Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪準備中・1

あああ…っっ、も~1日早く現地入り出来れば良かったのに……ッ

2/12夜は、ペアFSと男子の公式練習タイムが丸かぶりorz

折角チケが取れたのだから、ペアの試合は観たい。でも五輪の公式練習なんて二度と観る機会ないかもしれないから、こっちも観たい~~~

12日午前中にも練習はあるのですが、その時間は間違いなく観戦者パス発行に費やされるので、間に合わない可能性の方が高いんですよね(泣)

普段の大会でもそうなんですけど、当日の公式練習はスケオタの睡眠時間を削り取る時間帯なので自分の体力とご相談になりそうだし(苦笑)

11日なら、ペアSPの最初の方を諦めれば男子の練習余裕で観れたんだけどなぁ…残念↓

公式練習って、試合始まる前とSP終了後で大分雰囲気変わるから面白いです。後者はやっぱり、空気がかなり引き締まる感じ。

でも公式練習と試合を両方観ようと思うと、連日朝から晩までフル回転になるので、とっても体力が要ります^^; スケート観戦中は夜ほとんど寝付けなくて睡眠時間が激減する自分にとっては、ロンドンワールドもカナダナショナルもハードでした。

結果、外食する余力が無くなるので、ドライフーズと電気ポットを持参する羽目に。お陰で荷物が増えるんですよねぇ。。。

五輪は観戦以外にも会場へのアクセス自体が大変そうなので、色々とハードな毎日になりそうです。アクセスに関しては、会場に超近いクルーズ船宿泊組がかなり羨ましい(´・ω・`)


関連記事
スポンサーサイト

いろいろ

◆最近、PさんのFS衣装がとても素敵になった夢を見た。。。気がします。

夢か…残念だ(-。-;)

カナダナショナルではエキシの衣装がまたGPFのときとは変わってて、「変えるならそーじゃなくて燕尾に戻せぇぇ!」と心の中で叫びながら観てました。燕尾だと滑りにくいのかしらん。


◆カナダナショナルの男子観てて感じたのは、下位選手も含めて全体的にルッツが安定してるなーということでした。何か、危なげなく跳ぶ選手ばかりだったので、カナダ男子は3A苦手な代わりにルッツ得意なのかしら、と。

まぁエッジエラー持ちの人たちもいるのかもしれませんが、そこら辺は私は観ただけじゃわからないので。。。

そういえば全日本女子ではシニアでもSPにループを入れてる選手を結構見たので(ジュニアなら今季はループ指定だから当然ですが)、エラー持ちなのかな?とか思いながら観てました。


◆五輪とワールドで色々使い果たすので、4月以降のアイスショーラッシュはお休みしようかなと思っているのですが(つか選手たちもお疲れだろうに、忙しいことだなーと思ってしまう^^;)

ソーヤーがものすごく観たいので、【SOI】だけはどうするか迷ってます;;

カナダナショナルのエキシでグループナンバーを観ていたら1人だけやたら超上手い人がいて、ソーヤーだと気付きました。初めて彼の「アレグリア」をTVで観たときは、鳥肌モノだったんですよね。。。あんなにショーのプロで魅了されることってなかなかないので、自分としては衝撃でした。

久しぶりに生でそして初めて至近距離で観たのですが、滑りも演技も迫力があって本当~~に素晴らしかった! エキシでは他のどの選手よりも、彼の演技に一番心奪われました(*^o^*)

トップ選手の競技プロを観てしまうとショーナンバーは物足りなく感じることも多々あるのですが、ソーヤーの演技に関しては、ショーでこそ観たい!と思う筆頭ですね♪


◆ソチ五輪では、フィギュアスケートのメダルセレモニーは翌日の夜遅く野外会場でやるそうです。そうなるとペアの表彰式とか男子SP観てたら観れないワケで… 夜に野外じゃ寒そうだし、昼にやってくれればいいのになぁ…

あと飲食物持一切ち込み禁止らしいから、観戦に不可欠なのど飴はど~しよう、医薬品ならOKだからヴィックスドロップにするか、とか悩み中。

飲み物、私は観戦時はカフェイン系は飲まないことにしてるし炭酸系も飲まないので、100%アップルジュースかほっとレモンみたいなのがないと、ただの水しか飲めないんですよねぇ。でも水だと全然物足りないことも多いので困ります;;

そして会場へは、オリンピックパークの入り口の鉄道駅やバス停車場から徒歩30分とか。トイレは沢山あるんだろうか、水はちゃんと流れるだろうか、トイレットペーパーは(以下略)

それとこれは五輪だからじゃなくてフィギュア観戦ならではの悩みですが、連日観戦時間が遅いため、私の利用する宿泊パッケージについているサービスが色々と利用出来ないんですよね;; ドリンクパーティとか特別ディナーとかガイド付き半日観光とか無料でついてるのに、どれも参加出来ねーよ!って感じで(TT)

ソチの天気、最近は連日しとしと雨降ってるみたいです。2月は年間でも降水量が多い時期らしく、傘持って動き回るとかすごい面倒そう。あと気温は今の東京と似たり寄ったりっぽいのですが、こんな風に中途半端に寒暖差があるよりは、むしろ先日まで行ってたカナダのように「外は思いっきり寒い!」みたいな方が服を考えるのはラクだと思うのでした(´・ω・`)


関連記事

四大陸感想少し

無良くん、四大陸初優勝おめでとう! 織田くんがくれたチャンスをしっかりモノにしましたね! このプロは絶対この鬼太郎衣装の方が合ってると思うので、戻したのも良かったんじゃないかと思います。エリボン制したときの縁起のいい衣装だしね。

小塚くん、冒頭のクワドは残念でしたが、FS1位はさすが。現役続行表明してくれて嬉しい。股関節の対処の方はどうするのか心配は尽きませんが、良いコンディションでの演技を是非また見せて欲しいです。(2年前のスケアメのSP演技が好きでしたー)

刑事くんは調子悪いみたいですね;; JGPSチェコ大会みたいな演技をJWでも期待してますよ~

女子もガンバレ。個人的には、中国杯で華麗な身体表現とスケーティングを観て以来、ものすっごく遙ちゃんを応援しています。

全日本前のインタビュー記事を読んで、「ああ、この感じだと彼女、全日本いけそう」とかなり期待していたので、全日本での期待以上の良演技はとてもとても嬉しかったです(*^^*)

一蹴りの伸びもスピードも素晴らしいのですが、何より曲の世界への入り込み方、音の表現の仕方が1人だけ全く別物に見えたんですよね。ものすごく柔らかくて優美で。。。何と言って表現したらいいのかわからないのですが、とにかく他の人たちのやり方とは印象がまるで違っていて目を奪われました。

ジャンプがちゃんと決まってくれれば、世界の中でもトップクラスに私好みの演技をしてくれる選手だと思ってます♪

にしても、佳菜子ちゃんの「ヴァイオリンミューズ」は、ほんっっっとにイイですよねぇ… 振付を手伝っているコンテンポラリーダンサー・平山素子さんによる指導も、とても興味深くて面白かったです。

アデルプロも彼女にすごく合ってたし、彼女のプロはもうシニアデビュー時に似合ってた「ジャンピンジャック」路線より、力強くて華やかな大人の女性路線でいいと思います。

知子ちゃんは、もう一息強くアピールする武器とかオーラとかが欲しい感じ。技術は安定してるので、このまま着実に評価を上げていって欲しいです。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


リッキー。。。この調子だと、このまま進学で辞めちゃうんじゃないかと。・゚・(ノД`)・゚・。 貴方のFS神演技が死ぬほど観たいんだよぅ…(涙)

リッポンもスケアメの出だしの勢いはどこに…

テンくん、FSの髪型と衣装素敵v でも演技は、腹の底というか体の重心部分に力が入ってないような不安定さを感じました。身体がベストのコンディションではないみたいで、B級大会で高得点を出したので調子戻ったのかな?と思っていたのですが、この時期にこの状態だと不安ですね;; クワド綺麗に入っても、3A2本失敗etcは厳しいなぁ。

ナンソン、折角冒頭のクワド綺麗に決めたのに、後半のスタミナがスピードが。。。でも演技何とかまとめられて良かったです。銅メダルおめ。中国も2枠あればなぁ…

未来ちゃん、感染症だったの? 調子悪いみたいで残念です↓ リッキーや小塚くん同様、タイミング的にも色々キツかっただろうと思うとやっぱり尚更。FSはいい演技が出来るといいな…

セザリオはルックスもプロも好きなので、FSも応援してますv

ジジュン、コンディション戻ってきてるかな? 今季こそGPS台乗りだ!とか思って期待してただけに、中国杯でのまるで体に力が入っていない演技は衝撃でしたが(泣)、戻してきてくれてるなら嬉しいです。FSもガンバレ。


関連記事

ちょろっと予想

◆現時点で戦力比較すると、カナダの団体金は微妙かなぁ…

ダンスとペアはロシアと順位点合計で互角に渡り合えそうだけど、シングルが… 女子は明らかにロシア>カナダだし、男子もFSでケヴィンがどうなるか全く読めない^^; 今のコンディションだとスコア的に米男子の上に行けるかどうか怪しいし、日本がFSに進んだら尚更に。プルさんもどうなるか読めませんが、彼が下から数えた方が早いってことはまず無さそうだし。

まぁケヴィン1人にメダルの色がかかってくる、とまでは思ってないんですけどね(昨季の国別でPさん&ケヴィンがワンツーだったとしてもアメリカには勝てなかったように)

つか団体戦の点の計算方法、いまだによくわかんないんですけど;; 国別では最終的にSP+FSの合計点で順位点決めてましたから、五輪もそうなのかなとは思うのですが。

総合点対決だと、FSだけの順位そのものより、やっぱり何点取ったかの方が重要ですよねぇ。

にしても、男子がプルさんになったことで、4カテゴリに安定してトップクラスが揃いましたねロシア…あとは、全員がプレッシャーに勝って良演技出来るかどうか(特にヴォロトラ)

個人的にプルさんの得点があんなに高いのは現行ルールだと全然納得出来ないのですが、出るもんは出るからもう仕方ないとしか^_^;


◆メダル候補とか金メダル候補とか色々取り沙汰されてますが。

私のメダル候補の基準って、「直近の国際A級試合はじめ大きな大会で少なくとも3回以上(メダル圏内と想定出来るような)安定した高得点・成績を挙げている選手」になるんですよね。なので、(五輪に限らず他の大会も含めた)予想を聞いていて「それは無理じゃないかなぁ」と思うことは多いです^_^;

なんか最近、直近の大会で1回でも高得点出すとすぐ大舞台での台乗り候補に挙げられちゃうのを見かけるんですけど、1度や2度高得点や台乗りした程度でメダル、というのは個人的にはかなり「??」です。

今季のフィギュア男子だと、コフトゥンをユーロ金や五輪メダル候補に挙げてる人が結構いたみたいなのでビックリしてました。ナショナルやGPSならともかく、その2つの大会はさすがに演技や構成の内容からしても、彼にはまだ無理でしょとフツーに思っていたもので;;(正直あの構成は、関係者揃いも揃って「3クワドなめすぎ」としか…)

あとテンくんの五輪メダルも、1クワド構成じゃ無理だと思うなぁ。もっともクワド無しのブラウンがとんでもない点出す可能性もあるから確率ゼロとは言いませんが、その辺は2クワド(以上)選手が複数自爆することが前提だろうし、プルさん参戦で2クワド+高PCS安定の選手も増えてますからね。

話戻して、「金メダルを大いに期待出来る」と言っていいのは、私の基準だと今季(出来ればそれ以前から)国際試合で負け無しか、たまに勝てなくても台乗り、というレベルの選手になります。長野五輪の清水くんとか、ロンドン五輪の内村くん、吉田さん、伊調さんレベル。ソチに出場する日本選手の場合だと、高梨沙羅ちゃん1人。

「運が悪くなければ金メダル獲れるだろう」というレベルの選手となると、そんな感じになっちゃいます。

私は実力だけで獲れるのは銀メダルまで、五輪の金メダルには絶対に運も必要だと思っています。4年に1度のチャンスに自分の最高の状態が持ってこられるかということ自体既に運とは無関係じゃないですし、圧倒的な金メダル候補が敗北したり失格になったりすることも現実にしばしばありますし^^:

その次が、「運が良ければ金メダル獲れるかも」というレベルの選手でしょうか。彼らは「これまで通りにやれたらメダル濃厚」という位置づけ。それから「金は無理だけどメダルはいけそう」レベル。

勿論それに当てはまらずメダルを獲る選手はいるかもしれませんが、既に名の知られている選手で今季あまり結果を出せてない人が五輪本番だけ調子が良くてメダルに届く…という事例って、これまで五輪を観てきた経験上あまり無いと(個人的には)思っています。

注目を浴びてない選手がダークホース的にメダルを獲っていくことも結構ありますが、その場合も直近の試合でどんどん点を上げていってる、といった「昇り調子である」ことが条件かなと。

今季のフィギュア界の場合だと、ペアのストクリがそのタイプかなと思っています。メダルは難しいかもしれませんが、「1番手や注目選手が他にいる」「今季じわじわと調子を上げている」選手が五輪で良い活躍をする姿は種目を問わず見かけますので、ちょっと注目したいところ^^

ちなみにメディアで「メダル候補」と期待されていても、最近の戦績を見て「無理そう」と感じた選手はほぼその通りの結果になっちゃってますね。安定高値でも昇り調子でもない場合、3つあるメダルの1つに届くのも難しい、というのは毎回五輪や世界選手権などを観てきて痛感することです。

ちなみに「メダル候補」と「無理そう」の間には、多分「わからない」という位置づけもあります。単にいちいち意識しないだけで。ただ「無理そう」と敢えて判断したケースだと、実際そうだったときに記憶に残りやすいという感じですね。

100%当たるとは言いませんが、こんな感じの基準って(特に「無理そう」と思った方に関しては)そうそう的外れにはならないですよ。。。シンプル且つ夢を見ずに当たり前に判断してるだけなので。


関連記事

今更全米男子SPちょこっと

遅れ馳せながら、やっと全米男子SP観終わりました。

やっと観れた神アボSPに、

ぎゃあああ素晴らしいーーー!!!(T▽T)

…と滾りました。

これよこれだよ、貴方のこういう演技が観たかったのよアボーーー!

杉田さんも言ってたけど、こんっっっな素晴らしい&私好みのSP拝んだのって久しぶり…というか、自分がスケオタになって以来初めてかも。

クワド跳べるジャンプノーミスのアボなんて、非の打ち所が無いじゃないですかあああ! スピンもポジションといい不動っぷりといい見事だったし、あんなに流れの中で一体化してる綺麗なジャンプ足換えも初めて観ました。身体もキレキレで足元もステップも全身の表現も…あああ最高でした、眼福です、永久保存版です(/▽;)

こぉいう演技を沢山観たいよぅぅぅ。ヴェルネルさんも、スケーティング素敵すぎるんだから、アボと共に五輪でクワド決めてくれようぅぅ。

ファリスくんは、気品が感じられる素敵な選手ですね(´∀`) 今季はケガが残念だったけど、目立つ弱点は無いし、是非シニアの世界でも頭角を現して欲しいです。彼の素敵プロをめっちゃ期待しますv

リッポンは、安全策が見事に裏目に。。。でもクワド失敗の消耗が後のジャンプに影響する可能性だってあっただろうし、一概にクワド跳んでおけばよかったとも言えないのかなー…とは思う。3Aって、色々な意味で生命線なんだなーと改めて思いました。安定してる日本男子はスゴイわ(無良くんはたまに雄大に抜けてしまうけど↓)

アーロンは惜しかったですね。神演技でなくても生命線のジャンプではそれなりにちゃんと点稼げてるので、3枠あればな…

リッキー。。。SP素晴らしかったよ、ノーミスならこのくらいの点が出せるってのはわかってたよ。だからFSも揃えて欲しかった。どうか、四大陸FS頑張って下さい…!

しかしブラウンは、クワド無しで一体何点まで出す気なの^^; ナショナルとはいえ、クワド無しで270点とか、ちょっと普通じゃ考えられない点数ですよねぇ。。。クワド入りで神演技したらどんな点が出るのだろう(汗)(高難度構成になったらつなぎは薄くなるだろうけど、それも踏まえて成熟版に到達したら、という意味で)

マイナーくんは、やっぱりケガの影響なんでしょうか。。。比較的安定してたイメージだったんですけど、残念でした。何か、全加で観たロゴジンさんとかぶるものが;;


関連記事

四大陸と五輪前

◆四大陸の米男子美味しいなぁ… 参加国中唯一、3枠全員がGPS2枠持ちの一団ですよね。

私の注目は勿論、言うまでもなくリッキーです…! どうか神FSを見せて下さい、お願いです…

…いやでも、なまじ神FSなんか見せられたら、「何故それを全米で…ッッ(血の涙)」となってしまいそうですがorz

何度考えても、今現在の現役選手の中で最も私好みのプロで私好みの演技をしてくれる可能性が高いのは、はまりプロで神演技したときのケヴィンかリッキーなのに、ケヴィンは今季あまりにも色々と残念なことになってるし、リッキーは五輪に出られないし一向にSPFS揃わないし…で、さみしいことこの上ないです(泣)

今季好みのFSプロといったら、Pさんの「四季」を除くと織田くんの「テル」やコフトゥンのチャイコなのに、前者は引退だし、後者も五輪出られない雰囲気になってるし… 昨季好きだった町田くんの「火の鳥」は、昨季とはまるで別物というか「表現どこいった!」状態だし↓ リッポンの「牧神」も好きだけど、彼も五輪出ない組だし。

五輪では勿論、「高得点にふさわしい素晴らしい演技」というのは観られると思います。それは信じてます。

が。

これほどまでに自分好みの(表現をやってくれてる)FSプロが揃わないとは思いませんでしたorz SPには、好きプロいくつもあるんだけどなぁ…

アボ、「エクソジェネシス」で2クワド決めて神演技してくれないかしら^^;

ブラウンのリバダン好きだけど、やっぱり高難度構成+素敵プロの組み合わせが観たいのよー


◆四大陸の話に戻して、日本男子ガンバレー

小塚くんは全日本のモヤモヤを晴らすような(いや晴れないだろうけど)演技を、無良くんは来季につながる演技を、刑事くんはJWに弾みをつける演技を!

あと個人的に、マルティネスくんにも頑張って欲しいv


◆五輪遠征に関しては、もうこのブログで1つ1つ語る気も起きないほど次から次へと苦難やトラブルの連続で、且ついまだにそれは続いてるのですが。

何度もそんなことが繰り返されるうちに、落ち込んだり取り乱すこと自体が億劫になってしまいました。カナダでトランクのキー紛失に直面したときなんかもそうだったんですけど、結構トラブルには淡々と対応するようになってきたかもなーと。

勿論ものすっっっごく困ってはいるのですが、すぐに「この状況で何が出来るか」に頭が切り替わって、場合によっては「どうやって切り抜けるか」を考えること自体を楽しんでしまったりもします(苦笑)

または「ダメならダメで諦めるか」みたいな感じに割り切っちゃうことも(逆にそこまで割り切ると結局何とかなったりする) 実はロンドンワールド遠征のとき個人的トラブルで男子FSが観られなくなる可能性があったのですが、「そうなったらなったで、まぁいいか~外に大型ビジョンもあるし」とまで開き直ってたんですよね^^;

さすがにテロや犯罪に巻き込まれた場合はそうはいかないでしょうが、自分個人が困るだけの問題なら冷静に対処法考えられた方がいいに決まってるので、まぁいい傾向なのかな…と思うことにしています。


◆大阪エキシビション、日本選手メインだろうと思ってパスする予定だったのですが。

ワールド上位選手やワールドに来ない五輪代表選手にも声をかけるとか、織田くんも出る可能性があるとか…うぉぉぉ、織田くん+海外勢のラインナップ次第では思いっきし行きたいぞ;;

個人的にはジガガジのゾンビが観たいのですが、「ワールド上位」と「ワールドに来なかった五輪代表」じゃ対象外になっちゃいますね。。。(TT)


関連記事

ユーロ終了&ペアFS少し

もともとPCで動画観るの苦手な上に、今回は睡魔と戦いながら観てたので、感想がかなりまばらです…orz ここに感想書いた以外の選手の演技も観てたんですけども;;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ウェンデ夫妻のFSプロ、盛り上がってスピード感もあって素敵だなぁ。特に旦那の衣装とプロポーションは、個人的に神。しかし、旦那のあのデススパイラルはあかんだろう。。。

しかしこんな時期にインフル棄権って、アリオナ大丈夫かああああ;; 団体出ないからまだマシなんだろうけど、調整が心配。

ベルホタ3連決めたぁぁぁーーー♪…と思ったら、サルコウコケた残念。この2人もアイスダンスっぽい雰囲気があって好きだなぁ。今季エキシの「ネッスンドルマ」も、ペアと思えないほどの華やかさで好きすぎる。

イタリア選手はオシャレなので(男子は微妙だけど^^;)各カテで活躍してくれると目の保養になって大変嬉しい。

女子シングルのグレボワさんのFS見て、バザロワのFS衣装と容貌思い出したのですが、似た系統の美女じゃないかなと。どちらも好みですv 「韃靼人」の衣装素敵~

ストクリ、3連のユニゾン素晴らしかった(・∀・) 全体的にも出来が良くて(リフト以外)これはバザラリに勝ったなと思いました。

が、まさかヴォロトラにも勝つとわ…!(FSのみの話ね)

ヴォロトラ、ここに来てジャンプがー^^; 五輪じゃなくて良かったね。サフゾル出ててノーミスしてたら、どうなってただろと思うようなミスだったな。。。TESだけだとFS3位、つまりロシア最下位だったし(汗)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ユーロ終わってやっぱり気になるのは、ロシアンの動向ですよねぇ…

正直団体に限って言えば、色んな意味で「矢面に立たされる」のはプルさんの方が適任なんだろうなとは思いました。多分あの国で「自国開催五輪で1枠で団体金を宿敵カナダと争う」というプレッシャーはちょっと想像もつかないレベルなので、現時点で無理めな構成を組んでいるために波のあるコフトゥンにはかなり厳しいんじゃないかなと。

個人戦ならとは思いましたが、ユーロでロシア最下位だとそれも厳しくなってしまいましたね;; まぁそれだけ若者に無理な突貫工事を強いていたということでもあるのだし。

ただ最初から4戦出れそうにない人を選出するというのも、すごくもやもやしますが。もうロシアは事情が特殊すぎて何とも…(-ー;)

次の五輪ではこんなことがないよう、さいたまワールドで何とか枠を増やして欲しいものです↓


関連記事

いろいろ

◆この時期って、地上波のうざい編集や情報価値の無い実況に遭遇することなく、海外選手の全滑走を専門的な解説つきで鑑賞出来る、1年で最もTV観戦が充実する幸せな期間ですねー(´∀`)

スケオタになった最初のシーズンもこの時期に必死にジャンプの見分け方勉強したし、今回も復習してました。フリップとルッツの見分けは大体つくけど、まだエッジまではチェックしてないので、これからもっと意識しないとなーとは思ってますが。

しかしここのところ、変な時間に眠くなって変な時間に目が冴えてます。最初はカナダ遠征による時差ボケかなと思ったのですが、時差を計算すると、眠くなってるのはオタワ時間の朝~昼でした。

考えてみた結果、どうやらユーロ時間らしい^^;

割と昔から日本時間に忠実じゃない人生送ってるせいか、何回も海外旅行に行ってるワリには、時差ボケって1回くらいしか経験したことのない管理人です。そもそも国内外問わず旅行先ではあまり寝られないタチなので、出かけた先の現地時間に忠実とも言い難いし(苦笑)(スケート遠征中は1回に1~4時間程度しか寝られない)


◆全加から戻って休む間もなく、ソチ五輪モードに切り替えです。

いや実はカナダに出発する直前にぴあから五輪チケ宅配の連絡があったり(大慌てでお届け予定日時の変更手続きをしました(笑))、カナダに着いた途端宿泊パッケージツアーで利用した会社から「空港送迎の準備があるからフライトスケジュール教えてくれ」と連絡があったりしたので、帰国前から「ああ五輪が近づいたな~」という実感はあったのですが。

帰国後ぴあから五輪チケが届き、観戦者パス申請も無事完了。ビザもバウチャーも揃ってるし、あとはひたすら情報収集ですね。

現地にはツアーの英語スタッフさんがいるし、空港送迎ほか色々サポートしてもらえることになってるので(どの程度手厚い?サポートかは行ってみないとわかりませんが(苦笑))、その点は少しだけ気がラクかなー

ホスピタリティハウスへのアクセスサービスもついてるみたいだけど、これは利用出来るって意味なんだろうか、単に案内するってだけの意味なんだろうか?^_^;

とりあえず一泊分の料金がとても高くついてるので、それなりのサービスは受けられる…と…思いたい(苦笑)

ホテルは3ツ星だそうですが、ぶっちゃけ外観からは周辺の星無しホテルとの違いが全くわかりません。。。つかほんとに3ツ星なのか??? 存在は確認出来たけど、Booking.comとかに登録されてないホテルなので詳細が不明すぎます;;

ちなみにロシアではトイレットペーパーの量が不安みたいな話も聞いてるので、「水で流せるティッシュ」を沢山持って行くべきだろうか(汗)


◆ブックメーカーのオッズチェッカーを見てみました。

ソチ男子はオッズ低い順に

Pさん、羽生くん、高橋くん、ハビー、テンくん、ブラウン、ジュベ&ケヴィン(この2人は同率)、町田くん、コフトゥン&ミハル&ハンヤン(ここも同率)、アモ…

みたいな感じになってました。

でも最後にいきなりコンテの名前があったので、これほんとにちゃんとしたオッズなのか???と、一気に信憑性が薄れたよ…orz


関連記事

ユーロ男子FS

完全に時間間違えていて、録画で観る羽目になりました↓ そうだった、男子は現地時間昼開催だったんだ…orz

その代わり、録画だから感想コンプリートしたよ!


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


パーキンソンくん、クワド頑張れ。ジャンプ、抜けが多くて残念でした…

シュトロイベルくん、出だしはクワドも入って素晴らしかった。後半は転倒もあってへばってしまいましたね。ステップ始まって曲が変わったとき、はじめてガンマンプロなんだとわかりましたが、あの編曲はどうにかして欲しい…^^;

ロマネンコフくんは、ジャンプがアレすぎたのでノーコメント…orz

イグナテンコくん、本人比で良さげ…と思って観てました。SBおめ! しかしほんとに美少年だなぁ♪

ゴドロジャくん、折角後半ジャンプまとめられたのに前半が残念でしたね。

ラヤくん、前半まとめただけに後半ジャンプが勿体ない。「シングシングシング」という曲を演じるには表情がコワすぎたのも気になりましたが(苦笑)、各要素でミスをしないようにといっぱいいっぱいだったんでしょうねぇ… 五輪でワールドミニマムスコアクリア目指してガンバレ。

ファイファーは、やっぱり素敵だな~ 構成弱いけど、彼のプロはエレガントで美しくて好きです(´∀`) 脱臼スピンの速度がちょっと遅かったのが残念。

そしてワールドミニマムスコア、あと一歩…あああ、ワールド来て欲しいぃぃぃぃぃ(><) もしファイファーがさいたま来れなかったら、ミニマムスコアをメチャ恨む(;;)

ビチェンコさん、クワド入って演技まとめましたね。ループも綺麗な流れでした。終盤曲が盛り上がるところでジャンプが続くところは良かった。SBおめ!

ステファンくん、ここまで観た中では一番素敵なステップでしたー♪ ミニマムスコア残念…ワールド来て欲しい。。。

マチェイくん、この曲滑るなら坊主頭じゃない方が…(前髪はかろうじてあるみたいですが) コンボ違反残念。全体的には悪くない演技とプロなんだけど…

ケレメン、ChSq良かった~ 個人的にはこういうステップがすごく観たいんですよねぇ。こちらもコンボ違反残念。しかし、両膝つけるとマイナス2なのか…知らなかった。

ルシーヌさん、お尻ポリポリプロ再び。コレオの振付は面白かったけど、StSqはちょっと…でしたね。岡部さんの「この選手の良さをもっと活かしたプロを」「もっと素敵な動作を」「もっと弾けて欲しい」には、全面同意。

第3Gの6分間練習前に「Chambermaid Swing」が流れてたので、ちょっと反応してしまいました^^;

ベゼキエ、衣装面白いv 足元頑張っててステップもとても良かったけど、抜けジャンプが多かったのが残念。

うがああああ、頼むから4Sは決めろ決めてくれアモ…orz その後のジャンプもスピンもどうしちゃったんだ。調整試合だってのはわかってるけど、流し練習観てるみたいだった…

TEBもあららだったからまとめて欲しかったんですけど、何かあったんでしょうか… 五輪にはちゃんと合わせてこれるといいのですが。群雄割拠好きの私は、仏勢にも頑張って欲しいです。

ベルギー、五輪枠持ってるのにユーロで12位以内じゃないと派遣しないとか厳しすぎだろ… 枠取ってきた選手へのご褒美でいいじゃん。でもヨリヘンくん、色々無事クリアしておめ! もう最後は思わずTESカウンター睨み付けてましたよ、「63以下に下がるな下がるな-!」って^^;

リバース、良かった! 今季から入れ始めた4Tがあんなにクリーンに入るなんて、素晴らしいです。全体的によくまとめてて、身体も大きく動かしてて良演技でした。本当に確実に進化してるから、これからもうんと自信もって演技して欲しいです。

メンショフさあぁぁぁぁぁん!!!!!(T▽T) やっと、やっとこのプロのノーミスが観れた(軸曲がってるジャンプがいくつもあったけど)…嬉しいよぅぅぅぅぅ(涙) 銅メダル、おめおめおめ!

メンショフさんに関しては(ヴォロもだけど)、織田くんに対して感じたのと似たもどかしさや悔しさを覚えることが多いので、いい演技してくれると本当に嬉しい。あああこれで、SPでクワド抜けがなければなぁ…orz

全方位イケメン・ジュベは、正当派のしっとり系色気プロで来たかぁ。衣装もスケスケながらまともに見える。イケメンを正しく使っていてなかなか素敵だと思いましたが(でもガッカリする人もいるのかな?^^;)、ジャンプ構成は五輪ではどうするのかな。

最終滑走Gを前にスコアだけ見るなら、リプ…というか今季の暫定女子世界最高得点は4位なんだな…

最終滑走Gは、私好みの素敵衣装率がやたら高くてワキワキしましたvvv(^q^)

岡部さんも指摘してましたが、ヴォロのタンゴプロって(昨季のエキシプロもそうだったんだけど)「これタンゴなの?」という感じになっちゃうんですよね。プルさんや高橋くんみたいに、わかりやすくラテンテイストを表現するような振付というか決めポーズみたいなのがない。素敵な曲と素敵な衣装と素敵なルックスなのに、勿体ないなぁ…どうしてこういう振付になっちゃうんだろ。

でも曲想表現無視すれば(いやほんとはすべきじゃないんだけど^^;)、ジャンプもまとめてたし、ChSqとかすごく勢いがありました。2クワド成功おめ、PB252点はすごいよ、この時点で台乗り確信したよ! 銀メダルおめおめおめ!!!

ハビーのプロ、五輪プロとしては物足りないけど、仕上げてくるとやっぱり彼には合ってるなぁと思いました。

演技中にオーサーのジャンプがすごい目立った(苦笑)

クワドがみんなバランス崩れちゃって残念。後半の抜けもちょっと気になったけど、とりあえずユーロ2連覇おめ! 五輪ではもっとジャンプまとめてクダサイ…

ヴェルネルさんまた抜け祭り、そしてスピンが…orz スケーティングはダントツなのに、ステップ素敵なのにぃぃぃぃぃ(TT) 五輪では戻して来て下さい。

マヨ、SPが良かったから上を狙って力が入り過ぎちゃったのかな…冒頭の大技2つ勿体なかった。頑張って身体動かしてたと思うけど、その後もジャンプミスが重なっちゃってスタミナもなくなっちゃったんだろうなぁ。

コフトゥン、可哀想…(つД`) 今季彼に3クワドはまだ無理だと思う。3クワドを1シーズンに複数回入れられるあの2人は、やっぱり現時点では異次元生物の領域だよ。

前半あれだけミスしたのに、後半最後までちゃんと頑張ってたところは良かった(羽生くんもそうだったけど、若いジャンパーというのはそういうところすごく大事だと思う)。五輪に相応しい良プロで、ステップも素敵だったしスピンもいい。間違いなく素晴らしい逸材なのだから本当に大事に育てて欲しいです。

(あの鬼構成を滑りきれるケヴィンにこそ、コフトゥンのこのチャイコみたいなプロやって欲しかった。。。衣装も、18歳のコフトゥンより幼くてチープに見えるなんて悲しいorz)

ミハル、クワド1本入ったけど、抜けが勿体なかった。スケーティングはいいけど、ChSqはちょっとサミシイ。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ヴォロとメンショフさんに関しては、心の底から祝福出来る結果でした。彼ら2人がユーロのメダリストになってくれて、本当に本当に嬉しい。

が。

ロシアの五輪代表、どうなるの。。。2枠、せめて2枠欲しかったよ。。。(TT)

にしても、FSで複数クワドを決めた選手だけが台乗りか…ユーロも時代を象徴するような結果になりましたね。四大陸はどうなるんだろ。(私のリッキー頑張って…)

そして現在のモロゾフは、最早男子シングル界の疫病神としか思えない…


関連記事

ユーロ女子FS

当初睡魔と戦いながら観てたので、全員フォロー出来てませんが。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


オルソンさん、最後のグワーーーのポーズがちょっと控えめで残念(´・ω・`) あといきなりザヤ? でもこのナイトウィッシュメドレー好き♪

第2Gの仏選手(名前の読み方がわからない)、いきなりスピードがあって身体の動きも良くて、寝落ちしかかってた目が覚めました。

髪飾り落ちちゃったときは、冷や冷やしました;; 本人泣きそうだったけど、第2Gトップは納得。初出場とは思えないいい動きしてたし、第3Gまで観た中では個人的に彼女の演技が一番好みでした(・∀・)

ミハル妹のプロの曲も好き。もっと迫力出しちゃっていいのよー

ヨシちゃん、ルッツは綺麗に入ってたけど、全体的にスピードに乗ってという感じではなかったなー ジャンプ前に動きが止まっちゃうようなところが多かったので、プログラムの見栄え自体は初出場の仏選手やミハル妹の方が良かったかなと。

ゲデちゃん、SPは良かったのにまた抜け癖が…↓ 降りたジャンプの着氷も不安定なのが多かったなぁ。残念。

ヴィッキー、ジャンプが抜けまくり… ジャンプ以外は良いのに… 樋口さんが「調子のいいときの彼女と比べると」と言ってましたが、私はヘルゲソン姉妹がFSでジャンプ調子いいところをまだ観たことがないです(´・ω・`)

ヴァインツァールさん、ジャンプまとめたー 表現がちょっと控えめなのが勿体ない気がするので、腕の使い方とか表情とかもうちょっと自信ありげにして欲しい。見栄えがすると思う。

グレボワさん、良い感じにまとめましたー暫定1位納得。クレオパトラ綺麗だなぁv

アデリナ、スケスケ衣装はやめたのね。樋口さんの言う通り、インパクトはSPの方がありますね。あとエリボンの方がドヤオーラあった気が。

でもいきなり跳ね上がったTESカウンターはさすが最終滑走G。PBおめ!

レオノワ、ジャンプ戻ってきたじゃナイデスカ。スピード感あって良かった。久々に彼女の勢いのある演技観た感じです。スピン取りこぼし残念。そして調子戻してくるのがちょっと遅かったかなと…

コス、ボレロまたやってくれて嬉しいーーー! 昨季と比べると止まってるときのビシバシ!って感じの動きがなくなって、そこら辺はみんな柔らかい動きになりましたね。

曲想表現はもうダントツです。ああ、目の保養だった…

そして、リプーーーーーーー!!!!!

すごいよすごいよすごいよ! ユーロ初出場初制覇おめおめおめ!!! リプならやってくれると思ってたよ!

演技終わった途端、感極まってたリプも新鮮でヨカッタ(´∀`)

シーズン前半にかなりトラベリングしていたラストのI字スピンが、今はもう全然動かなくなってて嬉しい♪

ああもう、つくづく神プロ神衣装だと思う。リプにしっとり系やらせて、ここまで大正解もってくるとは…脱帽。

15~6歳の難しいジャンプばんばん跳べる天才少女が、初出場で大きな国際大会のタイトルさらってくというのはワクワクする場面です♪ 表現もこのプロに関しては完成レベルに達してると思うし、リンクカバー率もいい。五輪ではマジで、良い色のメダルを期待してしまいます。

あとは、ルッツのロングエッジが修正出来ますように。

マエちゃんジャンプ安定してきたなぁー この衣装カッコイイ。彼女ならではの個性的なプロはヨイのですが、もうちょっとスピード感があるとよいなぁ。

マルケイさん、ジャンプの入りがどれもすごい慎重だった… 後半2ジャンプ残念。ちょっと全体的に動きがゆっくりだったかなーと思うけど、彼女みたく表情で魅せられる選手はこういうプロ合ってますよねー素敵。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ロシア女子の五輪代表は、もう完全にナショナル・ユーロ共にトップ2のソトリプで決定でしょうね。

こうしてみると、今回の五輪で私にとってあらゆる条件を装備した選手は、全カテゴリ通じてダントツでリプなんだなーと。

もとからご贔屓で、疑う余地の無いメダル候補で、SPFS共に素敵プロを揃え、ジャンプ構成の高難度っぷりに加えて安定感もあり、スピンも強くて弱点らしい弱点が無い。

素晴らしいです…!

もう五輪で金獲ってくれちゃって全然構わないのよ、頑張って~♪ヽ( ´∀`)ノ

PCSで先を行くベテラン上位陣は強敵だと思うけど、自分としては高難度ジャンプをクリーンに決めた上で、他の要素は勿論演技全体をきっちりまとめられる人に勝ってもらいたいと思ってるので。心から。


関連記事

ちょっとフォロー

先日のケヴィンのFS感想記事ですが、読み返したら何か思いっきりネガキャンしてるみたいで、ちょっと反省↓

決して五輪で演技をまとめられる可能性がないと思ってるワケではなく、単にケヴィンのPBが250点であることと、ノーミス神演技でやっとFSのPCSが80に届いたという事実を併せて考えたとき、ノーミスしたときに爆発力のあるプロじゃないと上位争いは厳しいんじゃないか、と言いたかったのです。

ジャンプが一通り入ったとき、最後にやっぱり盛り上がるステップが欲しいんですよね…そこでもかなり印象アップすると思うし。

ナショナルでのジャンプ構成は昨季と一緒だったので、あのままなら、前半コンボ抜け→後半最低でもセカンド2Loでリカバリ程度のミス(あとURやSOやOTもあるかもしれないけど)か、それ以上でまとめられる可能性はあると思ってます。それからスピンのレベルが五輪までに何とか戻れば、TESではそれなりに戦えると思うのですよね。

ただ上位陣は大抵ケヴィンよりPCSのとれる人たちだし…(個人的にはコフトゥンにあのPCSが出るなら、ケヴィンの出来が昨季並だったら80点台が普通に出ていいのに…と思ってはいますが)

今季のGPSをみていて改めて思ったのは、4T抜けの保険の無いケヴィンのあのFSの構成は、(URや着氷ミスはあっても)抜け無しで安定して3クワドが入る彼にしか出来ないよな、ということでした。

そういう強みが、少しでも結果に結びついてくれることを願っています。

SPの方はジャンプが全部前半なのが気になりますが、ステップはケヴィンのいいところが出ていてすごく良かったので、頑張って全部降りてスピンステップも何とか揃えて欲しい(><)


関連記事

ユーロペアSP

マリタイのプロ好みだな~ ペンジャンのプロみたく悠久な感じの曲でイイ。

サフゾルは、ゾルコビーさんの衣装が正当派アイスダンス男子のように黒子的に。アリオナさん、ジャンプ残念。

ベルホタ、ジャンプ綺麗だったー でもロシアンの壁はやっぱり厚いですね。

女子が巨乳の2組(スペイン組とポポマッソ)はどうしても胸に目が… 特にポポワさんの衣装は、昨季【CaOI】で観たエレーネさんのコスプレ(笑)を思い出させるので、彼女がペアやってるみたいに見えてしまふ。

バザラリのSBSジャンプが珍しく揃ってたので、驚愕しました(・・;) 「おお、ジャンプ決まったなー。。。って、えええええ今揃ってた!?」みたいな感じで(苦笑)

デススパイラルの腕チェンジ後のシルエットは、バザラリが一番好き。腕チェンジ後はよっこらしょポーズ(女性の腕と身体のラインに結構な角度がつく)になってしまうことが多いのに、腕からバザロワの足先まで一直線のままで綺麗なんですよねー ラリオノフのスキルなのかなこれは。

ヴォロトラ、相変わらずSPのジャンプは危なげないな~~ いつ観ても、スロージャンプのあの落っこちてくる感じからビシッと決めるタチアナの着氷すごい。

ストクリとバザラリはほんと接戦ですね。ナショナルでも僅差だったし、どちらが2番手とも言い難い。ロシアペアは3枠あって良かったなと。


関連記事

ユーロアイスダンス終了

カペラノ、ユーロ初制覇おめー!

相変わらずカッペちゃんが、衣装から何からとにかく可愛かった。

ボブソロとペシャブルが出てないから、カペラノとイリカツの一騎打ちを息を呑んで見守ってましたが、イリカツのツイズレとイリニフのコケで勝負ありましたね。

でもブラックスワンプロ好き。たまアリで観られるのを楽しみにしてます♪ ロシア、アイスダンスはこれで決まりですよね…?

しかしリャザトカ、とうとう3番手からも転落してしまったのか… シニジガ、順調に上がってきたなぁ。

ズロシトは、席外してたので見逃しちゃって残念(><)

ジガガジ、昨季より落ちちゃったなぁ…ロンドンワールドではトップ10に入ったのだし、弟くん組のように姉さん組も頑張って欲しいのですが。

ペニコラ、英の表彰台はカー姉弟以来3年ぶりなんですね。おめ!


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ところでユーロって、1日2カテゴリ4日間(+EX)じゃないんですね。男子FSとペアFSだけ1日1カテで、コンペは5日間なんだ。

ダンスと女子が平日ゴールデンタイム?で、男子とペアは土日の昼開催なのね。

今年のユーロのペアはオールスターですかね。楽しみ~

そして、私は早く全米の録画を消化しなければ;;


関連記事

ユーロ男子SP

特に何かの準備に追い立てられることもなく、部屋でまったりしながら大画面でスケートのチャンピオンシップを鑑賞出来る至福の時間・堪能中v


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


スロヴァキアのマルコくん、スピードのあるピンクパンサー良かった(・∀・) 岡部さんにはスケートが浮いてると指摘されてたけど、最初から観てるとやっぱりスピードのある選手には目を惹かれます。

第2Gになると、ジャンプがちょっと…でも見栄えのいい演技が増えてきますね。

ステファンくん、さすがスピンポジ綺麗(笑)

ケレメンの演技も良かったー この日初めてのワールドミニマムスコア突破、おめ。

ファイファーは、ユーロ一私好みの美ポジスケーター。静かな曲を美しく滑れる選手は大好きです。昨季の「月光」も素敵だったなぁ。ジャンプが弱いのが残念でなりません…

イグナテンコくんは、フリップのトウを突く位置が他の人より体軸に近い感じ。シットスピンは速くて綺麗。ジャンプ惜しいなー3Aとか回転良かっただけに。

そういえば、ウクライナのイグナテンコくんは今回いないのね…(;;)

第2Gや第3Gからクワドが見られるのは嬉しい。パーキンソンもビチェンコもガンバレ(・∀・)

ジュベ、クワドは回ってたみたいだけど、3Aは明らかに高さが足りてなかった… 衣装は悪くないな。相変わらずイケメン。

アモ、スピード感があってとてもいい滑りだったのに、最後のスピン勿体ないぃぃぃぃ。コンボのセカンドもダブルになっちゃって惜しい。

しかしここまでTESがワールドミニマムスコアに近い数字しか出て来てないのは、ちょっと寂しいですねぇ。

そして私の大好きな魔物プロ来たーーーーーーvvv(評判は悪いけど(苦笑)) やっぱりミハルは「ユーロから本気出す」子なのね。

全体的に良かった。ジャンプ決まったから最後のステップシークエンスが活き活きしてて、美味しくいただきましたです。でもそれでも80点台前半なのか…

メンショフさん、2種クワドが仇に…。・゚・(ノД`)・゚・。 3Aは素敵だった…このプロ好き。

久々にクワド決めるマヨ観たーーー(・∀・) 着氷ミスはあったけど、全体的に良いマヨだった。最終滑走G残して2位はいい結果。

岡部さんの「ちょっとキツイこと言っちゃった」という呟きに笑った。マイクに拾われてたのわかってるのかな(笑)

素晴らしいヴォロ来たーーーーー!!! ノーミス来た、暫定トップ来た、演技全体も良かったvvv

コーチをリプのコーチに変えて大正解だったな~SB更新おめ!

ヴェルネルさんも素敵だったー クワド着氷惜しかったけど回りきってたし、後はもうウットリでした。やっぱりスケーティングと表現素晴らしい(* ̄▽ ̄*)

リバース転倒したけど、クワド回りきった! 3Aもコンボも良かったし、やっぱりクワド跳べるようになると点出ますね。SBおめ!

ハビーらしいクワドが観れてほっとしました。さくっとノーミス、さすがユーロに合わせてきたなぁ。何この安定感(笑)

でもお尻の黒い四角がヒトラーとかのチョビヒゲに見えて、気になってしょうがない…^^;

あああコフトゥン惜しい(><) 頑張って欲しかったのに。。。今季私がケヴィンにやって欲しかったことはコフトゥンがやっちゃうのかも…というイメージがあったのですが、やっぱり2クワド確実に跳ぶってとてもとても大変なことなんだなと改めて思いました。

URはあってもまず抜けないケヴィンはやっぱりすごいと思うし、だからこそ出遅れが悔しいんだけど(/_;)

話戻して、コフトゥン五輪に行かせてあげたいよ。。。ナショナルチャンピオンだし、SPもFSも五輪に相応しい良プロだし、Pさんのプロ以外では一番好きな組み合わせだ。

いやヴォロだってメンショフさんだって行って欲しいんだけどね。それでも尚プル推しって事情もわからなくはないだけに、ロシアの選考はつらいものがあります。。。

ベゼキエさん、身体はよく動いてましたね。あとフランスっぽい独特感で面白かったですv


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


FS最終G、みんな素敵な演技だったよ~~FSもガンバレ。

特にコフトゥン頑張れ。五輪の個人戦も団体戦も自分1人でやってやる宣言は「その意気やよし!」と思った、支持する(実際もつかどうかは別としても)

ヴォロも台乗りして欲しいけど、チェコ組にも台乗りして欲しい。あああ台が足りないー(笑)

ジュベは。。。モロゾフに変えて、ほんとに良かったのか…?(あの輝く笑顔のヴォロを見て余計にそう思った)


関連記事

カナダナショナル男子第2G

本日最後の記事です~


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


全加の男子は全部で3グループあって、FSの第2グループに入った選手にお気に入りを何人も見つけました!ヽ( ´∀`)ノ

まずは、まだ14歳にも関わらず素晴らしく華があり、高速美ポジスピンとクリーンな演技で観客を魅了した美少年・ロマンくん。

実は男子シングルSPFSの両方で観客が総スタオベ状態だったのは、唯1人、彼だけでした。それくらい素晴らしかった!

Jspoの放映は第3グループだけだろうから、本当~~~に生で観れて良かったです(´∀`)

いい演技をして良い得点が出て観客が大きな歓声をあげてるにも関わらず、表情ひとつ変えずにキスクラで水飲んでたりするところは、何か大物になりそうな気がして期待大(笑)

そしてスケーティングと着氷が素晴らしい、ディオンくん。彼は眼鏡かけたままで演技するのですが、ジャンプのとき怖くないのかなと何度観ても思ってしまいます(笑)

スケーティングはPさんみたいなパワー系で、かなりのディープエッジ。FSでジャンプが増えるとまだスピードが活かしきれなくなってしまうみたいなのが残念ですが、公式練習を観たときからその滑りには目を奪われました。

また織田くんをパワー型にしたような、膝で吸収するタイプの着氷もすっごく私好み!^o^

思わず激励したくなったので、「貴方のスケーティングと着氷が大好きです。貴方をGPSで観たいので、是非頑張って下さい」と(英語で)伝えました。

すると「GPSで観たい」と言った途端、彼の表情が明らかに変わったのがわかりました。ぱぁっと嬉しそうに輝いた感じで、やっぱり選手にとってGPS出場は憧れなんだろうな~と改めて思った瞬間でした。

私はアスリートが喜ぶ言葉なんて全然わからない人間なので、もし選手に喜んでもらえる言葉が言えたのであればすごく嬉しいです。

それから、坊主頭のハビーをちょっと幼くしたような容貌の、ピーター・オブライエンくん。とにかく「何でそんなに幸せそうなんだ(笑)」というくらい、満面のニコニコ笑顔が印象的な選手で、あの表情を見てるだけでこちらも幸せな気分になってしまいますv

ルックスがハビーに似てるのですが、FSのプロ観たら衣装も演技の雰囲気もハビーのチャップリンに似てたので、尚更私の中で「プチ・ハビー」のイメージが強くなってしまいました(笑)

彼ら3人はSPの時点でも、第2グループ。SPの第3グループとの違いは、もうシンプルに「3A」です。

特にロマンくんは、3Aさえあればもっとずっと上に行けるのに…!という意味で我が国の昌磨くんを思い出させましたね。

ディオンくんは着氷が素晴らしいので、是非高難度ジャンプを装備していって欲しいです。そして膝で吸収する素敵着氷を是非是非もっと見せて欲しい~~~

あとSPの段階では第1グループで、FSのときは第2グループに入ったデービスくん。

彼は第3グループ以外で唯一クワドが跳べる選手です。公式練習を観ていて、第1グループからクワド跳んでる選手がいるんだ!と、ちょっと湧き立ちました(笑)

本番でも決めていて、FSのときには第2グループに入ることが出来ました。ただ、まだクワド跳ぶだけでいっぱいいっぱいみたいで、後のジャンプが崩れてしまうようです。身体表現もいい感じの選手なので、これから他もまとめるスタミナをつけていって欲しいなと思いました。

FSの第2グループはこの4人がまとめて観れたので、すごく美味しかったです~~~(* ̄▽ ̄*)


関連記事

全米&ユーロ少し

本日、怒濤?の3回更新予定の2回目。(1日1回の記事だと諸々の感想が追いつかない^^;)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆遅ればせながら、アボおめおめおめ!

ブラウンもマジすごい。クワド無しで2枠しかない米代表を射止めるなんて。

そして私のリッキぃぃぃぃぃぃぃ…ソチが目の前にあったのに。・゚・(ノД`)・゚・。

アーロンもリッポンも勿体ない。。。

でもアーロンはワールド来れることになって良かったです(;;) さいたまで待ってるよ!

米男子は四大陸のメンツもリッキー、リッポン、ファリスで美味しいなぁ。全力で応援するよリッキー! 頼むからFSでも神演技してお願い…(>人<)

女子はGGおめおめおめ! SPFS揃えられたんだね、完全優勝だね、おめ!

そして未来ちゃん…(TT)

アシュリー代表には文句ないけど、彼女は何だってこんなときにいきなり崩れたんだ… せめて3位に入って欲しかった;;(いや今回は5位以内が条件だし、実績上は文句なしの選考なのはわかってるけど)

全米はまだ男子の第1Gしか観てないので、早くフォローしたいデス^^;


◆アデリナ、相変わらず貫禄すげぇ(笑) カルメン、オーラのあるいい演技でした。納得のトップ。

コストナーさんのアヴェマリアも素敵だったなぁ。。。(* ̄▽ ̄*)ウットリ

リプ、エラーが残念でした。難易度はともかくとして3-3入りノーミス対決だとPCSで少し分が悪いでしょうが、FSはTESの配分も多くなるから優勝狙えるね。ガンバレー!

いや、みんな素敵演技で頑張って欲しいけど♪

今夜の男子もドキドキです。特にロシア勢。あとチェコ勢。


関連記事

ケヴィンFS感想ほか

◆カナダナショナルで観てきたケヴィンのFSの感想。

(*以下は、あくまで「260点台以上と予想される戦いに割って入れるか」という視点で書いてるので、かなり厳しめの内容になっちゃってます。ご了承下さい)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◇靴トラブルによる出遅れということを除いて考えても、ケヴィン・レイノルズという選手が五輪でメダルを獲りに行くのに相応しい戦略的なプロとは、残念ながら思えなかったです。

そもそもあの編曲は、ジェフやアボのようにスケーティング+表現が◎の人向きに思えました。雄大なメロディーですが、全体的にゆったりめで同じようなテンポのパートばかり集めてしまってるため緊張と弛緩のコントラストに欠け、わかりやすい盛り上がりがありません。

ケヴィンらしい、緩急のメリハリの効いた魅力的な動きを存分に活かす場面は、決定的に欠けています。SSであまり点の出ない彼の場合、そういう方向でアピールするのってすごく大事なように思えるんだけどなぁ。実際、昨季みたいなパワフルなChSqにはGOEももらえてるし。

こういう編曲って、特に靴トラブルで絶望的に滑り込みが足りなくなった状況ではより致命的じゃないかなとすらorz

今季は「五輪プロだってのに、ほんとにそれでいいの?」と思うようなプロが少なくないのですが、選手もコーチも何でそういうので納得出来てるんだろう… 五輪なのに五輪なのに五輪なのに。

今季ローリープロ沢山あるけど、いいと思ったのは織田くんのテルだけだ… 点は取れるんだろうけど、個人的好き嫌いは別としても、選手の良さというか「強み」を引き出してるとは言い難いように個人的には感じています。


◇衣装は既に大方の人々が言われているように微妙。何故あんなに風格のあるマテュー衣装の後のしかも肝心の五輪イヤーに、ドラクエみたいな衣装になってしまったのかorz

コスプレと思えば楽しめるのですが(選手入退場口の黒いカーテンの前に立ってる姿はほんとにファンタジーっぽくて、オタク的な意味では萌えられます)、昨季披露した王道クラシック路線と比べるとちょっと幼くなってしまった感は否めず、勿体ないなーと。。。 近くで見ても特別素材的なゴージャス感があるわけでもなかったし、シルエットも彼のプロポーションを活かしてるとは言えない。

ファンタジー風衣装がイヤなワケではありませんが、それなら出来ればハンガリアン衣装のような品格が欲しかったなと。折角あれだけ実力をつけてきたのだから、五輪イヤーにはもう少し何というか、力強さとか格とか欲しかった。

何か「2番手のお気楽チープ感」が漂ってるみたいで、どうしても勿体ないと思ってしまうんだよー もしカナダの1番手だったら優勝候補だったら、あのプロと衣装は絶対ないだろーヽ(`Д´)ノウワァァァン


◇…などとボロクソ言ってしまってますが、このプロを好きか嫌いかと言われたら 好き です。

ケヴィンのスタイルならではの美麗ポジションを堪能出来るパートが沢山あるので、彼のつなぎの振付やステップ部分が最も好きな自分にとっては見どころは十分あります。

私はもともとジャンプ以外の部分で選手に惚れる人間で、それはケヴィンに関しても同じ。なので、ジャンプ以外の魅せる要素をきっちり伸ばしていってくれてるのはとても嬉しいです(今回はスピンがアレだけど↓)

ただ「競技プロ」として考えたとき本人の強みを120%活かしてるとは言い難いものである以上、並み居る強豪を押しのけてメダルをもぎとりに行くプロには見えないのですよね…

プロとしての完成度はともかく、当人の強みだけで構成されてるような羽生くんのプロを目の当たりにしてきたこともあり、世界トップレベルの技術を持ってる選手が、そのポテンシャルを活かしきってないプロを滑るというのは本当にもどかしいです。

勿論、JOや地方大会やGPSに出場してもっとずっとしっかり滑り込んでいたら、色々印象も違ってただろうなとは思うのですが。


◇全体の感想=あまりに仕上がってなくて不安↓ 特にスピン。エキシでもよろめいてたし、まだ靴が馴染んでないのか単に練習が足りてないのか(そういえば美姫ちゃんもスピンのレベルを取るのに苦労してたな)

ジャンプに殆ど刺さってないのはナショナルだったからかもしれないし、団体戦でどんなジャッジされるのかと思うと(特にカナダがロシアの対抗馬であることを考えると)すっごい不安です(;;)

ただでさえ回転不足の基準って曖昧すぎて、取りたいときや取りたい人からは取って、取りたくない人からは取らない、という印象がすごくあるので。

でもあんなコンディションでも4-3-2や3F-3Loをきっちり跳んできたところは、さすがだったなと。昨季不安定だったルッツもちゃんと跳んでて良かった。明らかに調子よくないのに一通り跳んでくるのは、やっぱり2シーズン前とは段違いのレベルだなと思います。

SPFS共に3Aがダメダメになっちゃってたけど、五輪では転倒せずに行って欲しいなー コンボ入らなくても後半リカバリ出来る人だし、何とか降りてこらえて欲しい。

靴トラブルがなかったら、今季ものすごく滑り込んでたら、この構成はもっと余裕だっただろうし、どころかもっと上の構成滑ってた可能性もあったかもしれないと思うと、本当に本当にあらゆることが悔しいです(;_;)

だってこの構成滑りきった上で表現するスタミナ残せるのは、現役選手じゃケヴィンしかいないだろー。・゚・(ノД`)・゚・。

私はそういう、今ケヴィンにしか出来ないプロが観たいんだよ…

もうソチまであとわずかしか調整期間がないけど、どうか頑張ってベストを尽くして下さい。

そしてソチでは、ケヴィンにしか出来ないことを1つでいいからやって欲しいです(一番可能性があるのは4-3-2かな)


◆特注だったケヴィンの靴はこれでもかというくらいハズレ、12月になってもまだ作り続けていて、そのトータル数は10足?にも及んだとか。

結局最後の最後に試した既製品が一番フィットしたようで、何のための特注だったのかという。。。

昔から日常の靴でさえ合うものが見つからず、オーダーメイドでもロクに合う靴が作れなかった経験をもつ自分としては、「結局既製品で合うものが一番ベスト」という状況はもういやというほどわかる気がします↓

今回もっと早い段階で既製品を試してみれていたら、よかったですね…

今季はFSプロの振付も衣装もそして靴も、全てにおいて迷走してしまったようで悲しいです。何でどうして、一番大事な五輪イヤーにこんなことに(つД`)


◆あのコンディションのケヴィンを団体FSに出すというのは、正直カナダも苦渋の選択なのかなと。

だって去年あれだけ牙を剥いてPさんに襲いかかったケヴィンが、今年は「3位以内に入れさえすればいい」と言ってしまうほどに仕上がってないんだから(TT)

勿論ケヴィン1人に重圧がかかってくるワケじゃないと思う(というか思いたい)けど、今季の彼の状態(プロ内容含めて)ではカナダの男子は何位になるかマジでわからないですね;;

両方Pさんなら1~2位以内狙えるだろうけど、やっぱり、Pさんにカナダ男子悲願の個人金を獲ってもらいたいんだろうなぁ。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


こんなこと書いた私を土下座させるような演技を見せてくれる分には、それで一向に構わないのよ。。。(苦笑)


関連記事

カナダの思い出

昨日昼、無事帰国しました。

ユーロが始まる前に出来るだけまとめて書いちゃおうと思うので(録画してある全米も早く観たいし!)、今回の記事はちょっと長いです。しかもスケートの話題でもないという^^;(スケート関連はまた色々あるので、日を改めます~;;)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆前の記事で書いた失せ物は2つあって、どちらもすごく重要なものでした。そしてそのいずれもどこで失くしたのか、全く見当がつかず。

結果から言うと、どちらも外で失くしたのですが、どちらも無事見つかりました。

もぉ一時はどうなることかと~~~^^;

何せその2つは、「新調してそんなに経ってない眼鏡」と「スーツケースの鍵」だったもので(爆) 特に後者は、スーツケースを閉じてある状況で紛失してしまったので、気付いたときは相~~~当に焦りました;;

しかしよくまぁ、そんな大事なものを同時に2つも失くすものだよな自分。。。

結局、眼鏡はヴィクトリーランでフェンスの前に立ったときに外していたものを落としたらしく、フェンスと客席の床の間の溝に落ちているのを、翌日発見しました(通し券の同じ席で良かった…)

スーツケースの鍵は、翌日の夜にフロントの人に尋ねてみたところ、何とフロントで保管されていました。多分、朝ロビーで待ち合わせしてるときにそこら辺で落としたものを、誰かが拾ってわかりやすいところに置いておいてくれたのだと思います。2人いたスタッフさんの1人はそれを知らず、たまたま後から事情を聞いたもう1人が取り出してくれました。

ありがとうスタッフさん(T人T)

ちなみに今回は特にサプライズは無かったので、例の「生贄の神」はとりあえず何かをデポジットよろしくとっておいて、何も起きなければ「返品」してくるんだな、とちょっと確信しました(苦笑)


◆ホテルのスタッフさんたちは皆、(客商売だから当たり前と言ってしまえばそれまでだけど)とても愛想が良くて親切でした。

初日にセーフティボックスを使ったらパスワード押しても開かなくなり、男性スタッフの方が解錠に来て下さったのですが、何故かついでに、スパナの形をした大きなチョコレートを2本持ってきてくれました。どの日だったか忘れましたが、朝食代わりに食べたらとても美味しかったです♪

その際キーロックのコツを教えてくれたのですが、全部は聞き取れず。ただすごく陽気な人で、「でもまぁ、何かあったら自分たちが24時間待機してるから大丈夫だけどね!」みたいなこと(多分)を言ってくれたのが有り難かったですv

最終日の夜に夕食を摂ったバーラウンジのウェイターさんも、親切だったー^▽^ 注文の際、私らには量が多すぎるんじゃないかと気遣ってくれた上、誰も食べきれなかった2個目のクラブサンドをお持ち帰り出来るようにしてくれました。

量的に食べきれなかったものの私の口には合う味だったので有り難く持ち帰り、翌朝出発前の朝食としてガッツリ美味しく食べさせていただきました♪


◆他に今回すごく嬉しかったのは、最終日GALA(エキシビション)が終わった後、私の後ろの席に座っていた女性のお2人連れ(多分カナダの方かなと)が

「カナダへようこそ。カナダナショナルは楽しめた? 貴女の応援は良かった、私たちもケヴィンはいいスケーターだと思うわ!」(一部かなり意訳)

とニコニコしながら話しかけて下さったことです。

もしかしたらその方たちも通し券で、私がずっとバナー振りながらケヴィンを応援していたのをすぐ後ろでご覧になっていたのかなと。

思いがけない言葉にすごーくあたたかい気持ちになり、ちょっとうるっと来てしまいました(つ▽;)

北米には日本のようなバナー文化は無く、あちらの方が掲げているのは名前入りのボードのようです。それでも名前を掲げる人がいることはいるので、まぁ名前バナーくらいはいいかなと振っていたのですが、異文化圏という意識はありました。なので、現地の観客の方に好意的にみていただけたのはとても嬉しかったです。

実はFSの日にも隣の席にいらした女性のお2人連れにバナーを褒めていただいてたのですが、もしかしたら最終日に声をかけて下さったのと同じお2人だったかも。


◆エア・カナダやっぱり好きだあぁぁぁ(* ̄▽ ̄*)

復路はトロント経由で、今回のフライトでは一番大きな機種でした。足下のスペースは十分広かったのですが、更にラッキーなことに、私の座った3席ブロックの真ん中が空席だったのですv

お陰で通路席の私と窓際席の白人の若いお姉さん(愛想の良い美人さんでこれもラッキー^^)は、共に真ん中席のスペースに荷物を置くことが出来、足下完全フリー状態でした♪

長距離の国際線に乗ってこれほどまでに快適なスペースを得たことは、いまだかつてありません。特に帰路は足の疲労が激しく、これだけのスペースがあってもこまめに位置や向きを変えなければならないほど辛かったので、余計に有り難かったです。

どこまでポイント稼ぐんだ、エア・カナダ(笑)

カナダは物価が高くて(一部地域を除き)交通が不便、食事情も北米らしく大味なものが多い…といった感じで遠征組には色々としんどい条件が揃ってるのですが、英語圏であることや、ホテルの部屋の広さやエア・カナダなど、個人的により快適さを望む場所において私とやたら相性が良いため、結構相殺されちゃうところはありますね~

弱点色々あるけど、自分にとって優先順位の高いものが揃ってるという意味では、私がケヴィンを好きな理由と似てるかも(笑)>カナダ

あと、どこに行っても100%アップルジュースがあるのが助かりました(高いけど) 100%果汁ジュースや柑橘類を摂取していれば食事抜きでも長期間体がもつので、最小限の食事で何とかなったというのもありますね。


◆今回の最低気温ー15℃前後の地への遠征で新たに発見したのは、

私のスケート観戦にヒートテックは要らない

ということでした。

私は下半身は変温動物並みに冷え性なのですが、どうやら上半身は人並みだったようです^^; 実はその下半身ですら、昨年3月のロンドンワールド遠征のときよりも今回の方がずっと薄着でした。にも関わらずそれで全然平気だったので、これまでちょっと過剰装備だったのかな?と。

正直、日本での冬装備と殆ど変わらない格好でいけたので自分でも驚きました。敢えて違うとしたら、東京ではまず履かないスノーブーツでしょうか。

スノーブーツ+インソール最強(笑)

普通の靴下1枚しか履いてないのに、夜の屋外でじっとしていても足元は全然冷えなかったなぁ。(たまたまその日が暖かかったのかもしれないけど)

とりあえず、今回のカナダ行きで防寒装備をスリム化出来る自信がついたのは、自分にとってかなりの収穫でした♪


◆今回のカナダナショナル遠征では、観戦の他に物販を見るのも楽しみの1つでした。

スケカナのUSBメモリ(1GBのくせにめっちゃ高い^^;)、メイプルリーフとスケート靴のセットチャーム、『Happy Holidays from Skate Canada』の動画で選手たちがしていたフリースの黒マフラー等々、買い物も楽しませていただきました^.^

スケカナのジャージも買おうと思ってたのですが、スケアメのジャージのセンスや質と比べると、ちょっと(いやかなり)大味で素朴な感じがしたので…そちらは今回は保留(苦笑)

あと会場の物販ではないのですが、オタワ空港でメイプルリーフ&五輪マークのついた赤いミトンを購入♪

カナダ好きの方々にはこのメイプルリーフマークつきのミトンは多分定番グッズなのですが、今出ているものは五輪マークがついてるところがポイントです^^ これ見ると、2014年にカナダに行ったんだなーと思い出せてよいかも。


関連記事

ためいき(苦笑)

「スケート観戦遠征時には必ず生贄が発生する」法則が、今回またしても発動してしまいました。。。

しかも、今回のはちょっと(いやかなり)キツイんですけど~~~(TT)

これってやっぱり、バナーにサインをもらった代償の後払いなんでしょうか(オーマイガーorz)

あと今回、連日連日あまりにも間近でケヴィンを見過ぎて、感覚が麻痺してきてます(@@;)

飢餓&枯渇死に近い状態のところに、いきなり中華料理のフルコースを供されたような落差感がハンパない。いきなりそんなのお腹に入れたら、体に毒ですよね^^;

どうしよう、前にも危惧した通り、もし1年間に観られるケヴィンの絶対量が決まってるのだとしたら、今回で一体そのうちの何割を消費してしまったのだろう(汗)(汗)(汗)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


肝心のFSの感想他は、今ゆっくり書いてるヒマがないのでまた改めて~


関連記事

天と地?

どうしたのカナダ男子たち…orz

そして、まさかの神アボ&遂に私のリッキーが覚醒デスカ(驚愕)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆ケヴィン。。。。・゜・(ノД`)・゜・。

練習観てて調子が微妙なのはわかってたけど、冒頭の一番集中してるところで曲が始まったと思ったらすぐに切れてしまい、仕切り直しになってしまったのが酷すぎました…(泣)

全てそのせいだとは言わないけど、ただでさえ色々あった不安材料に止めを刺した、みたいな感じに見えました↓

あのアクシデントがなければ、最初の4S、着氷くらいは出来てたんじゃないかなと。。。タラレバ言っても始まらないのですが。

五輪の選考会なんだよ、何でそんなことしてくれちゃったの。何で何でスケートの神様は、今季ケヴィンに意地悪ばかりするんだ。靴のことも曲がイントロで切れるのも、ケヴィンが悪いわけじゃ全くないのに(; ;)

でもジャンプは全部グダグダだったけど、ステップはすごくよく身体動いてたんだよ。ジャンプあんなでも、集中切らさずに頑張ったんだよ。すぐ近くで観てたけど、表情もとても良くて素敵ステップだったんだよーーー!

五輪がかかってるから、笑顔でやり切ったのでしょうね。あのステップ観て、ジャンプがどうだろうとやっぱりケヴィン大好きだと思いました。ジャンプ抜きでも素敵なんだよ、ケヴィンのプロ。・゜・(ノД`)・゜・。

FSも滑り込みが足りなくて不安があると他のケヴィンファンの方から伺ったのですが、どうかどうか、切り替えてまた頑張ってくれますように(>人<)


◆Pさんどうした。。。

遠目に観たアクセルがダブルに見えたのは、気のせいじゃなかったんですね。。。

しかもルッツまで。。。

そして89…… 今季はどの国が一番ふざけた点数を出すのか、各国間で競争でもしてるんですか?

今季のPさんはいつもと調整のリズムが違いすぎて、昨季の日本男子みたいなことにならないか心配です。。。

バカンスもとらなかったみたいだし(私は、それでペースが掴めるならバカンスでも何でもすればいいよ派)、大丈夫なんだろうか。

Pさんの対抗馬は、GOEだけでもクワド1本分くらい稼ぐ伸び盛りの化け物だよ。貴方と3戦ぶつかったお陰で更に進化しちゃった化け物だよ。ジャンプ構成だけで金狙える若い猛獣だよ。

私が五輪チャンプに相応しいと思ってるのは、あくまでノーミスかミス最小限のPさんだからね。。。


◆アボットさんの点数は4回転をお決めになられたということですよね? リッキーも。

神アボ、神リッキー。。。生で、いやせめてライブ中継で観たかったorz


関連記事

カナダナショナル公式練習

◆ケヴィン堪能しましたああああーvvv

良かった。。。ツチノコじゃなかった、ちゃんと元気に存在してた。。。ちゃんとクワドも跳んでいた。。。(TT)

相変わらず笑うしかないほどのほっそい足で、赤いTシャツ姿で滑ってました。既にクルクルの面影はなく、通常試合仕様のまっすぐヘアでした。

動画撮り放題でした。写真も、頑張って何枚も撮りました。クオリティには自信ありませんが(苦笑)、自分的に垂涎モノのショットが数枚あったので、にまにまと眺めながら歓喜してますv

今回の練習後もまた彼はサイン攻めに遭ってたので、そのタイミングでプレゼントも無事手渡しできました。

そしてかねてより「スケオタ人生の夢の1つ」だった事柄も、遂に叶う時が…!

バナーにサインもらったよーーー‼︎(T▽T)

生観戦に行くと選手のサイン入りバナーを持ってる人をよく見かけるんですけど、自分はこれまで全く縁が無かったので、とても嬉しかったです~~(泣)

ただ、ちょっと(いやかなり)文字が書きづらそうな生地だったみたいでorz それでも何とか丁寧に書こうとしてくれてるのわかったので、余計申し訳なく…↓ 有難うございました有難うございましたm(_ _)m;;

ちなみにバナーを差し出したら、珍しく「Wow」みたいなリアクションがあって、ちょっと嬉しそうにしてくれたのがまた嬉しかったです。ケヴィンはファンへの応対ではいつも素敵スマイルを返してくれるのですが、具体的な質問でもしない限りは無言のことも多いようです。

私に限って言うなら、これまで何度もあったケヴィンとの遭遇で、彼が「声」(「言葉」ではなく「声」ね(笑))を発してくれたのは今回が初めてでした(笑)

いつか「会話」に進化する日が来るのだろうか。

いやでも別に、質問したいことがあるワケじゃないから無理か(苦笑)(基本的にケヴィンのことは観てるだけで満足出来ちゃうので、尋ねたいこととか特にないんですよね^^;)


◆9日の公式練習はSPFSのどちらを曲かけしてもよくて、ケヴィンはSP、PさんはFSを滑ってました。

そういえば、Pさんの「四季」を生で観たのは今回が初めてでした! やはり迫力がありましたね~(^o^)

うううううん、私はやっぱり、たとえ非国民と言われよーがどーしよーが、今回の五輪では団体戦も男子シングルも圧倒的にカナダ推しだわ。。。

私が五輪王者に最も望むもの(ジャンプとそれ以外の要素全般やプログラムの濃さ・風格・迫力)を揃えているのは現時点ではPさんだけだし、1スケートファンとして、こういう全般的にバランスよく揃えてる王者プログラムを滑りこなせる人に頂点をとって欲しい、というのはすごくあります。

ワールドや五輪クラスの大会になると、好きな選手に勝ってほしいと思う以上に「勝ってもらいたいプログラムや演技」というのがどうしてもあるのですよね…

そして、そんなPさんに加えて「私個人にとっての絶対王者・ケヴィン」(笑)という布陣ですから、もうどうーーーやっても、イチオシにならざるを得ません^^;

…やっぱり五輪中の日本は、私にとってはアウェーなのだわ。。。(苦笑)(日本選手を応援しないという意味でのアウェーではなく、一番気になる選手・国の情報が殆ど入って来ないであろう、という意味でのアウェー)


関連記事

at the hotel

滞在中のホテルは、さすが4ツ星だけあっていいホテルです~v 広くて、調度・備品共に申し分ありません^^

これに近いクオリティの部屋に泊まったのは、10年近く前のシェムリアップ(アンコールワット観光の拠点)の5ツ星ホテルが最後だったなぁ(あっちの方が星1つ多い分、さすがにゴージャスだったけど)

遠征するなら常にこういう部屋に泊まりたいなぁとは思うものの、さすがになかなかそうもいきませんね^^;

お気に入りは、窓際の端に置かれたビジネスマン向けっぽい作業デスク。よくある壁際据付みたいな感じではなくオシャレな楕円形で、長辺側の両サイドにそれぞれ肘掛付きの回転椅子と背もたれ付きのカーブした長椅子がセッティングされてるのです♪ いいなあぁ~~~コレ。

ちなみにこの辺りはエンジニアの町らしく、オタワ空港からタクシーに乗ったときは「エンジニア?」と聞かれました。

空港の出口付近にはカナダナショナルの結構目立つ看板が並んでいたのですが、やはりここにフィギュアスケート観戦に来るというのは一般的なイメージでは無いようです(苦笑)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今日はこれから公式練習の観覧に行ってきま~~す。


関連記事

カナダなう

今カナダ上空でこの記事(の大半を)書いてます。(勿論機内モードなので、記事をアップロードしたのは空港到着後ですが)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆体調は何とか持ちこたえてくれまして、ちょっと寝不足による頭痛がある以外は概ね良好。出発直前は、熱を出したので漢方薬飲んでぐっすり就寝→復調したので再び遠征準備(というかプレゼントやカード類の準備^^;)で夜更かししたり、深夜に冷たいもの食べて胃腸の調子を崩す&寝不足…みたいなことを繰り返して、出国当日はちょっと微妙な体調だったのですが。

エア・カナダの機内食が頗る私のお腹と相性が良いらしく、今はすご~〜く落ち着いてます^^

エア・カナダの機内食って味は普通なんですけど、とにかく私の口とお腹に合う内容&ボリューム&タイミングなんですよね。すごく食べやすくて分量も私にはピッタリ。

そしてトレイがテーブルの3/5くらいのコンパクトサイズなので、空間的にもすごく食べやすいんですよ〜 他の飛行機だといつもトレイがテーブルいっぱいで毎回窮屈な思いをしてるのに、やっぱり座席の幅が広いのかなぁ?

個人的にはこの機内食の食べやすさだけでも、エア・カナダを推したくなりますv だって、エア・カナダに乗ると胃腸の調子が良くなるんだもん(笑)


◆気になってた座席スペースですが、カルガリー行きは少し小さめで昨年乗った飛行機よりは足元が狭かったです。でもやっぱり幅はあると思う。そしてカルガリーからオタワに向かうときの飛行機は更に小さく、1列が左右合わせて4席しかないのですが。

何と、最初に乗った国際線の飛行機より足元がすごくゆったりしてました! 機内は狭いのに、一人当たりの空間は広いという。。。素晴らしいです^o^ おかげで足下に重たいボストンを置く余裕があり、こうして無事iPadも使えてるというv

前の飛行機ではこのバッグを置くと足の置き場がかなりツラくなりそうだったので、おとなしく棚に入れっぱなしにしてました。同機は満席で棚スペースの激しい奪い合い状態だったので、入れられただけマシだったんですけどね。(この競争があるため、搭乗はなるべく早くすることにしてます^^;)


◆にしても、成田もカナダも空港暑いよ‼︎‼︎! カルガリー空港なんて、半袖Tシャツで平気だよ! いや今乗ってる飛行機もそうなんだけど! 国際線の方は薄手ブラウスにあったかめのセーターで丁度いい適温だったのですが。

現地仕様の服装で行くから、空港内が暑いと本当に困ります。一昨年札幌全日本に行ったときはバリバリの防寒装備で行ったので、羽田空港内のあまりの暑さに泣きそうになりました… 色々トラウマになったので、今回ダウンは折り畳める超軽量のショルダーバッグに突っ込んで手荷物として持ち歩いてます。抱えてたり着ているよりは、はるかにラクです(苦笑)


◆カナダの入国目的を聞かれて、「フィギュアスケートの試合観戦です」と答えたところ、「スケーターかコーチ?」と聞かれました。

『スケオタあるある』のネタにもありましたが、スケートの試合を観るためにわざわざ海外まで出向いてくるというのは、一般人?にはあまりイメージが湧かないのでしょうかね(笑)


◆入国審査を終えて税関を通る際、申告するものがあるのにうっかりカードの記入を間違えてしまったようで、カードを渡しても何も言われずスルッと通されてしまいました。

カナダは贈答品の免税額が60$までなので、それより高いプレゼントの場合は申告する必要があります。で、出口に向かう途中でやっぱり変だと思い、引き返して事情を話し価格もちゃんと伝えたところ。

何かどうでもよさげに応対された挙句、「次からはちゃんと申告してね! 今回はいいよ!」みたいなことを言われてあっさり解放されたのでした。

何てアバウトな…

もしかして、既に束ねてしまった回収済みの申告カードをチェックし直すのが億劫だったから厄介払いされたのでしょうか(苦笑)(でも私の後に税関通った人なんて、せいぜい2~3人だったと思う^^;)


◆無料で預けられる荷物は、23kg以内。

ロンドンワールドのときは、持ち込み手荷物もそれなりに多かった筈なのですが、それでもかなりギリギリでした。

今回はスリム化を心がけたものの、寒いところに行く&場所によって温度差が激しそうな都合上、衣類はあまり減らせず。加えてプレゼントが少ーし重めだったり、普段は預け荷物には入れてない重めのアイテムを入れたりもしていたので、スペースに余裕はあったものの、前回より重いかなと超過料金の支払いも覚悟してました。

でもいざ重量を見たら、18kg超で済んでました。

少しだけ、旅のスキルが上がったと思ってよいのでしょうか(笑)

個人手配でソチ五輪に行く知人が「ロスバゲがイヤなので、機内持ち込み手荷物だけで行く」と言ってたのをすごく羨ましく思い、自分には到底無理ながらも、一応最低限の努力くらいはしてみようと思ったのですよね。

ホテルの備品に確実に電気ポットがあれば、もっと荷物減らせるんですけどね~~ スケート観戦後は時間が遅いので早く着替えて部屋で休みたいというのもあり、お湯を沸かして粉末スープやフリーズドライ食品をまったり食べることが多いもので。。。

ホテル内の食事処も閉まってるような時間だし、外で食べるとお金がかかるというのもあるし^^; 、時間が遅くて1人だとどうしてもそうなりがちですね。普通の観光旅行のときは夕食の時間もそこまで遅くならないから、そんなことはしないのですが。遠征先が国内の場合は、コンビニ弁当という選択肢もあり。

話戻して、ソチはそんなに寒いところではなさそうなので(同時期の東京よりは暖かいらしい)、何とかして少しでも荷物を減らしたいところです。。。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


しかし、明日本当に生ケヴィンが観られるのか、まだ実感が湧きません…

この半年の消息不明(いや、ポツポツと露出や目撃情報はあったのですが)のせいで、何だか自分の中ではケヴィンがツチノコのような幻の生物に思えてきていて(苦笑)


関連記事

準備中

年賀状作業が終わったその晩に、発熱してしまいましたorz

疲労からきた風邪かなぁ… ついでに、馴染みの理容室に顔剃りに行った際に振舞われたコーヒーを空腹なのについ飲んでしまい、モロに胃腸をやられたことも地味に追い打ちをかけました↓

かといって出発前の買い出しその他の予定を先送りにするワケにもいかず、午後まで休んでからあちこちで用事を済ませてきました。目下のところ、体調管理が綱渡り状態です;;

以前は一晩で効いた漢方系の栄養剤が、最近は効かないんですよねぇ…年なのか(涙)

こんな状態で荷造りがまだ全然終わってないので、次の更新はカナダからになるかもしれません^^;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

顔剃り(字義通りだと何かコワイけど、「顔の産毛剃り」だと何か長いし;;)に行った理容室、かなり年配のお母さんと息子さんでやっているのですが、実はここの娘さんのご一家がカナダ在住なんですよね。

で、シェービングの傍ら、色々カナダの話もさせていただきまして。

この方たちがカナダで経験した最低気温は、何と-38度だったそうです^^;

でも、「着いた日はすごく寒かったけど、すぐ慣れて犬の散歩に出かけるようになった」とか何とか。おおそれなら、-15度でも何とかなるかな!と(笑)

あと、エア・カナダは昔よりは広くなったけど、広さは今でも機種に依るよ、とも言われました。

まぁよく考えれば当たり前のことなのですが、前回と今回でロコツに違ったらイヤだなぁと思い帰ってから調べてみたところ、行きは端ブロックが2席、帰りは3席の機種になっていました。座席の幅は後者の方が1cmほど広いようです。

ちなみに行きはカルガリー経由、帰りはトロント経由です(カナダナショナルの会場はオタワの周辺地域ですが、オタワへの直行便は無い) 確かにトロント発着便の方が大きい機種使いそうですよね(笑)

今週後半のオタワは日によって寒暖に差があるみたいで、防寒を考えるのも面倒です。。。席がリンクに近いのでロンドンワールドの時よりは寒いかなーとは思うのだけど。暑がりで、冷え性でもなく、荷物を少なく出来る人が羨ましいです(TT)


関連記事

年賀状終わったー!

やっと、やっと、年賀状制作&投函が終わりました。。。

特にこの年末年始、空気が乾燥しているせいか喉をやられたようで、作業に集中しようとすればするほど咳が出まくり、体力的にとてもしんどかったです(TT) おかげで、例年と比べてそんなに凝ってる絵では全然ナイのに、想定外に時間がかかってしまい色々とダメージがorz

カナダ行きの準備、まだ何もしてなぁあぁあぁーーーーい!!!(泣)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今年も例年通りオリジナルというかマイキャラを描いたのですが、つくづく

ケヴィンを描くときと比べて、モチベーションが違いすぎる

と痛感しました^^;

時間に追われてるというのもありましたが、陰影ひとつ描くのも億劫で億劫で(爆)

何を描くときにも、その時々で一番好きな対象を描くとき並みのモチベーションが持てたら、今頃もっとずっと上手くなってただろうなぁとしみじみ思う(苦笑)

ちなみに描いたのはペアのキャラ。願望もこめて日本人のペアなのですが、男子は思いっきり金髪ですv(いや染めてるだけですけども)

年賀状イラストではアイスダンス、女子&男子、ペア…と描いてきましたが、男子だけまだ全身ポーズで描いてません。なので来年は描くぞ!…と思って、干支は何だっけと考えたところ。

……ヒツジ……

男子シングルで羊プロって何かあったっけ… コスチュームの素材も、ウール100%とか無さそうだし^^;

女のコなら羊ガールコスとか可愛いだろうけど、それだと男子はオオカミだよなやっぱり(笑)


関連記事

つぶやき

◆『ケータイ大喜利』の新春スペシャルで、

「男子フィギュアスケート『この選手、応援する気になれない…』 その理由は?」

というお題をドキドキしながら見ました。

大喜利ですから、基本的には「そんなんあるかい」ってネタを持ってくるワケなんですけど

もし普通にあり得そうなネタだったらどうしよう

と…(苦笑)

ホラ、フィギュアスケートって、一般人(特に男性)とは色々と感覚の違う世界ですから(お洋服とかお洋服とかお洋服とか)、世の人にとってあり得ないことが、この世界ではあり得ることだったらどうしよう、みたいな^^;

結果的には、それほど面白いネタもなく終わりました。ちなみにウケてた答えは、「トリプルアクセル!」とかジャンプ名叫びながら跳ぶ、というもの。

さすがに少年漫画や男子アニメではお馴染みのそういうのはないでしょうが(かつて少年ジャンプでは「技名を大声で言わないと負ける」とまで言われた漫画もあった)、でも転倒後に「この野郎!」と叫びながら3A-3T跳んだ人なら実際にいましたね(苦笑)


◆皆さんは、初夢はご覧になりましたでしょうか。

私は元旦は明け方に就寝したのですが、珍しく目を覚ました瞬間何も覚えてないほどぐっすり寝られたみたいで、初夢の記憶ゼロ。

今日起きたときも同じような感じでしたが、今度は目覚める直前まで考えていたことを少しだけ覚えてまして。

「(ブログでは)ポゴリラヤと書くべきか、パゴリラヤと書くべきか」で悩んでました^^;

新年早々、平和です。


◆暮れにアップされた木原くんのブログ見て、噴きそうになりました。彼のネタはいつも、男の子全開で微笑ましい(笑)


◆スケートの話ではありませんが、ここ数日Yahoo!のトップニュースを見るときは緊張しています。

スキー中の事故で昏睡状態に陥っている元F1レーサーのシューマッハ氏の容態がどう変わっているか、心配で…

むしろ名前が載っていない方が安心するくらい↓ 名前の次に来る文字が新しくなってるんじゃないかと、ものすごく怖くて。。。

私がどのスポーツでも(勿論フィギュアスケートでも)ダークホースポジションに惹かれることを初めて自覚したのは、マンセルやセナと戦っていた頃のシューマッハに出会ったときでした。

ダークホースというよりは、「王者に牙を向いて襲いかかる血気盛んな若手」と言った方が的確かな。3〜4番手で、でもうまくいくとトップとれることもある…みたいなポジションが、個人的には一番応援のしがいがあって大好きなのですよね。

その意味で、ニースワールドシーズンの羽生くんや昨季後半のケヴィンは私のツボど真ん中ストレートでした。そういう選手たちに出会う度に、私はシューマッハのことを思い出すのです。(実はシューマッハが絶対王者だった時代にはもうF1を観てなくて、それ以前のいつ勝つかわからない彼を応援してるのが好きだったんですね)

どうか目を覚まして快復に向かいますように(>人<)

沢山の方がコメントしているように、セナが見ているなら追い返してもらいたいです…!


関連記事

新年早々(笑)

あけましておめでとうございます(^o^)

旧年中はご愛顧どうもありがとうございました! 本年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


年越しに観たプロは、やっぱり四大陸のマテューでした。

でもちょっとこだわりがありまして、この場合はBS放送版一択。2013四大陸男子FSの映像の中では、私はこのBS版が一番好きなのです。

理由は会場音(歓声)が現実に近い大きさで収録されていること、地上波ではカットされていた(ケヴィンファン的に美味しい)実況が入ってること、そして何よりも、バックヤードで目を閉じて1人静かに優勝をかみしめているケヴィンの映像があるから▽

この映像は本当に、よくぞカメラに収めてくれた!としか言いようがないほど嬉しかったです。喜びを爆発させるでもなく、本当に「心の奥でかみしめている」という感じの"微"表情。ケヴィンの大好きな映像は数え切れないほどありますが、「この瞬間以外には絶対に見られない表情」というレア度において、私にとっては2013年のベストと言えるかも。

というワケで、年越しの瞬間に観てたのはこのときの1人静かケヴィンだったのでしたv

この映像以外でも、演技終了後のケヴィンのインタビュー映像やプレカン映像って好きなんですよね。本番の演技を終えた後のケヴィンって、「穏やかに脱力してる」みたいな特有のほわんとした表情をしていて(ニースワールドのFSの後は凜々しかったけど)、それがいつもすごーくお気に入りなので。

そして年明け最初に観たプロは、「Hungarian Rhapsody」でした。

国別の4-3-2も捨てがたかったのだけど、やはり「五輪とワールドでケヴィンのエキシが観たい!」という希望の方がより強かったので。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ここのところ目新しい情報がないからとケヴィンの話題は抑えがちでしたが、今月からは話題も出てくると信じて全開で行こうと思います(笑)

ナショナルのエントリーで名前を確認したときは、出場すると確信してはいたものの、やっぱりほっとしましたね…(つ▽T)

まずは、ケヴィンが良いコンディションでナショナルに臨めますように、FSが素敵プロでありますように。


関連記事

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。