Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

野外スケッチ講座・その3

今回は、実際に描いた場所の写真を。
ロケハンで一番気に入ったスケッチポイントです。

Gelateria.jpg

イタリアンのお店で、ジェラートなどもウリらしい。

外観が素敵なせいか、スケッチをしていた正午から1時間ほどの間に「通りかかってたまたま見かけて入ってみた」という感じの人たちが何組もいました。またここに来ることがあったら、私も入ってみたいです~♪

Galateria2.jpg

↑こちらからのアングルがすごく気に入ってるのですが、何をポイントにしたらいいか決めかねたので、実際に描いたのは反対側の正面入り口サイドから。

Gelateria3.jpg

スケッチの際は、手前のアルファベット彫刻の入った花器をポイントにしてみました。

この写真を撮ったロケハンの時点ではまだ準備中。昼食から戻って来ると開店していて、花器にはお花(といってもほとんどは茎と葉)が活けられており、線画作業はこれを丁寧にスケッチすることから始めました。

上の写真だと装飾のように見える入り口ドア上部左右にも、塊状の観葉植物が入ってましたね。

準備中の時間にこの店から髪を1つ縛りにしたカジュアルファッションのお姉さんが出て来て、ホースで周囲に打ち水をしていました。丁度そのとき自転車で通りかかったご近所さん?らしき顔見知りの青年にふざけて水をかけようとしていたのですが、その様子がロケ先の風景としてなかなか絵になってまして。

面識の無い人物の写真は迂闊に撮れないので控えましたが、ほんとはそういった光景も写真に撮ってみたかったですね~ ちなみにこういう場合は、後から記憶で描ければベストです(昔はよくやりましたが、最近は苦手^^;)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スケッチ画はまだ未完成の線画なので(線画自体もタイムリミットで右端の処理が間に合わなかった)、運良く完成したら&ロコツに失敗しなければ(苦笑)、そのときアップしようと思いマス。

それにしてもスケッチ講座とデジカメ講座って、併せて受講するとかなり相乗効果がありますね。このロケハンのお陰で次回提出用の写真も撮れたし、スケッチ講座の「写真を見て描く」という授業では、デジカメ講座の先生にいただいたポストカード(先生が海外で撮影された写真)を使わせていただいた、なんてこともありました。

写真を撮り続けてると、構図や陰影やモノの形に対してもっと敏感になれるかもしれません。頑張ってデジカメ講座続けようかなぁ…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード