Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

オランダvsメキシコ

オランダに残って欲しいとは思ってたけど、ロッベンのダイブは…あのPKは…

あれをとるなら、もっと前の段階でとっていい場面あっただろーが…

メキシコ、本当に強かった! もうこれでオランダ敗退かと思ったし;; チリ同様、本当に負けて去るのが気の毒なくらいでした。オチョア今日もキレキレだったし。

そして終盤になってもメキシコのプレスはすごかった。オランダがボール持つとあっという間にわらわらっと寄ってきて、観てるだけでも怖かった(笑)

でもあんな時間からでもしっかり追いついちゃうところが、オランダの強さだな~というのも改めて思いました。スナイデルのミドルものすごかった…すごかったのに、ちょっと視線をそらしてたときに決められて観損ねましたorz

CKからのセットプレイになってるときに見届けない自分が悪かったのですが、だってずっとセットプレイ上手くいってなかったんだもの~~~(つД`)

決勝T初戦は、2試合とも「あああああ、どっちかが負けて消えるなんて勿体ねえぇえぇえ!!!」…と叫びたくなるような死闘続きで、観てるだけで消耗(苦笑) この先毎回こんなの観てたら身が持たないかも^^;

実況解説はこのくらいのトーンがいいなぁ。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

決勝Tは全試合観たいのに、やっぱりこの時間はキツイです(TT)

一昨日から一睡もしてないので、コスタリカvsギリシャは諦めます… でもフランスとスイスは今度こそ観たい… 勿論ドイツとアルゼンチンも…


関連記事

orz

下の記事をUPした直後に、ネイマール負傷を知る…orz

確かに心配になるような感じのファウルがあったんですよね…「あああ、ケガしてない?ケガしてない?(・・;)」ってすごく思ったんですけど…

突破力のある選手にはつきもののリスクとはいえ… つか、ただでさえチリ戦の消耗はすごそうだったからブラジル次ヤバくない?と、かなり心配してたのにいぃ(TT)

今大会は開幕前から大物選手のケガが多かったと聞いてますが、開幕してからはもう要らないよ~頼むよサッカーの神様~~


関連記事

ブラジル ベスト8進出

ネイマール、良かったねえぇぇえぇえぇえ(T▽T)

メキシコ戦もそうだったけど、もう心臓に悪すぎたよ… 次も南米チームとの対戦というのがちょっと心配。

昨夜突然体調が悪くなり、その状態のまま我慢して試合を観ていたのですが、もしこのまま硬直状態が続くようならPK戦が決まった時点でTVの電源を切る、と決めてました。

試合では負けなかったのにPK戦でブラジルがベスト16敗退になったりしたら、そしてそれを目の当たりにしてしまったら、もっと具合が悪くなりそうだったのでorz(今日は【DOI】の楽公演だったから、これ以上の体調悪化は避けたかった;;)

私はもともと開催国応援する派で特に今回のブラジルのようなケースは応援したくなります。加えて、試合ごとにネイマールがより好きになっていたので、「ベスト16は何としても突破してえぇえぇーーー!!!」と思ってました。

チリも勿論素晴らしかった。今大会、強豪国とやりあったいくつかのチームには本当に感動させられています。

でも私はネイマールをもっと観たいんだ~(><)

ブラジル代表のプレッシャーはもう計り知れないレベルでしょうが、そう思って見ていると彼のメンタルって強いんだなぁと。

正直、メキシコ戦でドローになったときからブラジルの決勝Tに関してはヒヤヒヤせざるを得なかったので、今日出かける前までネットで結果を確認するかどうするかすごくすごく迷いました^^;

最初Yahoo!のトップ画面で跪いて泣き崩れてるネイマールの写真を観たときは「あああああ(><)」と思ったのですが、一瞬のちに見たコメントは何か予想したのと違っていて…

ほっとしました_ノ乙(、ン、)_

PK戦の最後を決めてくれたというのを知って、すごく嬉しかったです! 彼のメンタルの強さは運も引き寄せたのかなと思ったり。(実際PK戦は運に左右されるババ抜きだと思うし)

ブラジルがどこまで行けるかはわかりませんが(ブラジル国民も結構シビアに今回のセレソンの実力を見ているみたいです)、1試合でも多く進んでくれたら嬉しいです。

ただもし願望通りに決勝Tが進んだら、準決勝であたしのドイツと当たってしまいますけども…↓

実は、ドイツもちょっとヒヤヒヤしながら見てます^^; ガーナもアメリカもいい戦いしてたしねぇ。

日本戦の翌日なので寝不足解消のためにずっと観れてなかったフランスも、若い戦力が多く結束力もあるそうで気になってますが。

最後に。
私はブラジルを応援していますが、ブラジル寄り過ぎる実況解説は不快です。ブラジルTVの解説を聞いてるワケじゃないんですから。

他の強豪国の試合にも言えることですが、特定国のサポーターの立場でない以上、プロの仕事をして欲しいと思います。


関連記事

分析その他についての雑感

日本在住の外国人記者による、日本代表の敗因分析記事を読みました。

客観的で的確で簡潔明瞭。だからこそ、本来(サッカーに限らず)当たり前に読みたい内容の記事でした。

酷評や悪口と、冷静な分析は全く違うと思います。どれだけチームや選手を愛していようと、長所も欠点もわかっていたら、沢山の比較対象がある以上冷徹な現状分析は出来る筈ですよね。

単純に勝ったか負けたかだけに焦点を当ててたのでは見えないものもあります。五輪などの大きな大会でよく「○○で○位だったから」メダルが期待出来る、とみたいな煽りを見かけますが、具体的に

「どういう性質の試合に、どういう内容で勝ったのかor負けたのか」

を理解していたら、本当にメダルが期待出来るのかどうか、ある程度シビアな見立ては出来るんじゃないかと思います。

そういう当たり前の分析を目にする機会が必ずしも多くないことをフィギュアスケートにハマって実感したときは、とても残念に思いました。五輪シーズン終盤には以前と比べると大分マシになってきたなとは思いますが、ただそれも勝てる選手の勝てる要因分析からのアプローチだったので、逆パターンはまだ期待出来ないかな…

結果が出る前は応援記事に終始しちゃうのは仕方ないのかなとは思いますが、競技自体に興味があって個々の選手やチームが「(贔屓や心情に関係無くシビアな客観的事実として)全体の中でどうなのか」ということに関心のある自分にとっては、専門ライターの書く記事でもドリーマーに思えてしまうことはありますね;;

今大会の日本代表の結果は、自分としては「一進一退を繰り返す発展途上の一場面」という位置づけなので、持ち味が出し切れなかったことは残念でしたが、すごく悔しいというのはなかったです。

自分がサポーターと呼べるような立場ではなく傍観者レベルの「W杯のライトファン」だから、というのも勿論大きいですが、傍観者でW杯(やその予選)くらいしか観ないからこそ、すんなり「W杯はすごく厳しいんだし、(これまでのW杯にまつわる過程を思えば)まだまだこれから。今回ダメでも次また頑張れ」と思える、というのもあります。

そもそもフィジカルや決定力の面で色々後れをとってる日本が、プレースタイルを方向転換してから4年でW杯ですぐ結果が出せなくても、それ自体にガックリする気には(傍観者としては)あまりなれないのですよね。

特に、私が最近スポーツにおいて「悔しい!」と思うのは、本人たちの実力・努力・コンディション調整 以外 の部分で結果に少なからず影響が出た(勝敗や順位はともかく、イタリアvsウルグアイ戦みたいなアンフェアなジャッジとかケヴィンの靴問題みたいなのとか)と感じるときなもので、尚更に^_^;

だから海外記事の「日本にはがっかりさせられた」というのを見ると、「期待してもらえるような4年だったんだ」と結構ポジティブに捉えてしまうんですよね(苦笑) 短期決戦の本番で結果を出すことは実力者でも簡単ではないのだし、過程の段階から全面否定されてるよりはずっといいんじゃないかと。

ただ敗因分析はしっかりやって、4年後の糧にして欲しいとはすごく思います。何か、ドイツの後も南アの後も総括がうやむやにされた、という記事を見かけたので…

「優勝を目指す」とかいうのも、(やっぱり傍観者的な意見かもしれませんが)私は別にいいと思うんですよ。競技が違うから単純に比較は出来ないものの、自分の立ち位置がどこだろうと相手がどれだけ強かろうと、常に勝つことしか考えずにものすごい勢いで進化して五輪の金メダルを獲ったアスリートをこの目で見てきたので、(たとえ時に空回りするとしても)「絶対に勝ってやる」という気持ちの強さはあった方がいいと思ってます。

なのでビッグマウスを反省するより、優勝を目指す気持ちが(勝敗は別として)現実のプレーに結実し切れなかった原因の方を分析して、この先の成長に繋げていって頂きたいと思う次第です。


今回読んだ記事の中に、「W杯は自分たちのスタイルの発表の場ではなく、国の期待を背負って国民に夢を与える場だ」という言葉がありました(正確な再現ではありません)

色々、考えさせられましたね~


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今回ネットでW杯の色々な感想を読んでいて、サッカーのようなメジャースポーツの世界でも(いやメジャースポーツだからこそ、か?)、私がフィギュアスケート周辺を見て感じるのと似たような不満や問題ってあるんだなーと実感しました。お金にまつわるジレンマとかね。

なかなか興味深かったです。

あと海外の記事を色々読んでみて、フィギュアスケートの大会でも海外の(自国選手の結果メインの事実報告系ではなく)専門ライターによる選手全般の総括・分析記事(あるのかどうか知りませんが)が読みたい!と激しく思いました。

日本の記事では読めない類いの、「当たり前の客観的事実」が読めそう。日本はその手の翻訳記事は出してくれないだろうから、存在したとしても自分で探しにいかなければなりませんが^^;


関連記事

久々にいろいろ

◆ケヴィン、スケカナとN杯にアサインされてめっちゃ喜んでる~~Facebookの言葉が、最上級の歓喜だ(笑)

本人的に、これ以上無いベストな組み合わせなんでしょうね。どっちもホーム(笑)

最近、(振付を除いても)年2回以上は来てますよね。日本人複数と写真撮ってもケヴィン1人がピースしてたりするし、ますますジャパナイズ化が進みそう。

でもその前に何より、どうかドンピシャな靴来て-----! もう、それだけがひたすら気懸かりだよ(>人<)

ケヴィンにとって最高のアサインだったし、来季は昨季の分を取り返すくらい彼に運が巡ってくると信じたい。


◆織田くんのツイ写真vvvvvv(大笑)

これ、やっぱりファンからのプレゼントなんでしょうか。いずれにしろ、作った人GJ!

にしても羽生くん、おめめぱっちりんこは1週間渋るのに、こういうのはOKなのか。ノリノリではないですか(笑)

こんな写真が見れるなら、織田くんにはこれからも是非TVでぶっちゃけていただきたいですねぇ。今後もショーで一緒になることは多いだろうし、ただでさえ織田くんのツイは注目なのに、ますます目が離せないv


◆今朝書きそびれてましたが、GPSのシングル、12人に戻ったんですね。新顔もかなり増えたし、いいことだ。

ほんと、欠場だらけで寂しくなること多かったですもんね~ ペアとダンスは変わってないけど…


◆今季は生でペンジャンが観れなくて残念~ でも中国杯トップ獲って!…と言おうと思ったら、ヴォロトラがいるのね^^; しかもアサインの2戦とも…

川スミ、昨季は本当に本当に残念だったけど、来季は頑張って下さい! NHK杯、楽しみにしています。


◆来季はSDがパソドブレなんですよね~楽しみ▽

ジガガジがランビ振付というのも楽しみです。しかし、あの3人の変顔写真笑いました…ネッリさんとランビは普通にアヒルなんでしょうが、ガジさんが何かひどく独特で強烈だった(笑)

ロステレのシニカツとイリジガ直接対決も楽しみ。パパシゼのナハロさんのフラメンコも超楽しみ。

そしてウィバポジェには、ロシア勢に負けず天下を取って欲しい。素敵プロ待ってます!


◆今年の秋はのどかに過ごせると思ってたのに(スケカナは5月中に手配完了)、NHK杯チケ争奪参戦でその期待は砕け散った…(苦笑)

出来れば9月は、のんびり過ごしたかったよ…^^;


◆あ、アサイン発表されたから、もうすぐ【JO】(と【CaOI】)の先行案内が来るのかな。

そういえば、【MWO】はその後どうなってるんだろう。


関連記事

2014GPSアサイン決定

◆あ"あ"あ"あ"あ"あ"、NHK杯にケヴィン来る-----!!!

今年こそはNHK杯とは無縁に心穏やかに過ごせると思ってたのに、何てことでせう。。。いや、日本に来てくれるのは嬉しいんだけども、出来ることならNHK杯以外の大会でお目にかかりたいなと(今季はないけどね)

にしても、わざわざ最終戦にいらっしゃるとは…やっぱり日本の試合に来たいのでしょうね(笑)

とりあえず、ホテルだけは押さえておきました^^;

だけど日本は、チケ高いんですよねぇ… スケカナなんて、リンクサイドの通し券が2万もしないのに。

アボは来るかどうかわかりませんが、来てくれたら嬉しいですね。でも、どうだろう。

スケカナは、ケヴィンとハビとミハルとアーロンが揃ってる~~わぁいY(^^)Y これであとリッキーが入ってたら言うことナシだったのに……惜しい。でも2種クワド祭り、思いっきり期待v(私は4T単発より4S&4-3が好き)

ともあれ、今年こそケヴィンがGPSの表彰台に乗れますように(-人-) スケカナならケヴィンが何位でもEX観られるけど、でもでもやっぱり、地元枠以外でその権利を勝ち取って欲しい!


◆羽生くん、大気汚染の中国杯で大丈夫なのか…と思ったけど、むしろワールドが上海だから、慣らしておきたい&戦略なのでしょうか

中国が熱烈に招待したがってただろうことは、容易に想像出来ますけども(笑)

コフトゥンがロステレに出ないのは意外。

ロシアボーイは、ピトキエフとコリャダがシニアデビューするのね。楽しみ~


◆リプ・ラジオ・遙ちゃんは、スケカナにもNHK杯にも来ないのね…誰か1人は観たかったなぁ(>_<)

あと、セザリオ1枠になっちゃったのね…米女子も人材多いから大変だなぁ。米女子って8~9人(TBDに1枠の選手が入るのかまた別の選手が入るのか不明)で、露女子の7~8人より多いのね^^;

日本女子は5人+TBDで、1人しか出ない大会が3つもありますね。NHK杯のTBD枠は、理華ちゃんと雅ちゃんの一騎打ちなんでしょうか?

ちなみにNHK杯の女子は、日米露が3人ずつなのね。固まってるなぁ(笑)


◆マルティネスくん、スケアメに来るんだ~~TV観戦だけど、楽しみ▽


◆ウィバポジェとジガガジがスケカナとNHK杯だ~~~ ジガガジのEX、日本で観たい観たい観たいよぅ…

パパシゼはどっちも当たらなくて残念↓ でもシニカツがNHK杯に来るのね♪


関連記事

五輪柄

ソチ五輪で使われたエスニック柄のパッチワークキルト模様。この柄がもうとにかく好きで好きで好きすぎて、色々と作ってしまいましたv

handmaid_sochiset.jpg

▼コースター

sochi_coaster.jpg

ソチで買って来たコースターはお気に入りなのですが、マスコットキャラがメインなので、パッチワーク柄メインのものも欲しいなーと思い制作。

円形のチップボード(厚紙)は切り出すのが難しかったので、色々上手くいかなかった部分も;;

UTEEというエンボスパウダーを使って表面をクリアエンボスし、防水加工にしてあります。

Sochi_coaster1.jpg

表側は、ソチで買って来たトランプのパッケージに印刷されていた柄を使いました。このパッチワーク柄のデザインには色々パターンがあって、この余白部分に向かって消えていくものは特にお気に入りです。意外に見当たらないので、たまたま買ったグッズの中にあって嬉しかったです(´∀`)

右下に雪の結晶のダイカット(切り抜き)を貼ったのは、作業の過程で余白部分が少し汚れてしまったのでそれを隠すため。平らではなくなりましたが、この程度の厚みなら、上にカップやペットボトルを載せても影響はありません。

Sochi_coaster2.jpg

裏側は、トランプの裏面の全面柄を使ってます。トランプ、大活躍!(笑)

コースターはいずれも所々ミスっていて不良品なのですが(苦笑)、最初に作った六角形の方が触感的にはうまくいったので、気に入ってよく使ってます(・∀・)


▼Artist Trading Card (交換して楽しむハンドメイドのカード。守るべきルールはサイズのみ)



イベントが近かったので、スタンプアート仲間との交換用に作りました。

背景は、コースターの表面と同じ。

チケットは、ソチで私が実際に使ったものをPCに取り込み、エンベリ(飾り)として加工しました。(アップの画像なので席番号の部分は消してあります。まぁ映像には殆ど映らない位置でしたけど(笑))

スタンプは2カ所に使っただけで大して目立っていないので、スタンプワンダーランドで交換するのにはあまり適してなさそうなのが心残りです^^; でもこの五輪柄の雰囲気を大事にしたかったので、あまり普段使ってるようなスタンプアートの加工テクではいじりたくなかったんですよね~

ちなみにスケオタではない一般の方との交換用に作ったカードなのでメダル部分を金にしましたが、自分用に作る場合は絶対に(本命が獲得した)銀にしますv


▼チケットホルダー

sochi_ticketholder.jpg

ネックストラップは、偶然ネットで見かけて入手。

チケットホルダー部分はソチの宿泊で利用したツアー会社から提供されたもので、ホルダーのサイズに合わせて台紙を作りました。デザインは、コースターの表面やATCの背景と同じです。

このチケットホルダーは五輪チケットのサイズには丁度いいのですが、普段使用するチケットには大きすぎる(何より五輪のネックストラップと併せて使うと長すぎる)ので、別のホルダーも用意しようと思ってます^^;


▼しおり

Sochi_bookmarks.jpg

一番左の柄は、他のグッズも使ってるものと同じ。真ん中は、トランプ裏面の全面柄。

左から2番目の1枚と右の2枚は、ソチ空港で買ったスウォッチのケースの柄を使いました。スウォッチ自体は青と赤のヴァージョンしか無かったのですが、一手間かけて緑ヴァージョンも制作。

緑のモザイク柄はバラバラなパーツ状態でしかゲット出来なかったので、サイズ調整しながら繋ぎ合わせ、何とかこのしおりのデザインに当てはまる大きさにすることが出来ました。

いずれの柄もネットから普通に拾える画像だと解像度が低くて使いづらいと思うので、使える画質の素材が揃ったのは運が良かったと言えます。五輪期間中は入手出来たけど今はもう出来ない画像もあるようですし、これから集められるかどうかは不明。

しおりは量産しやすくて沢山作ったので、周囲の人たち(スケオタに限らず、この五輪柄がお気に入りという方や、しおりをよく使う方とか)にバラまいてます。

ちなみに、自分ではまだこのしおりを使ってません。
お気に入り柄をこれでもかというくらい使いまくってすっかり満足したのか、今ではソチ五輪柄熱はすっかり落ち着いたもよう(笑)


関連記事

交換していただいたATC



△スタンプワンダーランドで交換していただいたATC+α

1回のイベントでこんなに沢山ATCをもらえたのは初めてです! 頑張って、ATC作っていった甲斐がありましたぁ(/▽;)


※以下、ショップやブログのURLがわかっている方については、お名前のところにリンクを張ってあります※

2014sw_trade_atc1.jpg

△アーティスト&ショップ店長さんのATC・その1

上段2枚:spspさん
とてもspspさんらしいATC♪ 私も孔雀モノは大好きです(・∀・) 自分の手持ちの色材ではこういう背景カラーは作れないので、いつも憧れます… でも色を揃えようとすると高いんですよねぇ^^;

下段左:co-sa/chalkさん
chalkさんのオリジナルスタンプ、シルクハットと小鳥。基本的に鳥さんと帽子の組み合わせはお気に入りの図柄なのですが、これは構図もいい感じです♪

下段右:Tiny Dots/松島さん
こちらも鳥さん。切り絵・影絵風の図柄のスタンプって独特の雰囲気がありますが、私は持ってないんですよね。ベタベースのスタンプは線画系のスタンプとは違う使い方が出来るので、機会があったらゲットしようかな~


2014sw_trade_atc2.jpg

△アーティスト&ショップ店長さんのATC・その2

上段左:Ciao*Carina/リナさん
リナさんの作品は、配色・センス共にいつも「真似出来ないなぁ~~」とつくづく思ってしまいます。ATCは女性とワンコの2択だったのですが、ワンコの方がリナさんらしいと思ったのでこちらに(笑)

上段右:すたんぷえん/トチハラさん
gumiさんのオリジナルスタンプ、キュートなギア・シーホースを使った涼しげな作品。使用してるグラデーションインクは、Watercolorのティアラでしょうか。この配色大好きですv

下段左:nikoさん
私も持っている薔薇のフォトスタンプ。紙の地色が赤いとバッチリですね~~まだ未使用なので参考になりました(・∀・)

下段右:gumiさん
メカ・カメカメが可愛すぎる~~~♪♪♪
すぐ上のギア・シーホース同様、ギア物大好きgumiさんのオリジナルスタンプですが、細工の仕方はさすが! gumiさんの作品はいつもカッコよくて素敵です(´∀`) ブルー・グリーン・ブラウンの3色があってどれもシックで好みだったので、選ぶ際はすご~~~く悩みました(苦笑)


2014sw_trade_atc3.jpg

△spspさんの講習で馴染みになった方々

上段左:nao♪さん
よく見ると、金フチ部分にはひび加工がしてあります。シンプルそうでも一手間かけてるところはさすが。背景はインカゴールドでしょうか。綺麗~

上段右:YO!さん
ワンダーランド前にブログで拝見していた、背景地がペーパーナプキンのATC。スタンプ柄の組み合わせ方とインクの配色が個人的に新鮮で「これ欲しいな~」と思っていたので、交換出来て良かったです^^

下段左:Micoさん
こちらも背景はインカゴールドでしょうか? 配色もスタンプのレイアウトの仕方も私には浮かばないスタイルで素敵だったので、勉強になりました♪

下段右:RIEさん
マルチカラーのバックグラウンドのATCは、選択肢があるときはどの色合いのものをいただこうか、すごく迷います。基本的にマルチカラー自体が好きなのでv


2014sw_trade_atc4.jpg

△ワンダーランドでご縁のあった方々

上段左:ペペロンチーノさん
交換用ボードからいただいたもの。右上部分の背景部分はどうやって作ったのか、すごく気になってます。この方の他の作品も拝見しましたが、人物絵と黒の使い方がとても私好みでした^^

上段右:emikoriさん
パーツが多くてポイントもしっかり決まってるコラージュ系作品は大好きです▽

下段左:のーりーさん
背景をどうやって作ったのか知りたいです~ スタンプ柄も、配色も好み!

下段右:ゆきのじょうさん
ただの足跡じゃなくて、骨?なところが楽しいですね♪ 色々使い方を考えたくなります(笑)


2014sw_trade_atc5.jpg

△組み合わせ

上段:kijiさん
今回いただいた中で、唯一の横置きタイプ。
ATC交換は初めてだそうですが、幻想的でとても綺麗です▽ 写真が小さくてわかりづらいけど、惑星がいくつも並んでます。カエルさんが乗ってる一輪車の円と相似形のリピートになっていて、不思議な効果が出てますね。

下段:講習でよくお会いする方なのですが、お名前を確認してませんでした~すみません;;
ATCは作ってないので代わりに…ということでいただいた、ATCが貼れるサイズのミニアルバムです。


2014sw_trade_atc6.jpg

△上下2枚:Lioさん

上の1枚は、初日に交換用ボードからいただいたもの。カラフル作品大好きな私のハートを見事にとらえてくれました♪ 下は、2日目に交換用ボードの前でたまたまご本人とお会いすることが出来て、直接交換させていただいたもの。2枚ともとても私好みの作品だったので、作り手の方とお話出来て嬉しかったです^▽^


CC_ATCalbum5.jpg

CC_ATCalbum6.jpg

△ワンダーランドの講習で作ったミニアルバムに収納~~ 枚数が丁度良かったです!


CC_ATCalbum7.jpg

△中身いっぱいで、すっかり肥えました♪ 満足Y(^^)Y

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

次の大きなスタンプイベントは10月のスタンプカーニバルですが、スケートシーズンが始まっているので、今回のように沢山のATCを準備出来るかどうかわかりません^^;

シーズン始まる前(8月とか9月)に作っておかないとムリそう。でも、交換したいよ~~~


関連記事

G組終了

ドイツ、7大会連続GL首位通過、オメ!(^▽^) アメリカも決勝T進出オメ!

ドイツvsアメリカの前半、昨日のフランスvsエクアドル戦を観ているようでした^^;

ミュラーのゴールはすごかった! あのタイミングであの位置からあのコース決められたら、GKはもうどうしようもないですよねぇ。

でもアメリカもよく走るし速いし、プレスも守備もしっかりしていて観ていて好ましい。応援したくなるチームです。

両チームの監督は、いずれも元ドイツ代表。師弟対決とか親友対決とか言われてるそうで、アメリカ代表のクリンスマン監督はドイツを知り尽くしているから手強いよ、みたいな記事を大会前に読んだ記憶が。

フィジカル的にはどっちも強そう。日本は、アメリカと強化試合やってみたらいいんじゃないだろうか。

にしても、レーヴ監督もクリンスマン監督も、どっちもカッコいいなぁ(笑)


関連記事

W杯15日目

◆昨日スケオタでサカオタの知人から、「ブラジルW杯観戦に行って帰ってきました報告」をいただきました♪

日本の初戦とオランダvsスペインを観てきたそうで、試合結果以外は楽しい旅だったそうです。

…ああ、私のソチ五輪遠征みたいなものか…(苦笑)>結果以外は楽しかった

ちなみに3泊7日の弾丸日程だったそうです。昔バハマやグァテマラに行ったことがあるので、中南米方面への移動の大変さは理解してますよ~


◆アルゼンチンvsナイジェリア、打ち合いで面白かったですね~

でもメッシ…すごいなぁ。ナイジェリア監督の「彼は別の惑星、きっとジュピター(木星)から来た」というコメントは、ローマ神話の全知全能の神になぞらえてるんでしょうね。


◆フランスやスイスのE組の試合を全然観れてなかったのは、日本戦の翌日だから寝不足解消のため睡眠を優先してたせいだと気づきました^^; アルゼンチンの試合だけ観て力尽きてたという(苦笑)

今大会はフランスが順調そうで何よりです。若い戦力が多いそうで、無事世代交代が行われたのは良かったですね。日本も代表戦でもっと若手が観たいなぁ、と思ったり。

試合の一部始終は観れてないものの、E組で個人的にすごく気になってるのはスイスのシャキリ。トップスピードで突っ込んできて、GK正面ながら絶妙のコントロールでゴールの端に蹴り込むテクニックが素晴らしかったです!

170cmに満たない小柄ながら、バイタルエリアでDFのアタックをものともせず蹴り込むフィジカルの強さとボールキープ力を観て、「ああ、日本にもこんなFWがいてくれたら…」と思わずにいられませんでした(><)

決勝Tこそスイスの試合を観るぞ!と思ったら、次の対戦相手はメッシ擁するアルゼンチンなんですね;; 決勝Tに入ると、「あああ、ここでどっちかが消えるのかあああ!」という試合が次々と始まる^^;


◆今大会の結果を見る前から、アジア枠が何で4.5もあるのか不思議でした。南アで特別目覚ましく躍進したワケでもないのに、FIFAの興行戦略なのかなと。

次回の枠はどうなるでしょうね。他地域の力を考えると、1つくらい減ってもやむを得ない気もするのですが…


◆ドイツ紙に「コロンビアの2軍に惨敗した日本にはガッカリさせられた」という主旨の記事が載ったそうです。

その記事では「ドイツ紙が酷評」となってましたが、客観的事実を酷評ということにちょっと違和感を覚えました。

日本相手に10人で戦ってドロー、3戦目で起死回生の勝利をもぎとり決勝T進出を決めたギリシャの選手は、初戦の後自国の記者からそれこそ本当に辛辣な言葉で質問をされてましたよ。。。

むしろ複数の海外紙で「ガッカリした」と言われていたのを知って、「そうか、じゃあザックJAPANの4年間は海外から一定の評価を得ていたんだな」と思うことが出来ました。私の場合、代表の試合をずっと観てなかった(結果しか知らなかった)ため、GLの他の試合と見比べた上での相対評価しかしようがなかったもので…


◆ガーナ、何やってるんですか… 3戦目に決勝T進出がかかってるのに、内紛で選手2人が追放? 折角ドイツとドローに持ち込んだというのに、勿体無い…


◆G組って3戦目にして全チームに決勝進出の可能性が残ってるという、すごいことになってますね。ここも若干死の組状態^^; まぁ、ポルトガルは初戦の大量失点が痛すぎて限りなく可能性は低いですが…

う~~~ん、個人的にG組は4チームとも決勝Tに行って欲しいのでちょっと複雑です… 勿論ドイツ一推しですが、アメリカにも躍進して欲しいんですよねぇ。

ガーナはドイツ戦の健闘に心打たれたし、前回の決勝Tの敗退が対戦相手のウルグアイのスアレスのせいでものすっごく後味悪かったし。そしてポルトガルにも勝ち進んでもらってロナウド観たいし、あ~~~もう(><)


◆スアレスが9試合出場停止処分になってくれて、ほっとしました…

前回大会のハンドでゴール妨害は本当に気分が悪かったし(あれで得たPKをガーナの選手が外してしまったから尚更)、今回のイタリア戦のあのジャッジのアンフェアっぷりにも本当に腹が立ってたので、キッチリ処分が決まって良かったです。


◆3戦目になってから2試合ずつ同時刻開催になって片方しかリアルタイムで追えないのが悲しい(;_;)

G組の2試合、どっちも観たいよ~~


関連記事

ATC for STAMP WONDERLAND

全部ではありませんが、スタンプワンダーランド前に制作したATC。(過去記事にてアップ済みのもの含む)

ワンダーランドでの交換に使ったものと、サンプルとして手元に残したものとあります。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

Sochi.jpg

△ソチで実際に使ったチケットをエンベリ(飾り)として使ってます。

…そう言うと、皆さんそれなりに反応して下さったので、とりあえずほっ^。^;

このATCに関しては、後日また別記事で解説します~


2014ship.jpg

△ヒトデのエンベリとマリンストライプのトリムが少ししかなかったので、量産を断念した1枚(笑) 交換でもらわれていきました。

マリンストライプのトリムはワンダーランドで補充出来たので、またマリンな感じのATCを作りたいです♪


▽ひたすらに、バタフライシリーズ

2014s_bf5.jpg

もともとはひまわりのコラージュスタンプで作品を作りたかったのですが、捺してみたら黒インクがかなり薄くなってしまったので、背景として使うことにしてみました。

ステンシル柄を着色したインクの色や紙の色のせいもあってか、ひまわりの花びらがライオンのたてがみみたいな感じに見えたので、何となく熱帯とかサファリなイメージで。

ミシン目風のスタンプはかなりお気に入りで、立体感を出してよりミシン目っぽくするためにクリアエンボスしてあります。

2014s_bf1.jpg

2014s_bf2.jpg

2014s_bf3.jpg

ワンダーランドでは、前回からATC交換用ボードが設置されてます。欲しいカードがあったら、代わりに自分のカードを置けば自由に持って行ってよいという貴重なコーナー。今回は私も利用させてもらいました。

私がボードに置いていったのはサファリな蝶シリーズの中の2枚でしたが、どちらも無事もらわれて行きましたv

2014s_bf_blue.jpg

△バタフライシリーズ・青ヴァージョン。ピアノの先生が気に入って下さったようなので、差し上げる予定です。


2014summer_BG.jpg

△背景用として作ったものの、配色やレイアウトがかなり好みに出来たので手を加えたくなくなり、この状態で放置。


2014s_fish1.jpg

バタフライシリーズといい、このフィッシュといい、何か空間恐怖症みたいな作品ばかりになってしまったので、「次は図柄で埋め尽くさないATCを作ろう」と心に決めるキッカケとなった1枚です(苦笑)

1つ上のATCを背景だけで終わらせたのも、そういう意識があったからかも^^;

2014s_fish3.jpg


2014s_zebra1.jpg

△シマウマは着色したワケではなく、こういうタイダイ(むら染め)カラーの紙を使ってます。

背景はグリマーミスト。赤などを使ってはいますが全体的にくすんだ感じだったので、細かい柄のコラージュスタンプ(2つ上の画像のATCで背景に使っているもの)をアートニックのゴールデングリッツで捺し、クリアエンボスしています。

ゴールドのエンボスパウダーを使わずゴールドのインクをクリアエンボスすると、目立ちすぎることなく「背景地」としてのキラキラ感が出ます。金粉を散らした料紙みたいな感じになるところが、とても気に入ってますv

ワンダーランドで交換するつもりで用意したのですが、出かける直前にどこに置いたかわからなくなり持参出来ず。。。 お陰で、交換用ボードに掲示されてたATCですごく欲しかった1枚を、交換用ATC切れでゲット出来ませんでした(涙)

2014s_zebra2.jpg

同じような配色のシマウマとバックグラウンドを使っても、他に何を合わせるかで雰囲気変わりますね~ 1つ上の1枚と比べると、こちらはトイボックスの中身みたいな感じ。

量産用サンプルとして?、当分は手元に残しておく予定。


dinosaur1.jpg

△お気に入りの恐竜コラージュスタンプ。去年のクリスマスカードで使ったT-REXのコラージュスタンプと同じシリーズです。

スタンペンダスのエンボスパウダー、アンティークグリーンをまばらに振りかけてエンボスしてます。スタンプを捺す際、エンボスパウダーの色とはっきりコントラストがつくような色のインクを選ぶのがコツ。



△上で使ったスタンプを背景として使用した上に、T-REXのコラージュスタンプをバラバラに切り貼り。スタンペンダスのアンティークグリーンを全面にかけると、こういう感じになります。


関連記事

日本戦終了

◆強豪と戦うにはまだ攻撃力も決定力も足りないと思うけど、それでも、初戦からコロンビア戦くらいの勢いを見せてくれていたら…と思わずにいられない(T_T)

ただ日本て、ゴール前でスピードダウンしますよね…パスを出すまでにすごくもたつく上、ゴール手前でボールキープ出来なさすぎなのが気になりました。PAに入ると…いや入る前にすぐボールを取られてしまうのは、何とももどかしい;;

特に今大会は本田選手がボールキープしきれず、ひょいっとボールを奪われるシーンが多かったのもショックでした↓

繰り返しますが、GL敗退それ自体でダメ出ししようとは思わないです。強豪国ですら簡単には突破できないのですから、日本はこれからも突破したりしなかったりを繰り返すと思うし… あとこの4年の戦績からは前回W杯を凌駕するほど強くなってるという印象も(個人的には)全く持てなかったので、突破出来るか否かは時の運、程度に思ってました。

決定機に枠外しすぎだし、カウンターのスピードにも追いつけないので、ボールに食らいついていってもなかなか勝てないのは仕方ないなぁと。詰めのところでスピードがないと、勝ち上がれる感じしないですからね。。。

ただ、(攻撃時に)スピード感のある連携がここまで見られないとは思ってませんでした。守備に専念してた南アのときの方が守備も攻撃も結果的に良かったというのは、何とも残念です;;


◆ギリシアおめでとうー! 純粋に羨ましい。


◆そしてコスタリカ、死の組で無敗の2勝なんて凄すぎる(汗) 今大会GLでは、間違いなく最大最強の番狂わせでしょうね。GKもファインセーブ連発でGJでした。

今コスタリカ国民だったら、超シアワセなんだろうなー(笑)


◆楽しみが次々と消えていくので、ドイツは絶対勝って~~~

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

本日、既に4回目の更新^^;

次の記事は明日になります。W杯ネタの合間に、スタンプイベント関連の記事を入れていきます(苦笑)


関連記事

日本vsコロンビアだけど。

実況と松木氏がうるさすぎる

名波さんみたいなトーンで喋ってくれ。


関連記事

W杯13日目

◆今大会もまたスアレスのせいで、ウルグアイに悪い印象を持たされた…orz

何なの審判、マルキージオは一発レッドで、スアレスはスルーなの? 腹立つ~~~(><)

スペイン、イングランドに続いてイタリアまでGL敗退か… 欧州勢は気候的にも不利なのかもしれないけど(いや、それ言ったらオランダはどうなんだってことになるけど^^;)、寂しい(T_T)


◆ロッベン足速いすごすぎ… チリ戦のアシストも、見事というほかないです。

ほんと、ファンペルシーと2人だけで点取っちゃうって感じですね;;


◆ネイマールのゴール前の自分パスその他諸々、楽しかった~

ああいうマジシャン的プレーって、ブラジルらしくて好きです。願わくば、決勝トーナメントでもこの調子で輝きを放って欲しいところ。


◆スペイン、最後勝ち点3取って終われたのは良かったですね。

イニエスタの縦パスから繋がって、最後のビジャのヒールキックゴール、素敵でした(* ̄▽ ̄*)


◆流し観してただけですが、イタリアvsウルグアイ戦の実況と前園さんたちの解説、落ち着いててバランス取れてていい感じでした。

これまで何度か強豪国寄りの実況解説が気になってたので、どの試合もこういう風だといいのになぁと思ってしまいましたね。

ブラジルvsカメルーンの実況はうるさかった…


関連記事

スタンプワンダーランド

6/21、22日の2日間、開場時間から行って来ました~

2014SW_buy.jpg

▲今回の戦利品

手持ちの未使用スタンプが多すぎるので、最近はスタンプ以外のものを揃えるようにしています。またイベント直前に結構クラフト系の買い物をしてしまったこともあって、予算は少なめでした。このため、今回はいつにもましてかな~~り控えめな買い物に↓

でもスタンプイベントなのに、振り返ってみたらスタンプ3個しか買ってなかったのはちょっとショック;; ほんとはこの5倍くらいは、欲しいスタンプあったんですけども(T_T)

上に載せたアイテムで隠れちゃってますが、下にHERO ARTSのカタログやユポ紙セットなんかもあります。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

6/22(日)は、講習三昧でしたv

これまでワンダーランドは1日開催だったので、買い物してると1つ2つの講習に参加するので精一杯でしたが、今年は2日間開催で販売オンリーの日と講習開催の日が分かれたので、買い物は1日目で済ませることが出来て講習も4つ受けることが出来て嬉しかったです(´∀`)


【Tiny Dots さんの講習 ~ gumiさんのATCボックス】

TD_ATCbox1.jpg

△表の飾りは、グルーガンで黒の蝋をたっぷり溶かしたものにスタンプを押してトレジャーゴールドで色づけしたもの。

TD_ATCbox2.jpg

△フタを取ると、ATCホルダーになってます

ボックス表面は、中に入れたATCが見えるようにドア型にくりぬかれています。

TD_ATCbox3.jpg

TD_ATCbox4.jpg

△ATCとホルダー

TD_ATCbox5.jpg

こういうカッコいい柄のついたボックス物って、大好きです♪

今回使ってるのは、大体Paper Artsyのスタンプですよね。なかなか買う機会がなくてあまり持ってないメーカーなのですが、やっぱりゴージャス感があって素敵なので、もうちょっと揃えたいな~と思ってます。 

私は手作業がトロくて周りよりも遅れてしまうので、ところどころ先生が手伝って下さいました↓ 色々お手数おかけしてしまい、申し訳なく思っておりますm(_ _)m;;


【すたんぷえん さんの講習 ~ 飯野さんのおねだりウサギのコンパクトミラー】

SE_decomirror1.jpg

△ペーパーナプキンにステイズオンでスタンプを捺し、水性マーカーで着色。専用の糊・デコポッジのペーパーナプキン用でコンパクトミラーのプラスチック面に貼ってあります。

仕上げは、デコポッジのオールパーパスを塗ってコート。乾く前にラメを振りかけ、濡らしたティッシュで定着させました。

実はこちらはナプキンの表裏を間違えて貼ってしまったのですが、正しい向きで貼った裏面と見比べても違いが全然わからなかったので、こういう使い方も出来るのか!…と、ケガの功名的な結果に(笑)

SE_decomirror2.jpg

△ミラー裏面

うさぎスタンプがとっても可愛い~~ プラスチックのようなソリッド面に、柔らかくてふわふわ感のあるペーパーナプキン&イラスト…という組み合わせが何ともいえず良かったです♪


【Ciao*Carina さんの講習 ~ yuiさんのボタン製本のATCアルバム】



CC_ATCalbum4.jpg

△中身のページは、パターンペーパーを3セット、ボタンとトリムで綴じたもの。

ATCをそのまま貼ることも出来ますが、クリアケースに入った状態のATCを各ページに差し込むことで着脱容易なATCホルダーとしても使えます。厚みの無いATCなら最多で36枚収納可能だそうで、そのアイディアに感激!^▽^

CC_ATCalbum2.jpg

△ボタンとトリムの色を揃え、組み合わせはズラしてみました。

実は講習のとき、自分でやっておきながらボタンとトリムの組み合わせが気に入らず。家で仕上げる際に、一度製本したものを全部取り外して、トリムを付け替えるところからやり直してます^^;

CC_ATCalbum3.jpg

△裏面は、家で手持ちのマスキングテープなどを貼りながら仕上げ

こちらの講習も、作業が遅くて手伝っていただいた部分がありました。。。ほんとに申し訳ナイ;;


【荻野えつみ・ETSUデザインハウスさんの講習 ~ オープン・ザ・ドア・タグ】

EO_ODtag1.jpg

△このチューリップの花束柄、可愛くて気に入ってますv

EO_ODtag2.jpg

△インクを染み込まないユポ紙にアルコールインクを塗って、独特の効果を作るというもの。

色のレイアウトとか、イメージした通りには全然出来なくて残念でした~~orz

ユポ紙の質感は好きなのでついセット買いしてしまいましたが、実はアルコールインクは殆ど持ってないんですよね;; どうやって使おう^^;(コピックは持ってるのですが、必要なのはペンタイプじゃなくてバリオスインクの方)


関連記事

W杯10日目

◆クローゼぇえぇえぇえぇえぇえ-----!!!!!(>▽<)

入ってくるなり仕事した! すごいすごい素晴らしい!

歴代最多得点タイおめおめおめ!!!

ドイツが手こずってると、ものすごく心臓に悪い…逆転されたときは焦ったけど、クローゼさすが♪♪♪

絶対絶対絶対、決勝Tに行ってくれますように(-人-) そして、クローゼが最多得点記録を更新してくれますように!

今大会もやっぱり、ドイツの勝敗が一番気になってしまいそうです…(苦笑)


◆メッシもすごい…あの時間に決めるのか~~(^^;)

今日は、ストライカーがきっちり仕事するというのはどういうことか、立て続けに目の当たりにさせていただきました。。。感動。


◆同時に、イランもガーナもナイスファイトでとても面白い試合でした。メキシコもオーストラリアもチリもコスタリカもすごい。強豪国を苦しめるチームが沢山いて、実に熱いW杯です。

そして、スペインもイングランドも敗退決まっちゃった…(T_T)

まぁ、高温多湿の気候が欧州勢(の一部)を苦しめてるところはあるのかな?とも思いますが。

オーストラリアは、2敗でGL敗退というのが気の毒なほど善戦してたなぁ…

そしてイランといいオーストラリアといい、アジア1位の日本よりはるかに見事な試合をしている…orz


◆フランスの試合、タイミングの都合で全然観れてないんですが絶好調みたいですね。早く観たい~~~


◆スペインの2戦目、観てたんですけど覇気が感じられませんでした。なので、チリが得点した時点でいたたまれなくなってTV消しました(T_T)

彼らは一体どうしちゃったの???…という意味では、日本戦を観てるときに通じるものがありましたorz


関連記事

日本vsギリシア

攻め込んでの決定機で大きく枠を外してた時点で、「ああこのパターンはヤバい…」と思いました(T_T)

ゴール手前でのあのもたつきは、ダメなときの日本ですね…1戦目の流れを断って欲しかったのですが、2戦目もドイツ大会の再現のようになってしまいました↓

数的優位を活かし切れなかったのもとても残念です。というか、数的優位にいたように見えなかったのがorz 1人少なくなったギリシアが堅守を徹底したとはいえ、ゴール手前の攻防では日本サイドの迫力を感じることは出来なかったですね。

日本がクロスをすると、そこで攻撃が途切れるイメージしかない。。。少なくともアレは、日本が堅守を破れるスタイルには見えない。。。

他の試合で運動量が多く終盤までスピードを保っているチームをいくつも観てきたので、数的優位を活かし切れないほど日本にはスピードが足りなかったように思えました。

それから、攻めあぐねてるのに何で交代枠を使い切らなかったんでしょうか???

堅守で意思統一&連携出来てた南ア大会と比べると、日本の攻撃サッカーは(W杯レベルの戦いにおいては)まだ試行錯誤段階にしか見えませんでした。

コートジボワール戦で序盤に1点取って守りに入ってしまったところがあった、という談話を聞いたときは本当に驚きました。序盤の1点だけで足りるみたいな余裕が、今の日本代表のどこにあるのでしょう;; 何より、攻撃型の戦法をとるチームがやることとは思えず… 当然、ガンガン攻めまくって2点目3点目を狙っていくものだと思ってました。

4年で完璧に攻撃スタイルに移行するのは、実際には難しかっただろうと思います。W杯に出場すら出来なかった頃から日本代表の試合を観てるので、発展途上の試行錯誤状態であってもそれ自体が悪いとは思いません。ただ、修正してきたギリシア戦でもチーム一丸となって攻めて行く上で迷いの無さというものがどうも足りてないように見える、「次どうしよう」的な迷いが見え隠れしてる感じだったのは、やっぱりどうにももどかしかったです。

今回は中盤でよくプレスに行っていましたが、これをコートジボワール戦でもやって欲しかった(T_T)

まだ試合と、非常~~に少ないながらも可能性は残っているので、更に修正して行けるよう願っています。


関連記事

W杯7日目

◆ケーヒルのシュートすごかったあぁぁぁ 滅多に拝めないようなゴール、ご馳走様でした(-人-)

オーストラリアとオランダってどっちもデカくて荒っぽくて剛力同士というイメージなので、両者ガツガツ行きそうと思ってたのですが実際そんな感じでしたね。

オランダ相手にオーストラリアはかなり善戦してたと思うので、残念でしたね。逆に手こずっても勝ち切るオランダは、やっぱり強いなぁと。


◆ブラジルvsメキシコ、見応えありました~

攻守がめまぐるしく切り替わって、スコアレスドローなのに息つくヒマもないすごい試合でした。両チーム、お疲れ様です。

90分、スピード落ちずに激しくプレスしまくってたメキシコ強いですね。

ブラジルは普通に強いと思いますが、どうしてもロナウドみたいな怪物ストライカーがいた頃の印象と比べると、今大会出場の強豪国の中での際だった凄みや怖さ、といったものは今のところ特に感じないかなぁ。

強いチームはピークを準決勝辺りに持って行くとも聞いているので、GLで相手に善戦されても勝ち切ってる以上、決勝Tを観ないとハッキリしたことは言えませんが… (ドイツ大会のジダンも、決勝Tに入ってからどんどん調子上げていってたみたいだし) あとは、開催国アドバンテージをどれだけ活かせるか。


◆W杯中継のオープニング(の3Dアニメーション)って、どの局で放映されるときも同じなんですね。

そういうイベントって、過去にありましたっけ? 私は初めて観ました。


◆メキシコのハビエル・エルナンデス選手の名前には、どうしても反応してしまうv すごく可愛い顔してるし(笑)


◆不安があっても、カシージャスを替えるのはスペイン事情として(メンタル的な意味で)難しい、という記事を読みました。その記事の通り、チリ戦も出場しますね。

これから始まるけど、ドキドキします;;


◆GLって初戦から2連勝したらその時点でGL突破が決まると思ってました。でもよく計算したら、2戦目のもう1試合の結果次第では、3戦目が終わった時点で勝ち点6で3チームが並ぶ可能性もありましたね^^;

そこまでの三つ巴になったらすごく面白そうですが、滅多になさそう。このグループBもオランダが得失点差でかなり有利になってますし。

グループBは、スペインvsチリ戦でチリが勝つかドローでオランダGL突破決定、スペイン勝利でGL突破国は最終戦まで一応はわからない、ということになるのか。でも得失点差があるから、オランダはチリ戦でボロ負けでもしない限りほぼ決まりですね。

オーストラリアはせめて1勝はしたいところでしょうが、次のスペイン戦にはケーヒルが出れないから厳しいかな。


◆日本の実況解説は、日本の試合以外は中立の立場で物を言って欲しいなーと思います。聞いてると、常連の強豪国への肩入れが気になるので…


関連記事

W杯6日目

◆ベルギーvsアルジェリアの試合中にGoogleのトップページを開いたら、天使の輪をつけたパウルくんが雲の上(というか天国ね)で両国の国旗(のついた餌箱?)を交互に見ながら、どっちを選ぶか迷ってるアニメーションになってました。

気づかなかったけど、昨日からこれになってたみたいですね。

ドイツ代表の7試合と決勝の勝敗全てを的中させたのは、今思い出しても見事でした(笑) 今大会も2番煎じがあちこちに現れてるようで。パウルくんの名声を凌ぐのは難しいと思いますけども。

にしてもパウルくん、W杯後に優勝トロフィーのレプリカをきちんと8本足で受け取っていたのか。可愛い。

ちなみにベルギーvsアルジェリア戦が終わってからGoogleを見に行ったら、パウルくんはベルギー国旗の餌箱に入ってました。 どのタイミングで入ったのかしら(笑)


◆今晩はブラジルvsメキシコを見届けようと思います。

本番はあくまで決勝Tなので予選はあまり無理しないよう流して観てるのですが、ブラジルの力は自分の目でチェックしておきたいのと、あとメキシコはロンドン五輪決勝で敗れた因縁があるので、このカードはやはり気になります。ロンドン五輪の代表メンバーだった選手は、何としてでも雪辱を果たしたいでしょうね。

昨日のドイツvsポルトガルは、ポルトガルに2人目のケガ人が出た時点でシャワー浴びに行きました。。。

次の試合にまで響くダメージが多すぎて、観てていたたまれなくなってしまいorz

Cロナウドは最高のフットボーラーと言われてるものの、ポルトガル自体はW杯出場権獲得がプレーオフまでもつれ込んだんですよね。もともとの戦力自体どんな感じだったんだろう。

今日は、あとロシアvs韓国ですね。次の開催地を考えると、ロシアは何としてもGL突破したいところでしょうね。うちで取ってる新聞で見た展望記事では「欧州の2チームがやや優位か」とありましたが、さてどうなるか。


◆ドイツ、GKのノイアーがカッコよかった。。。(* ̄▽ ̄*)

目下世界最高GKとも言われてるようで、是非是非大活躍していただきたいです▽


◆ブラジルvsメキシコ戦開始。

序盤からスピードがあって激しい攻防。選手の足も球足も速くてめまぐるしくて、面白い~

矢のようにボールが飛んでく試合、大好き(^^)

メキシコやっぱり強いな…プレスもすごい。両チーム共、頑張れー


関連記事

ドイツvsポルトガル前半

あぁあぁあぁタダでさえ負けてるのに、何してくれるんだペペーーーーー‼︎

審判の目の前で頭突きとかやめてくれよ…orz

基本的にドイツ応援してるけど、ポルトガルにも頑張って欲しいんだよ。ワンサイドゲームになって欲しいワケじゃないんだよ;;

ドイツの試合観たの久しぶりだけど、やっぱり好みだなぁ。W杯予選での凄まじい得点力を知ってビックリしましたが、この試合観てると納得出来そう。

今夜はこの試合だけ観てから寝ます~

クローゼも観たいけど、Cロナウドのゴールも出来れば観たい。。。


関連記事

W杯4日目を終えて

◆今夜はドイツvsポルトガルですね~ 楽しみだけど、どっちにも負けて欲しくないから困る;;

ドイツは、カーンとクローゼとバラックが揃っていたときが私的には極楽でしたv 前回は圧勝した試合を観損ねてしまい残念だったので、今回はそんなことのないようにしたいです^^; 今大会でも心惹かれる選手を見つけられるといいなぁ。

ドイツって、欧州勢の中では一番W杯での成績が高値安定してるんですよね。連続出場回数でも圧倒的だし(16大会連続で欧州1位、世界でもブラジルに次ぐ2位)、GL(昔は1次リーグ)敗退も76年前に1度だけ。

私が調べたサイトでは、オッズも欧州勢ではトップの3位でした。(1位ブラジル、2位アルゼンチン。スペインとオランダのオッズは、初戦の結果を受けて変わったと思う)

今回も是非是非、高値安定記録を伸ばして欲しいです〜〜ヽ(´-`)ノ

ちなみに同じガタイのいいゲルマン国のオランダも強そうなのでドイツ戦を観たい気もしますが、この2国が当たるとしたら準決勝か決勝なんですね。果たしてそのカードは観られるのか。


◆優勝→GL最下位→準優勝→GL最下位と、ここのところ極端な成績が続くフランスですが、初戦は順当に勝ったようですね。

優勝→GL最下位とフランスみたいなことをしてたイタリアも、初戦は無事勝利しましたね。

日韓大会のときも思ったけど、マナウスでの試合は欧州勢には辛かっただろうなぁ。。。両チームとも足が止まってたし。コンフェデ杯でブラジルを経験していたイタリアに分があったとしても納得です。足つってたのはイングランドの選手ばかりだったし、脱水症状が出るんじゃないかとヒヤヒヤしながら観てました。(足がつるのは脱水症状や熱中症の予兆)

でもイタリアvsイングランドの試合は、楽しめました。ルーニーのアシスト、素晴らしかった(* ̄▽ ̄*) あんなところにボールが行くのね!とゾクゾクしました。

その直後に日本戦を観たので、余計に「あああ…」となってしまったワケですがorz

ルーニーのW杯初ゴール、観たいなぁ。


◆私が日本戦を観ていてショックだったのは、中盤のプレスが機能せずパスが簡単にカットされまくったことと、後半の交代が遅すぎたことでした。あれでは防戦で消耗しても仕方ないかなと…

後半のドログバ投入はわかっていたのに、何故機能してない陣形を放置して交代を遅らせるのかわかりませんでした。大久保選手の投入は後半最初からか、少なくともドログバ投入と同時だと思っていたので驚きました。逆転された後じゃ、いくらなんでも遅すぎる。

日本が勝つときって、守備も攻撃的だったと思います。中盤でガンガンプレスに行ってるので、攻守の切り替えが早い。南ア大会では出来ていたし、コンフェデ杯のイタリア戦でも出来ていたみたいなので(コンフェデ杯は見逃したので自分が観た感想ではないですが)、メンタルや連携の問題なのでしょうか。消極的だったことについては選手たち自身も言及していたようですし。

とりあえず悪い膿はみんな出したと思って、次戦では、運動量と連携と前に攻めて行く姿勢の復活を願っています(ー人ー)


◆とか言ってますけども。。。

勝負は時の運だから欧州や南米の強豪だってGLで敗退することはあるし、先日のスペインのようにチームとして崩壊していなくても大敗することもある。

個人的には、日本代表がW杯出場国のどこを相手に勝てなくても、不思議だとは全く思わないです。日本の立ち位置はまだその辺だと思うし。

でもW杯出場すら出来なかった時代や海外でプレーする選手が殆どいなかった時代、悲しいほどシュートが決まらなかった時代と比べたら、日本は確実に強くなっています。これからも一進一退しながら強くなっていくんだろうなと思うので、日本代表の良いところが発揮された試合をこの先も沢山積み重ねて行って欲しい、というのが一番ですね。

ネットで、自分の子供の代にもっと強くなっていてもらうために、南ア大会のような徹底的に守ってチャンスを狙う戦法より、自分たちを信じてガンガン攻めて行く戦法をとって欲しい、というような主旨のコメントを見かけました。気持ち、わかります。

ベスト16のその先の常連になるのは、途方もなく大変な道のりだと思うだけに^^;

いつの大会とは言わないけど、アウェーの大会でアジア勢のベスト8一番乗りになってくれたらいいな〜と思ってます。


◆アジア組の中では、オーストラリアが際立って過酷なグループに入ってるんですね。初戦でチリに負けてるのに残りがオランダとスペインとか、もう何の罰ゲームかと(汗)

予選突破成績が4国の中で最下位だったのは関係あるのでしょうか。

今大会はグループDが死の組だけど、ウルグアイがイタリア・イングランドと当たる前に黒星とは。

死の組は仕方ないとして、他は妥当に常連強豪国がGL突破するかなぁ。今のところ気になるのはスペインですが…


関連記事

日本vsコートジボワール

全然良くなかったですね…orz

コートジボワールだってものすごく良かったワケじゃなさそうなのに、日本が悪すぎた。。。

ゴール際ではよく粘って守れてたけど、そもそもパスをすぐ取られて中盤からゴール近くに持ってかれるまでフリーにしちゃってることが多かったから、いつ失点してもおかしくなくてヒヤヒヤしっぱなしでした。相手のシュートの精度が悪かったのは救いでしたが、そんな自陣の奥で待ち構えずにもっと手前でプレスかけて〜と思う局面もありました。

本田選手のゴールはカッコ良かったです! ああいうシュートが決まると燃えますね。

でも序盤から全体的に足が重そうで、攻撃への切り替えがもたつきパスも繋がらず、日本の望む勝ちパターンに持っていけそうな気配がなかったのがとても残念です。攻めかかろうにも体が追いつかない、みたいな。

とにかく、前に出て攻めていく姿勢が驚くほど弱かった。早い時間帯から、ボール取った選手が上がろうとしても他選手がついていけてないのを見て不安でした;;

日本は、足が動いてないと厳しいですよね…

後半開始時点でメンバー交代してなかったけど、作戦としてはそれで良かったんでしょうか。その辺りは最近の代表試合を殆ど観てないから私には判断できないのですが、前半、1トップほか色々と機能してなかったのが気になったもので;;

ドログバが、投入されるなり見事に機能したのとは対照的でしたね(T_T)

次戦では、日本選手がもっと鮮やかに動けますように(-人-) もっとガツガツ攻めていけますように。

初戦が厄落としになってくれたらいいなぁ。

ところで、今日の主審は流しがちの人でしたね。この人が開幕戦の審判だったら、あの試合どうなってたかなぁとちょっと思いました^^;


関連記事

もうすぐ日本初戦

新聞記事の戦力分析見て、コートジボワール戦のワントップは大迫選手がいいんじゃないかなーと思ってました。予想が当たってちょっと嬉しい(・∀・)

雨酷いなぁ。50分後にはおさまってるといいな。

初戦が全てという緊張はあるので、始まったら落ち着かなくなりそう〜〜(><)

両チームとも、ケガなく良い試合をしてくれますように。そして日本が勝ち点取れますように(-人-)


関連記事

2017年の話

平昌五輪の出場枠を決める2017年のワールド開催地は、フィンランド・ヘルシンキに決定。

行きたあぁぁぁい!!!

ソチは高いし不便だし観客動員が悲惨だし(五輪であのザマでしたからね。買ってくれる人たちには売らずに、ムダに確保した地元枠は余りまくり)、ロシアは日本同様地元上げロコツだから、フィンランドに決まって良かった。

フィンランドには是非一度観戦で行ってみたかったので、このワールドは行きたいですねぇ。

あと気になるのはやっぱり、2017年のGPF開催地。「福岡GPFがソチ五輪の明暗を分けた感」はすごくあったし(男子の話ね)、GPFでの点の出方やPCSの格付けは2017年も無視できない指標になりそう。


関連記事

W杯2日目終えて…

◆カシージャスぅう……。・゜・(ノД`)・゜・。

優勝した仏大会の次の日韓大会でGL敗退したフランスを思い出してしまいました。。。

スペインは前回も初戦落としてるけど、今回は5失点だから条件はより厳しい。それに2位通過だとしても、決勝T初戦は多分ブラジルになるんですよね。うぅん。

完全に戦略がハマってたオランダの圧勝に異論は全くないけど、3点目のあの場面はキーパーチャージとって欲しかったなぁ(´・ω・`) だってクロアチアの幻のゴールのときのなんかより、あっちの方がよっぽど(以下略)

4点目だったか5点目だかのアレは、完全にカシージャスのミスだけどorz (ロンドン五輪のメキシコ戦の権田さんのミスを思い出してしまった)

しかしロッベンすごいわ。。。オランダを早くブラジルにぶつけてみたくなりましたv

欧州勢同士の戦いなのに、コスタへのブーイングとか、ちょっとスペインがアウェーっぽくて気の毒だったなぁ。


◆今日はいよいよ日本戦ですね。初戦の結果がGL突破のカギになるのはほぼ確実だろうから、緊張します~(><)

いい試合をしても勝てなければ意味がないと選手は思うのかもしれないけど、それでもやっぱり、南ア大会や先日のコンフェデ杯のイタリア戦のようないい試合をして欲しいと思っています。

一方でコートジボワールの方も、前回のドログバの気の毒な経緯(直前の日本との練習試合で闘莉王と接触、骨折してW杯を棒に振った)が今も心に引っかかってたり、彼のサッカーを通じての自国の平和への貢献などを知ったりすると、こちらも勝てるといいねーとか思ってしまうので困る^^;


◆西村さんのPKジャッジ、開幕戦にして開催国ブラジルの初戦だったせいか、世界中の注目を集めたようですね。

フレッジは上手く倒れた、どの国もやる類いのマリーシア、手をかけてたのは事実、ファウル取る審判も流す審判もシミュレーションを取る審判もいるような微妙なプレイだった、クロアチアは不運だった

…が私の見解です。

早い時間帯にネイマールにイエローカード出してたし、終始開催国寄りのジャッジだったとは思いません。ただクロアチアにとって致命的になる場面で、その厳しめ基準が“効いて”しまった…

誤審と断罪してるサッカー関係者は、「シミュレーション」派なのか、「流して当然」派なのか。私は上述の見解だから「誤審」とは思いませんが、かなりのラフプレーでも流す審判を何度も観てきたせいで、あれだったら流して欲しかったなーと心情的には思いました。

でもこういう微妙なPKはなくなるものではないし、どうしようもないんだろうなーといつも思います。審判の目視判断に限界があることは、分かり切ってるし。

オフサイドも、もしカメラによる機械的な判定を導入したなら、今よりも確実に減るんじゃないですかね。以前、審判員の実技研修を収録したTV番組で、ビデオを用いたオフサイド判定の検証をやってるのを観たことがあるのですが、審判たちは次々とスピードの錯覚によるオフサイド誤審をやらかしていました^_^;

とりあえず、今大会からゴールラインを割ったのに割らなかった判定をする誤審が無くなったのは何よりです(でもさすがにそのレベルの誤審はレアだろうけど)

余談ですが、私が最高に嫌いな審判は(日韓大会のモレノみたいな意味不明レベルを別とすれば)笛吹き魔。

観てるだけでもイライラするのに、選手たちのストレスはいかばかりかと思うと。。。 もう「試合の流れを邪魔すんじゃねぇ消えてなくなれ!ヽ(`Д´)ノ」と思ってしまう;;


関連記事

ブラジルvsクロアチア

クロアチア可哀想

…が私の第一印象だったのですが、そう思ったのは私だけじゃなかったようですね^_^;

仕方ないことかもしれないけど、ジャッジが要所(PKとゴール前競り合いの笛)で開催国寄りだったなぁ。。。基本的に開催国は応援するのですが、クロアチアがとても善戦してただけに、本当にあの「えっ?」と思ったところが決定打になってしまったのは残念。

ブラジルは、序盤いきなりのカウンターに守備が戻り切れてないの観て危ないなーと思ってたら、間もなく同じパターンの失点しかもオウンゴールでビックリ。すぐにネイマールがゴール決めたところは良かったですが。

あのPKがなくてもブラジルが勝ったかなとは思うし、開催国には決勝トーナメントを勝ち進んで大会を盛り上げて欲しい派だけど、それを踏まえてもやっぱりクロアチア可哀想感は拭えませんでした。

初の開幕戦日本人審判トリオで素晴らしいなと思ってた分、余計に。

クロアチアといえば、ドイツ大会のグループリーグで日本と「何がなんでも勝ち点3を取らなければ」同士で対戦、結果ドローになって共倒れというのが印象に残っていたのですが、今対戦したら日本は勝てなさそう。。。と今日の試合を観て思いました。

少なくとも、ブラジル相手に(3-1というスコア単体から受ける印象ほど)力の差はなかったように見えます。

ブラジルは、ネイマールとオスカルという若いスターが得点をあげられたのが良かったですね。これまでネイマールの日頃の評判を聞く機会があまりなかったため、彼が過去のブラジルの怪物スターたちと比べてどのくらいの選手なのか図りかねてるので(ロンドン五輪決勝の印象もあるし…)、早くブラジルが欧州の古豪チームと対戦するところが観たいですねー


関連記事

いろいろ

数日に渡って書きためてたものなので、既に話題にする時期を逸してるものも色々混ざってますがご容赦下さい^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆テンくんのインスタのヤグが色々可笑しい~~

「彼は役に立つことも教えてくれる」って…それかい!^^;(夜中に声出して笑ってしまった)

テンくんのツイコメのセンスもいいですよね。

そして、カザフのスケーターに向けてのヤグのレクチャーを、おそらく一番真剣な顔で聴いているジュベが可愛すぎるvvv

スケートの神様、テンくんのこのフィギュアスケートに対する真摯な貢献の数々に、是非この先も色々と多くの実りをもたらして差し上げて下さいませ(-人-)

某我が国の連盟が酷いので(その反動で打たれ強い王者が生まれたことも確かだけど)、こういう人が連盟のトップにいてくれたらなぁと思わずにいられません。


◆ジョニーと美姫ちゃんは、ある特定の方向の女子力が高いもの同士で色々波長が合うんだろうなと勝手に思っている。


◆織田くんのツイ、「羽生(H)結弦(Y)」ってどんな曲ですか(笑)


◆『FaOI』舞台裏でのカメレンゴさんの色々が可愛い。

カメレンゴさんがアンジェリカ様と氷の上でダンスしてくれたら、今でもさぞ素敵だろうなぁ。今のお二人でも是非観てみたいぞ。

アンジェリカ様、間近でお姿を見たことありますけどお美しかったです(・∀・)


◆【FaOI】の録画観ました。音絞りすぎ…自分が観たのは楽公演でTV放映された日の公演じゃないから違う部分はあっただろうけど、それにしたって会場で聴いた印象と全く違ってしまってたのは残念です↓

そして、羽生くんとジョニーのオープニングの2人並んでの登場、やらかしてくれたわねカメラ…

あれは2人同時に映さなきゃ、意味ねーだろぉぉぉぉぉぉヽ(`Д´)ノ 羽生くんがジョニーの、ジョニーが羽生くんの真似してるんだから!!!

これだから、アイスショーのオープニングやフィナーレをTVのみで観るのイヤなんですよね〜〜もう(苦笑)


◆【PIW】の録画もざっと観ました。

町田くんのくわえ煙草プロ、やっと観れて嬉しいです(^^)

個人的には、「白夜行」よりこっちの方が振付が面白くて好きだなぁ。東京公演でも滑ってくれるのでしょうか。


◆昨日都内某所で高橋くんにそっくりの人(彼が都内にいたというソースが全くなくて判断出来ないので、とりあえずそっくりな方、ということで)を見かけました。

赤の他人だとしたら、TVにそっくりさんとして出演して通用するレベルでした。面白い体験だった。

でも先月ケヴィンが沖縄と都内にいたところを目撃されてるので(実際沖縄と東伏見のリンクにいたそうなので、確かでしょう。少なくとも日本では彼に遭遇するよりも、彼にそっくりな外人に遭遇する方がはるかに難易度高いと思う(笑))、オフシーズン中&ショー日程とも無縁な日は、たとえいつどこでスケーターと遭遇しようとまぁ不思議ではないのかも。


関連記事

【FaOI】幕張公演

◆千秋楽行って来ました。

アイクリでショーチケを取ったのは今回が初めてでしたが、演技正面ロングサイドの中央寄りだったのですごく嬉しい!(・∀・)

希望した最前列はハズレてプレミア席4列目でしたが、フィナーレ周回のハイタッチは過去2年で既に何度もやってるので、演技が観やすいエリアなら十二分に有り難かったです。

リンクはすごく近かったし、フェンスないから足元も良く見えたし、こんないい位置でスケート見たのかなり久しぶり♪


◆今回はスポンサーである母と初めて隣同士で鑑賞(これまでは私が申し込んだ後で母が行くことになったため、離れた席を取ってました)

ちなみに今回座ったエリアには、オープニングやフィナーレの際にランビが実によく寄って来てくれたので、間近で何度も彼を拝むことが出来た母はかなーりご満悦そうでした^.^ 勿論私もにまにましてましたがv


◆フィナーレの「ゴールドフィンガー」良かったあぁぁぁぁ♪

ちょっとずつではあっても、あの曲で全員の踊りが観れたのはすごい楽しかったですヽ( ´∀`)ノ

まっちーの「アチチ」の手の動き、丁度すぐ目の前を通り過ぎていったときに正面から観れたのが個人的にかなりツボでした。まっちーがああいうノリの踊りをやるのって、何かもうすごい新鮮でちょっと感動してしまった(笑)

特にハマってるなと思ったのは、高橋くんとランビ。この2人それぞれの「ゴールドフィンガー」プロも観てみたかったなぁ。特に高橋くん。こういう曲でどこまで盛り上げられるものなのかその上限を観てみたい、と思ったらやっぱり彼なのでv


◆2年前のクリスタル・ケイのときもそうだったのですが、邦楽コラボにダントツで向いてると思ったのは美姫ちゃん! すごくいい意味でユニーク(可笑しいという意味では無く、他にない個性があるという意味)なプロになってるように思います。

多分、美姫ちゃん本人に芸能アイドルの雰囲気がある、というのも大きな理由じゃないかなと。昭和の歌謡アイドルのテイストにも今時の元気なJ-POPにもハマる感じで、いい意味での化学変化というか相乗効果が発生してるような印象があります。

クリスタル・ケイのときも今回の「ハリウッド・スキャンダル」も、最近の彼女のプロとはちょっと違う、溌剌とした可愛らしさが溢れていて、実は私はこっちのテイストの方が好きだったり… これからも彼女の邦楽コラボは観たいですねぇ…


◆ヴォロトラ、意外にもご本人たちのラフマのプロより、コラボプロの方が印象に残りました。

同じ回を観に来てたスケオタの従姉妹曰く、「歌詞が今のトランコフさんにピッタリ(笑)」

衣装もコラボプロの方が好みだったので、観ていて楽しかったですv 歌謡曲に妙にハマったのは、トランコフさんのキャラのせいなのだろうか…とちょっと考えてしまいました(苦笑)

ペシャブルは、コラボよりダンスプロの方が良かった。「哀愁のカサブランカ」はもともと洋楽だし曲もいいので、振付次第でもっといい感じになりそうなのに…とちょっと勿体無く感じました。

ダンサブルプロのときには、ナタリーの魅惑的な胸元にばかり目が行ってしまいました。相変わらずの健康優良エロスっぷりが素晴らしい。

一方ブルザ好きの従姉妹は、「ブルザが着るとランニングシャツにもグンゼテイストを感じない。アルマーニ?とか思ってしまう(・∀・)」とはしゃいでおりました(笑)


◆羽生くんは、「パリの散歩道」のときは何か身体が重そうに見えました… カナダから戻ってきて、日本の湿気を一気に吸い込んだかのように;; コラボのときは、それよりは軽くなってた印象。

でもコラボの振付、所作は良かったと思うのですが、ショー的な意味でのリンクカバー率(視線を送る先とかの話ね)が他のトップスケーターと比べて明らかに低いのが気になりました。彼のプロって、たまにそうなんですよね。「パリ散」ではとてもいい感じにアピール出来てるので、彼の今の技術で出来ない類いのことでは無いと思うのですが。

こういうとき、プルさんのジャンプや強さだけでなく、彼の全方位アピール力も是非是非踏襲していただきたいとすごく思います^^;


◆オープニングとフィナーレの羽生くんは「2億4千万の瞳」も「ゴールドフィンガー」もすごく元気にノリノリで、プロのときより観ていて楽しかったです。いつか、超ドヤ顔でこの手の爆発系盛り上がり曲でプロやってるところを観てみたいなぁ。

何でコラボプロって、バラードばっかりなんだろう。羽生くんとかバリバリに若い男の子なんだから、もっとワイルドな弾け系もやってくれたらいいのにー(個人的好みです) やっぱり、現役選手がそのショーオンリーの急ごしらえでやるには難しいってことなのかな>弾け系

いや去年のランビのAIコラボが情熱系でプロもすごくカッコよかったので、羽生くんでも情熱系の曲でのコラボが観たいと思ってしまって。今回のオープニングやフィナーレの感じを見てると特に、(いい意味での)アイドル系中二病系に弾けてる曲で観てみたいと思ってしまいます(そういう意味では、ワイルドでちょっとクレイジーテイストなノリの『パリの散歩道』はすごく良かったのですが)


◆ハビに、オシャレ衣装のカッコいいプロキターーーーー(・∀・)

振付超カッコイイ! そして何より 衣 装 G J !!!

あのプロに相応しい衣装で素晴らしい。ユーロ的変衣装でなくて本当に良かったv(いや昨季SPも、見慣れると結構味があってプロも衣装も悪くないなと思ってたんですけどね(苦笑))

来季の男子SPに、まずは1つ楽しみが出来ました(*^^*)


◆ランビ、グリーグのピアコンイ短調素敵だった…(溜息)

彼のプロは、もう完全に芸術作品ですよね…

そしてまた難しいポジのスピン開発してるし(笑)

ブロークンの難ポジを次々何パターンも繰り出すところは、相変わらず見応え十分。あと、難ポジで回り続けながら、音楽の緩急に合わせて細かく何度も回転速度変えるところとか、ほんとスピンのアートだわ…(´`*)

まさに、不世出の至高のスピナーだと思います(うるうる)

フィナーレ後のオマケで、まさかタチアナとデススパイラルやってくれるとは思いませんでしたv


◆ロロ様の「ゴッドファーザー」、初めて生で観れて感激です…!

20年前、同じ幕張で開催されたワールドで銀メダルを獲ったときのプロだそうで、そのとき滝のような花束が放り込まれたとか。

このプロを20年前のルックスで観たら、そりゃ鼻血出るわ

と脳内補完しながら、ものすごく思いました。

今観ても、大人のラテン男の色気ダダ漏れだし(@@)。。。あああ、20年前のここ幕張の、今回のこの席位置にいたかったわ…! 当時ロロのことはちゃんと知ってたしかなり好きだったのですが、スケート観戦についてはまるで知らなかったのが悔やまれます(>.<)

ハビとロロ様の試合プロを目の当たりにして思ったのは、

「くそう、ジャッジはいつもいつもこんな素敵アピールをたっぷり目の前で観ているのか(><)」

ということでした。

今回の席は試合でいうところのジャッジ席のすぐ後ろみたいな位置だったので、その妬ましさたるや(苦笑)

いやぁ、やっぱ試合プロのジャッジ向けアピールは正面近距離から観るとすごいわ。。。確かにTV画面にはいつも映るアングルだけど、生でその位置から観る迫力はまた全然違うものなのですよ…!


◆冒頭が遙ちゃん、続いて町田くんで、日本のスケーターの中でもとりわけ私好みの美麗ボディムーブメントの2人が続いてくれて、出だしから大変目の保養になりました(* ̄▽ ̄*)

遙ちゃん、「マラゲーニャ」素敵~~~♪♪♪ その可憐で華麗な身体表現であのスピードというのが、もうたまりません。

正直ジャンプとかどうでもいいから、見続けていたいと思うスケーター筆頭のお1人です。


◆ジョニーさんのプロ、面白かった。衣装もクジャクっぽくて好き。

オープニングだっけ? ジョニーさんのズサーを羽生くんがやって、同時にへの字ランジをジョニーさんがやるという趣向が好きでした。これ、【TOI】でもやりそう(笑)


◆高橋くんの『Kissing You』も素敵でした。

「何でこの選曲?」とさすがに思わないではなかったですが^^;、好きな曲だしアレンジも好みだったので、音楽や世界観の表現を堪能させていただきました。高橋くんは、いつもいいショープロ用意して来ますねぇ。(ソチ五輪エキシの衣装は「いやそれ、どう見ても前の方がいいだろう」としか思えませんでしたが;;)

ちなみに彼の衣装を見た従姉妹曰く、「ほどけネクタイブームって、アブザルの後もまだ続いてるの?」


◆郷さん、トークで笑わせてくれました。トークの声を聴いた限りでは喉の調子が良くなかったみたいですが、歌ってる間は特に気になりませんでした。

やっぱり「2億4千万の瞳」と「ゴールドフィンガー」がダントツで楽しかった。個人的に、今まで観たオープニングやフィナーレの中では一番好きな盛り上がり方でした(笑)

アーティストの選出には、(今回に限らず)賛否はあると思います。特に今回は「世代的にいいのか?」というのは私も思いました。出演スケーターさんたちは殆ど20代ですからね^^;

ただ私はアーティストが誰かということよりも、しっとりバラードばかりでコラボされる(しかもあまり印象的でもない振付で)方がよっぽど気になるというか不満;; 特に郷さんの場合、とてもキャッチーな曲でヒットしていた歌手だから余計そう思ってしまいました。

2年前のクリスタル・ケイのときはそういう印象は無かったのですが。。。とにかく歌手が誰であろうと、「邦楽日本語歌詞のバラード&宮本さんの振付」という組み合わせは、1プロだけならまだしも何曲もあるとちょっと微妙過ぎるので、出来れば曲の方向性だけでも変えてもらえると有り難いです;;(と、去年の【AOI】観たときも思いました。同じ羽生くんの邦楽コラボプロでも、ウィルソン振付の【FaOI】の方が良かったので…)

その意味では、【TOI】の曲のラインナップがちょっと気になった管理人です。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


全員分フォロー出来てないんですけど、他ジャンルのネタも色々控えてるのでひとまずここでUPします。

また録画観た後に感想付け足すかもしれません。


関連記事

もうすぐW杯

◆久々に、「スポーツ/五輪」カテゴリの出番になりました。

来週からW杯ですね~ 知り合いのスケオタ兼サカオタさんは、ソチにも行ってリオにも行くという強者です。どの試合を観戦に行くんだろうv

スケオタになる前、五輪の次に好きなイベントはW杯でした。グループリーグはつまみ食い的に観たり観なかったりするんですが、決勝トーナメントに入ると可能な限り試合を観まくります。

私は普段のリーグ戦などは国内外とも全然追っていなくて、W杯だけ集中して観る派。だから選手やチームに関する知識は殆どないのですが、それでも片っ端から同じ大会の試合を見続けることで素人なりにもわかることが出て来るので、そういうところを楽しませていただいています(・∀・)

今月は個人的な用事で忙しないため、そういう状況でどれだけ決勝Tを追えるかわからないのですが、今回も出来るだけ沢山試合が観れたらいいなと思っています。


◆ヨーロッパの古豪は好きですが、特にお気に入りなのはドイツです。これまでドイツだけは、どこと対戦しても応援してきました♪

あの、清々しいまでの質実剛健な感じが好きなんですよねぇ。ガッシリしていてパワフルで、軽やかなスマートさとかアーティスティックという印象はあまりないものの、ラフや汚さは感じないところとか。

ああ、まさに(いい意味での)ゲルマン!って感じでv

前回W杯の決勝T(だったかな?)で若手の猛攻で大量得点したときとか、爆撃機の群れ襲来!みたいな感じでワクワクしました。(その後のvsスペインでは完全に勢い削がれちゃってましたけども;;)

そして今回もクローゼが出場すると知って、ものすごーく嬉しかったです!!!ヽ( ´∀`)ノ

彼は「私好みのドイツ」を体現してるような選手。ボールを持ったときの、誰がぶつかって来ても当たり負けしないあのムチャクチャなフィジカルの強さにはマジ惚れ惚れします(´`*)

ジダンのような超ファンタジスタも好きですが♪ ドイツ大会のジダンは、「『ファンタジスタ』という言葉は簡単に使っていいものではないのだ」とど素人の私でも思ってしまうほどキレキレで凄かった。(日韓W杯のときが悲惨だったから嬉しかったのですが…あの決勝戦の退場さえなければ)

今回は今まで以上に予備知識が無い大会なので、自分が以前から知ってる選手、しかもとりわけお気に入りの選手をこの舞台で再び観られるのは嬉しいです。

中でもGKブッフォンとカシージャスの、代表としてのあまりの長寿っぷりに溜息が出ました。

2人ともムチャクチャ素晴らしいGKですが、もう何回W杯に出てるんでしょうか。確かにGKの寿命は他のポジションよりは長めかもしれませんが、代表であり続けること自体は簡単ではないと思います。日韓大会で輝いたカーンも、ドイツ大会では控えでしたし。

でもほんと2人とも、決勝Tで素敵セーブ連発するんですよねぇ…


◆私がサッカーを観るようになって最初に好きになったポジションは、GKです。

サッカーを見始めてからしばらくの間、好きになる選手の多くがGKだったんですよね。まぁ常に同じエリアにいるから、素人が観戦する際印象に残りやすかったというのが一番の理由でしょうが。

でもパラグアイのチラベルトやドイツのカーンのような、ものすごく個性の強いGKが自分にはとても魅力的に映ったのも確かです。カーンのときは、写真集まで買ってしまいました(笑)

今大会でも、新たに私のお気に入りにリストアップされる選手が出て来るといいなぁ♪


◆ワクワクする一方で、大物選手が代表から外れたり故障で戦線離脱といった傾向が目立つ大会でもあるようですね。

大物選手の欠場が相次ぐとどれだけ(´・ω・`)ショボーンになるか、別ジャンルとはいえ自分もスポーツ競技のオタ(特に海外オタ)なのでよくわかります。。。

でもその結果新たにチャンスを手に入れた選手たちが飛躍する姿を期待するのも、またスポーツの醍醐味なのでしょうね。

しかし香川選手が今回初出場というのも、何かずっと代表だったイメージがあるので意外な気もしました。南ア大会後程なくして代表の主軸ポジションを確立したってことなのか。

何にせよ彼の初舞台にも、他の沢山の選手の初舞台にも大いに期待したいです!


関連記事

新旧いろいろ

◆今週放映の【PIW】と【FaOI】、録画はするものの、【FaOI】楽公演に行く前に観るか否か迷っています。。。

皆様方の新プロ、折角なら会場で最初に観たいかも、とか、とか。

ううううううううん、迷う…^^; 個人的には、特に町田くんのプロを早く観たいのですが…

あ~~やっぱヒロミゴーとのコラボ含め、新しものだらけのショーなんて滅多に経験出来ないから、初見の且つ他者の評価を知らない状態で観た方が楽しそうだ。

うんやっぱり、録画だけしてとりあえず我慢しよう…(苦笑)


◆先生に自宅に来ていただいているピアノレッスン。終了後は、たまに私セレクションによるオススメ演技の録画鑑賞タイムになるのですが。

先日2009年スケートカナダのアボのFS(サン=サーンスの「交響曲第3番『オルガン付き』」)をご覧頂いたところ。

あの素敵タキシード衣装を見るなり、


「何ですかこれ。

 このまま結婚して下さい

 って感じなんですけど(・∀・)」


アーティスティックに華麗に力強く音楽を表現していくその美麗演技に、


「背景がリンクじゃ勿体ないですね。

リンダーホーフ(城)とかをバックに湖で滑って欲しい


先生、面白すぎます(笑)

でも確かに、お城も湖も、あのアボなら大いに似合いそうです~~(* ̄q ̄*) 個人的には、終盤のステップがたまりません…超素敵すぎるアボでした▽


◆ファイファー引退なんですね…(;_;)

彼の美しい演技が大好きでした。「月光」素敵だった… あの笑顔も脱臼スピンも好きでした。

最後にさいたまで生で観れて良かったです。次の人生に沢山の幸運がありますように。


◆カースティン、新しいパートナーが決まったようで何より。来季も頑張って下さいね。

シニカツ、美男美女でいいですねぇ。すごく楽しみにしています♪

コフトゥン、丸坊主で兵役行くのにあのドクロTシャツ…いや、彼らしくてヨイです(笑)

テンくんは、変顔がマイブームなんだろうか。。。


関連記事

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード