FC2ブログ

Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

いろいろ ~ご贔屓編

何とか本日3度目の更新、間に合ったー


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆昌磨くんを初めて観たのがいつのどの演技だったか、実は全く覚えていません。

でもあれこれ記憶を辿ってみると、初めて観たときからかなりお気に入りだったのは間違いなさそうです。

何故なら2011年暮れにスケオタ化する前はジュニアの試合を観ていた筈もなく、でもその翌年2月に開催されたユース五輪のときには、私は既に昌磨くんの結果が気になってしょうがなかったのをハッキリ覚えているからです。映像が観れなくてすごく残念に思ってたことも(苦笑)

となると初見はどう考えても、2011年に彼が初出場を果たした全日本しか有り得ないよなーと。

ジュニアのときから好きだった選手は何人もいるけど、スケオタになった当初からのお気に入りで且つ存在を知ってからシニアに上がるまでの時間がとりわけ長かったのは昌磨くんだけです。「早くシニアに来て来て~」と思い続けた時間がとても長かった分、思い入れも格別なのかもしれません。

昌磨くんは高校生になっても3Aが跳べず、身長が低いこともあって将来を絶望視する意見をジュニア時代はよく見かけました。

でも私は彼の演技を観る度に、(観てるだけの立場であっても)この選手の未来を諦めるなんて出来ないと思ってました。

度々このブログでも

「3Aが跳べないせいで彼が世界に出て行けないなんて絶対に耐えられない!!!
 神様、彼に3Aを下さいお願いお願い(T人T)」

みたいなことを叫んでた通りです。
ジャンプ構成以外は今すぐシニアのGPSに出ても遜色ないレベルだと思ってただけに、もう本当に彼の力をシニアで見せびらかしてもらえないのが悔しくて悔しくて…

それだけに、昨季彼がシーズン序盤のB級大会でクワドを決めて優勝したのを皮切りに、JGPSで優勝出来るところまで来たときの歓喜はもうハンパなかったです(T~T)

そこから今に至るまでの経緯は、このブログで書き綴ってきた通り。


◆上述したようなワケで、「ユース五輪」という単語を聞くと私はいつも昌磨くんを思い出すのでした。

2011年の全日本でも【MOI】でも(TVで)ちゃんと観てたハズなんですが、私にとって最古(笑)の鮮明な記憶となるとどうしてもこのユース五輪ということになってしまうので。

こんな小さかったけど、しっかりハンヤンに次ぐ2位だったんですよね~
https://www.instagram.com/p/BAeMSgSR2ez/

ユース五輪で印象に残ってるのは、面白い団体戦があったこと。4カテの選手全てがバラバラな国の組み合わせで競うという、本来の五輪ではありえない非常に興味深いもので、嬉しいことに昌磨くんのチームが優勝でした^^

当時の昌磨くんが即席の多国籍チームの中でどんなコミュニケーションとってたのか、興味があります(笑) 今年は草太くん、高志郎くん、香織ちゃん、優奈ちゃんが団体戦でどんな組み合わせになるのかちょっと楽しみv

しかし興行的には無理があるでしょうが、シニアのトップ選手たちでも是非観てみたい試合ですねぇ>多国籍チーム戦

【JO】も、招待地域は今のままでもいいから、たまにはシャッフルチームで競う企画でもやればいいのに。どうせ観客のお目当てのメインは新FSプロお披露目なんだから、たまにグループ分け変えてみるくらい…ブツブツ

話戻して、今年のユース五輪でインストラクターやるのは前回と同じくランビとヨナなんですね。ランビの講義、聴いてみたい♪ ところで調べてないからわからないんだけど、ダンスやペアのインストラクターもいるんだろうか。


◆観れば観るほど好きになる昌磨くんのあの新衣装の誘惑に負けて、【PIW】の再公演2日とも行く予定なのですが。(プリンスチームのボレロももう1度観たかったし)

土曜日はピンポイントで雪予報… 新横浜の会場はただでさえ寒いのに↓ 極寒時の必殺技を使うしかないか… 外気温氷点下15度のカナダナショナルだって会場内はそこまで寒くないというのに^^;(まぁ常設リンクじゃないからな)

とりあえず2公演行くので、少なくとも1回はあの新衣装が観たいです。神様&昌磨くん宜しくお願い(-人-)

ただGPF以降ずっと疲れてるようなので(全日本以降なんか鼻声だし)、ほんとは今の時期にふれあい付きの【PIW】とか来て大丈夫なのかなぁとちょっと心配ではある(´・ω・`)


◆年明け早々からちょこちょこ昌磨くんの映像が出て来るのが嬉しい♪

でも正直、追うのは今くらいの量が限界かなーとも思う^^; さすがに羽生くんや真央ちゃんみたいな特殊レベルの露出にはならないと思うけど、徐々に遠征中に映像拾い切るのがキツいレベルになりつつある(苦笑)

話戻して、先日初めて昌磨くん自身が「いつか(ゆづくんに)勝ちたい」と言ってるのを聞いてちょっと感動♪

正直に言ってしまえば羽生くんが現役でいることが確実なあと2シーズンの間では絶望的な差に思えてしまうのですが、「勝ちたい」と意思表示してくれたこと自体が嬉しいのですよね。これは、知子ちゃんと新葉ちゃんが「真央ちゃんに勝ちたい」と明言したときも同じ。

言葉にしないだけで選手はみんな上にいる人たちに勝ちたいと思ってるだろうけど、いざ口にするのには相当な覚悟が要ると思うんですよ。特に今の日本において羽生くんと真央ちゃんは特別で絶対的な存在なだけに、既に彼らと同じステージに立ってる状態でそれを言うのって、ある意味待ったナシのプレッシャーを自分にかけることにもなるので生半可なことじゃないだろうと。

だからこそ、後に続く選手たちが「それを言うだけの覚悟が出来てる」ことを表明してくれるのは、純粋に頼もしくて嬉しく思うのでした^^


◆【NYOI】パンフでの昌磨くんと知子ちゃんの対談が楽しすぎる。いや、属性が色々かぶるから互いに親近感湧くところとか何か思うところはあるんじゃないかと思ってたんですけど、まさか互いに 身長をライバル視 してたとか(笑)

昌磨くんは同世代や後輩との対談になると結構チャチャ入れしてるイメージ。シニア選手基準に観てると最年少の弟分みたいに見えるけど、本人は自分の性格を

めっちゃやんちゃで、ドS

と言ってるんですよね。それ、どこの絶対王者ですか、っていう(笑)

やんちゃなのは自己申告インタ記事を見る前から行動でわかってたけど、ドSなとこまで現王者と共通してたのかと。

年代的には絶対ムリだから架空の年齢差でのイメージになるけど、ふと、

日本の絶対エース的ポジションの先輩が他にいる状況で、まだ10代の羽生くんと昌磨くんが実力で代表枠勝ち取って3人でワールド行く

みたいなパターンがあったら、さぞ見ものだっただろうな~…と思ってしまいました。

いやだってベテランエース1人にやんちゃでドSで実力十分な若手2人の組み合わせとか、ワールドで一体何してくれるんだと、想像しただけで面白すぎる( ;∀;) 架空キャラのフィクションでいいから観てみたい(笑)

…ただ経験値低い状態だと、2人揃ってやんちゃ過ぎて本番前に怪我とかしてそうなので、そういうオチはナシで^^;

ともあれ現実の代表2人は、ワールド3枠奪還に向けてどうぞステイヘルシーでお願いしますお願いしますお願いします…(エンドレス)


関連記事
スポンサーサイト



いろいろ ~スケオタネタ編

後れを取り戻すべく、本日2度目の更新。

今日中にあと1回更新出来るかな~?


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


【TCC】

◇ワールド終わった後に米で開催される3地域対抗(【JO】と違って本当の意味での3「地域」)のチームチャレンジカップ(TCC)。

出場選手は、今年1/1時点でのWS上位から2名とワールド出場選手の中から5人ピックアップして人気投票で選ぶことになってるそうですが。

WSで決まる2名に対しても出場に強制力はないみたいで、性質的には国別より【JO】に近いらしい。このため、直前に日本で開催されるSOIツアーに参加が決まっているPさん、ハビ、デュハラド、ウィバポジェは出場するのか?という疑問も出てるようです。

【JO】みたいな大会なら開催国に花もたせたいところもあるだろうから、アメリカから強い選手が出せれば他はトップ選手揃わなくてもいいのかもしれないけど。

あとペアとアイスダンスが2組のみというのはともかく、フリーのみというのも何かよくわからない。だったらシングルもFSのみでよくないデスカ? みんな疲労ピークだろうし、同じような時期に開催される国別と違って公式記録にもならないんだし…

当初昌磨くんには関係ない大会だと思ってたんだけど、「アジア」という括りの場合、もし羽生くんが出なかったら順番としては回ってくるのか… 羽生くんが出るのであれば、3枠目は中国のボーヤンが入った方がアジア3国でバランスいいと思ってるんだけど。

昌磨くんはシニア初年度からいきなりハードスケジュールだったから今季はワールドで終了して欲しいし、振付覚えるの遅いというから早く新プロの準備して欲しいし、特にEXプロ新しく作って欲しいというのがすごくあるので(いやその気があるかどうかわからないけど…)、個人的にはあまり歓迎しないというのが本音です(^_^;)


【いろいろ】(時期はずれになってしまったネタ含む)

◇かなクリ、ネスレ杯でミニマムクリアだけでなくリード姉弟時代のPBも更新して銀メダル獲得! めでたいめでたいよ~(;▽;)

ボストンで会えるのを楽しみにしています♪

そして、すみオデの同大会優勝もオメ!

◇メドベがツイに大量の日本のお菓子写真をUP。何事かと思ったら、新葉ちゃんが「沢山欲しい」とねだられて送ったのだとか。

切り餅が混ざってたせいで、新葉ちゃんのツイに色々ツッコミが入ってて笑いました。メドベは食べ方わかってるのかしら…と思ってたら、「What is it?(泣き顔マーク)」と切り餅アップの写真載せてて更に笑いました。

新葉ちゃん曰く食べ方はちゃんと伝えてあるそうですが、ツイでも沢山の食べ方指南が。

今季この2人は試合で一緒になったことないから、昨季以前に友達になったんですね。イイヨイイヨ~ 選手の皆さんには、いっぱい海外のお友達作って欲しいです♪ 荒川さんのフレンズショーや本田さんによるヤグディンのワールド召喚を思い出すまでもなく、それはきっとスケオタにもこんな風に楽しみを提供してくれる(笑)

◇ロシアのアイスダンスのワールド枠はいつ3に戻るのだろうか。ボストンにシニカツ来てくれたら嬉しいけど、イリジガのフリーダも好きだったんだよ…

まぁロシアナショナルでは3番手はステブキになったから、3枠あってもボストンに来れたかどうかは微妙だけども。

◇ナショナルでポゴが巻き返してくれたのが嬉しい。NHK杯は観てて胸が傷んだだけに… ユーロ頑張れ。


【NHK杯スペシャルエキシの感想】

◇個人的MVPは通訳さん。色々と良かった&面白かったv

◇カメラワークがあまりにも酷い酷すぎる。罰金払えと言いたくなるレベル

◇プルさんがプルグラムっぽくない正統派にカッコいいプロだった

◇羽生さんの衣装が「綺麗なウミウシ」と言われてて超ツボる。私が漠然と抱いていたイメージにピッタリだった…

◇録画観た後消す予定だったけど思い止まったのは、優香ちゃんのEXプロが今季激レアだったから 


【MWOの感想】

◇コストナーさんのプロ、衣装も含めてすごく素敵だったあぁぁぁ… 激しく美しいものを観た。

何かもう「スタイルの暴力」とすら感じるほど、長い手足のパワフルな有効活用! 力強さ・キレ・スピード・美ポジが全部揃った身体表現。。。10代中心の現役上位陣ではまず拝めない成熟した表現を堪能させていただきました。これだけのクオリティのものは久々に観た気がする。フリーレッグの伸ばし方なんか、もう最高。

冒頭のスピンも独創的なポジションが素敵で、しょっぱなからクラクラしてしまいました。

◇ロシェのあの衰える気配の無いキレキレっぷりは何なんだ。

もうカナダナショナル出ればいいのに。今も普通に台乗り出来るよ… つか団体戦に出て欲しいよ…

◇男子、みんなみんな素敵プロで表現力も申し分なくて、超見応えあったーーー!

構成変えて少しでも多く点取りに行く気満々な選手が複数いたところも、ガチな感じ満々ですごく良かった。

ジョニーが久々に正統派王子様プロで、大変好みでした。ルブタン風という裏を赤くした靴も素敵。

織田くん転倒勿体無い~~ ジャンプキレキレ、3Aの猫足着氷も相変わらず素晴らしくてウットリしました。ジャンプ構成的に転倒しても優勝かと思ったけど、コレオでの-3は厳しかったかあ。残念。

アボは…素敵だったし優勝おめでとう!なんだけど。なんだけど。米男子の現状を見ると、今季はGPS全休でいいから全米に出て欲しかったと、どうしても思ってしまう…(TT)

クーリックの側転?バタフライ、久々に観れて嬉しい。バトルの皆勤台乗りもすごいなぁ。

MWO、大阪じゃなければ生で観たかった…TBSに移ってNYOIとセットとなると、来年以降も大阪なんだとしたら生観戦は厳しいので残念;; にしても、金曜日にやるならせめて夜にすればいいのになぁ。集客は二の次なのかもしれないけど、金曜夜や土日なら行く人ももっといるだろうに、ものすごく勿体無い。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


冒頭には昌磨くんのネタを入れてたんですけど、それだけで延々文章が長くなりそうだったので今回は外しました^^;

2015年最後の記事ではやたらシビアなこと書いてしまったから、2016年はもっとちゃんとファンらしい?記事から始めたい(笑)


関連記事

いろいろ ~雑記編

続けて更新する予定だったのに、昨日何にも投稿出来なかったー(汗)

今回は「趣味/雑記」カテゴリのいろいろ。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆昨年の初め、かつてないほどスケールの小さな抱負を掲げました。

が、結局そのスケール最小の抱負は実現することはありませんでした。

その抱負とは「年賀状を年内に出す」というもの。

右肩故障で長期安静を余儀なくされた上、昌磨くんの大躍進→12月に2回も遠征する羽目に…といった当初全く想定してなかった事態が重なり、年内に自分用の年賀状を仕上げるのは無理でしたorz

あまりに恥ずかしかったので、むしろスケールの小さな抱負こそやめておくべきだと悟りました↓

ここ最近抱負を掲げても実行出来ないことが増えてるので、もう抱負を決めること自体やめようかなぁとも思ったものの、何ひとつ目標を立てないと怠け癖がどんどん助長されるような気もして(いや目標を立てても怠け癖が改善されるワケではないのですが;;)、やはり一応は何か考えてみようと思います。

あ~~昌磨くんみたいにカッコいい目標を掲げて実現出来る人になってみたい…生まれ変わったら(←志低すぎ)


◆『スターウォーズ』と『パディントン』観に行きたい…

出来ればハシゴしたかったんだけど、調べてみたら一番近いシネコンは何故か『パディントン』の上映がない!!! 何で~~~

仕方なく少し遠いけど以前よく行ってたシネコンを調べたら、字幕版『パディントン』の上映時間は21時からの1回のみ。これ、完全に勤め帰りの人のみがターゲットだよね?(;・∀・)

まさか『パディントン』を観るのにこんなに色々とハードルがあるとは思わなかったわ^^;

あとシネコンは便利ですが、ハシゴしようと思うと意外と時間の無駄が出来やすいんですよね。友人と一緒にハシゴする場合は2時間くらい空いても食事しながらお喋り…でつぶせるからいいんだけど、1人だと飲食で2時間ももたせられない。続けて観るならギリギリの組み合わせもあるんだけどそうするとお腹空きそうだし、かといってギリギリ食事出来るか?って感じの時間だと2本目観てる間にトイレ行きたくなりそうだし(苦笑)で、意外と迷う。


◆私の大好きな和製本格ミステリシリーズが遂にドラマ化。

やっと、というより、何でこれまで人気の割に全くドラマ化されてなかった作品がここ1~2年で次々ドラマ化されたんだろう?という疑問の方が大きいかなぁ。

具体的に言うと、島田荘司さんの御手洗潔シリーズに、森博嗣さんの犀川&西之園シリーズ、そして今回の有栖川有栖さんの火村英生シリーズ。

特に御手洗潔と火村英生は探偵キャラとしてカッコいいから、ドラマ化されるならとっくにされてそうに思えたんですけども。

でも番宣観る限り、火村先生も作家アリス(原作者と同姓同名の狂言回し役キャラ)も原作とは違うイメージにされてる気が…原作の火村先生は犯罪を「美しいか美しくないか」なんかで語る人じゃないよね(´・ω・`) もっとミもフタもない切り捨て方すると思う。

有栖川さんの火村シリーズ(別名:作家アリスシリーズ)は、硬派とまではいかなくても決して軟派ではない正統派本格物なので(何度もいうようにミステリにおける「本格」という用語はジャンルの名称であって、「本格的に」とか言うときの「本格」とは意味が違います)、本格大好きで且つ日常的に気軽にミステリを読みたい私には今最もお気に入りのシリーズです。

探偵役の火村准教授の友人である作家アリスの一人称形式で語られるストーリーは、ウェットすぎずドライすぎず、重すぎず軽すぎず、短編も多くて長すぎないところが、楽しみとして読むのに最適でとても好き。文章もくどすぎずあっさりすぎもしないので、今の私のアタマで読むには丁度いい感じなんですよね。

でも最もお気に入りである理由としては、「一人称で語られる作家アリスの感覚・価値観が、私の感覚とものすごく相性がいい」というのが一番大きいかも。特に作家としての矜持みたいなことや、自分の信条みたいなことを語る場面でとても共感してしまう。同じ原作者による学生アリスシリーズの一人称は感傷的すぎて苦手なので(それだけキャラの若さをちゃんと表現出来てるということなのでしょうが)、この著者のこのシリーズが好き、ということになるんだろうなと思いますが。

ともあれ、この作品はキャラがウェットにもドライにもそして奇矯方向にも偏ってない常識人系であるところも個人的にお気に入りポイントなので、変な個性を添加されたのだとしたらものすごくガッカリしてしまう。録画観るのはこれからだけど、果たしてどのくらいの別モノ感なのかドキドキ。

ちなみに昨年ドラマ化されたS(犀川)&M(萌絵)シリーズの犀川先生も別モノにしか思えませんでした。(萌絵の方はイメージに合ってた)

まぁそれ言ったら、原作者自らが佐野史郎さんをイメージしたという湯川教授を福山雅治さんが演じた探偵ガリレオシリーズもキャラの方向性完全無視ってことになるんですけどね^^;

綾辻行人さんの館シリーズもそのうちドラマ化されるのかなぁ。探偵役のキャラは御手洗潔や火村英生よりは個性の面では劣るでしょうが、このシリーズは館トリックそのものが主役だから映像化には向いてそうに思うんだけど。


◆あれこれ言ってても結局ミステリ物は好きなので、たとえ『火村英生の推理』のキャライメージが違ってても結局は続けて観ると思います。

今季のミステリ物は、これと『相棒』の他にちょっと色モノ入った『ヒガンバナ』と『山猫』もありますね。ちなみに『火村英生の推理』『ヒガンバナ』『山猫』が全部日テレなのはちょっと意外。同じ局でミステリ系3本って珍しい気がしたんですが、どうなんだろう。

私が観るドラマの条件は基本ミステリ系か色モノ系と決まってるので、今季はちょっと嬉しいかも(・∀・)

『山猫』は主役がなかなか面白くて気に入ったのですが、それ以外にも『相棒』で酷い目に遭った成宮くんが出てるので応援したい気持ちもあり。

昨季(ドラマの区切りね)は『下町ロケット』も好きだったけど、GPSやGPFと重なって何度も観損ねたんですよねぇ。『相棒』ですら毎週予約しないと観損ねるものの、今のHDD状況だと毎週予約は自殺行為なので見逃さないようにするのはなかなかキツイ(´・ω・`)


◆ペプシのMOMOTAROのCM、折角サル年なのにサル編はいつやるんだろう。


◆SMAPが生放送でファンに向けてのメッセージ…と言っても、場をお膳立てしたのが事務所サイドである以上、本心からの言葉が聞ける場になるワケがないですよね。

木村くんが事務所に残留してる以上「解散しない=4人が謝罪して事務所に戻る」ってことにしかならないから、言いたいことみんな押し殺して「お騒がせしてすみませんでした」としか言いようがない。

少なくとも、前を向いてる人たちの表情にはとても見えませんでした。ネットで「ISの捕虜動画」「逃亡して捕まった奴隷」「足抜きして吊された女郎」みたいとか言われてるの見かけたけど、実際そんな印象。

私は経緯は殆ど知らないけど、SMAPがもう相当以前から事務所では放置状態で自力で営業してるという話は聞いたことがあります(だからいい仕事してるのかとその話を聞いた当時は思いました)

独立して芸能界での仕事を続けたいというのが本当のところでしょうが、それはどうしても叶わない状況ということなんですよね。

4人は「どっちの不幸がマシか」という選択をしたということでしょうか。少なくとも、単純に「とりあえず解散しないみたいで良かった!」みたいには自分には思えなかったです。

むしろ誰1人「解散しません」という一言を言わなかったことに、納得出来てないならそれでいいよねと、ちょっと安心してしまったくらい。

4人の表情がある程度想定通りだっただけに、私がもやっとしたのは、「解散して欲しくなかったけど、生放送コメントでの彼らの表情を見たら解散した方が良かったのかもと思うようになった」と言ってる人が結構いたこと。

解散して欲しくないと思う程度に彼らのことを好きなら、独立の意思表示をした4人がどれだけ納得してないか、どれだけ歯軋りする思いで残留を決めたか、彼らの顔を見るまでわからなかったのかなぁ?と。そんな簡単に元の鞘におさまるような事態に思えたんだろうか、と。

解散さえ回避してもらえれば、彼らの笑顔が見れると思ってたんだろうか?と。

あくまで私見だけど、草彅くんの言葉はせめてもの抵抗として自分たちが受けた屈辱はこうだったと表明してるようにも聞こえました。

フジは当然ながら、一般人の声としては「存続してくれて良かった」という意見ばかり流してるけど。。。


関連記事

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

あかね

Author:あかね
管理者ページ

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード