FC2ブログ

Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ敗退ほか

前回優勝チームがGL敗退というジンクスを、ドイツも見事に受け継いでしまいましたね…orz

突破力のある選手を1人も用意しなかった代表選考が、最後の最後まで決定的に響いた感はあります。勿論、悪かったところがそれだけとは到底言えないので、それで勝ち進めたとは言いませんが…

でも縦への突破力とスピードが決定的に足りなかったのは確か。

そして、どこからどう観ても弱い…

事前予想では韓国ボロ負けなんてのもあったけど、私は全然そういうイメージは持てませんでした。韓国は走れるチームだしここも堅守カウンタータイプだし、突破力(足の速さ含む)の無いドイツにはメキシコやスウェーデンと同じように点を取るには手こずるんじゃないかなと。

それでも、それでも、あそこまで酷いとは思わなかった(泣)

フィギュアと違ってW杯本番まで試合観ないから、もともと優勝出来るとは思ってなかったけど、まさかここまで弱くなってるとは思わなかった↓

ネットで見かけた

「足元下手なのにポゼッションするから もっさりしてて遅い攻撃になる」

が、まんま私の印象でした…。・゚・(ノД`)・゚・。

あと、攻撃の陣形と人材が合ってない。

言いたくないけど悪かった時の日本の上位?互換みたいで、このドイツ相手なら今の日本でも勝てるんじゃないかと思ってしまった。。。駆けっこでも勝てそう。

今のドイツとブラジルが対戦したら、7-1どころか7-0で負けるんじゃないかとすら思える。(ノイアーいるからそこまで酷くはならないだろうけど、そのくらい決定機作られまくりそう)

まさか、優勝した次の大会ででそんなことを思うようになるとは。

結局3戦とも相手は堅守カウンターの国で、攻略を3戦目まで全く見い出せないまま終わってしまった。

というか、2戦目の後半で攻撃の最適解を得たと思ったのに、何で2戦終わって機能してなかったヴェルナーのワントップに戻してしまうんだ???

スウェーデン戦後半みたいな戦いを今日の最初からやってくれてたら、同じ敗退でももう少し納得出来たのになぁ…

ドイツファンの掲示板をずっと追ってたけど、前回にはあって今回は無かったものが致命的に多すぎたという印象が強いです…

むしろこんな風に惨敗でもしないと、きちんとした仕切り直しが出来ないところまで来ちゃってたのかと(´・ω・`) すぐに結果が出なくても、もう世代交代待ったなしですね。

悪いところが全部出た3戦目だったと思うので、これでちゃんと膿を出して新しい代表チームを築いて行ってくれることを願います(-人-)

苦しい時代が続くとしても、また強いドイツが戻ってくることを願って応援するよー

ノイアーのパフォーマンスは悪くなかったから仕方無いけど、テアシュテーゲンも観たかったなぁ。今回はそこも残念でした。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今大会は、走らないor走れないチームに先は無いっていうのが明確。ハードワークしてる中堅国に強豪国は苦しめられてるし。

あと中堅国とドイツの前線を観た結論は、テク&決定力があって足の速いFWがいないと本当~~~~にキツイってことでした。

綺麗に「俺たちのサッカー」をやろうとしても単純に走り負けたら終わりだな、と。

まぁ…今回波乱が起きるとしたらドイツかなぁ、という予感は初戦の時点でしてたので…

以下、ゲーム中の感想。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


何でスウェーデン戦後半で攻撃の最適解が出たと思ったのに、前と同じような形に戻しちゃったの?

韓国の方が走れててサイドの足も速い。スピードがあるから流れから崩せてて、よほどワンチャン時に得点の匂いがする。GKも普通にいい仕事してる。

ドイツはゴール前でもたついては右サイドのキミッヒにやたらボールが行ってそこで攻撃が終わるというメキシコ戦と同じパターンを繰り返してる。

あと中盤で自分ところのボールだと思ってちんたら走り寄ったり保持したりしてて、動きの速い韓国に取られそうになったり実際取られたりとかがすごく気になった。

スピード感が無くて、ゴール前に迫った時の怖さを感じない… ソンフンミンの方がよっぽど怖い(´・ω・`)

スコアレスで進んだのは、相手の弱さ・決定力の無さに救われてるとしか言いようがないよぉぉY(T△T)Y」

勝たなきゃいけないのに、何であんなにもっさりしてるんだろう。勝たなきゃいけない&先制されたくないってプレッシャー凄くて固かったんだろうか…

スウェーデン戦で観てない時に点が入ったので、前の試合のゲンを担いで後半はメキシコvsスウェーデン戦に切り替え、掲示板の書き込みで経過を追っていたのですが。

後半始まった時点で誰も交代してないorz

前半停滞して、機能してなかっただろうがあああああああ

その後も膠着状態は続いていたようで。

スウェーデンに2点目が入り、ドイツは1点取って勝てば勝ち抜けの状況。もうこれだけ他にお膳立てしてもらえたのに1点も獲れないならGL敗退で順当としか言えない。。。そう思えたので落ち着いてはいましたが。

ゲン担ぎで観てなかったから落ち着けたってのもあるだろうけど^^;

終盤のノイアーの上がりとそこからの失点については、観てなくて良かったとちょっと思いました…

仕方無い状況だったとは思うけど、リアルタイムで観てたらやっぱり哀しすぎたと思うので…orz

(※ドイツファンはノイアーのことはあまり攻めてない感じ。もうそういうのの遙か以前の問題なのは明らかだし)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


2戦目で致命的な敗戦を喫したアルゼンチンの方が決勝トーナメント進出とは、勝負は本当に最後までわからない。

3戦目の後半は、今までで一番良く動けていた前半とは別モノのように動けなくなってて色々危なっかしかったのですが、選手たちから気力と執念と攻撃力を感じることは出来ました。

終盤のメッシのスライディングには魂を感じた…観てて熱くなったなぁ。

3戦目のアルゼンチンの必死さが、少なくとも私が観た前半のドイツからはちょっと感じられなかったのが残念です。上でも書いた通り、ボールを取りに行く時も悠長に見える動きがままあって(´;ω;`)

あくまで私見ですが…ドイツ代表チームの内部が2006年ドイツ大会の日本(史上最強布陣と言われながら惨敗)みたいにバラバラだったのかも…とも思ってしまいました。仲悪いとかいうことでなくても、十分なコミュニケーションが取れてないとか、意思統一が図れてないとか、一体感が弱いとか…事前にエジルとギュンドアンの問題もあったし…

連覇という重荷に今の選手たちのコンディション(気持ちにしても体にしても)がついていけなかったとか… 前回優勝してなかったらまた違っただろうと思うし。

アルゼンチンも課題だらけで、今大会の出場国の中では走らない系でドイツ同様苦戦するチームなんだけど、その点と決定力がドイツを上回って辛くもベスト16に到達出来ましたね。

GKが一流でもFWが強くないと勝てないのだと、ドイツとコスタリカは教えてくれる…(;;)

(日本は逆の問題抱えてるみたいだけど…)

ブラジルは走れる上に攻守共にしっかりしてますね。いい感じに調子を上げていきそう。
堅守カウンターのコスタリカに苦戦してたから、同じタイプのメキシコ相手だとどうなるかな。メキシコがドイツ戦並みに走れたら面白いんだけど…

個人的には、バランス良さそうなクロアチアとウルグアイに注目してますー

最後になったけど、ペルーが1勝上げてくれて嬉しい!ヽ( ´∀`)ノ

モロッコ同様、勝ち点を得るに相応しい戦いをしてるのに勝ち点ゼロで帰国するのだけはイヤだああ~~~!と思ってたので。


関連記事
スポンサーサイト

W杯12日目終了

モロッコが勝ち点取ってくれたあああY(TT)Y


◆グループBの最終戦、最後の最後までどうなるか、どっちが展開にムッチャクチャ白熱した…!

モロッコ&イランは、スペインとポルトガル相手に死力を尽くして勝ち点もぎ取ったのは、本当に、本当に、感動した( ;∀;)

特にモロッコはこれまでの2戦の内容を観てきて、勝ち点ゼロで終わるとか絶対に絶対にイヤだああああああ!と思ってたので、本当は勝って欲しかったけど(スペインは負けてもGL突破出来たしね)、それでも勝ち点を取って終われたのはとてもとても嬉しかったです。

本当は勝ち点3~5は取ってもいいと思ったよ!

イランはあと1点取ればGL突破だったから、悔しいなんてもんじゃないだろうね… お疲れ様でした。

でも今日のポルトガルは今までで一番良かったから、それを相手にクリロナ完封してドローは本当にお見事でした。

イランとモロッコは今のところ、ダントツのGood Loserだと思います。


◆↓は、グループB最終戦が行われる前の私の心境。

モロッコとコスタリカとペルーが勝ち点1も取れないのはヤだヤだヤだ~~ヽ(`Д´)ノウワァァァン

特にモロッコ(´;ω;`) あんなに強いのに何で初戦イランに負けたし。

もっとも1勝してるイランも十分強いし、スペイン戦もいい試合してた。縦にスピードがある攻撃はかなり好き。ロングパスや前へのクロスは滾る。

上記の国は高いテクニックのあるフィニッシャーがいないのがツライところなんだろうね…

どんなに技術があってもシュートが入らなきゃ「腕はいいけど患者は死ぬっていう医者」と同じ、っていう岡田さんの話(岡田さん自身の言ではなく人に言われたんだそうです)が身にしみる。

コスタリカはブラジルを苦しめたけど、技術差を運動量で補完してるのが序盤からハッキリわかったから「これ90分+アディショナルタイム分はスタミナもたないだろうなぁ…決定力足りないし、守り切れたら御の字」と思いながら観てました。

ゴール前に持って行ってもシュートすら出来ない状況が続き、防戦一方になってきた後半はもう、コスタリカ頑張れ頑張れ…と思ってました(コスタリカに勝ち点取って欲しかっただけで、別にブラジル敗退しろとか思ってるワケではない)

どう観ても点取られるのは時間の問題という状況だったけど、90分まではもっただけにアディショナルタイムでやられてしまったのは残念でした…(T_T)


◆ロシアは本当に強いのかウルグアイ戦を観てみないとわからないと思ってたけど。

結局、サウジやエジプトが弱すぎただけなのか、ウルグアイと当たる前に2勝しようと全力で2戦走りまくってガス欠になったのか、イマイチよくわからなかった。

まぁ両方混ざってて普通にウルグアイのが格上だってだけなんだろうけど。3点目はさすがに10人での消耗もあるのかなと。

ウルグアイのカバーニは、もう最後は「忖度介護ゴール」とか言われてて笑ったw みんなで優しく面倒見てあげてる感じだったとか^^;

ウルグアイは全勝だけど、2戦目以降調子を上げていってる印象。


◆エジプトは初戦でサラーが出てたらもう少し何か違ったのか?と惜しく思ってました。ウルグアイも初戦でまだ絶好調ではなかった気がするし、サラー抜きでも結構頑張ってたから。

でも結局サラーが出たサウジ戦でも負けてしまうとわ。唯一勝ち点ゼロで去るのは切ない。

W杯最年長出場出来たGKさんはおめ!(・∀・) GL敗退決定したから出場出来たのかなと思うと複雑だけど、セーブ頑張ってたようで…負けちゃったけど…

今大会、エジプトGKの頑張りが報われなかったようで勝ち点1も無いのは悲すい(´;ω;`)

コスタリカもそうなったら悲しいなぁ…GKはどんなに頑張っても点を入れるわけじゃないから仕方ないんだけども(アシストならしちゃう人もいるけどw)


◆G組から得点王が出るのは何だかなぁ…と思ってしまうのは私だけではないハズ(苦笑)


◆パナマはもう何かこの2戦とも(´・ω・`)だったけど、当人たちや国民は初出場で歴史的初ゴールあげて幸せそうだからいいや。


◆アイスランドvsナイジェリアは、堅守速攻型のチーム同士が戦う場合、走力やプレス等の技術で勝った方が勝つというわかりやすい構図でした。

アイスランドが初戦ほどのキレが無かったのは、vsアルゼンチンで消耗した上に気温の高い土地だったからですかね。高温会場だと、アイスランドとナイジェリアじゃ後者に分がありますよね(^.^;)


◆スイスvsセルビアは体力の限界でちゃんと観ずに寝てしまったのですが、かなりスイス寄りのジャッジだったと聞きました。

試合終了後にスイス選手が行ったパフォーマンスが政治的とされてFIFAの調査対象となったということですが、スポーツの世界が政治や国際問題・民族問題と無縁でいられることは決して無いんだよなぁ…と改めて。


◆メキシコvs韓国戦では、ロサーノの特効DFが最高だった♪

まさか画面の外からあんな勢いで突っ込んでくるとはw 1回転して飛んでくところまで含めてインパクト凄かったです(^o^;)

ソンフンミン速いね~~ ミドルシュートもお見事でした。

前半観た印象では、韓国が絶対勝てなさそうという感じでもなかった。ちゃんとプレス行ってるし、ボール奪取もやってるし、メキシコも枠外シュート多かったし。

でもラフプレー多いのはいただけない…韓国に最初のイエロー出るの遅すぎ。

メキシコはドイツ戦ほどのキレは感じませんでしたが、ハードワークは変わらず。2戦目も勝って更に勢いがついたでしょうね。

チケット購入率はメキシコが四番目なんだそうですが、チケット買った甲斐がある試合してますねー
まぁずっとGLの突破はしてる国なので、早くベスト8に到達出来るといいんだろうけど…1位通過したら決勝トーナメント最初の相手はブラジルでしょうか。


◆コロンビアの2戦目は、日本戦とはまるで別のチームでしたね。

ファルカオをボール捌きを堪能出来て嬉しかったです~(^q^) ハメスも日本戦とは見違える動きで、やっと彼らしい動きが観れました。

クアドラード獅子奮迅の活躍。長友選手はあれを抑えたのか…パない。

ハメスとキンテロとクアドラードとファルカオの連携がきっちりハマったコロンビアは強かった…! 日本は本当にすごいとこから勝ち星をゲットしたものだと改めて。


◆今大会はSランク~圧倒的な優勝候補がいない、と言われてるけど、確かにそんな印象。

まぁ決勝戦まで行くチームはトーナメント中に徐々にピークに持って行くところもあるから(前回ドイツだってGLから圧倒的ではなかった)

でも個人的にはそういうの好き。ブックメーカーのオッズが一番人気でも5倍とか、競技自体に興味があって出来るだけ沢山の優勝候補がいた方が楽しめる自分的には素晴らしい状況だわ。

フィギュアなんて大抵1人か2人、多くてもせいぜい3人くらいだもんね。五輪の金メダル候補って。(トリノ五輪女子はかなりの混戦だった方か)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


以下、日本vsセネガル

◆やっと「俺たちのサッカー」が観れたように思いました(・∀・)

守備をしっかりやるのは南ア大会と同じだけど、それでいっぱいいっぱいだった当時と比べて、今回は縦に速い攻撃も観れるようになって感動。点を取られても取られても取り返す、というのは素直に頼もしかったです。

ブラジル大会の初戦では、前線にボールもらって走って行っても中盤以降が全然ついて行かなくて、「この人たちは、勝ちたくないの???(´・ω・`;)」と呆然としたことが強く印象に残ってました。

実際、攻めるのか守るのか意思統一が出来てなかったと後で選手自身が言ってたし。

今回はペナルティエリア近くまで運んで行った後にパスを横か後ろに出してもたもたしまくるようなこともなく、早い段階で前に出すという意識が感じられてすごく良かったです。

守備にミスは出ましたが、全体的に攻撃も守備も日本のいい形が出ていたと思いました。守備はしっかりするけど前への意識も高い。間違いなくアグレッシブになってますね。

どんなに技術があっても、シュートまで持って行けなければ意味無いから嬉しいです。以前の大会では「日本の選手はゴール前50mで姿を消す」とまで言われてましたからね;;

川島選手のミスについては、ミスとして指摘するのは間違いではないと思うけど、私にはそもそもその前の原口選手のクリアミスの段階で致命的に思えました。あの距離からどフリーでシュート打たれて、すぐ目の前にマネがいるという状況では限界もあったんじゃないかと… あの状況でもキャッチ出来るGKはいるでしょうが、それでも100%彼だけの責任ではないように思いました。

前回はパンチングすべきだったと言われ、今回はキャッチすべきだったと言われ、もどかしいですね。確かに初戦の時は、ゴールエリア内でキャッチするのはどうなんだ…と思いましたが、今のところ私の目にはアルゼンチンのカバジェロの方が不安定に見えたなぁ(^.^;)

ともあれ、セネガル戦でああいう試合が出来たなら、出来れば今度はイングランド辺りとも試合してみて欲しいな~とは思ってしまいましたね。

とりあえずまだGL突破も決まっていないので、3戦目も是非頑張って欲しいです!


◆個人的にはすごく武藤くんが観たいんですが… 今大会で彼の出番はあるのだろうか…


◆代表チームのテストマッチ?のためにキャンプ地入りしてる久保くんたちも観戦してましたね。次世代の選手たちがW杯を現地観戦してくれるのは嬉しいです。

怪我なく順調に育って、是非4年後の代表を目指して欲しい。期待してます。


◆セネガルのシセ監督、風貌も発言も紳士でめちゃカッコいい~~すっかりファンになってしまいました( ;∀;)

西野監督も二枚目だし、イケメン監督対決でしたね♪


関連記事

ドイツvsスウェーデン

前半の失点と、相変わらずの守備不安定と決定力不足に後半観る気力が削られ。

後半観るの止めようかと思いよそ見してたら、開始早々に得点。

そこから盛り返したので気分良く観てたけど、段々膠着状態に。

ドローじゃヤバイヤバイ…でもボアテング退場で10人になっちゃったし、必死で守り切れば失点はしないだろうけど、勝たなきゃいけないのにフィニッシュにツキも無くて得点の可能性が見えてこない。

諦めかけてアッディショナルタイムになった時ふと

もう1回よそ見したらまた点が入るかもしれない

と思いついて、いったん映像切ってみた。(電源切ったワケじゃなくて、録画の再生リスト画面に変えた)

それで実況掲示板だけ覗いてたら、惜しいシュートがあったらしく。その後ちょこちょこ覗いたり観るの止めたりしたところ、本当にもう最後だろうというタイミングでコーナーキックに。

最後の願を込めて観るの止めたら…

また点入ったああああああ

リアルタイムでゴール観れなかったけど、大満足です( ;∀;)

以下、前半と後半に分けての感想。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


【前半】

メキシコに続き堅守速攻のスウェーデン相手に、守備の大幅修正が必要なのに守備の要フンメルスは故障欠場。

ルディ入れて中盤の安定化を図ったのに、そのルディは前半途中の鼻血で早々に交代。交代させたくなかったから10人状態でしばらく待たせたけど結局ダメだった。

この時点でもう運さえも無いと思わざるを得なかった(´・ω・`)

コスタリカはすごくプレスきつくて堅守だったけど、突破力決定力がなくブラジルとの能力差を運動量で補ってるのがありありとわかったから、これじゃ90分+アッディショナルタイムはスタミナもたない、時間の問題かなぁ…というのがわかった。

だからスウェーデンに対してドイツがどれだけ圧をかけられるかに注目してたんですよね。逆に言えば、そうじゃなきゃ相当厳しいと。

相手ゴール前のパスワークは悪くはなかったけど、コスタリカとブラジルのような地力の差は感じなかった。

結局メキシコ戦と全く同じ右サイドからカウンター食らいまくり。そして不用意なパスからの失点。

悪いパターンが修正されてないいいいいいい・゚・(ノД`)・゚・。

特別ドキドキしたり消耗したりしたワケじゃないんだけど、地味にジワジワと気持ちが萎えて来ていて、後半見届ける気力が湧かなくなってました。


【後半】

前半終了してすぐTV画面変えて放置してたので、再び観始めたのは後半開始後少し経ってからでした。

上述した通り気力が湧かず完全にながら見状態で、丁度よそ見して時に何とあっさり得点!

ビックリしてちゃんと観てみたら、ゴメスが入ってフォーメーション変わった途端、メキシコ戦からスウェーデン戦前半まで全然存在感なかったヴェルナーが生き始めててビックリ。

左のスペースの高いところで動き回るから、スウェーデンの守備を揺さぶれていたとのこと。

カウンター対策にも余裕があったし、空中戦の出来るゴメスいると放り込むという選択肢取れるから、相手ゴール前で削られてボール奪われてカウンターのリスク減らせるし。

結果、スウェーデンをFWまで自陣に閉じ込められるようになり、お陰でドイツらしいポゼッションサッカーを展開しながら攻められるようになってすごく良かった!

今までヴェルナーのこのベストポジションを見い出してなかったらしいというのも驚きだけど、ともあれ、メキシコ戦&この試合の前半までとは別のチームのような動きになってくれて心底安心した…

決定機をお見合いその他色々で逃し続けたのは、ツキの無さを感じて不安きわまりなかったけども。
クロースのFKゴールは素晴らしかったあああ~~~ヽ( ´∀`)ノ

失点に繋がったミスはこれで取り返せましたね。パスミスで2失点目の可能性もあったようだから、1失点で済んでて良かった。

ノイアーは要所はしっかり押さえてくれていて、ブランクを感じさせない安定感があって良かった有り難かった。

ただこの2戦はノイアーが全然前に出て来てないことからしても、いかに前回大会と比べて守備が不安なのかわかる(´・ω・`)

「ボランチの守備意識の低さが問題」と指摘されてるのを見たけど、前掛かりになっちゃう選手が多いのは、GKが優秀過ぎるせいもあるんだろうなーと思う。攻撃的GKがいるお陰でラインを高く保てるのが(少なくとも)昨今のドイツの戦い方ということだったし。

ボアテング退場は痛かったけど、あれはもうしょうがない…序盤もPK見逃されたようなものだし(VARからのアピールも無い辺り、やっぱり主審だけでなくVAR担当にも偏りあるんだろうなぁ…)

フンメルスいなくて負担も増えてただろうし、奮闘してくれてるのはとても有り難かったけど、PK取られやすいタックルは危険すぎるし次戦欠場もやむなし(つД`)(コスタリカの守備は終盤苦しい時間になってもきっちりボールに行っていたの見ると、完全に相手の足に行ってるのは擁護出来ないからなぁ)

でもボアテングいなくてフンメルスは首に不安とか、3戦目の守備どうなるんだ~~

ソンフンミンは俊足ストライカーだからまたカウンター狙われるだろうし、無事決勝トーナメントに行けてたとしても決定力不足のメキシコスウェーデンでこれだけ苦戦してたら、怪物FWのいるとこと当たったらかなりヤバイよねぇ;;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆今大会で先制されて逆転勝ちしたのはドイツが初めてじゃないでしょうか。

今後の不安はあれど、逆転勝利おめおめおめ~~!


◆スウェーデンはよく頑張ったよなぁ。

前半はある程度優勢なところもあったし、何よりあそこまで持ちこたえたのに負けてしまうというのはコスタリカ並の無念さだろう(´・ω・`)

既に勝ち点3を取ってるから希望は普通に残ってるとはいえ、切ない。

これでメキシコとの引き分け狙いはなくなったから、3戦目は死闘になりますね。

今大会GLの中では間違いなくグループFが死の組だわ…

堅守速攻でカウンター狙い(でも決定力は少し足りない)という国同士の戦いは、技術や走力(足の速さとか)勝負になるのでしょうか。ドイツ相手にかなり消耗したであろうスウェーデンの方がキツそうかなぁ。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


とりあえずドイツとアルゼンチンの2戦目が終わって決勝トーナメントへの望みが(後者はかろうじてだけど)繋がり、一方で応援してた中堅国の敗退が確実となってしまったので、、来週のアルゼンチン&ドイツの3戦目まではしばらくまったり試合が観れそうです。

あ、でも黒星スタート同士のコロンビアvsポーランドの死闘は気になるな。

ドイツとアルゼンチンだけは無条件で応援してしまうのだけど、ハードワークして必死に守備して失点も抑えてたチームが最後は力尽きて負けてしまうのは切ない。まぁ観ててあまりにギリギリだと、最後は勝てなくても仕方ないとは思うんだけどね…(つД`)


関連記事

アルゼンチンvsクロアチア

◆クロアチア強かったー

2006年ドイツ大会で日本とスコアレスドローで仲良くGL敗退したチームとは別モノ過ぎてビックリしました。まぁ1998年はベスト4だったから、私が観たのが苦しい時期だったということなのでしょうが。

前線に至るまで守備がプレスがすごい、スピーディで最後まで運動量が落ちない、MFモドリッチが攻守共にキレッキレ。ラキティッチとの中盤ヤバすぎ。

最初のナイジェリア戦寝ないで観とけば良かった。

決勝トーナメント進出が決まってるから流して来るかもしれないけど、アイスランドとのガチンコ観てみたい。

最後までスピードが落ちずにハードワークをこなすだけでなく決定力もあるチームは好みなので、決勝トーナメントでも見応えのある試合を期待してます!(・∀・)

にしてもモドリッチいいなぁ…仕事しまくるMFは、優秀なGKと並んでものすっごく好みです♪♪♪


◆アルゼンチン…

少なくとも前半は何とか互角にやり合ってたのに、どうしてこうなった(T_T)

ドイツ贔屓の私でも前回のドイツvsブラジルの絶望感といったら無かったけど、ちょっとそれを思い出してしまいました。

前回のGLは一部しか観てないから結果しか知らないものの、オランダに5-1で惨敗してGL敗退したスペインを観た人もこんな気分だったんだろうか…

クロアチアのプレッシャーすごいし攻め上がりも速かったので、アルゼンチンの急造3バックは序盤から危なっかしく思えてハラハラしました。

メッシがきっちりボールキープしてもいい位置で受け取る相手がいない…

そして前回大会の正GKロメロは怪我だったんですね…最初の失点のされ方が悪すぎる。いいGKがいても勝てるワケではありませんが、いなければもっと厳しいですよね…orz

3失点目は混戦しててよくわからなかったんだけど(ニュース映像はシュートシーンだけだから確認出来ない…)、2失点目は人数自体は集まってたのにゴール前の空間がすごくスカスカで「これ空きすぎじゃないの???(´・ω・`;)」と思ってたら案の定…

今回は初戦とは大分戦い方変えてきてたんですよね。初戦もこのくらいアグレッシブに行ってれば良かったんじゃ…とちょっと思ってしまいました。それで勝てたかどうかはわかりませんが、少なくとも前半は初戦より動いてて面白かった。

ただあれだけ攻勢に行っても1点も獲れなかったというのが、今回のアルゼンチンの現実なんだろうなと(´;ω;`) アイスランド戦で1点をもぎ取る突破力を見せたアグエロは途中交代しちゃったしなぁ…

1点差の負けならまだかろうじて希望は繋げたのに、3点差じゃ絶望的。

攻撃のチャンスもいくつかあったけど実質的には押されてましたから、内容的には負けるべくして負けたという感じでしたね。

今日のアルゼンチンの個人的な印象は、ネットで見かけた

動きが重くて、攻める時も守る時も(10人しかいないのかと思うほど)人数が足りてない

という意見に集約されてるかなと(T~T)


◆私は別にアルゼンチンのファンではないと思うんです。どの選手が好みとか戦術が好みとかいうのも特に無い。(メッシとマスチェラーノはそれなりに好きかもだけど)

でも何故か「思い入れ」だけはあるみたいなんですよね。

おそらく、前回ハラハラしながら7試合を見届けたせいで、愛着が湧いた

…ってことなんじゃないかな~と…それ以外言いようがない(苦笑)

で。

今大会思い入れのある2チーム--しかも前回の優勝国と準優勝国--が揃って、GLで素人目にも「これじゃ勝てないよお」と思うような試合をしてるのが悲しいぃぃ(T_T)


◆にしても、なんでポルトガルとアルゼンチンの試合は主審の笛が偏るんですかねぇ。

スター選手がいるから興行上の理由?


◆今のところ、ロシア、メキシコ、アイスランド、クロアチア、セネガルと、最初から最後までスピード落ちずに走りまくってる中堅国が強い印象。

スペインは決定力・突破力に若干不安があるけど、2戦ともしっかり点取ってるし守備もキッチリしてるしパスワークは上手いから全体的には安定感ある。

フランスも攻撃パターンがちゃんと機能してるので徐々に調子上げていきそう。

ブラジルは走力はいいけど、2戦目観てからじゃないとイマイチわからない。ネイマールはマークキツ過ぎて転びまくるのが心配。

ポルトガルはクリロナだけで勝ってる。モロッコはクリロナ以外には勝ってた。個人的に次戦は善戦してるのに2戦目黒星だったイランを応援したい。

アルゼンチンは初戦で露呈した不安が、2戦目の迷走(3バックとか凡ミスからの失点とか)で爆発してしまった感。

ドイツはとにかくカウンターの対応と中盤のプレスの無さが酷すぎた。守備の連携が出来てないとDFの1人が怒ってたし、今までに無いくらい意見を交わし合ったということなので、修正に望みを繋ぎたいところ。

日本は、相手があんなに動かない10人のコロンビア(途中INのハメスが動かないから実質9人だったとすら言われてる)だったから次戦を観ないと何とも言えない。


関連記事

ポルトガルvsモロッコ

主審が試合を台無しにした1戦でした… 

モロッコには絶対にPKの権利を与えてはいけないという至上命令でも受けてるの? 観ててすごい不愉快だったから、途中からはずっとモロッコ応援してました↓

ただモロッコがあれだけ決定機を外しまくったことについては、さすがに擁護のしようがない(´・ω・`) イラン戦もスコアレスの末に1失点に泣いたしなぁ…ほんとに引き分けられなかったのが惜しまれる。

モロッコは最後までよく走ってたし、球際強くてこぼれ球も拾いまくるし、パスワークも上手かったし、後半は完全に中盤支配して押せ押せだったのに、ポルトガルは殆ど防戦一方だったのに、何て勿体無いいいいいい(泣)

観てていいチームだなぁと思っただけに、そこはとてもとても残念でした。モロッコにクリロナがいたら今日は何点取れてただろうと、無意味とわかっていても思わずにイラレナイorz

Good Looserは観ていて切ない。ドイツみたいなBad Looserもツラいんだけども。

それでもこの試合の主審に関しては、この後大いに物議を醸してもらいたいと思った1戦でした。もう今大会の笛吹かないでもらいたいんだけど、そうしたら別の審判が同じことするだけなんだろうか(--;)

日本vsコロンビア戦の勝敗に直結したハンド判定目の当たりにした直後なだけに、こういうのほんとすごくモヤる…

今大会はほんと、突破力の無いとこは地力や内容に比して苦労してますねぇ… ドイツとアルゼンチンは修正出来るかな。


関連記事

W杯6日目終了

◆今大会は、守備をきっちりやるチームに対してプレスの強さや走力で勝ててないところは強豪でも軒並み苦戦してる印象。

絶対的な速い遅いではなくその時の対戦相手に対して同等以上か否かなので(ブラジルなんかは走力は申し分無かったし)、格下の対戦国に対してその辺が特に劣っていないケースではそこまで苦戦せずに勝っているように思いました。

ポーランドはセネガルに対して攻守共にスピード負けしていたなと。2点共運の悪いゴールが続いたというのもありますが。。。

てか、今大会まだGL序盤なのに、オウンゴールが多い。


◆グループH大混戦のヨカン。

セネガルvs日本の勝者は1抜けかな。3チームが勝ち点6で並ぶことはあるけど、このH組では多分なさそうだし。

セネガルは守備きっちりやって中盤のプレスもしっかりやるところはコロンビア戦の日本と同様だけど、走力は日本より上に見えるから日本は苦戦するだろうか?

ポーランドvsコロンビアは共に絶対に勝たなきゃならない同士だから、死闘必至でしょうね~;; 1戦目観た限りではどちらもアグレッシブさに欠けた感じだけど(特にポーランドはビハインドなのにギア入れるの遅い)、2戦目はハードワークが観れるかな。

ただチーム全体の総走行距離はコロンビア>日本だったもよう。前半同点に追いつくまでは結構頑張ってたってことですね。それで後半は動けなくなったのか、交代で入ったハメスがあまり動かなかったのも余計響いたのか。

しかしH組の初戦2試合観ると、勝敗には運不運も重要な要素だなぁと改めて思い知る。運に味方してもらうのも大事。


◆ドイツの中盤が昨日の日本くらいプレスしてればもう少し何とか…

まさかそんなことを思う日が来るとは思わなかったわ↓

いや、半年かけてやってきたドイツ対策を完璧にこなしたメキシコが素晴らしかったのも確かなんですけども。

スウェーデンは間違いなくドン引きしてくると思うので、早い時間に先制出来ないとハードワークが必要になるんじゃないかなぁ走れるかなぁ、と心配。

ドイツファンの私ではありますが連覇なんてとてつもなくハードル高いと思ってるので、今大会はブラジル大会以前のようにベスト4まで行ってくれたら嬉しいなぁ、という感じでした。

流石にGL突破出来なかったらショックではあるけど、色々な人の穴が埋まってないみたいだし、その時は世代交代の過渡期とでも思うことにします・・・


◆初戦で観れなくて残念だったサラーの足技、ロシア戦では観れて嬉しかったです。

でもサラーのエジプトもレバンドフスキのポーランドも、1人突出した選手がいてもそれだけだと守備ガッチリ固めてる中堅国をこじ開けるのは厳しいのだなぁと。

今のところ、ディエゴコスタとクリロナの独力得点が輝いている。


◆ロシアは突出したタレントはいませんが、全体的にスピードも運動量もありますね。攻守共に勝ち点3を得るに足るハードワークはしてるなぁ、という印象です。

GL初戦のチームの総走行距離ではダントツ1位でしたが、さもありなん。

決勝トーナメントにイチ抜けはほぼ決定ですね~


◆どうしても気になって、出場国の選手名鑑ムックを買ってしまいましたw

紙質が良くて印刷が綺麗なナンバーも紙面が見やすくてすごく欲しかったんだけど、1人1人にデュエル勝率やクラブでの年度別成績表等の色々なデータがついているエルゴラッソ版を選びました。

おそらくあまり見てるヒマはないと確信してるのですが(苦笑)、ゲーム中に名前連呼されてる選手の顔やデータをチェックしたくなることがど~してもあるもので… どうせ4年に1回しかないイベントだし、いっかということで。


◆W杯と五輪(とたまにアジアカップ)くらいしか観てない自分はファンとはとても言えないのですが、私がサッカーで最初に好きになった選手は川口能活選手。(10代の頃から観てるので、今でもつい川口くんと呼びたくなってしまう^^;) 思えばこれが私のGK好きの原点だったかもしれません。

海外移籍が上手く行かなかったり、トルシエ体制では正GK外されたり、代表スタメンでW杯に出た時は日本が一勝も出来ない大会だったりと、観ていて色々辛かったことも少なからずありました。

昨今NHKの番組に出演して終始穏やかな表情で語ってるところを見ると、個人的には色々と感慨深い…


◆民放の実況解説がうるさすぎて、副音声が欲しくなる…(´・ω・`)


◆初めてW杯をTVで観た1998年フランス大会、容姿にインパクトがあったのはダントツでコロンビアのバルデラマ。あのヘアスタイルは忘れませんw

2002年の日韓大会だとドイツのカーンでしょうか(ラオウと呼ばれてたなー)ブラジルのロナウドの大五郎ヘアもかなり衝撃的でしたが。

今大会では、今のところセネガルのシセ監督です▽ 監督というよりはアーティストみたいな容貌に、ゲーム中に初めてTV画面で観た時は「え、これ監督? 監督なの???」と思わず目を奪われてしまいました。

シセ監督のルックスのファンになってしまったので、次戦でまた観れるのが楽しみです^^


◆W杯では毎回、新たなお気に入りGKを見つけるのが楽しみです。

今大会最初に注目したのはエジプトのエルシャラウィだったのですが、次で見納めですね(´;ω;`)

コスタリカのナバスも頑張ってたのに負けちゃったし、スペインのデヘアも1つはPKとはいえ3失点だし、ドイツのノイアーも負けちゃったし、スーパーGKたちがまだあまり勝利に貢献出来てなくて残念。

ロシア大会の私的GK1等賞は誰になるかなぁ。

ブラジル大会は、決勝戦までず~~~っとノイアーが拝めて幸せだった(* ̄▽ ̄*) 今回もそういうことは起こるのかしら。

考えたら私がちゃんと見始めた2002年の日韓大会以降ドイツは毎回ベスト4以上まで行ってるので、ドイツのGKはいつも最大試合数(7試合)分拝めてるんですよね。(全試合観てたワケじゃないけど、決勝トーナメントは全部観てる)

ノイアーが安定してたら無理かもだけど、ドイツ代表がロシアにいるうちにテアシュテーゲンも観たいなぁ…


◆既にB組2戦目のスペインvsモロッコが始まってますが、今のところクリロナの大会になりそうな勢いを感じる。

グループ内最強のスペインとの対戦は既に終わってるから残り2戦でまた稼ぐでしょうし、GLの得点だけでも得点王狙えそう。


◆今夜は勝敗の注目度の高い試合はないから小休止しようと思ったのだけど、何だかんだで観てしまいそう… スペインのパスワーク観たいしな~ でも明日は個人的に大一番のアルゼンチンvsクロアチアだし、フランスの立て直しも興味あるし…ううう

来週になれば、1日2試合になるから楽になりそう。直前の週末にドイツvsスウェーデンの私的超大一番があるので、どんな気分で次週を迎えるのかドキドキだけれども(汗)


関連記事

日本vsコロンビア

日本は白星スタートおめ!

でもコロンビアを決勝トーナメントで観たい私としては、コロンビアがドローにも出来ず黒星スタートになったことが、ドイツ敗戦に続きかなりのショックだったりします… 11人で戦って負けたのならそこまで悲しくはなかったと思うんだけど、レッドカードで10人になったせいで全然プレスに行かず走らなかったので、そういう戦いしか観れなかったことがとにかく残念で残念で…(つД`) ハメスが入ってからもあまり動きに変化は無かったし。

カウンターにもメキシコのような脅威が全く無かったので(守備のラインがドイツほど高くないってのもあるだろうけど)、得点の匂いもあまりしなかったなぁ。クアドラードを引っ込めて日本に対してスピードの優位もなくしてしまったのも決定的だったような。

先の試合を見据えて消耗を抑えるのは仕方ないにしても、負けてるからには終盤くらいはハードワークに切り替えるかと思ったのですが…そういうのも無かったですね。

相手が10人で動きがなかった影響も大きいでしょうが、日本の守備は安定感があって良かった。プレスにしろポジション取りにしろ、いい仕事してたと思います(・・)//""パチパチ ドイツも中盤でこのくらいプレスしてたら…と思ってしまった(つД`)

日本がきちんと守備をした場合、走らずスピードで圧倒もしてないチームが崩すのは簡単ではないかなと。(逆に言えば日本がメキシコやアイスランドと戦ったら相当厳しそうだけど)

数的有利になりながらスコアレスドローだったギリシア戦と比べると、ずっと良かったと思います。本田選手が中盤でボール受けた後に歩くようなドリブルをした挙げ句、敵にパスしてたのには目が点になりましたが…

吉田選手の空中戦の強さは頼もしかったですね。海外でずっとレギュラー出場してる人たちには期待したいところ。

コロンビアでは過去にW杯で敗戦の原因となるオウンゴールをしてしまった選手が帰国後に射殺されるという事件があったので(マフィアの賭け絡みではないかと言われてるけども)、レッド退場になった選手がものすごく心配です(´・ω・`;)

私はフォローしてるサッカーライターさんの影響でペケルマン監督贔屓なのですが、今大会、ペケルマン含めて5人いるアルゼンチン人の監督は誰も初戦は勝てなかった(ドロー含む)そうです。

勝ち点3が獲れなかった代表チームの2戦目はどうなるのか…

アルゼンチンとドイツとコロンビアの2戦目が非常に、非常に、気になります…(ブラジルはあまり心配してない)

ちなみにアイスランドとメキシコはGL1位通過なるかという、逆の意味で気になりますね。

ポーランド戦始まった~ レバンドフスキ活躍してくれるかな?
関連記事

ドイツvsメキシコ+α

これほどまでに

クローゼの不在を痛感する展開

になるとは思わなかった…

確か、前回大会もこういう苦しい試合でクローゼに救われてたんだよなぁ(;;)

ストライカーファンにはならない私の中でクローゼだけは別枠なんだけど、こんな形で彼の存在の大きさを思い出したくはなかったわ…Y(T△T)Y

ドイツいくらなんでも右サイドやられ過ぎ。前半なんて全部ガラ空きの右からチャンス作られてるじゃん...何回同じパターンでカウンター食らったら気が済むんだよう。

メキシコにはスピードで完全に負けてるから、簡単にGKと1対1にされる。右サイドのザルっぷりを修正出来なきゃ失点するのも時間の問題だと思ってました。1点目が入る前も後半も、メキシコのシュート精度が悪くて命拾いしてたよなぁと。

メキシコは普通に強いと思うけど、ドイツがしょっちゅうカットされるのは走力の差もあったように見えました。普通にボール回してる時もカットされること多くて、ドイツ球際に弱かった…

前半の後の方はパスの連携も悪くなってたし、メキシコがハーフラインをフリーで超えてくる場面も多かったですねぇ。 

正直こうも攻めあぐねてはカウンター食らうの繰り返しだと、ドローまで行けたらかなり上出来だと途中から諦め半分に見てました。最終的には、1-0で済んで良かったとすら思う羽目にorz

ロイス入れてから少し攻撃のリズムも出て来て大分ペナルティエリアにも迫れるようになったけど、今日のドイツは怪我を恐れすぎてるのか中盤のプレスには消極的過ぎたし、当たりでは負けるし、ゴール前の突破力も足りなかった。

ゴメスが入るまではゴール前の空中戦でも全敗の勢いだったし、ブラジル大会の決勝Tで観たドイツとは似ても似つかないチームに見えました。攻撃が噛み合っても最後のシュート精度が…

前回あれだけ圧倒的だったクロースのコーナーキックにさえ得点の匂いがしなかったのはツライ(´;ω;`) よほど空中戦の希望が無いのか、ショートコーナーばかりだったし。

当たりにメチャクチャ強くてこぼれ球への嗅覚も素晴らしかったクローゼが恋しい、恋しすぎたよぉぉぉぉぉ(泣)

あとラームの穴も埋まってない。ブラジル大会ではラームがいないと極端に不安定になってたけど(強いCBで何とか凌いだんだっけ?)、それを今回も見せられた感じ。中盤もっと守備の仕事してくれ…毎回ロクにプレスもしないで軽々とハーフライン超えさせるなんて悲しすぎる(つД`)

ロイスが先発だったら、少しは違ってたのかなぁ… 彼はスペランカーらしいからGLの段階では大事にしたかったのかもしれないけど…

試合後にクロースが連覇を期待されるプレッシャーについて語ったましたが、やっぱり難しいものなんだなぁと思いました。優勝国が次のW杯で不振という事態が続いたのも、そういうところがあるんでしょうね。

その意味では、チャレンジャーな立場だったメキシコのモチベの高さもよくわかる。

今回は、最後まで自分たちの戦術を守り抜き戦いきったメキシコを素直に称えたいと思います。見事でした! あとはこの勢いと集中力がどれだけ続くか。

ドイツは残り2戦、切り替えて&修正して頑張って欲しいけど、今日の試合観たスウェーデンには鬼守備されそうですよねぇ。北欧系はフィジカル強そうだし、球際とスピードがドイツに比べてどうなのかは気になるところ。

ブラジルも勝ち点3を逃したし、今回は強豪相手に中堅国が善戦してますね。前回は中南米の中堅国の頑張りが印象に残ってたけど、今大会は欧州中堅勢も面白そうでそこは楽しみ。

ドイツとブラジルが共に初戦引き分け以下なのは、10大会ぶりらしい。ドイツの初戦黒星は9大会ぶり。

何とか勝ったフランスも課題が浮き彫りになったようだし、テクニックで魅せたスペインも3失点してるしで、GLがちょっと混戦の予感。まぁグループ内で一番強い相手が初戦の対戦国だから、残り2戦でどの程度混戦具合が続くかはわかりませんが…

W杯は直前の成績が必ずしも反映されるワケじゃないから、もともと優勝国なんて読めないと思ってるんだけどね(^_^;) 誰かが怪我したり累積で出られなかったりすると、嘘みたいに崩れたりもするしなー

ドイツは欧州予選無敗でコンフェデ杯でも優勝したと聞いたけど、それでこの内容とは。。。負けて修正する経験もあった方が良かったんですかねぇ?;;(伊調さんの五輪4連覇は、直前のアジア大会で負けて修正出来たのも大きかったと思ってる)

ラームとクローゼは元より、「シュバインシュタイガーとゲッツェの代わりがいない」という事前評の意味も思い知った試合でした。。。

とりあえずテクニックあっても突破力に欠けるチームは、堅守のチームにフィジカルとスピードで負けるとかなり致命的だと思わされたロシア大会序盤なのでした。


関連記事

W杯3日目終了

◆アルゼンチンが日本の超上位互換と言われてるのを見かけましたが、ゴール前でのもたつき方を観ていて失礼ながら私も同じような印象を受けました(´・ω・`)

まぁスペイン観ちゃった後だから余計にそう見えてしまった、というのは間違いなくありますが。

アイスランドにフィジカルで負けるのは仕方ないとしても、スピードでも勝ててなかったのはキツそう。割とすぐにボール取られちゃってたのは、そっちの影響も大きかったように見えます。ゴール前のせめぎ合いの時に、スピードも運動量で攪乱する動きも足りなかった。

前回も大会前半はそんな感じだったけど、それでももう少し動きはあったような気が。

今回は両国とも互いの決定力不足に救われながら引き分けた感。アイスランド側のシュート精度が高かったら、もう1点くらい入ってたのでは。

アイスランドのゴール前の密林具合は凄まじかったですね。密集してる上に根っこも枝も長くてボールが通らない通らない;; ゴール前の空中戦では勝ち目無い感じだったし。

妙なことに中盤とかセットプレイ以外の空中戦では、アルゼンチンの方が結構勝ってたんだけども^^;(ポジショニングが良いのか、アイスランド側がそこまで必死じゃなかったのか?)

アルゼンチンが「戦術メッシ」なのはわかってますが、それにしては走らないメッシの位置が全般的に低すぎるような。チャンスでも他の選手がシュート打たずにいちいちメッシに戻しちゃって攻撃にヴァリエーションやアイディアが感じられないのは、何というか、


制限プレイを楽しんでるのか

或いは

メッシをここ一番でおとりに使うための布石なのか


と疑いたくなるほどでした(;・∀・)

終わってみれば全然そんなことはなかったけど、もしや数試合かけて伏線張ってるとか練習してるとか、そういうことは…

あんだけ相手みんながメッシだけ見てるんなら、メッシおとりにすれば大量に釣れていいと思うんだけどやらないんですねぇ。

アルゼンチンに関してはイスラエルとの親善試合が(治安の問題から)直前で中止になったのも気になってたのですが、やはり影響はあったのでしょうか。


◆アルゼンチンは前回大会で全試合追って、あの強そうに見えないのに最後はいつの間にか勝ってるという不思議な感じが面白くて、こちらも何となく思い入れがありました。なので今回もとりあえず普通にGL突破して欲しくて心情的には応援してしまってるのですが。

そういう事情がなかったら迷わずアイスランド応援してたかも、と思いました。

決定力に欠けてたし後半はひたすら守りだったけど、それでも北方ゲルマン軍団のフィジカルは迫力あったなぁ。メッシのPKを止めたGKもお見事でした。

前評判の印象からひそかに「アイスランドが健闘したら台風の目になって面白そう」とは思ってたのですが、出だしのインパクトは期待に応えるものだったかなーと。果たして、前回のコスタリカのような台風の目になり得るか?

フィジカルとスピードはアフリカ勢もあって日本はそういう国にはかなり弱いイメージがあるんですけど(カメルーン)

今のところ、ワンサイドゲームになった開幕戦のロシアvsサウジ以外は負けた方も善戦してる試合ばかりなイメージ。

勝ち点1を狙うに足る戦いはしてたと思えるチームばかりだったから、敗戦が決まった国には思わず同情してしまった。特にエジプトとペル~~~

ペルーは猛攻実らず、PK大失敗が痛かったですね。エジプトはGKがスーパーセーブしてただけに、惜しかった。

今のところ0-0のドローは無いですね。ブラジル大会の日本vsギリシアの0-0ゲームは、無得点という以上に内容がすごくつまらなかったので(両チームともいいとこナシ的な)、今回はたとえ無得点でもああいう試合にはならないよう頑張って欲しいなぁ(´・ω・`)


◆フランスvsオーストラリアはVARとゴールラインテクノロジーの両方が得点に影響する試合になりましたね。

VARは試合の流れに影響与えることも含めて、適用については今後もずっと物議を醸しそう。PKやオフサイドに関しては人間の目だと追いつかない&判断を誤ることは間違いなくある(以前見た審判の研修では、オフサイドの判断を半数以上が誤っていた)ので、あった方がいいかなとは思うけど。

ただたとえビデオで確認したところで、PKとシミュレーションの明確な区別を標準化することは無理でしょうね。

ハンドのファールの取り方も、バラつきがありすぎるよなぁと。

昨日のアルゼンチンvsアイスランドの審判は明らかに故意で無ければ見逃してたけど、どういう状況だろうと全て取る審判もいるよね。

ゴールラインテクノロジーについては、導入されて良かったと思います。完全に入ってるのに人間の目で明確に認識出来なかったという理由でゴールが認められないのは気の毒過ぎるから。


◆ユニフォームの一番人気はナイジェリア。イッセイミヤケのデザインを思わせるところなんかもあって、うちの母もユニフォーム一覧の中では一目で気に入ってました。

私はやっぱり、ドイツが安定のお気に入りです♪ 前回大会のTシャツもめちゃカッコ良くて欲しかったなあぁ。すぐ売り切れちゃってたという話でしたが、優勝後に新たに作られたようだからその時買えば良かったんだけど、高くて買い渋ってしまった。汗がすぐ乾くということなので、次に機会があったら欲しいなぁ。

他だと、セネガルのグリーンの前身頃の透かし柄っぽいデザインがとてもカッコ良いと思いました(・∀・)

我が日本は。。。普通に無地ブルーの頃の方が良かったなぁ。ピンクのライン入れた頃からどんどん微妙になってる気が(´・ω・`)

八咫烏のエンブレムはオリジナリティがあってそれなりにカッコ良くて好きなんですけどね。


◆NHKのスタジオの女子アシスタント?の喋りがあまりにも酷すぎる… NHKにもこんな酷いレベルの人がいるのねと思ったけど、フィギュアのNHK杯でもかなり酷い人がいたなそう言えば。

1回の放送で実況でも無いのに何度も何度も突っかえながら喋るような人を、大きなイベントのレギュラーで起用するのやめて欲しいです;; 特にながら見しながら聞いてるだけだと、更に耳障りでした↓


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


感想はまだ色々ありますが、キリがないのでひとまずこの辺で。

今夜はいよいよドイツ初戦だあああああ!

既に昼からドイツ国旗もスタンバイしてます。メキシコもドイツ相手じゃなかったら応援したくなるチームだけど、とりあえず初戦の勝ち点3は確実に欲しいので…!


関連記事

スペインvsポルトガル

めっちゃ面白かったあああ

始まったばかりのグループリーグ1戦目早々に、今大会のベストマッチになってもおかしくないような神試合が観れるとは。
互いの強みを存分に見せつけ合うシーソーゲームの、何と見応えあることか。

開幕戦から4試合一通り観た(但しモロッコvsイランは作業しながらだったので殆ど観れてない)けど、別格だった。睡眠不足でも頑張って起きてて大正解。

もうこれが決勝戦でも良くね?(;・∀・)って思うほど楽しかったわ…!

グループBは今大会最もGL突破の2国がハッキリしてる組と言われてるくらいなので、ドローを予想してた人も多いかと思います。私も(若干の願望もまじえつつ)想定してました。さすがに3-3の殴り合いになるとは思いもよりませんでしたけども;;

スーパーゴールの応酬は勿論大変素晴らしいんだけど、私的にはスペインの華麗なパスワークをたっぷりと拝ませてもらえたことが何より最高でした。

ゴールエリア付近の人口密集地帯で、マークを外さないまま速く超正確に狭いコースを突いて回されるパス。。。あああ上手すぎて本当痺れる見惚れる~~~!(* ̄▽ ̄*)

日本代表の試合を観ている時いつも最高にもどかしく思うのが敵陣ゴール前での攻撃のテンポの悪さやスピードの無さなので、それと真逆なものを観るってかなりのカタルシスなのですよね。。。(私はW杯限定ライトファンで普段海外トップリーグの試合は観ないので、W杯でしか味わう機会がナイ)
-
特に昨夜エジプトvsウルグアイ戦を観ていて、何度もウルグアイゴールに迫りながらゴールが近づいてDFに直面する度にもたついて機会を失いまくるエジプトが、日本を彷彿とさせたから尚更に( ;∀;)

話戻して。

クリロナがW杯でこんなに輝いてるところ、私は初めて観ました。いつもW杯では不完全燃焼、不発で終わってるイメージだったので。今回なら得点王狙えるかもしれませんね。(大体5点獲れば得点王濃厚になるので)

ちなみに今日のゴールで一番のお気に入りは、ディエゴ・コスタの1本目(^。^) 味方の援護ナシのたった1人でボール運んで、最後までマーク2人をくっつけたまま1人の股抜いてゴールしちゃうとか、大変私好みなんです…♪

スペインらしいサッカーを堪能させてもらえた一方、GKデヘアがちょっと不調っぽかったのは懸念材料。前回大会のGL敗退はカシージャスがダメダメだったのも大きかったと思うので、今回は評価の高いW杯新顔GKを楽しみにしていたのですが…

イランとモロッコにはよほど酷いポカでもやらかさない限り順当に勝つと思うけど、1位通過はどちらの国になるのかなー

しかしほんと、GL1戦目には勿体無いくらいの美味しい試合でした。次戦もどうか皆さん怪我なく頑張って下さい▽


関連記事

もうすぐW杯(まずはドイツの話)

W杯期間中は丁度ピッタリ昌磨くんのショー出演が途絶えるので、W杯に専念出来そうで何より(笑)

自宅アリーナで1ヶ月たっぷり試合を観まくれるのは、本当に楽しみです。五輪は放送スケジュールを見ても実際にその時間に放映してるのがどの競技かわかりづらいことも多いんだけど、W杯はそこら辺至極明快だから予定を立てやすくて助かるのですよね。

身近にW杯の話で盛り上がれる人がいないのだけが残念です(>.<) 私はW杯しか観ないから永遠のニワカだし、身近に詳しい人がいたら喜んで聞き役に回るのになあ…

毎回語っているように、日韓W杯の2002年から私のご贔屓はドイツ。お気に入りポジションは、国問わず大抵の場合GK。GK以外で好きになったのは、MFかなぁ。ジダンとかバラックとか。ストライカーで好きだったのは、クローゼ。

サッカーの試合はW杯のみ集中して観る派なので、前回大会とその少し後の記憶と今回の事前情報のみに基づいての、今回のドイツ代表展望。

◇2014年は怪我で代表から漏れたロイスを観れるのが楽しみ。怪我の多い選手らしいので、どうか今大会は何事もありませんように。

◇ノイアーが怪我明けなのが不安材料。ただドイツは良いGKが途切れず育つ国というイメージなので、ノイアー以外のGKも観られそうなら観たいとは思う。誰を起用するとしても、そのタイミングが適切であることを願いますが。

◇エジルの直前の怪我情報は心配。

◇4年前に観た試合では、ラームがいるかいないかでかなり違って見えました。素人の自分にも司令塔の価値を知らしめてくれた存在でしたが、既に引退。

また守備のシュバインシュタイガーと攻撃のゲッツェに前回大会ほどの力がなく、それを穴埋めする人材がいない、みたいな意見も見かけました。

3人とも前回印象的な活躍してたから、今回のドイツ代表には前回大会ほどの圧倒的な強さは無いという見方にもそれほど違和感はないと言えます。ただ準優勝した2002年も前評判はかなり低かったと聞くし、決勝トーナメントまで行ってみないと実際の状態については何とも言えないかも。

23人誰が出ても戦力が変わらないと言われる平均点の高さはドイツの強みだと思うし、とりあえず(私が決勝トーナメントを最後まで観るようになってからの定位置である)ベスト4以上を今回も期待したいところです。

◇しかしレーヴの代表指揮官としての評価は衰えませんねー

今回の代表監督の中で2000年代に就任したのはウルグアイのタバレスとドイツのレーヴの2人だけ、W杯ベスト4以上を経験した監督としてはレーヴのみです。

私は競技自体が好きな場合、同じ選手やチームが何年も続けてトップに君臨することを基本的に好みませんが、有能且つ好みな指揮官が長くその座に留まってくれるというのは好きかも(・∀・)(ツイでフォローしてるアルゼンチン在住ライターさんの影響もあって、コロンビアのペケルマン監督がブラジル大会後続投が決まった時は嬉しかったし)

リーグでどれだけ活躍してても代表試合で結果出さないと代表にはしない、という方針だったみたいな話を聞きましたが、自国代表絡みのゴタゴタを見てきた日本人としては羨ましいです。。。いや比較するレベルに無いのはわかってますが、やり方という意味で。

◇GLは無難に順当に1位通過して欲しい。

しかしそれ以上に、決勝トーナメントの第1試合でブラジルと当たる、なんてことが無いよう願いたい(-人-;)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

ドイツは良いGKは途切れないのですが、全盛期クローゼのようなW杯とムチャクチャ相性がいい点取り屋って簡単には現れないですよねぇ。

私が最初にW杯を観たのは1998年のフランス大会。当時の主な関心の対象は日本とイングランドのベッカムで、他にグループリーグで見かけたパラグアイの名物GKチラベルトに大いに心惹かれた以外は、デルピエロをはじめとするアズーリの美形っぷりやコロンビアのバルデラマの髪型が印象に残っている程度でした。そのため最初に挙げた3国が消えた後の試合はW杯への関心が続かず、決勝トーナメントは殆ど観ないまま終わってしまったんですよね(今思うと、何て勿体無い^^;)

なので私がW杯を決勝までちゃんと観るようになったのは、2002年の日韓大会から。そしてそれは、クローゼがドイツ代表としてW杯に初出場した大会でした。

クローゼは色々な面で私好みの選手だったので、彼のW杯での活躍をリアルタイムで観れたのは幸運だったな~と思ってます(´∀`)
関連記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

あかね

Author:あかね
管理者ページ

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。