FC2ブログ

Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツvsメキシコ+α

これほどまでに

クローゼの不在を痛感する展開

になるとは思わなかった…

確か、前回大会もこういう苦しい試合でクローゼに救われてたんだよなぁ(;;)

ストライカーファンにはならない私の中でクローゼだけは別枠なんだけど、こんな形で彼の存在の大きさを思い出したくはなかったわ…Y(T△T)Y

ドイツいくらなんでも右サイドやられ過ぎ。前半なんて全部ガラ空きの右からチャンス作られてるじゃん...何回同じパターンでカウンター食らったら気が済むんだよう。

メキシコにはスピードで完全に負けてるから、簡単にGKと1対1にされる。右サイドのザルっぷりを修正出来なきゃ失点するのも時間の問題だと思ってました。1点目が入る前も後半も、メキシコのシュート精度が悪くて命拾いしてたよなぁと。

メキシコは普通に強いと思うけど、ドイツがしょっちゅうカットされるのは走力の差もあったように見えました。普通にボール回してる時もカットされること多くて、ドイツ球際に弱かった…

前半の後の方はパスの連携も悪くなってたし、メキシコがハーフラインをフリーで超えてくる場面も多かったですねぇ。 

正直こうも攻めあぐねてはカウンター食らうの繰り返しだと、ドローまで行けたらかなり上出来だと途中から諦め半分に見てました。最終的には、1-0で済んで良かったとすら思う羽目にorz

ロイス入れてから少し攻撃のリズムも出て来て大分ペナルティエリアにも迫れるようになったけど、今日のドイツは怪我を恐れすぎてるのか中盤のプレスには消極的過ぎたし、当たりでは負けるし、ゴール前の突破力も足りなかった。

ゴメスが入るまではゴール前の空中戦でも全敗の勢いだったし、ブラジル大会の決勝Tで観たドイツとは似ても似つかないチームに見えました。攻撃が噛み合っても最後のシュート精度が…

前回あれだけ圧倒的だったクロースのコーナーキックにさえ得点の匂いがしなかったのはツライ(´;ω;`) よほど空中戦の希望が無いのか、ショートコーナーばかりだったし。

当たりにメチャクチャ強くてこぼれ球への嗅覚も素晴らしかったクローゼが恋しい、恋しすぎたよぉぉぉぉぉ(泣)

あとラームの穴も埋まってない。ブラジル大会ではラームがいないと極端に不安定になってたけど(強いCBで何とか凌いだんだっけ?)、それを今回も見せられた感じ。中盤もっと守備の仕事してくれ…毎回ロクにプレスもしないで軽々とハーフライン超えさせるなんて悲しすぎる(つД`)

ロイスが先発だったら、少しは違ってたのかなぁ… 彼はスペランカーらしいからGLの段階では大事にしたかったのかもしれないけど…

試合後にクロースが連覇を期待されるプレッシャーについて語ったましたが、やっぱり難しいものなんだなぁと思いました。優勝国が次のW杯で不振という事態が続いたのも、そういうところがあるんでしょうね。

その意味では、チャレンジャーな立場だったメキシコのモチベの高さもよくわかる。

今回は、最後まで自分たちの戦術を守り抜き戦いきったメキシコを素直に称えたいと思います。見事でした! あとはこの勢いと集中力がどれだけ続くか。

ドイツは残り2戦、切り替えて&修正して頑張って欲しいけど、今日の試合観たスウェーデンには鬼守備されそうですよねぇ。北欧系はフィジカル強そうだし、球際とスピードがドイツに比べてどうなのかは気になるところ。

ブラジルも勝ち点3を逃したし、今回は強豪相手に中堅国が善戦してますね。前回は中南米の中堅国の頑張りが印象に残ってたけど、今大会は欧州中堅勢も面白そうでそこは楽しみ。

ドイツとブラジルが共に初戦引き分け以下なのは、10大会ぶりらしい。ドイツの初戦黒星は9大会ぶり。

何とか勝ったフランスも課題が浮き彫りになったようだし、テクニックで魅せたスペインも3失点してるしで、GLがちょっと混戦の予感。まぁグループ内で一番強い相手が初戦の対戦国だから、残り2戦でどの程度混戦具合が続くかはわかりませんが…

W杯は直前の成績が必ずしも反映されるワケじゃないから、もともと優勝国なんて読めないと思ってるんだけどね(^_^;) 誰かが怪我したり累積で出られなかったりすると、嘘みたいに崩れたりもするしなー

ドイツは欧州予選無敗でコンフェデ杯でも優勝したと聞いたけど、それでこの内容とは。。。負けて修正する経験もあった方が良かったんですかねぇ?;;(伊調さんの五輪4連覇は、直前のアジア大会で負けて修正出来たのも大きかったと思ってる)

ラームとクローゼは元より、「シュバインシュタイガーとゲッツェの代わりがいない」という事前評の意味も思い知った試合でした。。。

とりあえずテクニックあっても突破力に欠けるチームは、堅守のチームにフィジカルとスピードで負けるとかなり致命的だと思わされたロシア大会序盤なのでした。


関連記事
スポンサーサイト

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

あかね

Author:あかね
管理者ページ

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。