Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

O CANADA

◆もうね。

NHK杯の30日に行くスケオタは、ウィバポジェの四季を観て思う存分興奮するがいい!と思ってしまったさ。

今回の席はアイスダンスを観るには(私にとって最も)理想的な距離だったので、言葉にならないほど堪能させていただきました♪

この感動を表す言葉が見つからない。

というか「涙とかヨダレとか鼻水が垂れそう」みたいな、対象の美しさとはおよそかけ離れた言葉しか浮かんで来ないんだよう(T_T)

ウィバポジェは生で何回も観てるのに、氷上最前列で観たこともあるのに、今回ほどポジェが巨人に見えたのは初めてでした(汗)

闘牛士衣装のゴージャスな柄や飾りも、風(空気)をはらんで膨らむFDのシャツも全て、巨大な本体を更に増幅させてるという感じに見えました。

何というか、1人(というか1組)だけ縮尺の違う人がいるみたいでした^^;

まぁでも、オーラで大きく見えるというのも実際にありますからね…今回のメンツの中だと、ペアのデュハラドと同様、やはりウィバポジェは別格だったと思います。

ウィバポジェもデュハラドも、スピードと迫力(存在感と言うべきか)が他組を圧倒してましたもん…


◆ポジェさんのFS衣装、小さい画面の動画で見たときはおしるこを思い出しましたが、実物を見たらココアパウダーでした。

いずれにしろ美味しそう(笑)

ケイトリンの衣装は超〜~~びゅりほーでした。もうマジ女神、春の女神様ですうぅvvv


◆カナダの観客は選手たちに温かい拍手を贈ってくれるところが、日本とよく似ています。良演技には惜しみなく、エレメンツを失敗しても励ましの拍手、日本ほどではなくても手拍子も起こり、会場にいて居心地がいいです。

シングル競技で感動したのは、会場総スタオベになったのが

高難度構成を見た目ノーミスした選手だけ

だったことです。

そう、男子1位の選手と女子3位の選手ですね~

誰を何を称えるべきかわかってるカナダのスケオタさんたちGJ!アリガトウ(^o^)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。