Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

今日は個人的に愚痴を叫びたいことがあったので、畳みながら叫びます^^;




メディアの屑記事や屑報道を鵜呑みにしてる人からスケートの話題振られたくない!!!

下らない煽りを何の疑問もなく信じてる非スケオタの人は、私にスケートの話題振らないで欲しい!!!

根底から勘違いしてるから、どこまで遡って説明すればいいかわからないから!!!

今日美容院に行ったとき、シャンプーを担当した女性の店員さん(若くはないです)が、スケアメの話題を振ってきました。

その内容が酷かった。

町田くんの容姿がどうこうだから魅力を感じない、といった系統の感想から始まって、挙げ句の果ては

「羽生くんにすごいライバル意識もってるみたいですね。羽生くんは軽く笑ってましたけど」

もうほとんど、はるか格下がムキになって対抗心燃やしてるみたいだけど、羽生くんの方は余裕で笑って受け流してるわね~、という感じの言い方でした。

マスゴミのバカ報道の弊害を目の当たりにしました…

1つ1つに、それ完全にマスコミのねつ造イメージですから、と言っても「えぇ~そうなんですかぁ」みたいなリアクションで。

全然違うし、羽生くんは他の選手が強いのは大歓迎だし、もともと闘志むき出しのキャラは羽生くんの方だし、去年町田くんを見て刺激受けてたのは羽生くんの方だし、町田くん自身は羽生くんをライバルと呼ぶのはおこがましいと言ってるし、そもそも2人は仲がいいし、メディアのねつ造報道を真に受けないで欲しい、と一通~り言ってそれっきりその話題は断ちきりました。

本音としては、冒頭の3行の台詞を叩きつけたかったんですけども。

おそらくフィギュアスケートに大した興味もなければ、選手を知ろうという気もない、単なる接客トークの1つだったというのはわかってます。

だからこそ一番腹が立ったのは、私がスケートファンだと知ってて、特定の選手を見下したイメージや悪口を、まるでこっちの同意でも得られると思ってたかのように話題として振ってきたことです。

スケート好きの人間にとっても、そういうイメージが前提にあるとでも思い込んでる感じ。

同じスケートに不案内でも他の店員さんだったら、「(メディアではこう言ってるけど)実際はどうなんですか」みたいな聞き方してくるんですよ。だから今回のこれには唖然としました。

その店員さんの好みはどうでもいいんです。誰にだって好き嫌いはありますから、その人が何を好んで何を嫌おうと、そのこと自体にどうこうは思いません。

ただいくら客の好きなジャンルの話だからって、まず悪口の主張から入るって接客トークとしてどうなのよ、と。その客が対象をどう思ってるかもわからないのに。

しかも好き嫌いの話だけならまだしも、そのジャンルに詳しい人間にしてみれば思いっきり的外れな解釈のオマケつきで…

私はスケートくらいしかわかりませんが、少なくともスケートに関しては、メディアで報道されてる内容がずっと見ている競技ファンの認識から乖離してることが多々あると思ってます。

勿論、ずっと追ってきた人たちにしかわからないことが色々あるのは、どんな分野でも仕方ないことです。

でも過程を知らずに根底から勘違いしてる人たちに同意を求められるかのように話を振られると、本当に返答に困るんですよ。その上もともと相手にとっては重要なことじゃないから、説明しようとしたところでのれんに腕押しみたいなものだし。

そもそも私は自分がスケートファンだと知られてからは(遠征前に美容院に行くので自然とそういう流れになった)、お土産などがある場合を除き、その美容院で自分からスケートの話題を振ることはありません。大抵店員さんたちの方から、接客トークの一環としてスケートの話題を振ってきます。

なので冒頭の3行の叫びになるワケです。

純粋に知りたい、こちらの意見や見解に耳を傾けたい、というときだけ話題を振ってくれ!

結果的に私と意見が合わないというだけなら構わない。でも試合を追ってるワケでもないのに報道から作り上げた自分のイメージを押しつけたいだけなら、私にスケートの話は振らないでくれ!

これはメディアのせいではあるけれど、非スケオタのそういうイメージって大抵私の見解とは著しく乖離してるんだよ! だからいつも返答にすごくすごく困るんだよ! 私は美容院で積極的に蘊蓄たれたいワケじゃないんだ(T_T)

タレントの有吉さんが「有名になるというのはバカに見つかるということだ」と言ったそうですが、「有名になるとバカな報道をされて、それを鵜呑みにする人たちが出て来る」のだと、すごく思い知らされました。

今度その手の話題を振られたら、ただ一言「すみません、私の見解とあまりに違いすぎるのでコメントのしようがないです;;」とでも答えて終わりにしたい(苦笑)

真面目な話、非スケオタの人たちの中ではこっちが「えっ???(ありえない)」と思うようなことが前提になってることがあるので(別にその人たちが悪いワケではありませんが…)、同意は到底出来ないし、かといって興味がない人に納得出来るように説明するのは厳しいしで、真面目に応答するのってツライものがあるんですよ~~(T_T)

自分が不案内の分野のことを詳しい人に聞くときって、基本的に興味があって真面目に相手の意見を聞きたいと思ってるときだから、余計にそう思っちゃうのかもしれません…

スポーツなんですから、ずっと見てればどの選手に今何が出来て何が出来そうにないかって、おおよそはわかってくるじゃないですか。でもその前提が全く無いかまたはメチャクチャな人と話をするのは、ものすごく難しいのです。

繰り返しますが、当人にとってはさして悪意もない(けどちょっと迂闊な)接客トークだったのはわかってます。

でも何で接客される側がストレスを感じる話題を振られなきゃならないのかと、理不尽に思うことくらいは許して欲しい(苦笑)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード