Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

ロンバルディア杯女子SP

徹夜明けで仮眠もとってないから眠いのに、それでも出来ればリアルタイムで観たいと思う女子選手が各グループに1人ずつ散らばってる…( ;∀;)

男子になったら更にリアルタイムで観たいメンツが増えるのに~~~ 昌磨くんの前にいったん死んでそう(@∀@;)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆悠良ちゃん、ノーミスおめー 綺麗な演技でした!

2A/3F-3Lo 3Lz なんて、3A無しの構成的としては最っ高難度じゃないですかあぁ~~~すごい!(全部後半組とかは考慮せず)

BVが高いだけあって、65点という高得点で良かったですね(´∀`)


◆コストナーさん、美しかったあああ…溜息。

このびゅりほーな身体表現をFaOIで生で拝みたかったな…


◆ポニテのせいか遠目にヨシちゃんぽかったアンバーちゃん。タノジャンプがクリーンに決まってるううう…と思ってたら、最後で要素抜け1Aorz

でも動き柔らかくて綺麗。スピンも美ポジだし、良い意味での米女子^^


◆リーザ、衣装と振付もコケティッシュでフェロモンあってイイヨー でもジャンプがあああああ( ;∀;)

クリーンプログラムで観たいですねぇ。


◆新葉ちゃん、スピードが活きるプロだーイイヨイイヨー

コンボのセカンドが危なかったけど、冒頭2Aは素晴らしかった。今大会は甘めに点出てるっぽいけど、セカンド刺さらなかったようですね。74点素晴らしい(^o^)//""

スピード感を犠牲にして1シーズン表現力向上を頑張って来たのが、今季プロで本来の持ち味と共に実を結んでる気がする。この調子でFSも、そしてこの先の試合も頑張って欲しいです。


◆ルカヴァリエの衣装面白くていいわぁ。

コンボのセカンドで転倒残念…セカンド低かったからなぁ;; 3Lzと2Aは良かった。スピンも綺麗^^

ヘルシンキワールドでは崩れちゃって残念だったから、ジャンプ安定させて頑張って欲しいなぁ。

おや、コーチはコリさんなのか。見目麗しいキスクラだわ♪


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ザギトワやペアも観たかったのですが、男子までに仮眠とらないと死ぬので離脱ー


関連記事

平昌シーズン展望 Vol.2-1

ロンバルディア杯とオータムクラシックが終わった後だとボツ記事になりかねない内容なので、大急ぎでUPしときます。

今回の内容は、敢えて婉曲的な表現をすると

「良い演技が観られれば、褒めるのは後からいくらでも出来るので」

…かな^^;

海外選手よりは入ってくる情報も多い日本男子ツートップに関して、気になってる点について書きました。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆今「誰にFSの演技をノーミスされたら一番滾るか」と訊かれたら、迷うことなくPさんとブラウン、と答えます。

今の現役上位陣の中では、この2人とあと「マラゲーニャ」みたいな神プロの時のハビが神演技した時が、一番私にとっての「フィギュアスケートの理想」を体現してるかなと。

現状、ジャンプ以外を本人比でかなり省エネしないとこなせない構成で滑っている他選手に関しては、同じ印象を持つことはないと思います。「惜しい感」の方が先立つので。

ぶっちゃけ、羽生くんも昌磨くんも今のところFS5クワドはキャパオーバーという印象しかないんですよねぇ。特に後半は(あくまで、それぞれの本人比で…ということにはなりますが)、私にはほぼ「ジャンプ跳んでるだけ」に見えそうで。


◆「現段階で」昌磨くんのFS5クワドがキャパオーバーだと感じた理由はロンバルディア杯目前で既に書いてる時間が無いので別の機会に譲るとして…羽生くんに関しても同じく「現段階で」そう思ったのは、ヘルシンキの演技を観たからです。

ジャンプに関しては跳ぶ前後も含めてアートレベルで素晴らしく他の追随を許さない出来だったと思いますが、3クワドでノーミスした「SEIMEI」の演技の時と比較すると、ジャンプ以外の部分の省エネ度が少し気になったというか、ジャンプを正確に跳ぶためにかなり慎重になっていた…という印象でした。

シーズン後半からの投入で且つ唯一ノーミスクリーンでもあった4クワド演技でそうだったため、これがシーズン序盤からずっと5クワドになったらどうなんだろう?ということです。

以前も書いた通り、昨季始めの段階で「新プロで新種クワド投入且つ4クワドの可能性がある場合、羽生くんのノーミス演技は正しいピーキングさえ出来ればシーズン中1回は可能」と予想しました。これは過去の彼の戦い方や全般的なコンディション、シーズン中に出した結果等に基づいて予測したことでしたが、今季に関してはちょっと読めなくなったなーと思ってます。

まず新プロじゃなくて「SEIMEI」を振付もほぼそのままで使うとのことなので、その点は間違いなくアドバンテージがあると思います。そして昨季は振付に回していた労力も、今季は5クワド構成をこなすほぼそのためだけに費やすのだろうなと。

体力的には完全にキャパオーバーだと思ってるので、それを上述のアドバンテージでどれだけ補えるか、そこら辺は過去のデータからではちょっと予想がつきません。ただ、昨季以上にピーキングの重要度は高まるだろうとは思っています。

ライバルの動向もあるしGPFに1回ピーク持ってくる必要があるから簡単な話ではないでしょうが、その辺りは昨季とソチシーズンに成功してる経験値が活かされるのだろうなと。

賛否が分かれるSPFS共過去プロの再演については、賛否意見のどちらにも違和感がある、というのが正直なところです。

いや、私も戦略として正しい(というかそれしか無い)と思うという意味では賛成派なのですが、「これで優勢になった、勝てる」的な発想の賛成論になるとそれに対しては懐疑的です。

だって、新プロでは勝てないと判断するほど戦況が厳しい、ってことですよね。選択の背景にあるのは。

そしてだからこそ同時に、「王者が守りに入るなんて…」といった主旨の再演否定論に対しても違和感がありました。こんなに厳しい状況なのに「こっちを選んだら勝てない(かもしれない)」と本人が判断した戦略を取れor取るべきだ、とは、私にはとても言えないし思えないのですよね。

なので自分的には、支持でも不支持でもなく「王者ですら他に選択肢が無い、本当に大変な戦いなんだなぁ」という印象のみがありました。

「それぞれの立場で、みんなすごく厳しい戦いをしてるんだ」という、ただその一言に尽きます。


◆昌磨くんの4種5クワドは、現時点ではあまり現実味がありません。。。プログラムに入れて跳ぶには、博打レベルにすら見えナイ(;´・ω・`) むしろ博打レベルにまで到達してくれたら、狂喜してどんどん試合で入れてくれとすら思う(苦笑)

その意味では完全に習得してる種類だけで構成する羽生くんの方が、実施率はともかく「跳べる」という信頼感はありますね。ただこちらは、3Aが1本構成になっちゃうのが惜しいところ。最強のリカバリといっても、リカバリになった時点で補い切れないものがあるのは四大陸で見た通りだから、GOEが盛り盛り稼げてケガしてない時はほぼ鉄板の3Aを抜くのは、本人も苦渋の選択だったんだろうなぁ。

昌磨くんのFSの新構成は、現状だと冒頭に4Lz(or4S)が入れられない限り、BV的には後半に4F持ってくる旨みがあまり無いようです。後半に安定して4Fが入るならそれは勿論望ましいのですが、3Aが1つ前半に行くと4Fの後半ボーナス分はかなり相殺されてしまう。

5クワド構成に向けての過程段階だから仕方ないのですが、この段階の4クワド構成もいつ安定するかシーズンが始まらないと読めないので、そこはやっぱりちょこちょこミスありで何点くらい行くのか気になるところ。

SPは昨季ジャンプが全てどクリーンに決まってたらTCCの点(105点)に届くか超えるかと思ってたんですけど、クワド2本とも前半だと超クリーンジャンプ揃えないと届かなかったなーと。

今季SPはジャンプの種類は変えられそうにないから、後半4T-3Tが鍵ですね。シニア1年目前半は後半に4T跳んでたけど、あの頃は1種だったからなぁ。昌磨くんはものすごく不規則に4Tが乱れるので(上手く行くときと行かないときで法則性が無い)、SPの4Tコンボが今のところ最強の不安材料かな^^; 要素抜けに直結するし;;

ネイサンみたいに4Lzにも4Fにも(リカバリまで含めて)高確率でセカンド3TつけられるとSPでもラクなんだろうけど… 今はまだクワドの種類さえ増やせればコンボに出来なくても少なくともFSでは十分すぎる構成が組めるけど、SPのことも考えるといずれは4T以外のコンボも必要になってくるでしょうね。昨年の全日本で4F-3Tが成功してたらどうなってただろう。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


5クワドがまだキャパオーバーに見える話の、昌磨くん編はロンバルディア杯が終わった後でUP出来ればと思います。


日本男子ツートップのFS5クワドは、今のところ私の中では「ジャンプジャンププロ」という予想イメージになっちゃってます。自分としては、シーズン中にそのイメージを払拭してくれる演技が観られることを、大いに期待したいところです。


関連記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード