Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ

◆たまアリのリンクに近い見切れ席で昌磨くんのFSを観たときは音楽に合わせた細かい動きの表現がよく見えてなかったのですが、録画した【JO】観て「おお、素敵になってる!(・∀・)」と感動▽

既に録画再生はヘビロテ状態♪

テレ東、地上波なのに副音声が会場音のみって素晴らしいわ~ 何気に昨季も全試合通じてトップクラスに好きな演技とカメラアングルだったんですよね>【JO】

これまでの昌磨くんプロでもそうだったんですけど、今回のFS曲も編曲含めてすごく好みです。美穗子先生は編曲センスいいなーと毎回思う。特にFS終盤に疾走感があって音量的にも盛り上がる部分を持ってくるところがもうムチャクチャ私好み。

スタート時とフィニッシュの表情がカッコ良くて好きです♪ シニア1年目の若さの勢いを前面に押し出したトゥーランドットの後に大人っぽいタンゴプロとあの衣装というのは、「成長」を印象づけるという意味では効果的なんじゃないかと思いました。

【CaOI】のラベンダーの演技はTV映像で観た感じはなかなか良かったです。やっぱり昌磨くんのボディムーブメントは管弦楽曲にハマってるなぁ… 猫にマタタビて感じでトロンとしたくなってしまう(笑)

ただ現地で観たら、もう少し振付に独自性や独創性のある要素が欲しいと感じたかもしれません。アイスショーで生で観たときはそう思ったので。

私は真央ちゃんの記憶はないし町田くんの方もエデンの印象が強すぎて「何かエデンに似た感じのプロ」くらいの記憶しかないから(スミマセン…)、特定のイメージでこの曲を聞くことはないんだけど、昨季のSPの個性がすごかった分少しオーソドックスに見えてしまって強いインパクトを求めちゃってるのかも。

まぁ彼のプロに関しては、自分比でハードル上げて考えちゃってるのも確かなんですけどね^^;

しかしもうすっかり、オフアイス(特にセレモニー関連)でキョドるとき以外はシニアの貫禄だなぁと思いました。昨季はさぞ密度の濃い1年だったんでしょうね~「何年も何年もシニアで戦ってきたような気がします」と言ってた通りに(多分それはファンの方も同じなんだけど(笑))


◆ところで今まで細かいこと考えてなかったんだけど、昌磨くんのFSの昨季と今季のジャンプ構成の違いって計算上は1箇所しかなくて、

2Aが4Fになったってことだよね

そりゃBVが跳ね上がるワケだわ…(;・∀・) 昨季の構成にもう1本3A跳んでるのに近い。BVだけでそれだけ上げられるって、なかなか出来ないと思うし。

地味にスピン構成もロンバルティアより上げてきたんですね。2番目のスピンが基礎点が高いものに変更されてる。

とりあえず3Aが失敗する気がしないのは有難いです。3A後半2本が鉄板だとものすごく大きいですからね。しかもGOE+2以上稼ぐケースが多いのも強み。

個人的に【JO】の段階でこれだけ仕上がってるなら、4Loの練習はどんどんやっておくべきだと思います。昨後半季の展開がGPFの段階で私が抱いた不安通りになってしまったこともあり、シーズン前半でほぼノーミス出来た場合は、モチベ的にもテコ入れした方がいいんじゃないかと素人考えでは思ってしまうんですよね;;

4Fが安定するかどうかはやってみないとわからないけど、並行して4Lo投入の準備を進めておくのは賛成。羽生くんも試合に入れないジャンプも構成に入れてるジャンプを簡単に感じさせるために練習してるといってますし、構成に入れなくても精神的なメリットは色々あると思います。

但し、怪我しない範囲で、ですが…

にしてもこのBVだと、ノーミス揃えたら確実に300点超えますね。どこかで(出来ればワールドで)SPFSノーミスを観てみたいものだわ…


◆あああああ、ホワベイ観たいよー

マジもうNHK杯に関してはアイスダンスだけ別カテでチケ売ってくれよ(泣) 完全別カテで集客が難しいなら、アイスダンス観たい人専用枠の席を作って欲しい( ;∀;)

パパシゼやテサモエなんて贅沢言わないよ、ホワベイとかなクリだけでもいいんだよ(泣)

ホワベイ観にスケカナ行きたくなったわ…カナダならいい席取れるし。

…ホワベイ、国別に来ないかな…(結構真剣) でも今各国とも国別にはリキ入れてるし(お陰で豪華メンツだからご馳走様なのですがv)、来るのはやっぱり全米チャンピオンだろうな。


◆Jスポサイトに佐々木くんのトークコーナーが!

佐々木くんの動向はずっと気になっていたので(主に【PIW】関係で)、こういう企画で再会出来るのはとても嬉しいですね(^o^)

今でも2012年全日本男子SPの日の盛り上がり一等賞は佐々木くんだったと思ってるよ! あのとき、TVに映らないところに自分の一番があるかもしれないんだって知りました。

最初の対談相手が岳斗さんというのも楽しい。今季はトーク企画のゲストにコーチが続くんですが、指導する側の話って選手本人のインタからは絶対にわからないようなことも出て来てとても面白いので(実際美穗子先生の昌磨くん語りはすごく興味深かった)楽しみです^^

ああ、フィギュアシーズン本格的に始まってやっぱり忙しいわ…頭ん中フィギュアだけでキャパオーバーだわ…


◆羽生くんのオータムFSは結構ボロボロだったようですが、ほんとにヤバいときには崩れる3Aがちゃんと跳べてたので、単に今はまだ構成内容に比して練習時間が足りてない&スタミナが戻ってないだけかなと思いました。

本人比で少しでも良いコンディションでワールドを迎えてくれさえすれば、今季前半はどんな結果になろうが(本人は内容が振るわなければめちゃ悔しいだろうけど、それとは別に観る側としては)本当ーーに何でもいいです。

もうとにかく、ヘルシンキや平昌のためのピーキングをして欲しい。怪我明けの体力不足や練習不足の状況で更に難度を上げた鬼構成プロであることを思えば、仕上げを焦って怪我を招くことのないようひたすら祈りたいです。

1月のアイスショーも今年みたいなことになるなら出演は見合わせて欲しいというのが正直なところ(´・ω・`)

平昌で戦うために、挑戦権を持つ選手の方々は皆さんどうかどうかステイヘルシー。


◆コンディションの話とは別に、プロの感想。

久石さんのこの曲自体はとても好みだけど、羽生くんのFSプロとしては全体的に曲調や音量が少し一本調子かな?という印象でした。

衣装は悲愴っぽいけど、最近でいうならEXっぽいと言った方が近いですね。曲も衣装も羽生くんのプロとしてはかなりEXっぽくて、つまりいささか新鮮味に欠けるので、折角競技の新プロなのにその点はちょっと勿体無い気はしました。

青緑から白へのグラデや素材感やデザイン自体は好みですが、EXぽいヒラヒラ系でありながらEX衣装よりも簡素なので、そこら辺もやっぱり王様構成プロの衣装としては中途半端で物足りない感が…別にキラキラくっつけて欲しいとかそういう意味ではなく。

曲もプロも衣装も悪いワケじゃなくって、単にもっと迫力あって素敵なの出来るだろうにーというだけなんですけども。とはいえ、まだスタミナの問題で振付も省エネになっちゃってるみたいだから、完成型に近づいたら印象も変わるのでしょうが。

「そろそろラテンやって欲しかったよねー」「ねー」というのは、スケオタ仲間との感想。まぁ今季だと昌磨くんとジャンルかぶるし、「ジャンルとして観たい」ということなのでプロになってからやってくれても有難いのですが、競技プロだったら迫力あっただろうなーという話。(羽生くんプロへの期待のハードルも勿論すごく高い(苦笑))


◆史上初が一段落したので、あとはもう選手たちは新しい武器を磨いていくだけ。ですが。

スケオタ仲間と

「まぁメディアは『4Lo vs 4F』みたいな頓珍漢な煽りするんだろうな~」

「目に見えるようだ~ ホント、不思議な煽りするからねぇ」

と語ってたら、ほんとにそういうタイトルの記事出ていた…orz

「4Lo vs 4F」なんかで勝敗は決まらないっつーの。

基礎点0.3しか違わないし、勝敗はむしろ「そのジャンプ以外」で決まるんだから、お茶の間に「このジャンプ跳べば勝てる」みたいな勘違いを誘発させないで欲しいなぁ。

「何で3A跳んだのに勝てないの」みたいな的外れな疑問を生まないためにも。

「4Lz跳べる選手がいるのにそれより基礎点が低い4Loで史上初と言われても嬉しくない」という羽生くんの理屈の方が、よっぽど現実に即してると思いました。

海外に4Lz含む4クワドを跳べる選手や4Lzと4Fを両方構成に入れてる選手がいるのに、同じ国の選手同士で「4Lo vs 4F」みたいな煽りをしてるのって世界ガン無視でマヌケすぎる(つД`)

今季は五輪の枠取りシーズンなんだから、どうせ煽るなら「4Lo&4Fが世界に挑む!」みたいなのにしてくれたらいいのに。全日本や四大陸で国内エース対立煽った挙げ句、ロンドンワールドで3枠の危機に陥ったときのような展開はもう沢山だわ。

あと「羽生しか跳べない4Lo」「宇野の唯一無二の武器」みたいなフレーズも、今季中には使えなくなると思うよ。。。まぁ使えるうちに使っとこう、というのもあるんでしょうけど^_^;


◆露女子も激戦だけど日本女子もすごい激戦になりそうで、代表争いは「ミスしたら終わり」というラインの選手がひしめき合ってて、知子ちゃん以外が読めない。

真凜ちゃんはもともと安定して跳べる3-3が3S-3Tと3Lo-3Tだったから、今季の3F-3Tには苦労してるようで。。。でも3F-3Tか3Lz-3Tは習得しないとシニア移行後不利になるだろうから、安定出来るといいなぁ。

ノーミスはときにボーナス加点があるのかと思うほど爆発力があったりしますが、ノーミス対決なら序列がどうなるのか、無理なのはわかってるけど見てみたいとは思いますね。
構成が似通ってるだけにPCSで若干劣る選手ほどノーミスorミス最小限が必須になってくるんだろうなーと思います。

しかし10何日の違いで紀平さんに平昌への挑戦権が無いのがつくづく残念です。勿論挑戦権があったとしても来季どうなってるかなんて誰にもわかりませんが、おそらく一番ジャンプが跳びやすいと思われる時期になかなか五輪が巡って来ないというのは勿体無い~~


◆今季やたらロミジュリとエクソジェネシス聞いてる気がするんだけど…何でこんなに出揃ったんだろう。

ロミジュリはジュニアで聞きまくったし、ヴォロとアシュリーはFSがエクソジェネシスでしたよね。雄大なスケーティングを見せびらかす系のスケーター向きの曲だと思ってたので結構意外でしたが、アシュリーの【JO】の演技はなかなか良かった。


◆ブラックスワン以降のアシュリーは波はあるけど大崩れはしないですよね。トータルで見れば米選手の中では稀少なレベルで安定してると思います。

SPでボロるとFSで巻き返せるし、GPSや全米に強いし、大一番でも底値が高いというか。クワド跳べる米男子にこのレベルの安定感が欲しい。男子の方はそれだけじゃ3枠は取れないかもしれないけど…

リッポンは最近3A安定したのかな? 大崩れはしないイメージなのでせめて4Lzのミスが常にUR程度で留まってればなぁ。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。