Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

DOI 楽公演

行って来ました。座席位置にも恵まれ、すっごい楽しかった~~~♪(^O^)

以下、順不同で感想。全員分網羅出来てなくて申し訳ありません。ついでに、書いてる途中で『キリトルTV』が始まってしまったのでUPが遅れました…


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆佐藤くん、2日目までのレポを読んで期待度MAXで待っていたのですが、期待以上だったわ…

もう面白すぎて、目の端から涙出て来ちゃったよ!( ;∀;)

でもネタどころか、エンターテインメントとしてしっかり見応えのある作品になってます。

楽しくて面白くて見応えがあって、

これぞエキシビションナンバー!

という感じ。

入れ替わり立ち替わり、他の出演スケーターたちが彼の本番演技を覗きに来ていたというのがすごくよくわかりました。

私もコレ、一番最初に語らずにはいられなかったです^^; 佐藤くんに注目しているスケオタ仲間には、是非とも生で観ていただきたかった。


◆ジュニア組では星南くんと祐奈ちゃんがキレキレでした。星南くん、ミスはあったけどジャンプやキャメルスピンのポジションがすごく綺麗~~ついでに羽生くんの旧ロミジュリみたいな衣装も綺麗~♪

そして祐奈ちゃん、セカンド3Loご馳走様でした(^q^) ジュニア組で総スタオベだったのは彼女だけかな?


◆理華ちゃんの「キダム」は、過去の【DOI】で最初に新プロを観たときの印象と似た感じ。プロが似てるんじゃなくて、「これから相当ブラッシュアップしてくれそうだな」という印象のことです。

悪くないけど、もっと良くなる!というイメージとでも言えばいいのだろうか。

実際、シーズン始まってからの「カルメン」は【DOI】で観たときと比べて見違えるように進化していったので^^


◆知子ちゃんがすごくハッキリ表情作るようになってたー!

遠目からでもハッキリ笑顔がわかったよ! 全日本女王とワールド銀で自信つけて、より一生懸命練習したんだろうなぁ( ;∀;)


◆シニアデビュー組・昌磨くんと優香ちゃんの演技はどちらもノーミスで見応えありました。

特に、優香ちゃんは力強くてかなりの迫力。佐藤くんの衝撃の後で、観客を一気に自分の世界に引き込む吸引力が素晴らしかったです。


◆小塚くんのファルーカ、色気あって素敵素敵ー(T▽T)

オープニングで他の男子がみんなジャンプを跳ぶ中、小塚くんだけはステップ&イーグル。いいよ、それをぶつけてくる価値は十分すぎるほどにあるよ。


◆無良くんはオトナで男らしいイケメンを正しく使っていて、イイヨイイヨ。

しかし「黒い瞳」はやっぱりステップが鬼になる曲ね~ 4分半を狂気の沙汰のごとく猛スピードで動き回るアイスダンサーが振り付けた、というのもあるのでしょうがv


◆昌麿くんはまたしても楽公演だけ?ノーミスキレキレ演技で、 いつも楽しか行けない私は大変有難い^^♪♪♪

最初に3A2本、そして3本目!に4T決めやがりましたv フィナーレの4Tも余裕のクリーンで、何かとにかくカッコ良かったです。

襟回りは写真で見たときはちょっと微妙かと思ったけど、実際に動いてるところ観る分にはそんなに気にならなくて、赤い上衣の素材の煌びやかさの方が印象に残りました。


◆羽生くん、これは……ッ

4シーズンぶりに、FSに私好みのステップ来るーーー???

(FSでは)久々に好みのヨカンがするんだけど(;・∀・)ドキドキ 願わくばこのステップの勢いを試合でも…!(>人<)

ショパンのバラ1のステップが迫力あって好きだったのですが、それを更に荒ぶり系にした感じ?

シェイリーンと2人で能の動き研究したとか、すごくイイと思いました。期待。


◆町田くんはとにかくもう美しくて、体のラインといいその見せ方といい、違う生き物が混ざってるようでした。動きの種類がとにかく違う。

町田くん以外全て現役選手だったということも、彼が別の地平に向かったのだということを際立たせていたように思います。

今回の出演スケーターで敢えて似た人を探すなら、悠子ちゃんだな。


◆川スミも美しかったー(* ̄▽ ̄*) EXも相変わらず多彩なリフト入れてて、しかも悠子ちゃんのポーズがいちいち美しくて

パントンの系統はユージンが受け継いでくれそうだと個人的には思ってるけど、川スミ引退したら(バレエとかの)舞台芸術を思わせる演技をしてくれるペアがいなくなるのがサミシイです(;;)

悠子ちゃんの芸術性を引き継いでくれそうなペアはいないのかー


◆デュハラド(まだこの名字で呼んでいいのだろうか>メーガン(笑))の演技の印象は、目の前で観たリフト中のメーガンの背筋のものすごさに全部もってかれた気がする^^;


◆フィナーレ後のジャンプ大会、無良くんと羽生くんが最後にチャレンジしてたのが4Aだと帰宅してレポ読むまで気づきませんでした…orz

何で3A繰り返しやってるんだろ???と。

羽生くんが盛大にコケた時点で気づくべきだった… アタマが片鱗も想定してないことだと、目の前で見ても気づかないものなのね;;

そういえば、羽生くんは私の席エリアの斜め下辺りで跳んでたのでよくわからなかったのですが、真ん中で跳んでいた無良くんはものすごーく高く跳び上がってたっけなぁ。

しかし4Loへの挑戦が続いたと思ったら、もうそこまで行きやがりますか…

ジュニア女子も昨季までノービスだった男子も、ショーでセカンドトリプル跳びまくるし、シニア男子はショープロに3Aや4T入れるだけじゃ足りなくて、最後は4Aまで跳びやがる…

ジャンプ厨の国・日本、恐ろしい子…!


◆アンコールも終わり、今度こそみ~んなカーテンの向こうにはけていく…というとき、羽生くんが最後まで残ってまた少し前に出て来て、観客の注目を集めて静かにしてもらうよう?身振りで促しました。

何をするのか、まだ跳ぶつもりなのか?^^;と思いながら観ていると、両手でメガホン作って思いっきり声張り上げて

「ありがとうございましたー!」

真反対の南アリーナにもしっかり届いたよ! 3日間お疲れ様、楽しませてくれてこちらこそありがとうです、スケーターの皆様(^^)/


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今回、自分の席は予想通りのエリアだったけど、その中では最も理想的なエリアでした!(´∀`)

私、ショートサイドは絶対端寄り派なんですよ。真ん中だと自分の最大のお目当てでもあるストレートラインステップが寸詰まりにしか見えないし、端の方がジャンプ目の前だし。

そしたら、リンクに程良い近さで且つ演技が(そのエリアでは)もっとも観やすい高さの、演技正面側の端寄り席が来ました♪♪♪

おかげで演技が立体的に観れたし、選手の表情もよく見えたし、丁度羽生くんがジャンプ大会でクワド跳ぶエリアだったので、目の前であの迫力のぎゅるぎゅる4回転が何度も観れて、本当に自分的には馳走様な美味しい席でした(^q^)

何か今年に入ってからチケ運がやたらいいわ…どれも場所は選べなかったのに、こんなに自分が望む通りの席位置に次々当たるなんて、いまだかつて経験がありません。

この先反動が来たらどうしよう~~とちょっと(いやかなり)怖かったりします;; 良運が続いているうちに、誰か他人様のチケットのために何らかの尽力をして功徳を積まなくては…ッ(汗)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


最後に【DOI】バックヤードネタおまけ

うっかり見逃してたけど、宮本さんのブログの「壁ドン2」---vvv

織田くんたちの壁ドンは何かちょっと腰が引けてたり間が抜けた感もあって微笑ましかったけど、こっちはかなり私のイメージ通りの壁ドンに近いわ(笑)

というか、

すげー迫力です皇帝^^;

宮本さんの脅え方は、女の子に入れ替えるとかなり少女漫画のそれっぽくなる気もする。

でもこのままだと宮本さんの言うような「怒られてるみたい」というよりは、やっぱり、カツアゲとか脅迫に見えてしまう。。。

皇帝パネェ。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード