Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

キリトルTV

◆先日放送の『キリトルTV』、以前観て面白かったのと羽生くんネタがあるということで、とりあえず録画しておいたのですが。

あまりにも私得すぎて、録画しておいて本当に良かったあぁぁあぁーーーー!!!と(T▽T)

まさか今頃になって、大好きな古田さんがヤクルトで日本一になった瞬間の、あの渾身のガッツポーズ映像がBDで捕獲出来るなんて…!(感動)

巨人ファンの家族の中で育った私が自ら好きになって応援した唯一のプロ野球チームが、あの当時のヤクルトなんですよね。好きな選手がみんなヤクルトで、古田さんはその筆頭(私は頭が良くて滑らかトークのアスリートが好きで、且つ当時は知的メガネ男子萌えでもありました(笑))。優勝したときはほんとに嬉しかったなぁ(トオイメ)

そして話にだけは聞いていた、東日本大震災後の内田選手のTシャツメッセージの逸話。

当時チームメイトだったノイアーが試合後彼をカメラ前アピールに誘導してくれたときの映像&エピソードに加えて、その日の試合を決めたノイアーのクリア兼アシストの映像まで!!!

何この超私的お宝映像▽▽▽(大歓喜)

ノイアーのシャルケの青いジャージ姿もツボでその映像だけでもかなり満足だったのですが、更に内田選手が語った試合前の会話やあのゴールアシスト。。。ノイアーかっこよすぎです~~♪♪♪

ブラジルW杯ニワカのノイアーファンには、美味しすぎでした&ご馳走様でしたm(_ _)m

あの内田選手の印象深いTシャツ映像にノイアーがこんな形で(勝利に貢献していたことも含めて)関わってくれていたことが、日本人としてもノイアー好きとしても、改めてとても嬉しいです(/▽;)


◆これも話でしか知らなかった、日本一といわれる浦和レッズのサポーター(チームが日本一になるより先にサポーターがそうなってたと言われてる)。その実際の活躍を、アジア制覇の後押しをしたPK戦の応援映像を通して観れたのも面白かったです。

あれはまさに12人目の選手ですね…スゴイ。選手たちが真っ先に優勝カップをサポーターの手に渡すのもうなずけました。


◆これも話では知ってましたが、海外選手たちの『キャプテン翼』好きネタの数々も楽しかったv ドイツのエジルとポドルスキが翼くんや小次郎のイラスト入りすね当てをして試合に出てたなんて(笑)

私は原作の最初の方しか読んだことがないのですが、舞台が国際大会に移ると最大の強敵国はドイツだったとか? ドイツ選手にもあの作品のアニメが好きだった人は沢山いるんでしょうか^.^

しかしデルピエロやロドリゲスに贈られた高橋先生による似顔絵色紙、顔はやはりみんなアレなんですね…^^; 当人達が嬉しそうだから別にいいんですけど(笑)


◆アスリートたちが卒業文集に書いた「将来の夢」を紹介するコーナー。

みんな「プロになりたい」とか「世界一になりたい」とか書いてあるのに、いきなり町田くんの

「パんやさんになりたい」

が出て来てビックリしました^^;

しかも何故「パンや」でなく「パんや」

これ、町田くんの許可とってる? ティムシェル的に全国ネット?で「パんや」はアリなのか?(笑)


◆読唇術で選手や監督たちの会話をキリトルというコーナーは、いつもとても興味深く観させてもらっていたのですが。。。

一番最後の羽生くんのネタで、信頼感が一気に崩れてしまったのが残念でした↓

ソチのフラワーセレモニーの表彰台の上で言った言葉は、本人談のインタ記事があったためにスケートファンの間では結構知られていて、キリトルのコーナーで紹介されてた「(お客さんが)いっぱいいるな~」とは全く違います^_^;

もし本人談がなかったとしても、たまアリ全日本をはじめ満員の観客席を何度も経験してきた羽生くんが、ソチのあの空席の目立つスタンドを見て「お客さんがいっぱいいる」なんて言うワケないんじゃないかと。。。少なくとも、日本の試合もソチの試合も現地観戦してきた自分には、そう思えます。

そもそもプルシェンコが棄権したせいで男子FSの日は日本の観客の応援が目立ち、空席が多いだけの日本の大会みたいな雰囲気すら漂ってたんですよね;; 残念ながら私は、あの「色々緩んでた」会場で五輪ならではの緊張感を選手のように味わうことは、観戦した3日間を通じて不可能でした↓

話戻して、読唇術コーナーの内容がいい加減だったことが判明してガッカリ。

ついでに羽生くんがソチのFSの演技前と終了後に「楽しい」という主旨の言葉を3回も言ってたというのも、ちょっと「そうかあ???」という感じでした。演技前に関しては本人談でそういうことを言ってたのはわかってるのですが、終わった後まで2回も言うかな?と。

ともあれ、古田さんのケースみたくちゃんと番組内で本人の解説が添えられてるもの以外は、話半分に観た方がいいってことですね。。。あのコーナーって結構感動ネタとして扱われてるものが多いから、適当な解釈しちゃってるのかと思うとかなり微妙^_^;


◆とりあえず、気に入ったネタをピックアップ編集して保存することに。

上で挙げたネタ以外では、涙の競馬馬キーストンネタ(その後のこともネットで調べて泣きました。・゚・(ノД`)・゚・。)と、卓球のトップ選手によるエキシビションマッチなど。

読唇術の精度はともかく全体的に面白いので、またやるときは観てみたいと思います。(切り取った映像部分を紹介するまでがちょっと冗長なところはイヤなんだけど(苦笑))


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード