Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

年賀状

本日3度目の更新。どんどん行くよー


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


2016年年賀状オンライン版

スペインまみれなので、賀詞もスペイン語ですv

本来は毎年全面イラストなのですが、今年は怪我や遠征が重なって無理だったので写真との組み合わせに。

折角写真を使うのだから、もっとスクラップブッキング風に仕立てられたら良かったなーとも思ったのですが、そこまで時間に余裕もなく。でも、グエル公園のベンチのカーブラインを装飾風に使えたところは気に入ってます。

本当はイラストは入れずに写真だけでまとめるつもりだったんですけど、私が撮影する写真は大抵

風景or点景、または資料や素材用

なので、「主役」というか「フォーカルポイント」になるようなものがないんですよね。そのため、どうしてもどこかにポイントとしてのイラストを入れないとレイアウトが締まらない。

もともと年賀状には毎年必ず干支の動物にまつわるイラストを入れていたということもあり、「ここはやっぱりサル入れなきゃね!」と。

それが孫悟空になった理由の1つは、ここ数年は干支の動物に加えて必ずフィギュアスケーターを描くと決めていたから。でもサルとヒトと両方描くスペースの余裕はなかったので、結果、「サルコスプレのヒト」になったのでした。

まぁ自分がピンとくるようなサルのキャラデザをやっている余裕がなかった…というのも間違いなくあるんですけどね^^;

ただ当初の(イラストメインの場合の)予定では、スケーターの衣装はインドの古代叙事詩「ラーマーヤナ」に登場するハヌマーン・ラング-ルになる筈でした。しかしワンポイントイラストになってしまった以上、説明もナシでそれが何者かわかってもらおうとするなら、知名度的な意味でどう考えてもハヌマーンは不向きだよなぁ…ということで。モチーフとしてはありふれてますが、孫悟空にせざるを得なかった次第です。

ちなみにこの孫悟空ボーイ、一見スペインとは何の関係もなさげに見えますが、実は衣装部分の地模様にアルハンブラ宮殿で撮影した装飾文様の写真を使っています。

この「テクスチャ素材」としての写真の使い方は、別の機会にご紹介出来たらいいなと思ってます。

孫悟空なのに衣装が赤じゃないのは。。。うんまぁ、ピアノの先生やスケオタ仲間にはバレバレな通りです(苦笑)

でもオシャレでファンシーなサルのデザインとかも、考えてみたかったなぁ。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード