Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

ああああああ

ブラウンのFSがピアノレッスン!!!!!

大好きなので、誰かこの曲で滑ってくれないかなぁと思ってたら(私がスケオタになる以前にはあったんだけど自分は未見)、あろうことかブラウンがやってくれるなんて!!!

ああああああ、やっぱりNHK杯行きたい行きたい行きたいよぉぉぉ-----


関連記事

祝・なでしこベスト4

なでしこ準決勝進出おめでとう~~ヽ( ´∀`)ノ

絶妙な時間帯に点入れたなぁ。中3日と中5日で2日分のハンデがあるのにスタミナ勝ちしてたというところもすごいです。

今大会のなでしこの勝ち方って、何となく2014年の男子のW杯のアルゼンチンを思い出させます。猛攻とか圧勝とかなくて、点もあまり取らずハラハラする場面もあるけど、終わってみれば勝ってる。。。という、あの感じが(笑)

でも少ない点でも勝ち切るのが強いチームの証。ランキング上位は伊達じゃない、と思わせてくれるなでしこはやっぱり頼もしいですね。

とはいえW杯のアルゼンチンも、準決勝と決勝ではとても苦しんだんだよなぁ。準決勝まで来ると勝っても負けてもあと2試合戦うわけですが、更に厳しい戦いになるかと思います。世界一目指して、最後の最後まで頑張れなでしこ~~!


関連記事

アポロンさんのマンスリーチャレンジ〜6月

今月のテーマは、「雨 ・ しずく」

このテーマで制作するに当たって、私は考えました。

皆さんきっと「しずく」をメインに、綺麗だったり可愛かったりPOPだったりクールな素敵作品を作られるに違いない。

じゃあ自分は

「雨」 それも

どしゃ降りにしよう!(・∀・)

と(笑)


2015_6MChallenge_tag1.jpg


ちなみにイメージモデルはこちら

歌川広重/名所江戸百景「大はしあたけの夕立」

↑が、どーしてこーなった?とは、聞かないよーに(笑)

とりあえず洋風にしてみたのですが、稲妻を入れたら何かホラーサスペンスのイントロみたいになってしまったわ…


▽背景はまず、ディストレスステイン2色とTim Holtzのステンシルマスク使ってこんな感じに。

2015_6MChallenge_tag_back.jpg

この写真は今回のタグに使った背景ではありませんが、作り方は同じです。


グレー系のディストレスインクで明暗をつけた後、黒のサインペンで雨の線を入れ、ホワイトのペンで稲妻を入れます。

2015_6MChallenge_tag1_2.jpg

しずく部分はひたすらリアルな感じにしたかったので、グロッシーアクセントを使用。


2015_6MChallenge_tag2_2.jpg

鳥さんは、パターンペーパーにディストレスインクを塗った上からスタンプ。図柄のひび割れ感をカラーでも出したかったので、ホワイトペン・インカゴールド・ディストレスインクを使って仕上げました。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


また月末になってしまったので、来月の作品のアイディアも今のうちに考え始めておかなくては(苦笑)

アポロンさん、今月もチャレンジに参加させていただき、どうもありがとうございました▽


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


以前から介護中だった老犬(中型犬)の状態が今週始めから悪化し、現在介護が家族で24時間体制になってしまいました。このためワンダーランド用のATCを作る時間がなかなか取れず、今年は殆ど作れないか、シンプルなものを若干数用意する程度になってしまうかもしれません(T_T)

こんな状況ではありますが、もしご縁があって交換していただく機会がございましたら、どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m;;


関連記事

スケオタロード

下の記事で紹介されてるミッション、半分以上コンプリートしてる(苦笑)

過酷な「スケオタロード」

「他の趣味をやめた」は、スケオタになってから習い事を2つやめたけど、クラフト趣味はやめてないから該当するかどうかは半々かなー

ちなみに新葉ちゃんは、何でこの記事をRTしてるんだ^^; その後の全然別のツイも笑えたけども。若々しくて(いや実際むっちゃ若いわけですが)よいなぁv


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


お休み宣言した当日に何更新してんだよ、と言われそうですが、こういう一言二言的な更新ならするかもです、ということで^^;

もっと他にリキ入れて書きたいネタはたっくさんあるけど、そのどれでもないですから…orz


関連記事

お休み

老犬介護やその他諸々で悲鳴を上げていた両腕、特に右手首の調子がかなり悪くなったので、しばしブログはお休みします(TT)

整体の先生に言われた通りのストレッチをやったつもりが、激痛に見舞われ悪化してしまい;;orz

日本のペアとアイスダンスに新しい組が誕生したことや、ルール改正、クラフト関連等々書きたいネタはたっくさんあるのですが。。。7月中旬のスタンプイベントまでに交換用ATCを出来るだけ作っておかねばならない都合上、少しでも手首の状態を回復させるために、とりあえずキーボード入力作業は減らそうと思いました(つД`)

写真+短いコメントの記事くらいならUPするかもですが、長文感想やら考察やらレポのたぐいは控えようと思います。

いつもこういう宣言した途端、書かずにいられないネタが飛び込んでくるんだけど、今回は絶対そういうネタは無いと信じる! NHK杯の衝撃のエントリーについてはもう叫んじゃったし、きっと大丈夫だ^^;


関連記事

GPSアサイン発表

全カテざっとチェックしたので、改めて。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


【男子】

リッキーが! リッキーがNHK杯であたしを呼んでる!(;;)

ミハルとブラウンはワールドに来るだろうけど、リッキーは(と、あともしかすると2枠しかないのにプルさんが復帰する状況のコフトゥンも)どうなるかわからない。

いやでも他の3人は昨シーズン生で2回観てるから、やっぱりリッキーだよおぉぉぉ。

くそうNHK杯は私に何か恨みでもあるのか。第6戦だっていうのに、チケットがムチャクチャ取りづらいというのに、こんな豪華メンバー集めやがってヽ(`Д´)ノウワァァァン

ナショナルチャンプが出なくても当たり前なロステレが羨ましい(TT)(ナショナルチャンプ=プルだったら出そうではあるけども、ヴォロトラも出なかったしなぁ)

昌磨くんがN杯のシニアデビューお披露目枠から外されたのは、個人的に嬉しかった。私見だけど、シニア代表候補=3枠奪還戦力の1人としてしっかりカウントされてる感があって。


【女子】

ぎゃーーースケアメ行きたいスケアメ行きたいスケアメ行きたい!!!

美悠ちゃんとリプとベルとライチョワが観たい!!!!! 特に美悠ちゃん応援に行きたい!

他は、リプにリーザにコルピにワンにGGが揃ってるエリボン杯が私的に美味しいです。

優香ちゃんのデビューと2枠が嬉しい^^ TBDは誰が来るかなぁ。自力枠ないシニア女子の中では、誰が抜け出すか。

ソトニコワはGPSは出ないか、TBDでロステレだけ入るか、どっちかなのね。ナショナルとユーロやワールドはどうするんだろ。

しかし、スケカナのアナウンス… Pさんとデュハラドとウィバポジェの名前だけ掲げて、写真もその1人と2組以外はリーザと羽生くんとか。現ナショナルチャンプの男女の名前と写真も入れたげてよ…^^;


【アイスダンス】

パパシゼNHK杯INは予想通りだったけど、全体的には観たいカップルが完全にバラけたので、ダンス観戦はワールドを楽しみにシマス。

シニカツとウルディア、1枠しかなあぁぁい(つД`) 去年は2枠あっただけに、ショック… シニカツはロステレのTBDで入って欲しい(またイリジガと直接対決になるけど)

ベントさん組が解散してたのもショックでした。成績的には自力2枠あったのに…! ベントさんは既に新しいパートナーと組んでいるそうなので、年齢問題がなくなってジュニア残留だったりするのでしょうか…?


【ペア】

ペアもお目当ては完全にバラけた感じです。中国のお目当て2組とタラモロが一緒のところがあればと思ったのですが、ないようですし。

ペンジャンはまた2週連続なのか…スケカナに誰もINしてないのは、デュハラドと当たるのを1戦でも1組でも減らしたかったのだろうか。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


どのカテでも、ジュニアの上の方にいた選手たちのGPSデビュー戦が楽しみです。昌磨くんに優香ちゃんに美悠ちゃん、ヤノモズにセガビロにナザニキにサモヒン、あとベルとワンもそうかな?

来年は新葉ちゃんと草太くんも待ってるぜ… そしていつになるかはわからないけど、ヴァシリエフスもトルガシェフもロマンくんも全力で待ってるぜ…


関連記事

何てことしてくれたんだ…

真っ先にチェックした昌磨くんはNHK杯じゃなかったから、これで今年こそNHK杯狙わなくて済むーーー(^^)

…と安心して他を確認したところ。


嘘だろ何この反則メンツ


リッキーにミハルにボーヤンにブラウンにファリスにコフトゥン?????

何で、「今年はケヴィンは来ないから、昌磨くんがINしなければ諦められるな」と思ってたら、そのどちらもクリアした代わりにリッキーとブラウンとコフトゥンとミハルが本来罰ゲーム的な最終戦に揃っちゃうわけ?????

特に米男子は、マジ反則でしょ??? リッキーとブラウン揃い踏みなんて、スルー出来ないじゃん!!!


NHKぇぇぇぇぇぇぇ〜〜〜orz


スケカナがTBD枠を空けてるのは、ケヴィンの回復具合次第ってこともあるのかな。彼はとにかくまずはナショナルに間に合えば、って感じじゃないかと思うんだけど、ポイントのこともあるからGPSも出れるなら出たいだろうし。。。 地元枠のあるスケカナがシリーズの最初の方なのが厳しいかも。

他カテは、これからチェックします…… (あまりの衝撃で先に叫びに来ました)


関連記事

DOI 楽公演

行って来ました。座席位置にも恵まれ、すっごい楽しかった~~~♪(^O^)

以下、順不同で感想。全員分網羅出来てなくて申し訳ありません。ついでに、書いてる途中で『キリトルTV』が始まってしまったのでUPが遅れました…


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆佐藤くん、2日目までのレポを読んで期待度MAXで待っていたのですが、期待以上だったわ…

もう面白すぎて、目の端から涙出て来ちゃったよ!( ;∀;)

でもネタどころか、エンターテインメントとしてしっかり見応えのある作品になってます。

楽しくて面白くて見応えがあって、

これぞエキシビションナンバー!

という感じ。

入れ替わり立ち替わり、他の出演スケーターたちが彼の本番演技を覗きに来ていたというのがすごくよくわかりました。

私もコレ、一番最初に語らずにはいられなかったです^^; 佐藤くんに注目しているスケオタ仲間には、是非とも生で観ていただきたかった。


◆ジュニア組では星南くんと祐奈ちゃんがキレキレでした。星南くん、ミスはあったけどジャンプやキャメルスピンのポジションがすごく綺麗~~ついでに羽生くんの旧ロミジュリみたいな衣装も綺麗~♪

そして祐奈ちゃん、セカンド3Loご馳走様でした(^q^) ジュニア組で総スタオベだったのは彼女だけかな?


◆理華ちゃんの「キダム」は、過去の【DOI】で最初に新プロを観たときの印象と似た感じ。プロが似てるんじゃなくて、「これから相当ブラッシュアップしてくれそうだな」という印象のことです。

悪くないけど、もっと良くなる!というイメージとでも言えばいいのだろうか。

実際、シーズン始まってからの「カルメン」は【DOI】で観たときと比べて見違えるように進化していったので^^


◆知子ちゃんがすごくハッキリ表情作るようになってたー!

遠目からでもハッキリ笑顔がわかったよ! 全日本女王とワールド銀で自信つけて、より一生懸命練習したんだろうなぁ( ;∀;)


◆シニアデビュー組・昌磨くんと優香ちゃんの演技はどちらもノーミスで見応えありました。

特に、優香ちゃんは力強くてかなりの迫力。佐藤くんの衝撃の後で、観客を一気に自分の世界に引き込む吸引力が素晴らしかったです。


◆小塚くんのファルーカ、色気あって素敵素敵ー(T▽T)

オープニングで他の男子がみんなジャンプを跳ぶ中、小塚くんだけはステップ&イーグル。いいよ、それをぶつけてくる価値は十分すぎるほどにあるよ。


◆無良くんはオトナで男らしいイケメンを正しく使っていて、イイヨイイヨ。

しかし「黒い瞳」はやっぱりステップが鬼になる曲ね~ 4分半を狂気の沙汰のごとく猛スピードで動き回るアイスダンサーが振り付けた、というのもあるのでしょうがv


◆昌麿くんはまたしても楽公演だけ?ノーミスキレキレ演技で、 いつも楽しか行けない私は大変有難い^^♪♪♪

最初に3A2本、そして3本目!に4T決めやがりましたv フィナーレの4Tも余裕のクリーンで、何かとにかくカッコ良かったです。

襟回りは写真で見たときはちょっと微妙かと思ったけど、実際に動いてるところ観る分にはそんなに気にならなくて、赤い上衣の素材の煌びやかさの方が印象に残りました。


◆羽生くん、これは……ッ

4シーズンぶりに、FSに私好みのステップ来るーーー???

(FSでは)久々に好みのヨカンがするんだけど(;・∀・)ドキドキ 願わくばこのステップの勢いを試合でも…!(>人<)

ショパンのバラ1のステップが迫力あって好きだったのですが、それを更に荒ぶり系にした感じ?

シェイリーンと2人で能の動き研究したとか、すごくイイと思いました。期待。


◆町田くんはとにかくもう美しくて、体のラインといいその見せ方といい、違う生き物が混ざってるようでした。動きの種類がとにかく違う。

町田くん以外全て現役選手だったということも、彼が別の地平に向かったのだということを際立たせていたように思います。

今回の出演スケーターで敢えて似た人を探すなら、悠子ちゃんだな。


◆川スミも美しかったー(* ̄▽ ̄*) EXも相変わらず多彩なリフト入れてて、しかも悠子ちゃんのポーズがいちいち美しくて

パントンの系統はユージンが受け継いでくれそうだと個人的には思ってるけど、川スミ引退したら(バレエとかの)舞台芸術を思わせる演技をしてくれるペアがいなくなるのがサミシイです(;;)

悠子ちゃんの芸術性を引き継いでくれそうなペアはいないのかー


◆デュハラド(まだこの名字で呼んでいいのだろうか>メーガン(笑))の演技の印象は、目の前で観たリフト中のメーガンの背筋のものすごさに全部もってかれた気がする^^;


◆フィナーレ後のジャンプ大会、無良くんと羽生くんが最後にチャレンジしてたのが4Aだと帰宅してレポ読むまで気づきませんでした…orz

何で3A繰り返しやってるんだろ???と。

羽生くんが盛大にコケた時点で気づくべきだった… アタマが片鱗も想定してないことだと、目の前で見ても気づかないものなのね;;

そういえば、羽生くんは私の席エリアの斜め下辺りで跳んでたのでよくわからなかったのですが、真ん中で跳んでいた無良くんはものすごーく高く跳び上がってたっけなぁ。

しかし4Loへの挑戦が続いたと思ったら、もうそこまで行きやがりますか…

ジュニア女子も昨季までノービスだった男子も、ショーでセカンドトリプル跳びまくるし、シニア男子はショープロに3Aや4T入れるだけじゃ足りなくて、最後は4Aまで跳びやがる…

ジャンプ厨の国・日本、恐ろしい子…!


◆アンコールも終わり、今度こそみ~んなカーテンの向こうにはけていく…というとき、羽生くんが最後まで残ってまた少し前に出て来て、観客の注目を集めて静かにしてもらうよう?身振りで促しました。

何をするのか、まだ跳ぶつもりなのか?^^;と思いながら観ていると、両手でメガホン作って思いっきり声張り上げて

「ありがとうございましたー!」

真反対の南アリーナにもしっかり届いたよ! 3日間お疲れ様、楽しませてくれてこちらこそありがとうです、スケーターの皆様(^^)/


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今回、自分の席は予想通りのエリアだったけど、その中では最も理想的なエリアでした!(´∀`)

私、ショートサイドは絶対端寄り派なんですよ。真ん中だと自分の最大のお目当てでもあるストレートラインステップが寸詰まりにしか見えないし、端の方がジャンプ目の前だし。

そしたら、リンクに程良い近さで且つ演技が(そのエリアでは)もっとも観やすい高さの、演技正面側の端寄り席が来ました♪♪♪

おかげで演技が立体的に観れたし、選手の表情もよく見えたし、丁度羽生くんがジャンプ大会でクワド跳ぶエリアだったので、目の前であの迫力のぎゅるぎゅる4回転が何度も観れて、本当に自分的には馳走様な美味しい席でした(^q^)

何か今年に入ってからチケ運がやたらいいわ…どれも場所は選べなかったのに、こんなに自分が望む通りの席位置に次々当たるなんて、いまだかつて経験がありません。

この先反動が来たらどうしよう~~とちょっと(いやかなり)怖かったりします;; 良運が続いているうちに、誰か他人様のチケットのために何らかの尽力をして功徳を積まなくては…ッ(汗)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


最後に【DOI】バックヤードネタおまけ

うっかり見逃してたけど、宮本さんのブログの「壁ドン2」---vvv

織田くんたちの壁ドンは何かちょっと腰が引けてたり間が抜けた感もあって微笑ましかったけど、こっちはかなり私のイメージ通りの壁ドンに近いわ(笑)

というか、

すげー迫力です皇帝^^;

宮本さんの脅え方は、女の子に入れ替えるとかなり少女漫画のそれっぽくなる気もする。

でもこのままだと宮本さんの言うような「怒られてるみたい」というよりは、やっぱり、カツアゲとか脅迫に見えてしまう。。。

皇帝パネェ。


関連記事

レビュー記事に思うこと

日本ではまだ一件も見かけない【DOI】のレビュー記事(羽生くんのレビュー記事ではなく、【DOI】の記事ね)を、Ice Network で読むことが出来ました。

村上くん、昌磨くん、理華ちゃん、知子ちゃん、無良くん、羽生くん、海外ゲストのプロと演技内容紹介、昌磨くんと羽生くんに関してはインタの一部まで紹介されていて、一般人のツイレポは一切チェックしない自分としては、この記事で最低限知りたかったショーの情報を大体知ることが出来て大変有り難かったです。

日本で開催されてるにも関わらず、一番最初にきちんとした形で「ショーとしての」プレビューをオンラインにUPしてくれたのが海外のサイト、というところが日本の1フィギュアファンとしてはちょっと悲しかった↓

確かに、しばらく待てば何種類かある雑誌でショーのレビュー記事を見ることは出来ます。選手1人1人についても、詳しい記事が出て来ます。でもいちはやくオンラインで見ることは難しい。

日本の場合ネットのフィギュア記事はスポーツ枠の中の1つという扱いになってるので、一部のライターがフィギュアコラムを担当しているとはいえ、即時性を期待出来るのは1人2人の注目スケーターのレビューのみなんですよね。「ショーの」レポやレビューとなると、完全に(かなり今頃感の強い時期に出る)雑誌待ち。

1年を通して世界各国全カテゴリの選手の記事をオンライン配信してくれるようなサイトは海外に期待するからいいとしても、海外より詳しく取材出来る筈の日本のイベントくらいは、海外より先にレビューしてもらえると有難いのですが…(´・ω・`)

もしやTV放送があるから、すぐにレビュー書いちゃいけないとかいうルールでもあるんだろうか。いやでも一番注目を集めてるスケーターのレビューやインタはすぐ載るんだから、そんなルールないよね;;

日本で開催されてる「イベント」くらい、即時性をもって知ることが出来る「フィギュアスケート専門の」サイトが欲しいなぁ。。。


関連記事

DOI 初日の情報からいろいろ

◆ををを、羽生くん陰陽師で狩衣衣装とは…!

パリ散、ショパンのバラ1、と私が来て欲しいと思うジャンルがドンピシャで続いたので、次ももしかして私の期待するジャンルが来るかも?と、何が来て欲しいか考えてみたんですよね。

でも俺様系とバリバリクラシックだけでもうかなり満足しちゃってたので、すぐには浮かばず。敢えて何か考えるとしたら、「CHANGE」系の和物、くらいしか思いつかなかったんです。

そしたらまたしてもドンピシャで、しかもこれまたすごい似合いそうなのキターーー!(゚∀゚)

同じ狩衣でも、義経とかじゃなくて清明ってのがいいと思いました。だって絶対清明の方が「王者」に似合ってるもん。

ネットで冒険プロという意見も見かけたけど、自分は全然そうは思わなかったなぁ。静かに始まるショパンをあれだけ表現出来てるんだし、「CHANGE」で和物と相性いいのもわかってたし。。。技術的難易度の高さを指して冒険というならまだわかるけど、でもそういった意味での挑戦なら毎シーズンやってるから、このプロならではということにはならないと思うし。

あと五輪でメダル獲ってた頃のシンクロ観てるから、採点競技において高い技術を持った日本のアスリートが和物プロをやるというのは、海外では結構評価される印象が(個人的には)あるんですよね。その意味でも、世界屈指のテクニックを持つ羽生くんがルックス的にもすごくハマるキャラで和プロをやるというのは、すごくいいなと。

映像観ましたけど、なんか荒ぶり系で特に私の目を引いたのは

旧ロミジュリで私が一番好きだったのと
そっくりな振付が入ってたこと!


でした。

あれ最高に好きだったのに、ニースワールドでは入ってなかったんだよ! 全日本では(多分カメラアングルの関係で?)よくわかんなかったんだよ!(あれがあったからGPFの演技が一番好きってのもある)

旧ロミジュリみたいな、「そのときの羽生くんに神がかり的にハマってる」プロになってくれたらいいなぁ( ̄・ ̄) (似たプロにしてくれという意味ではない)

そういえば旧ロミジュリも来季と同じ五輪の2シーズン後(五輪の中間年)でしたね。2011-12シーズンは全体的に(特にダンス)良プロ揃いだったから、来季もそうだといいなぁ(いやでも神プロ揃いは、本当は五輪イヤーにして欲しいんですが…^^;)


◆しかし早くも「パリの次は京都炎上」とか「式神を飛ばしてる」とか「とうとう自ら魔物退治に」(この場合は調伏と言うべきか?)と言われてて、笑ったvvv

いや魔物は是非倒して下さい。お願い。でも羽生くんはどの試合でも出番遅いから、試合全体という意味では効果薄いかなぁ(苦笑)

ただ魔物にとってムチャクチャ怖い存在になってくれそうだということは、期待せずにいられない。というか羽生くん自身がしばしば鬼神のようなオーラ放ってますしね。。。(褒め言葉)

ちなみに京都とパリは、リアルで姉妹都市だそう。


◆すぽるとのニュース映像、羽生くんのステップが始まった途端上半身のアップにするとか(しかもそれ自体もいいアングルとは言い難い)、これが本放送の映像だったら殺意を覚えるところだわ^^;

そういえば、他局だけど【FaOI】の映像も上半身に寄るアングルが結構気になったんですよね。足さばきが見せ場のところで上半身アップとか本当にやめて欲しい↓


◆羽生くんと昌磨くんはFSプロだからと、クワド2本入れてたとか。(勿論3Aも)

全日本のTOP2は、ショープロの構成をなんだと思ってるのか^^; すごくて素晴らしいけどケガには気をつけてねー


◆ニュース映像でチラ映りしたリーザの年齢相応なはつらつ衣装がすごい可愛かったー! 新プロなのね~楽しみ(´∀`)


◆明子ちゃんが振り付けた理華ちゃんのキダムが評判良いみたいで、早く観たいです~(><)

1部を全部かっさらっていったという、佐藤くんの変プロも(笑)


◆昌磨くんは曲がトゥーランドットという以外は、語れるほどの情報が無いので実際に観るまでノーコメント。


◆メーガンたちは無事に調整出来たのでしょうか。【DOI】の後も【FaOI】の長丁場だし、ケガしないようにどうぞ気を付けて~


◆明日はいよいよ町田くんの登場ですね! 楽しみ^^

無良くんは「黒い瞳」だそうで、大人のイケメン男子には似合うだろうなーこちらも楽しみ。(彼こそヒラヒラフリフリを着てくれていいのよ)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


【DOI】関係無いけど、Jテンくんが正式に引退を表明しましたね。

最後のシーズンのプログラム、SPもFSもとても素敵でした。両方揃えることはなかなか出来なかったけど、今季行った試合は縁あって毎回観れたから何回かいい演技も観れて嬉しかったです。お疲れさまでした!


関連記事

5月オフ会のATC・7(終)

結局7回分きっちりかかってしまったこちらのシリーズも、今回でいよいよ最終回(記事タイトルにも最終回マークつけてみた(笑))

201505ATC_title2.jpg

トリは、オフ会で幹事をしていただいたアポロンさんのATCをご紹介します(・∀・)


憧れの「捕獲されたシーラちゃん」、ゲットぉぉ!

aporonsama_coelacanth.jpg

シーラちゃんは、消しゴムはんこのシーラカンス。図案を描かれた絵師はポチさん、彫り師vがアポロンさんです。

アポロンさんのブログによれば4月のホビーショーでの交換用に制作されたATCとのことだったので、ホビーショーに行かない私は「シーラちゃん、欲しい…」と指をくわえながら眺めておりました。

でもさすがシーラカンス、まだ生き残ってた!

アポロンさんが生け捕り用に沢山繁殖させて下さった(笑)おかげで、私も分け前にあずかることが出来ました!( ;∀;)

切り絵風のシーラちゃん、デザインも顔つきもすごく私好みの味わいがあって大好きです。胴体部分のスワール模様と小花柄も、とてもキュート。お花のピンクと青も渋くていい色です。つい、雌雄同体?みたいな妄想もしてしまったり(笑)

そして今回の、この黒光りするザラつき感のある皮膚(?)!

aporonsama_coelacanth2.jpg

色的には黒コゲなのに(笑)、何か 鯛焼きみたいですごくおいしそー!

(実際のシーラカンスは、不味いからこそ絶滅しなかったとも言われてますが^^;)

捕獲網をミシンで縫って作るというアイディアも秀逸でした。ミシン縫いは色々な可能性がありそうでいいですねぇ。

どうやって作ったのかわからないアブストラクト(抽象的)な背景も、シーラちゃんの古代テイスト(笑)によく似合ってて配色も柄の雰囲気も大変好み。この背景込みでゲット出来たことが、とても嬉しいですヽ(^^)ノ

尚「捕獲されたシーラちゃん」の作り方は、アポロンさんのブログに詳しく解説されています→こちら


アポロンさんにはお嬢さんの子ポロンちゃんの分のATCも差し上げたので、自分ももう1枚いただくことが出来ましたヽ( ´∀`)ノワーイ

すごーく欲しかった、孔雀のATC!

aporonsama_peacock.jpg

勿論こちらも、アポロンさんご自身が彫られた消しはんです。メイキングの詳細は こちら

羽の部分がぷっくり3Dで、図柄のゴージャスさとも相俟ってボリューミィな1枚です。孔雀モチーフ、あまり持ってはいないものの問答無用で好きなデザインなので、やはりブログで拝見したときから「欲しいな〜〜」と思っていました。

構図もすごく決まっていて、文字を入れるスペースの配分が絶妙です。使い勝手が良さそうで素敵なデザインだと思いました。羽の模様も細かくて華やかで、塗り絵も楽しめそうですね。色違いもあったので、そちらも欲しかったです〜〜(欲張り)

今回のシーラちゃんや3D孔雀以外にも自作の消しはんの魅力を倍増させる工夫がいっぱいのATCをお作りになられていて、素敵だな~と思いながら拝見しています^^ スタンプ・はんこも自前、というのは究極の理想ですねぇ。

アルコールインクを殆ど持っていないので(高いし種類が多いし^^;)、こういう背景は好きなんだけど作れない… これも、背景込みで嬉しい1枚でしたv


フレームの色が合ってなくてすみませんなのですが、只今エンベロープパンチボードで作ったATC用エンベロープフレームに入れて電子ピアノの上に飾ってあります♪

aporonsama_peacock2.jpg


ATC以外にも、↓ポチ袋をいただきました。

aporonsama_pochi.jpg

こちらにも、アポロンさんが彫られた消しはんが捺されています。おめでたい鶴亀と、妖精さん&鳥さんの装飾オーナメント柄。版画風・切り絵風デザインは、やはり消しはんの魅力が生きますね!

ポチ袋は人に何かを差し上げるときに使うアイテムですが、人にあげちゃうのが勿体ないから困ります(苦笑)

オフ会の準備や仕切り含め、自前のデザインならではのATCとポチ袋をどうもありがとうございました&お疲れ様でした!(^o^)


最後は、アポロンさんにもらっていただいた私のATC2枚。

inkoATC.jpg

1枚を子ポロンちゃんに…ということでお渡ししたところ、こちらが子ポロンちゃん行きとなったようです。

アポロンさん宅では、セキセイインコのルー(本名:ブルー)くんがアイドル。インコのコラージュスタンプからインコと止まり木部分を切り出してコピックで着色したものを、2枚重ねてみました。

背景(下)の作り方は、5月オフ会のATC・2でご紹介したものと全く同じです。

背景(上)のフレーム部分も作り方は上記記事で紹介しているものと基本的には同じですが、こちらは自宅で違う紙を使って違う塗り方をして作りました。gumi先生の講習で作ったときよりも薄い色になり、また暗い色のアクセントも入れ忘れてしまったためドライエンボスした後に少しだけ足したのですが、時既に遅し;; 全体的にぼんやりした印象になっちゃいました。

ただメインに使ったインコのスタンプが一輪車猫よりもずっと細かくて濃いめの柄だったので、それほどバランス悪くはならずに済みました^^;


もう1枚はコレ。

cat_circle.jpg

背景(上)は、5月オフ会のATC・5でご紹介したのと同じです。ちなみに、こちらの紙から切り出した一番大きな同心円が、miniusaさんに差し上げた一輪車猫ATCで一輪車部分の背後になってる部分です。

実は先に作ったのはこちらの猫の方。同心円サークルを刳り抜いた残りを見て、この丸い孔から何か覗かせたりはみ出させたりしたくて、ウズウズしました。そしてそれには、毛が生えててうねっとした尻尾がベストかな〜〜と(笑)

丁度、複数の孔を効果的に使って顔を出したり尻尾をはみ出させたり出来るジャストサイズ&ポーズの猫スタンプがあったので(ラッキー)、コピックで着色して使ってみました。この「丸穴から覗くにゃんこ」は、なかなか好評で嬉しかったです^^

でも本当は、「尻尾だけで勝負するATC」も作ってみたかったなぁ(笑)

エンベリに使ったメタルチャームの鍵は、一輪車猫のATCに使った羽とセット販売されてたものの1つ。ラビリンス(迷宮)から脱出するための鍵、というイメージで貼り付けました。アンティーク調に出来ないかとヤスリをかけてみたのですが、それほど効果は出なかった印象です。

尚、こちらか上述のATCいずれかの背景(上)から切り出した小さなボタン風の円部分(同心円にはなってないもの)は、しょーこさんに差し上げたサーカス象さんのATCの左上のエンベリとなっています。1枚で色々使える、便利なエンボス柄です♪

また上記象さんATCの背景(下)と元は同じ紙だったもう半分を、こちらでも背景(下)に使っています。こっち見ると紫が入ってるから、使ったカレイダカラーはやっぱりヴァインヤードかな?


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


このオフ会の席で「(自分が作っていったATCの)背景の作り方を、ブログで説明しますよ〜」と宣言しちゃったので実践してみたのですが、8枚分はさすがにハードだった^^;

今回返ってみて改めて気づいたのは、私は立体感をつけるのが好きらしい、ということでした(笑) なので、もらう場合も(極端に立体的過ぎなければ)好きですねv

ATCを交換して下さった皆様、そして7回の長きにわたってこのシリーズにお付き合いいただいた方も、どうもありがとうございました!m(_ _)m


関連記事

5月オフ会のATC・6

201505ATC_title2.jpg

いよいよ大詰め(笑)、第6回▽


今回はATC交換会でのひとこま(笑)も添えて、limeさんのATCのご紹介です。

limesama1.jpg

観覧車を回すハムスターくん、可愛い〜〜〜 この組み合わせのアイディア、GJです^o^ ポップで可愛いパターンペーパーの柄とも雰囲気がよく合ってますね。

Lawn Fawn(スタンプやダイのメーカー)のシンプルなファンシー系イラストの動物スタンプは私自身は買わないのですが、動物モノは大好き。なので愛らしい作品を拝見するのも好きです^^

「I WHEELIE LIKE YOU」は、あちらの動物スタンプによくついてくるダジャレ文字。元は「I REALLY LIKE YOU」でしょうか。 ホイール(WHEELE)を回しながら訴えてるのですね(笑) 何気にこの動物ダジャレシリーズ、大好きな私でしたv

ところでこのハムくん、実はいかにも「これが最後の1枚」という感じで1枚だけ私のところに回ってきたため、そのまま素直に「ああこれが今回のlimeさんのATCで、全員同じデザインなのね^^」と思って受け取ったのですよね。丁度私はlimeさんの席の反対側の端だったため、人数分のATCが配られたのであれば私のところで最後の1枚になるわけですから。

が。

隣席のしょーこさんが、ハムくんの他にちょーーーー素敵なATCを持っていて、limeさんからもらった、と。

↓こちら(自分のでもないのに撮らせていただいちゃいました。Thanksです!)

limesama_treasurebox.jpg

何何何、どこにこんなタカラモノがあったの!?…みたいな感じで私が騒ぎ始め(すみません^^;)

それがキッカケで、limeさんがたっぷり用意してこられた1枚1枚違うデザインのATCの束が、全員に行き渡ってないことが判明! limeさんはlimeさんで、その束がほとんどなくならずに手元に戻ってきたため、「もうみんな要らないのかな」と思っていたのだそうです。

マイガッ……危ない、もう少しでみんな大損するところでした!(笑)

「え〜〜欲しい欲しい見せて〜〜〜!」と物乞いと化した私を筆頭に、皆さんの前には改めてATCの束が提供されたのでした。ほっ。

目移りする中、私が選ばせていただいたATCは↓こちら

limesama2.jpg

どうやったら、こんな淡いけど重層感があって幻想的な背景が作れるんだろう〜〜と、見れば見るほど見惚れました!

白いスプラッタ(飛沫)部分はモデリングペーストでしょうか? さりげにハートも混じっていて可愛い。薄い茶〜ベージュ系?インクで惜しげもなく地模様のように使われたの繊細な文字&植物のスタンプも、とても素敵です。

妖精のインクの色もバッチリ♪ 羽がラメラメしていて、手にしたお花の先端には立体のバラまでついていて(スタンプの柄自体は別の花)、手間がかかってます。

ATCのサイズに対して小さめのスタンプってメインに使うのが難しいといつも思っていたのですが、これはそういうときのお手本にしたいレイアウトですね(´∀`)

あと自分は紫の背景って全く作ったことがないのですが、すごくいいなぁと思いました。席が近かったら作り方を教わりたかったです〜〜残念。

でも宝箱ATCの方のタイトルロゴ?部分の地にあるドット柄が、オクラのネット使用で施されたということだけは教わることが出来ました▽ ←みんな衝撃でざわついていた(笑)

ところで私がいただいたATC、↓裏も素敵なんですよ〜♪

limesama2_2.jpg

仙台から遠路はるばるお越しいただいたlimeさんからは、ずんだスイートサンドパイをお土産に1ついただきました。美味しかったです〜〜素敵ATCと共に、どうもありがとうございました!(´∀`)


続いて、limeさんにもらっていただいた私のATCのご紹介。。。なのですが。

実はlimeさんがどのATCを選ばれたのか、私にはわかってませんでした^^; 手元に残ったATCと他の方がブログで紹介して下さったATCを見て、消去法でこれだろうというのが判明した形です。

その1枚は実は今回のオフ会のために作った新作ではなく、直前or当日に参加者が増えた場合のための予備として持参したうちの1枚でした。結局人数は事前に確認していた通りだったので本来新作だけで枚数は足りた筈なのですが、皆さんに回すときは束の中に混ぜていたようです。

そちらは写真を撮っておかなかったため、同時期に作った同じシリーズの下記ATCをご参照いただければと思いますm(_ _)m

植物のATC・1
植物のATC・2


そして後からいただいた1枚のお返しに、こちらからも1枚を追加でお渡ししました(押しつけたとも言う^^;)

↓こちら

butterfly_bluegreen.jpg

蝶のダイカットは、*miel*さんにもらっていただいたATCの背景(上)から(ドライエンボスを施す前に)抜いたもの。

こちらの背景(上)もそのATCの背景(上)と作り方は同じで、最後に塗ったのがピンクではなく緑(ディストレスインクの多分 Mowed Lawn)でドライエンボスは施していない、という点だけ違っています。

ご覧の通りバーサマークで捺した文字スタンプは、うっかり逆さにしてしまいました(汗) メインではなくて背景柄なので、何卒ご容赦を〜;;

これは背景(下)といえるものは特になくて、裏書き用の紙の白い裏面をそのまま使っています。四方の縁はブリリアンスのパーススカイブルーで塗り、蝶のダイで抜いたところから覗く部分はレモンイエローのジェルグリッターでランダムに塗ってあります。

アクセントに使った細長い千切り紙は、gumi先生の講習で作成したメメント4色のカラフルな背景紙をドライエンボスしたものと、イエロー&オレンジ系のコラージュ柄マスキングテープです。

エンベリとして使った青いチューリップはかなりかさばるのでためらいもあったのですが、

今回作ったATCの中では、一番色合いが気に入っている1枚です(^.^)


関連記事

いろいろ

◆【PIW】と【FaOI】に行って確信した。

ランビ、バトル、織田くん、町田くん、小塚くん

今現在、自分はこの5人のうち少なくとも2人が出てれば、どのショー行ってもいいわv


◆昨日の夕方頃(日本時間ね)、メーガンが飛行機トラブルでまだ日本に向かえてないってつぶやいてたけど大丈夫かな…

ギリギリだと時差ボケもあるだろうし、体調を崩さないよう願ってます。

そうそう、遅ればせながらご結婚おめ!

ショーでは、試合では危険だからと試せない技にも挑んでくれるとのこと、楽しみにしています!(^▽^)


◆「KENJIの部屋」の昌磨くん、何度も「声ちっさ!」と突っ込まれてましたね(笑)

しかし一番印象に残ったのは、昌磨くんが(リンクで一緒に練習してる)仲間内で一番の盛り上げ役は龍樹くんだと言ったときの、宮本さんの固まり方だったりする^^;


◆News Webのつぶやきビッグデータで、一番話題になってたのがまだ発売されてもいないアイドル育成アプリだと知って目がまんまるになっていた明子ちゃん。

その夜、「フィギュアスケーター育成ゲームとかあったら人気出るのでしょうか」とつぶやいてました(笑)

人気がどの程度の規模を指しているのかわからないけど、少なくとも自分はものすごくやりたいぞvvv


◆Pさんの来季の素敵プロのチラ見せ動画を観ました。うおぉージャズだ楽しみだぞぅ 【JO】、今年も来てくれないかなあ~


◆『Quadruple』次号裏表紙の昌磨くんの顔の角度が色っぽすぎるvvv カメラマンさん超GJ♪


◆今夜から現役選手たちの新プロ競演が始まる~~

日曜日の楽公演まで、いやそれが終わってからも新プロにかける期待と翌々日のGPSアサイン発表で、祭りだ祭りだワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

アサイン発表が終わってから、しばらくまたスケオタ的オフシーズンに戻ります。シーズン中に出来ないことをやっておかなければ(特にクラフト関連^^;)

【DOI】終了翌日からアサイン発表まではすぐなんだけど、気持ち的には長い1~2日になりそうだわ…(苦笑)


◆オオモリくんがツイで

「親しい友人が、ダイヤモンドはものすごいプレッシャー(圧力)の下で形作られると教えてくれた」「2013年のしんどい時期に(世界ジュニアでメダルが獲れる)ベストな演技が出来た経験が、自分の人生のダイヤモンド」(※いずれも意訳です)

と語ってました。

イイハナシダナー( ;∀;)

ケガに悩まされてたようですが、来季は復調してくるといいなと思います。


関連記事

5月オフ会のATC・5

本日2度目の更新なのでオープニング画像は省略。このシリーズは今週中に終わらせる予定なので、ピッチを上げています(笑)(アニメとかでも尺が足りないときは、よくオープニングやエンディングは省略されますね^^;)

それでは、「しょーこさんを囲む会 ATC」第5回!


今回は、miniusaさんにいただいたATCのご紹介です。

miusasama.jpg

コーヒーの染みをイメージした背景が最っっ高に好みです〜〜! 湯気の表現もすごく効いてるし、美味しそうなコーヒーの匂いが漂ってくるような錯覚を覚えますねv

ティムのブループリントシリーズの上手な使い方のお手本を見せていただいた、という感じです。私は賑やかにごてごてさせていくことが多く、ワントーンの渋みだけで魅せる作り方をすることがなかなか出来ないので、見習わせていただきたいと思いました。

美味しいコーヒーは、やはりスイーツと一緒にv

miusasama2.jpg

ランチ代わりにしたメープルパンケーキ(の一部)に添えて、いただきました(^.^)

クールなラフ画調スタンプを1点使いする方法が思い浮かばない私には、色々と参考になりました。こういう、背景の作り込みとシンプルなインパクトで勝負する1枚、自分でも作ってみたいですねぇ。さながら「計算され尽くした1人芝居の舞台」みたいな。

ちなみにこの背景の作り方をレクチャーしていただいて、もう感動! 世界がすごく広がったかも〜♪ 自分でも是非試してみようと思いました。

でも湯気部分の作り方もレクチャーしていただけば良かったなぁ(笑)

オシャレで美味しそうなコーヒーATC、どうもありがとうございました!^o^


miniusaさんにもらっていただいた私のATCはこちら

cat_monocycleATC2.jpg

一輪車猫は、jyanさんに差し上げたATCと大体同じ色で塗っています。背景は2枚共、黒い紙にドライエンボスしたものに白のジェッソとインカゴールドを塗っています。

背景(上)は、Tim Holtzのサークルエンボスダイを使用。

大小の同心円柄が散りばめられたデザインはかなり好きなのですが、いかんせんATCサイズだと上にポイントになるスタンプ絵など重ねた場合大きなサークル部分ほど隠れてしまいます。背景として利用するにしても、インパクトのある部分が隠れてしまうのは勿体ないなぁ…と考えあぐねた結果。

どうせ隠れるなら、切り取っちゃえ!

…と思い立ったのでした(笑)

円の痕跡は利用したかったので一番外側の円は残し、あちこちを切り抜きました。こうすると変形フレームみたいになって色々遊べるようになります(^.^)

背景(下)は同じようにTimのエンボスダイで作ったもの。背景(上)と重ねるときは、構図に躍動感が出るようにしました。一輪車猫の角度もそれに合わせてあります。

一輪車部分の背後には、同じようにして作った別の1枚から切り抜いた同心円サークルをあてがいました。

一輪車にくっついてる羽は100均で買ったメタルパーツ。アンティーク風にするために錆び付いた感じを出そうと思っていたのですが、時間が無かったこともあって忘れてしまったのが残念です↓

パールはアクセントをつけるために並べたのですが、少しサイズが大きすぎたかも…確か丁度いいサイズがなかったような気もする。「Strength」の文字スタンプとちょっと重なっちゃってバランスが悪いので、文字はもうちょっと上に捺したかったなぁ。

小さい文字の単語スタンプもこういうとき重宝するので、洒落た書体のものが色々あると便利だなと思います^^


関連記事

5月オフ会のATC・4

後半に向けてオープニング画像変更〜 こっちの方がタイトルには合ってますね(笑)

201505ATC_title2.jpg

第4回!


今回は日本ではあまり見ない趣向のスタンプについての話題を添えつつ、*miel*さんにいただいたATCのご紹介です。

mielsama2.jpg

薔薇の重ね捺しスタンプだ〜♪

花びらの部分も葉も、色が2〜3段階あります。薔薇みたいなモチーフは、陰影がつくとやはりゴージャス感が違いますね。

mielsama3.jpg

印刷したみたいにきっちり位置合わせもしてあって、素敵な仕上がりになっています。

センティメントスタンプの言葉も、綺麗可愛いATCにピッタリですね。花冠のパンツ丸見えスカート?のキューピーちゃんは、女のコなんだろうか(笑) 中から親指姫が出てくるのでも待っていそうですv

ちなみに私が重ね捺しスタンプの魅力を初めて知ったのは、Kitchen Sink Stamps でした。

スタンプを始めた頃チェックしていた米在住日本人ペーパークラフターさんが、上記ショップのスタンプをよく使ってらしたんですよね。

同店の商品はこんな感じ→で、ベタのスタンプを3段階に分けて重ねます。ベースに対して、(アニメ塗り用語?で言うところの)1カゲ、2カゲがあり、つまりベースの色に対して2段階に陰影をつける、というスタイルですね。

日本にも入荷しないかなぁ…とずっと思っていて、その話を某スタンプショップの店長さんにしたことがありました。その方もこのブランドには関心をもってらしたのですが、日本のショップが仕入れて販売するには何か障壁があったみたいですね。

いずれにせよ、重ね刷り風のスタンプはやっぱり魅力的だと久々に思い出させていただいた*miel*さんのATCなのでした。どうもありがとうございました!^o^


続いて、*miel*さんにもらっていただいた私のATCです。

butterfly_pink.jpg

背景(上)は、元の紙は今までご紹介してきたのと同じネオンカラー7色を使ったもの。その上にバーサマークで文字スタンプを捺し、ディストレスインクの(多分) Picked Rasberry を全体にラフに塗りたくりました。

こうすると下地がピンクだった部分の文字は沈みますが、ピンクと色相的に遠い色特に反対色だったところは浮き上がってくるので、そのコントラストが気に入っています♪

仕上げにティムのエンボスダイでドライエンボスしてありますが、浮き出させた文字の効果を殺さないように凸部分には何も施していません。

蝶のエンベリは、背景(上)を蝶のダイで抜いた跡に別の白い紙を同じダイで抜いたものをはめました。こちらはブリリアンスのムーンライトホワイトを塗っています。これだけでも十分光沢はあって、質感もしっかりした感じになっています。

背景(下)には、以前作成したもののデザイン的にイマイチで使い道に困っていた背景紙を使っています。色合いが合ってて、四方の縁(フチ)と蝶の下の部分から覗くだけで殆ど見えないというところが、すごくおあつらえ向きでした(笑) 気に入らない出来の1枚は、色味さえ適していればこういう形でリサイクル出来ますよ〜


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


このシリーズを始めるのが遅かったので、ピッチを上げるために本日はもう1回分更新予定です。


関連記事

色鉛筆ATC

5月オフ会のATC・2 でご紹介したjyanさんの色鉛筆ATCにインスパイアされて、自分でも黒地に色鉛筆のATCを作ってみました。

kokoperi1_2.jpg

jyanさんの作り方ではまずバーサマジックでスタンプした上から色鉛筆で描く、というものでしたが、手頃な図柄を考えたり選んだりするのに時間がかかりそうだったので、スタンプは使わず直接手描きしました。

おかげでスタンプアートのATCには全然ならなかったのですが(苦笑)、やりたかったのは「黒地に色鉛筆塗り」だったため目的は果たせました^^

イラストはネイティヴアメリカンのカチナと呼ばれる精霊群の一種で、「ココペリ」といいます。ネイティヴアメリカンアートの中ではメジャーなモチーフで、日本でもアクセサリーやぬいぐるみを買うことが出来ます。常に角笛?を吹いている姿で表現され、幸せを運んでくれると言われています。参考→

私は昔からココペリが大好きで、ぬいぐるみの他にピアスやブローチも持っています^▽^ このイラストは、以前池袋西武のクリスマスギフトコーナーで販売していた大ぶりのココペリストラップを見ながら描きました。

kokoperi2.jpg

ちなみに↑のストラップはお守りを兼ねているそうで、カラーごとに意味が違っていました。私の買ったこの茶色は、「金運」だそう(笑)

でも散財に出かける際このストラップをつけ損ねて出かけることが多いので、あまり活躍していただけてないのが残念です(苦笑)

カードの背景には、私のタロットカードコレクションの中からネイティヴアメリカン柄のものを選んで敷いてみました。


余談ですが、この子はもういません。

正確にいうと、この状態のこのカードはもうない、ということなんですけども…

実は、色鉛筆画の仕上げにはフィクサチーフ(定着スプレー)を吹きかけるのですが、探しても見当たらず。やむなく、トールペイントをやっている知人に借りたつや消しフィニッシュスプレーをうっかり使ったら、全体的に色が沈んでしまいものすごーーーく暗くなってしまったのでしたorz

kokoperi3.jpg

上の1枚は、色鉛筆で引いたラインの左側だけそのフィニッシュスプレーをかけた状態です。スプレーをかけてない右側と比べ、特に暗い色が完全に沈んでしまってるのがわかると思います。

おそらく、jyanさんが使用したとじ郎倶楽部さんのスタンプアートペーパー(黒)とも違う、もともと黒いだけの紙に描いたのも失敗だったのでしょう。せめて黒ジェッソを塗った上に描くべきでしたね^^; これから気をつけようと思います…


関連記事

5月オフ会のATC・3

タンタ〜〜ンタタ〜〜ン…タンタ〜〜タタ〜〜…ン(リストの「愛の夢」が流れているつもり)

201505ATC_title.jpg

第3回で〜〜す♪

今日は、leafさんからのいただきものをご紹介。可愛いパッケージの中に、お菓子と一緒にATCが入ってました▽

leafsama.jpg

よく見るとリボンは2本重ねてあって、細かいワザにちょっと感激♪

leafsama2_2.jpg

背景はランダムに塗っているように見えて、ピンクの薔薇の部分はちゃんとお花にかぶってそこだけアクセントのようになってます(・∀・) 同じような柄を散りばめて、一部だけ目立たせるというのも良いテクだなぁと思いました。

背景の色鮮やかな3色は、ディストレスインクのシーズンカラー、ラズベリー(夏)とピーコック(春)とレモネード(春)ですかね? 3原色から少しずつズレた色相の組み合わせ(音で喩えるなら3和音じゃなくてセブンスみたいな感じ?)で、とても素敵です。

これもよく見るとところどころにシルバー?インクのハイライトが入っていて、エンボスした黒い線画部分が単調にならないように工夫されているんですね。

白い鳩さんは自作されたとのことで(シリコン型で紙粘土使用??)、すごく可愛い〜v こういうエンベリって量産用に買おうとするとかなりコストがかかるので、好きなデザインを自作出来るのはいいですよね〜

こんなATCを拝見すると、ティータイムセットを並べたくなっちゃいます♪

leafsama3_2.jpg

このカップとお皿は、ATCの図柄に合わせて「フランシスローズ」という名前のセットを使ってみました。左のチョコブラウニーがATCと一緒にパッケージングされていたお菓子です。

エレガントなATCと美味しいお菓子を、どうもありがとうございました!^o^


続いて、leafさんにもらっていただいた私のATC。

butterfly_frame.jpg

背景(下)は、象さんサーカスの背景と同じテク(gumi先生の講習で教わったもの)で着色した地に、これもgumi先生提供のカッコいいスタンプを捺したもの。色はカレイダカラーのトマトヴァインを使っています。

背景(上)は、この記事シリーズの「2」でご紹介した一輪車猫の背景のフレームと同じテクで作成、仕上げに緑のディストレスインク(多分Mowed Lawn)で全体をラフに塗りつぶしました。下に塗ったネオンカラーの色相の違いが良い感じに生きてますv

最初からこういう構造にするつもりで作ったわけではなく、たまたま背景(上)の紙を蝶のダイで抜いた残りが、背景(下)のスタンプ絵に対してベストなバランスで重ねったのでそのまま使った形です。背景(上)は背景(下)の色に合わせて緑に塗ったのか、関係なく緑に塗ってあったのかはちょっと忘れてしまいました^^;

蝶のダイはどちらかというとエレガントなデザインで、特に抜いた後のアウトラインはむしろ可愛い系なのですが、下のカッコいい絵柄に対してそれほど違和感がないのも面白かったです。これは大雑把な形がもたらすイメージよりも色がもたらすそれの方が、印象が強いからかもしれません。(例えばトイレのマークは、「男女違う形で同じ色」よりも「男女ほとんど同じ形でも違う色」の方が、遠目にもわかりやすいハズ)

エンベリの蝶は、お手製。黒無地の紙をダイで抜いたものにクリアのパウダーでヒートエンボスしたものを(画像ではわかりづらいですが)星型のブラッズで留めてあります。

多分上質紙くらいの厚さの紙ならクリアエンボスだけでパリパリして光沢のある仕上がりになると思うので、お気に入りのダイでちょっとしっかりした手触りのエンベリを作りたいときにはオススメです(^.^)


関連記事

新しい趣味▽

レソト

コモロ

ガボン

カーボベルデ

セントビンセント・グレナディーン


↑これ、何だかわかりますか?


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


しばらく前から、iPadアプリで遊ぶのにハマってました。

キッカケは語学のリスニングの練習だったのですが、姪っ子が遊びに来たときに彼女が面白がりそうなクイズアプリを探す過程で、「国旗当てクイズ」というのを見つけました。

以前から私は、世界中の国旗の国名がわかる人に憧れていました。単純に自分の住んでる世界のことを把握したいという欲求もありますが、もっと実用的な需要もありまして。

こちらにしばしばいらしていただいている方はご存じの通り、私は五輪とサッカーのW杯が大好きです。フィギュアスケートも世界中の選手が好きです。で、それらのイベントのTV放映やネット上にある出場者リストなどを見る際、選手名やチームを表示する部分には国旗マークが表示されることも多いですよね。

画面を観ても選手や国がわからない場合、あのマーク見ただけで国名がわかったらすごく便利だよな〜〜…といつもいつもいつも思っていたのです。特に気に入る演技やパフォーマンスをした選手がいると、後から調べやすいように所属国も知りたいなと。

そんなワケで、国旗当てアプリに姪っ子が帰った後もすっかりハマっちゃいまして(笑)

1週間くらいで、そのアプリが扱っている国(8カ国?ほど足りないけど、多分国連加盟国)は全て網羅することが出来ました(・∀・)

これで出場選手一覧や出場国一覧を、国旗見ただけで識別出来る〜〜♪♪♪

今はそのアプリが網羅していない国連非加盟国や非独立国・地域名(○○領〜□□諸島みたいなの)のフラッグも覚えるため、iPadアプリではなくこちらで訓練中。

冒頭の4つの名前はいずれも国名ですが、私はどれも知らなかったです;; ちなみに国旗の国名を覚える上で何が一番難しかったかといえば、「聞き覚えのない国や地域名の名前自体を覚えること」でした^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


最初にやっていたiPadアプリのクイズは、国旗が表示されて四択の中から選ぶスタイルでした。一度に同じ地域の数カ国分が出題されるクイズがまずは36種類あり、一通り覚えたら世界の全地域の国旗がランダムに出題される「チャレンジモード」に入ります。

このチャレンジモードは10題ことの区切りで1ラウンドとなっており、正解し続ける限り(正確には、多少間違えてもタイムアウト内に正答を続けることが出来る限り)何ラウンドでも続くようです。なので完全に記憶出来てる状態でトライすると、疲れて集中力が途切れるか正解を押し間違うヒューマンエラーが発生するまで延々と続ける羽目になります^^;

最初は2ラウンド行くのも怪しかったのですが、段々10ラウンドくらいは行くようになりました。結果はどういう基準で計算されてるか不明なんですがスコアとして表示され、1ラウンド程度でもたついてると「素人」、10ラウンドくらい行くと「名人」になります。

最初10ラウンド正答するのも大変だったのでその辺(「名人」)で終わりなのかなと思ってました。でも実際は前述の通り。ラウンドが進むにつれ、「名人」の次に「鉄人」が現れました。

その後更にラウンドを先に進めると、今度は「超人」に。

これ、「名人」の称号が安っぽすぎませんか???

面白かったので「超人」の先があるなら知りたいと思い、遂に数十ラウンドつまり数百問連続正解を続けた結果。

得た称号は


変 人


でした。

・・・・・何故、数百問連続正解を続けるという努力の果てにこんな称号をもらわねばならんのか。

しかし、ショックはこれだけではなかったのです。

いい加減称号も打ち止めかなと思いつつ、それでも尚「変人」の先はあるのかと挑戦を続け、遂に100ラウンド1000問超えを達成。心地よい疲労感と達成感を胸に、スコアを確認したところ。

スコア表示の最大桁数を超えてしまい、数字はリセット。超過した分は0からカウントされ、


私の称号は「 素 人 」になってました


それを機にこのアプリでの挑戦を止めたのは、言うまでもありません^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


大分前から書こうと思ってたネタですが、今このタイミングで急いでUPしたのは、勿論サッカー女子W杯が開幕したからです!(^▽^)

国旗表記の対戦表見て、国名がわかる〜〜嬉しいvvv

これでフィギュアスケートのJGPS(ジュニアグランプリシリーズ)を観ても、国旗マークだけでどこの国かわかるぞ♪(JGPSはシニアと違って出場者数が多いことに加え、選手1人1人の露出もまだとても少ないため、知らない選手だらけなのです)

ちなみにiPadアプリで始めたとき、ラトビアは一発で覚えたよ!(・∀・)

目下、上述したリンク先の国旗当てクイズに登場する235の国と地域名を、選択肢の中から選ぶのではなく国旗を見ただけで国名・地域名が答えられるように頑張ってます。これ、数日空けるといくつか怪しくなってくる国旗があるので、今のところ連日100〜200問は復習するようにしています;;

そして、そこまでやって何が出来るようになるかというと。

・・・

国旗当てクイズが出来るようになります^^;(他に浮かばなかった(呆然))


関連記事

5月オフ会のATC・2

まず、オープニング画像〜(毎回出ますv)

201505ATC_title.jpg


第2回は、jyan さんにいただいたATCのご紹介です。

jyansama1.jpg

オフ会の前にブログで拝見して、いいな~欲しいな~と思っていた作品なので、いただけて嬉しかったです(^o^)

最初に見たとき、「チョークアートみたい!」と思いました。色鉛筆の配色も好きです♪ 写真は一度PCに取り込んで明るさやサイズ調整をしてるのですが、作業の際モニタ上で実物より大きめに表示してみて改めてその細かさに感嘆しておりました。

バーサマジックでスタンプした後に色鉛筆…という作り方(描き方というべきか)自体はシンプルですが、自分のアナログ配色センスでは同じように出来る気がしません;;

そして、今回のご紹介オプションは「リスペクトしてみました」

要は、とても素敵だったので自分でも真似してみたーーーという話なのですが。色鉛筆の先を尖らせることすらせずに描き始めたので、繊細さなど遙か及ばずorz(作品詳細は後日改めて別記事で)

kokoperi1.jpg

でも思った以上に楽しかったので、また是非トライしてみたいと思います! 良い刺激を与えていただき、どうもありがとうございましたm(_ _)m

しかしjyanさん、私なら1枚描いただけで力尽きそうな凝った手描き絵のATCだったにも関わらず「これだけでは…」と皆さんにもう1枚ずつ配られるとは! 恐ろしい子…!(元ネタわからなかったらスミマセン^^;)


▽その1枚

jyansama2.jpg

単色ベースの背景に、シンプルにスタンプの絵の魅力で勝負…という基本中の基本のATC。

自分は実はこういうATCは殆ど作ったことがなくて、むしろ難易度が高いスタイルという認識になってたりします;; つい色々足さずにはいられないので、こういうスタンプの組み合わせだけで勝負する!みたいなATCにはちょっと憧れが(笑)

人物の斜め使いと花の配置のバランスがとてもいい感じで、もっと大きな全体があるかのような広がりを感じます。こういうパターン柄のついた布の一部を切り取ったみたいで、こんな柄の布地で作られた小物があったら欲しいですねぇ♪

こちらも早速真似っこさせていただきました。

venice1.jpg

背景の着色テイストからして全然違っちゃってますが、もうちょっと柄選びや手間を惜しまなければ(苦笑)バランスの良いデザインに出来そうです。

シンプルな手法(簡単に非ず)ながら見栄えが良くて参考になるATC、どうもありがとうございました!(^▽^)


続いて、jyanさんにもらっていただいた私のATC。

cat_monocycleATC1.jpg

一輪車に乗った猫のスタンプは、一昨年のスタンプワンダーランドで一目惚れして購入したもの。繊細ではないけどユルくなりすぎてもいない、何とも独特のユーモラスなタッチが気に入っています。

猫の着色はコピック。塗り絵の配色には全く自信がなかったので、1枚試し塗りをしたところ見事に失敗↓(オマケに、しばらく使ってなかったコピックのインクが塗ってる最中にぼたっと大量にこぼれて、2カ所も台無しになった(;;))これは一応、その反省を生かした配色になってます(苦笑)

背景(下)は見てわかる方もも多いと思いますが、クリアエンボスによるレジスト(色抜き)のテクニックを使っています。昨日紹介した象さんATCの背景同様、着色は緑系のメメントとディストレスインク。レジストで浮き出させる部分に下地として塗ったのはメメントのニュースプラウトです。

背景(上)は背景よりフレームといった方がいいですかね。gumi先生の講習のATC背景制作の際に作ったもので、ネオンカラー7色をランダムに塗りたくっています。そこに更にドライエンボスを加え、ブラケット型のダイで抜きました。

背景(下)の多少くすんだ色合いにネオンカラーの色そのままだと少し浮いてしまうので、エンボスした凸部分にブリリアンスのムーンライトホワイトを塗って少し白っぽく曇らせてあります。

ところどころ黒くなってるのは、gumi先生提供のステンシルマスクで入れた模様。入れたときは黒が強すぎて邪魔じゃないかと思ってたのですが、ブリリアンスの白で薄めた結果、むしろこのアクセントがあった方が背景(下)のような色と重ねたときに全体がぼやけずに済むと気づきました。

やはり人の作り方を取り込ませていただくと、色々な発見があって面白いですね♪

第3回に続きます〜


関連記事

いろいろ

「会場で観たら失神してるかも」


 ↑【FaOI】幕張公演の放送をご覧になったピアノの先生の言葉(笑)

「ネッスンドルマ」はランビの使用したパヴァロッティの音源が一番お好きだそうで、ランビの素敵演技に「音を1つもムダにしていない。音楽を本当によくわかってる( ;∀;)」と感激しまくっていらっしゃいました。

私はバレエをあまり観たことがないのでよく知らないのですが、先生曰くランビのネッスンドルマのフィニッシュポーズは陸上でやってもなかなか難しいのだそうです。

そう思いながら見返すと、ますます素敵に思えてきます(^m^)ムフ

私 「自分はもう、ランビとバトルが揃っただけでもう何も要らない、満足、という感じでした(笑)」

先生「わかります^^」

パパシゼのモーツァルトもお気に召されたようだし、【PIW】の町田くんの話題でも盛り上がりました。ちなみに布教活動の一環として推しジュニアの演技映像もご覧いただいてます。ラトビアのデニスくんは気に入られたようです。

毎回言ってますが、ここまで好みが近いとスケート話をするのが楽しくて、いつも本当に有難いです…▽


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆織田くんのリバダン、【FaOI】静岡公演の放送で遂に捕獲ーーーーー! あああああ素晴らしいわ…(T▽T)

足の曲げ伸ばしの1つ1つが力強くて、ものすごく好み。振り付けたランビのそれを思い出させてくれます。キャメルスピンのわざと足曲げ加減なところも、ご本家テイストを踏襲してる感じで良いなぁ。

私の浅いスケオタ歴の記憶では、織田くんのプロは全て良プロという印象しか無いです。どのプロをリサイクルしてもらっても構わないけど、今のハイレベルな技術と表現力を活かして新しいプロの方がベストなんだろうなぁ(とショーでの羽生くんを見ててもすごく思う。今の技術に合わせた新EX作って欲しいよー)

特に今回の「リバーダンス」はランビ振付、「愛の夢」はバトル振付で、そりゃーどっちも私好みなワケです♪ 両者のテイストを技術込みのこのクオリティで活かしてくれる織田くん、もう最高です(* ̄▽ ̄*)

ジェフのキレキレダンスと共に、何度もリピりたくなってしまう演技でした。本当にご馳走様〜〜


◆静岡公演(放映されたのは初日昼公演だっけ)の昌磨くんの3A、今まで観た中では特にフリーレッグの処理が好き。いつもこのくらい高く上がってると嬉しいなぁ。


◆先週の「NewsWeb」の明子ちゃん、放送終わった後に斉田さんと何やってるんだ^^; 斉田さんまでが笠地蔵に(笑)


◆美悠ちゃんの毎日新聞の月イチコラム、ようやくちゃんと見ました。

7月までジェイソンと同じコロラドのリンクで練習してるとのことですが、レポが興味深いです。選手側からのこういう情報発信はものすごく貴重なので、大変有難く拝読しました。美悠ちゃんは【DOI】では見れない(泣)から尚更に。

読み応えがあるところは、さすが町田くんの後輩というか(笑)

来月も楽しみにしていますv 練習ガンバレ〜 GPSの枠取れるといいなぁ…早くシニアのA級大会で「シェエラザード」観たいよー


◆シザリオとラザーノとキャリエールは引退なんですね。。。お疲れ様でした。去年のスケカナで、キャリエールの良演技を生で観れて本当に良かったです(;;)


◆来週はいよいよ【DOI】♪

織田くんにお手紙とプレゼント持って行こうと思ったら、彼は【PIW】鹿児島だった(苦笑)

昌磨くんのFS何だろうなー 生では未見のジュニア女子や永井さんも楽しみ(´∀`) 町田くんはあの6分プロなんだろうか?

今回はゲストが多めなのも有難いですよね♪ リーザは来季のEXだと嬉しいんだけど、あのお色気プロだろうか^^; 川スミも新プロ歓迎だけど、国別EXの「月光」でも嬉しい。


関連記事

5月オフ会のATC・1

ご主人がカードをいただきました

20150520dogcard1.jpg


何か見えてる…

20150520dogcard2.jpg


えーい

20150520dogcard3.jpg


この目つき何?

20150520dogcard4.jpg


あっおまわりさーん

20150520dogcard5.jpg

このスタンプの絵を見ると、志村けん氏の「変なおっじさん♪ 変なおっじさん♪」が脳内リピートする私です(笑)

出演は、我が家のクラビノーバ(電子ピアノ)界隈の住人・アルページュくんでした(お仲間との近影

しょーこさん、オフ会参加者全員にかわい楽しいわんわんカード(詳細はこちら)with新聞犬(人によっては更にwith変な人)ATC、ありがとうございました!(^o^)


ということで、大変遅くなってしまいましたが、5/20に交換した

201505ATC_title.jpg

のご紹介です〜ヽ( ´∀`)ノ


…と、言いましても。

私がモタモタしている間に、他の皆様が充実のレポ&感想を既に一通りUP済み。ATCの感想も私が言いたいことは殆ど語られてしまった感があるので^^;、今回はいつもと少し趣向を変えつつ、いただいたATC&それを下さった方にもらっていただいた私のATCをセットでご紹介していこうと思います。

まず参加された皆様の楽しいレポはこちら (※各リンク文字の部分は記事タイトルではありません)

●しょーこさん(主役v)
オフ会レポATC1ATC2

●アポロンさん(幹事様)
オフ会レポATC1ATC2

●jyanさん
ATC

●leafさん
ATC1ATC2

●limeさん
オフ会レポATC1ATC2ATC3ATC4ATC5ATC6

●*miel*さん
ATC1ATC2ATC3

●miniusaさん
ATC1ATC2ATC3


しょーこさんからは、2枚いただきました。

shokosama201505_2.jpg

黒くて繊細なスタンプの絵と背景のネオンカラーのコントラストがすごく好きで、ぱっと見た瞬間、即決でいただこうと決めた1枚です▽

青緑とかピンクに走ってしまう私は、こういったインクの綺麗さをシンプル且つ明快にアピールする原点的な使い方を心にしっかり留めたいと思いました;;

そして、差し色兼差し素材?の青いポチポチも効いてます。画面が引き締まってリズムが生まれてるので、これがあるのと無いのでは全然違うと思う!(・∀・)


▼その後、露骨に物欲しげにガン見していた結果いただいた2枚目(すみません^^;)

shokosama201505_1.jpg

ブログを拝見していて、すごく欲しいと思った1枚です! 何枚もあるとやはりあちこち違う雰囲気のものになっているので、結構じっくり選ばせていただいちゃいました。感謝感謝。

ご本人曰く渋い配色とのことでしたが、金を使ってないのに金に見えるところがとても素敵です。金粉が舞ってるかのようなこの黒金のゴージャス感は、私の大好きな蒔絵工芸のよう。フレイザーの『金枝篇』の表紙カバーにでもしてみたくなるようなデザインです(´∀`) 作り方を教わったのに、メモを取らなかったから記憶が不確かに〜〜orz

そんな幻想的な雰囲気に魅了されつつも、個人的にはものすごく美味しそうな金時の繊維を思い出して、その意味でもそそられてしまうのでしたv


お次は、私が差し上げた方のATC。このオフ会では自分個人の嗜好もあって、全て違うデザインのATCを用意しました。

共通のテーマは、「Layered(レイヤード)」

20150520myATC.jpg

早い話が、背景2枚重ねです。

最初から狙ってたワケではなく、gumi先生の講習でワンダーランド交換用に沢山作った背景紙の1枚から蝶を抜いた残りを、たまたま女性のアップのスタンプが捺してある紙の上に重ねてみたら割と良い感じだったんですよね(上の画像の右下。本来は横置きです)

全て違うデザインとはいえ、パッと見に手間のかけ具合の差があってはいけないと思い、背景紙の在庫処理(笑)も兼ねて結局全部2枚重ねで行くことに決めた次第です。

今回は、しょーこさんにもらっていただいた1枚をご紹介。

circus_elephantATC.jpg

まず背景の説明から。

ATCペーパーにメメントとディストレスインクの緑系&茶系の数色で着色した後、バーサマジックの茶色(ジンジャーブレッドだったかな?)で文字スタンプを捺しました。上からクラックルペイントを塗ったのですが、全然ひび割れがわからなくって(つД`)ラフなクリアコートしたみたいな感じにしかなりませんでした↓

破れて丸まって裏地が見えてる部分も、ヨゴレ感を意識しつつ地の部分と大体同じような色で着色したように記憶してます。

下の背景は、お気に入りのティムのコラージュスタンプ(ATCにピッタリサイズなのが素晴らしい▽ 持ってないけどすごく欲しいです(><)) 地の部分は、gumi先生に教えていただいたテクを使ってカレイダカラー(ヴァインヤードかクレオールスパイスかデニムのどれだったか忘れました;;)で着色してます。

この背景も隠すのが勿体無いくらい気に入ってたので、上にかぶせた方の背景紙のフチは結構思い切って破りました(笑)

左上のボタンみたいなエンベリは、別のATCに使用した背景紙から切り抜いたもの(後の記事で改めて説明します)

このカードには、「真ん中を破いて中から動物を覗かせよう」というコンセプトが最初にありました。

当初は別の象さんスタンプの予定だったのですが、最初に開けた穴が小さくて残った周りの部分とのバランスが悪かったんですね。それでもう少し広げたところ、今度は予定の象さんを覗かせるには大きすぎてバランスがとれなくなってしまったのでした(汗)

じゃあかわりにこの穴には何を入れよう?と悩んだ末、一番ピッタリしたのがこのサーカス象さん。

もうちょっと角度をつければ勢いが出たなーというのと、頭上に載っているのが帽子と気づかず、ズボンの配色とおそろにしそびれてしまったことが心残りです^^;


もう1枚もらっていただいたスケート靴ATCについては、以下の記事をご参照下さいませ。

バレンタインATC
パターンペーパーの活用・1


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


全部違うデザインだと、枚数の多い段階で1枚選んでいただくときがなかなか興味深いです(゚∀゚) 「やっぱりこれか!」とか「なるほど、この人はこの中だとこれを選ぶのか」みたいな感じでv

今回は終わるまでにしばらく時間がかかりそうな趣向になってしまいましたが、今回は7人限定だから何とかなる…か…なと(ワンダーランド後みたく枚数が多くなりそうなイベント後は無理だけど^^;)

のんびりお付き合いいただければと思いますm(_ _)m


関連記事

いろいろ

◆一応、念のため、NHK杯用に長野駅前の宿を押さえようとしてるのですが。

需要と供給の関係とはいえ、何あの高額料金。お盆かGWの観光地ですか^^;

土曜チケも取れるかどうか怪しいし、昌磨くんが中国杯なら、マイレージが使えて確実にチケも取れるであろう中国杯の方が良さげだなぁ;; NHK杯がGPSデビュー初戦になることはないですしね。

パパシゼがINしそうなのが気になるけど彼らはボストンで観れるだろうし、昌磨くんは中国杯INありそうだからちょっと真面目に考えてしまう(苦笑) 中国杯男子は最近平均年齢が際立って若いから、そういう楽しみもありますし。

とりあえず、アサイン発表は6/15(日本時間だと6/16?)なので、息を呑んで待ちます…!


◆明子ちゃんが『FaOI』に出演するブレイクダンサー・マヌキャンの練習写真をUPしてくれたけど、今新横で練習してるんですね。

熱海のランビ一行とか、観光旅行中の方々もいますけどもv


◆『KENJIの部屋』のことばっか考えてて、『Friends+α』を忘れてました… 今晩昌磨くんだよ、ヤバかったよ!^^;

『KENJIの部屋』の予告の囁くような声と比べて、声がハッキリしてたように思ったのは気のせい? 朗らかに笑ってたし、荒川さんのトーク引き出し術に期待v (『KENJIの部屋』は、宮本さん自身がグダるからなー(苦笑))


◆ごめんよごめんよ、ピグライフの家畜にスケーターの名前はつけないって前の記事で書いたのに、新しく生まれたブタさんの色がライトブラウンで♂だったから、そのままブラウンってつけちゃったよ^^;


◆例年ならもうすぐ最初の先行が始まる【JO】、顔ぶれが気になる~

いつもなら気になる筆頭は海外男子なんだけど、今年はちょっと(いやかなり)日本男子も…

日本男子はやっぱり現役から2人かなーとは思ってはいるけど、現役ならB級選んでもメリットあるんだし、つい期待してしまう…あの競技プロ並みの「愛の夢」を^^;

ジャンプ構成は無理しなくてもいいから、今の織田くんのPCSを観てみたいとちょっと思ってしまうのでした。

女子はリーザ来ないかな。GPSはどこにINするんだろう。でもユーロ女子組がいつまでもイリーナを引っ張り出さずに済むようになって、ほんとに良かった。

いつか【JO】のユーロ組に、ラトビアとかイスラエル辺りからも男子がINしないかなーとちょっと夢を見る今日この頃なのでした。20歳くらいになったロマンくんも大歓迎だよ♪♪♪


関連記事

FaOI 拾遺といろいろ

まずは、【FaOI】で語りそびれたこと。


◆放送の昌磨くんのSPフィニッシュ映像が、ポーズ・表情共にすごくキマってて(というかすごい私好みで)、カメラでかしたあああ!!!…と歓喜( ;∀;)

テレ朝、GPSでもヨロシク頼むんだぜ。


◆ランビの1プロ目のラストで、ラノッテとトランコフがランビを両側から抱え上げるために変な黒服?着て出てくるんだけど。

毛刈りして怪しげな髭面のトランコフさんは、どこかの囚人にしか見えなかったわ。。。

羽生くんの若さ全開ドアーズの後で素敵なオトナの雰囲気纏わせて登場したときも所々仕草が変態だったし、アイスダンスに欲しいレベルの胡散臭さ健在で何より^。^


◆目の前に来て客席アピールしてくれたのは、昌磨くんだけじゃありませんでした。

織田くんが「ビリーヴ」のとき真正面で、ジェフもやや斜め前(隣席の人の正面だったと思う)で、それぞれ素敵アピールしてくれて眼福でした(^▽^)

ちなみにランビは、オープニングの各自リンクサイドでバラけて客席アピールするときに、目の前に。

なんだかんだで、今回の私のお目当ては全員眼前にアピりに来てくれたことになります。。。何て素晴らしい席だ!ヽ( ´∀`)ノ

上海でも飛び切りいいことあったし、【PIW】では薔薇もらったし、今年は今のところチケ運というか座席運が良くてウレシイ。(でもこういうときこそ、どこかで何かしらの形で代償を払っておく必要がアル。私の場合、スケート関連の幸運は結果的には「等価交換」というケースが多いので^^;)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


以下、別の雑談。


◆ブラウンが、美悠ちゃんたちとお好み焼き食べてる写真をUPしてくれました(゚∀゚) 美悠ちゃんは今、アメリカで練習中なんですね。

先日はそのアメリカのリンク?での、美悠ちゃんの両足着氷4Tの動画がUPされてました!

両足着氷でURかな? でもトライだけであっても、女子のクワド動画なんて観れるだけで嬉しいよヨダレものだよ!(^▽^) どうかケガしないように気をつけつつ、色々頑張って欲しいです。


◆『KENJIの部屋』、来週はいよいよ昌磨くんだ~~~♪♪♪

予告観た限りでは、喋ってる言葉は理華ちゃんよりは聞きやすそう…かな? おじさんをあまりフォローしてくれない(笑)女子大生2人の後で、もう少しくらいは話が弾むとヨイのですが^^; でも早く観たい~~v

ちなみに昌磨くんのFSは、本人曰く「恐れ多いけど大好きな曲」なのだとか。

恐れ多いって、誰か偉大な先達が滑った曲ってことですよね? うわー何だろ何だろワクワクソワソワ… ということで、【DOI】での初披露が楽しみすぎるのでありました(´∀`)

来季の初戦はどこだろう? またアジアントロフィー出るのかな?


◆今週だけでマルガリク(アルゼンチンのデニスくん)&トマシュon3rd、ライサon4th、アボ&リプ&キャシーon5th…とバースデーがあるのね。他には佐野さんやプリンスチームの田中総司さん。

結構、気がつくとスケーターさん誰かしらの誕生日だったりするんで、お気に入りさんを片っ端から祝ってたら休む間も無いんだろうな(笑)


◆先日の、スケオタ兼スタンパーのしょーこさん以外とは初対面だったクラフト仲間のオフ会で、「(フィギュアスケートは)誰のファンなんですか?」と聞かれました。

特定選手のファンとは決めつけない尋ね方で、自分としてはものすごーーーく有難かったです。(先に、ユーロ好きで幅広く選手をお好きなしょーこさんをご存知だったからですかね?)

私はほんの一瞬考えてから、

「シーズンごとに推し選手は変わるんです」

と答えました。

スケオタになって4シーズンが過ぎた今、多分それが一番客観的事実且つ自分のスタンスの核心だと思ったので^^;

もともと自分のプライオリティ(優先順位)が「好みのプロ・好みの演技・好みの立ち位置>贔屓選手」だし、本命がそもそも試合に出て来ないとなると、”1フィギュアファンとして、そのシーズンに推したい選手”というのはまた別になっちゃうというか、ならざるを得ないですし…

何より、海外まで行った先に本命がいなくても十分楽しめるくらいには、私も「競技そのもののファン」として進化(深化?)して来れたんじゃないかなーと。うん、2013年のGPS序盤から今年のワールド&国別にかけて、決してしたいわけではなかった修行も積んだしね(T▽T)

ちなみに最も私好みの立ち位置というのは、ベテラン・若手問わず、

「自分の武器を最大限に活かして、まだ到達したことのない頂きやポジションに勢いよく駆け上がってくる。特にシリーズタイトルくらいなら狙える位置にいる(大きなチャンピオンシップならメダルかトップ5~狙い)」

です。そこに好みのプロ&演技がプラスなのは勿論として。

私のイチ推しが2012年羽生くん、2013年ケヴィン、2014-15シーズン昌磨くんだったことが、その辺を如実に表してますね(笑) 2012~2014年は、町田くんも(私の中では)ずっとその流れの中に漂ってたなぁ。


◆アメーバのサービスで、「ピグライフ」という作物を育てたり家畜を飼ったりするゲームをやってます。

まだ始めたばかりなので全然大したことは出来ないのですが、家畜は繁殖させたヤギ3匹と豚1匹養えるようになりました。(当初は2匹のエサの用意の仕方もわからなくてパニックになった^^;)

途中で家畜の名前を変更出来ることに気づいてつけた名前が、育てた順に

ループ(白ヤギ♂)、ウォーレイ(グレーヤギ♂)、アクセル(マーブル柄ヤギ♀)、チョクトー(ブタ♀)

最初の子にループとつけたのは、どの局面のどの回転数でも好きなジャンプだから。(抜けの場合除く)

コンボのセカンドループ&サードループ大好きだっていうのと、ケヴィンのセカンド3Loをこよなく愛してるというのと、公式戦でまだ見ぬ4Loへの憧れもこめて。

さすがに、スケーターの名前はつけなかったわ(笑)

♀ヤギにアクセルとつけたのは、レア柄の子だったからです。アクセルだけが前から跳ぶジャンプだし、3Aは女の子がやるからレアなワケだし。

グレーのヤギは牧場に返せるようになったらそのうち返そうかと思っていたため、得点源になるエレメンツではなく小技の名前にしたのですが。

よく考えたら私はウォーレイという技が大好きだったので(佐野さんに洗脳されたとも言う)、この名前をつけた途端、返すのがためらわれるようになりました。

いやまた別の子が来たときに名前をつけ直せばいいだけなんですけどね^^; 一度名前をつけちゃうと思い入れが始まるというか。(酪農漫画の『銀の匙』で、食用ブタを育てるときは名前をつけるな、みたいなエピソードがあったなそう言えば)

ブタさんにはジャンプやスピンの名前は似合わないと思ったので、何となく食べ物の名前っぽく思えなくもないチョクトーを。

次に新しく選べる動物の種類はアヒルなんだけど、その場合はレイバックにしようかしら(笑)


関連記事

FaOI 幕張楽公演

幕張行くの1年ぶりだったんで、ルートと時間を調べるとき入力する駅名を間違えてしまい、危うく全然違う駅(幕張ね。会場があるのは海浜幕張)に行くところだったわ^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今回の席は、ある程度予想してた通り群舞正面ショートサイドとは逆側のエリアーー端過ぎないけど、ステージとロングサイド中央の中間辺りでした。

スケーターは反対側のショートサイドに向かってアピールするし、この辺はちょうど加速して通過していくことが多いので、公演開始後からずっと東側が羨ましかったです。

ショーの最前列は座るとスケーターを観るときかなり視点が低くなるし、去年プレミア4列目で高さがあって観やすかったから次はまたプレミア狙いに戻そうかな~とか、ショーを楽しみつつもぼんやり考えてました。。。

がっ

そんなことは、最早どーでもいい。


昌磨くんの客席アピールがど真正面だった!!!


織田くんのプロが、今日だけリバダンだった!

フィナーレで織田くんとバトルが次々ポジション変えていく高速美ポジスピンの競演が、最前列の観客だけリンク際に立てたから&ほぼ目の前のエリアでやってたから、本当に大迫力で観れた!

スピン愛の自分、悶絶。

神よ……っっ!

私が一番欲しいものをお与え下さったことを、心から感謝いたします…!(;▽;)(T人T)(;▽;)

織田くんが最後のジャンプ大会で4T決めた後、その喜びの勢いでヘランジもやってくれたんですが、それもすぐ目の前でめちゃ嬉しかった〜ヽ( ´∀`)ノ(あれは正面から観れるとお得感がすごい)

私の席の前、看板だったんですよ。看板あったんじゃスケーターが客いじりにも来ることもないし、超アピールエリアのショートサイドも遠いしと思ってたのですが、昌磨くんが真正面に来た瞬間、そんな残念感は根こそぎ吹っ飛びました。

「間近で観る」ということと、「スケーターが顔を向けてる真正面から観る」というのは、これまで何度か経験しましたが 別 モ ノ です。

どんな良席エリアに座ろうと個々のアピールを「真正面から」観れる席は限定されるし、目が合うレベルになるとほぼ1人。席が選べない以上、それは本当に運です。今回私が一番真正面アピールを観てみたかったのは間違いなく昌磨くんだったので、私にとっては超当たり席だったのでした(´∀`)

ショーver.ドンファンでの観客への薔薇一輪渡しですら「タッチ&ゴー」とか言われてた昌磨くんなので(笑)今回もアイコンタクトという感じでは全然ありませんでしたが、正面から観れただけで満足▽ 今後再び経験出来るかどうかもわからないレア体験ですしね^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


2日目までと違うプロを滑ったのは、美姫ちゃん、織田くん、羽生くん。1日目と2日目は同じプロでTV放映もあったから、両方観れて良かったー(*^^*)


◆織田くんがとにかく素敵すぎて、もう涙出そうになってました…(/_;)

2プロとも良かった! 足元も濃いし、とにかく「魅せる」力がぐんぐん伸びてる感がすごいです。ダースベイダーと違ってコミカルパートが無い分、彼の今の技術と表現力、力強さと体のキレを存分に味わうことが出来て幸せでした。

もともと技術や表現の幅という点では申し分の無いスケーターだったし(本当に良プロだらけ)、競技プロの縛りがなくなったことで、彼の才能が今最高に花開いてるように思います。試合の大舞台での強さや俺様or王者オーラ、ラスボス感みたいなものは無いかもしれないけど、上質なエンターテイナーとしての要素はありまくりですよね。

あああこの後の【FaOI】は遠征必至で全部行けないから、やっぱり【PIW】東京公演行こうかなぁ…「愛の夢」も生で観たい。やってくれるかな。

しかし本当にいつ練習してるんだよ! 凄すぎだよ、来年こそ【MWO】獲ってくれよ!(笑)


◆ジェフのノリノリ演技、素敵だったー

羽生くんより小顔なのに、ぱかーんと開く大きな口(及びその中から覗く白い歯)が印象的でした♪

持って行ったカナダ国旗は、隣席の方が一緒に持って振って下さいました^^(ちなみにその方は生で観るのが初めての羽生くんファンの奥様で、スーパープレミア席は筋金入りの真央ちゃんファンであるお嬢さんからのプレゼントだったのだそうです)


◆ランビは相変わらず、ため息が出るようなアーティスティックな演技。ネッスンドルマの〆のコンビネーションスピンは、現役時代を思い出させるキレがありました。あんなスピンは久々に観た…というか、生では初めて観たかもしれない。

(カナダ国旗持って下さったのとは反対側の)隣席のスケオタさんなんて、感極まりすぎたのか、次のスケーターの演技が始まる頃までずっとすすり泣いてました。でも気持ちわかるー


◆昌磨くんは【PIW】に続き、またも私の行った楽公演だけノーミス。3日目で調子も上がって来たのか、TVで観たよりも良かった。シニアの試合が始まるのはジュニアよりずっと遅いので、【FaOI】が終わったらしっかり準備出来ますように。

真正面アピール観て思ったのは、まだ遠慮があるというか控えめだなーと。表情はカッコ良かったのですが、ここに更に「僕を見て!」「俺を見ろ!」なオーラが加わわってくれることを、個人的にはひたすら願ってます(笑) 早い話が、客席とのコンタクトはとにかく自信を持って頑張れ!てことですが。 昌磨くんなら、すごい武器になるよ!


◆新葉ちゃんは現地で観てもやっぱり、「すげーすげー」でした。大物まみれのショーでも堂々と彼女の武器を極めて正しく存分に活用していて、何度も繰り返してることだけど、来季もその先も楽しみでならない。


◆にしても、トリノ五輪男子最終G5人て、壮観以外のなにものでもない。トリノで男子オタに目覚めた自分は、彼らをよく知ってるとはとても言えないにも関わらず、やはりこの世代には思い入れがあるのでした。

羽生くんはこのメンツの中に入ると「大人の色気を意識した」とか言われても、やはりどーしても初々しい印象の方が勝ってしまうv 若くて元気いっぱいだね〜♪的な。(競技プロは王者の貫禄ありまくりだけど、ショープロだしね)

もともと(外見的には)フケた雰囲気は無いので、単にただただ実際に若いから、というだけの話ですけども。

久々のドアーズも楽しかったけど、思ってたよりコラボの「ビリーブ」が見応えありました。衣装の色も綺麗だったし(オレンジがすごく新鮮!)、動きが大きくて綺麗なのが良かったー こういう動きを是非FSで(略)


◆アクロバットのペアは相変わらずすごいな~

やってる技はいつも同じものが多いけど、あれを常にきちんと出来るよう維持し続けるのは大変なことだと思います。今後も長く観られるといいなぁ。


◆チェスナ夫妻のエアリアルは目の前で堪能しました。奥さんが産後だったからかな? 初めて観た福井のときよりおとなしめに思えたけど、こちらも長く観たい演目なので、お体大事になさりつつ頑張っていただければと思います。


◆コラボの歌と選曲は良かったです。(自分は知らない曲が多かったけど^^;) シェネルさんの声いい。

特に久保田利伸のカバーの「Missing You」、好きな曲なので嬉しかった(´∀`)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ともあれ、五輪や世界の大舞台で台乗りした人だらけ(唯一してない(泣)人も現役トックラスに迫る技術と表現力で絶賛進化中)で、本当に贅沢なショー。

眼福としかいいようのない素敵時間、夢空間でした!(* ̄▽ ̄*)

ロロと、(織田くんと並ぶ世界3大勿体無いスケーター枠2人目の)トマシュが加わる神戸も観たかったなぁ… あと3箇所続く【FaOI】、他の公演に行く皆さんも是非幸せになって下さい▽


関連記事

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード