Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

JGPSラトビア大会~男子終了

◆木科くんの滑りは好き。イケメンを無駄にしない髪型もOK。

後半バテちゃったねー惜しい。あとやっぱり難しそうな曲。ステップとか良いし良プロだと思うけど。

クリーンに入ったジャンプは着氷綺麗でした。SPFS共1戦目より良くなくて残念。


◆樋渡くんはやっぱり基本的に色々と上手い。テッドもビューティフルと称賛してましたね。

でも表情が無表情を通り越してマイナス表情に見える…(;´・ω・`) フィニッシュ後も何か大変な失敗をしかたのように悲しげにすら見えてしまった。あんなに上手いのに表情が暗いのはすごく勿体無い。


◆須本くん、長ーーーい助走だったけど3A入ったーそして他のジャンプも良かった!

レミゼだから、クライマックスでこんな風に十分に勢いがある演技が出来るとフィニッシュまでの印象がすごくいい。終わった後は「おおおおおー素晴らしい!(・∀・)//""パチパチ」という感じでした。

派手さは無いけど、端正で正統派レミゼ感がよく似合う選手。初めて全日本で観た時、衣装もそうだけど遠目に身体の動かし方が羽生くんぽかったのが思い出されます。(「ああ、ファンなのね…」とわかりやすかった^^;)

200点超えおめおめおめえええー 目を丸くしたり嬉しそうなキスクラが喜ばしい。

そしてそして、露男子2人の自爆もあったけど、優勝おめえええええーーーー! 実力者が殆どシニアに上がっちゃったからというのもあったかもしれないけど、それでも今季日本男子優勝が拝めるなんて全く思ってなかったから嬉しい。

絶対、名古屋においで!!!ヽ( ´∀`)ノ


◆マティアスくん可愛い、トマシュかっこいい。

マティアスくんのすっっっごいディレイ3Lzにはビックリしたー


◆サモヒン去りし後の、ジュニア男子の男くさい枠を継承してる感のあるパブロフくん。

大技の抜けが続いちゃったのは厳しい(´・ω・`) どんどん動きが投げやりになっていった感じが…;;


◆イグナトフくん、ロシアンにしては端正だープログラム曲も美しいし珍しいーイイヨイイヨ

…と思ったら、後半はジャンプも滑りも露骨なスタミナ切れが感じられた… 前半の4Tと3Aに体力削がれたのだろうか。でものろさも優雅さに錯覚するような最後まで美しい編曲だったので、これはこれで正解ではないかと思う。


◆良くも悪くもザ・ロシアンなサヴォシン来たー

美しいジャンプが全然無いけど、前半はとりあえずちゃんと降りてる---^^;

振付も何か恐ろしいものに追われて慌てまくってる感ががが…もうちょっと落ち着いて滑ろうよぉ;;

後半崩れて高難度構成が台無しに… うーん何か去年より演技全体が粗くなっちゃってる気がするんだけど…(´・ω・`)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


この時期のジュニアで、日本女子より日本男子が先に優勝するとは思わなかったーGPSはジュニアでも波乱があって色々面白いです。

世界ジュニアでは五輪あぶれた今季シニア移行組が出戻りする可能性もあるからこんな風には行かないかもだけど、国際A級大会で結果が出せるのは何よりです。日本男子の優勝は草太くん以来2シーズンぶりだそうで、めでたい。

JGPSは7戦あるからGPSほどファイナル進出の計算は単純に行かないけど、優勝ポイントがあるのは大きいので次戦も頑張って欲しいです。須本くんは次戦で高志郎くんと一緒だけど、この2人はエントリー分けて欲しかったなぁ…

星南くんはケガだったのね…ケガ多いなぁ…早く回復しますように。

しかし、紀平さんもSPミスしなければ十分優勝する力はあったと思うだけに改めて惜しかった。次戦も頑張って是非名古屋にー!


関連記事

JGPSラトビア大会~女子終了

最近は自分にとってウェイトの大きい大会の感想を書く余裕がなくなったりしてますが、JGPSしかやってないこの時期は少しゆっくり感想が書けそうなので書いておこうと思います。

結構ジュニアの試合の感想って、後になってから(話題にしたジュニアたちのその後の成長その他を見てから)読み返すとなかなか興味深かったりもするのですよね。

スケオタになって間もない頃に世界ジュニア観た時は、色々と勉強も兼ねて4カテ全てで細々と演技感想をノートに書いたりしてました。懐かしい。今やったら大変すぎて死ぬ(苦笑)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


フェディチキナがすごく素敵なお姉さんになってたー! ビックリ。SPは素敵だったけど(何か容姿的にコルピを思い出してしまった)、FSは2015年のバルセロナJGPFで観たような粗い印象で残念。ジャンプが崩れて全体的に動きも精彩欠いて来ちゃってたし。

グバノワや今季観てないヌグマノワ同様、ザ・エテリ組テイストの無い露女子は個人的にすごく貴重なんだけど、ジャンプが…私が素人採点しても高い点にはならないのがカナシイ。

エテリ組はジャンプの構えがみんなメドベっぽく見える。ああいう構えじゃない子も観たいんだけど…そして本当にいつでも忙しない^^;

シニアでも他カテでもずっと思ってることだけど、つなぎ盛り盛りでもスピードノロノロしてたり動きが粗くて忙しなかったり、何よりプログラムの作品性に昇華されてると思えないような使い方されてる演技の時は、PCS(の特にTR以外)はそれなりのにして欲しい(´・ω・`)

露女子の国内争いが熾烈だから0.1点でも多く稼ごうとする戦略は正しいと思うし、私が採点しても点出すと思うし、女子だけの話でもないんだけど、個人的印象としては「難しいことやってるから高い点を出す」と「理想的なフィギュアスケートだから高い点を出す」は必ずしもイコールとは思わないんだよなぁ。

だからこそISUも平昌後はテクニカル部門と芸術部門を分けることを模索してるし、先だってのディック・バトンもああいう提言をしてるんじゃないのかなーと。」

ただそこそこの出来なのにお通夜状態のパネンコワのキスクラに、露女子の中での争いの厳しさを感じてそこは本当に同情せざるを得ませんでした。じっくり育っていく余裕がなさげなのは可哀想。ロシアンタイマーとの戦いもあるしなぁ。

紀平さんPCS1位は納得。表現上手くなったしつなぎも凝ってるけど、せかせか感がないところがイイ。3A以外はジャンプもまとめられて良かった。以前より着氷も流れてる感じ? でもURに見えた3Aも刺さってなかったのね(今大会は軒並みURに甘いと言われてる) だから125出たのか。

SPでジャンプ2ミスしてなければ…と思うけど、FS1位はさすが。FSで捲れる人は強いなと改めて(昌磨くんとか昌磨くんとか昌磨くんとか。SP心臓に悪いけどさ) 

SPのジャンプがすごく低く思えたのは緊張だったのだろうか。SPの段階で1位と11点差になった時はJGPFヤバい!?と思ったけど、よくぞ持ち直してくれました。JGPS3戦目にして日本女子初の2位オメ! 2戦目もガンバレーそして名古屋においでえええええ。

ゆは菜ちゃんも転倒は惜しかったけど、ジャンプは比較的きれいめにまとまってたかなと。特に最後の3連締めはカッコ良かった! FS3位だから、こちらもSP失敗しなければねぇ…

個人的に演技が好みだなーと思ったのは、総合7位のウクライナの子でした。動きが大きく優雅で忙しなさもなくて良かった。また観たいなー 次は6戦目のポーランドに出る予定なのね。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


昨日の男子は寝過ごして須本くんも木科くんも観れなかった…ペアも時間確認しそびれてて、りくしょー見逃した… 後で動画観てこよう。

今回の男子SPのスコアも女子のそれと比べられていた。かろうじて1位のパブロフくん1人だけパネンコワに勝った^^;

須本くん4位だけどSPは団子だから、FSガンバレー


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


この後の試合で暫定エントリーになってる選手の入れ替わりありそう。女子はチャンスが出来るだけ行き渡るといいな。男子は4戦目に壺井くんがエントリーして何より。

尚、この記事は時間指定の予約投稿です。仮眠とって女子最終グループに合わせて起きたので、投稿時間より前に再び寝ますw


関連記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード