FC2ブログ

Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

ホアキン・ベラオ『アーカイブ展』

もう会えないと思ってた大好きなものに再び会えるって、すごく嬉しいですね…!

管理人・超御用達のアクセブランド『ホアキン・ベラオ』の過去のコレクションがまとめて見れて、しかも一部は販売されるなんて…!

もう行く、松屋銀座店の方は初日に行く!!!
南青山本店の方も、今月中に渋谷に行く用事があるからそのときに寄る!!!(ショップによって展示品が異なるらしいので)

限定販売品は1種類につき1点ずつの入荷だそうなので、少なくとも松屋銀座店には開店と同時に赴かねば…!(笑)

『ホアキン・ベラオ』はスペインのブランドで、植物や自然をモチーフにした独特のデザインが特徴。フォルムは彫刻的といわれ、ボリュームのあるものが多いです。その個性と主張っぷりが非常に私好みで、初めて雑誌で商品を見たときから一目惚れでした。一時期は新作コレクションが出る度に買っていたほどです。

ちなみに同じスペインのブランド同士ということもあってか、ホアキンのアクセとシビラの洋服は、色味もデザインもとてもよく似合います。(かつて馴染みのホアキンの店員さんが、上から下までシビラの服で統一してホアキンのアクセを着けてるのを見たことがあります)

ある時期から素材が変わってかなり高価になったため滅多に買わなく(買えなく(苦笑))なりましたが、同一ブランドの所持数としては最多で、今も日常的に身に着けている指輪はここのものです。

過去のコレクションの殆どは大分前に廃盤になってしまってるので、昔のデザイン贔屓の私は寂しくもあったのですが……今回開催される「アーカイブ展」では、私が一番気に入って買ってた時代のコレクションが見れるようなので、今からとても楽しみです~♪

実は【Tulip Hour】に「ホアキンコレクションの写真ギャラリー」を設置したいと、もうそれこそサイト開設以前から、ず~~っと思っています。手持ちのホアキンアクセには、既に幻の商品となったものがいくつもあるので。

でもアクセサリーを綺麗に撮るのはそれなりに技術が要る(特にセッティング)ので、そこら辺がとてもネックなのです~ 使用済みだから、アップで撮ればキズも目立つだろうし;;

デジカメ撮影術の本でもよく読んで、頑張るしかナイ。


▽手持ちのコレクションから

tulip.jpg


どんだけチューリップ好きなんだ自分(笑)
(ちなみにこの記事を書き終えた後に、もう1種、デザインは少し異なるのですが同じコレクションのチューリップイヤリングもあったことを思い出しました(爆))

私が一目惚れしたのは、「黒いシルクコードのグリーンモスブロンズのチューリップネックレス」(これだけ2つ買ってます)。「グリーンモスブロンズ」はブロンズの上にグリーンの錆加工を施したもので、この色を出せる職人さんは1人(か2人)しかいなかったそうです。

このブランド独自の色で私は大好きだったのですが、時間が経つにつれどんどん剥げ落ちていってしまうということもあってか、作られたのは初期の数年間だけでした。(私も湿気の多い時期には使用を避けたりするなど、保管には気を遣うようにしています)

ミツバチのピアスは、買おうと思ったときには既に日本には無くて、当時仕事でスペイン滞在中だった弟の彼女に買ってきてもらったもの。

18Kピアスは当時本店にしか無かった商品で、これが最後の1点となったとき(本国の方でももう作らないとのことでした)、以前から私が欲しがっているのを知っていた馴染みの店員さんがわざわざ電話で知らせて下さったお陰でゲット出来ました。

それまでは高価なので買いあぐねていたのですが、このチューリップのデザインは他に似たものが無い上、18K商品は同じデザインでもシルバーやブロンズ製品よりこぶりでとても使いやすいサイズに作られるため、今後入手不可能となると迷うことはなかったです。

ホアキンの18Kはこれともう1点しか持ってませんが、ブロンズ商品の方は極力剥げないように気を遣わねばならないので、18Kはやっぱりラク~

余談ですが、当時このアクセは身近な人間から「タコツボ」と呼ばれておりました(苦笑)

アクセスタンドは、オリーブの葉をモチーフにしたデザイン。オリーブはデザイナーのお気に入りモチーフで、複数のコレクションに登場しています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

あかね

Author:あかね
管理者ページ

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード