Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

PIW横浜楽公演・1

町田くん、絶品でした…っっ!

相変わらず姿勢はめちゃ綺麗、身体表現もどの一瞬を切り取っても美しく、本当に見入ってしまいました。。。衣装も神だったし、眼福眼福~~(TT)

話には聞いてましたが、マジでどのジャンプも助走なさすぎ!で、実際観るとため息モノでした。

あ〜もう2〜3回観たい… 正直、密度濃すぎて(繋ぎの多さとかそういう話ではない)自分が観たものをきちんと把握し切れてないように思います^^;

ちなみに町田くんの大ファンである久保ミツロウさんが楽日に来られていたらしく、その感激をしたためたツイが楽しかったですv

いかにも、漫画を描く女性(プロアマ問わず)が3次元の本命にK.O.されたときの典型的なリアクションという感じで、何というか、親近感が(笑)

「今年一番美しいものを観てしまい」……全力で同意。

町田くんのあのプロは、

彼はもう競技の縛りからは離れるべきスケーターだった

ということを、これ以上ないほど明確に証明したように思います(彼の意図がそうだったかどうかではなく、結果としてそうなってる、という意味ね)


◆昌磨くんはジャンプの調子がイマイチと聞いて心配していたのですが、楽公演はノーミスの良演技で嬉しかったです!(^▽^)


◆織田くんのベイダー卿、出だしはすごくカッコいいのに途中は何なのだろう^^;

日曜日のお父さん?(笑)

演技終了挨拶では四方にフォースを向けまくってて楽しかったです。ほーんの気持ち程度ではありますが、ヤラレたーって感じで顔反らせましたv

久々に猫足の3-3、堪能^.^

ほんとに芸域広そうで、これからのショーも楽しみです。

あああでもやっぱりリバダン観たい! でも次の【FaOI】はバトルもいるから、「愛の夢」かなぁ(いや勿論そっちも観たいけど!)


◆佐々木くんが久々に、氷上の人にーーー!

プリンスチームメンバーが押す車(の半かけ)に乗せられてリンク内をぐるぐる、客席にもニコニコアピールしまくり♪

公演を観に来てるという話は聞いてましたが、複数回観てるという隣席の方の話によると、氷上に引っ張り出される演出は初めてだったとか。ラッキー♪


◆楽ならではの演出は他にも。

理華ちゃんのゾンビのフィニッシュで…

詳しくは、織田くんのブログ『氷上のお殿様』の5/3の記事「PIW横浜公演最終日」をご覧下さい♪


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


演技の感想を全然網羅し切れてないんですが、先にふれあいの感想。他の演技感想は、また改めますm(_ _)m


◆ふれあいでは、無事昌麿くんにプレゼントとカードを渡すことが出来ました。シニア参戦への激励の言葉の後に「コンビネーションスピンが大好きです」と伝えたら、手を差し出して握手してくれました。

生昌麿くんのお顔を至近距離の真正面で拝んだのは、今回が初めて。大分面長で男らしくなってて、カッコ良かったです〜(´∀`)

そして彼は間違いなく「ありがとうございます」とか言って下さったハズなんですけど、顔に見惚れてたあまり何か記憶が定かでは無い自分、情けなさすぎるorz

自分では大分落ち着いてたつもりだったのですが、やっぱりお目当ての選手と直接やりとりするときって、どこかしらテンパるものなのね。。。いつもいつも「ああすれば良かった」とか「こう言えば良かった」とか、反省してばかりです↓


◆他には、相変わらずカッコ良かった♪小林くんに、会場調達のお花を。

やっぱり群舞で同じ動きしてても、目につくんですよねぇ。同じポーズでも、よりカッコ良いものになってる感じで。

私はスケーターを引き留めて撮影ポーズを取ってもらうことはこれまでもしたことはないのですが、小林くんはカメラを向けてるといつも頼まなくてもポーズを取って下さるので、毎回良い写真が撮れます。今回もどうもありがとうございました!

今まで声をかけさせていただくだけだったので、今回はお花を差し上げることが出来て良かったです。

本当はプリンスチーム宛にも何か差し上げたいと以前から思ってるのですが、チームが対象だと何贈っていいのかワカラナイ…^^;


◆素敵ファントム衣装の無良くんの「白手袋」と握手しました▽

やっぱりあの衣装はイイ…とりわけ、あの手袋には特別感がありますねぇ。

ああしまった、来季以降もヒラヒラフリフリの素敵シャツを採用してくれませんかと、言ってみれば良かった(笑)


◆全体的にまったりしていて温かく、特定のスケーターに対してだけ異様なほど盛り上がる大歓声もなく(それ自体は悪いことではないけど自分は苦手)、フィナーレの周回が終わってスケーターがカーテンの向こうに完全に消え去るまでフェンス際に殺到する人もいない。

客席の雰囲気が、私が常々「ふれあいタイム含めて、こんな感じだったら嬉しいなぁ」と思っている通りの、理想的な【PIW】でした。

ふれあいタイムが自分の知る範囲では比較的コンパクトに早めに流れるようになっていたのも(私の周囲には引き留めて長話をするような人はいなかったので、そのように感じました)、人気スケーターの方々の身体が冷えることを考えると、とても良かったなと。

こういうショーで自分のお目当てのスケーターさんを拝見出来るのは、すごく有難くて幸せです(´∀`)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード