Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『相棒』13最終回感想

以前運営していたブログは各ジャンルのフィクション作品の感想がメインで、こちらはそれ以外のジャンルを扱う雑記ブログという位置付けで始めました。

前者のブログはフィギュアスケートにハマって間もなく閉鎖したので、その後はごくたまにこちらのブログでそうした記事を書く程度になってます。

ただ継続して読んでる&観ているものもあるし、特にミステリ分野など無性~~にフィクション作品やTV番組の感想を語りたくなることもしばしばあるので、今後は畳むこと前提で(ネタバレもあるので)もうちょっと書こうかなと。

ということで、今回は文に起こして整理することでモヤモヤを終わらせたかった^^;『相棒』シリーズ13の最終回の感想。

※ストーリーの詳細部分には触れてませんが、ネタバレ回避されたい方は閲覧注意です。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


あまりにも酷すぎて呆然としました。。。何なのアレ???

よくお金かけて作ることを許されたなと思うような内容でした。あの脚本を真面目に演じなければならなかった役者さんたち、特に成宮くんに心の底から同情します↓(まぁ彼らにとっては「終わった仕事の1つ」に過ぎないかもしれませんが…)

シリーズが今まで積み上げて来たものを土足で踏みにじるような無理のある設定で、同じ唐突な展開なら、シンプルに殉職という方がよほど矛盾が無かったと思います。(殉職自体は唐突なものに決まってるから)

しかも単なるミステリードラマとして観ても、何コレレベルのお粗末さでした。最初にネタバレした後何の謎もヒネりもないので、観る側が「これはミスリードなのか」と無理に謎を探してあげてしまったくらいの。。。

番宣で「衝撃のラスト」とか煽ってたけど、「やらかした」という意味では確かにこれ以上無いくらいの「衝撃」でしたよorz

ああいう設定自体は、シリーズ開始当初からきちんと伏線エピソードを散りばめて、キャラもシリーズを通じてしっかり作り込んで奥行きやミステリアスな陰影を出していけば面白いクライマックスの演出も可能だったと思います。逆に言えば、最後の最後になって思いつきで取って付けたように色々こじつけながら使えるような設定ではないということです。

伏線散りばめは他のレギュラーや準レギュラーのときにはそれなりにちゃんとやってたのに、何で今回に限ってこんな訳のわからないことになってしまったんでしょうか…

カイトというキャラは、シリーズ開始後程なくしてこの結末とはある種真逆の方向にキャラ付けされていった感があったので(亀山さん系の熱血系がかなり落ち着いてきて目端も効くようになった)尚更です。それだけに、終盤の次長の右京さんに対する指摘や回想シーンのこじつけ方も無理矢理感がありすぎでした。

しかも、カイトが「それ」をやっている真っ最中の映像には一度もカイトの顔が映されていないんですよね。そこちゃんと描写しないと、「そういう属性を植え付けたキャラ」として最終的に成立しないと思うのです。

だから、余計その行為を認める彼のセリフが上滑りしてるような印象しか抱けませんでした。

他にも「最終回になって初めて登場したダークナイト」といい、「強い信念もなく曖昧で適当で矛盾してる動機」といい、「3年間気が付かない右京さん」といい、とにかく

今回の設定に説得力を持たせるための仕掛けが何も無い

のが痛すぎる。

多分私以上に『相棒』に詳しい人たちならもっと色々矛盾点を指摘できるでしょうが、フォロー出来るところはまず無いんじゃないかなと思います。。。

恋人や父親との人間関係を通じて積み重ねていったものも、カイトシリーズ終了時にはどこかに着地すると思っていたので、全部放り投げて無かったことにするかのような終わり方はひたすら残念でした。

そもそも一体何のために、悦子さんを妊娠させたり白血病にしたのか。あれなら、彼女絡みで問題起こす方がたとえ唐突でもはるかに説得力があると思いました。そういう方向ならキャラも積み重ねも少しは活きた気がします。

夢オチは嫌いですが、あの最終回なら夢オチの方がマシです。ネットでは「いつもなら夢オチなんて絶対認めないが、せめて夢オチだったらと思ったのは初めてだ」という意見も見かけました。

もうホント、無かったことにして欲しい。個人的にカイトは好きだったし、カイトSPのボマーの話は展開が面白くてドラマ部分も良かったし、カイトシリーズにはお気に入りエピが結構あったのに…(泣)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。