Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本あれこれ他

年を越す前に、全日本の大雑把な振り返り+α。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆昌磨くんのSPの点数は、出来に対してちょっと盛りすぎだと思いました。

ファイナルと同じような位置(左右は逆)で観たけど、本人も言ってる通り明らかにキレはファイナルの方があったと思うし、クワドの着氷姿勢も良くはなかったし…

インフレしてたGPFの点数をベースにナショナル採点であることを加味しても、まだ高すぎるかなぁと。。。スピンノーカンだった無良くんと大差ない点数くらいに自分には思えました。

「ワールドには国際大会で安定して評価の高い選手を選ぶ」という最強の保険をあらかじめかけているんだから、別に総合3位でワールド選出したって誰も異論はなかったと思うのですが。まぁ、ナショナルがこういう採点するのは日本に限らないけど。。。(今回の全露のイリジガとステブキのケースもそんな感じ?)

昌磨くんが強気に出るときは点差もそれなりに踏まえてるだろうから、個人的にSP3位でもFSで同じ攻めをしたか気になります…が、やっぱりしたのかな? 正直、彼は今回の出来なら自分がワールド出られることは確信してたんじゃないかと思うので。

でもボストンワールドでは、ミスしたらGPFみたいな点は出なさそう。今回みたいなミスが重なったら、特にコンボがこんなに入らなかったらFS160点台は行かない可能性もある…? 総合260点台は地元のブラウンでも出せそうだし、スケアメの結果をみてもミスの内容によっては米男子の一部(全員ではないだろうけど少なくとも1番手)が良演技だった場合、上回るのは厳しくなるんじゃないかな。

ベストスコアではもう上にいるのは4強だけだけど、ベストでなくてもどのくらいの位置に食い込めるかは、正直ワールドみたいな大きな試合で戦ってみてからじゃないとわからないかなと思ってます。日本男子自体がピーキング難しいし…

とりあえず、出来が良くなくても10位以内に留まれるならオッケーなんですよね。ここ数年を見る限りワールドで230点代なら10位以内にはなれそうなので(今年もそうなるかどうかは不明ですが)、さすがにSP80点FS150点なら崩れても取れるよね?と^^;

A級大会の底値が240点以上だと無問題なんだけど、2012-13シーズン以降の羽生くん以外はそんな日本男子いないからなー 昌磨くんがその領域にいってくれたら嬉しい。

勿論、こんな見立てをしてる自分をフライング土下座させてくれるような活躍を期待してますけどね!

ワールドはどうしても枠至上主義でみてしまうので、贔屓とか関係なくシビアになっちゃいます;;

個人的には昌磨くんは日本男子の中では大舞台での勝負強さはある方だと思ってるんですが、いかんせんシニアのキャリアはこれからだからそこは何とも… 最早異次元の羽生くんだって、シニアワールド初参戦のときは(本人でさえも)EX圏内の5位以内に入れたら…という感じだったし、才能がハンパないことがわかっていても未経験の大舞台のことはやっぱり未知数かなと。

あとSPがいいとFSが悪く、SPでミス(主にクワド)するとFSは全部降りる、というのが昨季から続いてるので(だから今回の全日本でSPジャンプ全部降りたの見て、ちょっとFSにヤな予感もあったのですが…どちらかしか良くないなら、FSがいい方が点数的には良いからね^^;)、ワールドで揃えてくれたら嬉しいなぁ。ワールドで両方揃えられる人自体、滅多にいないんですけどね。


◆四大陸女子、1枠は優香ちゃんに入って欲しかったなぁ。今回は単純に、全日本上位から順に希望があった人を入れていったんでしょうね。これ、ワールドSPの最終GがWS上位6人固定なんてルールになったせいもあるんだろうなぁ(´・ω・`)

羽生くんが自分の意志で四大陸スキップしてくれたのは、本当に良かった。来季の四大陸はソウル開催だからそっちには多分出るだろうけど、今季はさすがに休んでくれと思ったし。(ぶっちゃけ、今季の四大陸が日本開催でもスキップっていう前例を作って欲しかったくらいだ)

スケジュール的に気になるのは、やっぱり昌磨くんだなー シニア初年でA級大会全制覇スケジュールって、かなりハードだと思うんですよね。特に日本男子のファイナル組は四大陸の時期に調子崩してること多いし、昌磨くん自身、去年はファイナルからの連戦でこの時期怪我してて四大陸FSは崩れたから。

まーでもエリボンでFS滑れなかったし、SPFSがなかなか揃わないし、ランキングも上げられるしで、1試合でも多くやりたいのでしょうね。とりあえず四大陸からワールドまではかなり空くから、そこはあまり心配してないけども。

ところで四大陸はPさん来るのかなぁ? 来るか来ないかで最終前Gに入れるか否かが決まるんだっけ? …いやPさんがスキップすればケヴィンはシニアで4位までに入れば来れるのになと…上位に来そうな中にジュニアがいるから、シニア4位以内なら可能性ありそうかなと…もにょもにょ


◆須本くんの放送が無いのが残念極まりない(´・ω・`)

ジュニアまで追ってる人たちの間で評判だったんだけど、今年のJGPSでは何故かタイミングが合わなくて観れずじまいだったんですよね。今回の全日本SPも、寒さでやたらトイレが近くなってしまい泣く泣く当てたトイレタイムと重なって観れず…やっとFSで観れたのですが、なかなか綺麗な動きの演技をする選手で個人的には気に入りました!

編曲の後半がスクリャービンの「悲愴」だったんですけど、背格好(体型とか衣装のシルエットとか)も動き方も羽生くんぽかったなぁ(笑) 大西コーチの生徒さんだからか、スケート歴が浅い割に癖のないジャンプでスピードは少し足りないものの全体的に綺麗な演技をする選手だと思いました。

宮田くんや高志郎くん、女子の有望株は昨季以前から知ってるので、今回の全日本観戦での私的収穫は須本くんでした▽


◆刑事くん、全日本4位&四大陸オメ!(^o^)

「椿姫」やっぱり素敵だったよ~~ SPの出だしはジャンプに気を取られてるのか腕の動きがあまり無かったのが気になったけど、FSの方は冒頭から最後まで良かった。3Aはすごく軽々と跳んでてスゴイ。他のジャンプもしっかり決まってて良かった。


◆知子ちゃんは今回も安定感申し分無い。表情も今季見違えるように良くなってて、かつて【DOI】で観る度に「笑ってー笑ってえぇぇー」と思い続けていたのですが、もう言うことないや(本人が更に精進するであろうこと込みで)

身体はほんとによく動いてるしめちゃ練習してる成果が出てるのもすごくよくわかるんだけど、やっぱりまだ世界上位陣の中ではスピード感やダイナミックさに欠けるのは否めない。それがあれば世界でも頂点取れるか、少なくとも米露女子の2番手以下のミス待ちの必要はなくなると思うのですが。。。ある程度より先は天性のものもあるだろうし難しいんだろうなーと思うけど、それでも彼女の向上心と粘り強さにはまだまだ期待したい自分です。

でもタフさも含めた色々な意味での頼もしさは、彼女がダントツで日本のナンバーワンだと思う。彼女が名実共に日本の1番手としてワールドに行けるのは、とても嬉しいです。

今だとFSの構成が昨季と同じに留まってるのが、ちょっと惜しい。その日の調子によって冒頭ジャンプを決めているそうですが、大舞台で冒頭3-3が入るようになるといいなぁ。


◆ところで、今回女子のメイクを担当したのは、コーセー? 軒並み特にチークが酷いんだけど…(´・ω・`)

国別EXは資生堂? あっちは良かったのにな…


◆ジュニアペアの市橋くんの組なかなか良かった! 身長差も理想的だし、どうかどうか、続いてくれますように…(-人-)

関口組の方はきょうだいなのかな? あの身長差では、男子がよほど筋力つけないと、ツイストやリフトが出来るようになるのか… でもFSはSPより良かった。


◆シニアペアは、外国人男子と組んでる2組はツイストやリフトのレベルがさすがに高い。

でも木原くんは滑り良くていい。由香さんとこにいたからかな。ソロジャンプが決まるパートナーになったのは何より。スローとツイストも3回転になるといいですね~ガンバレ!


◆かなクリ良かった。何とかミニマムクリアしてワールド行って欲しい…!


◆ジュニア女子、見応えありました(>▽<) ロシアのジュニア女子のせわしなさすぎる新体操みたいな動きより、自分は日本のジュニアトップ陣の方が好きだなぁ。

真凛ちゃんも優奈ちゃんも素敵だった。真凛ちゃんはLz、Fに不安があるのが、ジュニアで上位争いする上では課題なのかな。

しっかし、優奈ちゃんの後半3lz-3T-2Tにはぶっ飛んだ。新葉ちゃんが3lz-3Tを前半と後半1本ずつ跳んだのもすごかったのに、優奈ちゃんまでしかもリカバリ?で最後から2番目に2本目の3Lz-3T、しかも2Tまでつけて跳ぶとかすごすぎる。


◆今まで今季の理華ちゃんはFSの方が断然いいと思ってたんだけど、今回はジャンプの転倒を抜きにしても「キダム」の方がずっと出来が良かった。

中国杯のときが良すぎたのかなと思いますが、リバーダンスのスピード感に勢いがついていききれてない印象がありました。ファイナル行ってないから調整の時間はあったと思うだけに、FSの調子がイマイチだったのは残念。

今回の女子の結果は、ちょっと2012年の全日本を思い出しました。台乗りした1人がジュニアの知子ちゃんだったからワールド代表3枠目は4位の明子ちゃんだったときの。昨季今季は新葉ちゃんがジュニアだったからいいけど、彼女がシニアに上がる来季以降は代表争いはより熾烈になるでしょうね。

個人的には、知子ちゃんvs新葉ちゃんの女王争いにはワクワクだけど♪

真央ちゃんは冒頭2ミスがあったものの、最終的にはまとめられて良かった。四大陸出ることが調子上げに繋がるとよいのですが。

佳菜子ちゃんはSPが良くても、FSの構成が弱い上にノーミス出来ないからなぁ…(´・ω・`) 多分ジュニア2人くらいには抜かされるだろうとは思ってたけど、今回は四大陸もなくて厳しい。


◆腰痛から無事復活した新葉ちゃん、さすがの強さでした。昨年より順位が1つ上に上がったのが嬉しい~~ヽ( ´∀`)ノ

女子は新葉ちゃんくらいの年齢でこのくらい強い選手がいてくれないと露女子と戦っていく上で先行き不安なので、真央ちゃんが復帰してきても2位に入れる出来だったのは本当に有難い。

ツルスカヤはほぼシニアの演技なので勝つのは厳しいだろうけど、ジュニアワールド銀以上を狙える選手なので是非頑張って欲しいです!


◆男子SPの一等賞は、断然無良くんですねー 「黒い瞳」のノーミス良演技が観れて嬉しい。やっぱり素敵だった(´∀`)

…これを、こういうのを、ワールドとかでやって欲しいんだけど…もう彼に関しては、ほんとそれに尽きるorz

男子FSは自爆大会すぎて。。。一等賞は、やっぱり4Sの着氷が乱れた程度で済んだ刑事くんかな(^_^;) ファイナル組でファイナルと同程度以上の良い演技する男子って、最近では2012年の高橋くんと2013年の町田くんくらいしかいなかったような…去年だと昌磨くんもそうだけど、彼の場合はジュニアだったからファイナルの前が大分空いてたし。

このスケジュール、ほんとキツイですよねぇ。ファイナルからナショナルだけならロシアも同じだけど、NHK杯が最近6戦目固定なのはどうにかならないのかなぁ。6戦目固定だと、100%ファイナル行くだろう羽生くんは毎回は出して欲しくないと思ってしまう(^_^;)

ところでNHK杯は、来季も性懲りもなく知子ちゃんと真央ちゃんを揃ってアサインさせる可能性はあるんだろうか。

村上くんは怪我が不運でしたが、2012-13シーズンの町田くん同様、初めてのA級大会連戦スケジュールで調整しづらかったというのもあるんじゃないかなと、私見ですが思いました。3Mは全員、シーズン前半で活躍した初年は後半で崩れるという歴史を繰り返してますよね(^_^;) 来季は長丁場のA級戦に持ちこたえられるような調整が出来ればいいなと思います。

あと彼のFSは終盤の曲が一番壮大になるところでスタミナ切れでスピードが落ちるところが、見栄え的にツライな~と思ってしまう。昌磨くんみたく、クラシック曲のクライマックスでぐんぐん加速出来たら相当印象違うだろうに惜しい。

バルセロナで一緒だったスケオタの友人は、「村上くんは『陽』の雰囲気が強いから、怒りや悲しみみたいなものを含んだ重い表現が必要なプロは合ってない気がする」(正確な再現ではありません)みたいなことを言ってました。他でも似たような意見を見かけたので、私個人としてはそういう見方もあるのかーという感じでしたが。

その意味では、SPの方はすごく本人に似合ってていいプロだと思います。昨季と比べると動きが格段に柔らかくて綺麗になってるから余計に。レミゼって、誠実そうで真摯に革命に命を捧げそうなキャラに見える選手には、とてもハマるプロですよね。他選手の例だと、ビチェンコさんとかホクスタインくんとか…彼らには、旗を掲げる振付が似合いすぎる(笑)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。