Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

色鉛筆画は

パソコンに上手く取り込めない、という話を聞いたので、どんな感じになるのか試しにやってみました。

plum_mascat.jpg

△色鉛筆画講座で描いたプラムとマスカット
(マスカットの塗りの仕上げは先生/文字や両サイドの装飾はPC加工)

自分的には、色もそれなりにちゃんと再現出来てるように思います~ 出力するとイマイチって感じなのかな。

まぁ色鉛筆画を描き慣れててこだわりがある人の場合は、色々気になるところ・気に入らないところがあるのかもしれません。あと、元絵に近づけるための画像処理の仕方を知らない場合は、確かに納得する色味にはしづらいかも。


▽上の画像の左半分(元絵はスキャナサイズより大きいので、取り込みは半分ずつ)

mascats.jpg

こちらは、実はちょっと黄緑寄りに鮮やかに&濃く塗りすぎてしまったので、Photoshop でズルして彩度を下げたり明度を上げたりしています^^; 陰影処理が気に入らなくて塗り直してるうちに、どんどん濃くなってしまいアレもコレも修正不可能に~~orz(塗っても色が乗らなくなってくるのデス;;)

Photoshop って有り難いですね!(爆)

教室の他の生徒さんたちは毎回鉛筆で輪郭線を描いて後から消してるのですが、私は輪郭線には、消しゴムで消せる色鉛筆(三菱のアーティライズカラー)のイエローオーカー(薄めの黄土色)を使っています。

理由は2つあって、まず、形をとるのは難しいので綺麗に消せる方が有り難いから。
そして、イエローオーカーは生物系モチーフ(植物・果物・食材)を塗る際は重ね塗りによく使う色なので、いちいち消さなくても塗り重ねていくうちに他の色と混ざってほとんど見えなくなるからです。

上の絵でもイエローオーカーで描いた輪郭線は全然消してないのですが、目立たなくなってると思います。

鉛筆線の色は線画カラー絵以外の色彩画では滅多に使わない「黒」なので、塗り始めた後で目立たなくなるように消していかねばならず、それってなかなか面倒だと思うのですよね^^;(勿論、黒い線を活かした絵を描きたい場合は別ですよ)

この手法は水彩色鉛筆の技法書で知ったのですが、線画っぽさの無いカラー絵を描きたい自分としては、難しくない上に使い勝手もよく、かなり重宝しています♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード