Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

フランス杯終わって

◆フランス大会で仏女子や仏ペアが調子良くて何より。

あんなマエちゃん初めて観たわ~~ ルカヴァリエも上手くなってて嬉しい驚き。

ジェネシプも台乗りおめでとう! FSでタラモロに勝つなんてすごいわ。

ベゼギエは順位落としちゃって残念だったけど、他選手の演技内容考えたらまぁ仕方ないか…

ダンスはダントツだし、このまま女子とペアの調子も良いとなった場合は、国別6番目候補としてはイタリアより有利になりそう。


◆ネイサンは、PCS稼げるタイプの選手なんだし、あんなにクワド跳ばんでも…と思ったものの。

3Aの穴埋め的な意味もあるのかと考えると、あーそれは確かに仕方ないかも…と納得せざるを得ませんでした。

後半に(前半4Tに近い点数が出せる)3A2本入れられるトップ陣にTESで迫ろうと思ったら、確かにクワド入れるしかないんだろうなぁと。

3Aが苦手って結構尾を引く問題だなとこれまで観てきて思うけど、ネイサンみたいに多種クワドで穴埋めするタイプも初めて見るから、今後どうなるかは注目したいところですね。リッポンが1クワドであれだけの点数を稼げるのも後半3A2本がクリーンに決まってるというのがすごく大きいと思うから、安定した3Aってやっぱりかなり重要。

昌磨くんみたいに、クワド跳んだら3Aも跳べちゃってしかもソッコー安定しちゃったー!(゚∀゚)なんてのはかなりの特殊例なんだろうか。その意味では、4Sが跳べるロマンくんの3Aの行方も追ってみたいですね。

その点でいうと、ケヴィンの3Aの安定感が素晴らしいレベルになってたのには本当に感動。しかも後半に跳べるようになってるのが素晴らしい!!!(1本しか跳ばないなら後半に入るといいなーとずっと思ってましたから)

後半3Aも後半4Tも行ける彼は、以前よりかなりTESの底上げが出来てると思います。ワールド行けるといいなぁ…そして何より、国別に…国別に…


◆書き忘れていたけど、新葉ちゃんの新衣装すごく素敵ーーー!

あのお風呂上がりと言われていた変なピンクから変わって本当に良かった…比べものにならんくらい、今回の衣装は素敵だ。前の衣装で同じ演技するより、絶対観る側に好印象与えそうだと思ってしまう。

今回の質の高いFS演技に相応しい、品格と華やかさのある衣装でとても素晴らしかったです(´∀`)

今季私が観戦に行くのはあとワールドと国別だけなんだけど、新葉ちゃん観れるかな…観たいな…

あうう、予算があれば全日本も行きたかったよう…特に女子…(つД`)


◆観客席のジュベとアモは可愛かった♪ 最後はジュベとテンくんとハビが客席に固まっててなかなか眼福でした^^

あとメドベと新葉ちゃんが一緒に出るときは仲良しツーショが拝めるのも楽しいです。また日本のお菓子送ることはあるんだろうか。


◆しかし氷の状態どうにかならんの…ボストンも酷かったけどさ。

大事な選手たちが怪我したらどうしてくれるんだよ(# ゚Д゚)

台湾四大陸ではSPの後Pさんが氷の状態にクレームつけて、FSでは改善されたんですよね。そしたらFSがトップ陣の神演技大会になったことを思うと、改めて運営は、選手やお金払って観に来てる観客に対する最低限の当然のノルマを果たせよー!と言いたくなります…


◆今季ここまでGPS観てきて思ったのは、ジャンプの難度や質がかなりきっちりPCSに影響与えてるなということでした。特に舞依ちゃんや新葉ちゃんの高PCSを見て、そう感じました。昨季までならこんなに出なかったんじゃないかなぁ。

シニアデビュー組であっても、質の高いスケーティングやジャンプに高い評価がつくのはとても嬉しいですね。いや、本来当たり前のことだと思うんですけども…

ただ男子にしろ女子にしろ、高難度のジャンプがクリーンに跳べないとSSにしろPCSにしろある一定ライン以上はまず上がらない、というのはすごくハッキリしてきたなと。

その意味でブラウンは、クワドレス~1クワドの最高峰としてすごく興味深い存在だと改めて思いました。少しでも高難度を採り入れて上に行きたいブラウンには申し訳ないけど、この状態でどこまで極められるか見てみたいとも思ってしまう。。。だって、そのくらい素晴らしいんですもの。そしてそれは、最近のリッポンにも言えますけど。

ミハルだって昨季以前にそういう路線やってたら、今もっとPCS評価も上げられてた気がするんだけどなぁ…でも挑戦の仕方はアスリート本人が決めることだから、しょうがないんだけども…


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


いや~~でもやっぱり、GPS楽しい、楽しすぎる…

毎週メインキャストが入れ替わるし、チャンピオンシップでは見れない選手も観れて好きな選手も増えたりするし、楽しさという意味ではチャンピオンシップより上だなー 今季は(特に男子は)海外勢もいつになく仕上がり早い気がするし。

個人的に、2012年の男子はツボ過ぎました。6戦全てで優勝者が異なって、しかもGPFの優勝者もまた別だったという… 何て私好みの混戦模様♪♪♪

さて、次回の中国大会は女子がもんのすごい激戦ですね…ドキドキ;; 舞依ちゃん、どこまで行けるかなぁ。

男子はPさんvsボーヤンにハンヤンが絡めるか、という感じかな? 勿論ミハルやコフトゥンも絡んできていいのよ!他の選手も!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード