Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

遅いでしょ&いろいろ

シーズンが終わり、録画すべき演技の放映も一通り網羅終了。これからまたアイスショーの放映などがありますが、とりあえず試合関連は一段落しました。

目下、堰を切ったようにフィギュア以外の番組を視聴&録画しまくってます(゚∀゚) 特にシアワセなのが、夕方の『相棒』セレクションの録画を、お茶や夕食を摂りながらまったり眺める瞬間v

実は未見の試合も少なくないのですが(ジュニアワールドや、五輪とワールドのアイスダンスがまだ網羅出来てない;;)、フィギュアはながら見が出来ない(というかそれだと意味が無い)のでなかなか時間がとれないでいます。まぁアイスダンスは、楽しみにとっておいてるという面もあるのですが(苦笑)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆織田くんのツイ、GJとしか言いようがないv>お目めぱっちりんこ

しかしたまにフィギュア雑誌なんかで見かけるけど、羽生くんの目パチショットってほんと別人レベルですね(笑)

しばらく前に話題になってたメガネ(五輪後カナダに戻るときにしてたやつ)よりも、目パチの方が余程破壊力があると個人的には思うのですが。

ちなみに、スケオタ仲間と私の間では「羽生くんのあのメガネは、メガネ萌え出来るほどにはイケてない」で意見が一致。誤解の無いように付け加えると、彼の素顔に付加価値を与えるデザインのメガネはもっと他にあるだろう、という意味です。念のため(苦笑)


◆Jスポのコルピ様インタ、嬉しかったあぁぁぁぁ(T▽T)

モデルはスポンサーに頼まれてやってるだけだったのかー 海外選手のロングインタビューってほんと嬉しいな。相も変わらず美しかった… 「亜麻色の髪の乙女」は素敵だった。来季も楽しみに待ってます。


◆ブログ検索でよく一見さん?がやってくるのが、かなり前にアイスショーの座席について言及した記事。

今見返すと加筆修正したい部分も多々あるので、いずれその後の経験に基づく感想を基に内容を更新したいと思ってます(^^;)


◆先日、ワールド後のジャッジミーティングで、アボの素晴らしいFS演技に対して惜しみなく点を出したジャッジがいた一方、もっと点を出すべきだったとコメントしたジャッジもいたそうです(岡部さん談)

…遅いよ

アボが引退するかもしれないから遅いんじゃない。まだまだ現役を続けそうな選手だろうとそれこそジュニアやノービスだろうと、いい演技をしたまさにその時に相応しい点を出してあげなかったら、他にいつ出すというんでしょうか?

「その時」に出してあげなかったら、永遠に遅いと思います。・゚・(ノД`)・゚・。

以前も書きましたけど、今の採点ルールを作った側の人が言ったことを改めて思い出しました。

「出すべき点数を出す勇気の無いジャッジが多い」

(正確な再現ではありませんが、要旨は違えてないと思います)

ジャッジも人間というのはわかってますが、やっぱり採点競技は諸々の先入観に引き摺られるものなんだな思うと、選手が本当に気の毒になります。

リプのことについても、いい年した大人が何て幼稚な決めつけをしてるんだろう、というのが正直な感想でした。

そもそも彼女は五輪でなくても、シニアデビューした最初のGPSのときに目立つ失敗してるんですよね。当時私は「アイアンガールとか言われてたけど、やっぱりシニアの舞台では緊張があったんだろうな。当たり前だよね」と思って観てました。

だから「今頃何言ってんの、気付くの遅すぎじゃね???」と。

ジャッジの人たちって、選手たちが必死で笑顔アピールしてくることにあまりに慣れすぎちゃってるから、たった14~15歳の女の子に対して平気でそんなこと思えるんじゃないか、と疑いたくなりました。

競技の性質上、にこやかにすることにメリットがあるのは否定する気はないので競技の上で要求すること自体は別にいいのですが、人前であまり笑わないくらいでまるで人並みの喜怒哀楽がない機械みたいに見えるとか親しみが湧かないとか、年とってるくせに人間味が薄いのはどっちだよ、と(-。-;)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


個人的に、PCSが上がっていく過程は相撲の番付に似てるなーと思ってます。安定した結果をしばらく出し続けないと上には行けず、負けが続くようだと落ちる。

ただ、横綱になった後の過程は違うみたいだけど。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード