Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

今日もいろいろ

◆新葉ちゃんは来季、SPFSとも超攻めの構成でいくのですね。

「TESどんどん上げてくぜオラァ」的なところが、すごくいい意味で羽生くんぽくてワクワクします(゚∀゚)

若手がTOP層に食い込むにはまずTESで勝つこと、という話を男子で聞いて確かにそうだなーと。(今の女子のTOPはみんな若いけど、更に若いジュニア世代ということで) 今季のダンスにはTESでもPCSでも完勝した若手がいたけど、かなり珍しいことだと思うし。

ただSPのジャンプ全部後半というのは、プログラムのバランスがどうなるのか気になります。個人的には、前半に1つくらいは入ってて欲しい気もしますが…良プロになるといいな。

3Lz-3Loは是非是非観たいので、頑張って下さい▽ 女子のセカンド3Loはグサグサ刺さるから大変だと思いますが…(男子も殆どいないけど。ケヴィンはいつも入るワケじゃないけど、入るときはURなしなのが素晴らしかった)

シーズン後半にはFSに3Aを入れたいそうですが、こっちはまぁ…焦らずケガなく頑張ってくれれば。


◆女子は知子ちゃんも理華ちゃんも3A跳びたいって言ってるし、コーチたちも「もう3Aなしで他と差をつけるのは無理」という認識だし、来季以降平昌までの間に3A成功者が複数になってる可能性は…あるのかな。

羽生くんが「4回転は沢山練習したからって跳べるようになるジャンプじゃない」みたいな話をしてましたが、女子の3Aもそうなんでしょうね。

個人的に「何で3Aが跳べるのに勝てないの」的な論争が嫌いなので、3Aジャンパーが同時期に複数存在する時代を切望します。


◆ループといえば…

羽生くんて試合では全くセカンドループを跳ばないですよね。入れなくても十分過ぎるほどの得点源があるから、必要ないと言ってしまえばその通りだと思いますが…

ハーフループコンボを入れる前、3連が3-2-2だったときは、出来れば最後を2Loにしようという意志はあったと思うんですよね。2012年の【FaOI】福井で初お披露目された「ノートルダム」では、3Lz-2T-2Loを跳んでいたので。

でもとうとう試合では一度も2Loを入れることなく終わりました。単純に、厳しいと判断して入れなかったのだと思いますが。

0.1点でも多く稼げるように計算してるのにセカンドループだけは入れないというのは、よほど今の彼にとってはリスク対効果が低いってことなんだろうな。

羽生くんにとってコンボのセカンド2Loやサード2Loは、3Aより難しいジャンプなのだろうか…とずっと気になっているループ厨の私でした(笑)

だって、福井で初めてサード2Lo観たときはすごく嬉しかったんだよ~でもそれっきりで悲しかったんだよ~


◆やっぱり今季は、セカンド3Lo(認定レベル)不足だ… ケヴィン、カムバ~~~ックY(T△T)Y

来季はとりあえず、祐奈ちゃんと、トライすると言ってる新葉ちゃんに期待します。


◆コンボといえば、昌磨くんなら3A-1Lo-3Fが出来るんじゃないかと思ってるのですが、現実的に考えて旨みがないからやらないだろうなー

最後のジャンプが難易度高めなコンボだと、それなりに評価されると思うんですよね。同じ2Aを入れるのでも、単独じゃなくて2A-1Lo-3Fというのはすごくイイと思いました。特にサードフリップはたまらない♪

ちなみに採点ルールの都合上、改めて4-3が絶滅危惧種だと思い知った上海ワールドでした。私の憧れ・後半4-3なんて夢のまた夢っぽい…

やっぱり、ケヴィンカムバック…(いや、ケヴィンも前半失敗したから後半に入れただけなんだけどね)

ボーヤン、やってくれないだろうか^^; でもセカンドトリプルを後半のどこに入れても点数が変わらない以上、やっぱり誰にとっても旨みは少ないんですよねー;;


◆自分は高難度ジャンプ厨ではないと思ったけど、レアコンボ厨、セカンドorサードループ(トリプルなら尚可)厨ではあるようです。

ハーフループコンボは最後のジャンプがみんなサルコウなので、それ以外希望。ハーフループに限らず、コンボはファーストの種類よりもセカンドやサードに何つけられるかの方に注目しちゃうもので(笑)


◆日本男子の層について考えるとき、刑事くんと龍樹くんがジュニア時代から点を伸ばせていないのは厳しいなーと思いました。220点台くらい出せれば、大分違うと思うのですが…もどかしい。

クワドはワールドクラスでも水物だからともかく、3Aがちょっと不安定になってるような気が。ジュニアでそれなりの結果出してたときは3Aきちんと跳べてたと記憶してるんですけども;;

龍樹くんは本人比で意識して表現頑張ってるんだなというのがわかったし、刑事くんは大人の男性っぽい色気が出せる選手だと思うので、何とか腰痛とうまく付き合って上がってきて欲しいですね。

刑事くんの今季の「椿姫」、衣装もプロもすごく素敵だった。いい演技で観てみたいです。


◆来年のワールドは、クワド持ちの中でレベルの取れる選手が選ばれるんだろうなぁ。

でも個人的に来季の代表に希望する条件は、とにかく「ケガしないでくれえぇぇ!!!」の一言に尽きるわ^^;


◆昌磨くんに関しても、点数や成績以上にケガしないで乗り切ってくれることを願ってしまいます。ケガさえなければ、彼の安定感と表現力にはシニアの舞台でも相応の評価がもらえると思うので。

1シーズンで高難度ジャンプの数増えすぎだからケガするのも無理はないと思ったし、クワド×1、3A×2でシニアの4分半は相当キツそうだったし、前半でオーバーワークにならないよう願ってます(-人-)

今季FSのドンファンの出だしの振付大好きだったなぁ。来季も素敵プロが来ますように。(どれか1つは海外の振付師に依頼して欲しいけども…)


◆以前岡部さんが、2012年全日本の男子FSでリンクに出て来たときの高橋くんがいつもより大きく見えたから、いい演技をしそうだと思った、という話をしてました。

そういうのってどういう感じなんだろうなぁ、わかるなら自分も経験してみたい、と思っていたのですが。

リンクに近い席、選手の表情もよく見える席で色々観ていると、そういうのも少しわかるようになったかもしれません。

今季のスケカナでは、デュハラドとウィバポジェがそれぞれのカテで圧倒的に大きく見えました。

ワールドのFD最終グループでは、6練のときからパパシゼが一番大きく見えました。(まぁ衣装が最終グループの中では唯一の膨張色だった、ってのも影響あるかもしれませんが(笑))

ロンドンワールドの男子FSの最終滑走グループの公式練習(6練じゃなくて前日の練習リンクの方)は、以前も書きましたが、6頭の猛獣が入れられた檻を覗いているみたいな迫力でした。もう火花の音が聞こえてきそうで…♪

その中でも、自分が見て一番自信が漲ってて余裕すら感じさせる表情をしていたのはテンくんでした。翌日の演技を思い返しても納得出来るといった感じ。

意識して放つにしても自然と放たれるにしても、間近で観るジャッジたちに対してはアピールになるのでしょうね。

新葉ちゃんがジュニアワールドの後で、「もっとジャッジにアピールすれば良かった」と悔しがっていたという話を思い出しました。その貪欲さが彼女をより高いところへ運んでくれるよう、願ってますv


◆コフトゥンとハンヤンは、来季260点台に乗せてくれないかなぁ…

ジュニアから移行する過程を丁度観てきたというのもあって、クワド持ち若手枠の中ではこの2人に特に思い入れがあります。単純に演技やルックスが好みというのもありますけども(笑)

とりあえず、ハンヤンは衝突事故があったし、コフトゥンもワールド前にケガしてたみたいだし、ケガしないでステイヘルシ~が先決だけれども。

でもこの世代でジュニア上位だった選手たちは、比較的いい感じでシニア移行してるという印象です。シニアに行って割と早いうちから、いい評価をもらってる。(オオモリくんがまだちょっと例外になってしまってるけど…)

若い選手でもシニア参戦後の早いうちから高い評価をもらえるのはいいことだと思います。観る方にとっても面白くなるしね。


◆四大陸に、ケヴィンとロマンくんが同時に出場してくれる日が来ないかなー( ̄・ ̄)

3枠あって、ケヴィンが無事復帰して、ロマンくんが高難度ジャンプ習得して、Pさんが四大陸パスしたら有り得なくはないとひそかに期待してるのですけども。。。ワールドだとものすごく厳しそうだから、せめて四大陸で。


◆リッキー、来季もまた米は3枠あるんだから、ボストンワールドには出て欲しいよ…( ;∀;)

今季は四大陸の補欠ですらなくて悲しかったよ…( ;∀;)

国別でリッキーが観たいよ…( ;∀;)


◆そういえばありえない値段でワールドVIP席オフィホ確約ツアー出してたHISは、採算取れたのだろうか…

下位席と他ホテルのツアーを同じような値段で次々連発してたみたいだから、そっちで埋め合わせ出来たんですかね^^;

今回のワールドでは、「これ以上は出さない」と最初に決めた予算より安く済んだので良かったです。3種目諦めての途中参加にした分、5種目はいい席で観れたし(リーザの3Aが観れなかったこと以外は)満足。特に、ダンスとペアを間近で観れたのが嬉しかったです。

ペアFSは、ロンドンワールドで観たときは天井に近い席だったんですよねぇ。あのとき、高い席から観ても映えるペアリフトの有難味を実感しました(笑)

日本のツアーはカナダ相手だと弱いなという印象があるんですけど、ボストンではどうでしょうね。自分が利用する可能性は限りなく低いのですが(シングルのみを前提にしたツアー多いし)、いくらくらいでどの席種やエリアを押さえたツアーになるのかは、結構興味があるところ。

大金持ちなら迷わず、1-2列目確約&主催パーティ(バンケではない)つきの海外ツアーに参加するのに~


◆修造さんのC.C.レモンの応援歌(※「キミだけの応援歌ムービー」で検索)、自分の名前よりスケーターの名前を探したスケオタは多いんだろうな(笑)

昌磨くんや草太くんが「しょうちゃん」「そうちゃん」、刑事くんや龍樹くんが「けいちゃん」「りゅうちゃん」、そしてかなり無理があるけど理華ちゃんが「りっちゃん」でいいなら、ナイのはやっぱり「ゆづちゃん(くん)」(或いは「ゆっちゃん」?)か…

ジュニア女子入れるともっと増えるけど。新葉ちゃんは「わ」すらないし^^; 真凛ちゃんは「まりちゃん」でアリなのか? 祐奈ちゃんも「ゆうちゃん」だとちょっと違う気が。

「まりちゃん」があるのに「りかちゃん」がないのは、統計的に何か違いがあるんだろうか。


◆【PIW】がふれあいについて選手の体調管理と次の公演の準備のため、制限時間30分、サイン禁止、引きとめての写真撮影禁止とアナウンスしてたけど。

ちゃんと徹底してくれるのかなーと疑問。サイン禁止、引きとめての写真撮影禁止は以前からそうだったと思うけど、今まで全く仕切れてないですからねぇ… 選手は選手で断れないどころか、頼んでなくても撮影ポーズとってくれちゃうこともあってこっちがビックリしたくらいだし;;

自分の意志でファンと話し込んでるように見える選手もいたし、難しいところかも。

でも選手の体調を考えて30分というなら、もっとずっと前からそうして欲しかったです(´・ω・`) 引き留めまくられるような選手をわざわざゲストに呼んでいるワケですから。

町田くんのプレゼントも手紙も一切お断り宣言も、いい意味で影響があったのかもしれませんね。織田くんの解説なんかもそうだけど、フィギュアブームの中にいた選手たちが引退後もフィギュア界に関わることで、フィギュアスケートにまつわる色々なものがより良い方向に変わっていってくれるよう願っています。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード