Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スケアメ男子SP

◆一番滑走のケリーくんの演技は、ライストが固まりまくってて殆ど観れなかった(´・ω・`)


◆あらら…ボーヤン、4Lz転倒とか珍しい。結局3本とも崩れたしどうしたんでしょう。転倒とURが無いからこその高得点ゲッターだったのに。

スケーティングの改善中で、ジャンプのタイミングが変わってしまったとか、ローリーの矯正プロとまだ悪戦苦闘中とか?

スケーティングが良くなるとスピードが出て来たりするから、ジャンプが一時的に不安定になるという話は聞いたことがあるので、そういう進化途上の現象だと思いたいところ。

代表争いの心配はないから、シーズン後半に合わせればいいんだし個人的にはあまり心配してません。

とりあえず言いたいのは、

スパイダーマン最高(;・∀・)

蜘蛛の巣を見てもしやと思ってたけど、ずっと誰かにスパイダーマンやって欲しかったからすごい嬉しいいいいいい! しかもボーヤンなんてピッタリじゃないですか!

ローリー振付でどうなることかと思ったけど、好みのプロで良かった。滑り込んで仕上がっていくのを楽しみにしてるわ。何なら五輪持ち越しでもいいのよ(^o^)


ボーヤンに限らず、今季のプロがもしハマりプロなら五輪はどっちか持ち越しにするのも手だと思うのですよね。ボーヤンも2年目のロクサーヌはよく仕上がってたし、ソチの羽生くんのパリ散は言わずもがな。新しいプロをやるより磨く方がもう一方の滑り込みに専念出来る

当たりプロで質を高めるというのは良い戦略だと思うし、何より五輪では良プロで完成型の素晴らしい演技を観たい!というのがすごくあるので。


◆あーん、ザ・アメリカンな素敵選手だわ~~ドレンスキー♪

最後のコンボは残念だったけど、米選手の魅力をしっかり持った滑りとボディムーブメントはとても好みでした。


◆ヴォロ、クワド転倒残念ー

最後のコンボはリカバリだよね? 何とか入って良かった。


◆おおっ、ナムくんジャンプ戻ったんですねー! これだけ戻して来たからには、身長ノビノビは落ち着いたのでしょうか。

得意ジャンルプロにしてきたようだし、久々のノーミスおめ。


◆コフトゥン、4S-3T決まった~…と思ったら残りがあああああ

要素抜けええええええ( ;∀;)

CSはコフトゥン比で久々に良かったと思ったのに、何でこうなる。

そして曲…個人的にはいい演技さえ出来れば嫌いじゃないんだけど(というかインパクトあってクセになりそう^^;)、コフトゥンもロシア男子伝統の謎曲路線を極めていくつもりなのか。

コフトゥンはナショナルには強いけど、今季はユーロ辺りで結果出しとかないと五輪が不安になる。。。コフトゥンもアリエフも、ちゃんとまとめれば点出るだろうに波がありすぎてなぁ。。。


◆ヨリヘン、安定の素敵スケーティング。3Aは着氷綺麗でした。フリーレッグの高さがイイ。

長い手足が映えるステップも良かったです^^


◆ブラウンは3A安定してきてひと安心。クワドは完成にはまだ時間かかりそうだけど、他で目一杯点取るがいいわ!

フリーレッグの動きがより大きくなってステップのスケール感も増した気がします。ポジションは申し分ないし、本当~~に素敵な選手(´∀`)

007のこの曲もドラマチックでちょっとゴッドファーザーっぽい壮麗さを感じていいなぁ。今回は白シャツに黒ズボンというシンプル衣装が、曲によくあっててとてもカッコいいです。

ステップ唯1人レベル4獲得さすがです▽

しかしブラウンとナムくんはスピン1つノーカンだったのか…勿体無い。


◆昌磨くんは緊張しそうだし、まだ4F安定してなさそうだからノーミスは厳しいかなと思ってたのでまぁ想定内。。。でもジャンプ3つとも着氷クリーンとは行きませんでしたね。

最初の4Fが【TCC】のときみたいな感じだったけど、その後のジャンプも固くなったんでしょうか。3Aまでちょっと乱れたのは珍しいけど、考えたらクワドと3Aの構成なんだから難しいのは当たり前か~ 4-3も試合で決めたのってまだ【TCC】だけだもんね。

でも2クワドプロでノークワドのリッポンと2点差はちょっとさみしい。ブラウンのスピンがノーカンじゃなかったら2位発進だったかもしれない。

90行かなかったから、どこか刺さったのかなーと思ったらコンボのセカンドでしたね。あと4Fはステップからって認められてるのかどうなのか。GOEゼロのジャッジとマイナスのジャッジが混在していてわからない^^;

逆に回りすぎに見えた3Aの減点が少ないのはイーグルからスピード保ったまま突っ込んでいくのが評価されてるのかなと。全員の演技観てると、やっぱり構えてから跳ぶまでが短い方かなと思うし。

総合点はボーヤンとの戦いかなと思ってたけど(ミスが少なめだった場合の話ですが)、個人的には他に昌磨くんとブラウンのPCS対決にも注目してました。

ブラウンの直後だとつなぎ含めて薄味に見えちゃいますが、PCSがほぼ同じなのはやっぱりジャンプの差かなぁと思います。特にSSは、もともとPCSが取れる同士だと高難度ジャンプを流れの中で跳べる方に軍配が上がる印象。


◆クワドレス良演技の模範を見せてくれた感じのリッポン。やはり彼のたけのこは美しいわ。

プロの印象は、昌磨くんの次だったからあまり残ってないですごめん…地上波でしっかり観ます(><;)


実は本命選手の次または次の次に滑る選手の演技がその出来不出来に関わらず脳に情報としてあまり入ってこない、という症状が以前からよくありまして;;

多分無意識に本命選手の演技を脳内で反芻したり、余韻に浸っちゃってたりするんだと思います(´・ω・`) 意識してやってるワケではなくて、いつも後から「ハッ」と気づくという…

で、アタマに入ってこなかった演技が良演技だったことに気づいてショックを受けるということが割と頻繁に。ライストとかならまだしも、生観戦のときだと「何のために目の前で観てるのー)0o0(」となりますorz


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ステップのレベル判定が今季厳しくなったと言われてるけど、良いことだと思います。

羽生くんのジャンプのGOEが他選手との対比で+3じゃ足りないと言われてるように、ステップだって難しいことをより正確にやっていたら相対的に上の評価をつけるべきだと思うので。

今季はまだSPで90点台が出てませんが、採点が渋くなったのならそれも良いかと。

次のスケカナでは羽生くんかPさん辺りが90点台出してくれますかね。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード