Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

昌磨くんは

演技スタイルは高橋くんに似てるかもしれないけど、アスリートとしてのタイプ、メンタリティは間違いなく羽生くんの方に近いと思う。

日本男子の系譜的には、ある種のハイブリッドみたいなところがあるんじゃないかと思いました(これは共感してくれる人もいたので、少なくとも私だけの感覚じゃないと思います)

それは昨季彼が4Tと3Aを手に入れてから今日までしてきた数々のことでそう思ってたんだけど、今回の全日本でも改めて確信しました。

最後のジャンプ、私は3F-3Tにしてくると思ってたんだよ!

まさかクワドコンボ跳ぼうとしてたなんて思わなかったよ!

結局失敗に終わったから賛否は当然あるだろうし、自分と反対意見の人を間違いだとは言わないし思わない。

でも私は痺れたよ

昌磨くんが実はやんちゃ坊主なのは、昨季の全日本ジュニア観てわかってた。でも私はあれでより昌磨くんを好きになったんですよね。

「こんなにワクワクさせてくれる選手だったんだ!」と。

昌磨くんが予想の斜め上のことをしてくるのは、問答無用で楽しいし、嬉しい。

だから、もしこれが世界選手権だったら?という記者の質問に対して「(今回と同じリカバリを)世界選手権の方が迷わずやる(笑顔)」とか、もうクラクラしました(@∀@)

「守らず」という、シニア1年目〜そして五輪の2季前~にこの上なく相応しい目標を目一杯貫いて今シーズンを駆け抜けて行く昌磨くんは、最高に魅力的です♪♪♪

彼のスケート人生の中で二度と巡っては来ないこのプレミアものの1シーズンを、まだあと3ヶ月と少しの間追えることをとても嬉しく思います( ´ ▽ ` )


…さて、四大陸に行く準備をしなくては…(笑)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード