Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

四大陸ペアFSほか

◆デニフレもライオンキングなのね〜嬉しい(^.^)

SBSは残念。2本とも失敗したのはこの組だけ?


◆成龍、スロー今度こそ安定してきたかな? 2本とも決まってオメ! ワールドもこの調子で是非〜

どうしてもソロのサルコウが…だけど、アクセルの方は成功して良かった!

スピンのシンクロ率は相変わらず高いですね^^

ジャンプは3つ成功したものの、点数は残念だったようですね。デニフレの後だしなぁ…


◆ケイン/オシェア組は、男性がコフリンやラリオノフを思わせる正統派ペア男子的な衣装とヘアスタイル(笑)で好きな感じ(^o^)

リフトぐらついたり、スピン近かったりと、色々コワかったけど…


◆ペア少ないなー 第1グループにデニフレで、4組目からはもう全米チャンプとカナダ勢かぁ

でもその分、ペア好きにはかなり粒ぞろいのお得な大会、と言えますね。


◆パイポーのお陰で、衣装だけで「巴里のアメリカ人」とわかるシメクニ。


◆やっとモスコヴィッチさんの演技が観れた〜〜〜嬉しい(^▽^)(全加は録画だけして観れてない↓)

007的なオシャレ感はないかもだけど(苦笑)、デカくてカッコいいわーモー男さんvvv

しかしこんなに体格差があってイリちゃんも軽そうなのに、何故あんなによっこらしょー的な持ち上げ方になるのだ>リフト

クリムキンイーグルからのデススパイラル素晴らしい。上海で観るのが楽しみーvvv

自分は初見だからわからなかったんだけど、イリちゃんがソロジャンプ2本とも降りた!って話題になってました。いつもうまくいってなかったならオメー


◆モーマリのリフトは、いつもいつもマリナロの(まるで荷重に耐えかねてるような)前傾した腰つきが気になって、全然モー子さんを観れない^^;

持ち上げるときいったん肩に載せて止まったりとか、もうリフトの度に固唾を呑んでしまう;;

でも「あと2回五輪に出るため」にパートナー替えしたモー子さんも、コーチ変わってやり方も変わって大変だろうというマリくんもガンバレー


◆最終G前に、客席カメラで抜かれたメープル軍団のヴィジュアルクオリティが高かった。


◆スイハンの体格と身長差であの高いツイストは、一体どういう技術と身体能力のたまものなのだろう…科学的分析をして欲しくてなりません。というか、是非そうしてくれ〜〜日本のペアの未来のためにも(><)

ともあれ、4Twご馳走様でしたv 2012年のコロラド四大陸が彼らを観た最初でしたが、クワドはあのすっごい衣装と共に強烈に印象に残りましたよー

スロー投げる瞬間のカメラアングルがハンくんの真正面と真後ろからだったので、どちらも「ほーい!」という感じに見えました。


◆をををををーデュハラド、今回も4S決めたー

TESカウンターの数字が一気に上がるのがたまりませんvvv

優勝オメ! さすがに四大陸には敵ナシだなぁ。

でも最終Gに入ってから画面が止まりまくりで、演技は殆ど観れませんでした…orz

プロや演技は表現のカケラもないと叩かれてますけど(その点には異論はない^^;)、私はどちらかというとヴォロトラ並みに表現力のある組に高難度技見本カタログプロをやられる方が許せない派なので、誰も追随出来ない技術に特化して突き詰めてる選手や組がやる分には、いっそ清々しいと思えるので気にならないのですよねー(少なくとも自分は)

要は、選手が自身のストロングポイントをしっかり活かしきってるか否か、出し惜しみ成分(とこちらが感じるもの)があるかないか、ということなんじゃないかなと。私の基準は。

たとえばもしアーロンがつなぎ増やしてスピードなくなったら超不満に感じるし、羽生くんのカナダに行ってからのFSの振付が素敵だと思えないのも能力としては出来るであろうこと(それはSPで証明されてる)を体力温存のためにやってないからだと思うし、それらは勿論、採点基準に基づいた点数の出方や選手に対するスケーターとしての客観的な評価とは全く無関係の、私個人の嗜好。

話を戻すと、私にとっての今季のデュハラドの最大の魅力は、オールラウンダーじゃないと頂点に行けないような採点ルールの競技において、体操でいうところの種目別決勝的な強さを武器に君臨してるところ、です(笑)

でも○○に特化してるなら、△△は要らないとか、そういう意味ではないので誤解のないようにー 技術或いは表現がすごい人が表現或いは技術もあったらそりゃ素敵に決まってますし、単に強みとしてもってる能力が高いクオリティや安定感で発揮されてるのが好き、という話なので。


◆ペンジャンもよく観れなかったけど、SBオメーヽ( ´∀`)ノ

SPといい、表現が難しそうな曲だなぁ…ローリー一括発注の影響? でもそれなりにこなしてると思うのでやっぱりこの組には期待してしまうv 自分がハオジャン超好きってのが大ですが(笑)


◆パントンも殆どわからなかったけど、プロはビューティフルらしいですね。

中国他2組とのTES差をPCSでねじ伏せるプロか〜〜でもこの組なら納得。早くJスポで観たい(><)

一昨年の中国杯で観たとき、形容しがたい麗しさ、(矛盾した表現だけど)十分に情念的でありながら同時に魂が浄化されるような清冽な美しさ、を感じました。あの彼らにしか醸し出せない独特の麗しオーラを、現地で空気を共有しながら観るためにお金を出す価値はあるなぁと(* ̄▽ ̄*)

今回のデュハラドとはある意味両極なのかなと思いますが、私は観れるならどっちも観たいです♪


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


米加の選手が固まってる観客席周辺に、空気となって漂いたい…♪(人としてその場にいても何していいかわからないので(笑))

しかし、6分間練習のときに観客席ばっかり映す海外映像多いですねぇ。Jスポで千鶴さんと岡部さんも、「選手が4回転を跳んでるところを観たかったんですが…」と苦笑してましたが。選手見せてくれよ〜〜

話全然変わりますが、石川佳純ちゃんが中東遠征を中止したり、柔道が遠征先の中東で試合以外で日の丸を掲げたりしないようにということになったり…サッカーのアジア予選とかどうなるんだろう(´・ω・`)と心配は尽きません…

フィギュアには中東での試合がなくて(少なくとも今は)有り難いです…


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード