Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ話いろいろ

◆競泳の萩野くん、相変わらず強いですね~

入江くんとの激闘は、羽生くんと町田くんの対決を思い出してとても嬉しく頼もしく思いました^o^

萩野くんは出来ないところはすぐ専門種目の選手に聞くそうで、世界の頂点目指してギラギラしている10代の選手っていうのはやっぱりいいなぁ、と改めて思いました。


◆『ジョブチューン』が面白すぎるv

明子ちゃんの話はスケオタ的には普通めだったと思うのですが、ミヤケンさんの話はいちいちおかしかった…

あ、でも明子ちゃんの「選手村の自転車が競技用でブレーキがなかった」というのは初耳でした。

選手村の自転車というと、トランコフさんがインスタで選手村で自転車に乗ってるタチアナさんを激写?して「My Queen!」とか叫んでたのを思い出してしまう。当時はまだ交際をカミングアウト前だったのですが、あれ見て「ただの氷上パートナーにしてはちょっとお熱じゃね?」と思ったんですよね(笑)

ミヤケンさんのせいで明子ちゃんの肩紐が外れた話は、以前どっかで聞いたことあったな。

あと、コースタルクラスター(氷上競技が行われる沿岸エリア)とマウンテンクラスター(雪上競技やそり競技が行われる山間エリア)でそんなに食事情が違ってたとは知りませんでした。そら酷いなぁ…

マックの有る無しの話で思い出したけど、あのマクドナルド人形、一体いくつサインを書き込まれたんだろう。

他のプロやスポーツ選手の話題も面白くて、フィギュアネタのところだけ抜き出してとっておこうと思っていたのに何か消せなくなりそ~で困ってます^^;

ところで、中居くんがやってる『スポーツ界のスクープ話しちゃいます』もやってることはほぼ同じですよね。普段バラエティはあまり観ないので、最初同じ番組かと思ってました…


◆サッカー日本代表候補に怪我人がいっぱい出てるみたいで、心配です。

W杯への挑戦は仏大会での初出場を決定する前のシーズンから観ていますが、世界の中での相対的なランクというか位置づけそのものは、アウェーで最高成績だった南ア大会前と比べてすごく変わった、という印象があまりないかなぁ。

選手個々の能力レベルはずっと上がり続けてるだろうと思うのですが、勝てるかもしれない相手と勝てなさそうな相手はあまり変わってない、みたいな。。。あくまでど素人の印象ですけども^^;


◆複数の番組を観ていて知った事実。

織田くんは、朝起きてベッドから出たとき「今日はジャンプ跳べる」というのがわかる。

清水宏保さんは、朝起きてベッドから一歩出たとき「今日はいける(速く滑れる)」というのがわかる。

競泳の立石くんは水に飛び込んだ瞬間に、「今日イケるかどうか」がわかる。あと隣のコースが北島くんだと、彼が飛び込んだときに「あ、今日は北島さんには勝てない」といったこともわかるそうです。

野村忠宏さんも、組んだ瞬間に「相手に勝てるかどうか」わかる、と言ってました。

一体どれほどの練習と場数を重ねたら、そういう境地になるのかなぁ。恥ずかしながら私には完全に未知の感覚です。

ちなみに更に驚いたのが清水さんの話の続き。

「今日はいける」と起き抜けに思えるのは年に1~2回(そういえば羽生くんも、どこかのインタビュー記事で絶好調の日はそのくらいしか無いと言ってたように思います)

そして一流のアスリートは、そのたった1~2回を五輪本番に合わせるようにもっていくのだと。

ジャンルを問わずコンペというものに出ている人たちにとっては今更な話なのかもしれませんが、あまりに無縁な私が聞くと想像するだけで鳥肌が立つようなお話でした。うーんすごい!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。