Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ (って1人の話しかしてない(笑))

バンケの会場で岳斗さんに早く練習がしたいとか言ってたらしい昌磨くん。

昔、16歳で迎えたバルセロナ五輪で準優勝した柔ちゃんが「今何がしたいですか?」と女子アナに聞かれて、即座に「練習がしたい」と答えたエピソードを思い出しました。

女子アナは「え、試合が終わったばかりなのに?」と驚いてましたが、それを見ていた私は「練習がしたい」以外の答えを想定していた女子アナの方にビックリしました。

まだ十分過ぎるほど若くて且つ世界トップクラスの実力を持った選手が、あと一歩のところで五輪の金メダルを逃したのです。

沢山の時間と漲る若さも体力もある選手が、初めて経験する最高峰の舞台の興奮と自分より上がいる悔しさに直面し、次こそ勝ってやる、という闘志で頭がいっぱいになるのはあまりにも当たり前に思えました。私には他の答えは全く想像出来なかったです。

今回「自分の満足のいく演技をして笑顔で帰りたい」と言っていた昌磨くんが、その通りのことが出来たにもかかわらず早々にインタでの笑顔を店じまいしたのも、先に行くための課題しか頭になくなったからだろうな~と勝手に思いながら見てました。

勿論今回得た自信はしっかり土台に据えたでしょうが、自分が立った場所とそれより上にいる人たちとの差を目の当たりにして、今やるべきことがまた新たに鮮明に色々見えて来ていてもたってもいられない、みたいな感じなのかな、と。

そこに辿り着くまでは「とりあえずここが目標」「それさえ出来ればいい」と思っていても、いざ達成してしまったらもう満足よりも「次の段階に進みたい」という意欲の方が勝るんだと思います。ほんの数ヶ月前に「ファイナルは無理」「行けたとしても今の僕の実力では行っただけになってしまう」なんて言ってた少年は、もうどこにもいなんだろうな~と思うと感慨深い^.^

昌磨くんは、まだ3Aすら跳べなかった頃、五輪シーズンのあの緊張感MAXの全日本でFSの最終滑走Gに残っています。彼は大舞台で格上の選手たちに混ざって滑ることには免疫があるから、GPFでも必要以上に呑まれることはないだろうと期待していました。

また彼は五輪選考時の全日本を振り返って、みんなクワドを跳んでいるのに自分だけ3Aも跳べなくて恥ずかしかった、と語っています。そしてその翌シーズンにクワドと3Aを両方装備してきました。

若くて才能もエネルギーも溢れてる選手たちにとって、今の自分よりもっと強い先達の中に放り込まれることは何よりの栄養源なのだと思います。ボーヤンもレベルの高い選手たちに刺激を受け「ここ(ファイナル)に来て本当に良かった」とコメントしているし、ファイナルが彼らの進化の糧になったことは間違いないでしょう。

今回のファイナルは、猛禽類の若鳥が力強く飛び立つ瞬間を見る想いでした。

この先昌磨くんがもっと強くなったとしても、そんな瞬間を見れるのは今季しかない。自分の最も好きな瞬間を見れるのは今季しかない。

それが、ニースワールドに間に合わなかった私が無理をしてでもバルセロナに行った理由です。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


GPF遠征でレッスンを休んだため、ピアノの先生に2週間ぶりに再会。

羽生くんの世界記録更新のSPの話題の後、

「でも昌磨くんが表彰台射程圏内にいたので、私はもうそれどころじゃなかったです^^;」

と話題を振った途端、昌磨くんのFSについてこう言われました。

「あれ、もうちょっと点もらえないんですか?(´・ω・`)」

いやいやいや、昌磨くんは十分点もらってますから!(笑)

あの大会はインフレしてたので、むしろ出過ぎなくらいもらってますよ、と説明したら

「そうですか…(ファンの)欲目でもっと点欲しいと思ってしまう(^^;)」

先生の方が、ジャッジより更にヒャッハーしてたもよう(笑)


ちなみに帰国後にクラフト関連の講習に行って来たのですが、午前と午後の担当の先生がいずれも昌磨くん推しで嬉しかったです♪

お一方はもともと私が昌磨くんファンなのを知っていてご自身もお気に入りでいらっしゃるという方なのですが、もうお一方は私が誰のファンかは知らずバルセロナGPFに行ったという話題が出ただけの時点で即「私、宇野くん推しなんです(・∀・)」とおっしゃられていたので、ほんとにお好きなんだと思います▽


それから、バルセロナの宿泊ホテルで隣室だった日本人女性が偶然にも昌磨くんファンの方でした。

今まで昌磨くん「も」好きというスケオタさんにしか会ったことがなかったので、昌磨くんファンと知るなり、思わず駆けよって廊下で話し込んでしまった私です^^; スケアメにもエリボンにも行かれたそうで、羨ましかったなぁ~


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


昌磨くんはシーズン前半だけでみるなら、今の構成と内容で辿り着き得る最高「順位」(あくまで順位の話ね)には既に到達したワケで。この先を目指すなら、2種目のクワドや濃いつなぎが必要になってくるでしょうが、どちらも現在の演技のクオリティを落とさずに両立させるのは至難の業なんだろうなぁ。。。現状きっちり両立させてると言えるのが、ほんとに今回昌磨くんの上にいた2人くらいだもんね。

彼はA級試合では博打の構成はやらないタイプに見えるので(シニア最終シーズンJGPSでの3Aは博打でも入れざるを得なかったと思うけど)、いつ頃構成に2種目が入れられるのかは読めませんねぇ。羽生くんが転んでも転んでも4Sを入れ続けることが出来たのは他の全てのジャンプできっちり稼げるからであって、現状の昌磨くんの構成の場合、3Aを1本後半に持ってくるとかして保険にする部分の構成を上げておかないと、挑戦ジャンプを入れる余地がなさそうに見えるのですが…さて。

あとはやっぱり振付のヴァリエーションを増やすために、他の振付師を試して欲しいとすごく思います…これに関してはファンも大体異論はないようだし、選手サイドも今季の(曲自体は評判の悪い)SPで挑戦してるようだし、上述したように上に行くための課題も色々見つかっただろうからいずれは本人の意志でも取り組んでくれるものと期待したい。

ランビ、カメレンゴさん辺りは期待するファンも結構いると思うけど、個人的には他にカートなんかどうかな?とも思いました。上手くいこうがいくまいが、とりあえず「養成ギプス」的な意味で(笑)

いや単に、私が昌磨くんのお洒落プロやドヤプロが観たいだけなんだけどねv


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


あああああ、EXのクロイツェルについて語りたかったのに、もうこんな長文になってしまった…ので、また別の機会に語ります。

生クロイツェル観たことなかったので、もうもう、めっちゃ嬉しかったです…( ;∀;) 昌磨くんの滑りには弦楽器が超似合う。


コメント

★ カート賛成!

こんにちは!
カートで養成ギブス良いですね〜ニコライもどう?
研修があったりとワチャワチャしていました、ボロボロです笑
気が付いたらクリスマス、そして全日本も始まっちゃう!
今日はこれから新横浜、今年最後のフィギュア観賞。弾けてきます!
全日本羨ましい!体調は如何ですか?
私の分まで熱く応援してきてくださいね♪←勝手に託す

★ Re: カート賛成!

全日本中に気づきましたが余裕がなく、こちらの方のレスが遅くなってすみません。

> カートで養成ギブス良いですね〜ニコライもどう?

カートいいですよね〜
モロゾフは、伸び悩んでるときの起爆剤かスランプからのリハビリ的なイメージが(笑)
山田組に伝手ありましたっけ? つい、顔撫でる昌磨くんとか想像してしまった…^^;

> 私の分まで熱く応援してきてくださいね♪←勝手に託す

GPFでも昌磨くんの応援を人に頼まれていたのですが、
いざ昌磨くんの出番になると色々アタマから飛んでしまい、
託されたものを思い出す余裕が…すすすみません;;orz
でででも熱心に応援してきたのは確かですので!
勿論他の選手の方々にも拍手や歓声を贈りましたよ〜

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。