Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

国別EX・2

◆無良くんの4S、ジャッジサイドのカメラの陰に隠れてて、サルコウなのはわかったんだけど帰宅してネット見るまで(管理人はスマホ持ってません)クワドだと知りませんでしたorz

わかってたらもっと滾ったのにぃぃぃ!


◆チームアメリカの群舞、アーロンとアシュリーのリフトが楽しかったです。ポーズも決まってたし、何よりあれだけ長い時間持ち上げてたのもすごいなーと。

アーロン力持ちだなぁ。でもリフトされてる女性もキープ力必要だというから、2人ともGJ!^^


◆ガブリエラ様のお尻は、アリーナ席から拝みたかった…(>_<)

想定してなくてチケット代をケチった自分を殴りたい。私のバカバカバカバカーーー(号泣)

それにしてもあれで19歳と20歳。。。あの衣装はもっと前から着てるんですけど、その当時の写真を見てもセクシーさが変わらない(汗)

スケオタの従姉妹曰く「(今回の中で)一番若い2人が一番エロい^^;」


◆今回はEXでも殺気まみれな羽生さんのお陰で、

1人の選手が1大会で3つ競技プロを滑る

という、超レアなものを見せていただくことが出来ました。

しかも歴代最高得点を取った直近五輪のプロを、そのときよりも技術レベルが上がった状態で観れるなんてこれもまたすごくレアな体験だと思います。

そもそも競技プロ2つ滑った翌日に過去のとはいえ競技プロをフル構成で滑るとか、間違いなく1大会分の疲労はしてるのだから、よほど余力をもってこなせるから出来るんだろうな、としか思えないわけで…

あ、でもよく考えたらさいたまワールドのEXでもロミジュリやってたから、シーズン最後の大会が日本で且つEXに出られる状態だった場合、割とそういうサービスをやってくれちゃう人なのかもですが。その意味では、競技プロ3つ目を滑れる状態でシーズン終えられたのは良かったなぁと思います。

何にせよ、こんなお得な経験は2度とないかもしれないので大変ご馳走様だったというほかありませんv


◆ちなみに今回の席は「へ」も4Lo〜3Aも正面で美味しかったし、周りは選手たちが客席アピールしても無反応で羽生くんのときだけ絶叫するような人たちだったので、極めて羽生くんファン向けのエリアでした。

全方向スケオタな自分には、対象が誰であろうと1人の選手にだけ騒いで後は基本的に静か、というエリアはプチ拷問のようでした(苦笑) 海外選手のアピールにも大歓声で応えてた北と東が、ひたすら羨ましかったです^^;

勿論スケオタでもジャッジサイド派は普通にいるし、何がいいか悪いかの話ではなく、単なる個人の好みとか向き不向きの話ね。

もともと南は客席とリンクが離れてて、しかも間にジャッジ席やらアナウンス席やらそこに座ってる人の頭(リンクに突き出してる)やら視界を大きく塞ぐ3台のカメラとかあって障害物越しに観てるような距離感があるから、スケオタの自分でもちょっと反応しづらかったというのはありました。

演技終了後の挨拶のとき、比較的正面に近いところで国旗振れたのは良かったかも(・∀・)


◆フィナーレの私的ハイライトは、何といってもペアとアイスダンスのパートナーチェンジだ~~~!‼︎

いまや定番となった男子のジャンプ大会よりも稀少度↑なので(今後同じメンツで同じ組み合わせが見れるとも思えないし)、あれこそ、あれこそ、映像で欲しかった…!(>o<)

「フィナーレ鑑賞は現地一択」を激しく再認識した出来事でした…ダンスやペア好きにとっては特に。

もっともっと、近くでガン見したかった。。。全日ショートサイドばかりもどうかと思い、チケ代ケチった自分を殴(以下略)


◆連日疲労して帰宅だったから十分な準備時間はとれなかったけど、それでもギリギリでパパシゼに手紙書けたー!

手紙といっても本当に簡単で、メッセージカードに毛が生えた程度の内容ですが、一応フランス語で書きました。

自分でもネットで色々調べましたが(仏スケ連のサイトやFacebookでスケート用語調べたり、探すと色々な言語でファンレター例文集というのもある)、弟がフランス語出来るので相談にのってもらったのですよね。メールで翻訳や添削してもらった分に、自分でアレンジした文を足したりしてみました。

後から考えると、英語でいうところの完了形に対応する副詞節を過去形にくっつけちゃったりしたので文法崩壊してそうなんですが(汗)、まぁ単語の並びから意図は汲み取ってもらえるのではないかと…期待します…(苦笑)

でも翻訳と例文の検証やアドバイス抜きでは、あの程度の短文であっても途方に暮れるところだったよ! ありがとう弟!(・∀・)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード