Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

世界ジュニア女子FS

あ~~改めて日本女子たちのスケーティングとジャンプの質の良さとメンタルの強さが誇らしくて泣ける。。。みんな素晴らしかったわ( ;∀;)

真凜ちゃんは終盤スピードが落ちちゃったけど、このハンパなくプレッシャーがかかったであろう大一番でノーミスを揃えたのはやっぱりすごい。ずっと取りこぼしてたレベルもきっちり揃えて来たし、この大一番での勝負強さはこれからもきっと彼女の武器になるだろうと思います。

本当に頼もしくて、そして見事な銀メダルでした。200点超えとPCS1位もおめ!

最終滑走の花織ちゃんも、今季一番のノーミス演技を揃えてくれて嬉しい。あああやっぱり彼女の超幅跳び3F-3Tとスケーティング、大好きだああ(T▽T)

優奈ちゃんも転倒とURはあったけど、彼女の持ち味と強さは伝わる演技でした。転倒からの立ち上がり早すぎ。転倒したことを忘れさせるほど流れが途切れなさすぎですごかった^^; クワド転倒から何事もなかったように立ち上がるのは、トリノ五輪の演技から4B(クワドバトル)と呼ばれてましたが、今回のはトリプルユウナとでも呼びたくなったわ。

腰痛に耐えながらの戦いはとても辛かったと思いますが、本当にお疲れ様でした。ゆっくり腰を休めてしっかり回復して下さい。

ザギトワにあの構成をノーミスされたら、さすがに勝つのは無理。今回終始丁寧に滑ってたと思うし、ミスる気配も全く無くて文句なしの優勝でした。オメ!

彼女は来季の露ナショナルで、メドベと死闘を演じることになるのだろうか。

ウンスもSPに続き、良い演技でした。来季120点台出せるようになったら、JWでも台乗り狙えそう。日本女子の手強いライバルになりそうですね。しかし、ツルシンちゃんを思い出させるような細さだ…

コンスタンティノワは不調だったけど、プログラムは面白くて好き。滑りもやっぱりいいなと思いました。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


来季はこの素晴らしい真凜ちゃんや花織ちゃんもシニアに上がってくる!

日本女子、何としても五輪3枠を…(T_T)

知子ちゃんの来季に響かない範囲で、神様どうかどうかお願いしますううう(>人<)


関連記事

世界ジュニア女子SP & ペアFS少し

【祝☆日本女子SP全員PB】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

花織ちゃん、やったああああ

ジャンプの質も素晴らしかったけど、それより何より

もう滑りが 別 格 だ っ た !

今まで観た中でも最高ってくらいにステップもキレッキレで弾けまくりで良かった! JGPFの時は露女子の凄さに完全に気後れしてしまってたらしいけど、今回はしっかり免疫もついたみたいで何より(^.^)

こんな素晴らしすぎるスケーティングで露女子よりPCS出なかったら絶対おかしいだろおおおおーーー!と思いながら観てたら、上回って嬉しい( ;∀;)(いや他はともかくSSだけはトップくれ!って思ってたので。真凜ちゃんとピッタリ一緒でしたね♪)

昨日の凄まじいバトルになった男子観てても思ったけど、PCS採点がすごくまとも。クワドが飛び交うハイレベルな戦いで上位陣は高値連発だったTESに引き摺られて発狂したりせず、すこぶる冷静。

シニアワールドも是非この調子でお願いしたいんだけど。

そして、真凜ちゃんも素っ晴らしかったあああああ( ;∀;)

身体表現がより柔らかくなってて、滑りのスケールも大きくなってるーイイヨイイヨ。レベル取り苦労してたステップのレベル4もおめ。

PCSの全ての項目でトップなのもすげぇ… そこら辺が弱くなりがちな日本(の特にジュニア)女子において、PCSで露女子に勝てる真凜ちゃんはやはり超貴重な存在だわ~~

優奈ちゃんもやっとノーミスおめー 腰痛抱えて辛かったに違いないけど、岳斗さんが言う通り11ヶ月我慢して来たんだからあと1回今季最後のFSで力を出せることを願っています。

以前からスケオタ界隈では注目株だったウンスは、さすがに質のいいジャンプ跳びますねー スケーティングとかはまだこれからだろうけど、全体的には特に癖もないし有望でしょうね。平昌に間に合わなくて韓国としては残念だろうなぁ。

ザギトワはスタイルいい美人だなぁ。つなぎはいっぱいありそうだけど、スケーティングはもうちょっと滑って欲しいところ。

コンスタンティノワは滑りが大きいですね。衣装のスカートはもっと黒鳥っぽかったら良かったのに。フィニッシュの手先の動きとか好き(・∀・)

ツルスカヤは何で今季こんなメドベのコピーみたいなプロにしたんだろう…昨季は露女子の中では独特な選手だと思ってたのに。

でも転倒しただけにしては点が低すぎるなと思ったら…2A以外3つのジャンプ全部刺さっててビックリ。3Lzは相変わらずすごい高さだったけど、本人比で滑ってないようにも見えたので(次が坂本さんだったから尚更そう見えた)、手術からの復帰でまだ調整不足だったんだろうなぁ。

舞依ちゃんじゃないけど、ツルスカヤも難病に罹ってたのですね(´・ω・`) 一昨年のJGPFの頃は、ツル無双の時代待ったなしみたいな感じで言われてたのに…ジュニアの未来が読めないのはどこも同じですが、ことロシアのシングル女子でこの状況というのはものすごくものすごくキツそうで(つД`)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

【ペア】

夕食や入浴タイムにかぶってしまったので終わりの方のグループを観ただけですが、オーストラリアのペアが滑りも良くてスピード感もあって上位陣の仲では圧倒的に上手かった。納得の優勝、オメ!

今季のJGPFに5組を送り込んだ(実際はソポトくんの組がWDして4組になったけど)ロシアは、JGPFでは(国としては)2連覇してるのにJWでは今季も優勝を逃したのか~ 2009年以降、JW金はずっと途絶えてるんですね。

てゆうか、12月のJGPFで優勝したミシミルはJWを待たずに解散してたんかい…

ロシアのボイコズは、スピードはすごくあるんだけど、何か色々粗いというか荒々しいというか、スピンやジャンプだけでなくただ滑ってるつなぎの部分でもすごいバラバラ感があった^^; カツラが2人で滑ってるかのようなユニゾン感の無さ。でも男子まだすごく若いようだから、ガンバレ。銀メダルおめ。

そして、うひょ~~中国ペアが表彰台に戻って来てくれたわ♪ 中国ペアファンの自分としては今はなきユージンの次の世代も上がって来てくれたのは大変嬉しい。フィニッシュ後の男の子の笑顔がすごく可愛かった~(^o^)

優勝したオーストラリア組は、JGPFではソポト組の替わりにINして5位。中国ペアはJGPSのスタンディングでは10位でファイナルは補欠ですら無かったことを考えると、シーズン前半から大分動きがあったんですね。


関連記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード