Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

いろいろ

◆【DOI】にラジオ来る------!

カペラノも! アイスダンスのワールドチャンピオンが【DOI】に来てくれること自体が嬉しいよ!

自分的にはヴォロトラもハビも3週間前に【FaOI】で観るから、他の海外スケーターの追加ないかなぁとちょっと期待してたのですよね。そしたら思いがけない顔ぶれの追加INで嬉しい~♪


◆織田くんは、相変わらずツイで何をしてるの…(笑)

ハンス王子コラ、楽しいv もういっそショーでアナ雪やってくれてもいいのよ♪

ディズニーミュージカルって、織田くんにすごい似合いそう。(でもハンス王子よりはオラフのイメージ(笑))


◆プルさんが【TOI】に顔出しそう、という話を聞きました。

いいなぁ羽生くん…世界の頂点に立って、その凱旋公演に自分が最も憧れた先達を2人も招待して且つ出演してもらえるなんて、そんな経験出来る人なかなかいませんよね…そういうのって、どんな気持ちなんだろう~きっとムチャクチャ嬉しくて誇らしいだろうなぁ(* ̄・ ̄*)

以前、私の好きなある女性の作家さんが自作をアメリカで出版することになった際、カバーに載せる推薦文を書いてくれたのが彼女の大好きな作家さん(彼の作品がそのとき海外出版になった彼女の作品に多大な影響を与えていた)だった、ということがありました。当時その方から直接お話を伺い、「そういうのって、どれだけ幸せなんだろうなぁ…」とものすごく羨ましく思ったことを覚えています。

人生でそんな経験が出来る人たちは、--勿論ご本人たちが自身の才能を輝かせるべく努力された結果ですが--本当に幸せですよねヽ( ´∀`)ノ 私がこの世で最も憧れることの1つですv

しかし今回の【TOI】、羽生くんファンにとってのお宝度っぷり&聖地イベントっぷりがハンパなさすぎて恐ろしい^^; これ、熱心なファンなら這ってでも行きたい、というか、行かないワケにいかない状況なんじゃないでしょうか。

つい、「もし自分にもこういうイベントがあって、しかもチケットが手に入らなかったら…」と想像してしまい、思わずガクブルしてしまいました((( ;゚Д゚))) (あ、でも案外、故郷に錦を飾る凱旋イベントだからと、よそ者というか部外者的な遠慮感が発動して結構あっさり諦めたりしてるかも(笑))

【TOI】、地元仙台のファンも沢山来れたらいいですね。

(書いてて気付きましたが、【TOI】って何だか泣き顔の顔文字みたいだ)


◆スケアメ、一昨年の会場は空いてる中から好きな席を選べたのに、今年は日本やカナダと同じ「Best Available」なんですね。(購入するワケじゃないけど、どんな感じかなとチェックだけはしてみた)

でもまだVIP席の2列目が出て来るからいい方か~(米リンクのVIP席は演技観る上では2列目がベスト。1列目は位置が低すぎて近くのジャンプの足元が見えない)

カナダは発売開始間もない頃からアクセスしても、なかなかいい席が出ないみたいです。ブロックもコーナーばっか。カナダからだと普通にジャッジサイド最前列が取れたりするといった話も聞いたのですが、そこら辺どうなってるんでしょうねぇ^^;

ちなみに今年のスケアメは、私が美味しいと思ったエリアはキスクラで潰れてました^^;(日本だと通常カメラ席になっていて、客席は作られないエリアです) 一昨年、羽生くんのジャンプを間近で観られる回数が一番多かったエリアでもあります(笑)


◆ケヴィンのFS観るときに最も座りたいのは4-3(-2)と3F-3Loが間近で観られるエリアなのですが、これまで唯一そこに座れたときは3Fが単独ジャンプになってしまったので悲しかったです。いつかというと大阪四大陸のときで、ケヴィンは神演技中だったというのに、目の前で3Fを跳んでくれたとき私が真っ先に思ったのは

「3Loはぁぁーー!???」

だったという。。。(ごめんなさいケヴィン^^;)

実は一昨年のNHK杯でも観ていた近くで3F-3Loを跳んでくれてたハズなのですが、悲しいかな当時まだ知識がなくてorz

大好きな4Sは真ん中へんで跳ぶから、目の前で観られることはまずないだろうなぁ… 昨年の【DOI】のフィナーレで目の前だった人たち、超々羨ましい(><) (公式練習のときは近くで観られることありますけどね)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード