Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ関係の話

◆最近、スケカナ(ここではGPSのことではなく、カナダのスケ連のこと。GPSのスケートカナダの正式名称は、「Skate Canada International」)関連のページを見ていて面白かったこと。

今年のスケカナ(今度はGPSのこと(笑))のチケット販売ページ、掲載されている写真がアイスダンスはテサモエ、女子が今年のナショナル表彰台の3人なのですが。

男子は、羽生くんでした(笑)

Pさんが出ないとわかってるからって、いきなりピンで羽生くんかい!(笑) 羽生くんだって、まだアサイン決まってないやんv

去年出た中から選んでるのでしょうが、今年はケヴィンが出るだろうし、そもそも現ワールドメダリストで出場濃厚なペアのデュハラドの写真もないというのに。。。カナダ的には、いいのかそれで(苦笑)

ちなみに、ケヴィンの写真はカナダナショナルの宣伝の方に使われてました。しかし、こっちも何というか…

今年のナショナルで、ファンが投げたぬいぐるみを及び腰でキャッチしようとしているケヴィンの(しかも)後ろ姿。

そこに「ソチの興奮ふたたび!」的な宣伝文句。

何かが決定的に違う^^;


◆こっちがスケカナに思いを馳せてる今日この頃、ケヴィンは来日中らしい(笑)

しかも沖縄で我々より一足早く日本の夏を味わっていたらしい。

日本の現役スケーターたちが全然南の島に行ったことがないとぼやいてたりするのに、カナダの色白の彼は(笑)

来季EXの振付かな~~来季も宮本さんのプロだと嬉しいんだけどなぁ。特にFS。みやけんさんプロのケヴィンの身体の動かし方って、すっごい私のツボなんだ!(>▽<)

日本を含む各国の選手がカナダの大御所に振付を依頼しに行く中、カナダから日本に振付依頼に来てくれる選手がいるというのも嬉しいですね。


◆自分の中であれこれ検討(葛藤?(苦笑))した結果、スケカナ行くことにしました(をい(笑))

理由は色々ありますが、割愛。既にフライトを予約済みなので、余程のことがない限り遠征決定です。

今年はロッキー山脈に近いところだから、ついでにロッキー観光でも出来たら良かったんですけど、さすがにそんな余裕はないですねぇ^^;

でもいつか憧れのカナディアンロッキーに行ってみたいです。ロッキー山脈には、個人的に色々と思い入れがあるもので。


◆ソチ五輪開会式のときに、ものすごく感じた違和感。

選手団…というか、国旗見て一番滾ったのは、日の丸ではなくメープルでした。

まぁ五輪ユニフォームの色合い・デザイン的にも、かの国の方が圧倒的に好みだったというのも確かですが(笑)(日本て何でいつもリクルートブレザー的な地味紺なんだろう)

でも(恥ずかしながら)よく知りもしない国の国旗に自国を凌駕するほどの愛着を覚えるというのは、やっぱりとてもとても違和感を覚えます^^;

好きになった対象が同じ外国人でも例えば俳優やミュージシャンとかだったら、多分その人たちと国旗が直に結びつくことって(絶対無いとは言わないけどそれほどには)なかったと思うんですよね。

スポーツの国際大会で見るような外国人のファンになった場合はこういうことも起こるんだな~と、人生で初めて知りました。色々と新鮮な経験です(笑)


◆カナダといえば織田くんの『アナザースカイ』、良かったなぁ。日本人武者修行サイドから見たカナダ、というのも興味深かったです。じんわりあったかい内容でしたし。

今日観た織田くんの「2013GPFのFS演技自分解説」も面白かった! いいなぁこういうの、もっとやって欲しい♪ 久々に見た4-3を始めとするテルのジャンプの数々も「はうぅぅぅぅ~~~(はぁと)」ってなってしまったし(´∀`)

演技の自分解説って、一昨年のNHK杯で羽生くんが会場でやってましたが(真央ちゃんもですが、彼女はただ観てただけで終わってた(苦笑))、あれもすごく上手かったし楽しかったです。上手いだろうなーと思ってはいたけど、実際やったらほんとに上手かったので感心しました。

自分解説って本人だから容赦ないし、「ここでちょっと休んでます」「ここすごく焦ってました」とか本当のところがわかるし、スケオタ的には興味津々ですよね。可能なものなら、国内外の色々な選手で観てみたいですねぇ。(海外選手も自国でやってたりするんだろうか)

織田くんといえば、ケヴィンは彼のこと「ノブ」って呼んでたなぁ。自分的には耳慣れない呼び方だったので印象に残ったんですけど、他の海外選手もそうなんでしょうか。


◆「バンクーバーにわか」「ソチにわか」みたいな単語を目にすることがあります。(「にわか」をカタカナにするかひらがなにするか迷ったけど、とりあえず前がカタカナ地名なのでひらがなで統一)

「にわか」は蔑称とは限らず、新参ファンが自らをへりくだって言うときにもよく使われます。

この語は大体五輪開催地名の後につくことが多いようですが、今って絶対

「ケベックにわか」

も結構いると思うんですよね。

ケベックは、羽生くんがあのディカプリオ版ロミジュリを引っ提げて挑んだ初GPFの開催地でした。カナダの観客がスタオベしてくれてましたね。

そう、私こそ「ケベックにわか」(笑)

実際「あれでスケートにハマった」と言ってる人たちに何人か会ったことありますし、ニースワールドや五輪ほどのインパクトはないにしても、スケオタの特に羽生くんファンの中には、それなりにいるんじゃないかなーと思ってます。

こうして振り返ると、カナダとはスケオタ化当初から縁があったのだと、言えないこともない…かも。

私がケヴィンファンになった遠因の1つにも、(ケヴィン本人とは全く無関係なことではありますが)カナダが関わっていたと言えるし^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


6月は慌ただしいのがわかってるから5月中に終わらせたいことがいっぱいあったのに、全然終わっていない…

ブログさぼってた分、何もしてなかったワケじゃないんですけどね…(苦笑)

ただ今月はソチの思い出引き摺って色々やってみたので、それらの成果をいずれアップしようと思ってますv


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。