Good Luck!」と呟きました。

結局私が外で出くわした選手は全日通して彼女だけだったのですが、まさかその彼女が優勝とは!

このときは、ちょろっとだけ幸運のお裾分けをもらった気分になりました^。^


◆中国杯で撮影した「カメラ構えてる最中のハンヤン」と「出番を待つコフトゥンの美麗な横顔(と手つき)」は、超お気に入り^^

他にもナタリー&チョックさんの美女ツーショットとか、iPadいじる信夫先生&小塚くんとか、色々。

殆どは表彰式のときの撮影です。皆さん選手入退場口付近で長いことウロウロしていたもので。特にハンヤンは座席エリアの目の前にずっといたので、かなり撮りまくり状態でした。

ナタリーやチョクベイは、客席に向かってカメラポーズとってくれたんですよ~v


◆ネーベルホルン杯で観たドイツペアの方々がまた観たいです。NRW杯はGPFの期間中だけど、日本時間の夜中だから観れるといいなぁ。

あと同じくNRW杯に出場するスウェーデン女子のオルソンさんのFSも観たくてたまらないのですが、女子FSの時間はPCの前にいないんだよぅ(泣)


◆録画したけど未見のNHK杯アイスダンスFD。

評判が良いので早く観なきゃと思ってます。特に、やたら好評のパイポーのプロが観たい!


◆カナダのスケ連がエリボン杯に向かう選手たちの写真をアップしていました。

たった3週間ぶりなのに、何だかPさんの存在がすごく懐かしく思えます…

スケカナのSP観た後は「クワド無しの3T-3T構成で88点取る人にどうやって勝つんだよ~ ここまで圧倒的だと、(群雄割拠好きの自分としては)萎えるわ(-。-;)」とか思っていたのですが、今はいてくれて良かったとしか…

N杯の気持ち悪さを浄化したいので、誰が勝つにしてもエリボン杯ではGPS前半の3戦同様、まともな採点による納得の優勝劇が観たいです。

にしても、Pさんの「クワドいけにえにすると美麗3A」という妙なクセはいつまで続くんだろう^^;

羽生くんに関してはスケオタの友人(海外選手ファン)が「本人もスタッフも迷走してるみたい」と懸念していたのですが、私も似たような心配をしています。スケカナは明らかに変だったし… 初めての五輪シーズンで昨季とは全然違うプレッシャーがあるのでしょうが、エリボン杯では修正して来れてるといいなぁ。

勿論、ハンヤンにも是非暴れて欲しいです♪

ちなみにものすごく無理そうなのが悲しいけど、ミハル優勝でも私は大歓迎だよ!


関連記事

スケオタの知人たちとメールをやり取りしていて、やっぱりN杯に関して違和感ありまくりだったのは自分だけじゃないんだなーと、ちょっと安心。

お一方は複数の事象に対して私よりずっと突っ込んだ指摘をしていて、それがいちいちこちらの印象とピッタリ重なるため、読んでて思いっきり頷いてしまいました。

あと五輪イヤーだからなのだろうと思いますが、明らかに昨季とは客層が違うという印象がありました。特に9日。

8日は中国ペアに国旗振る人もそこそこいたのに、9日はかなり少なくて、細々と振ってた自分としてはさみしかったです。(2012四大陸でスイハン、今年の国別と先日の中国杯でペンジャンいいな!と思ったので中国国旗を持参しました)

8日はペアの頃から客席結構埋まってたのに、9日はシングルになるまで空席が気になりました。かといって、特定選手のみに圧倒的な声援があったわけでもなく…(昨年のNHK杯や全日本比で) メディアの煽りに乗ったライト層寄りの人も多かったのかな、と思いました。

現地観戦したスケオタ仲間複数もいつもと客層違うと言ってましたし、手拍子もちょっと落ち着きがなかったような…タイミングも「?」で、表拍と裏拍間違えてるという指摘もあったみたいだし(といっても、私も海外選手を応援したくて合わせちゃってたんですけど…)

一番違和感があったのは、会心の出来とは思えない演技に得点催促の手拍子が起きたこと。あれにはさすがに引きました;; ショーや引退試合や長いブランクを経ての復帰戦とかならわからなくもないけど、ちょっと異様過ぎ。そこら辺も普段のファン層と違うのかなと思った部分です。

まぁ私も普段座らない座席エリアに座ってたので、そういう違いも影響してたかもしれませんが。

にしても、新採点になっても格付け点からは逃れられないし、その基準(複数あると思う)から漏れてしまう選手は大変だろうなぁとつくづく思います。

ところで、今回のNHK杯とは関係ない話。

自分は素人なので採点、特にPCSに関しては何も言える立場にないと思っていたのですが、あるとき採点ルールを作った側の人が現行のジャッジメントは明らかにおかしいと指摘していた記事を読んだ際、その内容があまりに自分が感じていたことそのまんまだったので驚いたことがありました。

やっぱり変だよね、今の運用のされ方… 以前有香さんがPCSの出方に関して「理解できない」と言っていた点にも、完全同意です。その辺の話も、いずれ機会があれば書こうかなと思います。

関連記事

え?

さすがに、2週連続の生観戦は疲れました…(××) そういえば、こんなことしたの初めてだよなぁと(苦笑)

しばらくはまったり自宅観戦です_ノ乙(、ン、)_


今日は、「えっ?」と思った話題3つ。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆ゲトスポで、羽生くんとPさんの話題をやってました。

(冒頭のクワドで)ミスしても最後まで滑りきる通し練習をしてるというPさんに、羽生くんはなるほどと思ったそうですが。

いやそれ、確かかなり前にも同じこと言ってたよね?^^;

ミスした場合を想定した練習もやらなきゃダメだった、みたいなことを、ずっと前にも試合後の反省の弁として言ってたよ? 当時「そうか、確かにそういうの大事だよね」と思って聞いてたのですが、結局その後やってなかったのですね…

他の選手でも「通しの練習もやらないと」みたいな話を聞く度に、何で通し練習をやらないで平気なのかが個人的には不思議でした。本番ではミスしてもやり直せないのだから、Pさんみたいな「通しで且つミスしてもそのまま最後まで続ける」練習をするのは当たり前だと思っていたのですが、そうしないのも普通なのでしょうか。

自分がピアノの練習をするときは「通しで出来なきゃ意味が無い」と通し偏重派なので、余計そう感じるのかもしれませんけども。

高橋くんや織田くんを唖然とさせるほど通し練習を繰り返すという知子ちゃんの話や、通し練習を沢山やってあのマテューFSの構成を滑りきれるようになったというケヴィンの話を思い出して、それが普通ってワケじゃないんだなと改めて思った今日この頃。

「そこだけ」やる分には出来る、という人はそれなりの数いるのだと思います。でも結局「通し且つ一発」で出来なければ試合の結果としては残らない。その壁って本当に大きいんだろうなーと、しみじみ。


◆真央ちゃんが「FSで3Aを2本入れたい」と言ったこと(その後冷静になって考え直したみたいですが)

いやその前にまず、今の予定構成をもうちょっと跳びきろうよ!^^;

みどりさんや佐野さんも指摘してるように、まだ取りこぼしまくってるじゃん!

ラフマFSは王者プロだと思うし是非ノーミス演技を観たいとは思うものの、正直、3A1本と3-3を両立させて他のジャンプも全部入る、という気が(今のところ)しないのですよね;;

全部入るとしても1シーズンに1回あるかないか程度じゃないか、みたいな印象。昨季のプロも、いい出来だなと思えたのはGPFだけだったしなぁ。

彼女自身、五輪でジャンプをパーフェクトに跳ぶことが一番の望みだと言ってるみたいなので、ほんと観る側としてもそうなっていただきたいのですが。せめて3-3が入らなくてもサルコウの抜けやコンボのURが無くなればいいなぁ、と思ってます。


◆ヴォルヴォオープンのプルさんの得点にビックリ。

演技観てきましたが、ジャンプすごすぎて笑うしかないvvv 「ベストオブプルシェンコ」の編曲も(笑)

色々な意味で癒やされました。クワド皇帝様ありがとうございます。

ロステレ出るのかなぁ?


関連記事

NHK杯2日目終了

男子シングルは、複数クワド入り高難度構成FSを神演技するような海外選手が1人もいなくてよかったですね、と(棒)

フィギュアスケートを真面目に観戦するようになって以来、日本で開催される試合の日本選手(男女問わず複数。大会ごとに変わる)の点数の出方が(順位に不満はなくても)気持ち悪いと思うことが、しばしばあります…

最近の話ではありませんが、本人比でどう観てもミス連発なのにPB更新とか…

勿論「?」と思うことは海外の試合でも海外選手でもありますが、日本の方が色々よく知ってる分より気になる、というのもあるでしょうね。

今回すごく謎だったのは。。。あの内容・構成で出る点数なんですか? 170点台って。

じゃあクワド2本入ったPさんには、180~190点くらいあげるのかな?

何か。。。GPFと全日本に対する思い入れが一気に萎えました。。。リプニツカヤやハンヤンは観に行きたいけど、GPFも日本でやるんだよね、と思うと…

何でこんな点が出るのかわからない、という話なので対象は採点であり、選手個人に対してどうこうではありません。

GPSも既にプチ全日本状態だったので、ファイナルは海外男子4人以上が望ましかったんだけどなぁ…やっぱりこの時期海外選手はそうそう仕上がってはいませんかね(^_^;) 

はぁ、海外選手しか出ない海外の大会が観たいなぁ。。。ユーロとか全米とか。

…中国杯、楽しかった…少なくとも、「?」と思うような採点は無かった。

そういえば昨季は全日本までで日本男子の戦いに食傷しちゃって、四大陸のときは完全に「そろそろ海外勢ガンバレ」モードだったんですよね。今季は、今もう既にそんな気分です…

でもエリボン杯とロステレ杯は、羽生くんも町田くんもガンバレ!

あと運営サイドは未来ちゃんに超謝ってくれ。


関連記事

元から思っていたけど、これまで書かなかったこと。

昨日改めて思ったので、書きます。


いい演技出来たら、織田くんに五輪に行って欲しい。


前にも書いたけど、今私が日本男子で一番ノーミス神演技を観たいのは織田くんです。


今日のフリー頑張れ超頑張れ(><)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


帰宅後、SPの録画はまだ観てません。

観れば納得出来るかもしれないけど、でももしかしたら怒りがおさまらなくなるかもしれないと思うと、怖くて観れない。

(織田くんの4-3の着氷時の足もとは私の座席位置からは完全に死角になっていて、自分の目では確認のしようがありませんでした。まぁ見えていたとしても回転不足か否かなんて、多分わからなかったと思いますけども)


関連記事

ふと思ったのですが…

練習時間と国際大会で新プロを披露する機会がこれだけ失われたとなると、どちらかのプログラムを昨季のに戻す可能性ってあるんでしょうか?>ケヴィン

四大陸優勝してワールド5位で国別3位になったプログラムだし、PCSも昨季前半より確実に上がったから、それなりに評価は定まってる筈ですよね。

ケヴィンは新プロ滑りたいだろうとは思うのですが、GPS棄権でランキングポイントを全然稼げなかったから五輪に出た場合も滑走順は早くなっちゃうし、その上で国際大会初披露のプロってことになると。。。いろいろ不利ですよね…ものすごいノーミス神演技なら別かもしれませんが。

その意味では、団体戦に出られる可能性があるのはいいことなんだろうなー

私に出来ることは何もないし考え過ぎたところでどうにもなりはしないんだけど、それでもやっぱり毎日心配で落ち着かないです(ToT)

どうか一刻も早く、前向きなニュースが聞けますように(-人-)


関連記事

いろいろ

◆ケヴィンの棄権に加え、中国杯後は家の事情でロステレの時期に私が家を空けることに不都合が生じてしまったため、結局ロステレツアーはキャンセルすることになりました。

五輪前にロシアに行っておきたかったというのはあるのですが、今回は中国杯のケースとはかなり事情が違ったのでやむを得ず…

当座の遠征予定がなくなったことで身体的には一休み出来るものの、諸々抱えている心配事(ケヴィンとか自分の五輪遠征のこととかその他)の根源は何も解決していないので、変わらず気は重いですorz


◆キャンセル後の返金額ですが、思った以上に多くて嬉しかったです。

何より驚いたのは、通常は買い取り&返金不可である筈のチケ代が請求されなかった事!

これだけ戻ってくれば、カナダナショナルに超余裕で行けるよ! ツアー会社さん、どうもありがとう~~(泣)

振り返ってみると結局、一番最初に諦めた筈のカナダナショナルに否が応でも行かざるを得なくなるように運命に導かれた気が…しなくもない…

中国杯に行ったお陰で、現地でお会いしたケヴィンファンの方から、既に入手出来なくなってるカナダナショナルの通し券を譲ってもらえることになりましたし…(しかも良席!)

元から本来行かないという選択があり得ないほど行きたかった試合だし、これはやっぱり「行け」ってことなのかな、と…


◆トーマス・サボとスケカナのコラボブレスレット、チャームがめちゃ可愛くて(スケート靴とかメープルリーフとか!)すごく欲しいのですが、日本では買えないんですよね…

ナショナル行ったときに、どこかで買う機会があると嬉しいんだけどなぁ。でも値段がわからないので、判明したら高すぎて買えないかも^^;


◆うおおおおお!

こんな直前に、超激戦のNHK杯11/9のチケット取れたーーーーー!!!

中国杯からの帰国後に最近ゲリラ販売が続いているという話は聞いていたのですが、昨日はあまりにも用事が多くてPCに張り付いてるときは事務処理やら連絡メールのやり取りやらでいっぱいいっぱいだったため、チェックすらしていませんでした。

それがたまたまスケオタ仲間から来たメールにレス書こうと読み返した際「最近NHK杯チケのゲリラ販売やってるみたいだよ」と書かれていたのを見て、「そうだ、一応覗いてみるかな」とふらっとプレガサイトに出向いたところ…

まさにゲリラ販売の真っ最中でした!

後から知ったのですが、丁度発売開始後すぐの時間帯だったらしく、3日共A席とC席が揃っていました。座席は、当初販売していなかった超端席のAブロックとLブロックを開放した分みたいです。

サーバーが重くて繋がりづらいということも一切なく、支払い方法の変更とかでもたついたにも関わらず余裕で購入することが出来ました。お陰で、特に観たかった11/8と11/9のA席を無事ゲット。

これでアイスダンスのフリー以外は、この豪華メンバーの全試合を生観戦出来るよ~~嬉しいぃぃぃ(T▽T)

11/8の分はすぐに発券出来たのですが、11/9の方は11/8からの発券でした。転売防止にはいいだろうなと思うけど、それでも11/8の朝から発券だから、転売する人はするんだろうなぁ。

11/8チケは、発券してみたらスタンド1F最前列でした。超端っこだと目の前はアリーナS席だろうし、リンクは後方席の方が観やすいと思うので、今回に関しては前方過ぎるのは残念ですが、見切れ席の販売だし贅沢は言えませんね^^; アリーナSSの端よりは観やすい…んじゃないかな(どちらの場合も首は疲れるだろうけど)

にしても、超ナイスタイミングでメールをくれたスケオタ仲間に感謝。ハンヤンファンの彼女に中国杯で撮影した彼の写真の詰め合わせを送ったことに対するお礼のメールだったので、そのご褒美かも…(ハンヤンの写真を撮りまくったのは、彼女にあげるためでもありました)

丁度1000円以上の手数料がかかったチケを定価のみで譲渡決定した矢先でもあったので、人のために何かすると自分に返ってくるね!というのを改めて実感した思いですv


◆フェルナンデスがツイにアップしてた写真、オフィホ周辺を散歩してるんだなーってのがよくわかって(以前あの辺は行動テリトリーだったから)ちょっと懐かしい。

アレックスの朝食写真美味しそう。中国杯オフィホの朝食は美味しくなかったので、ちょっと「いいなー」と思ってしまいました(苦笑)


関連記事

中国ではこちらのブログにもFacebookにも一切アクセス出来なかったので、感想をアップすることが出来ませんでした;;

中国杯のお土産話はそれこそ沢山あるし、日本では見たことがないようなスケオタ的素敵アイテムもゲットしたのですが、語る時間がなーい(>_<)

GPS中はすぐに新しい話題が発生するので、どうしようもないですねぇ… 昨季も、スケアメ後もNHK杯後も殆ど現地観戦レポ書けなかったですし;; 

今週はもうロステレの準備です(汗)

他の何のためでもなく、ただひたすらケヴィン自身のために、彼がロステレに少しでも良い状況で出場出来ることを祈っています。



関連記事

Wishing you what you wish for.

帰国早々、バンクーバーのニュースサイトに載っていたケヴィンの靴問題の詳細記事を読んで、あまりの悲しさと悔しさで中国杯の余韻が吹っ飛んでしまいました…orz

中国杯に行ってた間もこの件に関する心配はずっとずっとずっと頭から離れなくて、観戦自体はとても楽しめたものの、ホテルに戻って寝るときとか帰りの飛行機の中とかもう不安だらけ、みたいな感じでした(;_;)

「自身の練習のためだけではなく、ジャッジに見せるために(試合で)新プロを披露しなければならない」というカナダスケ連の人のコメントが、まさにほんとにその通りで、中国杯でそれが出来なかったケヴィンがどれだけ悔しかったかと思うと…。・゚・(ノД`)・゚・。

消耗する道具を使って特別思い入れのある何かをしている人間なら、最高だと思って使っていた道具がダメになったとき同じ感触のものはもう手に入らない、という経験を少なくとも1度はしたことがあるだろうと思います。

だから昨季後半ケヴィンの靴がすごくいい感じだったという話を聞いたとき、良かった!と思うと同時に、次の靴が同じくらいフィットする可能性はおそらく低い(というか殆ど無い)だろうと……そこはひそかに心配でした。

でも多分そういうことは誰にでも起こっているだろうし、超フィットしていなくてもそれなりに使っていくしかないのだろうな、とも思ってました。(仕事で道具を使っている人なら普通にそうなりますし)

それがまさか、ここまで最悪の形で問題になるなんて思わなかったです…(泣)

どうかどうかどうか、ケヴィンがいい靴に巡り会って、素敵プロをひっさげて五輪に行けますように!!!!!

ケヴィンは4年前十分すぎるくらい苦しんだよ! 今は自分で五輪3枠に貢献するくらい強くなったんだよ! 

スケートの神様、彼が「たった1つ望みが叶うなら何がいい?」と聞かれて答えた夢を、こんな形で邪魔するなんてあんまりだよ。。。 本人に落ち度があるわけじゃないのに、絶好調でなくても普通の状態で全加に出られれば叶う筈の夢なのに。。。

お願いですから、これ以上彼の夢の邪魔をしないで下さい…(T人T)

五輪のために、ケヴィンはロステレには出てくるだろうと思います。今回の中国杯とは比べものにならないほど自分がテンパりそうで怖い;;(TT)

カナダ2番手のケヴィンには日本のようにファンの胃が壊れそうになる代表争いがなくてよかったと思ってたのに、よもやこんな形で胃が壊れそうにさせられるなんてorz


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


中国杯フリーの日は、両隣がそれぞれテンくんファンと小塚くんファンでした。

事情はそれぞれ違うけど、この五輪シーズン、辛い思いをしてる(選手もファンも)というところは何となく似てたかも…


関連記事

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。