Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FaOI 幕張楽公演

幕張行くの1年ぶりだったんで、ルートと時間を調べるとき入力する駅名を間違えてしまい、危うく全然違う駅(幕張ね。会場があるのは海浜幕張)に行くところだったわ^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今回の席は、ある程度予想してた通り群舞正面ショートサイドとは逆側のエリアーー端過ぎないけど、ステージとロングサイド中央の中間辺りでした。

スケーターは反対側のショートサイドに向かってアピールするし、この辺はちょうど加速して通過していくことが多いので、公演開始後からずっと東側が羨ましかったです。

ショーの最前列は座るとスケーターを観るときかなり視点が低くなるし、去年プレミア4列目で高さがあって観やすかったから次はまたプレミア狙いに戻そうかな~とか、ショーを楽しみつつもぼんやり考えてました。。。

がっ

そんなことは、最早どーでもいい。


昌磨くんの客席アピールがど真正面だった!!!


織田くんのプロが、今日だけリバダンだった!

フィナーレで織田くんとバトルが次々ポジション変えていく高速美ポジスピンの競演が、最前列の観客だけリンク際に立てたから&ほぼ目の前のエリアでやってたから、本当に大迫力で観れた!

スピン愛の自分、悶絶。

神よ……っっ!

私が一番欲しいものをお与え下さったことを、心から感謝いたします…!(;▽;)(T人T)(;▽;)

織田くんが最後のジャンプ大会で4T決めた後、その喜びの勢いでヘランジもやってくれたんですが、それもすぐ目の前でめちゃ嬉しかった〜ヽ( ´∀`)ノ(あれは正面から観れるとお得感がすごい)

私の席の前、看板だったんですよ。看板あったんじゃスケーターが客いじりにも来ることもないし、超アピールエリアのショートサイドも遠いしと思ってたのですが、昌磨くんが真正面に来た瞬間、そんな残念感は根こそぎ吹っ飛びました。

「間近で観る」ということと、「スケーターが顔を向けてる真正面から観る」というのは、これまで何度か経験しましたが 別 モ ノ です。

どんな良席エリアに座ろうと個々のアピールを「真正面から」観れる席は限定されるし、目が合うレベルになるとほぼ1人。席が選べない以上、それは本当に運です。今回私が一番真正面アピールを観てみたかったのは間違いなく昌磨くんだったので、私にとっては超当たり席だったのでした(´∀`)

ショーver.ドンファンでの観客への薔薇一輪渡しですら「タッチ&ゴー」とか言われてた昌磨くんなので(笑)今回もアイコンタクトという感じでは全然ありませんでしたが、正面から観れただけで満足▽ 今後再び経験出来るかどうかもわからないレア体験ですしね^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


2日目までと違うプロを滑ったのは、美姫ちゃん、織田くん、羽生くん。1日目と2日目は同じプロでTV放映もあったから、両方観れて良かったー(*^^*)


◆織田くんがとにかく素敵すぎて、もう涙出そうになってました…(/_;)

2プロとも良かった! 足元も濃いし、とにかく「魅せる」力がぐんぐん伸びてる感がすごいです。ダースベイダーと違ってコミカルパートが無い分、彼の今の技術と表現力、力強さと体のキレを存分に味わうことが出来て幸せでした。

もともと技術や表現の幅という点では申し分の無いスケーターだったし(本当に良プロだらけ)、競技プロの縛りがなくなったことで、彼の才能が今最高に花開いてるように思います。試合の大舞台での強さや俺様or王者オーラ、ラスボス感みたいなものは無いかもしれないけど、上質なエンターテイナーとしての要素はありまくりですよね。

あああこの後の【FaOI】は遠征必至で全部行けないから、やっぱり【PIW】東京公演行こうかなぁ…「愛の夢」も生で観たい。やってくれるかな。

しかし本当にいつ練習してるんだよ! 凄すぎだよ、来年こそ【MWO】獲ってくれよ!(笑)


◆ジェフのノリノリ演技、素敵だったー

羽生くんより小顔なのに、ぱかーんと開く大きな口(及びその中から覗く白い歯)が印象的でした♪

持って行ったカナダ国旗は、隣席の方が一緒に持って振って下さいました^^(ちなみにその方は生で観るのが初めての羽生くんファンの奥様で、スーパープレミア席は筋金入りの真央ちゃんファンであるお嬢さんからのプレゼントだったのだそうです)


◆ランビは相変わらず、ため息が出るようなアーティスティックな演技。ネッスンドルマの〆のコンビネーションスピンは、現役時代を思い出させるキレがありました。あんなスピンは久々に観た…というか、生では初めて観たかもしれない。

(カナダ国旗持って下さったのとは反対側の)隣席のスケオタさんなんて、感極まりすぎたのか、次のスケーターの演技が始まる頃までずっとすすり泣いてました。でも気持ちわかるー


◆昌磨くんは【PIW】に続き、またも私の行った楽公演だけノーミス。3日目で調子も上がって来たのか、TVで観たよりも良かった。シニアの試合が始まるのはジュニアよりずっと遅いので、【FaOI】が終わったらしっかり準備出来ますように。

真正面アピール観て思ったのは、まだ遠慮があるというか控えめだなーと。表情はカッコ良かったのですが、ここに更に「僕を見て!」「俺を見ろ!」なオーラが加わわってくれることを、個人的にはひたすら願ってます(笑) 早い話が、客席とのコンタクトはとにかく自信を持って頑張れ!てことですが。 昌磨くんなら、すごい武器になるよ!


◆新葉ちゃんは現地で観てもやっぱり、「すげーすげー」でした。大物まみれのショーでも堂々と彼女の武器を極めて正しく存分に活用していて、何度も繰り返してることだけど、来季もその先も楽しみでならない。


◆にしても、トリノ五輪男子最終G5人て、壮観以外のなにものでもない。トリノで男子オタに目覚めた自分は、彼らをよく知ってるとはとても言えないにも関わらず、やはりこの世代には思い入れがあるのでした。

羽生くんはこのメンツの中に入ると「大人の色気を意識した」とか言われても、やはりどーしても初々しい印象の方が勝ってしまうv 若くて元気いっぱいだね〜♪的な。(競技プロは王者の貫禄ありまくりだけど、ショープロだしね)

もともと(外見的には)フケた雰囲気は無いので、単にただただ実際に若いから、というだけの話ですけども。

久々のドアーズも楽しかったけど、思ってたよりコラボの「ビリーブ」が見応えありました。衣装の色も綺麗だったし(オレンジがすごく新鮮!)、動きが大きくて綺麗なのが良かったー こういう動きを是非FSで(略)


◆アクロバットのペアは相変わらずすごいな~

やってる技はいつも同じものが多いけど、あれを常にきちんと出来るよう維持し続けるのは大変なことだと思います。今後も長く観られるといいなぁ。


◆チェスナ夫妻のエアリアルは目の前で堪能しました。奥さんが産後だったからかな? 初めて観た福井のときよりおとなしめに思えたけど、こちらも長く観たい演目なので、お体大事になさりつつ頑張っていただければと思います。


◆コラボの歌と選曲は良かったです。(自分は知らない曲が多かったけど^^;) シェネルさんの声いい。

特に久保田利伸のカバーの「Missing You」、好きな曲なので嬉しかった(´∀`)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ともあれ、五輪や世界の大舞台で台乗りした人だらけ(唯一してない(泣)人も現役トックラスに迫る技術と表現力で絶賛進化中)で、本当に贅沢なショー。

眼福としかいいようのない素敵時間、夢空間でした!(* ̄▽ ̄*)

ロロと、(織田くんと並ぶ世界3大勿体無いスケーター枠2人目の)トマシュが加わる神戸も観たかったなぁ… あと3箇所続く【FaOI】、他の公演に行く皆さんも是非幸せになって下さい▽


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。