Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ決勝進出!

◆もう、ボクシングなら「今すぐ」タオル投げたくなるような試合でした…(;_;)

45分をこんなに長く感じたことはありません… 7点て何? 何の競技やってるの?

もう「マラカナンの悲劇」どころじゃないですよね…「ミネイロンの惨劇」?

攻守の要を失ったタイミングで攻守が仕上がってきたドイツとぶつかるワケですから、ワンサイドゲームもあり得ると思ってはいたものの、まさかこれほどの大惨事になるとは…

個人的には、ネイマールとシウバがいても(戦況は全く違ったものにはなったでしょうが、それでも)ドイツが勝てる可能性は決して低くなかったと思ってます。ただ、あの2人の離脱がブラジルをここまで両翼がもがれたような状態にしてしまうとは思いませんでした。

…いや、根本にそういう気配があったからこそ、ブラジルを優勝候補とはあまり思えなかった、というのはあるかもしれませんが…

正直、ベスト4に進出してきた同士の戦いどころか、決勝Tに出て来たチーム同士の戦いとも思えませんでした。決勝Tの最初の2戦のハードさは一体何だったのかと思うくらい。

コロンビア戦では、勝利の代わりに失ったものが大きすぎましたね… ファウルはブラジルの方が多かったから、荒れた試合になった責任はブラジル側にもあるしなぁ。


◆ブラジルサポーター…

自国の選手がボール持ってるときに、ダメ出しのブーイング(私はよくわからなかったんだけど、ダメ出しされるようなプレーをやらかしたみたい?)、そしてドイツのパス回しに「オーレ」の大合唱。

…自国開催のW杯で自国サポにこれやられるのは、選手にはキツイだろうね…

ブラジルが、3位決定戦で気持ちを立て直せるのか心配です。

せめてもの救いは、3位決定戦にはシウバが出場出来るということか。

…ネイマールは、どんな気持ちでこの試合を観ていたんだろう…


◆ドイツは後半、フンメルス下げる余裕っぷり。まぁ決勝に向けて大切な守備の要は温存したかったのでしょうね。

おかげで、ノイアーはじめドイツ陣の守備練習時間が増えたけど^_^;

ドイツ観てもブラジル観ても、守備の要がいかに重要か改めて思い知りました。

こんな試合でも、ノイアーが活躍してくれるとやっぱり嬉しい。

零封したかっただろうなぁ。。。ブラジルについては零封されなくて良かったね、と思う一方で、ノイアーについては超残念だったね、と。

でもジュリオ・セザールは可哀想すぎました。・゚・(ノД`)・゚・。 さすがに今回は戦犯筆頭にはされないだろうけど…というか、もう戦犯とかいうレベルの話じゃないし…


◆「エジルだけバスに乗れていません」

…エジルさん…彼だけあんな決定機外しちゃってちょっと気の毒(´・ω・`)


◆にしても、W杯の番組色々観ててつくづく思いましたけど、日本のメディアはほんとーにブラジル贔屓ですね。いや、日本サッカーの歴史を考えれば当然なのはわかってますが。

少なくともスコアが逆だったら、スタジオはあんなにお通夜にはならなかったんじゃないだろうか。そう思うとちょっと(いやかなり)シャクだけど、とりあえず勝ったのはドイツだからあまり気にしないようにしよう…

決勝予想、サッカー選手たちも含めて「ブラジルvsアルゼンチン」というのが多かったけど、ベスト4に出て来た段階では、弱みの少なさという意味では自分はドイツvsオランダの方があり得そうに思ってました。ドイツは前のフランス戦のラーム右SB&フンメルス復帰で、穴といえそうなものはひとまず塞がった感じでしたからね。勿論、ブラジルがあそこまで崩壊するとは思ってませんでしたけども。

個人的には、ドイツvsオランダが観たいかなー そうすれば、3位決定戦でメディアの人たちが観たがってるブラジルvsアルゼンチンも観れるしね^_^;

私は、全体的な戦力が出来るだけ揃ってる同士の戦いが観たいのですよ…

アルゼンチンは、ディマリア離脱の影響がどの程度かわからない。一方のオランダは堅守&ロッベン封じ戦略で来る相手に苦戦してる(最後はしっかり勝負強さが出てるけど)ものの、相手がアルゼンチンだとメキシコやコスタリカみたいなタイプのやりづらさはないような気がする。

ともあれ、フィギュアに続いてサッカーでも、メディアの推しって往々にして「過程が示すある程度客観的な事実」とは乖離してるんだなと思い知らされました。わかりやすい特定選手で煽りたいというのは、番宣とか広報という意味ではわかるんですけどね。


◆ドイツは前回大会、大量得点でアルゼンチンを葬った後のスペイン戦で別チームみたいに精彩を欠いて敗北したのを目の当たりにしてるので、大量点見ても安心出来ない(--;)

むしろ「その辺にして、次にとっといてくれ」と(苦笑)

でも決勝戦には勝利の女神と呼ばれてるメルケル首相が来るらしいので、そのジンクスに期待。

どのチームもここまで勝ち上がる過程で色々課題を露呈してたけど、チーム全体としての完成度はドイツが一番だと思ってるので、気を緩めずに是非あと1勝頑張って欲しいです。

ブラジルの惨敗なんて望んでませんでしたけど、こういう結果が出てしまったからには、あとはひたすらドイツ応援するのみ。出来れば内容が面白いゲームで!(><)

ノイアーは失点が悔しくて次こそは零封!と静かに燃えて…るといいな。


◆私がドイツを好きな理由は、強面イケメン率ナンバーワンのヴィジュアル(笑)とその外見にこの上なく相応しい全体としての質実剛健さ、攻撃力、安定感、ムラッ気のなさ、素敵GK、といったところでしょうか。魅力を感じる選手は色々な国の代表にいますけど、チーム全体として圧倒的に好きなのはやっぱりドイツだな~と、今回改めて実感しました。

ただ、他のチームより↑の特徴を持ったドイツの方を好きなのは何故なのか、と言われたらよくわからないです。スタミナとかフィジカルとか持久力に類するものにより魅力を感じるんだろうか。うーん?

フィギュアスケート選手の好みとはどうも対極っぽい気もするので(スタミナありが好きなのは共通してるけど)、やっぱり自分でもよくわからない(苦笑)

ただ…
ドイツは退屈とか面白味が無いとか言われてますが、ドイツLOVEであの安定した強さが大好きな自分は毎大会ドイツ代表を楽しんでるので、どこが退屈なのか全くわからないのも事実^^;

確実にゴールを決めて行くドイツのシュートラッシュを観ていて、その決定力を日本にちょっと分けて…と思ってしまいました(´・ω・`)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。