Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昌磨くんが

4Tコケても回転不足になっても

86点も出したーーーーーー!( ;∀;)

コレ、私個人にとってはすっごい嬉しい衝撃でした…!

そしてそしてやっと、待ちに待ったオールレベル4▽▽▽

転倒以外はキレキレだった! 素敵だった!

得点を見た瞬間、もうこの日の私の幸せメーターは、昌磨くん以外には上乗せ更新不可な上限値まで振り切れたよ!

昌磨くんは4T転倒直後は「やっちゃった、テヘ」みたいな笑顔で、キスクラで得点待ちをしてる間中も何がそんなに楽しいのかと聞きたくなるくらい、終始楽しそうに顔綻ばせながら美穂子先生と喋ってました。

勝手な想像ですが、4T以外は自分で納得出来る出来だったのでは?

演技の進化や選手の成長を目の当たりに出来るのは、嬉しい嬉しい嬉しいぃ〜〜( ´ ▽ ` )

贔屓選手がSPで転倒とURをやらかしてもこんな幸せな気分になれるなんて、いまだかつて想像したこともなかったです▽

彼のシニアのA級試合を初めて観に来たけど、来て良かった、良かったよおおおお。・゜・(ノД`)・゜・。

宿泊先のホテルの玄関で知り合いを待ってたら、オフィホに帰る昌磨くんが目の前を通り過ぎて行ったのもプチラッキーでしたv

そして、何気に表彰台射程圏内にいることに興奮を禁じ得ません…!


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


私が最後に本命選手が出てるA級大会を生観戦したのは、もう1年と9ヶ月も前。

すごく久しぶりすぎる緊張をコントロールするのは、なかなか難しかったです;;;

ペアの途中頃から吐きそうになり、整氷中にトイレに行った後も(実際に吐いたワケではありません念のため^^;)グッタリした胃腸を抱えながら席に戻りました。2人前のPさんは足元に釘付けになれたので気が紛れましたが、1人前のボーヤンが出て来る頃には「あああもう次だ次来てしまう(@@)」みたいな。

(注:選手の演技はちゃんと観てます。あくまでそれと同時進行で私個人の体内で起こっていた事柄の話ね(苦笑))

ボーヤンが終わる頃には逆に肝が据わったのか、かなり落ち着いちゃってたのも謎な話ですが。

ちなみに後に続いた羽生くんとハビの演技は、もう完全に脳内こんな状態→d( ̄▽ ̄)bで観てました(出来上がって上機嫌の酔っ払いのような……)

ハビはジャンプがちょっと残念だったけど、2人とも素敵でしたね〜♪

個人的に、とてもとてもいい夜でした( ̄▽ ̄)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。