Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ

「トゥーランドット」のリピが止まりません(^q^)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆国際大会優先派の私が今季の全日本に行きたい理由は、以前も書いた通り「昌磨くんと10代女子(特にジュニア上位陣)が観たい」なんですが。

最近知った話で、もう1つ理由が増えました。

引退したと思ってた山田耕新くんがメガバンクに就職した後も現役を続行していて、全日本で観られるかもしれないということ。

2012年の札幌全日本で耕新くんの指揮者プロを観たとき、好みのプロだなーと思っていたんですよね。2013年のたまアリ全日本では、長丁場のためどうしてもどこかでトイレの後に食事休憩を入れなければならず、滑走順をちゃんと確認していなかったせいで現役最後と聞いていた彼の演技を観られなかったのがすごく心残りでした。

もしまた山田くんが観れるなら観たい~~~


◆あーん、今更だけどスケアメものすごく行きたいよう。

一番の目的は勿論「昌磨くんを応援しに行きたい!」だけど、それ以外にも、知らない間に最初ロステレ1枠だったシニカツが2枠目もらってるじゃん!!! シニカツとヤノモズなんて、私が今季生で観たいダンスカップルの筆頭じゃん!

ブラウンも観たいし、美悠ちゃんもものすごく応援しに行きたいし、知子ちゃんとリプもいるし(><)

もしリッキーがスケアメにINしていたら、NHK杯なんかよりはるかに簡単にチケットが取れるスケアメを必死で検討してたかもしれないのに。・゚・(ノД`)・゚・。

…と書きつつも、ミルウォーキーまでのフライトやホテルや現地パッケージを調べてしまった自分がイル……って、まだフツーに前方席取れるじゃないですかあああああ…行きたい行きたい行きたいぃぃぃぃぃ

やっぱり、年末の全日本は這ってでも行くべきか。。。
スケアメもエリックも全日本も行かずに出向いたボストンで昌磨くんが観れなかったら、精神的ダメージはお目当て全滅で男子チケを放出しようかとまで思い詰めた(でも最前列だったので思い止まった^^;)昨季ワールドを上回りかねないのでorz


◆FSはUSクラシックから立て直してきたみたいですが、SPの方はどうなのかなー ジャンプが跳べなくて50点台だったワケじゃないから極端に心配してるワケじゃないんですが、本人曰くかなり難しいっぽいしスケアメの仕上がりはどうかなとドキドキします。序盤のGPSくらいならSPで多少出遅れても台乗りの可能性は残るかもしれないけど、やっぱりノーミスなら何点出るのか是非見てみたい。

彼の場合何より、「クワドの抜け方がトリプルなのかダブルなのか判別しづらい」というのが怖いんですよね;; 抜ける人は大抵1回転か2回転になってるのに、昌磨くんは見た目にかなりややこしいほどけ方するから… どうか大一番の特にSPでは、あのほどけ方は絶対に絶対に絶対に発生しませんように(-人-;)


◆昌磨くんのGPSの目標~守らないで攻めていく~には、とてもワクワクしました(´∀`) 大崩れしない限り、彼の攻めの姿勢は評価に繋がると信じてます。「前半で倒れてもいいくらいの意識でいかないと」というのも大いに支持したいのですが、シニアの日本男子でそれやると、シーズン後半まで維持出来るかちょっと心配でもありますが…

GPFも行けるものなら勿論行って欲しいけど、あれ行った組はみんな全日本で疲労ピークになってるので、シニア初シーズンでもあることを考えると応援する側としてはちょっと複雑^^;

【JO】では、「自分の気持ちに火をつけるようないい演技がしたかった」そうですが、その目標は完璧に達成されましたね。自身だけでなく、観客にも火をつけたよ! 私なんか、今からスケアメに行けないかどうか本気で調べちゃったよ!

あと「ふたつ目の4回転を後半に入れたというだけで、難しくしたという意識はないです」って、いやそれ絶対おかしいから! いくら3Aを2本とも前半に持ってきたからといって(実際それがちゃんと入るだけでも十分すごい)、1種2クワドでこんな構成にする人普通いないから!(笑)

日本の次代を担う若手が正しく変態で嬉しい限り。構成自体ツボなんだけど、こういう攻め方ってすごく「若くて強い挑戦者」らしさがあってそこもツボです▽

そしていつか3Aの1本が後半の3A-1Lo-3Fになる日を、ひそかに夢見てる私なのでした(-人-)(←希少種コンボ厨)


◆でもTV映像で「トゥーランドット」をリピする度に、「日本の阿修羅が2人になりそう(´・ω・`)」と思ってるのは私だけでしょうか。つかぶっちゃけ、表情によっては羽生くんより怖い^^;

SPは表現の幅を広げるために新しいジャンルになってるようですが、表情に関してはこれまでとテイスト変わらないですよね。

昌磨くんが怖い顔をしないプロを滑る日は、果たして来るんだろうか… カッコいいプロの方が好きだけど、いつかは表情面でも違うテイストのプロを観てみたいです。

ハビと足して2で割(以下略)

いやコミカルテイストが観たいワケじゃなくて(笑)

たとえば女性を優しく見つめるような感じとか、静かに切なさを出す感じとか、誘惑するような感じとか… まだ今は必要ないかもだけど、いつか、ね。高橋くんに憧れてるなら、尚更是非に。

いつかカメレンゴさん振付のプロ観てみたいなぁ…( ̄・ ̄)トオイメ


◆自分はかなり好き勝手なことして生きてきたから、いつ人生に終わりが来てもそう未練は無いんだけども。

【JO】や国別の日本チームの応援席に、いつか昌磨くん&草太くんや、高志郎くん&星南くんが座るところが観られるのかもしれない…と思うと、長生きしたいなと思ったりはする(笑)


◆以前、「わたしのりそうのじゃぱんおーぷん」というのを書いたことがありますが。

誰でもいいと書いてた日本男子は、今なら昌磨くんと織田くんだな~ まぁもう日本チームに引退スケーターが入ることはないんだろうけど。

織田くん引退前なら、国別か【JO】で織田くんと羽生くんの組み合わせが見たかったですねぇ。それぞれの興行の性質上、絶対ムリだったのはわかってるのですが…


◆【JO】男子、もうちょっと。

ハビは全体的に良い成熟感がありましたね。400レベルから観た印象は、本人比で比較的いい演技のときと特に変わりない(見慣れた感のあるコミカルプロだったし)感じでしたが、TV映像で観るとつなぎの濃さとその軽やかさに「ほほぉぉぉ~~~ぅ(・o・)」となりました。

「必死でつなぎこなしてます」感がなくて、大人っぽくて洒脱でヨイです。出来ればコミカルプロ以外ももっと見せて欲しいのですが…本人がこーいうのじゃないとダメなんだとしたら、仕方ないのかなぁ。昨季の「セビリア」とか、もうちょっと忙しなさをなくしてプログラムとしてスマートな完成形を観たかった。

アボの3A-1Lo-3Sにちょっと燃えたv

村上くん、4S2本お見事でしたー 何とかセカンドトリプルが入るといいんだけどなぁ。3クワドにする前に、後半死なないように頑張ってくれ^^;

ジュベ、【CaOI】の方は総スタオベだったのか~~~観たかった。


◆テレ東やBSジャパンの【JO】放送が以前のフジ並みに酷かった(´・ω・`)

地上波はある程度諦めてるけど、BSまであんななるとは思わなかったです。しばらく前は余計なことしないいい放送してたと思うのに、なんでこうなった…

あと試合後の情報番組やニュース番組で、【JO】のフザケた点数を「歴代5位相当」とか「ソチ五輪の点数に迫る」とか、視聴者に著しく誤った認識をもたせるようなことするのは本当にやめて欲しい。ただでさえ、こういう番組は観ていてもフィギュアの試合では1人1人チェックしたりはしない層との間で、あまりにもフィギュアスケート界や選手の実情に関する共通認識がなさすぎて最早会話すること自体が困難になってるんだからorz

特定の人気選手ばかりクローズアップするだけなら、一般層呼び込みのためのビジネス上の必然として納得出来ます。でも前者はそういうのよりタチが悪い。

たとえば、サッカーの親善試合の結果をW杯での結果と同列に語る人なんかいないよね???

アルゼンチンはいつもドイツに親善試合で勝ってるからW杯でも勝てるハズなのに、いつも負けるのはきっとイカサマだ不正だ!なんて言う人、絶対いないよね???

そのくらいアホな発想を植え付ける一因になってたら、それはもうスポーツ報道というよりは、ただ「商品」を売りたいだけの番宣や広告CMの領域だと思います…まぁ実質的にはそうなんでしょうけども…

スポーツなんだから、普通に「スポーツとしての報道」が観たいよなぁ…

そもそもフィギュアに限らず五輪前にメダル候補として挙げられる選手のうち、本当にメダル候補といえそうなのは素人の私が見ても1~3割いるかいないかって感じだし、大体その通りの結果になってると思うのですよね。

お茶の間層が「何だメダル候補だっていうから見たのに、全然ダメじゃん」みたいに言う度に、「それ別に選手が悪いんじゃないよ…」と選手が気の毒になってしまう。


◆しばらく前の話。

「フィギュアスケートLife vol.2」(今出てる最新号の1つ前)を発売日よりかなり前に予約したことを完全に忘れていて、発売日直前になってもう1回注文してしまい、時間差で2冊家に届いたとき初めて↑に気づきましたorz

誰かにあげようかと思ったけど、手渡しするには重いし、わざわざ送料かけて送るのもアレだしで、資料や切り抜き用に所蔵することにしました(苦笑)

今フィギュア雑誌が溢れすぎてて全部羽生くん1人の同じような表紙ばかりで見分けがつかないので買う気が失せまくってるのですが、「Life」はフィギュアスケート界全体に関する広くて深い記事の比率が多いので毎回買ってます。最新号のvol.3は発売前に注文したつもりだったのがいつまで経っても届かないから確認してみたところ、カートに入れてただけだったorz すぐに注文しました…

多分どの雑誌にも昌磨くんの記事は載ってると思われるため、チェックするのが億劫過ぎて全然手を出してなかったのですが。。。昌磨くんファンの方のFacebookで紹介されていたものの中から、自分的に良さげに見えたものをAmazonで注文してみました。

どんなに好きな選手の情報でも、溢れかえりすぎてると「無料の記事や映像だけでいいや」になってしまうなぁ自分は。昌磨くんの露出度でも、もう既に挫折してるし^^;

「羽生くんはいつになったらピン表紙になってくれるのかしら」「いつになったら羽生くんの記事の比率が増えるのかしら」と思ってた頃が、とてもとてもとても!懐かしいです(笑) あの頃は、「五輪で結果さえ出せたら、彼は絶対に超絶人気のスーパースターになると思うんだけどなぁ」とものすごーくもどかしく思ってたんですよね(だってバンクーバー五輪代表の3強に勝って全日本王者になっても、お茶の間一般層の口からは名前出て来なかったし)

結局自分は、そういう段階にいるときの選手が特に好きなんだろうな~

にしても、男子選手がジュニア王者であることをこれだけ連呼されながらシニアデビューをアピールされるなんて、羽生くんがシニアに上がった当時はまだ考えられなかったですよね。(今年のフジの四大陸の煽りはバカかと思ったけど) それどころか、羽生くんがジュニア無双した年の全日本のFSを放送用カメラに納めないという大失態までやってのけてくれたし。

情報が氾濫してると食傷気味にはなることはありますが、一方で上記のような愚行もなくなるし、『フィギュアスケートTV』のような神番組も誕生するし、スケオタ的に有難い時代なのは確かかなと思います。(一部チケットの取りづらさを除けば…)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。