Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marianne Design ダイ使用作品

先日、ダイ(抜き型)の買い物でいつもお世話になっているショップ:Little Angelさんの作品募集企画に応募しました。

募集の内容は、Marianne Designのダイを使った作品。応募作品は、同ショップサイトのMarianne DT(デザインチーム)のブログに掲載していただきました。

Marianne Designのダイは愛用しているので、今回参加出来て嬉しかったです^^

あちらに掲載していただいた写真とは一部異なりますが、当ブログでもUPしますね。(コメントは一部重複しています)


●スケート靴のタグ3種●

2015Skate_Tag_set430.jpg

昨年のクリスマスに制作したタグの写真を「こんな作品でどうでしょう?」という感じでショップさんにお送りしたところ、歓迎していただいたので、3パターン作ってみました。

クジャクの羽部分は、タグと同じ紙(白無地)にバーサマークを捺し、エンボスパウダーのブライダルでヒートエンボスしています。白のままでも良かったのですが、少し光らせてみた方がプチゴージャス感が出ていいかなと。

ヒイラギの枝は全て違うペーパーを使っています。

使用したダイは以下の通り(テキストが商品ページへのリンクになっています)

【スケート靴】
Marianne Design Creatables - LR0244 Holly Branches
【ヒイラギの枝】
Marianne Design Creatables - LR0247 Ice Skates
【クジャクの羽】
Impression Obsession Die - DIE144-M Lg. Feather


2015Skate_Tag2_360.jpg

2015Skate_Tag3_360.jpg

▲上2点のスケート靴はいずれもBo-Bunnyの同じペーパーから。柄のどの部分を使うかで大分雰囲気が変わりますね。

本当は無駄なくツメツメに抜いていきたいところなのですが、このペーパーの柄でスケート靴の形状を切り抜く場合、見栄え良くするには抜く位置と向きに気を遣わなければならないので、結構無駄が多かったです^^;

縦横に線が入っている柄なので、それらのラインが靴の形に対して垂直や水平(或いはそれに近い角度)にならないよう気をつけました。また大別すると赤茶色の部分と青錆色の部分に分かれるため、両方の色が入るような位置取りをしています。


2015Skate_Tag_pink1_360.jpg

▲スケート靴に使用したペーパーは、KisercraftのCherry Blossomシリーズの桜柄。全体の色合いが何だかいちごのケーキみたいで、美味しそうです♪


2015Skate_Tag_set2_430.jpg

▲スケート靴はブラッズで留めてあるだけなので、ブラブラ動かせます


2015Skate_Tag_pink_swing360.jpg

▲斜め横から見ると、こんな感じ


●Snowflakeのダイで作ったお花風の飾り●

SnowflakeLayer2_430.jpg

SnowflakeLayer1_430.jpg

使用したダイ
Marianne Design Creatables - LR0185 Snowflake

少しずつカットしながら重ねていきました。
そのまま使ってもとても素敵なダイですが、これは同じダイの形をそのまま、或いはカットしながら、7層重ねてあります。

カットすると何パターンか作れるところも魅力です^^

元の形は、色々な柄のペーパーで抜くと本当に違う雰囲気になります。マスクとして使ってもいい感じですよ♪

ペーパーは、Little Angelさんで買い物をした際オマケとして同梱されてきたものを使ったので、メーカーは不明。そしてお花としてはかなり妙な配色になっています(苦笑) お花というよりは、オーナメントですね。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。