Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい趣味▽

レソト

コモロ

ガボン

カーボベルデ

セントビンセント・グレナディーン


↑これ、何だかわかりますか?


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


しばらく前から、iPadアプリで遊ぶのにハマってました。

キッカケは語学のリスニングの練習だったのですが、姪っ子が遊びに来たときに彼女が面白がりそうなクイズアプリを探す過程で、「国旗当てクイズ」というのを見つけました。

以前から私は、世界中の国旗の国名がわかる人に憧れていました。単純に自分の住んでる世界のことを把握したいという欲求もありますが、もっと実用的な需要もありまして。

こちらにしばしばいらしていただいている方はご存じの通り、私は五輪とサッカーのW杯が大好きです。フィギュアスケートも世界中の選手が好きです。で、それらのイベントのTV放映やネット上にある出場者リストなどを見る際、選手名やチームを表示する部分には国旗マークが表示されることも多いですよね。

画面を観ても選手や国がわからない場合、あのマーク見ただけで国名がわかったらすごく便利だよな〜〜…といつもいつもいつも思っていたのです。特に気に入る演技やパフォーマンスをした選手がいると、後から調べやすいように所属国も知りたいなと。

そんなワケで、国旗当てアプリに姪っ子が帰った後もすっかりハマっちゃいまして(笑)

1週間くらいで、そのアプリが扱っている国(8カ国?ほど足りないけど、多分国連加盟国)は全て網羅することが出来ました(・∀・)

これで出場選手一覧や出場国一覧を、国旗見ただけで識別出来る〜〜♪♪♪

今はそのアプリが網羅していない国連非加盟国や非独立国・地域名(○○領〜□□諸島みたいなの)のフラッグも覚えるため、iPadアプリではなくこちらで訓練中。

冒頭の4つの名前はいずれも国名ですが、私はどれも知らなかったです;; ちなみに国旗の国名を覚える上で何が一番難しかったかといえば、「聞き覚えのない国や地域名の名前自体を覚えること」でした^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


最初にやっていたiPadアプリのクイズは、国旗が表示されて四択の中から選ぶスタイルでした。一度に同じ地域の数カ国分が出題されるクイズがまずは36種類あり、一通り覚えたら世界の全地域の国旗がランダムに出題される「チャレンジモード」に入ります。

このチャレンジモードは10題ことの区切りで1ラウンドとなっており、正解し続ける限り(正確には、多少間違えてもタイムアウト内に正答を続けることが出来る限り)何ラウンドでも続くようです。なので完全に記憶出来てる状態でトライすると、疲れて集中力が途切れるか正解を押し間違うヒューマンエラーが発生するまで延々と続ける羽目になります^^;

最初は2ラウンド行くのも怪しかったのですが、段々10ラウンドくらいは行くようになりました。結果はどういう基準で計算されてるか不明なんですがスコアとして表示され、1ラウンド程度でもたついてると「素人」、10ラウンドくらい行くと「名人」になります。

最初10ラウンド正答するのも大変だったのでその辺(「名人」)で終わりなのかなと思ってました。でも実際は前述の通り。ラウンドが進むにつれ、「名人」の次に「鉄人」が現れました。

その後更にラウンドを先に進めると、今度は「超人」に。

これ、「名人」の称号が安っぽすぎませんか???

面白かったので「超人」の先があるなら知りたいと思い、遂に数十ラウンドつまり数百問連続正解を続けた結果。

得た称号は


変 人


でした。

・・・・・何故、数百問連続正解を続けるという努力の果てにこんな称号をもらわねばならんのか。

しかし、ショックはこれだけではなかったのです。

いい加減称号も打ち止めかなと思いつつ、それでも尚「変人」の先はあるのかと挑戦を続け、遂に100ラウンド1000問超えを達成。心地よい疲労感と達成感を胸に、スコアを確認したところ。

スコア表示の最大桁数を超えてしまい、数字はリセット。超過した分は0からカウントされ、


私の称号は「 素 人 」になってました


それを機にこのアプリでの挑戦を止めたのは、言うまでもありません^^;


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


大分前から書こうと思ってたネタですが、今このタイミングで急いでUPしたのは、勿論サッカー女子W杯が開幕したからです!(^▽^)

国旗表記の対戦表見て、国名がわかる〜〜嬉しいvvv

これでフィギュアスケートのJGPS(ジュニアグランプリシリーズ)を観ても、国旗マークだけでどこの国かわかるぞ♪(JGPSはシニアと違って出場者数が多いことに加え、選手1人1人の露出もまだとても少ないため、知らない選手だらけなのです)

ちなみにiPadアプリで始めたとき、ラトビアは一発で覚えたよ!(・∀・)

目下、上述したリンク先の国旗当てクイズに登場する235の国と地域名を、選択肢の中から選ぶのではなく国旗を見ただけで国名・地域名が答えられるように頑張ってます。これ、数日空けるといくつか怪しくなってくる国旗があるので、今のところ連日100〜200問は復習するようにしています;;

そして、そこまでやって何が出来るようになるかというと。

・・・

国旗当てクイズが出来るようになります^^;(他に浮かばなかった(呆然))


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。